希「わしわしするで〜!」ワシワシ にこ「ゆ、許して!ぎゃー!」back

希「わしわしするで〜!」ワシワシ にこ「ゆ、許して!ぎゃー!」


続き・詳細・画像をみる


「次ふざけたらわしわしってゆうたやん?」ワシワシ
にこ「そ、それはそうだけど…ひんっ///」
希「にしてもにこっちの胸、相変わらず小さいなぁ」ワシワシ
にこ「あんたがでかすぎるんでしょこのホルスタイン!」
希「……ほーん」ワシワシワシワシワシワシ
にこ「ぎゃー!嘘!嘘です許してー!」
3:
希「ふぅ…今日はこの辺にしといたげる」
にこ「……うぅ…」ピクピク
希「大袈裟やなぁ…ほら、揉まれたら大きくなるってよくゆうやん?」
にこ「うっさい!このおっぱいお化け!」
希「……まだ足りひんかった?」ワキワキ
にこ「すいません!許してください!お願いします!センセンシャル!」
希「冗談やよ、ほなウチは帰るから、また明日な!にこっち!」
にこ「はぁ…ひどいめにあった…」
6:

希「ふぅー…さっぱりしたー」
希「新しい入浴剤のおかげか、肩が軽くなったわ…んー!今日は気持ちよく眠れそうや」
希「それにしても、にこっちの胸、想像以上に薄かったなぁ…」
希「それでも微かに感じる柔らかな膨らみ…ちょっと癖になりそうやん…///」
希「…完全におっさんのソレやんな…今日はもう寝よ」
7:
にこ「あー疲れたー…」
にこ「特売あるのすっかり忘れてたわ…大急ぎで買い物してきたから身体の節々が…」
にこ「うう…まだ高校生なのに心なしか肩もこってる気がする…」
にこ「今日はもうお風呂入って寝ましょ…」シュルシュル
にこ「ん…?」
にこ「あれ?私の胸…ちょっと大きくなってない?」
8:
にこ「メジャー!メジャーはどこ!……あった!」
にこ「ゴクリ…」
にこ「………77」
にこ「お、大きくなってる!!」
にこ「び、微々たる成長だけど、大きくなってることには変わりないわ!や、やったー!やったわー!」ワッショイワッショイ
こころ「………」
こころ「(お姉さまが全裸で踊ってる…そっとしておきましょう…)」
10:
?次の日?
にこ「?♪」
希「おはよ、にこっち!なんや今日はご機嫌やなぁ?」
にこ「まぁね!少しいいことがあってね!」フフン
希「へぇー、どんなこと?」
にこ「ふふふ…知りたい?」
希「にこっちいけずやなぁ、そんなもったいぶらずに早く教えて!」
にこ「実はね…胸が大きくなったのよ!」
14:
希「………」ジー
にこ「…?どうしたの?」
希「とりゃ!」ワシッ
にこ「わひゃあ!?」
希「……ふむふむ、76…いや77かぁ…」ワシワシ
にこ「ちょ!希!やめなさいよ!しかもなんで当たってるのよ!」
希「ふふふ、大きくなったのも、ウチがワシワシしてるおかげかもよ?」ワシワシ
にこ「んっ…そ、そんなわけないでしょ!いいから離しなさい!」
ザワザワザワヤザワ
にこ「通学路でこんなことすんな!…まったく」
希「通学路じゃなかったら、ええの?」
にこ「そういう問題じゃなぁぁぁぁい!!!」
15:
?放課後 部室?
絵里「それじゃあ皆、着替えて練習に行きましょ」
みんな「はーい」
ワイワイガヤガヤ
にこ「ふぅ…」
希「どしたんにこっち、元気ないね?」
にこ「ええ、なんか少し息苦しくって…」
希「ほんま?…うーん、熱は無いみたいだけど、大事をとって今日は休んどき?」
にこ「おおげさねぇ、別に休むほどのことでもないわよ…まぁ本当に苦しくなったら休ませてもらうわ」
希「無理はせんといてな?」
にこ「わかってるわよ、ったく、世話焼きなんだから…」ヌギヌギ
18:
希「とりゃ!」ワシッ
にこ「わひゃあ!?」
希「そんなこという子にはわしわしMAXやでー!」ワシワシ
にこ「んんっ…ちょ、やめ…!」
希「…あれ?にこっち、また大きくなった?」
にこ「はぁ?昨日の今日でそんな大きくなるわけ…」
希「いや…これは、79…80!?」
にこ「はぁ!?嘘、やだ…ほんとに大きくなってる…って希!?」
21:
希「?」
にこ「そ、その胸…どうしたの?」
希「へ?……あれ?う、ウチの、胸が…!」
希「縮んでる?」
25:
海未「にこが84cm、希が80cm…これは一体…」
にこ「……えへ」ムニュ
希「う、うちのアイデンティティーが…」
絵里「げ、元気出して希!」
希「絵里ち…」
絵里「希が触ってにこの胸が大きくなったのなら、その逆もあると思うわ!…多分」
希「な、なるほど!にこっち、お願い!」
26:
にこ「………嫌よ」
希「へ?」
にこ「嫌よ!むしろもっと触ってほしいぐらいなのに、誰が戻してあげるもんですか!」
にこ「高校に入ってからというもの…胸はおろか身長すら伸びずにいた私にとってこれは千載一遇のチャンスなのよ!」
にこ「今まで貧乳だとバカにされた恨み、今こそ晴らさせてもらうわ!」
希「そ、そんなぁ!」
穂乃果「にこちゃんがいつにもまして輝いてる…!」
ことり「最年長なのに一番小さかったからね…」
真姫「くだらないわね…」
花陽「わ、私は元のにこちゃんの方がいいと思うなぁ…」
うみりん「………(いいなぁ)」
28:
にこ「ほーらほーら!どうかしら、立場が逆転した気分は!」タユンタユン
希「うぅ…」
穂乃果「おお、希ちゃんが珍しく押されている…!」
ことり「希ちゃんの一番のアイデンティティーだったもんね…」
希「こ、このー!」ワシッ
にこ「あんっ!…ふふふ、触ったわね!」ヌギヌギ
希「はっ!し、しまったぁぁぁぁぁ!!!!」
海未「……にこ89cm、っと」
希「い、今の一瞬で5cmも!?」
にこ「あーっはっはっは!!これからは私の時代よー!」
海未「(私も触られたら大きくなるのでしょうか)」
30:
にこ「あー、大きいってつらいわねー!、ふふ、ふふふふふ」タユンタユン
希「にこっちぃ…元に戻ったら覚えとき…!」
にこ「うぐっ…お、脅したって無駄よ!」
絵里「…にこ、どうしてもダメ?」
にこ「ダメよ!気がつかなかったとはいえ、触ってきた希のせいだもの!ずっとこのままでいいわ!」
絵里「はぁ…真姫、海未、穂乃果、ちょっと話があるのだけど」
まきほのうみ「?」
絵里「……で……して…じゃ、ダメかしら?」
穂乃果「うん、いいと思うよ!」
真姫「私は別にいいけど」
海未「まぁこの状況ですし、仕方ありません」
32:
にこ「なに話してるのよ」
絵里「次の曲のことよ、センターは…にこ、あなたよ」
にこ「に、にこがセンター!?ほ、ほんと!?」
絵里「ええ、でも条件があるわ」
にこ「うぐ…どうせ胸を希に戻しなさいとかでしょ…?」
絵里「あら、察しがいいわね、そのとおりよ」
にこ「むぬぬ…す、少し考えさせて…」
絵里「ええ、かまわないわ」
34:
にこ「うーん……」
希「……」シューン
にこ「………」グヌヌ
にこ「……1週間だけ」
にこ「1週間だけこの姿でいさせてくれない?」
絵里「希、どうかしら?」
希「ほ、本当に1週間だけ?」
にこ「ええ、それでセンターが取れるならいいわよ」
絵里「ありがとう、にこ!」
にこ「センターの話、忘れんじゃないわよ!」
絵里「もちろんよ!…さぁ、練習を再開しましょ!」
37:
?1日目?
にこ「昨日の帰りに新しいブラを買ったけど…胸が大きい人ってこんな感じなのね…」
ザワザワヤザワザワ
にこ「心なしか、視線が集まってる気がする…」
「矢澤先輩…胸に詰め物までして…」
「かわいそう…」
「ロリ巨乳は邪道だよ…」
にこ「……聞かなかったことにしよう」
にこ「というか、急に目に見えるほどに大きくなったんだもの、当たり前よね…」
にこ「昨日のこころ達も、すごく驚いてたし…」
にこ「まぁ1週間だけだけど、思う存分に楽しませてもらいますか!」
39:
?屋上?
海未「はい、ワン、ツー、スリー、フォー、ワン、ツー、スリー、フォー」
にこ「はぁ…はぁ…」ヨタヨタ
海未「にこ!また遅れていますよ!」
にこ「う、ご、ごめん…」
にこ「(昨日も思ったけど、これすっごい動きづらいわね…)」ユサッ
にこ「(想像以上に重くて、肩と足が…!)」
希「辛いやろ?」
にこ「の、希!?」
42:
希「にこっちまだ慣れてないもんなぁ?」ニヤニヤ
にこ「ふ、ふん!この重みは、にこにとっては幸せの重みなのよ!」ユッサユッサ
希「こっちは重荷がなくなってす?っごく、軽いんよ!」ピョンピョン
にこ「ふーん、よ、よかったわね!」
希「うふふ」
凛「な、なんだか怖いにゃー…」
穂乃果「ふ、二人の視線がぶつかって火花が…」
海未「にこが羨ましいです(そっとしておきましょう)」
ことり「海未ちゃん本音が…」
45:
2日目?
にこ「昨日は特に気にしてなかったけど、形を維持するためには付けて寝なきゃダメよね…」
にこ「…の、希に聞いてみようかしら」
にこ「い、いや!これしきのことで電話したらまた笑われる…!」
にこ「…あ、こういうときのインターネッツ!」
にこ「えーっと、ブラジャー 寝るとき、っと」
にこ「えーっと、なになに…へぇー、付けて寝るのね…就寝用ブラジャー!そんなのもあるのね…」
にこ「とりあえず、寝苦しいとは思うけど今日は普通のブラジャー付けて寝ますか」
にこ「就寝用のブラは明日買いに行きましょ」
46:
?3日目?
にこ「これが就寝用のブラか…」
にこ「スポブラみたいな感じなのねー」
にこ「よい…しょっと」
にこ「へぇ、なかなかいいじゃない」
にこ「後3日とはいえ、垂れないようにしないとね」
にこ「胸が大きいってのも、なかなか疲れるわねー」
にこ「……希もこんな感じで苦労してたのかしら?」
48:
?4日目?
にこ「はぁ、はぁ、はぁ…」
海未「大丈夫ですか?にこ」
にこ「べ、別に大丈夫よ…はぁ、ぜぇ…」
海未「辛いならその胸、私に預けてもいいんですよ?」
にこ「もう建前すら言わなくなったわね…」
希「…にこっち」
にこ「なによ、希」
52:
希「はいこれ」
にこ「…?なにこれ、クリーム?」
希「運動すると、胸とくっつく部分が蒸れて湿疹になることがあるんよ」
にこ「…確かに、たまにだけど痒くなるときはあったわね」
希「それ、いつもウチ使ってるやつだから、つかってええよ?」
にこ「……ふん、ありがたく使わせていただくわ」
希「うん!」
53:
?5日目?
にこ「ふぅ…疲れた…」
にこ「あー、肩も凝って…はぁ…」
希「そろそろ戻してくれてもええんよ?」
にこ「どぅわ!?の、希!急に出てこないでよ!」
希「ふふふ、胸がなくなった分、身軽な動きが可能になったのんちゃんは、神出鬼没の能力を得たのだ!」
にこ「胸あっても神出鬼没だったでしょうが!…で、何のようなのよ」
希「そろそろにこっちが胸の重みで肩が凝るんじゃないかなぁー、と思って」
55:
にこ「うぐっ…べ、別にそんなことないわよ!いつもどおりよ!」
希「そんな意地はってないで…ほーら、ここに座って!」
にこ「な、なによ…って、え?」
希「結構張ってるね…ふふふ、意外と疲れるやろ?」カタモミモミ
にこ「…ふん、別に」
希「ごめんな、にこっち…ちょっとおふざけがすぎてしもうて」カタモミモミ
にこ「………」
56:
希「ちょっとやりすぎて、多分ウチにばちがあたったんやな」カタモミモミ
にこ「ふん、当然よ、これに懲りたらわしわしするのは控えることね」
希「うん、そうする」カタモミモミ
にこ「はぁ…だいぶ楽になったわ、ありがと」
希「どうしたしまして!それじゃあ、練習にいこか」
にこ「あ、待って希」
希「どしたん、にこっち?」
57:
にこ「はい、もう返すわ」ワシッ
希「ひゃぁん!?も、もういいの?」
にこ「いやー、大きすぎるってのも問題よね」ワシワシ
にこ「慣れないから動きづらいし、肩も凝るし、変な目線で見られるし…」ワシワシ
希「んっ…意外とテクニシャン…///」
にこ「やっぱ元のままが一番ね、それに貧乳のほうがコアなファンも集めやすいし」ワシワシ
希「にこっち…あんっ…///」
59:
にこ「ふー、だいぶ軽くなったわね…」
希「う、ウチの胸ってこんなに重かったっけ…」ユサッ
にこ「まぁ胸の大きい人の悩みってのもわかったし、たまーになら肩揉んであげるわ」
希「…うん、ありがと」
にこ「んー!今日はいつも以上に動ける気がするわ!」
希「説明しよう!おっぱいウェイトが外れることにより、にこは素早さが普段の2倍になるのだ!」
にこ「…変なナレーションつけてんじゃないわよ」
63:
?次の日?
にこ「ちょっと物足りないけど、なんだかんだ、元の大きさが一番いいのよね…くやしいけど」
ザワザワヤザワザワザワヤザワ
にこ「ん?」
「矢澤先輩、やっと詰め物なくしたのね…」
「やはりギニュー特戦隊だったか…」
「やっぱ貧乳がナンバーワン!」
にこ「………」
66:
希「にこっち!」ワシィ!
にこ「ひゃああ!?の、希!?」
希「ん?、この控えめな感触…癖になるわぁ…」ワシワシ
ザワザワヤザワ
にこ「ちょ、ちょっと!また大きくなったら返さないわよ!」
希「それもありかなって!でも今回は…この控えめな胸から感じるほのかなやわらかさ!」ワシワシ
希「やっぱ自分で触ってもこんなに病み付きにはならないんよ!」ワシワシ
ザワザワヤザワザワザワヤザワザワ
にこ「ちょ、ちょっと!ここ通学路…んぁっ///」
希「ええやん!見せ付けとけば!」
にこ「いい加減懲りろこの変態がああああああ!」
68:
おわり
ちょっと短いけど勘弁
72:
最高でした
73:
乙!
74:
素晴らしい

78:

続き・詳細・画像をみる


中学校時代、大好きな女の先生がいた。卒業後しばらくして、その先生が懲戒免職されたことを知った

【画像あり】タカラトミーがバンダイに喧嘩売っててワロタwwwwwwwwwwwww

英 露 独 仏 欧 中 中東亜 東南亜 vs 米 日

友達Aがカップラーメンを食べるというのでお湯を沸かしていたら、「あのさ、ラーメン食いたいって言ったよね」とドヤ顔で言われた。

日本版『ゴジラ』総監督に庵野秀明!『進撃の巨人』樋口真嗣とタッグ!

ハンター×ハンターのノヴってかなり過大評価されてるよな

back 削除依頼&連絡先