絵里「センター決めって大変よね……」back

絵里「センター決めって大変よね……」


続き・詳細・画像をみる

1:
真姫「―――だから私よ!この私がセンター。これで決まり!」
にこ「真姫ちゃんがセンター?ありえないよねー?」
真姫「はぁ?ニコちゃんがセンターの方が、よっぽどないわよ!」
にこ「そんなことないニコ。一番ふさわしいのは、このニコニ―☆」
真姫「ないない。そんなのない!」
にこ「その言葉、そっくり返してあげるニコ!」
真姫「いらない!」
にこ「遠慮しないでいいんだよ?」
真姫「いらないって言ってるでしょ!」
絵里「ね、ねえ…………」
5:
真姫「ニコちゃん、センターには何が必要?」
にこ「アイドルへの想い。これだよねー♪」
真姫「想い?はぁ?なにそれ」
にこ「残念な真姫ちゃんには、わからなくてもしょうがないニコ♪」
真姫「なっ……ち、違うわよ!そんなわけわかんないのじゃなくて……」
にこ「じゃあなにが必要?あ!お尻の大きさ?」
真姫「そんなわけないでしょ、ニコちゃん!」
絵里「あの…………二人とも……」
6:
絵里(はぁ…………)
絵里(いつものことだけど、センター決めで揉めるのよね)
絵里(ニコと真姫が自分がセンターって言い張って―――)
絵里(何日も言い争った結果、結局じゃんけん大会に…………)
絵里(穂乃果や海未にセンターってどう決めてるか、聞いたことがあるんだけど)
絵里(基本的に、歌のイメージに合わせるようにしていて―――)
絵里(ちゃんと話しあって決めているらしいし……)
絵里(……なんで、うちのユニットだけこうなのかしら……)
7:
真姫「センターにはかしこさ。これが必要なの!」
にこ「かしこさ?なんで?」
真姫「いい?ユニットのイメージはセンターの影響が大きい!」
にこ「うん」
真姫「そのセンターがバカなことでもしてみなさいよ!」
真姫「ファンはどう思う!?」
にこ「あー……ちょっと頭の弱い子たちなのかなって思うかも?」
真姫「でっしょー?」
8:
にこ「だけどさ真姫ちゃん。あえてそういうのをするっていうのも―――」
真姫「それはもう間に合ってるでしょ?」
にこ「あ、そうだったニコ♪」
真姫「そういうのは、凛たちに任せておけばいいのよ」
にこ「うんうん。のぞみんたちガンバレ!ニコは応援してるニコ☆」
真姫「―――だから、まきちゃんユニットはバカじゃダメ。かぶっちゃう」
にこ「……真姫ちゃんユニットじゃなくて、ニコニーユニットだよ?」
絵里(なんか、ひどい言い様ね…………)
絵里(……ところで。ユニットリーダーって誰だか知ってるかしら?)
9:
真姫「私たちは、クールなかんじが求められている。そうでしょ?」
にこ「そうニコね」
真姫「クール。すなわちかしこさなのよ!」
にこ「えー……なんかずれてない?」
真姫「つまり、かしこさこそセンター!はい、私がセンター!」
絵里(かしこさ…………私もいけるわね……うん……)
絵里(…………)
絵里(争ってるわりに、いつも楽しそうに話すのよね)
絵里(……混ざっちゃえば、楽しそうかも)
絵里(私もセンター争いに参加してみようかしら……)
10:
にこ「待って。真姫ちゃんがかしこい?寝言かな?」
真姫「さすがにそれは苦しいわよ、ニコちゃん。満点生産機の私に」
にこ「確かに、テストの点は取れるかもしれないけど……それってかしこさなの?」
真姫「当然よ!数値として現れる、最善の判断基準じゃない」
にこ「……ふーん。でもさ、それって、ホントのかしこさなのかな?」」
真姫「どういうことよ?」
にこ「ホントのかしこさは、相手に望まれた行動を瞬時に起こせる―――」
にこ「そういう頭の回転のさだよ。ね?絵里ちゃん?」
絵里「え?ま、まあそうね……」
絵里(何で突然話を振ったのよ……)
14:
真姫「それなら、私だって……」
にこ「真姫ちゃんはさー……こう、咄嗟の質問とか対応でき無さそうだよねー♪」
真姫「そ、そんなことないんだから!」
にこ「好きな人は?」
真姫「は!?え?…………」
にこ「好きな人は?」
真姫「えっと……りょ、両親」
にこ「ほら。ダメダメニコ」
15:
真姫「ならニコちゃんはどう答えるの?」
にこ「好きな人?それは―――ファンのみんなニコ!」
真姫「…………なっ」
にこ「どうかな真姫ちゃん?これがかしこさニコ♪」
真姫「…………」
にこ「うん?どうしたのかなー、マッキー?認めちゃった?
にこ「ニコのか・し・こ・さ」
真姫「ニ、ニコちゃんより、私の方がかしこいの!」
にこ「まだ言うニコ?ニコの方がかしこい!」
真姫「かしこいのはこの私!まきちゃんよ!」
にこ「真姫ちゃんは暗記だけ。真にかしこいのは―――ニコ!」
絵里(私は?……私は?)
16:
真姫「かしこいって言うのは、まきちゃんの枕詞なんだから!」
にこ「それは間違いだよ?ニコの枕詞ニコ!」
真姫「かしこいは、わ・た・し!」
にこ「ニ・コ!」
絵里(………………今がセンター争奪戦に参加するチャンス)
絵里(ここで、私が一番かしこいわ!って言えばいいのよね!)
絵里(…………うん、言ってみましょう!)
絵里「………………あの!」ガタッ
17:
真姫「な、なによエリー!いきなり椅子から立ち上がって」
にこ「まさか、エリーチカが一番かしこい!とか言いださないよね?」
真姫「ええ?言うわけないでしょニコちゃん」
にこ「だよねー♪」
絵里「え…………そ、そうね。なんでもないわ……」カタン
真姫「もう、びっくりさせないでよね」
絵里「ごめんなさい……」
絵里(………………)
20:
真姫「まあかしこさは互角としたら、次にかわいさよね」
にこ「かわいさなら、ニコが圧倒しちゃうよ?」
真姫「ニコちゃんが束になっても、このまきちゃんには勝てないけど」
にこ「なに?真姫ちゃんまだ寝ぼけてんの?」
真姫「はぁ!?事実でしょ!」
にこ「ニコの方がかわいいことは事実ニコ☆」
真姫「ねえニコちゃん……鏡って知ってる?」
絵里(…………)
絵里(かわいさ…………私も結構いける……よね?)
21:
にこ「客観的に見て、ニコの方がかわいい」
真姫「どう考えても、ニコちゃん補正が入ってるでしょ」
にこ「そんなことないよぉ?かわいいのはニコだよね、絵里ちゃん?」
絵里「ええ?ど、どうかしら……」
絵里(だからなんなのよ、唐突な振りは)
絵里(もしかして、センターの取り合いに参加しろって言ってるの?)
絵里(…………あ!)
絵里(求められていたのは―――いや、私よ!って言うセリフだったのね……!)
22:
真姫「どう見ても、私のほうがかわいいよね?」
にこ「かわいさって言うのは、容姿だけじゃないんだよ?」
真姫「なによ。容姿で勝てないからってヘリクツ言うの?」
にこ「かわいさには愛想も大事ニコ☆まあ容姿もニコの勝ちだけど」
真姫「愛想…………」
にこ「そう。例えば―――笑顔!はい笑って真姫ちゃん!」
真姫「え……こ、こう?」ニコッ
にこ「ほら。本当にダメダメだよねー?」
23:
真姫「完璧でしょうが!」
にこ「固い。固すぎて顔が死んでるニコ」
真姫「なによそれ。ならニコちゃんはどうなのよ」
にこ「見ててね真姫ちゃん」
にこ「にっこにっこにー☆」ニコッ
真姫「…………」
にこ「どう?かわいすぎちゃって、固まっちゃったニコ?」
真姫「違う違う。突然何してるの、この人って……」
にこ「またまたー♪ニコのかわいさに、びびっと来たニコね!」
真姫「そんなわけないでしょ!かわいいのはこの私!まきちゃんよ!」
にこ「真姫ちゃんは二番目。一番かわいいのは―――ニコ!」
絵里(…………私は何番なの?)
25:
真姫「かわいいって言うのも、まきちゃんの枕詞なんだから!」
にこ「だから間違いだって。ニコのものだから!」
真姫「かわいいは、わ・た・し!」
にこ「ニ・コ!」
絵里(………………)
絵里(……来たわね。行くわよ、行くわよ!)
絵里(私が一番かわいいわ!って言えばいいのよね!)
絵里(…………よし、言うわ。今、言うわ。さあ、言うわ!)
絵里「………………ねえ!」ガタッ
26:
真姫「え、エリー!あなた、またなの!?」
にこ「どしたのエリチカ?」
真姫「まさか、エリーチカが一番かわいいから!とか言わないわよね?」
にこ「でもぉ♪ニコ、そんな絵里ちゃんも見てみたいニコ♪」
絵里「え…………あ、違うのよ。うん……」カタン
真姫「いきなり立たれると、心臓に悪いんだけど」
絵里「ごめんなさい……」
絵里(………………)
27:
真姫「まあ、結局私よね?」
にこ「いやいやニコだよね?」
真姫「よく考えてみなさい。ニコちゃん」
にこ「……なにを?」
真姫「センターと言えば中心よ?それが、ニコちゃん?地味でパッとしないじゃない」
にこ「地味?ニコのどこが地味ニコ?」
真姫「……私と比べれば一目瞭然よ。見なさい!私を!」
にこ「ええと、お尻が大きい……」
真姫「それはほっといて!ほら、知性が!品の良さが!あふれ出て、輝いてるでしょ!」
にこ「感じないニコ。それならぁ、ニコの方がインパクトがあるよね☆」
真姫「どこがよ」
絵里(…………私だってほら、金髪だし。スタイルだって……うん……)
29:
にこ「ニコはぁ―――まずこの髪!」
真姫「黒髪のおさげ?とってもじっみー。インパクト0ね」
にこ「わかってないなよねー、真姫ちゃんは。ね、エリーチカ?」
絵里「うぇ?……あ、まあいいたいことは何となく……」
絵里(全然わからないけど…………)
31:
真姫「いみわかんない。説明しなさいよ」
にこ「普段おさげのマジメな雰囲気のニコ!」
真姫「ん?ニコちゃんがマジメ?ないない」
にこ「雰囲気だから。なんかさ、話が通じないよね?」
にこ「……あ、ニコはホントに真面目だけど」
真姫「わかりにくいのよ、ニコちゃん」
にこ「…………真面目なニコ!」
真姫「…………」
にこ「――――でも、ツインテールにすると……」
にこ「アイドルオーラ爆発!すごいインパクトニコ☆」
真姫「はぁ……それなら私だって。ほら髪型変えればいいのよね?」
にこ「もう本当にさあ……ダメダメすぎて、ニコ泣いちゃいそうだよぉ……」
32:
真姫「何が違うのよ!」
にこ「髪型を変えても、イメージが変わらないとダメなんだよ?」
真姫「…………イメージ?」
にこ「結ぼうがほどこうが、真姫ちゃんはイメージあんまり変わんないニコ」
にこ「ニコみたいに、ツインテールにすればまだわかるけど」
真姫「イヤよ。子供っぽいし……」
にこ「真姫ちゃんには似合わないもんね?」
真姫「似合うわ!私には何でも似合うもの」
絵里(私もサイドテールとかにしたら、イメージ変わるかしら……)
33:
真姫「とーにーかーく!みんなが私に注目するわけよ。私が出れば!」
にこ「坊主で?」
真姫「普通の髪型で!そう、私のにじみ出るインパクトにもう釘づけ!」
にこ「お尻に?」
真姫「だからお尻から離れてよ。もうやめてよ、ニコちゃん…………」
絵里(なんだか、こっちも傷つくわ……)
絵里(ヒップが一番大きいの、私だし…………)
35:
真姫「いい!?ファンが求めてるのはこの、まきちゃんなんだから!」
にこ「真姫ちゃんファンって、真姫ちゃん一人でしょ?」
真姫「はぁ?」
にこ「うん?」
真姫「―――とにかく!センターは、わ・た・し!」
にこ「センターは、ニ・コ!」
絵里(………………)
絵里(……今度はちゃんと言うわ!)
絵里(センターは私!って……)
絵里(それで二人と言い争いを楽しむのよ!)
絵里(………………行くのよ、エリーチカ!)
絵里「………………二人とも、聞いて!」ガタッ
37:
真姫「もう!エリー!今度はなに!?」
にこ「なにか言いたいことがあるニコ?」
絵里「……そ、そうなの」
真姫「なんだ、それなら早く言わないとダメじゃない」
にこ「そうそう。絵里ちゃん、どうしたの?」
絵里「ええと…………」
真姫「ええと?」
絵里「その…………」
にこ「その?」
絵里「―――セ、センターはエリーチカがやりたい!!」
41:
真姫「…………え」
にこ「…………うん」
絵里「………………」
真姫「…………」
にこ「…………」
絵里(え……なに?なんなの!?この反応…………)
43:
真姫「エリーがやりたいなら、それでいいと思うわ」
真姫「あなたの気持ちに、気づかないでごめんなさい……」
にこ「うん。ニコもそれでいいニコ」
ニコ「ごめんね、絵里ちゃん。ずっとやりたかったんだね……」
絵里「え…………あ、その…………」
真姫「じゃあ決定ね」
にこ「そうだね」
絵里「………………」
絵里(あ、あれ?わいわい言い争うんじゃないの…………?)
4

続き・詳細・画像をみる


【速報】岸本斉史が鳥山明、井上雄彦、尾田栄一郎を引き連れてナルト展へ行く

【放置子】我が子とベビー休憩室に入ったら放置子達が素早く粘着して来た

赤ちゃんが泣いてもお母さんはあやす事もせずただ俯いて座っているだけ。心配になって声をかけたら突然タヒしていた。

結婚して子供ができて楽しいのは20年間程度だよな

台湾、日本からの食品輸入すべて停止 協議物別れで15日から実施

大山のぶ代「ドラえもんの収録日やんけ!」

back 削除依頼&連絡先