雪歩「こんなちんこ…ちんちくりんな私は…」P「ん?」back

雪歩「こんなちんこ…ちんちくりんな私は…」P「ん?」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「今何か聞こえてはならない言葉が聞こえたんだけど」
雪歩「き、気のせいですぅ」
P「今、ちんこって…」
雪歩「い、言ってないですぅ」
P「いや言ったよ、聞こえた」
雪歩「うぅ…」
P「ごめん、噛んだだけなのは知ってるんだ」
雪歩「プロデューサー、意地悪ですぅ…」
P「ごめんな…」
雪歩「こんな噛んじゃうようなちんちんくりんな私は、穴掘って埋まって…」
P「ん?」
5:
P「今何か聞こえてはならない言葉が聞こえたんだけど」
雪歩「き、気のせいですぅ」
P「今、ちんちんって…」
雪歩「い、言ってないですぅ」
P「いや言ったよ、聞こえた」
雪歩「うぅ…」
P「ごめん、噛んだだけなのは知ってるんだ」
雪歩「プロデューサー、意地悪ですぅ…」
P「ごめんな…」
雪歩「こんな噛んじゃうようなちんちくびんな私は…」
P「ん?」
7:
P「今何か聞こえてはならない言葉が聞こえたんだけど」
雪歩「き、気のせいですぅ」
P「今、ちくびって…」
雪歩「い、言ってないですぅ」
P「いや言ったよ、聞こえた」
雪歩「うぅ…」
P「ごめん、噛んだだけなのは知ってるんだ」
雪歩「プロデューサー、意地悪ですぅ…」
P「ごめんな…」
雪歩「こんな噛んじゃうようなちちくりんな私は…」
P「ん?」
9:
P「今何か聞こえてはならない言葉が聞こえたんだけど」
雪歩「き、気のせいですぅ」
P「今、ちちって…」
雪歩「い、言ってないですぅ」
P「いや言ったよ、聞こえた」
雪歩「うぅ…」
P「ごめん、噛んだだけなのは知ってるんだ」
雪歩「プロデューサー、意地悪ですぅ…」
P「ごめんな…」
雪歩(もう、噛まない…!)
雪歩「こんな噛んじゃうようなちんちくりんな私は、穴掘って埋まってます?!」(言えたっ…!)
P「ん?」
12:
P「今何か聞こえてはならない言葉が聞こえたんだけど」
雪歩「えっ…」
P「今、チンチンクリックって…」
雪歩「い、言ってないですぅ」
P「いや言ったよ、聞こえた」
雪歩「今はちゃんと言えてました…」
P「そうだ。お前は噛んでなかった」
雪歩「え…?」
15:
P「でもな、ちんちくりんって言葉は酒池肉林だとかチンチンクリックと聞き間違える人が多いんだ」
雪歩「………」
P「それに、さっきみたいに噛むと卑猥な言葉が現れかねない」
雪歩「はぅ…」
P「俺はお前にちんちくりんなんて言葉を使って欲しくない」
雪歩「プロデューサー…」
P「お前はちんちくりんじゃない!」
雪歩「…!」
18:
P「お前が自分を下に評価してると、俺は凄く悲しいんだ」
雪歩「で、でも私…今日ライブでドジしちゃって……さっきだって噛んじゃって…ダメダメで…」
P「雪歩は、噛んでも何度も言い直して、最後にはちゃんと言い切れただろ?」
雪歩「……はい」
P「雪歩はつまづいても、何度もチャレンジして成功するまで頑張れるんだ」
雪歩「プロデューサー…」
P「雪歩がちんこ…ちんちくりんはなわけがない!」
雪歩「え?」
21:
雪歩「プロデューサー、今…」
P「…と、とにかく、もう自分をちんちくりんだなんて言うなよっ」
雪歩「………」
P「…な?」
雪歩「…プロデューサー、ありがとうございます」
雪歩「…私、元気もらいました……これからも、頑張ってみます」
P「そうか…」
2

続き・詳細・画像をみる


1930年代に楽しまれていたパルクールが想像以上にレベルが高かった!!

水中の椅子に座った白骨遺体が2体並んでいるだと!?ダイバーが仰天して警察に通報、その真相は?(米アリゾナ州)

高速鉄道列車内で弁当が爆発・・・飛び散る飯粒、噴き出す白煙、驚き駆けよる乗務員

よく分からない風刺画

核攻撃時のBBCの予定原稿怖すぎワロタ・・・

『ヤング ブラック・ジャック』TVアニメ化決定!

back 削除依頼&連絡先