モバP「巴さんスイッチあ行?」back

モバP「巴さんスイッチあ行?」


続き・詳細・画像をみる

2:
・事務所 PM6:00
P「巴ぇ…かわいいよぉ…」
ちひろ「…まだ帰らないんですか?」
P「ええ、ちょっと野暮用があるもんで」
ちひろ「野暮用……ですか?」
P「あっ、残業とかじゃないんで心配しなくて良いですよ!」
ちひろ「……分かりました。本当に残業じゃないんですね?私に気を使って1人で…なんてやめて下さいよ?」
P「大丈夫ですって!ほら!戸締りもしておきますから!後は俺に任せて下さい!」
ちひろ「…うーん…じゃあ、お疲れ様です…?」
P「お疲れ様でーす!」
<バタン
P「……」
P「……よし」
3:
P「巴、出てきていいぞ」
<ゴソゴソ
巴「うちをこがなトコに押し込めよって……」
P「すまんな」
巴「かまん。で、なんなんじゃP?アンタの言う『ええもん』ちゅうのは?」
P「ぬふふ……よくぞ聞いてくれた……」
巴「聞くも何もそんでうちを呼びつけたんじゃろ!なんか腹立つのう!はよ言えや!」
P「……ぬふ…それはな……」
P「……これだッ!!!」
巴「………ん……?」
4:
≪巴さんスイッチ≫
巴「………なんじゃこれ」
P「……巴、そのマシンに『あいうえお』と書かれたスイッチがあるな?」
巴「おう」
P「今から俺がそのスイッチを押していく。押したら巴は」
P「『その文字から始まる事』をしなくちゃいけないんだ」
巴「……ほう」
P「面白そうだろ?」
巴「うちのメリットは?」
P「あるんじゃないすかね(笑)」
巴「一発『ええ音』鳴らしたろか?」
P「申し訳ありませんでした」
5:
巴「……まあええわ。付き合うたる」
P「おおマジか!ありがとう巴!本当にありがとう!感謝する!」ギュー
巴「や、やめんかP!!うっとうしい!!抱きつくなや!!」
P「ごみん」
巴「……はぁ…アンタとおったらほんましんどいのう……」
P「アーナキソ」
巴「……冗談じゃ」
P「アーイキソ」
巴「……」
P「……」
6:
P「そこに色々指示が書いてあるだろ?それの通りにやってくれな」
<この通りに!?嘘じゃろ!?
P「本当だよ」
<………
P「……どした」
<………ほんまに……
<……ほんまに、せないかんのか?
P「おう」
<……はぁ…
P (リアルに嫌がってるな)
<これ終……らしばいたる…のう…
P「えっ!?ごめん何て言った今!?なんか物騒なこと言わなかった!!?そういうの本当やめてね!??」
7:
P「本人の嫌がる気持ちは」
P「そっと胸にしまっておこう」
P「…じゃあ……」
P「いっくぞぉぉ!!!」
P「巴さんスイッチ『あ』」ポチッ
<ガチャ
巴「うう……クソ……」
P「クソって言ったぞこのアイドル」
巴「………」
巴「………P…」
P「なんだよ?」ワクワク
巴「………」
巴「……っ……!」バッ
8:
巴「だ、大好き、じゃ……!///」ギュウッ
P「おぉぉ↑ぉぉう!!!!!!」
9:
巴「くそっ……!///」ギュー
P「……」
巴「……っ……///」ギュー
P「……巴……」
巴「やかましい……今…」ギュー
巴「…今、名前で呼んだら…あかん…///」ギュー
P「……」
P「巴」
巴「……っ…!///」ビクンッ
P「……巴」
巴「や…やめんか…!///」ギュー
P「こっち向いてくれよ」クイッ
巴「っっ……!?///」
10:
P「………」ジーッ
巴 (かかか顔……近いっ……!!///)
P「………」ジーッ
巴「やめぇ…そがに…見るなや……!///」
P「……」ジーッ
巴「ぐうっ……!///」
P「俺も……」
巴「……えっ……?」
P「大好きだよ……」ボソッ…
巴「……ッッッッ!!///」ゾクゾクッ!!
11:
巴「はっ……はぁ……!///」プルプル
巴 (なんじゃ…イマの、かんじ……)
巴 (あんなん……うち…しらん……)
巴 (…Pに……だいすき、て………)
巴 (ゆわれただけ…やのに……)
P「なあ巴…」
巴「へっ…なんじゃ……?」プルプル
P「…もっと、俺に……」
巴「………?」プルプル
P「『あ』まえても良いんだぜ……?」ボソッ…
巴「か、はッ……!!!///」ビクンビクンッ
12:
P「……」
P「…大丈夫…?」
<黙れ
P「………」
<………
P「………」
P「さっき蕩けた顔で『P…大好きぃ…』って言ってt」
<黙れぇぇえええっ!!!!!
P「………」
<…はぁ…はぁ……
P「………」
13:
P「実は昨日の晩から」
P「テンション上がってたPです」
P「………」
P「……13歳に欲情する事が」
P「もっと常識化しますように」
P「果ては」
P「グローバル化しますように」
14:
P「よーし」
P「どんどんいくぞ」
P「巴さんスイッチ『い』」ポチッ
<ガチャ
巴「おい…P……覚えときや……」モジモジ
P「おー、似合ってるぞそのビキニ」
巴「じゃかましいわアホ……!」モジモジ
P「………で?何て指示だった?」
巴「………」モジモジ
P「…………」
巴「……うちも女じゃ…」モジモジ
P「……うん?」
巴「…腹…決める……!」モジモジ
P (…くるぞ……!!)
巴「……ふぅっ…ふーっ……!!」ストン…
P (巴の……13歳の……!!!!!)
15:
巴「…ぅ…っふぅ……!!///」クパァ…
P「M字開脚ッ……!!!!!!!!!」
16:
巴「…ぐぅぅ………!!!///」クパァ…
P「おぉぉぉ…!!!」
巴「殺す……殺す……!!!///」プルプル
P「巴の…大事なトコロが……!!」
巴「殺すッ………!!!!!///」プルプル
P「目の前に……!!!!!」
巴「……あんまし…いちびっとったr」
P「は?」ツンッ
巴「ら゛ッっっ……?!///」ビックゥ!!
P「誰に」ツンッ
巴「ソコっ…つつくなッ……!!///」
P「そんな口」ツンッ
巴「んぉッ………!!!??///」
P「聞いてんのっと」ズブッ
巴「が……ッッ……??!!!」ビックゥ!!
17:
P「あっごめん」ヌポッ…
巴「ぎっ……!!?」
P「どこにとは言えないけど指入れちゃったわ」ヌチャッ
巴「…うご、かすな…ッ……!!!」ビクンッ
P「聞こえないっす」グチュッ
巴「あ゛っ………ッ!!!」
P「…………」
P「………そろそろ」
P「良いよね………?」
巴「……あぎっ……ッは……」
P「…………」
P「………では……」
18:
ーーーーーーイッてらっしゃい
ーーーーーーあ゛っ
19:
P「あのー……」
P「正解発表だけ……ですね…」
<………
P「………」
<……死にたい…
P (…重症だ……)
P「き、気持ち良かった、でしょ…?」
<……
<……だからじゃ…
P「………はい?」
<き、き…気持ち、良かった…から…
<悔しいんじゃ…っ…!!
P「…………」ムラァ…
20:
P「まあ本人がグロッキーなので」
P「私から正解発表すると…」
P「『イ』ンリン・オブ・ジョイトイ」
P「でした」
P「……というか」
P「巴にM字開脚させたかっただけです」
P「事務所が総力をあげて」
P「お詫び申し上げます」
21:
P「まだ指は洗ってません」
P「ケジメ付けて永久保存したいです」
P「……では」
P「巴さんスイッチ『う』」ポチッ
<ガチャ
巴「のう、Pよ」
P「うん?」
巴「ちっとそこに寝てみいや」
P「えっ?まあ、いいけど…」ゴロン
巴「そうじゃそうじゃ、そんでおってくれ」
P「………?」
P (『破』瓜じゃなかったっけ……?)
22:
巴「よい、しょ……」グイッ
P「何で腕持ったの?」
巴「おい」
P「はい」
巴「次喋ってみい、己のタマ潰したるけん」
P「……」
巴「……のう、Pよ…覚えとるか」
P「……」
巴「うちが昔、言うたこと…」
P「……?」
巴「…そうか、覚えとらんか……」
巴「……ほいたらな……」
巴「………もっぺん言うたるわ」
P「……」
巴「『やられっ放しは』」グッッ…
P「!!??」
23:
巴「性に合わんのじゃぁぁあああ!!!!」バキバキバキ!!
P「痛っだぁぁぁあああ!!!!!!!!」
24:
P「痛だだだだだだ!!!!!やめて!!!やめてよ!!!!やめたげてよぉぉ!!!!!」
巴「ハッハッハ!!ええ声じゃ!!ほんにええ声上げよるわうちのPは!!!」バキバキバキ!!
P「腕!!!腕折れちゃう!!!!腕の骨がお釈迦になっひゃうぅぅ!!!!」
巴「おいP!!!もうちっと泣けや!!!許す気になれんじゃろうが!!!」バキッ!!
P「あがぁぁぁぁあああ!!!!!!」
巴「ハハハッ!!!おもろい!!これおもろいわ!!ええ年の男がこがいに泣く思わなんだ!!!ハハハハハッ!!!」バキバキバキ!!
P「やだぁぁぁ!!!!もうやだぁぁぁあああ!!!!!!痛いよぉぉおおお!!!」
巴「そろそろっ!!!!ええかのう!!!!」バキバキ!!
P「なになになに!!!!!??何がですか!!!!??」
巴「………」ピタッ…
P「………へっ……?」
巴「…………」
巴「………ほいたら……」
25:
ーーーーーーー逝ってらっしゃい
ーーーーーーーあ゛っ
26:
P「………」
P「…………先ほど」
P「……左腕が……」
P「…お亡くなりに…なられました…」
<謝らんぞ
P「………」
<………
P「………」
<………
P「左うd」
<謝らんぞ
P「………」
<………
27:
<…そうじゃ、正解は…
<『う』で挫ぎ逆十字固めじゃ
<親父に教えてもうた技が
<ここで役立つとはのう
<今だけは
<親父に感謝せにゃな
P「ひd」
<謝らんぞ
P「………」
<………
28:
P「関節が1つ増えました」
P「巴が生んでくれた関節ですので」
P「大切に育てていくつもりです」
P「はい次」
P「巴さんスイッチ『え』」ポチッ
<ガチャ
巴「うーん……」
P「どうした?」
巴「いやな、『え』の指示だけ漢字が読めんかったんじゃが…」
巴「あれは…どういう意味なんじゃ?」
P「ああ…それか……それはな…」
29:
P「『え』んこう」
P「って読むんだよ」
巴「『え』んこう……?」
30:
[2015/4/27 pm7:57]
「はい、こんにちはー。あれだね、今日が初対面なんだけど…君かわいいねー」
巴「は、はあ……?」
「名前は何て言うんだっけ?」
巴「巴、じゃ……」
「巴ちゃん…良い名前だねー。てかさ、その方言ってどこの出身?」
巴「広島……なんじゃP…さっきから…」
「広島!なんかそれっぽい!格好とかが広島っぽいもんね!……年齢は?」
巴「13……」
「うわー!若いなあ!全然年下じゃん!マジで羨ましい!(笑)」
巴「おいP、なんでビデオ撮っとるんじゃ…?」
「いやー羨ましいなぁ……まあ、それはおいといて」
「これから…そういう撮影をしていくんだけどぉ……意気込みー…とかある?」
巴「……そういう撮影てなんじゃ?なんかするんか?」
「そりゃ緊張するよね!(笑)」
巴「なんも言うとらんじゃろ!!」
31:
[2015/4/27 pm8:18]
「…じゃあ…そろそろ始めよっか」
巴「何を?」
「あれ?巴ちゃんは脱がしてほしいタイプ?なんか意外だなー(笑)」シュルシュル
巴「な!?やめんか!!アホ!!頭おかしいんか!!///」
「今ちょっとビクついたよね(笑)。ここらへんが良かったりする?」サワッ…
巴「んあっ!?や、やめえて言うとるやろ!!」
「うわ!もう濡れてんじゃん!…巴ちゃんってエッチなんだねー?」クチュッ…
巴「ひゃうっ…!?や…やめ…ろて…!」
「どう……?ここ…?」
巴「んっ……んっ…んっ……!」
「……声、我慢しなくていいよ……」
巴「…ふぁ…あ、あかん……!」
32:
[2015/4/27 pm8:36]
「ん……どうしたの…?」
巴「も……うち…あかん…!」
「え、もう?めっちゃ感度良いんだね?」
巴「…ひゃ…ひゃい……そう…です…!」
「へぇ……そうなんだぁ…」
巴「…んぐ……はぁ…ッ…!」
「……いつでも…どうぞ?」
巴「あ、イ…イッ…ク……ッッ!!」
「…ほらっ……イけよ……!」
巴「イ…ク…イきますッ……!!」
「………っっ!」
巴「んあッッ………!!!!」
33:
P「………」
<……ッ…
P「………」
<ん……ッ…
P「………」
<…P……P…!
P「………」
<……あ、ぐ…っ…P…ッ!!
P「………」
P「余韻の引きずり方が普通じゃない」
34:
P「何なんだろうあいつ」
P「あれはもう天性のモノだよね」
P「クールダウン無しで連続とか」
P「性なる永久機関じゃん」
P「……」
P「……喜ばしすぎるよ」
P「…あっ、もうラストか」
P「最後は……何だっけな…」
P「……」
P「……」
P「………忘れたわ」
35:
P「最後も元気にいくぞっ!」
P「おーっし!」
P「巴さんスイッチ『お』」ポチッ
<……P…ッ…
P「………」
<っふ……っ…っ…
<…くぅ…っ……
P「………」
P「………ふっ」
36:
P「計画通り……!」ニヤァ…
<…もっと……もっとぉ…
<シて……くれや…P…ッ!
<……ぎ…ぁっ…!
P「にしても計画通りすぎるな」
37:
<…Pにぃ…弄って…ほしんじゃ……!
<ッ…あ、い……
P「………」
<…すまん、のう……P…
<もう…うち…イッ……
<…キそう…じゃ……!
P「………」
<クる……Pに……!
<…Pの……ソレ、に…
<…イかされ…る…ッ!!
P「………」
<…い゛ッ………!
<……突い、て……
<…もっと…突いてぇ……!
P「………」
<…中…中で、ええ……!
<Pの…全部……
<うちに…ちょうだいッ…!!
P「………」
38:
<P……うち、とぉ…
<…いっしょに……っ…
<……イこ……?
P「…………………」
<……うん…イッて……
<…いっぱい……ココにッ!
<出し、てぇっ……!!
P「…………」
<…イクッ…イク…ッ、イクッ…!!
<出して…うちに…出してッ…!!
<…ぐぉ゛ッ……ん゛っ……!!
P「………」
<ッッ……ッッッッ…!!!
<んはあ゛ッッッ…!!
<イ゛ッッッッ………!!
P「……」
39:
<ッッッッッ………!!!!!!
P「………」
40:
P「………」
P「………」
P「……静まり返った事務所内には」
P「…何とも言えぬ熱気と」
P「果てた2人の、荒い息が」
P「充満していた」
P「………」
41:
「一線は」
「越えるためにあるのだ」
ーーーーーモバP
4

続き・詳細・画像をみる


車のタイヤがなくなったからとりあえず代わりになるモノ用意しといたわw

ネットで評判が良い「リステリンの紫」を買ってみたんだけど、これって歯磨きの前にやるの?後にやるの?

男性絵師が描いた「むっちり女子154cm44kg」のキャラにまんこが総ツッコミ!作者「勉強になります…」

『Go!プリンセスプリキュア』13話感想 トワイライトふつくしい!目つきがたまらない

ニコニコ超会議にヘスティア様の”例の紐”コスプレイヤーが出現→再現率が高すぎて現場が騒然wwwwwwwwwwwww

うちの車庫にあった新車を見て「共同で使いましょ。助け合いの精神なんだから!」とキチママ

back 削除依頼&連絡先