モバP「あー、もうやだ...」back

モバP「あー、もうやだ...」


続き・詳細・画像をみる

3:
P「では、失礼します...」
P「本当に申し訳ありませんでした...」
バタン
P「はぁ...」
ちひろ「プロデューサーさん、大丈夫ですか?」
P「えっ?ああ、大丈夫です」
ちひろ「部長とずいぶん長い時間話しこんでましたね...」
P「ええ、かなり怒られました...」
ちひろ「でも私、プロデューサーさんは別に悪くないと思います、今回はどう見たって先方に問題が...」
P「いえ、俺が悪かったんです、あそこで気付いてちゃんと確認しておけば...」
ちひろ「プロデューサーさん...」
P「大丈夫です、もう終わったことですから、いつまでもクヨクヨしてても仕方ないですよ」
ちひろ「それはそうですけど...」
P「今は仕事をしないと、色々溜まってますし...」
4:
??????
カタカタ...
P「......」
P「あー、間違えた...こうじゃないだろ...」
Prrrrr♪
P「はい、CGプロですが...」
P「はい、いつもお世話になっております」
P「...あー、申し訳ありません、その件につきましてはもう少しお時間をいただければと...」
P「はい、ええ...申し訳ありません...」
P「いえ大丈夫です、すぐにそちらへお送りいたしますので...」
P「はい、では失礼します」ガチャッ
P「はぁ...こっちもやらなきゃ...」
?「......」ジーッ
5:
カタカタ...
P「よし、これを送信...と」
P「ふぅ、とりあえずこれでこの件は片付いたから...」
P「待てよ、そういえば...」
P「あー、やっぱりこれも残ってた、後でやろうとしてすっかり忘れてた...」
P「これもやらなきゃ...」
Prrrrr♪
P「はい、CGプロですが...」
P「あっ、部長...お疲れ様です」
P「いえ、今回は本当に...」
P「はい、はい...」
P「わかりました、では先方へは今部長の仰られた資料を作成して...」
P「はい、かしこまりました、明日までには必ず...」
P「では、失礼します...」ガチャッ
P「また仕事が増えた、か...」
?「Pさん...」
6:
??????
P「......」カタカタ
ちひろ「プロデューサーさん、私そろそろ上がりますけど...」
P「ええ、どうぞお先に...」
ちひろ「本当に手伝わなくて大丈夫なんですか?」
P「いえ、これは俺の仕事なんで...」
ちひろ「でも今日はいろいろあって大変でしたし...」
P「大丈夫ですよ、もう怒られたことは気にしてないですから」
ちひろ「はぁ...」
P「お疲れでしょうし、どうぞ上がっちゃってください」
ちひろ「じゃあ...お疲れ様でした、無理だけはしないでくださいね?」
P「わかってますよ、お疲れ様でした」
7:
??????
P「......」カタカタ
P「はぁ...」
P「あっ、また間違えた...」
P「全然終わらない...」
P「そういえば腹減った、あれからなにも食ってないし...」
P「ていうかなんで俺が怒られないと...そもそももとはと言えばあっちが悪いのに...」
P「あー、もうやだ...」
ピトッ
P「うわっ、冷たっ!」
「あはははっ、びっくりしたぁ?」
P「...彩華?」
彩華「は?い、あやかでぇ?す♪」
9:
岸部彩華(19)
15:
P「な、なんだ...なんでここに...」
彩華「う?んとぉ、Pさんが心配だからかなぁ?」
P「俺が?」
彩華「だってぇ、Pさんってば今日ずぅ?っと怖い顔してるしぃ」
P「そう...か?」
彩華「そうですよぉ、ほら...」
スッ...
彩華「こーんなに額にシワ寄っちゃって、なんか怖いってゆうかぁ」
P「うん...そうだな...」
彩華「ジュース買ってきましたからぁ、これ飲んで元気出してくださぁい♪」
P「おっ、悪いな」
彩華「ひょっとしてジュースよりもお酒の方がよかったかなぁ?」
P「仕事中は無理だよ、さすがに...」
彩華「うふふっ、冗談ですよぉ♪あっ、あやかがフタ開けてあげますねぇ」プシュッ
P「ああ、ありがとう」
彩華「どういたしましてぇ、はいどうぞぉ♪」
16:
P「ふぅ...」
彩華「落ち着きましたぁ?」
P「うん、だいぶな」
彩華「よかったぁ♪」
P「でも彩華、帰らなくていいのか?もうだいぶ遅い時間だぞ?」
彩華「あやかなら大丈夫ですよぉ、慣れっこですからぁ♪それよりPさんの方こそまだ帰らないんですかぁ?」
P「ああ、今日はこのまま事務所に泊まるつもりだよ」
彩華「でもすっごく疲れてそうですよぉ?」
P「まあ、疲れてないって言ったらウソになるかな、でもやらなきゃいけないことがあるんだ」
彩華「それって本当に今日やらないといけないこと?」
P「そうだよ、俺がやらないといけないんだ」
彩華「ちひろさんとかに手伝ってもらえば...」
P「いやそれはダメだ、自分の不始末は自分でなんとかしないと...」
彩華「不始末?」
P「ああ、なんでもない、本当になんでもないんだ...」
17:
P「心配してくれてありがとな、タクシー呼ぶから今日はもう...」
彩華「Pさん...」
ギュッ
P「彩華...?」
彩華「あはっ♪Pさんの手、あったかぁい♡」ギュウウウウウ
P「そ、そうか...」
彩華「はぁい♪」
P「......」
彩華「......」ギュウウウウウ
P(な、なんだろう...)
P(無言で手を握られてる...)
19:
彩華「ねえPさん」
P「な、なんだ?」
彩華「うーんとねぇ、あやかバカだからよくわかんないけど...」
彩華「多分、Pさんお仕事で失敗しちゃったんだよね?」
P「......」
彩華「アイドルのお仕事ってちょ?大変だからぁ、それをプロデュースするプロデューサーはもっと大変なんだと思うの」
彩華「でもPさんはとってもマジメだしぃ、それに優しいからぁ...」
彩華「う?ん、なにが言いたいかっていうとぉ...」
P「うん...」
彩華「Pさんはあやかのこと心配させたくなくて『大丈夫』って言ってるのかもしれないけどぉ...」
彩華「でもあやかねぇ、Pさんがお外で大変なのちゃんと知ってますからぁ...」
彩華「あやかのためにいろんな人に頭下げたり、夜遅くまでお仕事してるのもわかってるからぁ...」
彩華「だからね?辛いこととか、イヤなこととか、あやかに話してくれてもいいんですよぉ♪」
P「彩華...」
彩華「大丈夫♪あやかって結構聞き上手だしぃ、気遣いはお仕事で慣れっこだからぁ」
P「いや、でも...」
彩華「ほらぁ、よく言うじゃないですかぁ♪」
彩華「『ふたりなら苦しみは半分に、楽しみは二倍に』だっけぇ?」
P「...うん、そうだな」
彩華「でしょぉ?だからなんでも話してぇ♪あやかがぜぇんぶ聞いてあげちゃう♪」
21:
??????
P「...というわけさ」
彩華「えー?でもそれってぇ、Pさんは悪くなくないですかぁ?」
P「まあ、どっちかっていうと相手のミスなんだけど...」
彩華「ですよねぇ、Pさんはちゃんとやることやったのにひどいですよぉ」
P「相手の方が立場が上だからな、こういう仕事やってると自分が悪くなくても謝らないといけないこともあるんだ...」
彩華「そういうものなんですかぁ?」
P「物事をうまく回すためにあえて誰かが泥をかぶらないこともあるってことさ、はぁ...」
彩華「でもそのせいでPさんが怒られるなんてぇ、なんだか理不尽ですよねぇ」
P「まあな...でも時々あることだし、平気だから...」
彩華「Pさん?」グイッ
P「な、なんだ?」
彩華「また無理してぇ、強がり言っちゃダメですよぉ」
22:
P「強がりなんて、本当に大丈夫だって...」
彩華「大丈夫な人が、あーんなに額にしわ寄せますぅ?」
P「うっ...」
彩華「Pさんはとっても優しいから周りに心配かけたくないのわかりますけどぉ...」
彩華「でも今はあやかしかいないしぃ、他の人に話したりしませんからぁ...」
彩華「ガマンしないで、ホントのこと言っていいんですよ?」
P「......」
彩華「大丈夫...じゃないですよねぇ?」
P「......」
彩華「ホントはすっごく大変でしたよねぇ?」
P「......」コクリッ
彩華「辛かったですよねぇ...」
P「うっ...」
彩華「ひとりで頑張ってたんですねぇ...」
P「うぅぅ...ぐっ...」
彩華「Pさん...」ナデナデ
24:
P「わ、悪い...少し向こう向いてて...くれ...」
彩華「うふふっ、どうしてですかぁ?」
P「いや...ちょっと...あんまりみっともないとこ見られたく...」
ギュッ
P「もがっ...」
彩華「みっともなくなんてないですよぉ?」
P「彩華...」
彩華「男の人だって泣きたくなる時くらいあると思うしぃ...」
彩華「Pさんはただでさえ大変なお仕事してるからなおさらですよぉ」
P「ぐっ...うっ...」
彩華「ちょっとだけこうしててあげますからぁ...」ギュウウウウウウ
彩華「遠慮しないで、ねっ?」
P「うっ...」
彩華「本当に大変でしたねぇ...」
P「うぅぅ...うぅぅぅぅぅぅ...」
彩華「......」ナデナデ
25:
??????
P「......」
彩華「......」
P「彩華...」
彩華「はい?」
P「ゴメンな、カッコ悪いとこ見せて...」
彩華「いいですよぉ♪」
P「なんか最近いやな事多くてさ、今回の仕事も失敗するし...」
彩華「うんうん...」
P「親ともケンカするし...俺って何やってるんだろうと思ってさ...」
彩華「ケンカ?なにかあったんですかぁ?」
P「俺の親、地元で公務員やってるんだけどさ、俺が芸能関係の仕事に就いてるのあんまりよく思ってないんだよ」
彩華「どうしてぇ?」
P「まあ、やくざな商売だと思ってるんだろうな、不安定だしつぶしが効かないし...」
彩華「へー...」
26:
P「昨日も電話がかかってきてさ、『帰ってきてこっちで就職しろ』とか『さっさと結婚しろ』とか頭ごなしに言われて、それで頭にきて...」
彩華「言い争いになっちゃったんですかぁ?」
P「うん...」
彩華「それもちょっとヒドイですねぇ、Pさんだって立派なお仕事してるのにぃ...」
P「...そう思うか?」
彩華「はぁい、だって大勢の女の子の『アイドルになりたい』っていう夢を叶えてあげてるじゃないですかぁ♪」
P「うん...」
彩華「みんなのこと、とーっても親身になってお世話してくれるしぃ...」
彩華「あやかも素敵な衣装をたくさん着させてもらって、ステージの上でキラキラさせてもらえて...」
彩華「それから、いーっぱい甘えさせてもらってますよぉ♪」
P「......」
彩華「何やってるんだろうとか、思わなくていいですよぉ」
彩華「自信持って言えばいいと思います、『俺はアイドルのプロデューサーをやってるんだぞ!』って...」
彩華「とっても立派なお仕事だと思います、こんなに夜遅くまでお仕事してるしぃ...」
P「うぅぅ...」
彩華「ふふっ、また泣いちゃいそうですかぁ?」
P「......」コクリッ
彩華「いっぱい泣いてください...」ギュッ
彩華「明日からまた、アゲアゲでがんばりましょうねぇ...」
27:
??????
彩華「もう大丈夫ですか?」ナデナデ
P「うん...」
彩華「よかった...」
P「うぅぅ...恥ずかしい...」
彩華「えぇっ、なんでですかぁ?」
P「だってさ、この歳になって泣くとか...」
彩華「あはっ、気にすることないですよぉ、あやかだって悲しい映画とかドラマとか見たときに泣いちゃいますよぉ?」
P「それはそういうものだからいいんだけどさ...」
彩華「もぉ、Pさんってばホントにマジメですよねぇ♪誰だって泣きたい時くらいあるのにぃ」
P「だってプロデューサーが悩んでたりしょっちゅう泣いたりしたら、周りのアイドルたちが不安になるだろう?」
彩華「いっしょに悩めばいいじゃないですかぁ」
P「いや、そういうのあんまり好きじゃないんだ、アイドルたちの前では堂々としてたいし...」
彩華「ふーん...じゃあ...」
ギュッ
彩華「あやかの前では、こうやって悩むところ見せてもいいですからねぇ♪」
28:
P「むぅ...」
彩華「ここまで聞いちゃったし、ねっ?」
P「彩華、このことは...」
彩華「はぁい、誰にも言いませんよぉ♪」
P「ありがとう...」
彩華「どういたしましてぇ♡」
P「それにしても、彩華はこういうの慣れてそうだなぁ」
彩華「こういうのってぇ?」
P「いや、だからさ人の悩みを聞くのとか...」
彩華「あー、ありますねぇ、時々他の子の相談とか聞いてますよぉ」
P「やっぱり...」
彩華「でもぉ、こんな風に抱きしめてお悩み聞くのはPさんだけですよぉ?」
P「えっ、そうなの?」
彩華「あっ、もしかして誰にでもしてあげてるとか思ってましたぁ?」
P「え、えっと...」
彩華「こう見えてあやか、今結構ドキドキしてるんですよぉ?男の人にこんな事してあげるの初めてだしぃ」
P「そ、そうか...」
彩華「そうですぅ、Pさんがあやかの初めての人ぉ♡」
P「...それ、他の人の前では絶対言うなよ?」
29:
P「...よし!」
彩華「元気になりましたぁ?」
P「ああ、ありがとう」
彩華「どういたしましてぇ♪」
P「あー、恥ずかしい!思いっきり泣いたった!」
彩華「あははっ、Pさん可愛かったぁ♪」
P「なんとでも言えぃっ!チクショウ!」
彩華「ふふっ、ふふふふっ♪」
P「...彩華」
彩華「はい?」
P「ありがとな...」
彩華「...いいえ♪」
P「さーて、それじゃ仕事を片付けるか」
彩華「あっ、じゃあ暖かいホットココア淹れてきますねぇ」
P「帰らないのか?」
彩華「だってぇ、Pさんをあやしてる間に終電終わっちゃったしぃ♪」
P「あっ、すまん...」
彩華「いいですよぉ、あやかが残りたくて残ったんですからぁ」
P「本当にゴメンな...仮眠室にベッドあるから眠たくなったら好きに寝てくれ」
彩華「はぁい、お気遣いありがとうございますぅ、今淹れてきますから待っててくださいねぇ♪」
30:
P「......」カタカタ
彩華「......」
P「彩華、眠くないか?」
彩華「平気ですぅ、お仕事で慣れっこですからぁ♪」
P「でも早く寝た方がいいぞ、明日も仕事だし、なにより夜更かしは美容に良くないし」
彩華「ふふっ、ありがとうございまぁす♪でももうちょっとだけ起きてますよぉ」
P「なにかあるのか?」
彩華「お仕事してるPさん、もうちょっと見てたいなって思ってぇ♪」
P「...なんでだよ、おもしろい物でもあるまいし」
彩華「そんなことないですよぉ、お仕事がんばってるPさん超ステキですっ♪」
P「むっ...そうか?」
彩華「はぁい♡」
P「...あんまり遅くならないようにな」
彩華「わかってまぁす、もうちょっとだけぇ♪」
31:
??????
P「......」カタカタ
P「んんっ...」ゴシゴシ
彩華「眠くなっちゃいましたぁ?」
P「いや、大丈夫だ...」
彩華「無理はよくないですよぉ?」
P「でも、これ終わらせないと...あと少しだし...」
彩華「あと少しだったら、ちょっと休んだらいいんじゃないですかぁ?」
P「だけど...」
ギュッ
彩華「ちょっとだけですからぁ、ねっ?」
P「...じゃあ、ちょっとだけソファーで横になろうかな」
彩華「その方がいいですよぉ、少しはゆっくりしてくださぁい」
P「彩華、その時計取ってくれ」
彩華「これですねぇ、はいどうぞぉ」
P「アラーム2時間後にセットして...これでよし、彩華も早く寝ろよ?」
彩華「わかってまぁす」
P「んじゃおやすみ、今日は本当にありがとな...」
彩華「いいですよぉ、また泣きたくなったらいつでも言ってくださいねぇ♪」
34:
??????
P「Zzz...」
彩華「......」
彩華「Pさん、ちょっとやつれてるなぁ...」
彩華「こんなになるまで、誰にも言わずにひとりで抱え込んでたなんて...」
彩華「バカぁ...」
彩華「身体壊したら大変なのに...」
彩華「だけど、多分言っても聞かないよね...」
彩華「Pさん、そういう人だもん...」
彩華「いつもマジメで、一生懸命...」
彩華「でも、せめて今だけは休んで欲しいから...」ナデナデ
彩華「ゴメンなさい、アラーム...えいっ!」ピッ
彩華「止めちゃった...」
彩華「あとで私もいっしょに怒られますから...」
彩華「ゆっくり、休んでください...」
P「Zzz...」
彩華「おやすみ...」チュッ
36:
チュンチュン...
P「んっ...」
P「朝...」
P「...朝っ!?」
P「なんで朝っ!?アラーム...あれ?」
ちひろ「あっ、プロデューサーさん、おはようございます」
P「ちひろさん...」
ちひろ「無理しないでって言ったのに、結局泊まったんですね」
P「はぁ...ところで今何時...?」
ちひろ「6時ですよ、まだ私以外誰も来てません」
P「そうですか...って、ちひろさんも出勤してくるのずいぶん早くないですか?」
ちひろ「だって昨日のプロデューサーさんすごく大変そうでしたよ?あんなに怒られた後にたくさん仕事して...」
P「まあ、それは...」
ちひろ「だから私も少しくらい手伝ってあげなくちゃと思って、ちょっと早く出てきたんです」
P「ちひろさん...」
ちひろ「プロデューサーさんの作りかけの資料はさっき終わったところです」
P「ほ、本当ですかっ!?」
ちひろ「ええ、確認をお願いしますね」
P「...ありがとうございます」
ちひろ「ふふっ、お礼なら彩華ちゃんにも言ってあげてください」
P「彩華?そういえば彩華は...」
ちひろ「今仮眠室で寝てます、ずっと寝てるプロデューサーさんの手を握ってたみたいですよ?」
P「そう...ですか...」
P「彩華...」
37:
P「......」カタカタ
彩華「Pさん、おはようございまぁす♪」
P「おう、おはよう彩華」
彩華「ふふっ、その様子だとよく眠れたみたいですねぇ♪」
P「まあな、仮眠を取るだけのつもりが思いっきり眠ってた」
彩華「あっ、それなんですけどぉ...」
P「だけどちひろさんが早出してくれて、やりかけの仕事やっててくれたから仕事は全部終わったよ」
彩華「えっ、ホントですかぁ?」
P「ああ、すごく助かった...」
彩華「そっかぁ...うふふっ、じゃあお祝いのホットココア淹れてきますねぇ♪」
P「ありがとう、ずいぶん嬉しそうだな」
彩華「はぁい、とってもぉ♪」
38:
グビッ
P「ふぅ...」
彩華「本当にお疲れ様でしたぁ♪」
P「まあ、この後もいろいろ謝罪に行かなきゃいけないけどな...」
彩華「あっ、そっかぁ...」
P「でももう大丈夫だよ、一番つらいところはどうにか終わったし...」
P「...その、思いっきり泣いてストレス解消になったからな」
彩華「あはっ、よかったぁ♪じゃあまたストレス溜まったらあやかがお悩み聞いてあげますよぉ♪」
P「...前向きに考えとく」
彩華「はぁい、その時はご指名よろしくお願いしまぁす♪」
P「しかし、今回は彩華に本当にお世話になったな、なにかお礼しないと...」
彩華「えっ、いいんですかぁ?」
P「ああ、なにか欲しい物とかあるか?」
彩華「好きな物おねだりしていいのぉ?じゃあねぇ...」
P「うんうん」
彩華「エンゲージリング?♪」
P「...えっ?」
39:
彩華「ダメですかぁ?」
P「いや、ダメとかじゃなくって...」
彩華「こう見えて、あやか...相手をメチャクチャ立てるタイプだしぃ...」
彩華「はずかしい思いは一生させませんよぉ♪」
P「ま、まあ...それは昨日の様子を見て、多分そうだろうなぁとは思ったけどさ...」
彩華「でしょでしょぉ?ピュアな心で一生尽くしちゃう?♪」
P「そ、それは...すごく魅力的だけど...し、しかし...」
彩華「毎日Pさんの事、愛を込めてお出迎えしちゃうお嫁さんになるからぁ♪」
彩華「それに、Pさんも親から結婚しろって言われてるんでしょ?ならちょうどいいと思いません?」
P「そう言われるとそうだけど...」
彩華「ねえねえいいでしょ??あやかのオ・ネ・ガ・イ♡」
P「う、う?む...で、でも俺はまだプロデューサーとしてまだ未熟だし...彩華も今ががんばりどころだからなぁ...」
彩華「......」
P「それを俺のために引退となると...うーん...」
彩華「うふっ、ふふふふ...♪」
P「んっ、どうした?」
彩華「やぁだ?、Pさんってホントマジメ♪冗談ですよぉ♡」
40:
P「...冗談?」
彩華「もう...カワイイ♪」ツンッ
P「こ、こら...」
彩華「あはっ、いくらあやかでもそんなのねだったりしませんってばぁ♪」
P「ビックリした...演技上手いなぁ彩華は...」
彩華「うふふっ、あやかってば名女優になれるかもぉ?」
P「そうだな、ドラマとかも仕事の選択肢に入れておくか...」
彩華「ぜひお願いしまぁす♪」
P「それで、本当になにかないのか?欲しい物とかしてほしい事とか?」
彩華「う?ん...じゃあ今度いっしょに岩盤浴に行きません?」
P「岩盤浴、か...」
彩華「そうですぅ、いっしょに汗かいて気持ちよくなりましょうよぉ♪」
P「そうだな、たまにはいいかもしれないな」
彩華「じゃあ決定ぃ♪そのあとカラオケとか、買い物とか行っちゃったりぃ」
P「...まあ、程ほどならな」
彩華「うふふっ、楽しみしてますよぉ?じゃああやか、お仕事行ってきますねぇ」
P「ああ、気を付けてな」
彩華「Pさんこそ、無理したらダメですからねぇ?」
P「わかってるって、じゃあ行ってらっしゃい」
彩華「行ってきまぁす♪」バタン
41:
P「さて、仕事仕事...」
P「しかし、さっきの彩華はドキッとするくらい色っぽかったなぁ...」
P「...冗談、だよな?」
彩華(やっぱり、Pさんって結構ニブイんだ...)
彩華(結構ドキドキしながらアピールしたのになぁ...)
彩華(でも、結構グラついてたみたいだから...)
彩華(もっともっと押せ押せでいってみようかな...)
彩華(焦らずのんびりと...)
彩華「まあ、25歳くらいまでには、なんとか...ねぇ?」
おわり
42:
駄文失礼しました?
彩華は第一印象からお水っぽくて敬遠してたのですが
実際は甘え上手かつ甘えさせ上手なとってもいい子でした
彩華Pのみなさんゴメンなさい
あとわりと結婚を意識したセリフが多くて驚きました
ウェディングドレス姿が麗しかったです
ではまた?
4

続き・詳細・画像をみる


『響け!ユーフォニアム』2話感想 楽器選びに目標決め!色々と生々しい!

【愕然】嫁レジ袋が2円かかるため1500円のエコバッグを購入・・・・・・・

保守的な人ほどIQが高い傾向、米研究

浮気サイマーDV虚言癖アル中酒乱男だったろくでなしの伯父が脳溢血で倒れた

猫から寄生虫みたいなもんが出たんだが心配すぎてやばい

【GIFあり】NEWS ZEROで放送事故キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!

back 削除依頼&連絡先