藍子「激辛麻婆豆腐……ゴクリ」back

藍子「激辛麻婆豆腐……ゴクリ」


続き・詳細・画像をみる


かわいいいいい
11: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:36:34.23 ID:0LRaan7F0
P「ご、ごめん藍子!何かよくわからないけどごめん!!」
藍子「……じゃあ、お弁当、見せなくてもいいですか」
P「それはダメだ。しっかり確認させてもらうまで、俺はここにいるぞ。俺は藍子が心配なんだ」
藍子「ううう……」
P「俺を安心させるためにも、な?頼むよ」
藍子「……絶対、誰にも言いませんか」
P「当たり前だ」
藍子「……」スッ
P「あれ?いつも使ってる弁当箱と違うな」
12: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:38:23.77 ID:0LRaan7F0
藍子「……それを使う時は、特別な時だけですから」
P「そうか。開けてもいいか?」
藍子「……どうぞ」
P「開けるぞ」パカッ
マッカッカー
P「……これは悪戯の粋を越えてるな。麗奈あの野郎」
藍子「……えっと」
13: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:39:33.05 ID:0LRaan7F0
P「つーかなんだこれ……見てるだけで目が痛くなってくるぞ……?何かけてあるんだこれ」
藍子「デスソース、です」
P「なんちゅー名前の……これじゃあ食えないだろもうこれ」
藍子「……Pさん」
P「なんだ?」
藍子「それ……かけたの、私なんです……」
P「……はい?」
14: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:41:16.20 ID:0LRaan7F0
―――数分後―――
P「……つまり、藍子は大の辛い物好きで、このお弁当をみんなに見られたくなくて辛い物が食べたい時だけこうやって一人でお弁当を食べていたと」
藍子「……はい。そういう事です」
P「……マジで?」
藍子「女の子らしく、ないですよね……」
P「いや、その……普通に辛い物好きの女子はいるだろうから気にしなくても……」
藍子「でも、これですよ……?」
マッカッカー
16: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:43:08.66 ID:0LRaan7F0
P「うっ……」
藍子「引きますよね……だから嫌だったのに……ありえませんありえませんありえません」フッ
P「藍子!ハイライトハイライト!というかアレだろ?実は大して辛くないっていうオチなんだろ?」スクッ
藍子「あっ、Pさん、本当にやめた方が」
P「へーきへーき。俺も男だからな。辛い物にはある程度耐性があるさ」パクッ
藍子「あ……」
P「うん、うまいじゃぐぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!!」ジタバタ
藍子「Pさん!水です水!」サッ
17: 以下、
デスソースはあかん
小指の先程度の量で数時間もだえるぞ
15: 以下、
藍子「愉悦!」
18: 以下、
辛いもの食べると脂肪が燃焼されるらしいね
19: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:46:41.92 ID:0LRaan7F0
P「み、水ぅ!ああああああ水飲むとなんか余計喉がああああああ!!」ジタバタ
藍子「じゃ、じゃあ……牛乳です!」サッ
P「んぐんぐ……はっ、お、落ち着いた……でもまだなんか喉がおかしい……けほっ」
藍子「大丈夫ですか?」
P「何とか……え?というか藍子はこのレベルをいつも食べてるの?」
藍子「……はい」
P「そりゃまぁ……人には見せられないわなこれは……あー喉いてぇ」
21: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:49:00.51 ID:0LRaan7F0
藍子「Pさんには見られてしまいましたけどね。ははは……死にましょう」フッ
P「藍子!ハイライト!と、ともかく!だ。俺はこの事、誰にも言わないから」
藍子「本当の、本当ですよね?」
P「ああ。むしろ辛い物が食べたくなったら言ってくれ。多少無理してでも時間を作るから」
藍子「……ありがとうございます」
P「俺が無理に見ようとしちゃったからな。気にするな」
藍子「いえ、私も最初から誰かに相談したりしていればこんな事には……」
P「相談しにくいのも分かるよ。確かにこれは誰にでも受け入れられるようなものじゃねぇよなぁ……」
23: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:50:18.88 ID:0LRaan7F0
藍子「……ずっと前、これのせいで友達を失くした事があって……それで、怖くなって……」
P「そっか……辛かったんだな」
藍子「辛(から)くはありませんよ?」
P「俺は辛(つら)いって言ったつもりなんだけどなー」
藍子「あの、Pさん。実はもう一つ悩みがあって……」
P「今度はどうした?」
藍子「Pさんが取ってきてくれた、バラエティのお仕事がありますよね」
P「ああ。あれだよな。クイズで不正解の人には激辛麻婆豆腐を……あっ」
24: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:51:09.49 ID:0LRaan7F0
藍子「……私の台本には、わざと不正解になって、激辛麻婆豆腐を食べると書いてあって」
P「ちょ、そんな事やらせるつもりだったのかよ。わかった、あの仕事はお断りして―――」
藍子「そこじゃないんです。私が心配なのは」
P「……まぁ、さっきの会話聞いてれば、そうだろうな」
藍子「その……恥ずかしながら私、リアクションが出来るか不安で」
P「……あー」
藍子「私、こんな味覚ですから……その、激辛麻婆豆腐を食べてもきっと……むしろ美味しいって感じちゃうと思うんです。バラエティなのに、そのリアクションはおかしいんじゃないかと思ってしまいまして」
P「それはあるな。そもそも、バラエティとは言えアイドルに対してそこまでの物を用意はしないだろうし」
藍子「ですから、心配で」
26: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:52:35.82 ID:0LRaan7F0
P「なるほどなぁ……それで、藍子はどうしようと思うんだ?」
藍子「えっと……事情を知っているPさんに、見本を、お願いしたいんです」
P「見本?」
藍子「はい。Pさんが辛い物を食べた時のリアクションを、私が見て、それをコピーする……そういう方法じゃ、ダメ、ですかね」
P「なるほどね。OK。俺が役に立てるなら頑張るさ」
藍子「本当ですか!?」
P「というかそもそも、バラエティに出ないって選択肢は」
藍子「ないですね。ただでさえ、最近は仕事は減ってますし……」
27: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:53:38.92 ID:0LRaan7F0
P「わかった。協力しよう。それで俺は具体的に何をすればいい?」
藍子「今度の休日、私と一緒にお出かけしてくれませんか?」
P「いいけど、それが協力になるのか?」
藍子「はい。私、辛い物の名店、沢山知ってますから。Pさんもきっといいリアクションを見せてくれると思いまして」
P「そっか……」トオイメ
藍子「ふふっ、次のお休みが楽しみになりました」
P「そうだね……」
藍子「そうだ……えっと、食べます?」
P「……これも藍子のためだもんな。もう一口頂きます」
P「(そして俺は昼休み、レッスン場を転げまわる事になった)」
P「(その横で平然と藍子がそのデスソースのかかった何かを食べていたのが、とても印象に残っている)」
29: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:56:07.02 ID:0LRaan7F0
―――休日 駅前―――
藍子「Pさーん」
P「おう、藍子。変装はしっかりしてきてるな」
藍子「当たり前ですよ」
P「今日は確か、辛い物メインの店を沢山回るんだよな」
藍子「はい。……あの、今更ですが大丈夫ですか?」
P「何がだ?」
藍子「昨日、あれだけ転げまわっていたので……」
P「なぁに気にすんな。まだ口の中がビリビリしてるだけだ」
30: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:56:49.93 ID:0LRaan7F0
藍子「それ大丈夫じゃないですよね」
P「とにかく、約束は守る。そのために今日は秘密兵器も持ってきている」
藍子「秘密兵器、ですか?」
P「ああ。まぁ、すぐに使う事にはならないと思うから楽しみにしておけよ」
藍子「そうですか……わかりました。ではまず、一件目に行きましょう」
P「一件目、料理のジャンルとしては何なんだ?」
藍子「まだ朝食ですから。軽めのパンとでも思いまして」
P「パンか。辛いパンなんて予想がつかないな」
藍子「そんなに辛くはないですよ。でも、凄く美味しくて何個も食べられちゃいます」
P「それは楽しみだ」
31: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:58:02.12 ID:0LRaan7F0
―――ベーカリー―――
藍子「どうぞ。Pさん」
P「あのさ藍子」
藍子「何ですか?」
P「そんなに辛くない、って言ってたよね」
藍子「……?はい」
P「このパン、中身真っ赤なんだけど本当にそんなに辛くない?」
藍子「美味しいですよ?」ハムハム
P「……まぁ、信じよう」モグモグ
33: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 21:59:23.86 ID:0LRaan7F0
藍子「どうですか?」
P「ん。確かにうま……ぐうっ!?」
藍子「どうしました?」
P「ぐ、んぐっ……で、デスソースほどじゃないが、これもなかなか……!」
藍子「そう、ですか?」ハムハム
P「だが……この程度ならっ!」ガツガツ
藍子「あ。中に辛味ソースが入ってますから気をつけてくださいね」
P「Noooooooo!!!」
34: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:00:45.68 ID:0LRaan7F0
藍子「わっ、だ、大丈夫ですか?牛乳をどうぞ」
P「ありがとう……眠気がスッパリ吹っ飛んだよ」
藍子「それはよかったです。確かにさっぱりしますよね、このパン」
P「……まぁな」
藍子「……あの」
P「なんだ?」
藍子「本当の本当に、大丈夫ですか?」
P「気にすんなって言ったろ」
藍子「私の我侭でPさんを苦しめるわけには……」
35: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:02:14.80 ID:0LRaan7F0
P「俺が苦しんでるように見えるか?」ニコッ
藍子「……いいえ」
P「確かに辛いけどさ、これはご褒美に対する代償だと思えば何ともないさ」
藍子「ご褒美って……まさか、PさんってどM……」
P「ちゃうわ。藍子みたいな可愛い女の子とこれからデートできるんだ。そう考えりゃこれぐらい乗り越えてやるさ」
藍子「……で、デートじゃないですよ」
P「男女が一緒に飯食って、一緒に話しながら休日に歩く事をデートと言わずして何と言う」
藍子「それは……あ、遊びです」
P「酷い!藍子は俺で遊ぶつもりだったのね!」
藍子「誤解を招くような言い方はやめてください!」
36: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:05:10.30 ID:0LRaan7F0
P「さて、美味しかった」
藍子「へ……?あ、完食して……」
P「ほれ見ろ。藍子と一緒に話しながら食べれば、辛さなんていくらでも我慢できるさ。これが秘密兵器だ」
藍子「……もう、無茶なんですから」
P「そうか?」
藍子「……このお店、ケーキも美味しいんですよ。食べましょう」
P「お、本当か?さ、流石にケーキまで辛いなんて事ないよな?」
藍子「さて、どうでしょう。ふふふっ」
P「ちょ、勘弁してくれよ藍子ー!」
37: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:06:15.87 ID:0LRaan7F0
―――翌日―――
P「おはようございます」
ちひろ「おはようご……どうしたんですかその唇!?」
P「ははっ、ちょっと昨日、辛い物を食べ過ぎて」
ちひろ「とっても腫れてますよ……大丈夫ですか?」
P「気になるんならマスクでもしておきますよ」
ちひろ「そういう問題ではないんですが……」
P「とにかく、今日でしたよね。藍子のバラエティの収録」
38: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:07:14.54 ID:0LRaan7F0
ちひろ「そうですね。様子を見に行くんですか?」
P「ええ。散々リアクションをしたんです、ちゃんと最後まで見届けないと」
ちひろ「リアクション?」
P「ああ、気にしないでください。それで藍子は?」
ちひろ「先に現場に向かいましたよ?」
P「あらら、じゃあ俺も急ぎましょうかね」
ちひろ「はい。藍子ちゃんの事、よろしくお願いします」
39: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:08:55.87 ID:0LRaan7F0
―――スタジオ―――
藍子「……」ゴクリ
司会「残念不正解でーす!いやー、藍子ちゃん惜しかったねぇ」
藍子「そんな……残念です」
司会「それでは皆様お待ちかね!激辛麻婆豆腐の罰ゲームでーす!」
ワーワー キャーキャー
P「(頑張れよ、藍子)」
藍子「(……凄く赤くて美味しそう。ううん、頑張ってリアクションしないと)」
40: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:10:48.99 ID:0LRaan7F0
司会「では、はりきってどうぞ!」
藍子「い、いただきます……」
藍子「(まずはゆっくりスプーンですくって……)」
司会「なんと辛さは唐辛子の二倍!」
藍子「(本当はそこまでじゃないんだろうけど……でもそれなりに辛いって事は分かる……)」
藍子「で、では……いただきます」スッ
藍子「(でもここですぐに食べるんじゃなくて……)」ピタッ
藍子「……」
41: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:12:43.70 ID:0LRaan7F0
司会「どうしました藍子ちゃん?さ、ぐいっとどうぞ!」
藍子「ぐ、ぐいっとですか」
司会「ええ。ぐいっと!」
藍子「……はむっ!」
オオー!
藍子「(それでそう、Pさんが辛さを感じてたは後だから……)」
藍子「あれ?意外と美味し……うっ」
司会「だ、大丈夫ですかー?」
42: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:14:10.78 ID:0LRaan7F0
藍子「み、水をいただけますか!」
藍子「(少し苦しそうにして……あとはあらかじめさしておいた目薬を……)」
司会「はいこちらです!」スッ
藍子「んぐっ、んっ、ぷはっ……」
司会「どうでしたか?」
藍子「凄く……辛くって、なんだかまだ舌がヒリヒリしてます……」
司会「じゃあ流石にこれ以上食べるのは無理かなー?というか藍子ちゃんのファンに睨まれてるんで罰ゲームはこれでお終い、という事で!」
ハハハハハ
藍子「(よかったぁ……できた)」
43: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:16:11.84 ID:0LRaan7F0
―――楽屋―――
P「やったな藍子!」
藍子「よかったです……あの程度じゃ、辛いとは言えなかったと思うので……」
P「そ、そうか……」
藍子「それよりもPさんはどうしてマスクをしてるんですか?」
P「ちょっと風邪気味でな。移したら困るだろうから」
藍子「大丈夫ですか?も、もしかして昨日の……」
P「あれは関係ないよ。むしろ元気になる要素しかなかっただろ。藍子とデートなんて」
44: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:17:50.00 ID:0LRaan7F0
藍子「……もう」
P「さてと、それじゃあ一緒に帰るか」
藍子「はい。そうだ、昨日のパン屋さんに寄って行きませんか?」
P「……また食うのか、あれ」
藍子「違いますよ。みんなに、ケーキを買っていこうと思いまして」
P「そういう事か。確かにあそこのケーキは美味かったからな。よし!今日は俺のおごりだ!」
藍子「そんな、悪いですよ」
P「いいっていいって。藍子のバラエティ成功記念って事でどうだ」
藍子「……Pさん」
P「んー?」
45: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:21:05.04 ID:0LRaan7F0
藍子「ありがとう、ございました」
P「どうしたいきなり」
藍子「もしPさんにお弁当の事を知られてなかったら。Pさんに昨日付き合ってもらわなかったら。きっとこのお仕事は、うまくいかなかったと思うんです」
P「そうかね。俺はなんだかんだ、藍子なら出来たんじゃないかと思うぜ」
藍子「いいえ。ですから、今度、お礼をさせてください」
P「……そこまで言うなら、楽しみに待ってるな」
藍子「はいっ♪」
46: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:22:02.24 ID:0LRaan7F0
―――数日後―――
P「……」
ちひろ「どうしました?Pさん」
P「いえ、何故か俺の机の上に弁当箱が置いてありまして」
ちひろ「もしかして、プレゼントじゃないですか?アイドル達からの」
P「いやいや。忘れ物ですよ。きっと」
ちひろ「そう思うなら開けてみてくださいよ」
P「誰かの忘れ物だった場合、悪いでしょう」
ちひろ「いいからいいから、ね?」パカッ
47: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:23:12.39 ID:0LRaan7F0
P「あっ、ちょっとちひろさん」
ちひろ「……あら、まぁ」
P「……」
ちひろ「ふふっ。赤くて大きな、ハートマークですね」
P「……そう、ですね」
ちひろ「頑張って食べてあげてくださいね?」
P「……やっと腫れが引いてきたと思ったんだけどなぁ」
48: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:25:14.75 ID:0LRaan7F0
そして、一口。
口の中を焼き尽くすような、辛味。
だけど俺の味覚はもっと強い味を覚えていた。
女の子の淡い思いが詰められた弁当の味。
「……甘ったるいな」
そう言って、俺は黙々と弁当を食べ続けるのだった。
おわり
50: 以下、
Pが漢だわ…
51: ◆uCbLPg/WnY 2015/03/08(日) 22:27:54.46 ID:0LRaan7F0
滅茶苦茶辛い物が好きなアイドルがいてもいいですよね。
では、ありがとうございました。
53: 以下、
漢としか言えない
56: 以下、
試しにラーメンに一振りかけたことあるけど辛味って痛覚なんだなぁ、と思った。
量としては小匙でほんのちょっとだったのに……
57: 以下、
辛味は慣れるとLEE30倍だろうがサドンデスソースだろうが平気になっていくんだけど
内臓の負担がすごいからたまに食べるぐらいにしないと間違いなく病気を患う
58: 以下、
舌は平気なんだけど唇腫れるしお腹壊してお尻痛くなるもんね
アイドルマスター ミリオンライブ! 1 オリジナルCD付き特別版 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館 門司 雪 2015-03-12
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 雪歩「ふ、ふわあああああ!!!ま、まこ、真ちゃぁぁぁぁんッ!!」
- 貴音「あなた様とらぁめん探訪」
- P「やよいは濃いカルピス飲んだ事ないのか?」
- 藍子「激辛麻婆豆腐……ゴクリ」
- やよい「うっうー!古いパソコンを貰っちゃいましたー!」
- 春香「プロデューサーさん!スクールアイドルですよ!」
- P「ムラムラする」
- P「炬燵戦争」
- 貴音「四条と五郎のラーメン探訪」井之頭五郎「……」
- 貴音「ふるーしではありません」
- 美希「ハニーが好きすぎて、考えてることが分かるようになったの」
- 千早「生活を改めてみようと思うんだけど」
- まゆ「プロデューサーさんかんさつ日記」
- 伊織「やよいが隙あらば私の鼻の穴になめこを入れてくる……」
- 双葉杏「My Song」
Amazonの新着おすすめ
ダブル美少女の心を読んでラブ奴隷に落とした件
DVD付き 進撃の巨人(14)限定版 (講談社キャラクターズA)
大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
提督初心者に告ぐ! 闘うお嬢さんたちアンソロジー 何これ!?
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book
ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館 [DVD]
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R-18】
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
新約 とある魔術の禁書目録 (12) (電撃文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。Blu-ray BOX(初回限定生産)(特典CD付)
最新記事
- 藍子「激辛麻婆豆腐……ゴクリ」
- 【艦これ】提督「心が読める眼鏡?」【R-18】
- 響「死が二人を分かつまで・・・・」【艦これ】
- モバP「ちえり日和」
- 女先輩「好きだよ、男くん」 男「……はい」
- 大和「吹雪ちゃん、大好きです!」
- 一筒A「今年のイチオシ決まった?」一筒B「やっぱ宮永照ちゃんかな」一筒C「…」
- にこ「ねえ…海未」海未「なんでしょうか」
- 腐川「私の友達はカメ虫のカメ子。あとは…」苗木「……」【ダンガンロンパ】
- 戸塚「八幡!朝だよ!」八幡「…おう」
- 漣「ご主人さまに一服盛ってあげます」
- 芳乃「願いを叶えるのでしてー」悠貴「本当ですかっ」
- コナン「よろしくね、斉木さん!」 楠雄「(どうしてこうなった)」
- 【銀河乙女】ミレイユ「ねえ、シャルロット」シャルロット「はい、ミレイユ様」
- 【艦これ】提督「惚れ薬?」【R-18】
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
カテゴリー
禁書目録SS
エヴァンゲリオンSS
Fate SS
アイドルマスターSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
トリニティセブン リーゼロッテ=シャルロック ~水着Ver.~ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング― 初回限定生産版 (初回特典 限定アイテムプロダクトコード 同梱)美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-【予約特典:八宝備仁描き下ろしイラスト付き】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I【完全生産限定版】SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]劇場版ペルソナ3 #2Midsummer Knight's Dream【完全生産限定版】 [Blu-ray]ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3DAngel Beats! -1st beat- 【予約特典:未公開シングル「Million Star」+ Amazon.co.jp限定特典】いまりあ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
faceless:上条「バカやろう!!いい加減にしろよインデックス!!」 (03/23)
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【諦め】小林麻耶(35)結婚できなかった理由自己分析後に「もう取り返しがつかない」と絶望の涙へへ

去年ウユニ行った

最後までスクロールしてみてください。きっと幸せな気持ちになれるから。

ま○この妖精「私はま○この妖精。これから○○をするわ」

綾波レイ「いい、ここは私が出すから……バリバリバリバリ」

鳳翔「名前を呼んでください」

back 削除依頼&連絡先