春香「可愛いと言ってはいけない765プロ!」back

春香「可愛いと言ってはいけない765プロ!」


続き・詳細・画像をみる


千早「かい……可愛いと言ってしまった場合」
P「かわっ……」
P(セリフ噛んじゃう千早可愛い!)
千早「真のタイキックが待っています」
P「」
真「へへっ、覚悟して下さいね?」
7: 以下、
P(真に蹴られる……それ自体はご褒美!)
P(しかし、何百発も蹴られる事を考えると……)
真「……ふっ!」
スパァン
真「うん、絶好調!」
P(ケツが月まで吹っ飛ぶ……)
11: 以下、
デデーン
音無、アウトー
「おかしいピヨ絶対おかしいピヨ」
12: 以下、
デデーン
如月、アウトー
千早「くっ……なぜ高槻さんがずっと視界の中に……!」
春香「ち、千早ちゃんの首やわらかいね!(180゚近く回ってる…!?)」
13: 以下、
やよい「そのリボンかわいいね?、伊織ちゃん!」
デデーン 高槻、アウトー
真「ボクにやよいを蹴れというのか!?」
14: 以下、
真「仕方ない、ルールだしなー、おしりに軽くえいっ」ポヨン
やよい「はうっ、蹴られちゃいました?」
P「かわいい」
ドゴォッ!!
P「」
16: 以下、
亜美「んっふっふ→、これは兄(c)にふくしゅーするチャンスだねぃ」
真実「そうだねぃ、大チャンスだねぃ」
亜美・真美「兄(c)兄(c)ー、かわいいポーズっ!」ビシィ
デデーン
亜美、真美、アウトー
亜美・真美「な、なんだってー!」
P「可愛いなあもう…!」
デデーン
P、アウトー
17: 以下、
スパーン
亜美「うあ→!」
ペチーン
真美「うあうあ→!」
ズバァン!!
P「オアー!!おかしいだろ!!!」
20: 以下、
社長「おはよう、みんな今日は一段と元気じゃないか。元気なのは良いことだ」
P「あ、社長。おはようございます」
一同「おはよーございまーす」
社長「うむ、今日もみんな可愛いぞ。私の自慢の娘達だ」
P「あっ…」
デデーン
社長、アウトー
社長「む…何だね?今のアナウンスは」
真「………。」
21: 以下、
春香「さて始まりました、可愛いと言ってはいけない765プロ!」
P「いや、あのさ春香…」
春香「はい何でしょう?」
P「唐突に宣言されても、こっちは状況が把握出来てないんだが……」
伊織「どこかで聞いたような企画ね…」
あずさ「もしかして…大晦日にテレビでやってる、アレ?」
千早「その番組って、けっこう痛い罰ゲームがあったような…」
やよい「私、初めて聞きます」
響「うえ?……自分痛いのはやだぞ…」
雪歩「な、なにが始まるんですか?」
22: 以下、
春香「うきゃあ!?」
どんがらがっしゃ?ん!
P「春香!?」
春香「うぅ……」
P「大丈夫か?いつになく派手に転んだようだが」
春香「くすんくすん……」
P「……春香?」
春香「痛いです?……もう立てません」
P「ほう……」
春香「……立てないんですよ?」
P「どうしろと?」
春香「起き上がるの手伝ってくれると嬉しいな?って…………だっこですよ!だっこ!」
P「あざとい」
春香「あれー?」のワの
26: 以下、
春香「実はですね、某テレビ局がこの企画を提案してくれまして」
真「765プロを大々的に宣伝できるチャンスだと社長が快諾したんです」
P「察するに…、お前たちは進行役か?」
春香「はい、…本音を言うと参加したかったんですけどね…」
あずさ「でも、みんなでやるってすごく楽しそう♪」
雪歩「でもあずささん……罰ゲームがあるんですよ?」
伊織「まあこういう企画もいいんじゃないかしら?知名度を上げたいなら選り好みできないわよ」
響「自分が一番うっかり言ってしまいそうだぞ」
千早「大丈夫よ我那覇さん、要は『可愛い』と言わなければいいのよ」
伊織「あんたが一番注意すべきでしょ…」
28: 以下、
真「ちなみにカメラはすでに事務所のあちこちにセットしてますので」
響「え、一部始終撮られるのか?」
春香「そうだよ、でないと企画した意味ないし」
やよい「なんだか分からないけど、私頑張ります!」
千早「張り切る高槻さん、可愛い…」ボソ
あずさ「あら、千早ちゃん今…」
雪歩「言いましたね……」
真「あ、大丈夫だよ、まだスタートしてないから」
千早「助かった」ホッ
伊織(千早の罰ゲームのリアクション見てみたかったわね…)
続きどうぞ
31: 以下、
春香「それでは、みなさん自由に待機しててください」
真「時間は3時間、スタートの合図はブザーで知らせます」
P「ああ、わかった…」
千早「気を引き締めないと…」
雪歩「な、なんだか緊張しちゃいますぅ」
響「負けたくないぞ…」
伊織「…」
あずさ「ワクワクするわ」
やよい「うっうー!」
ブーーーーーー…
可愛いと言ってはいけない765プロ、スタート
32: 以下、
人居ない…
P(みんな集中してるせいか誰も喋ろうとしない…)
千早(でも、沈黙してちゃ企画倒れよね……)
響「……あ、あのさ!」
千早「何かしら」
響「さっきから貴音や真美たちの姿が見えないけど、もしかして仕掛け人なのか?」
伊織「でしょうね…、いったいどんなことをして言わせるのか…」
あずさ「でも、本家の『笑ってはいけない』と違って、『可愛い』と言ってしまうのは
 そんなに難しくないと思うけど…」
P「あ」
伊織「……あずさ……」
あずさ「あら、私、ついうっかり…」ハッ
33: 以下、
伊織「まさか第一号があずさだなんて…」
デデーン あずさ、アウトー
千早「ここも本家と同じね…」
ガチャッ
響「あれ、真が来たぞ?」
あずさ「あの…?」
真「ごめんなさいあずささん、この企画の罰ゲームは全てタイキックなんです」
雪歩「ええ!?」
やよい「タイキック…?」キョトン
あずさ「ま、真ちゃん…、お手柔らかにね…?」
34: 以下、
支援
35: 以下、
真「…あずささん、動かないでくださいね…」グ…
P「…」ゴク
真「……せぇいっ!!!」ドゴッ
あずさ「あい…!!」ビク
伊織「ちょっとあの蹴り…、本気よ…」ゾクッ
千早「手加減してくれないの…?」
響「まともに喰らったらお陀仏だぞ…」ガクガク
やよい「あずささん、大丈夫ですか?」
あずさ「…た、タイキックって……すごく痛いのね…」ヨロ
雪歩(あずささんがタイキック受けてるのもすごくシュールだなぁ…)
41: 以下、
あずささんスキーな俺は憤慨した
が、その光景を想像しておっきした
44: 以下、
P「毎回、真がタイキックしに来るのか…?」
伊織「私……耐えられるかしら…」
千早(我慢……我慢よ……)プルプル
雪歩(千早ちゃんがすごく震えてる…)
やよい「うー……なんだか怖いですぅ…」
千早「高槻さん……大丈夫よ、私が守るから…」
あずさ(どうやって守るのかしら…)
千早「タイキックなんかさせない、この可愛…」
響「!」
千早「…セーフね…」
48: 以下、
美希「あれー、みんなどうしたの?」ガチャッ
千早「美希…、まさかあなたも仕掛け人?」
美希「仕掛け人ってなんのこと?」キョトン
P「どうやら何も知らなさそうだ…」
伊織「多分美希も強制参加よね、とにかく声に出さずに知らせないと…」
雪歩「じゃあ私が…」
チョンチョン
美希「ん?なに雪歩?」
雪歩「…」スッ カンペ「今テレビの企画中。とにかく『可愛い』と言ってはいけない」
美希「可愛いと言ってはいけない…?」
響「あらら…」
49: 以下、

52: 以下、
デデーン 美希、アウトー
美希「え?なにこの声?」
P「美希……ご愁傷さま……」
真「やあ美希」ガチャ
やよい「また来ました…」
美希「え?なに、なにをするの?」オロオロ
響「珍しく美希がうろたえてるぞ…」
真「とにかく動かないでね」グ…
美希「ど、どういうことか分かんないよ、誰か説m」
真「せぇぇい!!」ドゴ
美希「いやあああああ!!」
53: 以下、
伊織「さっきより強めに蹴ってるのは気のせいかしら…」
あずさ「身を以って経験したから分かるわぁ」
美希「い…痛いよぉ…」
千早「涙目になってる…」
P「あんな蹴り喰らったら誰でもそうなるよな」
やよい「私…どうなるんでしょう……」
雪歩「う…うう…」
響「雪歩…?」
雪歩「私……このゲーム乗り切れそうにありません!もう穴掘って埋まってますぅ!」
P「お、おい雪歩!」
55: 以下、
雪歩「もういいんです!私なんか、私なんか!」ザクザクザク
響「も、ものすごいスピードで掘っていくぞ!」
伊織「ちょっと誰か止めなさいよ!」
あずさ「大丈夫かしら…」
P「おーい!雪歩ぉ、聞こえるかー?」
雪歩「……くすん」
やよい「あ……(穴の中で膝を抱える雪歩さん…)」
やよい「なんだか可愛いです…」
千早「た、高槻さん…」
やよい「ほぇ?」
58: 以下、
デデーン やよい、アウトー
やよい「わわ!そうでした!言ったらいけないんでした!」
伊織「これ、どうするのかしら…」
真「…」ガチャ
やよい「ま、真さん……」ビクビク
真「安心して、やよいに限ってはお尻ペンペンだから」
美希「えええ!それって不公平なの!」サスサス
P「まあ、やよいが蹴られるのを流すのはさすがにな…」
千早「よかった……高槻さんへのタイキックを見ずに済んで…」ホッ
やよい「そ、それなら大丈夫です…」
真「それじゃ、お尻出して…」ス…
61: 以下、
やよい「は、はい…」オズオズ
真「せぇい!!」バシン
やよい「あうう!!痛いですぅ!」ビクン
あずさ「これでも十分痛そうね…」
伊織「やよいでも容赦ないわね……」
美希「まだジンジンするの…」サスサス
雪歩「な、何があったんですかぁ?」ヨイショ
響「やよいへのお尻ペンペンだぞ…」
千早「先が思いやられるわね…」
P「怖すぎる……」
67: 以下、
30分後
響「ん?」
美希「どうしたの響?」
響「机の上に変なスイッチがあるぞ」ヒョイ
あずさ「それって本家にもある仕掛けね」
千早「確か押したら自動的に罰ゲームが起きるのよね」
響「え……そうなのか?」
伊織「押さない方がいいんじゃない…?」
やよい「でも、気になります!押してみますか?」
雪歩「や、止めようよぉ…」
響「ポチっとな」カチ
72: 以下、
デデーン 美希、アウトー
美希「ええ!?そんなひどすぎるの!」
P「まあ、こればっかりはなあ…」
伊織「誰が当たるのか分からないものね…」
真「さあ覚悟して」ガチャ
美希「あ………あとで訴えてやるの……」
響「ご、ごめん美希……、自分のせいで…」
真「せぇぇい!!!」ビシィ
美希「いたああああい!!」ピョン…
千早「あ…」
美希「きゃああああ!」ヒュウウ
やよい「ゆ、雪歩さんが掘った穴に落ちちゃいました!」
74: 以下、
伊織「大丈夫美希!?」
美希「あ…頭打っちゃったの…」ヨイショ
雪歩「ううう…ごめんなさい…」
あずさ「この穴は何かで塞がないと…」
春香「ご心配なく!」ガチャ
P「春香?」
春香「さすがに穴があると危ないので、応急処置をします」ガタッ
あずさ「鉄板……準備がいいのね」
響「油断禁物だぞ…」
やよい「うー…」
78: 以下、
雪歩「気を紛らわせるために雑誌読んでます」ペラ
伊織「はあ……先は長いわね」
雪歩「あ、これ見て千早ちゃん」スッ
千早「なに?」
雪歩「千早ちゃんもこの写真みたいにオシャレしてみたらいいのに」
千早「え……無理よ…、どうせ私には似合わないし…」
雪歩「大丈夫だよ、もっと自分に自信を持てばいいのに」
千早「そう…かしら…(でも、もし機会があれば…)」
千早「こんな可愛い服を着てみたいわね…」
美希「あれ」
千早「しまった…」
82: 以下、
デデーン 千早、アウトー
真「千早は初めてだね」
千早「…もう………こうなったら腹を括るしかないわ…」
真「お!そうこなくっちゃ!」
伊織「なんだかノリノリになってるわね…」
やよい「千早さん……大丈夫でしょうか」
真「せぇぇい!!!」バシィ
千早「うぐ……!!」グラ…
雪歩「わ……わ、私のせいで…」
あずさ「今のはしょうがないわ雪歩ちゃん」
響「つ、次は自分かもしれない…」ビクビク
88: 以下、
千早「こ……こんなキック……大した、こと、ないわ……」ヒクヒク
響「全然大丈夫そうに見えないぞ…」
あずさ「…」ゴソゴソ
伊織「あずさどうしたの?机の中漁って…」
あずさ「本家だと写真があったりするのよね…」ゴソゴソ
P「わざわざ危険を冒さなくてもいいんじゃ…」
美希「美希、もう巻き込まれるのはごめんなの」
やよい「何か見つかりましたか?」
あずさ「ええと………あ!」
雪歩「な、なんですか…?」
あずさ「これ……」ピラ
92: 以下、
美希「これって……、もしかして小さい頃の千早さん…?」
やよい「うわー!すごくちっちゃいですぅ!」
響「これっていつの写真なんだ?」
千早「多分、小学2年生ぐらいじゃないかしら……、でもまさかこんなものまで用意して…」
雪歩「もしかしてけっこうモテた?」
千早「まさか……、そんなことないわよ」
P「ほお…なかなか可愛いじゃないか」
伊織「今、言ったわね…」ジロ
P「は…」
デデーン プロデューサー、アウトー
97: 以下、
真「毎度お騒がせしております」ガチャ
P「ま、真……、せめて少し弱くしてもらうと助かるんだが…」
真「却下です」ニコニコ
P「ですよね」
あずさ「真ちゃんの爽やかな笑顔が逆に怖いわ…」
真「どっせぇぇぇぇぇい!!!」ズドン
P「うぎゃあああああ!!」ガク
雪歩「い、今までで一番強くない…?」ビクビク
千早「何か恨みでもあるのかしら…」
P「し……尻が……壊れそう……」ハア…ハア…
99: 以下、
パッ 「それでは街頭インタビューを行いたいと思います」
千早「あら?勝手にテレビが付いたわ」
「このパネルの中から、『一番ムッツリそうな娘』は誰かを選んでもらいます」
あずさ「わ、私たちの写真が並んでますよ!」
伊織「ちょっと、なによこのおかしなインタビューは!」
「それではスタート!」
女A「えー、ムッツリ?なんとなくこの子かなあ?」
千早「な、なんで私が選ばれるの……」
女A「おとなしそうだし……すごくギャップが激しそう」
響「ひどい言われようだぞ…」
104: 以下、
女B「んー……この子、かな」
やよい「私が選ばれちゃいました」
女B「こういう子こそ素質があるんだろうなって思う」
やよい「うっうー!褒められちゃいましたぁ!」
P「……やよい、今のは喜んじゃいけないぞ…」
雪歩「あわわ…」
男A「ムッツリしてそうな女の子?変な質問だな…、じゃあこの子」
美希「美希を選ぶなんてひどいの!」
男B「でもムッツリじゃなくて分かりやすい子かもな」
美希「」
112: 以下、
「さて………集計結果が出ました」
全員「ゴクリ…」
「もっとも多くの票を集めたのは………、我那覇響さんです!」
響「うぇぇ!?そんなぁ!!」
デデーン 響、アウトー
真「残念だったね…響」ガチャ
響「い、インタビューと罰ゲームって関係あるのか!?」
真「しょうがないよ、そういう企画だし」
伊織「おとなしく受けときなさいよ…」
響「うう……こんなのってないぞ…」
真「せぇい!!」バシン
響「むぎゃあああああ!!」ゴロゴロ
美希「こんな理不尽な罰ゲームもあるんだ…」
117: 以下、
響「あ……明日には真っ赤になってると思うぞ…」サスサス
あずさ「みんなどんどん餌食になっていくわ…」
伊織「わ……私は大丈夫よね?」
千早「憂鬱になるわ……」
亜美真美「…」ガチャ
P「ん?真美たちが来たぞ」
やよい「きっと仕掛け人ですね」
真美「亜美隊員、私たちはついに伝説のパンドラの箱を見つけたのだ」
亜美「こ、これがそうなんですね、真美隊長!」
雪歩「お芝居が始まりました…」
119: 以下、
真美「ああそうだ、ひとたび開ければ様々な災厄を引き起こすと言われる代物だ」
亜美「で……でも…、もしその伝説が本当なら…」
真美「亜美隊員、冒険家というのは危険を恐れていては何も出来ない、
 伝説の正体を確かめるのも立派な使命だ」
亜美「はい……」
千早「すごく熱が入ってるわね…」
真美「さあ………開けるぞ……」ガタ…
響「いつの間にか箱が置いてあるぞ…」
真美「こ……これは!!」
紙「伊織、雪歩、美希、アウト」
122: 以下、
伊織「ちょっと!今の小芝居は何よ!!」
雪歩「わ、私もですかぁ!?」
美希「何で、また美希が蹴られるの!!」
真「人生とは一寸先も闇なんだ」ガチャ
P「真は冷酷だな…」
真「はい、3人は並んで立って」
美希「美希、もうお尻がもたないの…」
真「せぇぇい!!」ドゴ
美希「ひん!!」
真「そいや!!」バシ
雪歩「はうう!!!」クラ
126: 以下、
真「だらっしゃああああ!!」ドス
伊織「いやあああああ!!」ガク
千早「なんで最後だけ勢いをつけたのかしら…」
あずさ「真ちゃんが鬼と化してるわ…」
伊織「わ、私が何かしたのかしら…」ピクピク
雪歩「お尻痛いですぅ……」
美希「美希……お尻取れちゃうかも……」
貴音「みなさん、御機嫌よう」ガチャ
P「今度は貴音か…」
やよい「何が来てもおかしくないですぅ…」
128: 以下、
貴音「…」コトッ
P「手に持ってるラーメンを置いて…」
貴音「…」ズルッズルッ
響「普通に食べ始めたぞ…」
貴音「…まことにらぁめんは美味ですね」
伊織「本当に嬉しそうね」
貴音「…」ズルッズルッ
あずさ「何があるんでしょう…」
貴音「っ!ごほ!!ごほ!!」ガタッ
千早「な、何?」
130: 以下、
貴音「む、夢中で食べてて……むせてしまいました…」ケホッ
あずさ「可愛い…」
響「…ん?」
やよい「あずささん…今…」
デデーン あずさ、アウトー
あずさ「……あら」
真「その一瞬が命とり」ガチャ
あずさ「ついうっかり…」
真「おりゃ!!!」ビシイ
あずさ「やああん!!」ビク
133: 以下、
美希「相変わらず容赦ないの…」
あずさ「いたた……」サスサス
貴音「三浦あずさ……、理不尽ですが今はただ耐えるのです…」
あずさ「貴音ちゃん…」
貴音「この企画が終わったあかつきには……わたくしが慰めてます、それと…」
あずさ「?」
貴音「可愛いと言われて……少し…照れました…///」
あずさ「あら…///」
小鳥「なにやら甘い香りがするわね!!」バリイッ
P「うわ!小鳥さん段ボールの中に入ってたんですか!?」
137: 以下、
小鳥「あ、あら、百合の香りがしたのでつい…」
千早「もしかして音無さんも仕掛け人……?」
小鳥「そうなの、その証拠にほら!」バサ
伊織「そ、それってあずさの衣装じゃない!?」
小鳥「ふふん、まだまだ私もイケるでしょ?」
響「は、はあ……」
小鳥「どう?私可愛いでしょ?可愛いでしょ?」フリフリ
全員「…」
小鳥「…」
全員「…」
144: 以下、
小鳥「ふーんだ………どうせ私はただの事務員ですよ…」イジイジ
P「いや……かわ……、というよりも……綺麗ですよ」
小鳥「え、綺麗!?」クルッ
美希(そういうこと言うからその気にさせるの…)
P「ええ…小鳥さんは美しい方ですから…」
小鳥「そんな…プロデューサーさんに褒めてもらえるなんて…///」
伊織「分かりやすいわね…」
小鳥「そ、それじゃあ私はそろそろ引っ込みますね!」ガチャッバタン
千早「…あと何時間かしら…」
その後、やよいの可愛さに思わず口を滑らせ続けた千早がダントツの最下位になった

148: 以下、
まだ見たい気がするが
おつ!
153: 以下、

続き・詳細・画像をみる


『ガンダム Gのレコンギスタ』 第26話「大地に立つ」感想まとめ【Gレコ】

ユエル「ウチが一日嫁はんになったる!」

広島県という日本最高の県wwwwwwwww

【野球】ソフトバンク、球団アドバイザーに大学教授の小林至氏を起用

【動物画像】暇やし、野生猫の画像貼るわ

熱した鉄球を氷塊に載せてみたら、無駄にカッコいいΣ(゚Д゚;)

back 削除依頼&連絡先