真姫「星座早見盤と天体望遠鏡」back

真姫「星座早見盤と天体望遠鏡」


続き・詳細・画像をみる

1:
まきりん。短いです。
寒空の中、1人ベランダに出る。今日はひときわ風が冷たく、寒さが肌をちくちくと刺激する。
天体望遠鏡を手慣れた手付きでセットして、準備完了。
小脇には星座早見盤。小さい頃に、天体望遠鏡と一緒にパパが買ってくれたもの。ペラペラで安い、子ども用のもの。
長く天体観測をやってる私には最早必要ないものだけど、なんとなく、これが無いと落ち着かない。
ファインダーを覗く。今日の月は、上弦の月。
はぁ、と白い息を吐く。
もうすぐ、何十年に1回の綺麗な満月が観れるらしい。
…毎年、『○○年に1回の満月!』とかいうのを聞く気がするけど。
そんなことを思いながら、星座早見盤の星座を意味もなく くるくると回してみる。もう、これが癖になってしまっている。
2:
私が天体観測をする時は、いつも1人だ。
まだ天体望遠鏡の調整が出来なかった頃は父と一緒にやっていたが、今は準備から調整まで、全部1人で出来る。
今度の満月はせっかくだし、凛と花陽も呼んでみようかしら。ふふ、凛なんて、天体望遠鏡を見ただけで大はしゃぎしそうね。


「お邪魔しまーす♪真姫ちゃん家久しぶりだにゃー」
…む。私、ちゃんと防寒してきなさいって言ったのに、薄着じゃない。そんなんじゃ風邪ひくわよ。
「え、これでも着込んできたつもりなんだけどなー…」
さっきのハイテンションはどこへやら、しょんぼりと肩を窄める凛。仕方ないわね。私のコートを貸してあげる。
3:
「かよちんが来れないのが残念だにゃ…」
花陽は、親戚の集まりがあるとか言って今日は来ていない。また次の機会にでも誘おうかしら。
「あ、真姫ちゃんのコート!へへ、あったかくてもふもふしてる!真姫ちゃんの匂いがするにゃー♪」
上着の上から更にコートを着ているから、着ぶくれしてモコモコしてる。なんだかちょっと面白い。
「?真姫ちゃんなんで笑ってるのー?」
ふふ、内緒。
「うー!やっぱり外の風は冷たいね…真姫ちゃんあっためてー!」
私の背中に、凛の体温。
「真姫ちゃんあったかいにゃー」
…今日は、いつもより寒くないわね。むしろ、ちょっと体が火照ってるみたい。
4:
「あ!これが天体望遠鏡!?すごーい!凛、初めて見た!」
私の背中から ばっ、と離れて、天体望遠鏡にキラキラと目を輝かせる凛。
…なんでかしら、ちょっと天体望遠鏡に妬いてしまう。
「…あれ、何も見えないよー…?」
はしゃいだりがっかりしたり、忙しい子ね。こんなにくるくる表情を変えてて、疲れないのかしら。
貸して、と凛から天体望遠鏡を奪い取り、調整をする。
「真姫ちゃんすごいにゃー」
近い近い、顔が近い。…多分、私じゃなくて天体望遠鏡を見てるんだろうけど。
もし、もしこの状態で私が凛の方を振り向けば…
…いや、何を考えてるの私。スマートな真姫ちゃんらしくないわ。


続き・詳細・画像をみる


妙に納得してしまうコスプレ画像wwwwwwwwwww

『ローリング☆ガールズ』第9話・・・マジで人間じゃなかったのか、そしてみんなバラバラになっちまった(´・ω・`)

この世の真理に一番近い学問って物理学?

友人に旅行のお土産を渡したくてメールしたけど、全然返信なくて消費期限を過ぎてから自分で食べた

嵐「ARASHI BLAST in Hawaii」DVD&BD 4/15発売決定!予約受付開始

【画像】イチロー、城所Tシャツを着るwwww

back 削除依頼&連絡先