ツバサ「あなた、μ'sの……」 花陽「き、綺羅ツバサさん!?」back

ツバサ「あなた、μ'sの……」 花陽「き、綺羅ツバサさん!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
凛「ラーメン美味しかったねー」
花陽「お腹いっぱいだねー」
真姫「凛につきあうとラーメンばかりになっちゃうわね」
凛「そんなこと言ってー 一番おいしいおいしい言ってたのは誰だったかにゃー?」
真姫「なっ、そんなに言ってないわよ!」
花陽「ふふっ」
ドンッ
ツバサ「あ、ぶつかっちゃってゴメンナサイ」
花陽「こっちこそ、よそ見しちゃってて……って、ああっ!!」
ツバサ「あなた、μ'sの……」
花陽「きっ、綺羅ツバサさん!?」
※このSSの時系列はアニメ2期11話?12話あたりを想定しています。
 また、UTX と A-RISE の設定に関しては、>>1の独自解釈という名の妄想で出来ています。
 細かいことは気にせずに読んでいただけるとありがたいです。
 
3:
花陽「こんな街中で会うなんて……」
真姫「っていうか、A-riseが揃ってるじゃない!」
凛「ホントだ、A-riseだよ!!」
ツバサ「今日はあなたたち3人だけなのね」
花陽「は、はいっ!」
真姫「花陽、急にアガリすぎよ」
あんじゅ「地区予選に優勝したあなたたちの方がすごいんだから緊張しないで」
ツバサ(!!…二人ともちょっと……)
あんじゅ「えっと、ちょっとごめんね」
英玲奈「ん、どうした?」
4:
凛「ほらほら、かよちん写メ撮ってもらおうよー」
花陽「で、でもこんなプライベートの時に……」
真姫「それにしても、あっちで3人で話しちゃってるし」
A-rise「……なら……でも……」ヒソヒソ
真姫「ふう……」
「あ、あそこの娘たちってμ'sの娘じゃない?」
「一緒にいるのも、A-riseっぽいよ」
「え、あっ! ウソー!」
真姫「ちょっと騒がしくなっってきたわね」
凛「A-riseってすごい人気だにゃー」
真姫「私たちもでしょ、まぁ、この真姫ちゃんがいれば仕方がないけど」
ツバサ「よし、二人共それでお願い、さあ、小泉さんこっちへ」グイッ
花陽「へ、はわわわーー」
凛「かよちんがさらわれちゃったー」
あんじゅ「星空さんは私と」スッ
凛「にゃにゃにゃにゃにゃーーーー」
真姫「凛!?」
英玲奈「では行こうか、西木野真姫」ガシッ
真姫「な、何する気よ」
6:
つばぱなside
ツバサ「この店なら目立たないし大丈夫よ」
花陽「こんな所にお茶できるお店があるんですね」
ツバサ「人が少なくて、落ち着けるからよく来るのよ」
花陽「へー、やっぱり人気アイドルは大変なんですねー」
ツバサ「あなたも今では人気アイドルだと思うんだけど……」
花陽「あ」
ツバサ「ふふ、そんな人気アイドルの小泉花陽さんにお願いがあるの」
花陽「ツバサさんが、わ…私に?」
ツバサ「ええ……小泉花陽さん!!」
花陽「ひゃい!?」
ツバサ「A-RISEにならない?」
花陽「ふぇ?」
9:
えれまきside
真姫「ちょっとちょっと」
英玲奈「この辺りなら良さそうだな」
真姫「だから、なんなのよ!」
英玲奈「単刀直入に聞こう、西木野真姫!」
英玲奈「A-RISEにならないか?」
真姫「なっ!?」
英玲奈「ラブライブ第1回を優勝したA-RISEという名を残そうということになってね、卒業と加入を繰り返して行くことになるんだ」
英玲奈「アイドルに、音楽に、興味があるのだろう?」
真姫「それはそうだけど! いきなりA-RISEになれってどういうことですか!!?」
英玲奈「ふぅ、やはり思ったとおり……」
真姫「やはりって何なんd」
英玲奈「また人が集まってしまう、落ち着いて聞いてくれ」
真姫「あ、すいません……」
11:
真姫「あの、それはUTXでスクールアイドルやれって……」
英玲奈「いや、そんな強制するつもりはないよ、提案、勧誘といったところだ」
英玲奈「それに私たち現A-RISEもサポートというかいろいろとコーチングすることになっている」
真姫「……」
英玲奈「卒業後はアイドルをやりながら後進の育成も、というところかな」
英玲奈「それにUTXなら歌やダンス、音楽だけじゃなく、進学の面でも優秀な講師が揃っている」
英玲奈「医者を目指す為にも、この上ない環境だと思うが?」
真姫「でも、私は……」
英玲奈「それにキミの欠点を何とかしてあげたいしね」
真姫「欠点!?」
英玲奈「フフ、コッチの話さ……そうそう、今ごろツバサとあんじゅが、小泉花陽と星空凛を誘っているだろう」
真姫「あの二人にも!?」
12:
あんりんside
凛「パーッショネー、ジンジン熱く燃ーえるー♪」
あんじゅ「フルーツダーン、だんだんリズム変ーわるー♪」
あんりん「イエーーー!!」
凛「やっぱりカラオケっていいよねー」
あんじゅ「フフフ」
凛「あー楽しい」
あんじゅ「で、凛ちゃん、どう?」
凛「どうって、凛がA-RISEにって話……?」
あんじゅ「ええ」
凛「でも凛はやっぱり……」
あんじゅ「そうね、正直なところ私はA-RISEやってほしいのよりも……」
凛「よりも?」
あんじゅ「凛ちゃんにもっと大人っぽくなって欲しいの」
13:
凛「ええー、大人っぽくー!?」
あんじゅ「そう、それを私が教えてあげる」
凛「あんじゅちゃんが?」
あんじゅ「もともと、後輩に教える っていうのは卒業後にやってくことだけど」
あんじゅ「かわいい凛ちゃんに大人の魅力をプラスしたいなーと思って」
凛「凛がかわいいなんて」
あんじゅ「かわいいわよ、天下のμ'sのメンバーじゃないの」
凛「あうう……///」
あんじゅ「まあ、すぐには決められないと思うし、でも手続きとかあるから早めに連絡してね」
あんじゅ「遅くなっちゃったし、そろそろ出ましょうか」
凛「あー、もうこんな時間ー、かよちんと真姫ちゃんからlineもメールもたくさん来てるよー!」
あんじゅ「あ、その二人にもツバサと英玲奈から同じ話してるはずよ」
凛「え、A-RISEに、ってことを?」
あんじゅ「そ、……今日は付き合ってくれてありがとう、またね、凛ちゃん」
凛「う、うん、また……」
15:
翌日 放課後
凛「二人とも、昨日A-RISEの人から聞いた?」
真姫「ええ……」
花陽「う、うん……」
凛「…どうするの……?」
花陽「どうって……確かにUTXはアイドルと勉強を両立するには、いい環境だと思うけど……」
真姫「……」
凛「……」
花陽「……」
16:
真姫「あー、考えててもしょうがないわ、ちょっと音楽室行ってくる」
花陽「真姫ちゃん、このあと練習だよ!」
真姫「穂乃果達は生徒会でしょ、すこしくらい遅くても構わないでしょ、ちょっとしたら行くわ」
凛「…うー……、凛もちょっと走ってくる!!」ダッ
花陽「凛ちゃん!」
凛「凛もちょっとしたら部室に行くよーーーー!!」タッタッタッ
花陽「ああ、一人になっっちゃった」
花陽(部室に行こう、にこちゃんいるかな)
17:
ガチャ
花陽「あ、にこちゃん」
にこ「あら、あとの二人はまだ?」
花陽「えっと……寄る所あるって、ちょっとしたら来ると思うよ……」
にこ「そ」
花陽「……」
にこ「……なんかあった?」
花陽「!?」
19:
絵里「さてと、部室に行かないと遅くなちゃうわ」
アイシテルバンザーイ ココデヨカッター
絵里「音楽室から歌が……歌っているのは……真姫?」
真姫「私たちーのいーまがー、ここn……エリー!?」
絵里「真姫、もしかして練習、サボりかしら?」
真姫「ヴェェ、そんなんじゃないわよ、ないけど……」
絵里「別にいいわよ、音楽は真姫なりのストレス解消方法なんでしょう?」
真姫「え、ええ……」
絵里「でも今はμ'sが一番のそれなんだって思ってたけど、違う?」
真姫「ええ、そうね」
絵里「そのμ'sの練習があるっていうのに、こんなところで歌ってて……どうしたのよ?」
真姫(エリー…)
20:
絵里「へーすごいわね、あのA-RISE直々のお誘いなんて、さすが真姫ね」
真姫「フン、トーゼンヨ」
絵里「で、そのさすがの真姫も悩んでるって訳ね」
真姫「そ、そーよ」
絵里「先輩禁止とは言ったけど、先輩らしいこと言わせてもらえば……真姫のやりたいことをするのが1番よ」
真姫「はぁ? ナニヨソレ、アドバイスになってないじゃないの!」
絵里「そうね、話は変わるけど、真姫の欠点だけど」
真姫「ちょっと、話聞きなさいよ!」
絵里「まずは私の話を聞いて、ね」ニコッ
真姫「う、いいわ」
絵里「ただし、私が思う真姫の欠点であって、統堂さんの考えとは違うかもしれないからね」
真姫「わかったわよ、ハヤクシナサイヨ!」
絵里「ほら、そういうところよ」
21:
真姫「どういうことよ!」
絵里「すぐに血が上るというか、言われたことにすぐに反応するってところ」
真姫「う…」
絵里「気持ちの変化で冷静さを欠いたり、ひどい時は頭が真っ白になったりしてたら歌やダンスなんて出来やしないわ」
真姫「それは……」
絵里「私だって小さい頃バレエやってる時に気分次第で演技がボロボロだったこともあるわ」
真姫「……」
絵里「それに比べて、統堂さんはA-RISEの中でも一番冷静そう、ある意味真姫のコーチとしては適任かもね」
真姫「うん」
絵里「そしてその冷静さの根本にあるのが、真姫のやりたいこと、だと思うわ」
真姫「えっ」
23:
絵里「私も初めはやりたくて生徒会長をしていたわけじゃない」
絵里「先生や周りの人達に頼まれて、期待に応えようとして始めたの、ある意味周りに合わせてたと思うわ」
絵里「希やみんなの助けもあってやってこれたのだけれど、音ノ木に大きな問題が起きた」
真姫「…廃校……」
絵里「ええ、音ノ木が無くなるって思ったら、何も考えられなくて、何をしたらいいのかわからなくなった」
絵里「いいえ、そもそも”何をしたらいい”という考えがまずかったのね、そこに私のやりたいことは無かった」
絵里「うまくいかずに意固地になっていた私を、穂乃果が、μ'sが救ってくれた」
真姫「エリー……」
絵里「と、私の話は終わり、私が言いたいのは自分のやりたいことがしっかりしてれば、周りの影響を受けないでいられるってことよ」
真姫「それが私に足りないこと」
絵里「ええ、だから、真姫のやりたいことをするのが1番よ」
真姫「わかったわ、ありがとう」
絵里「どういたしまして、でもμ'sにも やりたいこと を小さい頃から、1人になっても、続けてる先輩がいると思うけど」
真姫「それって……」
24:
凛「フゥ、フゥ」(やっぱり走るのはいいにゃー、気持ちがスッキリするよねー)タッタッタッ
凛(あっ)
希「えっ」ドンッ
凛「にゃーー」ドシーン
希「あいたた、こらー 廊下走ったら危ないよ……って凛ちゃんやん!」
凛「あ、希ちゃーん、ごめんにゃー」
希「もっかい言うけど、廊下走り回ったらあかんよ」
凛「うん、ちょっと考え事してて……」
希「珍しいね、あの凛ちゃんが考え事なんて」
凛「なんかちょっとひっかかる言い方だにゃ」
希「あは、ゴメンゴメン、そしたらお詫びに…て訳やないけど、のぞみんの占いやってみる?」
凛「占い?」
希「そ、昔からお悩みには占いって決まってるんよ」
凛「じゃあ、お願いするにゃ」
25:
希「ふむふむ、A-RISEから勧誘されてるなんて、なかなかヘビーなお悩みやね」
凛「そうなんだよー」
希「で、凛ちゃんはどうしたいの?」
凛「それがわかんないから悩んでるんだよ?」
希「そっかそっか、じゃあ、細かいところから見ていこうか」
凛「細かいところ?」
希「うん、凛ちゃんはアイドルこれからもやりたい?」
凛「やりたい! 歌って踊るのはやっぱり楽しいし!」
希「それは、にこっちみたいに高校を卒業してもずっと?」
凛「うーーん、それはわかんない、その時になってみないと」
希「ほうほう、それじゃあμ'sじゃなくてもやりたいんやね」
凛「…う、うん……」
26:
希「それは一人でも?」
凛「凛ひとりでアイドル!? ムリムリムリだよー、凛ひとりでアイドルできるほど可愛くないし……」
希「あはは、でも夏に一回μ'sが活動をやめた時、にこりんぱなやってたでしょ」
凛「それはかよちんもにこちゃんも居たし……」
希「うんうん、そしたら花陽ちゃんやみんなとアイドルやりたいんやね」
凛「うん」
希「それなら花陽ちゃんと真姫ちゃんが二人ともUTX行くって言ったらどうするん?」
凛「穂乃果ちゃん達ともアイドルやりたいけど……やっぱり凛も行く」
28:
希「よっしゃ、じゃあ、あとは花陽ちゃんと真姫ちゃんがどうしたいかやね」
凛「あれ、のぞみんの占いは?」
希「ん、占いなんてお悩み相談とほとんど変わらないんよ」
凛「そうなのー!?」
希「ふふふ、それにしても大人っぽい凛ちゃんは見てみたいなー」
凛「また、希ちゃんまで」
希「でも大人っぽいって具体的にはどういう事なんやろ」
凛「えーと、ある時はクールに冷静沈着!」
希「またある時は周りに優しく、家庭的なお姉ちゃんのように!」
のぞりん「しかして、その実態は!」
希「……もしかして、μ'sの中で一番大人っぽいのって……」
29:
にこ「断る理由がないわね」
花陽「に、にこちゃん」
にこ「だってそうじゃない、アイドルになるにはUTXの芸能科が一番の近道よ」
花陽「それはそうだけど……」
にこ「くー、にこが3年じゃなかったら誘われたかもしれないのにーー!」
花陽「……」
にこ「おほん、とにかくチャンスなんだから無駄にしちゃダメよ、花陽にとっても、凛や真姫ちゃんにとっても」
花陽「あの二人も?」
にこ「そりゃそーでしょ、それぞれ優木あんじゅと統堂英玲奈が付くんでしょ、素晴らしいと思うわ」
花陽「え」
にこ「凛のボーイッシュな所にあんじゅの大人っぽさや可愛らしさがプラスされれば、魅力は何倍にもなるわよ」
花陽「あ……」
にこ「真姫ちゃんはすぐに周りに影響されるから、英玲奈の冷静さを身につければ、安定してパフォーマンスできるようになるわ」
花陽(すごい、そんな風に考えてたんだ、花陽にはわからなかった……)
30:
にこ「それに、あなたもツバサに自己アピールの仕方を学べば、もっとよくなると思うわ」
花陽「ピャア!?」
にこ「とにかくいい事しかないんだから、ありがたく申し出を受ければいいのよ」
花陽「うん」
にこ「それにしてもμ'sからA-RISEに電撃移籍、なんて話題性バツグンね」
花陽「そう…だね……」
にこ「来年のラブライブ!地区予選は穂乃果たちvs花陽たちのμ's対決なんてすごすぎるわね、もしやそれもUTXの狙い!?」
花陽(!? そうか、花陽達がUTXに行っちゃったら穂乃果ちゃん達は……)
31:
穂乃果「ごめーん、遅くなっちゃったー!」
海未「穂乃果、また声が大きすぎますよ」
ことり「生徒会からやっと解放されたからねー」
穂乃果「あれ、花陽ちゃんとにこちゃんだけ?」
にこ「あれー、穂乃果ちゃんにしては早く終わって良かったねー」
穂乃果「あー、にこちゃん、穂乃果のことバカにしてるでしょー」
にこ「えー、ニコそんなつもりは無いニコー」
希「あれー、なんかまた面白そうなこと、やってるんー?」
凛「凛たちも混ぜて欲しいにゃー」
海未「またあなた達は! ふざけるのもいい加減にしてください!」
絵里「海未、眉間がシワだらけになるわよ」
真姫「落ち着きのない人たちね」
花陽(凛ちゃんに真姫ちゃん……)
33:
にこ「さて、揃ったみたいだし、バカやってないで着替えて、屋上行くわよ」
穂乃果「あー、にこちゃんズルイ、にこちゃんから始めたのに、これじゃ穂乃果が悪いみたいじゃん」
ことり「ホノカチャン、落ち着いて」
練習後、帰り道
凛「二人共、どうする……?」
花陽「うん……」
真姫「……」
凛「……」
花陽「私は、A-RISEを……」
34:
花陽「私は、A-RISEを……やってみたい!」
真姫「花陽!?」
花陽「私はやっぱりアイドルが好きだし、UTXは環境もいいし…」
凛「かよちん……」
真姫「なら、私もやるわ」
花陽「凛ちゃんは?」
凛「うん、凛もやるよ」
35:
時は流れて、翌年 Love Live!地区予選 控え室
にこ「それにしても、アンタたちでラブライブ本選の椅子を取り合うなんてね」
穂乃果「そーだよ、穂乃果たちも花陽ちゃんたちがUTX行くなんて行った時はビックリして心臓が止まるかと思ったもん」
花陽「あうう、ごめんね」
にこ「それでも花陽たち3人で1年頑張ってきたんでしょ、胸張っていきなさいよ」
にこ「っと、そろそろね、それじゃニコは行くわ みんな頑張ってね」
穂乃果「えー、もう行っちゃうの?」
にこ「駆け出しだけど本物のアイドルは忙しいの、アンタたちのステージは見ていくから安心なさい」
花陽「うん、ありがとう にこちゃんもお仕事がんばってね」
36:
海未「にこもアイドルで忙しいようですね」
真姫「これから仕事なのか、ステージ衣装みたいな服でこんな所に来てるし」
ことり「あの衣装にこちゃんに似合ってて可愛かったねー」
海未「撮影でもあるのでしょうか、TVにもよく出てるようですね」
凛「深夜のバラエティ番組ばっかりだけどねー」
ことり「凛ちゃん、ちゃんとチェックしてるんだね」
凛「真姫ちゃんがいちいち教えてくるんだよー、夜中にも」
真姫「ちょっと、凛!」
海未「ふふ、仲間の活躍は嬉しいものですね」
38:
ツバサ「ふぅ、間に合ったわね」
花陽「ツバサさん!?」
ツバサ「花陽たちはこれからでしょう、ステージ期待してるわ」
まきりんぱな「はい!」
ツバサ「穂乃果さん」
穂乃果「はい!」
ツバサ「今回はA-RISEが、この子達が本戦に行かせてもらうわ」
穂乃果「望むところで……じゃなかった、こっちも負けません!」
ツバサ「ええ、そっちのステージも期待してるわ」
真姫「ところで、ツバサさん その格好は?」
ツバサ「今からここのステージでパフォーマンスするのよ」
凛「ええーーーー!?」
ツバサ「とは言っても、今日の主役はスクールアイドル、本職のアイドルの私は前座みたいなものよ」
花陽「ツバサさんの後なんてキンチョウするよー」
ツバサ「じゃあ、準備もあるからもう行くわね」
花陽「はい、頑張ってください!」
39:
穂乃果「へー、でもこんなギリギリの時間なんてトップアイドルは忙しいんだね」
凛「どっかの駆け出しとは大違いだにゃ」
海未「にこに聞かれたら、またどやされますよ」
ことり「……うーん、今のツバサさんの衣装って 色とか装飾は違ったけど、さっきのにこちゃんと同じだったような……」
穂乃果「え、それって」
真姫「ちょっと、ステージを映してるモニターを見て!」
司会「さあ いよいよラブライブ地区予選も大詰め……の前にサプライズで応援に駆けつけてくれた人達がいます!」
司会「昨年のA-RISEリーダーにして、先日発売のCDシングルでトップアイドルの仲間入りを果たした綺羅ツバサさんとー」
ツバサ「綺羅ツバサです」
司会「そのA-RISEを下して、優勝を果たしたμ'sの矢澤にこさんです!!!」
にこ「にっこにっこにー、矢澤にこでーーすっ」
6人「えええええええええええっ!!!」
40:
ツバサ「今日は私たちの後輩も含めたスクールアイドルの皆さんと同じステージに立てることを楽しみにしてきました」
司会「えー 昨年は本戦出場を争ったお二人ですが、今日はコラボ曲を披露してくれると聞いてますが」
にこ「はい、にこにーとツバサちゃんの思いが詰まった曲です」
ツバサ「見てくれている皆さん、今日ここで歌って踊ったスクールアイドルの娘たち……」
にこ「そして、これからアイドルをやりたいっていう娘たちに聞いて欲しい曲です」
ツバサ「それでは聞いてください、綺羅ツバサと」
にこ「矢澤にこのスペシャルユニット『Smile wingS』で」
にこつば「『エガオノツバサ』」
42:
ほのりん「えええええええええええっ!!!」
真姫「二人共静かにしてよ」
海未「真姫は落ち着いているようで、去年と比べて変わりましたね」
真姫「あ、当たり前よ、こんなことで驚いていられないわ」
真姫(昨夜のにこちゃんのメールにあったサプライズってこのことだったんだ、聞いてて良かったー)
ことり「あー、さっきの衣装やっぱり同じだったんだ、もっとよく見せてもらえばよかったよー」
43:
花陽(今、にこちゃんもツバサさんもアイドルとしてずっと前を走ってる)
花陽(始まりはμ'sを前に躊躇っていた私の背中をを凛ちゃん、真姫ちゃんが押してくれた)
花陽(そして去年A-RISEに誘われた時から二人も一緒に着いて来てくれた)
花陽(その凛ちゃん、真姫ちゃんが……)
凛「かよちん、もう準備しないと」
真姫「もうにこちゃん達、Smile wingSの歌が終わるみたいよ」
花陽(今も隣にいてくれる、笑顔でいてくれる……笑顔ならいつの日も大丈夫だよね)
花陽「うん、にこちゃんとツバサさんに負けないくらい、みんなを一番の笑顔にしよう」
花陽(二人の笑顔があれば、私はどこまでも羽ばたいていけるんだ)
ーーふたりのエガオは花陽のツバサーー
Fin
44:
もう終わってもうた…もっと続けてくれても…
まぁ乙
4

続き・詳細・画像をみる


自分はジュースも買えない日々を送っているのに奥さんが月に3〜4回友達と遊びに行ったり旅行行ったりしててイラつく

ZEEBRA「いままでどんだけマジ日本の音楽業界、いろんなヤツらが本気でやってきたと思ってんだよ」

妊娠性高血圧症で出産でヤバいかもしれないのに、無神経で本当にイライラする!

痴漢冤罪が怖いから男性専用車両を作ってくれよ

猫の出るGIF画像を淡々と貼っていこうぜ

【速報】 FC2創業者弟(元社長)と現社長を公然わいせつ容疑で家宅捜索、逮捕へ

back 削除依頼&連絡先