花陽「ラーメンライスぅ?」back

花陽「ラーメンライスぅ?」


続き・詳細・画像をみる


真姫「はぁ?花陽と喧嘩したぁ?」
凛「そうなの!まったくかよちんったらひどいんだから!」
真姫「で、喧嘩の理由は何なのよ…」
凛「うん、あのねあのね………」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1423502251
2: 以下、
ーーー
ーーーーー
(昨日)
凛「かよちんかよちーん!」
花陽「うわぁ、凛ちゃん!?どうしたの?」
凛「あのねかよちん!凛ね、すごい発見をしたんだにゃ!」
花陽「すごい…発見?」
凛「うん!かよちんは、ラーメンライスって知ってる?」
花陽「ラーメンライス?知らないなぁ…」
凛「ラーメンライスっていうのはね、名前そのまんま!」
花陽「え、えぇ?」
凛「つまり、ラーメンとライスがセットになったメニューってこと!」
凛「これってすごくない!?凛はラーメンが好きで、かよちんはご飯が好き…」
凛「ラーメンライスは、まさに凛とかよちんのコラボなんだにゃ!」
花陽「なんかうまく想像できないよぉ…」
凛「だからそのまんまだってばー!トレイの上に、ラーメンとご飯が乗ってるの!」
花陽「そ、それは分かるんだけど…どうやって食べるのかなぁ…って」
凛「食べ方かぁ…確かにそれは凛もわからないにゃ…調べてみよ!」
3: 以下、
凛「なになに…麺をご飯の上に乗せて食べる…?麺だけを食べてから残りの具とスープをご飯と食べる…?」
凛「…なんかあんまり上品じゃないっていうか…これは美味しいのかにゃ?かよちんはどう思…」
凛「…かよちん?」
花陽「…だめ。だめだめ……だめだめだめーーーー!!!そんなのは認められませんっ!」
凛「うわぁ、いきなり大きい声だしたらびっくりするじゃん!」
花陽「いくら凛ちゃんの好きなラーメンでもこんな食べ方は絶対に嫌ですっ!」
花陽「ご飯の上にラーメン…汚すぎて想像しただけでも寒気がします!」
凛「ちょっとかよちん待ってよ!それじゃあまるでラーメンが汚いみたいじゃん!」
花陽「汚いよ!だって美しいあったかつやつやご飯の上に黄色い麺が乗るんだよ!?」
花陽「そんなの信じられないよぉ!無理無理!絶対無理ぃ!」
凛「あーーもう凛怒ったにゃ!まさか、かよちんがこんな人だとは思わなかった!もう知らない!」スタスタ
花陽「あっ…り、凛ちゃん!?」
凛「ふーんだ!」
ーーーーー
ーーー
4: 以下、
凛「というわけ。全くひどい話だにゃ」
真姫「あなたたち、そんな理由で喧嘩したわけ?くだらないわ…」
凛「くだらなくない!ラーメンを悪く言った罪は死刑より重いの!」
真姫「はあ……で、凛はどうしたいわけ?」
凛「うーん…とりあえず仲直りしたいけど…その前に」
真姫「その前に?」
凛「実は、凛もラーメンライス食べたことないから一回食べてみたいにゃ」
真姫「そっちが先なの…?」
凛「うん。かよちんがラーメンを悪く言ったのは許せないけど、ラーメンライスが本当にゲテモノだったら凛にも非があるにゃ」
真姫「ラーメンにライス…どっちも炭水化物だしすごいボリュームありそうだけど…」
凛「まぁ実際に食べてみよう!とりあえずラーメン作ってご飯炊かなきゃ!」
凛「材料は適当に買って、にこちゃんのお家にれっつごー!」
真姫「えぇ、なんでそこでにこちゃん?アポ取ってあるの?」
凛「アポだかアホだか知らないけど、どうせ暇してるに違いないにゃ」
真姫「………まぁいいわ、付き合ってあげる」
凛「さっすが真姫ちゃん!じゃあまずはショッピングセンターにGO!」
5: 以下、
ーーーーー
ーーー
凛「ショッピングセンターに来たはいいけど、何をどれくらい買ったらいいかわからないにゃー」
真姫「あなたねぇ…」
凛「うーん、まぁ余ったらにこちゃんにおすそ分けするとして、適当に買っていこ!」
凛「ラーメンに必要な材料はぁ…まず麺!太めのやつ?♪」
凛「次に野菜!もやしにキャベツ…まぁ3袋くらいでいいかにゃ?」
真姫「いやいや、何人前作る気なのよ…」
凛「そうだ、せっかくだしμ'sのみんなも呼んでラーメンライス試食会にしよ!名案!」
真姫「ホントいきなりね…まあ大人数の方が楽しいから反対はしないけど…みんなそんなに暇なのかしら」
凛「用事があって来られないのは仕方がないね…でもとりあえずみんなに連絡してみよ!」
凛「LINEってホント便利だよねー。μ'sのグループに書き込めばいちいちみんなにメール送らなくてもいいし」
真姫「そうね」
凛「返事を待つついでに材料選びの続きをしよう」
6: 以下、
凛「外せないのはチャーシューだよねー!あとはニンニクアブラにうずらの卵…」
真姫「ちょっと凛!なんでラーメンライスのラーメンの部分が二郎なのよ!ラーメンだけでお腹いっぱいよ!」
凛「はっ…ごめんごめん、ついクセで」
真姫「クセって…あなた普段どんな食生活してるのよ…」
凛「?いたって普通の食生活だよ?」
真姫「にわかに信じがたいわね」
凛「ほんとだってばー!…よし、これだけあれば美味しいラーメンが作れそう!」
凛「作るのはにこちゃんだし出来栄えの心配もいらないにゃ」
凛「ご飯は……かよちんに教えてもらった最高の炊き方で炊こう」
凛「あ、みんなからの返事は?っと…お!」
真姫「見事に全員暇…おかしな話ね」
凛「趣味とかないと休日ってだいたい家でだらだら過ごして終わっちゃうもんね」
真姫「そうねー」
凛「じゃあ材料も買ったしにこちゃんのお家にれっつごーにゃ!」
ーーーーー
ーーー
7: 以下、
凛「にーこちゃーん!やっほー!」
真姫「こら、凛!あんまり大声出すと周りの家に迷惑でしょう」
凛「ごめんにゃ。インターホン押せばいっか」ピンポーン
真姫「初めからそうしなさよ…」
ガチャ
にこ「いらっしゃい。いきなりすぎなのよ、全く…まぁとりあえず入って」
凛「おじゃましまーす!」
真姫「お邪魔します」
凛「あれ?こころちゃんたちは?」
にこ「今日は音ノ木坂学院の開校記念日で休みなんでしょう。こころたちは普通に学校あるわよ」
凛「あ、そっか。すっかり忘れてたにゃ」
真姫「全く…」
にこ「で、何作るんだっけ?お昼時だしちょうどいいわ」
凛「ラーメンライスだよ!」
にこ「ラーメン…ライス?何それ聞いたことないんだけど」
凛「ラーメンとライスのセットメニューのことだよ。だから普通にラーメン作ってご飯炊けばいいにゃ」
にこ「なんだ、あんまり面倒じゃなさそうね。じゃあ手分けして作りましょうか」
8: 以下、
凛「じゃあ凛はご飯炊くね!かよちん直伝の炊き方があるから!」
真姫「あなた当初の目的を完全に忘れてるでしょ」
凛「うーん、なんかもうどうでもよくなってきたよ。食べ終わったらかよちんに謝って万事解決!」
真姫「でも、ラーメンライスなんて無理ーって言ってた花陽でしょ?その花陽にラーメンライスを食べろ…って言って食べるのかしら」
凛「まぁ…その時はその時ということで」
にこ「なに?あんたら喧嘩でもしたの?珍しいこともあるものね」
凛「かよちんがラーメンを悪く言ったんだよー。凛もついカッとなっちゃって」
凛「今回は多分全体的に凛が悪いにゃ。だから謝って終わりにする」
真姫「花陽も花陽で気にかけてそうだし、スムーズに行くといいけど…」
凛「まぁまぁ、今はお料理の時間だし楽しくやろう!」
にこ「そうよ。せっかくの料理が美味しくなくなるでしょ」
にこ「凛はご飯炊いてくれるし、真姫ちゃんはにこのお手伝いをお願いできる?」
真姫「え、あ…あの私…」
凛「真姫ちゃんはお料理できないからその辺でテレビでも見てるといいにゃ」
真姫「あんたねぇ…!」
にこ「そういえばあんたの家って専属の料理人がいるんだっけ?はぁーいいわねぇ」
凛「独立してからが大変そうだよね」
にこ「そうね。自炊できないのは致命的よね」
真姫「言わせておけば…!全く、私だって料理くらいできるわよ!」
9: 以下、
にこ「へぇ?…じゃあお野菜切ってもらおうかなぁ?」
真姫「任せなさい!」
凛「指を切り落としそうで心配d 真姫「いったーーーーーーい!」
凛「早すぎるにゃ」
にこ「言わんこっちゃない。まず持ち方からしてダメダメね」
真姫「くぅぅ…」
にこ「お料理はまた今度教えるから、今はさっさと消毒して絆創膏貼ってテレビでも見てなさい」
凛「凛が手当てしておくよー。ほら真姫ちゃんこっち来て」
にこ「あ、救急箱はテレビの横の棚の上にあるから」
凛「りょうかーい!」
真姫「まさか凛に傷の手当てをされる日がくるなんて…」
凛「凛は最近は女子力磨きに力を入れてるからねー。お料理だって家で練習してるんだから!」
真姫「ファッションショーの時を境に、ホントに凛は変わったわよね」
凛「別にそうでもないよ?凛は凛だし。あ、消毒するからちょっと沁みるよー」
真姫「私も家の手伝いとか…してみようかしら」
凛「真姫ちゃんには無理だにゃ。絆創膏はるよー」
真姫「なんで決めつけるのよ…私だってその気になれば…」
凛「うそうそ。誰だって努力すればそれに見合った結果が得られるよ!はい、終わり」
真姫「…ありがと。私もいろいろ挑戦してみるわ」
凛「ファイトだにゃ!じゃあテレビでも見ててくつろいでていいからねー」
真姫 (なんかすごい敗北感…)
10: 以下、
凛「真姫ちゃんの手当ては終わったよー」
にこ「お疲れ様。じゃあお米の方は任せるわね」
凛「おっけー」
にこ「ていうかさ、ニンニクと背脂ってこれ何に使うのよ」
凛「あ、それはいつものクセで買っちゃったやつだから使わなくていいにゃ」
にこ「ええ?どんなクセよ…」
凛「にこちゃんにはちょっとキツいと思うなー」
にこ「話の筋が掴めないんだけど…。まぁいいわ、さっさと作りましょう」
11: 以下、
ーーー40分後ーーー
にこ「まぁこんなところかしら。あとはみんなが来るのを見計らって麺を茹でればOKね」
凛「こっちもご飯炊けたにゃー!」
にこ「そろそろみんな来るんじゃないかしら?」
真姫「私が10分くらい前にLINEしておいたから、もう来てもおかしくない頃ね」
凛「さっすが真姫ちゃん!気が利くぅ!」
真姫「と、当然でしょー?」
ピンポーン
凛「きたきた!はーい!今開けるにゃー!」
ガチャ
希「やっほー。来たでー」
絵里「家で暇だったからちょうど良かったわ」
凛「希ちゃん!絵里ちゃん!さぁ入って入ってー」
希「お、一番乗りやん!真姫ちゃん、にこっち、やっほー」
にこ「いらっしゃい。他のみんなもそろそろ来ると思うからその辺でくつろいどいてー」
希「はいはーい」
12: 以下、
ピンポーン
凛「今度は誰かにゃ?」
絵里「あ、私が出るわね。二人は準備続けてて」
にこ「ありがとう、助かるわ」
凛「真姫ちゃーん、盛り付けくらいは手伝って?」
真姫「はいはい、今行くわ」
絵里「今度は花陽が来たわ」
花陽「こんにちは…」
凛「かよちん……!」
花陽「り、凛ちゃん…その、昨日は…」
凛「かよちんごめんっ!」
花陽「え、ええぇ?なんで凛ちゃんが謝るのぉ」
凛「かよちんの気持ちも考えずに勝手に怒っちゃってごめん!」
凛「かよちんにはかよちんなりのご飯に対する考え方があるんだもんね。それを否定するのは凛にはできないよ」
花陽「ううん、花陽のほうこそごめんなさい!凛ちゃんが大好きなラーメンを汚いなんていっちゃって…」
花陽「もしも凛ちゃんに嫌われちゃったらどうしようかと思って…うぅ」
凛「何言ってるのー!こんなことでかよちんの事を嫌いになるわけないにゃ!」
花陽「り、凛ちゃぁん!」
13: 以下、
真姫「仲直りも無事にできてよかったじゃない。周りのみんなは意味わかんないっていう顔してるけど」
絵里「いきなり凛が謝りだすから困ったわ…。まぁよく分からないけど仲直り出来たならよかったわ」
花陽「えへへ、昨日ちょっと喧嘩しちゃって」
希「2人でも喧嘩することってあるんやね」
凛「いくら仲が良くても喧嘩することがないわけじゃないからねー」
ピンポーン
凛「お、2年生組が来たかにゃ?」
絵里「私が出るわ」
希「ところでにこっち、今日は何を作ったん?」
にこ「あれ、凛…言ってなかったの?」
凛「うん!来てからのお楽しみの方がいいかなーと思って!」
にこ「ふーん…まぁそんな豪華なものじゃないから期待はしなくていいわ。味の保証はするけど」
希「さすがは一流シェフにこっち!にこっちが作ったものならどんなものでも美味い」
にこ「褒めても何も出ないわよ」
穂乃果「やっほー!あれ、もうみんな揃ってるじゃーん」
ことり「私たちが最後だねー」
海未「にこの家に9人あつまると狭く感じますね」
にこ「狭い家で悪かったわね」
海未「いえ、賑やかで好きですよ」
14: 以下、
凛「よーし、みんな揃ったし、今日のメニューを発表するにゃー!」
穂乃果「おー!なになにー!?」
凛「今日のメニューは!ずばり!ラーメンライスだにゃ!」
穂乃果「ラーメン…ライス!?」
海未「なんですかそれ」
希「あれやろ?ラーメンとご飯のセットメニュー」
凛「ぴんぽーん!希ちゃん大正解!」
にこ「もう出来てるからみんな適当に座ってちょうだい。一応おかずも作ってあるからご飯だけっていうのもOKよ」
凛「さすがはにこちゃん。抜かりないね」
にこ「まぁ、余り物でサクッとね。ほら真姫ちゃん、さっさと運んで」
真姫「なんで私だけ…」
花陽「あの…私…」
凛「かよちんは無理して食べる必要ないよ?ご飯だけでも全然いいし」
花陽「ううん、私もラーメンライス…食べてみるよ」
凛「かよちん……凛は感動したにゃ!ご飯マシマシはいりまーす!」
にこ「言われなくても花陽のご飯は大盛りよ!」
凛「さすがはにこちゃん!よくわかってるにゃ!」
真姫「はい、これで全員行き渡ったわね」
凛「それじゃぁみなさん、お手を合わせて!」
9人「「「「いただきます!」」」」
15: 以下、
海未「あの、これってどうやって食べるのですか?」
穂乃果「穂乃果もそれ気になるなー」
絵里「それぞれ別々に食べるんじゃ面白くないわよね」
凛「さっき調べたら、いろいろ食べ方があるっぽいにゃ」
凛「ただ、女の子がこれを食べるのは絵面的にあんまりよろしくないというか」
絵里「えぇ…?じゃあなんで作ったのよ…」
凛「かよちんとの喧嘩の原因がラーメンライスだったんだけど、自分でも食べたことなかったし興味湧いちゃって」
凛「1人で食べるのもさみしいしにこちゃんに作ってもらおうって思って!」
真姫「そしたら凛がみんなも呼んで試食会にしようって言い出して」
にこ「いきなり連絡来て困ったわよ。9人分のラーメンとご飯を作ってほしいにゃ!じゃないっつうの」
希「あー、今のモノマネ似てる?」
凛「えー、全然似てないにゃ」
ことり「それで、その食べ方っていうのは?麺が伸びちゃうよぉ」
凛「そうだった!えっとね、食べ方はー…」
凛「麺をご飯の上に乗せて食べたり、麺だけを食べてから残りの具とスープをご飯と食べたり…かな?なんとかペディアにはそう書いてあるよ」
海未「何というか…あまり上品な食べ方とはいえませんね。少しためらってしまいます」
にこ「ていうか、ラーメンライス自体が男の食べ物って感じでしょ」
穂乃果「今だけ女を忘れてがっつくしかない!」
絵里「がっつかなくても、ここには私たちしかいないし…多少はね?」
希「そうやね。逆に外じゃ食べられないレアな一品!ということにすればいいやん」
海未「…そうですね。せっかくのラーメンが伸びてしまいますし、いただきましょう」
16: 以下、
凛「麺をご飯の上にのせてー…うーん、うまく食べられないにゃー」
花陽「れんげを使えばいいんじゃないかな?れんげの上にご飯を乗せて、その上に麺をこうやって…こんな感じで」
凛「なるほどー!かよちん頭いいー!」もぐもぐ
凛「…なんというか、うん」
凛「別々に食べた方がいいね」
穂乃果「私もそう思うなー…」
海未「私も同意見ですね…これは何とも言えません」
絵里「みんな複雑な顔をしているわね…」
希「もう一つの食べ方はどうなん?」
凛「先に麺だけ食べるやつ?うーんどうなんだろう」
真姫「麺を食べきる頃にはすでにご飯が冷めてそうだけど…」
9人「「「「………」」」」
穂乃果「まぁいいや!とりあえず食べちゃおう!」
17: 以下、
ーーーーー
ーーー
9人「「「「ごちそうさまでしたー」」」」
凛「ラーメンもご飯も別々に食べれば最高だったにゃ」
にこ「ラーメンによってご飯に合う合わないが決まったりするのかしら?塩とかとんこつとか…」
真姫「気になるといえば気になるけど…」
海未「もう試そうという気は起きませんね…」
凛「そうだね…なんかみんなごめん」
穂乃果「謝る必要なんてないよ!みんなでご飯食べられたし!」
絵里「そうよ!9人が集まってご飯を食べるなんてあんまりないじゃない」
希「美味しいものどうしを合わせても必ず美味しくなるわけではない、っていう事も知れたし勉強にもなったね」
絵里「男の人はこういうセットメニュー好きそうだけどね…」
にこ「女性に炭水化物のダブルパンチはちょっとハードね。これでも量は少なめにした方だけど」
海未「そうです!こんなに炭水化物をとってしまった訳ですし、しばらく休んだらダンスの練習をしましょう」
穂乃果「えっ」
凛「えっ」
にこ「えっ」
海未「なんです?その『正気ですかこいつは』みたいな目は。食後の運動は、やって当たり前ですが」
18: 以下、
穂乃果「あーーーそういえば今日は夕方から店番やるんだったー!」
凛「凛も今日はまだ行ったことがない二郎に行くんだったにゃー!」
海未「2人とも!嘘ついてるのがバレバレです!凛に関してはさらに太りそうな発言をしてどうするんですか」
凛「いやこれは嘘じゃないよ?本当に行こうとしてたし」
海未「ならなおさらダメです」
海未「……じゃあこうしましょう。練習というよりは体を動かす目的で、鬼ごっこです」
絵里「鬼ごっこ?なにかしら、それ」
海未「一人が鬼になって、他の人を追いかけます。そして、鬼に追いつかれてタッチされた人が次の鬼になって他の人を追いかける、という遊びです」
絵里「追いかけっこみたいなものかしら。この年でやるのは気が引けるけど…賛成よ」
ことり「それならいいんじゃないかな?鬼ごっこかぁ、昔は良くやったよね」
穂乃果「よおし、そうと決まれば早公園にれっつごー!」
凛「いっくにゃー!」
海未「ちょっと!…はぁ、相変わらずあの2人は元気ですね」
絵里「そうね。私たちも行きましょう!」
海未「そうですね。久しぶりの鬼ごっこ…燃えます」
ことり「れっつごー!」
希「タッチする代わりにわしわししてもええん?」
にこ「希だけは絶対に追いかけないわ」
希「うそうそー!ウチだけ仲間はずれは勘弁ー!」
真姫「…………」
真姫「やれやれだわ、ほんとに」クスッ
こうして突如始まったμ'sのメンバー9人による鬼ごっこは夜まで続いた。
19: ◆CyiiNNgRtE 2015/02/10(火) 02:27:17.52 ID:hBoHWcXW0
終わり。
ラーメンライス食ってたら思いついたネタでした
20: 以下、
ちなみに>>1はラーメンライス好きだよ
美味しいよね
21: 以下、
先週、初めてラーメンライス食べたけど美味かった
26: 以下、

続き・詳細・画像をみる


超逆光で撮った顔写真晒すwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

思わず吹いたスレ・画像・AA・HP・FLASH等『ガンダムと認めたくないものだな』

【悲報】能年玲奈、見知らぬおばさんと暮らしていた

【悲報】 GT-Rに2秒ハンデを付けて、韓国最強のスポーツカーが勝負を挑んだ結果wwwwww

家庭菜園で芋掘りしてたら、オマ○コみたいな芋出てきちゃった///////////

先輩「もう無理です、会社やめます!」 上司「ほーん、辞めれば?ハナクソホジー」

back 削除依頼&連絡先