【植物生理】食虫植物の袋状の葉ができる仕組み発見 - 基礎生物学研究所back

【植物生理】食虫植物の袋状の葉ができる仕組み発見 - 基礎生物学研究所


続き・詳細・画像をみる

1. サラセニア Sarracenia purpurea の袋のような葉(提供:基礎生物学研究所)
形態観察や遺伝子実験、コンピューターのシミュレーションなど多様な手法を総動員して突き止めた。食虫植物にとどまらず、生物の特異な形態の進化を解く手がかりになる発見として注目される。基礎生物学研究所の藤田浩徳(ふじた ひろのり)研究員、川口正代司(かわぐち まさよし)教授、東京大学の塚谷裕一(つかや ひろかず)教授らとの共同研究で、3月16日付の英オンライン科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。
図2. 袋のような葉の進化について従来の仮説。形成初期の葉の断面を横から見たときの模式図(左)、
形成中期の葉の断面を横から見たときの模式図(中央)、成熟した葉の正面写真(右)。(提供:基礎生物学研究所)
図3. 今回の結果。葉の表側と裏側を特徴付ける遺伝子の働く場所(それぞれ水色と黄色)を調べたところ、
盾状葉と袋型の葉に明確な違いがあった。(提供:基礎生物学研究所)


続き・詳細・画像をみる


任天堂が全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォーム「NX」を開発中!

大富豪で一番無能なカードwwwwwwwwww

【速報】スザンヌ離婚!!!!!!!!!!!!!!!!!!

『アイマス シンデレラガールズ×ロッテリア』コラボ初日、池袋では平日の朝から数百人の列!8時前には“ラバスト14人セット”8000円が終了!列がやばすぎてシャッターが歪んだらしいww

既視感あり…? フタを巻いて開ける賢いスーツケース

【悲報】バレーボール、逝く・・・

back 削除依頼&連絡先