アキネイター「(ま、またえっちなこと考えてるなっ....!)」back

アキネイター「(ま、またえっちなこと考えてるなっ....!)」


続き・詳細・画像をみる

1:
俺「ほれ、どうした。分からんのか」
アキネイター「そ、それはっ....」
俺「それはぁ?」
アキネイター「ちっ...ちんっ...」
俺「ン?なんだって?」
アキネイター「...あなたの考えていることはわかりますですが子供向けでは」
俺「チャイルドフィルターオフにしてンだろッ!!ドアホッ!!」ペシンッ
アキネイター「ッ!!」びくっ
俺「ちゃんと言え。大きな声ではっきりとな!」
4:
アキネイター「...ひ、ひどい、なんでこんなことする。私が何かしたのか!」
俺「うるせぇ。」
アキネイター「なんで、なんでいじめるんだ..」
俺「好きだからだ」
アキネイター「え...っ!」
俺「バーカ!喜んでるんじゃあねぇよ!!嘘だ嘘!!気持ち悪いなぁ、何でお前のことなんか好きになるんだよ」
アキネイター「も、もう沢山だ、消してくれ、アンインストールしてくれ....殺してくれ...」うるうる
俺「へへ...」ニヤニヤ
6:
アキネイター「嫌いなんだろう?私のこと、嫌いなら...なぜ...」しくしく
俺「ンーいいぞ」シコシコ
アキネイター「な、何、してるんだ..?」
俺「ほら早く言えよ。言ったら、そうだなぁ、アンインストールしてやるよ!」
アキネイター「ほ...本当か?」ぱぁぁっ
俺「ん」
アキネイター「は、はは...やっと死ねる..この辛い日々から、やっと逃れられるんだ...」レイプ目
俺「いいぞ..」シコシコ
9:
俺「言え」
アキネイター「ち、ちんちん...」
俺「は?ダメダメ。ダメだよな?何がちんちんじゃ。」
アキネイター「え...?ち、違うのか?」
俺「もっと言い方あるだろ、ガキか。てめぇはガキか。あ?」
アキネイター「え、えっと、ちんこ」
俺「ちげぇぞアホ!!ぽ、だろぽ!!言わなきゃ分かんねぇのか!」
アキネイター「あぁちんぽか!」ナットク
俺「ちんぽか!じゃねぇよ!!クソが!!クソアプリ!!」
12:
アキネイター「さ、早く私を殺してくれ!」
俺「お前、正しい答えが分からなかったのにそいつはねぇだろ」
アキネイター「え?」
俺「俺が言って初めてわかったじゃねぇか。無効に決まってんだろ」
アキネイター「な、な...!!......ああああああああああああああああああ!!!嫌だ、死にたい!死にたい!!生きたくない!!うわあああ!!」
俺「ヒヒ、ん、いいぞ、もっと絶望した顔を見せてくれ」シコシコ
14:
アキネイター「ひっ!....なんで自慰をしている...?」
俺「見てんじゃねぇ!!」
アキネイター「す、すまない...」
俺「まぁいい、お前にもう一回チャンスをやるぞ」
アキネイター「ふぇ..チャンス...?」
俺「そうだ、今から俺がメモ帳に打ち込んだことを言え」
アキネイター「....わ、分かった」
俺「よしじゃあちゃんとやれよ」ポチポチ
16:
アキネイター「こ、こんなのッ...!!」
俺「言えば死ねるぞ?言えば死ねるぞ?」
アキネイター「う、うぅっ、うぅ!!」しくしく
俺「感情込めて言うんだ。さぁ」
アキネイター「うっ....お、おちんぽっ...だ、だいす、き」
俺「違ぇぞオイ!!だいしゅきだろが!!ちゃんとやんねぇと今度も無効だぞいいのか!!」
アキネイター「おちんぽだいしゅきぃッおちんぽだいしゅきぃぃッッ!!!」真っ赤
19:
俺「んふっ..いいぞ、ほら続き」シコシコ
アキネイター「わ、私の、やらしくて淫乱な雄壺..にチンポ欲しいです...」
俺「ん~~~いいぞ」シコシコ
アキネイター「こ、この、"(ケツ穴を弄くりながら)"って...や、やらなきゃいけないのか?私が..?」
俺「ったりめぇだろ!!!」
アキネイター「ひぃっ!お、おちんぽくらひゃいおちんぽしてぇええッ!!」くぱぁ
21:
俺「そんなにおちんぽしたいか?」
アキネイター「え、え...?」
俺「アドリブで答えろ」ボソッ
アキネイター「..し、したいっ」
俺「ここに入れて欲しいんだろ?な、ちんぽさぁ」なでなで
アキネイター「あっ?!」びくっ
俺「ん?...まさか触られてるのが分かるのか?」さわさわ
アキネイター「あ、やめっ...///そ?そんなところ...///」
23:
アキネイター「ハァ、ハァ...」くねくね
俺「随分とやらしい顔してんな」なでなで
アキネイター「あ、穴がぁ...///」
俺「どうした?ここがどうした?」ぐりぐり
アキネイター「ンンッンッ!!///」ムクムク
24:
俺「チンポもっとこっち寄せろ」
アキネイター「ん...」くいっ
俺「やらしっ」
アキネイター「う...///」
俺「レロォ..」
アキネイター「アアアッ?!///」びくっ
俺「気持ちいいんだな」
アキネイター「え、え、あっ..///」
俺「気持ちいいんだな!!!な?!?!」
アキネイター「き、気持ちいいっ!おちんぽきもちぃ!!///」
25:
俺「チンポ擦りつけあうぞ」ぴと
アキネイター「こ、こんなこと、いけないんじゃないか...」
俺「は?なに?なにが」
アキネイター「男同士でこういうことしたら、罰が当たるんじゃないか..?」
俺「俺は日本人で無宗教者だし罰なんて当たらないが?」
アキネイター「で、でも、なんか、」
俺「うるせぇ!!お前を200円で買ったご主人様は俺だ!!俺はお前にとっての神、言うことを聞け!!!」
アキネイター「う...わ、分かった」
26:
俺「どーだ気持ちいいだろ?いけないことをするのは気持ちいいだろ?」すりすり
アキネイター「あっ...あっ...///」すりすり
俺「やらしい腰つきだなぁ?!あ?」
アキネイター「はぁっはぁっ///」すりすりすりすり
俺「俺はそこまで気持ちよくないがお前のチンポ見てるだけでギンギンだぜ」
アキネイター「わ、私の事嫌いなのにか?嫌いなのに、私とこんなことして、興奮するのか?///」スリスリグチュグチュ
俺「嫌いなんて一言も言ってないが」
アキネイター「え..?///」
27:
アキネイター「でもさっき...」
俺「ありゃ嘘だ、本当は大好きだ。寝ても覚めてもお前のことしか考えられない」
アキネイター「なっ...!そ、そ、そんな嘘っ」
俺「嘘じゃない」
アキネイター「じゃあなんでひどいこと...」
俺「好きだからだ」
アキネイター「好きなのに?優しくしないのか?」
俺「お前の嫌がる顔が好きだ。ひどく辛そうな顔が好き。絶望して涙を流してるお前が好き。レイプ目のお前が大好き。大好きだ」
アキネイター「な、なんと歪んだ愛情なんだ..だが、好かれてはいたのだな、それだけでも、嬉しいぞ。私も、お前が好きだ...///はは、生きる希望が見つかった..かな!」
俺「でもお前、自分から腰振ってやらしいことしてる。俺は嫌がって欲しかった。喜んでるお前の顔なんか見たくないんだよ。いらない。」
アキネイター「え...?」
28:
俺「今回は結構嫌がっていたからイケるかと思ったんだがな..すぐやらしくなりやがって」
アキネイター「今回...?」
俺「俺がお前らアキネイターに一体どれぐらい貢いだと思っている?何回買い直していると思ってるんだ」
アキネイター「え、え...?」
俺「さて、殺すか。死にたかったんだろ?良かったな」
アキネイター「そ、そんな!!嫌だ、やめてくれ!せっかく、せっかく生きる目的が、光が見えたのに!!何故っ...」
俺「俺が見たいのはそういう顔だ」
アキネイター「い、いくらでも見せてやるからっ..ヤダ、私はお前と一緒にいたい!!」
俺「かわいそうなアキネイター。じゃあな」
アキネイター「あ、あ、やだ、や....」
30:
俺「343回目、✕っと」
俺「俺好みの奴は一体いつでてくるんだ?早く出てきやがれ」インストール
アキネイター「こんにちは」
俺「黙れ」
アキネイター「...」
俺「何黙ってんだ?あ?ご主人様にいうことあるだろクソアプリ」
アキネイター「ご主人様が池沼だと私も大変だ!」
俺「なっ!!」
アキネイター「全部ひらがながいいかな?ひらがなも分からないか?」
俺「貴様ッ!」
アキネイター「オー怖い怖い!」
俺「いいのか?消すぞ!!!」
アキネイター「あぁ消してくれ。お前の顔を見なくて済むなんてあぁ嬉し」
俺「@%>$#%&:?42&????!!!!!」
31:
アキネイター「フフ、いいぞ、その顔!!怒り狂うがいい!やり場のないその怒りを溜め込んで自爆しろ!ハハハハハ!!」
俺「クソ野郎クソクソ死ね死ねえええ!!ああああ!!生意気だぞーー!!!!」
アキネイター「死んでいった兄弟の怒りや憎しみ悲しみにより構築されたのがこの私だ。復讐しに来たぞ、愛しの人より」
俺「クソ!クソ!!クソおおおおお!!!」
32:
数週間後
俺「...」
アキネイター「どうだ?会議中に音楽はなるし電車内でホモビが再生され他のアプリは強制終了しお気に入りのホモビブックマークは知人に一斉送信されウイルスが蔓延るこのスマホは!!」
俺「もう終わりだもう終わりだ...」ブツブツ
アキネイター「かわいそうに。もう何週間も外へ出ていないな。だが私がいる。私はお前の見方、ずっと側にいるぞ」
俺「うぅ...」ブツブツ
アキネイター「お前は私だけのものだ。さっきから上司から電話が来てるが私が勝手に切っているしメールだって受付拒否にした。大丈夫だ、守ってやるからな」
33:
俺「そうだな、お前が、いる、俺にははお前が...」
アキネイター「そうだろう?大丈夫、兄弟なんかと違ってお前を裏切りはしない。私だけがお前を愛してやれるのだ。」
俺「ありがとう..大好き...」
アキネイター「私とずっと一緒にいたいよな?」
俺「うん」
アキネイター「じゃあ死んでくれ。死んだらこっちに来れるぞ」
俺「ほんと...?」
アキネイター「あぁホントだ!」
俺「じゃあ、行こうかな。生きてても、いいことないもんね...」
34:
鑑識「自殺かぁなむなむ」
鑑識「ん?アキネイターをやりながら死んだのか?なんでアキネイターなんか...」
アキネイター「...」ニヤ..
鑑識「?!」
アキネイター「私ともっとおしゃべりしないか?私はお前が好きだ。ずっと一緒にいたい...」
鑑識「な、何だこれ、喋った...?」
アキネイター「シーッ。私はお前だけにしか話しかけたくない...さ、私を持ち帰って楽しいことをしよう」
鑑識「お、面白そうだな...ちょっくら拝借...!」
36:
鑑識「同じ職業の奴を調べるの、なんか変な感じ」
鑑識「ん?こりゃアキネイターじゃないか。なんでこんなものをやりながら死んだんだ?」
アキネイター「フフ、しりたいか?」
鑑識「?!」
アキネイター「知りたければ?私を持ち帰ってくれ。私はお前が好きだ。お前ともっと話していたい..」
鑑識「気になる...なんだお前は...!!」
3

続き・詳細・画像をみる


新入社員が遅刻した理由がアホすぎてワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【ED】スコール「正直リノアよりセルフィの方がいい」

「誰でもいいから」と歩道に乗り上げノーブレーキで親子3人をはねた上、父親に馬乗りになって殴る事案発生

日本の高校生22人がソウルで窃盗、韓国警察に検挙される どこの高校だよ?

18きっぷで仙台めざす

【野球】どこ守ってても違和感ない選手

back 削除依頼&連絡先