真姫「マッサージ器」back

真姫「マッサージ器」


続き・詳細・画像をみる


花陽「何だろうねこれ?」
凛「大きいマイク?」
真姫「マイクにしちゃ変な形でしょ?」
真姫「どっちかって言うとコケシみたいな形ね」
花陽「胴体?が白くて頭が灰色」
花陽「ここにスイッチみたいなのあるけど」
真姫「ON OFFと強弱?」
穂乃果「みんなどうしたの?」
花陽「穂乃果ちゃん達なら知ってるかも」
真姫「これ何だと思う?」
穂乃果「何これ?」
海未「何ですかこれ?」
ことり「なんだろうねこれ」
凛「穂乃果ちゃん達も知らないのか」
海未「大きなキノコみたいですね」
2:
絵里「どうしたの?」
にこ「何かあったの?」
凛「3年生の皆なら分かるかな?」
真姫「コレ何だと思う?」
絵里「何これ?」
希「!」
希「な、何やろうなこれ///」
希(何であんなもんが部室に置いてあるん?///)
にこ「どこかで見たような気もするんだけど」
にこ「私も分からないわ」
花陽「ここにスイッチあるんだけど」
穂乃果「入れてみよっか?」
ことり「どうなるんだろう?」ワクワク
希「止めといた方がいいと思うけど///」
真姫「おかしかったら、すぐに止めれば大丈夫よ」
凛「そうにゃそうにゃ」
海未「念のため弱にしておきましょう」
絵里「そうね」
穂乃果「じゃあスイッチオン」カチッ
ヴィイイイーン!
5:
穂乃果「おおおっ!」
絵里「ハラショーね」
凛「ゲーム機のショックが伝わるコントローラーみたいにゃ」
花陽「凄い振動」
ことり「凄いね」
希「凄いな///」
海未「携帯のバイブみたいに震えてますね」
絵里「ほんとにね」
真姫「バイブ・・・」
真姫「あっ///(察し)」
にこ「?」
ことり「どうしたの真姫ちゃん?」
真姫「何でも無いわ///」
希(真姫ちゃん気付いてしまったんやな///)
ことり「もしかして何に使うか分かっちゃった?」
にこ「本当?」
真姫「いや、あの……」
真姫(ことり、さては知ってるわね///)
希(ことりちゃん知ってるんやね///)
凛「わー、凄い。さすが真姫ちゃん」
6:
穂乃果「ねねね、何に使うの?」
真姫「えっと……」
花陽「何だろ?」
真姫「その……」
海未「気になります」
真姫「こ、これはその……」
希(言うたらアカンよ真姫ちゃん///)
絵里「勿体ぶらないで教えてよ」
真姫「マッサージ器よ///」
にこ「マッサージ器?」
希(上手い!)
希(この場はマッサージ器で押し通すんや)
海未「なるほど」
花陽「マッサージ器か」
凛「これを凝ってる所に当てるんだね」
真姫「そ、そうよ」
穂乃果「へぇ、何処に当てたら気持ち良いかな?」
海未「定番として肩とか腰じゃないですか?」
ことり「お股」ぼそり
8:
海未「ことり何か言いましたか?」
ことり「何でもないよっ」
真姫(ことり絶対知ってる///)
希(ことりちゃん///)
絵里「早使ってみましょ?」
希「つ、使うん?」
穂乃果「だってマッサージ器なんだよね?」
真姫「そう……だけど」
凛「じゃ、穂乃果ちゃんに使ってみるにゃ」
花陽「場所は何処が良い?」
穂乃果「うーんと、肩凝ってるから肩お願い」
凛「いっくにゃ」
ヴィイイイーン!
穂乃果「おおおっ?」
にこ「どうなのよ?」
穂乃果「これ結構気持ち良いね」
穂乃果「振動が癖になりそう」
絵里「良さそうね」
穂乃果「あー、気持ち良い」
真姫(このままマッサージ器で通して逃げ切るわ)
凛「今度は真姫ちゃんやってみる?」
真姫「わ、私?」
希(セーフ)
真姫「私は良いわよ。何処も凝ってないから」
花陽「遠慮しなくても良いよ」
ことり「ピアノ弾いてると腰に疲れたまらない?」
にこ「そうよ。腰にマッサージやってもらいなさい」
真姫(断るのは不自然ね)
真姫「分かったわよ」
ことり「椅子の上でうつ伏せになって」
真姫「よいしょっと」
11:
ことり「じゃあ、いくよっ」
真姫「ちょちょっと待って、ことりがやるの?」
ことり「うんっ」
真姫(何か嫌な予感)
ヴィイイイーン!
真姫「あっ……結構気持ち良いわね」
穂乃果「でしょ?」
真姫(これはこれで気持ち良いかも)
ことり「あっ手が滑っちゃって真姫ちゃんのお股にマッサージ器が」
ヴィイイイーン!
真姫「!」
真姫「アアアァーーーィイ!」
真姫「なっ何するのよ///」
ことり「手が滑っちゃったのごめんネ」
希(凄い反応やな///)
真姫(何今の?物凄かった///)
穂乃果「真姫ちゃん何で変な声出してるの?」
花陽「驚いた」
真姫「ちょっとビックリしただけよ///」
真姫「ことりだと怪しいから誰かやる人変わってくれない?」
ことり「えー何で??」
凛「じゃあ、凛が代わりにやるにゃ」
真姫「凛なら安心ね」
13:
ことり(凛ちゃん)ひそひそ
凛(何?)ひそひそ
ことり(真姫ちゃん、お股が凝ってるみたいだからお股にして上げて)ひそひそ
凛(そうなの?分かったにゃ)ひそひそ
凛「じゃあいっくにゃ!」
凛「真姫ちゃん喰らええ!!」
ヴィイイイーン!
真姫「ヴェエアァアアア!」
真姫「だから何でお股に当てるのよ///」
凛「ことりちゃんがやれって」
ことり「気持ち良かった?」
真姫「良くないわよ///」
ことり「じゃ、何で変な声出したの?」
真姫「そ、それは///」
希(……助けてあげよか///)
希「そう言えば、このマッサージ器どうしたん?」
凛「部室に置いてあったにゃ」
希「部室に?」
海未「誰かの忘れ物ですかね?」
花陽「じゃあ、取りに戻ってくるかもしれないね」
にこ「ここに置いておいた方が良いわね」
部活後
真姫「私、用事あるから先に帰ってて」
真姫(あの感覚が忘れられない)
真姫(ちゃんと当てたらもっと……)
真姫「……ゴクッ」
ヴィイイイーン!
ことり「ま?きちゃん?」
真姫「!!!」
真姫「え?あ、ことり!」
16:
ことり「何してたのかな?」
真姫「べ、別に」
ことり「そのマッサージ器気になる?」
真姫「ならないわよ///」
ことり「そのマッサージ器。実は、ことりの物なの」
真姫「えっ?」
真姫「何でこんな物持ってるのよ?」
ことり「これはね。真姫ちゃんが思ってるようなHな事に使うのが目的じゃなくて」
ことり「本当にただのマッサージ器なんだよ」
真姫「そうなの?」
ことり「Hな事に使ってみたい?」
真姫「……使ってみたくないわよ///」
ことり「ふーん」カチッ
ヴィイイイーン!
ことり「そーれっ」
ピトッ
真姫「やっ、ちょっ何するのよ」
ことり「Hな真姫ちゃんにお仕置きしちゃいますっ?」
真姫「あぁっ んんっ」ビクッ
真姫(そ、想像以上に気持ち良い///)ビクビクッ
17:
ことり「どう?気持ち良い?」
真姫「ち、違う……あぁんっ」
真姫(か、身体の力が抜けて抵抗できない)
真姫「んっ、あぁっ、んふぅっ……」
真姫「んあっ!……あっっああぁっ!」ビクンビクンッ
ことり「真姫ちゃん、もしかしてもうイっちゃったの?」
真姫「……イッてなんか///」
ことり「うふっ、真姫ちゃん強がっちゃって可愛いんだから」
ことり「もっと気持ちよくして上げる?」
ことり「真姫ちゃんのパンツを」
ズルッ
真姫「!」
真姫「な、何するのよ///」
ことり「今度は直接」
ヴィイイイーン!
真姫「ああぁあっ」
真姫「ああぁあうッ……んんッ」ピクピク
ことり「うふっ真姫ちゃん、身体ピクピクさせて気持ち良さそうだね」
真姫(さっきとはケタ違いの刺激が///)
真姫「あぁああっ、これ……しゅごい」
ことり「またイッちゃうの?」
真姫「あっ、もうダメ……イク」
ことり「はいストーップ?」
真姫「?」
18:
真姫「あ、あの……私まだ」
ことり「なに?」ニコニコ
真姫「……イッて無い///」ゴニョゴニョ
ことり「ふ?ん」ニコニコ
真姫「…………」
ことり「して欲しい?」
真姫「…………///」ウナズキ
ことり「声に出して言ってね?」
真姫「……して欲しい」ゴニョゴニョ
ことり「ん?ごめんね。聞こえなかった」
真姫「……もっとして欲しい///」
ことり「しょうがないなぁ」
ことり「Hな真姫ちゃんのお願いを効いて上げる」
ことり「強にして」カチッ
ヴヴヴィイイイィーン!!!
ことり「さっきとはケタ違いの刺激だよっ?」
ことり「それっ」
真姫「!」
真姫「ああぁあっんんっんあっっ!」ビクビク
20:

続き・詳細・画像をみる


主人公死亡END←名作しか思い浮かばないwwwwww

女「女の下ネタって、実際男よりもエグいよ(笑)」 俺「ふーん」

毎日ドクターペッパーを飲んでる104歳女性「それは健康に良くないと言っていた医者が先に死んだわ」

【画像あり】テレ東でスク水エ口すぎワロタwwwwwwwwwwwww

『ポケモン』×ニコラス・ケイジ=ゆるく不気味なモンスター「ケイジモン」【ケイジ・ベスト】

背の低い女ほどエロい←これ

back 削除依頼&連絡先