私「律大好き!絶対に結婚しような!!」田井中律「澪//」back

私「律大好き!絶対に結婚しような!!」田井中律「澪//」


続き・詳細・画像をみる

1:
私「律大好き!!」
律「私も澪のこと大好き !」
私「律…」
ぎゅっっ!!
律「み…みおぉ…」
私「律…大好き…んっ…ちゅちゅちゅっ」
律「ちゅちゅっ…んっ…もっとキス…ちゅっ」
私「ちゅっ…ちゅっ
2:
私「律は子供何人欲しい?」
律「えーと…二人欲しい //」
私「二人かぁ…いいね!男の子と女の子がいいなぁ!」
律「はい♪…きっと澪みたいに優しい子に育つと思う//」
私「えー!律のほうが優しいよw」
律「も、もう澪ってば//」
3:
  ○
  O
  o
   。
     _ -――- _
            , '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、
   /:::::::::::::/:::::::::::::i:::::::、:::::::::::::::ヽ
  /::/:::::::::::/:/:::::::::;:::::ハ:::::::i::::、:::::、::::丶
          /::/::::::::::::i:::i:::::::::/!:::/ |ヽ:::|:::::ヽ:::::ヽ::::::ヽ
  i::/::::::::::::::l:::l:::::::/ l::/ 1 !:lヽ:::::i::::::::i:::::::::',
  l::!:::::::::::::::|::,!::::,ムイ' | `|ーl:::::!::::::::!::::::::::!
  |:l::l:::::::::::::l/Lr′ {    !  } l,:::|::::::::|:::::::::!|
  |:|::|::::::::::::|      ヽ!::::::::!:::::::::!|
  |:l:::!::::::::::::Y⌒ヽ  /⌒ヽ !::!::::l:::::::::ハ!
  l::!::l:::::::::::::ヽ ,ノ  丶 ,ノ/:/:::_lィ⌒′ 
  l::l:::ヽ-、::::::l   | | |イィ´::|:| と、思う澪であった・・・
  !::l::::::::::::i\!          ! ! ! i::::::l:l
     !:ハ:::::::::::丶. r――┐ ,/::::::!::!
        !':::ヽ::::::::::::i:` _、└――┘_, ィ":::::::::!:::ヽ
   リ:/⌒ヽ::::::::!´:.:.! ヾ ̄ ̄,フ !:`!::::::::::/7⌒ヽ
      i:,′:.:.:.:ヽ:::::ヽ:.:.l   >=く |:.l:::::::://:.:.:.:.:.:i
      !{:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:::::ヽ:.V ,r介、ヽ,!:.:.!::::_//:.:.:.:.:.:.:.!
  ハ:.:.:.:.:.:./´)7::::V ///l i }、ヽ_(ヽヽヽ:.:.:.:.:.:.:}
4:
私「律大好き!!」
律「私も澪のこと大好き !」
私「律…」
ぎゅっっ!!
澪「み…みおぉ…」
私「律…大好き…んっ…ちゅちゅちゅっ」
澪「ちゅちゅっ…んっ…もっとキス…ちゅっ」
私「ちゅっ…ちゅっ
5:
私「子育ては大変だから二人で一生懸命頑張ろうな!」
律「澪ってば…まだまだ先の話なのに…」
私「だって律のことが大好きなんだもん!私の初恋の人!!」
律「わ、私も澪が初恋 //」
私「嬉しいなぁ…初恋の人が恋人でそして結婚できるなんて…これってすごいことだよね」
6:
私「うーん……」
律「だーれだ?//」
私「わぁ!……このとっても可愛い声は律!!」
律「澪ったら// 正解♪」
私「もう急にされるからビックリしちゃったよw」
律「えへへ//」
7:
私「それにしても律の手ってすごくやわらかいねー」
律「そう か?」
私「うん!ちょっと手を出してみて」
律「はい、どうぞ♪」
私「いまだ!ちゅちゅっペロペロッ」
律「ちょ、!澪ったら// 指を舐めないでよ!//」
私「えへへw さっきの目隠しのお返しだよw」
8:
私「律、今日もお疲れ様♪」
律「はい♪澪もお疲れ様でした…ちゅっ//」
私「んっ…ちゅちゅっ…律大好きだよ!!」
律「私も澪のこと大好き !」
私「こうやって律と一緒に寝れるだけで幸せだよ!」
10:
私「う?ん!すごくいい匂い!」
律「もうすぐで晩御飯できるから、もう少し待ってて♪」
私「うん!こんな美味しい料理を毎日食べられてるなんて
 ほんと幸せだなぁ」
律「私も澪の幸せそうな顔を見れて嬉しい //」
私「もう律ってばw …いつもありがとね、ほんと律のこと大好き!」
11:
私「モグモグ…ほんと律の作るハンバーグ最高!!」
律「ありがとう、澪//」
私「この特製ソースが美味しい!もぐもぐ…」
律「あっ!もう澪、ご飯粒ついてますぞ…パクッ//」
私「えへへw それぐらい律のご飯に夢中になっちゃうんだよw」
12:
私「律ー!一緒にアイス食べよー!」
律「はーい♪こういう暑い日はアイスに限るなー♪」
私「じゃあスプーンとアイスもってくるね!」
律「うん♪」
私「律ーもってきたよ!」
律「じゃあ一緒に食べよっか♪」
私「うん!いただきまーす!」
律「冷たくて美味しい ね」
私「だね!はい、律 あーん」
律「あーん// …やっぱり…少し照れるな…//」
私「えー そう?私は律にあーんってしてもらうの大好きだよw」
13:
私「やっぱり朝は和食だね!」
律「うん♪日本の朝って感じがするよ」
私「うん!じゃあいただきまーす!モグモグ…」
律「どうだ?澪」
私「いつもどおり!バッチシ!!次はネギお味噌汁!」
律「えへへ// 朝から澪の幸せな顔を見れて嬉しい ♪」
14:
ご、ごめんもうストックがつきてしまった
15:
>>14
サンキューサンジュ
1

続き・詳細・画像をみる


世界「日本人は中国を甘くみすぎている」

【工口注意】高級ソープ嬢だけど質問ある?(うp画像あり)

【ワイが悪いの?】ヤフオクでトラブル発生wwwww

30万入った財布を拾った!→逮捕||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||

【胸糞注意】男「お、丁度傘一本だけあるじゃん パチってこw」

母が還暦過ぎで正社員で働くことになり、私が夜料理を作ったが、何もしない妹の分まで用意するのが苦痛

back 削除依頼&連絡先