キョン「なんだこの手紙は」back

キョン「なんだこの手紙は」


続き・詳細・画像をみる

3:
おぉ、規制解除されたみたいだ。
続き書きます。
キョン「放課後待ってます・・・なんだこれ」
国木田「おはよう、キョン」
キョン「おはよう」
国木田「その手紙どうしたの?」
キョン「俺の下駄箱に入ってた」
国木田「ラブレターかな」
キョン「俺にラブレター?はっ、ありえん」
4:
国木田「キョン黙っていればもてると思うよ」
キョン「なんだそりゃ。俺は別に口うるさくしゃべったりしないだろ」
国木田「ははは」
キョン「それより、この手紙差出人が書いてないぞ」
国木田「恥ずかしがり屋さんなんだろうね」
キョン「書き忘れなんて、間抜けな奴もいるもんだな」
国木田「違うと思うけど・・・」
5:
ガラガラ
ハルヒ「・・・」
キョン「うーす」
ハルヒ「・・・」
キョン「(無視か)」
ハルヒ「・・・その手に持っているの、何?」
キョン「あ?あぁこれか・・・」サッ
ハルヒ「手紙?」
キョン「実はだな・・・」
谷口「おーいキョン!担任が呼んでるぜ」
キョン「なんだ全く・・・悪い、また後で話す」
タッタッタッ・・・
ハルヒ「あ、ちょっと、手紙・・・!!」
6:
ハルヒ「・・・まあいいや、開けちゃえ」
ハルヒ「どうせくだらない手紙だろうし」ビリビリ
ハルヒ「・・・『放課後待ってます』・・・」
ハルヒ「ま、まさかあいつ・・・あたしを呼び出すつもり?」
ハルヒ「・・・こんな古風な告白の仕方があるわけ!?」
ハルヒ「全く、文句を言わなきゃいけないわね、放課後に!」ドキドキ
谷口「なあ国木田。涼宮はなにブツブツ言ってるんだ?」
国木田「さあ?」
8:
朝倉「(ふふ、キョンくん手紙読んでくれたかしら)」
朝倉「(あとはキョンくんをブスーッと刺して、涼宮さんの動きを見るだけね)」
チラッ
朝倉「(キョンくん、これから殺されるとも知らずにボーッとしてるわ)」
朝倉「(涼宮さん、あなたの能力を見せてもらうわ)」
朝倉「(・・・って、涼宮さんなんであんなにニヤニヤしてるのかしら・・・)」
谷口「なあ国木田。涼宮が気持ち悪いくらいニヤニヤしてるんだが」
国木田「谷口、さっきから涼宮さんしか見てないのかい?」
9:
放課後。
朝倉「ふふふ、準備は万端よ。後はキョンくんが来るのを待つだけ」
ガラガラ・・・
朝倉「遅いy・・・ってええ!?」
ハルヒ「なっなによ・・・びっくりさせないで!」
朝倉「な、なんで涼宮さんがここに!?」
ハルヒ「来ちゃ悪い?」
朝倉「いえ、べ、別に悪くないわ・・・」
朝倉「(あっれー?おかしいな・・・なんで涼宮ハルヒがここに?)」
朝倉「(シミュレート上じゃ、SOS団で活動している最中のはずなのに・・・)」
ハルヒ「あんた、何してるの?」
朝倉「え、私?私は・・・ひ、人を待ってるのよ」
10:
ハルヒ「そ、そう・・・」
朝倉「涼宮さんは何の用事?忘れ物?」
朝倉「(忘れ物であってほしい。そして願わくばここから去ってほしいわ)」
ハルヒ「偶然ね。私も人を待ってるのよ」
朝倉「(ちくしょー!!)」
ハルヒ「てっきり委員長の仕事をしてるのかと思ってたけど。誰を待ってるのよ」
朝倉「(「キョンくん」だなんて言えるわけ無いわよねー・・・)」
朝倉「だ、大事な人よ」
ハルヒ「!!」
朝倉「(ん?涼宮ハルヒの心拍数が上がったわ)」
ハルヒ「へ、へぇ・・・そうなの・・・何、告白でもするの?」
朝倉「そんな感じかなぁ」
朝倉「(あ・・・)」
11:
ハルヒ「あんた可愛いもんね。きっとうまくいくと思うわ」
朝倉「あ、ありがとう」
朝倉「(何褒められてるのよ私)」
朝倉「涼宮さんは、誰を待ってるの?」
ハルヒ「・・・その・・・私呼び出されたのよ」
朝倉「(へぇ・・・誰よここに涼宮ハルヒを呼んだコンコンチキは!)」
ハルヒ「普段別に気なったりなんかしていない奴なんだけど、気づいたら近くにいたりするのよ」
朝倉「(人間の恋愛感情はよくわからないわ)」
朝倉「って、呼び出した人、知ってるの?」
ハルヒ「えぇ、今朝直接手紙を渡されたわ」
朝倉「(私も直接渡した方がよかったのかしら)」
12:
ハルヒ「全く、直接手紙渡すくらいならその場で告白しなさいよ!」
朝倉「・・・ねぇ涼宮さん」
ハルヒ「なに」
朝倉「その人に告白されたら、なんて返事するの?」
ハルヒ「・・・そういえば決めて無かったわね」
朝倉「涼宮さんきれいだし、今までも告白されたことあるんじゃないの?」
ハルヒ「あるわよ」
朝倉「(そんなハッキリと言うものなの?)」
ハルヒ「それでそいつらとみんな付き合ったことあるわよ」
朝倉「すごいわね」
ハルヒ「でもそいつらつまんなくて、付き合う気も起きなくなったわ」
朝倉「じゃあ、今度の人もそんな感じ?」
ハルヒ「・・・わかんない」
13:
朝倉「わからない?」
ハルヒ「今までただの同級生だと思ってたし、特別仲もいいわけじゃないし」
ハルヒ「でも、なんか心の中でひっかかっていたのよ」
朝倉「(よくわからないわぁ)」
ハルヒ「いつもボケーッとしてるやつで、情けなくて、かっこわるいけど・・・」
朝倉「答えは2択でしょ」
ハルヒ「・・・うん」
朝倉「(とりあえず、先に涼宮さんの用事が終わらないと私も仕掛けられないわね)」
ハルヒ「(どうしよう・・・あたし、キョンに告白されたらなんて言えばいいんだろう・・・)」
14:
キョン「ういーっす」
長門「・・・」
キョン「あれ、ハルヒは来てないのか?」
長門「先ほど来て、すぐ出て行った」
キョン「忙しい奴だな全く・・・今日は団活無しか」
長門「・・・」ペラッ
キョン「・・・長門、本ばかり見てないで、たまには俺らと遊ぼうぜ」
長門「なにをして?」
キョン「オセロでもトランプでも、なんでもいいぜ」
長門「・・・そう」
16:
キョン「そうだな、とりあえずトランプなんかがいいな」
長門「・・・」
キョン「あれ、トランプ・・・しまった、教室に置いてきたな」
キョン「長門悪い、ちょっと教室までトランプ取りに行ってくる」
長門「私も行く」
キョン「教室行くだけだから別に付いてこなくてもいいぞ」
長門「・・・」
キョン「・・・わかったわかった、無言の圧力はやめろ」
17:
朝倉「(遅い・・・)」
ハルヒ「(遅いわね)」
朝倉「す、涼宮さんのお待ちの人、遅いわね」
ハルヒ「ホントね・・・来たらギッタンギッタンにしてやるわ!」
朝倉「(この後私はキョンくんをギッタンギッタンにするけどね☆)」
ガラガラ
朝倉・ハルヒ「!!」
キョン「確か机の中に入れてあったと思うが・・・」
長門「そう」
朝倉・ハルヒ「遅い!」
キョン「!?」
18:
朝倉「え?」
ハルヒ「え?」
キョン「何事?」
長門「・・・」
朝倉「涼宮さんを呼び出したのって・・・」
ハルヒ「朝倉が待っていたのって・・・」
朝倉・ハルヒ「キョン(くん)なの!?」
キョン「・・・?」
長門「トランプ・・・」
22:
ハルヒ「ちょっとキョン!どういうことなの!?」
キョン「何怒ってるんだよ」
朝倉「キョンくん!今朝の手紙読んでくれたんじゃないの!?」
キョン「手紙?」
長門「トランプ」
キョン「待て長門、今はそれどころじゃない空気だ」
ハルヒ「説明してもらいましょうか?」
キョン「説明も何も・・・あ、そういえば俺ハルヒに手紙渡したままだったな」
ハルヒ「はぁ!?あんたそれ私に渡したんでしょ!?」
キョン「は?渡したに決まってんだろ。だから返せよ」
朝倉「・・・!!」
24:
朝倉「キョンくんまさか、私の出した手紙をそのまま涼宮さんに渡したの!?」
キョン「何?今朝の手紙は朝倉のだったのか?」
朝倉「そうよ!」
キョン「お前差出人の名前買えてなかったぞ。おっちょこちょいだな」
朝倉「今はそういう問題じゃないのよ!」
ハルヒ「ちょっとちょっと!どういう意味!?」
キョン「つまり、俺が朝倉から受け取った手紙を、ハルヒに見られたわけか?」
朝倉「なんで涼宮さんに渡すのよ!」
キョン「お前らちょっと黙れ!話を整理させろ!!」
27:
ハルヒ「じゃあ、私の勘違いだったってこと?」
キョン「そうだな。第一、俺がお前をいちいち教室に呼ぶ必要がないだろ」
ハルヒ「どうしてよ」
キョン「用事があれば文芸部室で話するだろ」
ハルヒ「それもそうね」
キョン「で、朝倉は俺を呼び出して何をするつもりだったんだ?」
朝倉「え、そ、それは・・・」
ハルヒ「キョン鈍いわね!女の子が放課後教室に呼び出すといったらアレしかないでしょ!」
キョン「あれ?」
長門「トランプ・・・」
キョン「トランプか?」
ハルヒ「んなわけないでしょこのバカ!!」
29:
朝倉「あ、あのね涼宮さん・・・」
ハルヒ「告白に決まってるでしょ!告白に!」
キョン「なんですと!?」
朝倉「ち、ちg」
ハルヒ「アタシが勘違いできたのもあったけど、本来はキョンと朝倉の二人っきりになるはずだったのよね」
キョン「そうなのか。今は余計な2人がいるわけだ」
ハルヒ「余計は余計よ!!」
朝倉「(話がどんどんヘンな方に・・・)」
長門「・・・」ジー
朝倉「(長門さん!助けて!!)」
長門「・・・自業自得・・・」
朝倉「(いやーん!!)」
30:
ハルヒ「キョン、気合い入れて告白されなさい!」
キョン「なぁ、ハルヒ」
ハルヒ「何よ」
キョン「告白されたら俺はどう答えればいいんだ?」
ハルヒ「そんなことまでアタシに聞かないとわからないの!?」
キョン「いやいや、お前は確か『SOS団は恋愛禁止』と言ってたよな?」
ハルヒ「あ」
キョン「例え朝倉が告白してきても、もう結果は見えてるわけだが」
ハルヒ「うーん・・・」
朝倉「あ、あの・・・」
ハルヒ「今ちょっと考えてるから待って!!」
朝倉「は、はい!」
32:
ハルヒ「・・・そうね、キョン、もし告白されたら付き合いなさい」
キョン「いいのか?」
ハルヒ「そうすれば、朝倉もSOS団入り決定よ」
朝倉「えっ」
キョン「戦国時代の政略結婚みたいだな」
ハルヒ「結婚まで考えてるの!?」
キョン「ちげーよ。物の例えだ」
朝倉「ちょ、ちょ・・・」
ハルヒ「さ、結論はまとまったわ朝倉。だーんと告白しなさい!」
朝倉「(えぇー・・・何これ・・・)」
38:
ハルヒ「さあ朝倉!勇気を出すのよ!!」
朝倉「す・・・」
キョン「!」
朝倉「涼宮さんは・・・それでいいの?」
ハルヒ「あたし・・・?」
朝倉「だって、涼宮さんだって・・・」
ハルヒ「あたしのことは気にしなくていいの」
朝倉「え?」
ハルヒ「今は、朝倉がキョンに告白する番でしょ?」
朝倉「涼宮さん・・・」
朝倉「(別に告白するためにキョンくんを呼んだんじゃないの・・・)」
39:
ハルヒ「さ!ビシッとしなさい朝倉!!」
朝倉「(このノリ・・・しなきゃいけないの?)」
朝倉「(仮にキョンくんがOKって返事したらどうしたらいいの?)」
長門「(そのまま付き合えばいい)」
朝倉「(長門さん!?)」
長門「(涼宮ハルヒもそれを望んでいる)」
朝倉「(でも・・・)」
長門「(あなたが彼にしようとしていたことは知っている。消されたくなかったら素直に行動するべき)」
朝倉「(ヒィィィ!!!な、なんで知ってるのよ!?)」
長門「(禁則事項)」
朝倉「(セリフ違うから?!!)」
40:
朝倉「(仕方がないわね・・・)」
朝倉「あのね、キョンくん・・・」
キョン「・・・」
ハルヒ「・・・ごくり」
朝倉「・・・好きなの」
ハルヒ「(なんてシンプルな告白!!)」
朝倉「(さぁ、さっさと返事してちょうだい)」
キョン「・・・朝倉・・・」
朝倉「・・・何?」
ハルヒ「(あーもうさっさと返事しなさいよ!!バカキョン!!)」
41:
キョン「すまん」
朝倉「・・・え?」
キョン「朝倉とは付き合えない」
朝倉「は?」
ハルヒ「キョン!?どういうことなの!?」
キョン「すまんハルヒ、俺好きなやつがいるんだ・・・」
ハルヒ「誰よ!!」
キョン「おまえだ!!」
ハルヒ「お前って誰y・・・え?」
キョン「俺ハルヒのことが気になって仕方がなかったんだ・・・好きだ!!」
ハルヒ「キョン・・・」
朝倉「・・・え?どうなってるの?」
長門「・・・ぷっ」
44:
朝倉「な、長門さん?」
長門「このことも予測済み」
長門「彼が涼宮ハルヒに告白する空間を作るにはあなたが有効だった」
朝倉「えーと・・・つまり、利用されていたの?私?」
長門「そうなる」
キョン「ハルヒ・・・」ぎゅっ
ハルヒ「キョン・・・」ぎゅっ
朝倉「(涼宮さん・・・自分はいいとか言っておきながらちゃっかり抱き合ってるし)」
朝倉「(劇的な情報フレアは発生したけど・・・納得しない・・・)」
朝倉「・・・うぅぅぅぅぇぇぇええ!!人間なんて嫌いよー!!」
長門「ぷっ」
END
4

続き・詳細・画像をみる


虚淵玄氏の新作くるか?「火急の仕事がギリギリで脱稿、まどか以来久々の1クール全話ぼっち引受なので、いやもうプレッシャーで筆が詰まる」

【米国】牛肉価格が過去最高を記録、バーベキューシーズン到来で

オリラジ藤森が「一番落としやすかった女」の特徴を暴露

元AKB48やまぐちりこの現在wwwwwwwwww

朝日新聞「慰安婦報道を検証する法的義務はない」

/`・ω・´\箱根山「ちょっとプルプルきてる」 火山性地震419回 お前ら準備はいい?

【衝撃】ソフトバンクがドコモにケンカを売ってるCMがヤバイwwwwwwwwwwww

「安倍やめろ(ただし代案はない)」「戦争反対!(ただし戦争になると思う理由は理解していない)」

「30歳越えて実家暮らし」← ぶっちゃけどんな印象?

私は猫を飼っていて彼は猫アレルギー。掃除などで気をつけるって言ってるのに彼が猫との同居に及び腰で困ってます

LINE「ティコン♪」ワイ「珍しいな!誰からやろ!」ワクワク

『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』のポップvs『とある魔術の禁書目録』の上条当麻

back 過去ログ 削除依頼&連絡先