岡崎「京ア゛ニ゛?」part2back

岡崎「京ア゛ニ゛?」part2


続き・詳細・画像をみる

5:
朋也「俺に嘘なんてつくなっ」
渚「ごめんなさいです…」
渚「実は学校を出てから、熱っぽかったです…」
朋也「馬鹿…早く言ってくれ…」
渚「ごめんなさいです…」
朋也「もう、いいから…」
朋也「帰ろうな」
俺は渚の脇に腕を回して、歩き始めた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――古河家 廊下
朋也「どうでしたか、早苗さん」
早苗「大丈夫ですよ。落ち着いてください」
朋也「すみません…俺が無理させすぎたかもしれないです」
早苗「そんなに恐縮しないでください。自分の彼女じゃないですか」
朋也「え…知ってたんですか」
早苗「わかりますよ、それぐらい。自分の娘ですから」
47:
朋也「至らない彼氏っす」
早苗「そんなことないですよ」
早苗「岡崎さん」
朋也「はい」
早苗「朋也さんとお呼びしていいですか」
ますます渚に似てきた。まぁ、渚は『くん』だけど。
朋也「ええ、そうしてください」
早苗「では、朋也さん」
朋也「はい」
早苗「渚はこんなふうに体が弱い子ですが…末永くお付き合いください。よろしくお願いします」
朋也「いえ、こちらこそお願いしたいくらいです。嫌われないようにしないと…」
早苗「大丈夫ですよ。何かあったときは力になります」
朋也「それは頼もしいです」
早苗「朋也さんも疲れたでしょう。渚のことはわたしに任せて、休んでください」
朋也「一日中遊んでおいて、面目ないです」
49:
早苗「いいえ」
朋也「それじゃ、お言葉に甘えさせていただきます」
早苗「はいっ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6月3日火曜
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――古河家 廊下
翌朝。
結局渚の熱は下がらず、学校を欠席することになる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――渚自室
朋也「いってくるからな、渚」
寝込んだままの渚に声をかける。
渚「はい、いってらっしゃいです」
顔だけこちらに向けて、笑顔で送ってくれる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――廊下
廊下に戻ると、お粥を載せた盆を持って、オッサンが立っていた。
秋生「てめぇらは新婚夫婦かっ」
51:
今のやり取りを聞かれていたようだ。
秋生「ちっ、自分たちだけ楽しみやがって、俺と早苗も新婚生活に戻せ、この野郎」
朋也「無理です」
秋生「わかってるよ、馬鹿っ。俺と早苗はアツアツだからいいんだよ。この野郎」
朋也「なら、言うな」
秋生「けっ…てめぇと話してたら、渚の朝食が冷めちまう。とっとと行け、この野郎」
朋也「言われなくても、行くよ」
秋生「こら待て、両手ふさがってるんだから、おまえが開けねぇと入れないだろ、この野郎」
今のうちに一発殴っておこうかと思う。
秋生「ちなみに日中は渚と話をするからな、妬くんじゃねぇぞ、この野郎」
朋也「なんの話だ」
秋生「家族の話だよ。これだけはてめぇに任せておけねぇからな。しばくぞ、この野郎」
朋也「ああ、いい。任せるよ」
この家族ならば、できてしまった溝だって、簡単に埋まってしまうのだろう。
そう思いながら、その場を後にした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
52:
6月4日水曜
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
翌朝も渚の熱は下がらなかった。
しかし俺にできることは何ひとつなく、学校に行くしかなかった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――古河家 廊下
昼の間に、かかりつけの医者も来たらしい。
でも熱を下げる手だてはなく、ただ、安静にして様子見する他ない、ということだった。
ずっと、早苗さんの看病が続く。
俺はその合間を見て、渚に会いに行くだけだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――渚自室
渚「今日も休んでしまいました」
朋也「いいんだよ。よくなるまで、休んでいればいい」
渚「学校は、楽しかったですか」
朋也「楽しかねぇよ」
渚「どうしてですか」
朋也「おまえがいないからだよ」
渚「すみません…」
渚「でも、うれしいです。そう言ってもらえると」
54:
朋也「俺、ずっと待ってたんだ」
渚「なにをですか」
朋也「バスケとかやってさ…」
朋也「創立者際に向けて演劇頑張ったりさ…」
朋也「俺、あの頃からおまえが好きだった」
渚「はい」
朋也「それで、やっと、付き合ってるふたりっぽく、学校で過ごせると思ったんだ」
朋也「そういう生活を待ってたんだ」
渚「すみません…」
朋也「そういうのって、学校生活の醍醐味だと思わないか」
渚「思います」
朋也「本当に、そう思うか」
渚「え? どうしてですか?」
朋也「だって、おまえ、そういうこと全然意識してくれないからさ」
渚「そ、そうでしょうか…」
57:
朋也「おまえ、子供だからなぁ」
渚「そんなことないです」
渚「わたし、朋也くんより年上です」
朋也「いや、歳は関係ないだろ」
渚「でも、ちゃんとわたしだって、そういうことしたいです」
渚「学校や、いろんなところで、朋也くんとそういうことしたいです」
朋也「そういうことって…?」
渚「その…並んで歩いて…お話したりです」
朋也「それって、いつもしてるような気がするんだけど」
渚「あ、そうかもしれないです…じゃあ…」
渚「手をつないで、歩きます」
朋也「…よし」
朋也「じゃあ、早くよくなって、そうしようぜ」
朋也「俺、それ期待して、待ってるからさ」
渚「はい、わかりました」
59:
野球難しそうwwww俺じゃ無理wwwwwwwwwww
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
一週間が過ぎても、二週間が過ぎても、渚は学校には行けなかった。
ずっと、下がりそうで下がらない微熱が続いていた。
その間に、いろんな奴らが見舞いに来てくれた。
演劇部のメンバーに、SOS団や、軽音部の連中…
田井中たちは、なにを思ったのか、新入部員である中野梓という子まで連れてきていた。
それに、直接渚とは関わりのない宮沢まで、見舞いに来てくれた。
田井中たちから渚のことを聞いたのだという。
見舞いに来てくれる連中の好意を受け取った渚は、一度無理して登校しようとしたが、立って歩いただけで、熱が上がってしまった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
6月が終わり、梅雨が明けて…
7月が来て、夏休みに入って…
それでも、渚は部屋の中にいた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――渚自室
渚「朋也くん…」
朋也「なんだ、渚」
渚「夏休みです」
朋也「そうだな、夏休みだな」
渚「わたしに構わないで、遊んできてください」
62:
朋也「いいんだよ、ここに居させてくれ」
渚「こんなところに居ても、退屈です」
朋也「退屈じゃない。こうして話できるだろ」
渚「そんな夏休みってないです。楽しい思い出もできないです」
朋也「楽しいんだよ、これで」
渚「でも、もう話す話題もないです」
渚「わたしは寝てるだけですから…」
朋也「いいんだよ、話すことなんてなくても」
朋也「俺は期待して待ってる、それを思うだけで楽しいんだよ」
渚「何をですか」
朋也「おまえと手をつないで歩ける日をだよ」
渚「………」
渚「他の人ひとと…」
朋也「…ん?」
渚「他のひとと手をつないで歩いてくれても…わたしは構わないです」
63:
ゾリオンwwwwwwww更に難易度上がったwwww無理wwww
朋也「馬鹿っ、怒るぞ」
渚「だって、こんなわたしが彼女ではおもしろくないです」
渚「朋也くんが、かわいそうです…」
朋也「おまえ、俺を振る気かよ…」
朋也「俺はおまえのこと好きなのに、おまえは違う人を探せって俺に言うのかよ…」
渚「言いたくないです…」
渚「わたしも、朋也くんのこと好きですから…」
朋也「なら、言うな、馬鹿…」
渚「はい…」
朋也「二度と言うなよ…」
渚「はい…わかりました」
渚「………」
渚「朋也くん」
朋也「ああ、なんだ」
65:
渚「手、つないでくれますか」
渚「歩くことはできないですけど…」
朋也「ああ、いいよ」
渚が、細く白い腕を上げる。
俺はその手のひらを自分の両手で強く握った。
渚「………」
朋也「疲れたろ、眠るか」
渚「はい、そうします」
朋也「ああ、そうしろ」
渚が目を閉じる。
じわっと、押し出された涙が零れた。
せめて…夢の中では、ふたりで歩けますように。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
二学期が始まった。
学校では、皆、来春の自分を見据えて、脇目も振らず勉強していた。
休み時間になっても、机を離れず、参考書に向かっていた。
そんな中、俺だけは、渚のことを考えていた。
あいつが今年学校に居たのは、たった一ヶ月だけだ。
その短い間に、俺はあいつと出会って、ひとつの目標に向かって頑張って…
66:
俺が三年かかっても、できなかったことをやり遂げた。
そして、俺はあいつのことを好きになっていた。
最初は自分を支えてくれる存在として、必要とした。
でも、今はただ、好きなだけだった。
一緒に同じ時間を過ごしたい。
それだけだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――学校 廊下
不良とダブりの組み合わせとか、後ろ指さされたっていい。
校内をふたりで歩きたかった。
今は、それだけが俺の望みだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
残暑の厳しい9月が終わり、秋の気配が近づく頃。
俺はオッサンに呼び出され、古河家の話し合いの場に会すことになる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――古河家 居間
秋生「まぁ、てめぇには言っておいたほうがいいと思ってな」
オッサンはそれだけを言って、頬杖をついてそっぽを向く。
早苗「朋也さん」
早苗さんが話を引き継いだ。
68:
早苗「渚は、もう一年、三年生をやることになるかもしれないです」
朋也「え…」
朋也「それは…卒業できないって…ことですか…」
早苗「はい、このままだと」
俺はそこまで頭が回っていなかった。
ただ、本当に回復するのを待ち続けていただけなのだ。
今更自分を馬鹿だと思った。
朋也「………」
早苗「先生は中退して、療養に専念すべきじゃないかと、言ってくれました」
早苗「学業がすべてじゃないですから」
早苗「わたしたちも、学歴になんてこだわりません」
早苗「すべてはあの子の意志に任せたいと思います」
早苗「だからもし、あの子が卒業できなくても…」
早苗「そこでどんな選択をしようとも…」
早苗「朋也さんは、受け入れてあげてくださいね」
朋也「………」
69:
朋也「嫌だ…」
早苗「え…?」
朋也「嫌だって言ったんです」
朋也「俺はあいつと卒業したい。それ以外は嫌なんです」
秋生「わがまま言うな、馬鹿」
秋生「てめぇなんかより、本人のほうがよっぽど辛ぇんだ」
早苗「朋也さんの気持ちはよくわかります」
早苗「朋也さんは、この半年、ずっと渚のそばに居てくれた人です」
早苗「とても、深い絆が生まれたんだと思います」
早苗「だから、一緒に卒業できないこと、その辛さはよくわかります」
秋生「てめぇ、だから、本人のほうが辛ぇって言ってんだろ、馬鹿」
早苗「いえ、秋生さん。同じぐらい辛いんだと思いますよ」
秋生「ちっ、なら一緒にダブっちまえ、馬鹿」
早苗「秋生さん、まだ渚は卒業できないと決まったわけではないですよ」
秋生「ああ、そうだな。わりぃ」
71:
早苗「朋也さん。まだいいです。でも、ゆっくりでもいいですから、考えていってください」
早苗「そんな日が来るかもしれない、ということを」
朋也「………」
わかっている。目の前のふたりは、渚にとって最高の両親だ。
そのふたりが、間違ったことを考えるはずがない。
俺ひとりが子供なんだ。
だったら、今は素直に返事をするしかなかった。
朋也「…はい」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
11月になると、突然肌寒くなった。
俺は風をこじらせ、それを移すまいと、しばらく渚に会わないようにした。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
12月もあっという間に過ぎ去ろうとしていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――坂の下
けど、クリスマスだけは…と、忙しく過ぎる時間の中で、俺は足を止めていた。
恋人同士には、特別な日だ。
そして、俺には、その恋人…渚の誕生日でもあった。
とてもとても大切な日だ。
こんな日だけは、どうかゆっくりと、時間が流れてほしい。
73:
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――渚自室
渚の部屋で、ささやかなパーティーをした。
俺、渚、早苗さん、オッサンに加え、演劇部のメンバーや、SOS団、それに、軽音部の連中と一緒に宮沢まで来てくれた。
早苗さんが作ってくれたケーキは、十九本のろうそくともみの木が立ち並ぶ、クリスマスケーキとバースデイケーキを兼ねたものだった。
その火を渚が吹いて消した。
渚は一口だけ食べて、残りをみんなで食べた。
その後、各自持ち寄ったプレゼントを渚に渡す。軽音部の連中は、新曲を披露してくれた。
時を刻む唄、という曲名らしい。まだ未完らしく、曲の長さが1分半程度だったが、いい曲に思えた。
聞いていたみんなも、同意見のようだった。
俺はというと、おもちゃ屋を何件も回って見つけだした、だんご大家族の大きなぬいぐるみを渚にプレゼントした。
喜んだ後、渚は、みんなに返すものがないと言って、落ち込んだ。
でも、早苗さんがだんご大家族の歌を歌いだすと、渚も笑顔で歌い出した。
いつしかみんなで、だんご大家族の歌を合唱していた。
渚は本当に楽しそうに歌っていた。
歌い終わった後、渚はみんなに礼を言って…
そして泣いた。
渚「ありがとうございます、みなさん…」
渚「こんなわたしのために…」
秋生「こんな、じゃねぇ。渚、てめぇは俺たちの大事な家族なんだよ」
秋生「おまえが幸せになれば、俺たちも幸せになれらぁ」
秋生「だから、幸せになれ、渚」
秋生「誰よりもな」
75:
渚「はい、がんばります」
涙を拭いて、頷いた。
秋生「よしっ」
その数時間前には…
渚の留年が決定していたのだった。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
1月、2月も療養に費やした。
体を動かさなければ、平熱を保てる状態にまで落ち着いた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――渚自室
ふたりで、窓から初雪も見た。
風邪を引かないようにと、その体を後ろから抱きながら。
小さくて弱い存在。
それでも、頑張り続ける存在。
ずっと、守っていきたいと思った。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――校門
3月。
まだ冷たい風が吹く日。
卒業式が行われた。
77:
朋也「なあ、春原」
春原「あん?」
朋也「今から、窓ガラスをふたりで割って回らないか」
声「なにを物騒なこと言ってるんだ、岡崎」
朋也「キョン…」
キョン「なんだ? 俺だけのけ者にして、悪だくみ中か?」
朋也「いや、おまえはせっかく、涼宮と同じいい大学に受かったから、悪いと思ってな」
春原「つーか、なんでそんなことすんだよ」
朋也「いや、そうすれば、留年するかなって、さ」
春原「留年じゃなくて、退学な」
朋也「そっか…だったら意味ねぇな」
キョン(古河さんのことを考えて…だろうな…)
春原「……?」
その日、俺は卒業した。
大切なものを、残したままで。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――古河パン前
78:
渚「卒業おめでとうございます」
表で、渚が待っていた。
初めてデートした時のお気に入りの服を着て。
朋也「馬鹿、こんな風が冷たい日にでるんじゃねぇよ」
渚「本当は、校門まで行きたかったです」
朋也「体力つけてからにしてくれ」
渚「見たかったんです、どうしても」
渚「朋也くんの…最後の学生服姿」
朋也「………」
朋也「そっか…」
朋也「そうだよな…」
朋也「なぁ、渚…」
渚「はい」
朋也「俺、卒業しちまった」
朋也「二度と、あの学校には戻れなくなったんだ」
朋也「二度と、叶えられなくなったんだ」
79:
昔の幸村じーさんを見たい
80:
朋也「手をつないでさ…校内を歩くこと」
朋也「他にもさ、いっぱいやりたいことあったんだ」
朋也「春だけじゃなくて、夏も、秋も、冬もさ…」
朋也「どんな時もさ、おまえとふたりで過ごしたかったんだ」
朋也「おまえとの思い出、たくさん作りたかったんだ」
朋也「学校なんて、大嫌いだったけどさ…」
朋也「おまえとなら、いつまでだって過ごしていたいと思ったんだ」
朋也「そんなこと思うなんてさ…思わなかった」
朋也「ずっと腐ったような学生生活を続けてきて…」
朋也「それでも、おまえと過ごした一ヶ月だけはさ…」
朋也「…楽しかったんだ」
なぜだか、視界が揺らいで…仕方がなかった。
俺は顔を伏せた。
朋也「幸せだったんだ…」
朋也「ずっと過ごしていたい…」
朋也「おまえと、あの大嫌いな学校でずっと過ごしていたい…」
81:
堪えきれず、涙が頬を伝い始めた。
朋也「な、渚…」
朋也「俺は…そうしたかったんだ…」
朋也「そう…」
涙声になって…聞き取れないような声で…俺は喋り続けた。
朋也「なのに…」
朋也「俺はもう…」
もう…
朋也「………」
…言葉が出なかった。
代わりに涙が、とめどなくあふれ出た。
ぽたぽたと地面に落ち続けていた。
子供のように、俺は泣き続けた。
渚「朋也くん」
朋也「………」
渚「朋也くん」
83:
朋也「なんだよ…」
渚「手をつないでもいいですか」
朋也「なんでだよ…」
渚「歩きたいです」
渚「朋也くんと、手をつないで歩きたいです」
朋也「やめとけよ…また熱…ぶり返すぞ…」
渚「大丈夫です。ちょっとだけです」
渚「いいですか」
朋也「………」
朋也「…好きにしろよ」
渚「はい。好きにします」
俺の手より冷たい手。
それが俺の手をぐっと握った。
渚「歩きましょう、朋也くん」
俺の泣きぬれた顔を笑いもせずに…穏やかな顔で、そう渚は言った。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
85:
俺たちは歩いた。
春の光の中を。
ゆっくりと、ゆっくりと。
ずっと手をつないで。
渚の小さな手が、愛おしくて…仕方がなかった。
渚が、好きで好きで、仕方がなかった。
俺は…立ち止まってしまった。
朋也「俺もやっぱり… 留年するべきだったんだ…」
渚「違います、朋也くん」
渚「そんなことで足を止めたらダメです」
渚「がんばれるなら、がんばるべきなんです」
渚「進めるなら、前に進むべきなんです」
渚「朋也くんは、進んでください」
朋也「………」
87:
朋也「…渚は、強くなったな」
渚「はい」
渚「だから、わたしは…」
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
渚「もう一年がんばります」
朋也「そうか…」
朋也「そう決めたのか、渚は」
渚「はい。決めました」
俺のいない学校で渚は大丈夫だろうか。
さらなるハンデを背負って。
また、あの坂の下で、立ち止まってしまわないだろうか。
俺がその背を押してやらなくて大丈夫だろうか。
登っていけるだろうか。
歩いていけるだろうか。
………。
89:
………。
でも、ずっと頑張り続けて…。
そして、最後にはやり遂げたこいつだったから…
きっと、登っていける…
その先へ、歩いていける。
朋也「渚」
俺はその細い肩を抱きしめた。
朋也「俺、ずっと待ってるから…」
そして、
朋也「頑張れ…」
励ました。
渚「はい、がんばります」
今度は立ち止まることなく…歩きたかった。
どこまでも、どこまでも。
ずっと続く、坂道でも…
92:
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ふたりで。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
95:
おつ
108:
3日間乙
11

続き・詳細・画像をみる


【画像】赤毛のポルノ女優エロすぎ・・・

【脱原発】ドイツを見習おう! 稼働中の原発 ドイツ:9基  日本:0基

東京電力福島第1原発って今どうなってるの?

セクシー女優握手会イベント参加客の顔面レベルwwwwwwwwww(※画像あり)

「ありがとう、大好きだよ」瓦礫に母残し 東日本大震災追悼式の宮城県遺族代表 菅原彩加さん

【朗報】艦これ、10話にして提督の人格が明らかになる

back 削除依頼&連絡先