ミサト「性別を変えられる薬!?」back

ミサト「性別を変えられる薬!?」


続き・詳細・画像をみる

2:
リツコ「えぇ、飲んだ人間の性別を一時的に変えられる薬よ」
ミサト「あんたまた…。なんてもん作ってんのよ…。」
リツコ「息抜きよ。ここんところ、仕事仕事で大変だったから」
ミサト「理由になってまーせーんー!」
リツコ「まだマウスでの実験しか行っていないから、人が使ってどうなるかはわかってないけどね」
リツコ「でも、理論上は可能だわ」
ミサト「はぁ…。」
リツコ「どう?加地君にでも使ってみたら?」
ミサト「なーんで加地が出てくるのよー!」
3:
ミサト「…で、結局もらってきちゃったけど…」
ミサト「見た目はただの水ね。味はどんなかんじなのかしら…」
ミサト「…よし。リツコに返してこよ」
?ミサト宅?
ミサト「ただいまー」
シンジ「おかえりなさ…て、なんですか?その水。」
ミサト「え!?あぁ、えっとこれはぁ…ちょっちね?」
シンジ「…まぁ、いいですけど」
アスカ「バーカーシーンージー!早くご飯ー!」
シンジ「わかったからちょっと待ってよアスカ…」
4:
言い忘れたけどペットボトルに入った水状の薬って感じでイメージしてね!
5:
全員「いただきまーす」
ミサト「ッカァー!やっぱりビールは最高ね!」
ミサト「シンちゃんの作ったご飯も最高だわ!」
シンジ「ありがとうございます」ニコッ
アスカ「…ねぇミサト。あの水、絶対なんかあるでしょ!」
ミサト「まぁ…ちょっちね?」
アスカ「んもぉー!じれったいわね!正直に白状しなさい!」
ミサト「ごっちー!それじゃお風呂、先に入ってくるわね?」
アスカ「あぁー逃げるなー!」
6:
アスカ「ただの水ならただの水っていうはずよ!」
アスカ「なによ!ちょっちね、ちょっちね、って!」
シンジ「まぁまぁアスカ!一旦落ち着こ?」
アスカ「じゃああんたはあの中身が気にならないわけ!?」
シンジ「気にならないって言ったらうそになるけど…」
アスカ「…じゃあ、あんたがあの水、飲んでみれば?」
シンジ「えっ」
7:
一方、ミサトは。
ミサト「あの子たち…気になって飲んだりしてないかしら…」
ミサト「飲んじゃってたらどうしよう…」
===========================
シンジ「いっいやだよぉ!何があるのかわかんないんだよ!?」
アスカ「飲んだらわかるかもしれないじゃない!」
シンジ「死んじゃったらどうするの!」
アスカ「葬式には、顔、出してやるわよ!」
シンジ「…じゃあ、アスカも一緒に飲もうよ」
アスカ「ハァ!?嫌よ!」
シンジ「ほら、早くしないとミサトさん、お風呂あがってきちゃうよ?」
アスカ「んむむぅ?…」
アスカ「わかった!わかったわよ!」
トットットットットット(コップに注ぐ音)
シンジ「じゃ、いくよ」
アスカ「うん…」
二人「せーのっ!」
グビッ
8:
二人「……………………………………」
アスカ「な、なによ。何も起こらないじゃない!」
シンジ「よかった…やっぱり見た目的にも味的にも、ただの水っぽいね」
アスカ「もー!なによ、ミサトのやつ!あんな思わせぶりな言い方しておいて!」
ミサト「ふぃー!気持ちよかったぁ!」
シンジ「あ、ミサトさん」
ミサト「!?」(あれ、なんか減ってるような…嫌な予感がひしひしと…)
アスカ「何よミサト!ただの水だったじゃない!」
ミサト「えっ」
シンジ「えって…ただの水ですよね、これ」
ミサト「ふ、二人とも…これ…飲んだの…?」
アスカ「…?飲んだわよ?悪い?」
シンジ「え…。ただの水じゃないんですか?」
ミサト「」ガックシ
10:
ミサト「…二人とも、体に異変は?」
シンジ、アスカ「ないけど(ですけど)」
ミサト「いい?まず私は、あなたたちを叱らなきゃいけないわ?」
アスカ「…それって…ただの水じゃないってこと?」
ミサト「はぁ…。興味をひかないように黙ってたけど、逆効果だったか…」
シンジ「え…あの……その、じゃあいったいそれはなんなんですか?」
ミサト「これはね、リツコが作った性別を変える薬なの」
シンジ、アスカ「えっ」
アスカ「ちょっとミサト!冗談が過ぎるわよ!」
シンジ「でも…リツコさんならやりかねない…」
ミサト「まぁ、体にその手の異変があったら…まぁ、これのせいだと思って」
アスカ「…なによ…それ」
12:
?翌日?
シンジ「」
アスカ「」
シンジ「あ、あるはずのものがないうえに胸部に誤魔化せない大きさの膨らみが…」
アスカ「な、ないはずのものがあるうえに…胸は無いに等しいわね」
ミサト「…モノホンだった、ってわけかぁ…」
アスカ「!そういえば今日の体育の授業、プールじゃない!」
ミサト「仕方ないわね…プールはお休みしなさい」
アスカ「えぇー!バカシンジだけが飲んでればこんな目にあわなかったのに…」
シンジ「なっ!」
ミサト「はいはいはいはいストップストップゥー!」
ミサト「アスカはともかく、シンちゃんはおっぱい、どうしましょうか…」
シンジ「さらしでも巻けば何とかなりますかね…」
ミサト「まぁ…それぐらいしかないわねぇ…」
全員「はぁ…」
17:
登校中
アスカ「プールの授業、楽しみだったのに…」
シンジ「仕方ないじゃないか。飲んじゃった僕らが悪いんだし」
アスカ「…嫌よ!納得できない!プール、入るわよ!シンジ!」
シンジ「うぇえ!?無理だよぉ!」
アスカ「方法はあるわ!」
アスカ「みんなの前で、「実は僕たち私たち、男の子女の子でした!って、暴露しちゃえばいいのよ!」
シンジ「水着はどうすんのさ!」
アスカ「とっかえっこすればいいじゃない!サイズも同じようなもんでしょ!」
シンジ「どっちの更衣室で着替えるの?後先考えて言ってる?」
アスカ「大丈夫よ!どうにかなるって!」
シンジ「えぇ?…」
19:
学校にて、朝礼の時間
先生「えぇ?、生徒から連絡したいこととか、あるかな」
アスカ「はーい!ほら、シンジも!」
シンジ「は、はい」(まさか朝礼の時間にみんなに発表するとか言い出すなんて…)
トウジ「お?なんやなんや?付き合った報告とかか?夫婦さんよぉ」ニヤニヤ
シンジ「や、やめてよぉ」
ケンスケ「いや?んな感じ!」
アスカ「実は私たちぃ…」
ザワザワ ザワザワ
アスカ「ほら、シンジ!」
シンジ「え、え?っと」
シンジ「その、実は、僕、女の子なんです」
クラス全員「!?」
アスカ「そんで私、実は男なの!」
クラス全員「!!!?」
20:
トウジ「…なんや?ボケか?スベッてんぞ?」
ケンスケ「ははっエイプリルフールは今日じゃないぞ?二人とも」
ヒカリ「ちょっと、アスカ!本気で言ってるの!?冗談だったら今すぐ訂正して!」
アスカ「残念だけど本当なのよ、ヒカリ」
アスカ「証拠は、今日のプールの授業で見せたげるわ!」
綾波「………………」
21:
休み時間
ヒカリ「アスカ、トイレから帰ってくるのおそいなぁ」
アスカ「ヒカリ!お待たせ?!」
ヒカリ「!!!!!!!???アスカ!!?」
アスカ「ん?なによそんなに驚いちゃって!」
ヒカリ「アスカ、髪の毛…髪の毛が…」手鏡スッ…
アスカ「えっ」バッサリ短髪になったアスカが鏡に映る
アスカ「きゃあああああああああああああああああ!」
一方
シンジ「どうしよう…」
シンジ「髪の毛が…髪の毛が長くなってるぞ…」
シンジ「ついにこんなところにまで効果が…」
綾波「どうしたの?碇く………」
シンジ「あ、綾波…」
綾波「碇君…なの?」
シンジ「う、うん」
綾波「」
24:
綾波(今までは碇君といるとポカポカしたのに、今は違う…イライラさせるだけ…)
シンジ「えっとぉ…あはは…」
綾波「碇君、碇君の髪の毛はとってもきれい。だから切るのは惜しい。
でも長いままだと私はなぜだかイライラする。どうすればいいのかわからない」
シンジ「その…えっと」
キーンコーンカーンコーン
綾波「休憩時間が終わった。碇君。教室に行きましょう」
シンジ「」(どうしよう、髪の毛)
30:
体育の授業
シンジ(まぁもとが男だし男子更衣室で着替えるのは妥当か)
シンジ(僕のこと意識する人なんていないと思うし)ゴソゴソ
トウジ「それにしても女子更衣室じゃなくてもええんか?センセー」
シンジ「別にいいよ。今更って感じじゃん」
ケンスケ「でも、なんで急に胸、そんなに出てきたんだよ」
シンジ「そ、それはぁ」
トウジ「まぁ確かにここんとこ雨続きでプールは全然やってなかったけど」
ケンスケ「だからと言って、そんな短期間に一気に胸が育つとは」
トウジ、ケンスケ「かんがえられないなぁ(られへんなぁ)」
シンジ「もういいだろぉ!//」
31:
シンジ(でもそっか。おかしいな。普通に考えたら。女なんだよ?僕)
シンジ(意識するしないの問題以前に今女なんだよ?僕)
シンジ(男子更衣室で着替えるのおかしくない?まぁタオルは巻いてるからいいけど)
トウジ「センセー!はよいかんとおくれるでー!」
シンジ「あっまってよ!」
32:
シンジ「アスカぁ!きついよこの水着。やっぱりサイズあってないんじゃない?」
アスカ「はぁ?あんた、そんなに太ってんのぉ?ププッ」
シンジ「いや、おなか回りとか腰回りは大丈夫だけど…胸のあたりがきつくって」
アスカ「……………」ピキッ
マァァテゴラァァァァァァァァァ ゴメン、ゴメンテアスカァァァ
ケンスケ「トウジ、僕はシンジは男で、今は何らかの原因で女になっている、と推測するよ」
ケンスケ「アスカも同様にね」
トウジ「なんやねん、急に」
ケンスケ「つまり………童貞卒業のチャンスは、今しかないということさ……………」
トウジ「おまっまさか……」
ケンスケ「アスカも後で男子更衣室に招待してあげよう………」ニヤリ
34:
プールの授業後、男子更衣室にて
アスカ「なによ!こんな男臭い場所に呼び出さないでよね!」
ケンスケ「おや?アスカは男なんじゃないの?」
アスカ「ギクゥ!?」
トウジ「ケンスケほんまにやるんか?」
ケンスケ「ったりまえだろ?親友とはいえども女だ。いいチャンスじゃないか」ニヤニヤ
トウジ「気が進まんなぁ」
ケンスケ「ヤりたくないなら変えればいいよ。きっと後悔するけどね」
トウジ「……………スマン、センセー」
ケンスケ「ニヤリ っと、そろそろかな」
35:
ガチャッ
シンジ「どうしたのさ、こんなところに呼び出して」
ケンスケ「待ってたよ!今日の主役!」
シンジ「なんだよそれ…って、アスカ?なんでアスカがいるの?」
アスカ「…………あんたらまさか」
ケンスケ「君の考えた通りさ、アスカ」
アスカ「……………さいってー」
シンジ「?いったいなにをするつもりなの?」
ケンスケ「まぁ見てなよ」
36:
トウジ「……………」グイッ
シンジ「!?いたっ!引っ張らないで……………」
トウジ「……………」ゴソゴソッ
シンジ「なに……それ、縄…………?」
トウジ「……………」グリッ
シンジ「いたっ!やだ!縛らないで……」
ケンスケ「うん……いいねぇ。」
シンジ「なにするの!?助けて!アスカぁっ」
アスカ「………………」
シンジ「アスカぁ………」ウルウル
40:
ケンスケ「ふふっ」スルスル
シンジ「やだっケンスケ!脱がさないで!」
ケンスケ「すげぇ……胸ってこんな感じなんだ……」モミモミ
シンジ「んっあっぅ//やめっ うぅ……////」
トウジ「エロイな……センセーやないみたいや……」チクビクリクリ
シンジ「うぁっだめ…//んっふぅ…………やだぁ……//」
トウジ「なんや?まんざらでもない声出して。」
シンジ「うっあぁっ////あっアスカぁっっおねが……たすけて………」
41:
ケンスケ「おっなんだ、アスカ、たってんじゃん!」
アスカ「!!!!!」
トウジ「センセーのエロイ声聞いて、興奮したんか?」
アスカ「ちっちが!!」
ケンスケ「まぁまぁ、素直になれよ。そのまんまだと苦しいだけだぞ?」
シンジ「やっもうっっやだぁ///なんで…?んっ僕たち、友達だろ?あっ……」
トウジ「友達やから興奮するんやん」ニヤニヤ
ケンスケ「うわっトウジ、スイッチはいったなぁ」
シンジ「ひどいよぉ…………//」ウルウル
アスカ(なによ!これ!こんなの、反吐がでる光景じゃない!)
アスカ(なのになんで…………興奮してんだろ、アタシ)
42:
ケンスケ「まぁ、胸はもう堪能したし?」モミモミ
トウジ「そろそろ下のほう、いこか」クリクリ
シンジ「えっ!?下って…………やっだめだよ!」
脱がされましたーアッー
シンジ「ウッ…………ヒックッ…………グスンッ」
ケンスケ「うわぁ…………ぬるぬるだぁ………」クチュクチュ
シンジ「ひぁっっ////」ビクンッ
トウジ「これがおめこ言うやつなんか……ゴクンッ」
ケンスケ「クリトリス…………初めて見た………」クリクリ
シンジ「!???やだっやだやだやだっそこっっダメっ」ビクンビクンッ
ケンスケ「んー?何がだめなの?シンジ」ニヤニヤ クリクリクリクリ
シンジ「んやぁっほんっとにっ、だめだよぉ……いじらないで………////」
43:
トウジ「おいケンスケ。アスカにも触らせたれや」
ケンスケ「そうだったそうだった。アスカぁ、触る?」
アスカ(どうしよ………ほんと興奮しちゃって…やばい)スッ
シンジ「あっアスカぁ!?」
アスカ「」クリクリクリクリクリクリクリクリ
シンジ「ひゃあっあっあっああぁっ//あしゅかぁっっ//なんでぇ……?」
ケンスケ「最高な眺めだな……」
トウジ「まったくや」
44:
アスカ「…………」ツプッ
シンジ「んひゃあっ///」
ケンスケ「おぉっついに膣内に!」
アスカ「バカシンジのくせにバカシンジのくせにバカシンジのくせに!」グチュグチュグチュグチュゥッ
シンジ「んひゃあああっだめぇっアスカだめぇ!ほんとっっにぃ////変になるよぉっ//」
アスカ「」ポロン
シンジ「!?」
アスカ「ごめんねシンジ………まだ慣れてないかもしれないけど……くっ」ズプゥ
46:
シンジ「い゛だぁっっっ」
ケンスケ「シンジ、口でやってよ」ポロン
シンジ「んんぐっ!!?」
トウジ「わしは手でかまへん」ポロン
シンジ「んえぇ!!?」
アスカ「シンジ、動くわよ」
シンジ「あふふぁはへぇっ(アスカだめぇっ)」
アスカ「クッ」パンパンパンパンパン
シンジ「んっんぐぅっんっっんぅぅ…………////」
シンジ(なにこれぇ…………すっごい気持ちいい…………)
47:
ケンスケ「っっくっ出すよ!シンジ」
トウジ「わしもだすでぇっ」
シンジ「ふぇっっ待って!」
ケンスケ「あっ口離したら!」
トウジ「ウッッ」
シンジ「んぅぅっ」
ケンスケ「顔射……初めての顔射…………」
トウジ「ふぅ……」
シンジ「うぁあ…精液でベトベトだよぉ…………」
アスカ「シンジ、集中して」パンパンパンパンパン
シンジ「うっうあぁっあぅっあああああっ////」
シンジ「きもちいっ気持ちいいよぉっもうだめっ////頭おかしくなっちゃう!」
アスカ「んっなんかくる!シンジ中に出すよ!」
シンジ「んひゃっぼくもっ僕もイッちゃうよ!あすかぁ!」
アスカ「くぅっっ」
シンジ「うあぁぁぁあっ//」
49:
シンジ「うっハァ、ハァ…………」
アスカ「フゥ、フゥ…………」
ケンスケ「」ズプゥ
シンジ「んぁあああっなにっ!?」
ケンスケ「次は俺の番だろ?」ニヤニヤ
シンジ「うぅ…………もっムリだよぉっ」
トウジ「次はわしやからな!」
=============================
5

続き・詳細・画像をみる


関西(神戸)出身の戸田恵梨香「大阪知らない」

イスラム国が米国に対して第2の9.11を扇動するツイート…しかし写真はなぜか日本のお台場

メイウェザー対パッキャオ 一般向けは1500ドル(約18万円)から7500ドル(約90万円)発売開始から1分ほどで完売

ドラマ台湾版『孤独のグルメ』の主人公が原作漫画の主人公にソックリだと話題に

海外向け紹介動画「ゼノブレイドクロス ビデオショーケース」公開 本作の広大な世界を再確認しよう

民主岡田「あらゆる事態を想定した法律は日本には不要。日本は無防備マンで行こう!」

back 削除依頼&連絡先