唯「チャーハンつくるよ!」 part2back

唯「チャーハンつくるよ!」 part2


続き・詳細・画像をみる

5:
唯「やきそばつくるよ!」
律「…またいきなりだなぁ」
唯「えー!やきそばたべたい!!」
律「いや、食えばいいじゃん…焼きそばなんて誰が作っても同じだろ」
澪「それはちょっと聞き捨てならないな」 ガタン
梓「焼きそばにもいろいろあるんですよ律先輩」 ガタン
紬「えっ?じゃ、じゃあ私も!!」 ガタン
唯「みんなやる気だね!!じゃあこれはやっぱりぃー?」
唯「焼きそば大会だあああああああああああっ!!」 パーン ドパーン パーン
律「まじか……」
58:
律「そんなに焼きそばばっか食ったら飽きるだろjk……」 ジュウーー
澪「こら律、真面目に作れ!!」
律「んー。手は抜いてないつもりだけどなー?」 シュババ
澪「う、うおぉ…」
梓(他の先輩がたと比べると腕の運動量がケタ違いです…!
 伊達にドラマーやってるわけじゃないですね律先輩!!)
唯「やっきそばやっきそばおいしいなー♪」 ジュージュー
紬「焼きそば…」
61:
律「はいよできたぁ!」
澪「はやっ!」
???????????????
唯「オ、オぅー…」
梓「オーソドックスなソース焼きそばですね」
律「おう!やっぱ焼きそばったらこれだろ!」
紬「うん、そうよね。やっぱりこれが焼きそばよね」
澪「どれどれ…」
63:
澪「どれどれ…」
スボッ スボボボッ
唯「あー、焼きそばの味ーっ!」
律「そのまんまだなぁ、おい」
梓「いや、でもそれすごく的確な表現です!!」
澪「うん。これ以上無いソース焼きそばだ。ソース焼きそばという枠の中で
 これほどの完成度のものを作り上げるとは……あ、いや、ごほん」
律「んー?褒めたかったら素直に褒めてもいいんだよ澪くん?」
澪「うるさい!ばか律っ!!」
紬「うん…こういうのが焼きそばよね。うん」
64:
チュルチュルチュル
澪「具はキャベツに肉だけ…シンプルだからこそ、完璧に作るのは難しいもんだ」
梓「このキャベツの炒め具合は絶妙ですっ。
 パリッと口の中に清涼感を与えてくれるみずみずしさを失わず、
 その上で生々しさを感じさせないぎりぎりのタイミングで出来上がっています!」
唯「んー。おにくもおいしー♪ソース焼きそばの味に飽きが来たところに、
 お肉を噛みしめた時の旨みがじゅわーっと広がって、
 また新鮮な気持ちで焼きそばを味わえるようにしてくれるよ!」
律「ふふん。そうそう。それが焼きそば。これぞ焼きそば。
 これより他に焼きそばなんてあるかよ?」
チュルルン
澪「ふう、ごちそうさま。じゃあ次は私の番だな?」
唯「澪ちゃん!!」
66:
澪「私の焼きそばは…これだっ!」
ジャーン!!
唯「おっ…おお?しろい!」
梓「塩焼きそばですね」
律「邪道…」
澪「なんだと!?」
紬「まあまあ。食べてみましょう?」
68:
ズルルルッ ズルッ
唯「ふおおおおおおおおっ!!」
律「ぬうっ!?」
紬「こ、この旨みは?塩だけじゃないわね澪ちゃん!!」
律「ウェイパーか!?」
澪「違うよ…いやまあちょっと入れたけど」
梓「えびにしじみ、イカとホタテ…この具は、まさか!」
澪「気づいたか梓」 ニヤリ
律「はっ…み、澪てめえ!なんかグツグツやってると思ったら…
 海の幸をっ……煮込みやがったなあ!?」
69:
澪「ふははは!最高のスープができたよ!おかげさまでなぁ!!」
律「おっ…おのれぇ、焼きそばの風上にもおけないやつだ!!」
梓「そうか…煮込みに煮込んで普通に飲むには辛いほどに濃厚なダシが出たスープを…塩ダレにっ!!」
律「焼きそばってのはなあ…もっと、もっと…手軽な料理なんだよォ!!」
澪「はははは!そうは言っても上のお口は正直なようだぞ?律っ!」
律「くっ、悔しい…っ、でも箸が止まらないっ!!」 ズルズルズボボーッ
唯「りっちゃんと澪ちゃんってたまに変なテンションになるよね」
紬「すっごくいいと思う」 キラキラ
唯「え?」
紬「ィえァーす」 キラキラキラ
72:
紬「たいへんおいしゅうございました(いろんな意味で)」 パチン
唯「じゃあ次は私ね!私!ちょっとまっててねー!」 ジャーッ
律「ん?今度は唯があんかけか?」
梓「ええっ?」
澪「いや、バターの香りがする。これは…」
76:
唯「せっ、せっ、せっ」 トントントン
紬「ねえ、あれって…よね」
澪「やっぱり!…そうきたかーっ!」
唯「よっ…と」 ポサッ
律「焼きそば…の上に、オムレツ!?」
唯「ちょいちょいーっとね」 サクサク
トロロロロロン♪
梓「オムソバだあああああああッ!!!」
78:
唯「軽くソースをかけて、できあがり!」
律「な、なんだぁ!?ソース焼きそばに玉子だって!?」
澪「私も食べるのは初めてだな。どれどれ…」
サク サク パク スボボボ
澪「…うん!へえ!これはアリだな。うん」
紬「合うものねえ。バターとソースの香りも喧嘩せずに共存してるわ」
律「……げ、ゲテモノ…なのに…なのに…っ」
澪「律ー?こういう時は自分に正直になったほうがいいぞー?」
律「んまああああああああああああいよう!ちきしょーっ!!」
唯「あはは!よかった♪」
81:
律「んむ!んむ!…んっ、この食感は?」
梓「そういえばサクサクと小気味の良い食感…これは、まさか!」
澪「な…っ」
紬「もやしね。これ」
唯「んふふー。そう、もやしだよ!」
律「へえ、もやしもこうやって食べるとうまいもんだな!」 ズルズル
澪「お、おい律!やめろっ!!」
律「へ?」
83:
澪「わからないのか!?このもやし…」
梓「頭とヒゲ根が…全部…取ってあります!」
律「な、なにィーっ!?これ全部?全部かっ!?」
唯「えへへ、気づいたらすごい量になっててびっくりしたよー。」
梓「そうなる前に気づく量ですよ!これは!!」
律「ど、どんだけかかるんだよこんな量とるのに!」
澪「…わかったろ?味わって食べろな、律」
律「お…おう!」
88:
サクッ... サク....
律「あぁ…味わってみるとわかる、この至高の歯ごたえ…」
澪「全く引っ掛かりがなく、サクサクと噛み切れるこの感じ…」
梓「まさにもやしの最終形態です…ああ…」
紬(…もやしの頭ってどんな味なのかしら)
律「唯…ありがとう……ああっ!もうそれだけだよ!ありがとう、唯!!」
唯「てへへ、そんなに褒められると照れちゃうよ?」 テレテレ
94:
梓「じゃあ私の番ですね。最初に言っときますけどあんかけ焼きそばです」
澪「ああ、それでさっき少し慌ててたのか」
梓「もう、唯先輩と被るかと思ってびっくりしましたよ」 ジジジジジ
ジュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!
唯「わあ!すごいジューって!」
律「細麺…ってれべるじゃねーぞこれは!」
澪「極細麺の…固焼きそばか!」
梓「焼きそばったら、このぱりぱりあんかけ焼きそばでしょうっ!!」
100:
唯「わーい!これ大好き!ぱりぱりのうちに!」 バリッ バリ
唯「うーん、どれどれーっ」
ザクッ!!
唯「んーっ!これこれ!この食感ーっ!!」
澪「私はちょっとふやけたところが好きだな。中のほうもらうよ」 サクッ ザク
サクッ
澪「んー♪ほどよく柔らかくなってて、でもしっかりとした歯ごたえがあって!!」
律「な、なんか楽しそうじゃん!あたしも参加させろーっ!!」
紬「 」 コクコク
103:
ザク ザクッ!
律「うほっ!すげぇこれ!スナック感覚!!」
唯「でしょー?美味しいし楽しいし最高だよね!」
澪「真ん中のほうはもうしみてるぞー?」
律「どれどれっ?」
ズズズッ ズルッ
律「おお、ちゃんと麺のうまさが!これはいいや!!」
紬(入るタイミング逃したワー) スルスル
105:
唯「まさか固焼きそば食べられるとおもってなかったよ!ありがとうあずにゃん!」
澪「あんかけもすごいおいしかったよ。すごいな梓は」
律「あたしなんで今までこれ知らなかったんだろう!人生損してた気分だ!」
梓「えへへ、みなさんありがとうございます」 テレテレ
紬(おいしいです、ほんとに…これ)
106:
唯「ムギちゃん」
紬「」 モクモク
唯「ムギちゃん?」
紬「えっ」
唯「次はムギちゃんのだよ!」
紬「あっ…ええ」
律「あ…ま、まあ、な!あんまり駄目だったら、無理に出さなくても…」
澪「こ、こら律!逆に失礼だろ!!」
紬「……」
澪「あ、いやその…」
108:
紬「こ、こんな感じ…なんだけど」 コトッ
澪「こ、これは…」
唯「…おそば?」
梓「日本そばですね」
律「…ソースの匂いがするんだけど…」
紬「だ、だって…焼きそばっていうから…おそば…使ってると…思って…その…ぅぅ」
110:
紬「ご、ごめんなさい…もう片付けるから」
ズルルルル
紬「えっ」
律「お、おい唯!!」
ズルルル
唯「……むっ」 プツン パサパサッ
梓「ゆ…唯先輩?」
唯「…アリだよ。これ」 ニヤリッ
113:
紬「唯ちゃん…」 ジーン
律「う、嘘だぁ!?」
澪「まあ文句は食べてみてからだ。どれどれ」
ズルルルッ
澪「へぇ!!」
梓「おそばの香りがすっごいです!!」
澪「炒めることで香りが出たんだ。こりゃあいい」
律「えっ…お、おいしいの?…どれ」
ズルッ
律「…ほぉ?」
115:
律「うん、アリだわこれ。アリアリ。」
澪「だろ?いけるよムギ。これはこれで」
梓「新しい味発見ですよ、ムギ先輩!」
紬「みんな、ありがとう…本当に…」 ウルウル
唯「まあ、特別おいしいってわけでもないけどね!」
紬「」
律「こ、こら唯っ!」
唯「えっ?」
紬「」
119:
唯「というわけで第二回チャーハン大会終了でーす!」
律「いつのまに第二回!?」
唯「一回目は憂と一緒にやりましたー!」
澪「そっかー…(心底どうでもいいや)」
唯「みんなおいしい焼きそばをありがとう!私の焼きそば欲も満たされたよ!!」
律「わーい」
梓「お腹一杯になって適当になってますね先輩たち」
121:
唯「じゃあみんないくよー!せーのっ!」
律澪梓紬「焼きそ…」
唯「焼きそばは世界を救うっ!!」
律澪梓紬「ばさかいこうぉっ!!」
律「勝手に変えるなーっ!!」
紬「あらあら」
澪「結局ぐだぐだか…」
唯「ありがとおおおおおおおおおおおおおおっ!!」
焼きそば編 完
129:

13

続き・詳細・画像をみる


AV女優による本気のH行為を見せられた吉木りさの反応

【画像】顔も可愛いし性格も良かった彼女が俺と別れた理由www

【衝撃】インタビュアー「いつもこの部屋でオ◯ニーしてるんですか?」俺「はい」→ その結果wwwwwwwwww

【画像】 キングチーター、斑点模様が帯状に。珍しい模様

ヒトラーが菜食主義になった理由

コードギアスのロボット知らないうちに増えすぎだろwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先