不良女「てめぇ!死にてぇのか!」気の弱い男子生徒「ご、ごめんなさい……」back

不良女「てめぇ!死にてぇのか!」気の弱い男子生徒「ご、ごめんなさい……」


続き・詳細・画像をみる

1:
不良「誰に断わって私の特等席でメシ食ってんだ!? ああ!?」
弱男「だ、誰も来ないかと思って……」
不良「屋上は私専用なんだよ!」
弱男「すぐどくから……。ごめんなさい……」
不良「そんなもんで許すと思ってんのか!? 一発ぶん殴ってやる!」
弱男「ぼ、暴力はやめてください……」
不良「それでも男かよ! 歯ぁ食いしばれや!」
弱男「>>5」
5:
お前を屋上から落とす
15:
不良「ああ? お前、ふざけたこと言ってんじゃねぇぞ」
不良女がそう言い終わる前に、弱男はその身体を軽々と持ち上げた。
弱男「殴られるの嫌だから……。このままここから落とすことにするよ……」
不良「な……。やめろや! この馬鹿野郎!」
叫び、両手で弱男の身体を打ち付けるが、それも意に介さず彼は、鉄柵へと徐々に近づいていく。
不良「死んじまうだろうが! 降ろせよ!」
弱男「>>20」
20:
はよ
st
21:
じゃあしゃぶれよビッチ
26:
キャラが分からんwww
31:
不良「そ、そんなことするかよ! この変態が!」
弱男「そう。じゃあ鳥みたいに翼が生えることを祈るんだね」
不良「ば……! 本気で落とすつもりかよ……!」
弱男「……じゃあね」
不良「や、やめろよ! 殺すぞ!」
弱男「殺せるものなら殺してみなよ。その前に君が死ぬだろうけど」
不良「降ろせえええええ!!!」
弱男「俺のをしゃぶるか。ここからダイブするか。簡単な二択なんだけどね」
不良「>>36」
36:
先っちょだけ舐めるから勘弁して
41:
弱男「そう」
不良「いってぇ!」
弱男「まぁいいよ先端だけでも」ボロン
不良「うっ……」
弱男「その代わり、丹念に、丁寧に、誠心誠意心を込めて舐めろよ。ほら」
不良「くっせぇ……」
弱男「さっさとやれ」グイッ
不良「ぐぷっ!?」
47:
弱男「ほら。ちゃんと舌も使えよ」
不良「ぐっ……! げほっ!」
弱男「誰が止めていいって言ったんだよ。早く続けて」
不良「うぐううう……っ!? がっ……! ……っ!」
弱男「舌も使えって。それじゃしゃぶってるんじゃなくてくわれてるだけだろ」
不良「がはあっ!!! ごほっ! おええ……っ!」
弱男「休んでる暇ないって。次勝手にやめたら問答無用で突き落とすからな」
不良「あぐっ……! ……ぅっ!」
55:
弱男「舌で円を描くようにやれよ。亀頭と皮の境目をな」
不良「……っ! うぷ……っ!」
弱男「何泣いてんの? 誰が泣けって言った?」
不良「ふう……っ! ん……っ!」
弱男「何度も言わすな。舌も使え」
不良「う……っ! じゅるっ……!」
弱男「最初からやれよ。このゴミクズが」
不良「ううう……っ!」
56:
弱男「あ、もう出そうだわ」
不良「……っ! げほおっ! がはあああっ!!!」
弱男「出そうって言ってんだろうが! 何やめてんだよ、オラ」
不良「ぐう……っ!」
弱男「このまま出すぞ。よっ」グイッ
不良「が………………っ」
弱男「うっ……。ふうう……っ」
不良「…………っ! おええええ……っ!!!!」ビチャビチャッ
弱男「吐いてんじゃねぇよ。クズ」
61:
不良「はぁ……っ! はぁ……っ!」
弱男「……何。その目」
不良「……す。……殺す」ハァハァ
弱男「殺す? やってみろよ」
不良「覚えてろ……。いつか殺してやる……」
弱男「そ。いつかと言わず今やってみれば?」
不良「……」
弱男「そんな度胸もねぇくせに。粋がってんじゃねぇぞ」
不良「>>65」
63:
てめぇをこの自動小銃で撃ち殺す
65:

66:
>>63
71:
弱男「何?」
不良「はは……っ! 流れはこっちにあるみたいだぜ……?」
弱男「はぁ?」
不良女の彼氏「何やってんだ? お前」
不良「助けてくれよ! こいつにレイプされて、殺されかけてんだ!」
彼氏「おい……。てめぇ……。人の女に何してくれてんだ……」
弱男「>>76」
76:
ごめんなさい…
88:
不良「ああ!? てめぇ! さっきまでの勢いはどうしたんだよ!」
彼氏「人の女に手ェ出しといてそれで済むと思ってんのか!?」
弱男「いえ……。僕がそんなことするように見えます……? レイプとか殺人とか……」
不良「どの口が言ってんだ!? コラァ!」
弱男「ひぃ……っ! そ、そんなことしませんよぉ……」
彼氏「……マジでやってねぇの?」
弱男「し、してません! しませんよぉ! そんなことはぁ!」
不良「てめ……っ!」
彼氏「こんなオドオドしたやつがレイプとかしねぇだろ。お前、夢でも見てたんじゃねぇか」
不良「ああ!?」
96:
彼氏「まぁ礼儀として一発だけな。……オラァ!」ゴッ!
弱男「ぎゃっ……!」ドサッ!
彼氏「何したか知らねぇが、これで勘弁しといてやる。行けよ、オラ」
弱男「あ、ありがとうございます! ありがとうございます!」
不良「何帰ろうとしてんだ! 私はまだ許してねぇぞ!」
彼氏「いいじゃねぇか。思いっきり殴っといてやったからよ」
不良「ふざけんな! あいつは殺さなきゃ気が済まねぇ!」
彼氏「……じゃあ詫びでも入れさせとくか。おい! 戻って来い!」
弱男「>>101」
101:
おめーがこい
106:
第二の人格きたああああ
111:
彼氏「ああ? 何言ってんだ、てめぇ」
弱男「おめーが来いって言ってんだよ。お前のその顔の横についてるのは飾りか?」
不良「本性現しやがった! ほら! ああいうやつなんだよあいつは!」
彼氏「……どうやらそうみてぇだなぁ」ゴキゴキッ
弱男「あらら。俺の指示通り来てくれるんだ。普段はグループのパシリでもやってるのかな?」
彼氏「殺すぞコラァ!」ダダダッ
弱男「>>113」
113:
罰ゲーム!!マインドクラッシュ!!
124:
遊戯くんだったか
127:
彼氏「……」プラーン
不良「え……っ! おい! どうしたんだよ!? おい!」ユサユサ
彼氏「へけけっ……」ドサッ
不良「な……。おい! 大丈夫かよぉ! おいぃぃいい!!!!」ユサユサ
彼氏「……」
不良「ど、どうして……」ウルウル
弱男「もう彼は人間じゃないよ。物言わぬ人形だ」
不良「何しやがった……。何しやがったんだ! てめぇ!」ボロボロ
弱男「また泣いてるよ。知恵遅れの駄々っ子かてめーは」
133:
不良「ふざけんなぁ! こいつを元に戻せぇ!」ボロボロ
弱男「頼み事するなら相応の態度ってものがあるんじゃないの?」
不良「こいつは……! こいつはなぁ……! すげぇいいやつなんだよ……!
 こんなナリだけど……、身内も友達もいない私に唯一構ってくれた……」ボロボロ
弱男「ただヤリたかっただけだろ。飽きたらお前なんかポイだよ」
不良「……っ!」ギリッ
弱男「なんだよその目は。俺にお願いがあるんじゃなかったっけ?」
不良「……こいつを、もとに戻してやってくれ」ブルブル
弱男「それじゃ聞けないなぁ。他にあるだろ、なぁ」
不良「>>139」
139:
条の内の仇だ!
145:
彼氏城之内だったか
150:
弱男「へぇ。その奇抜な髪型のやつ、城ノ内って言うんだ」
不良「お前は許さねぇ……! 地獄に叩き落してやる……!」
弱男「……お願い事はもういいのかな」
不良「はっ! 頼み事なんて私の性に合わねぇよ! やらせてぇことがあるなら……」ダダダッ
弱男「え」
不良「力ずくで聞かせてやる!」ドガァッ!
弱男「……っ!」ズサッ!
不良「てめぇをボッコボコにしてな!」
163:
弱男「……不意打ちとはね」スッ
不良「お前だってしたことだろうが!」
弱男「何か面白いことを言ってたみたいだけど……。力ずくで……、なんだっけ?」
不良「言うこと聞かせるって言ってんだよこの野郎!」シュバッ!
弱男「……」スッ
不良「は……っ!?」
弱男「……っ」ズガァッ!
不良「きゃあああっ!!!」ザウッ!
弱男「女が男に勝てると思ってんのか。全身の骨砕き折ってから、穴が塞がらなくなるほどに犯しまくってやるよ」
177:
不良「っざっけんな! 私は暴力には屈しねぇぞ!」
弱男「ふうん……。タフだねぇ……」
不良「全身の骨が砕けようが……、肉が朽ちようが……、内臓が爛れようが……。
 どんなことになろうとも……、貴様の喉笛に食らい付いて、頸動脈ごと噛み千切ってやるよ!」
弱男「その粋は買うんだけどさぁ。キミ達みたいな不良って、言動と中身が釣り合ってないんだよね。
 暴力には屈しないとか言ってるけど、暴力で従わせようとしてるのはそっちだろう?」
不良「うっるせぇな! こいつは……。彼氏は……、私が守る!」
弱男「あっははははは! 面白いね! じゃあ>>185」
185:
カードゲームをしよう!
196:
決闘者だったのか
212:
不良「ああ!? 何を言って……!?」バシッ!
弱男「そいつで……、勝負をつけよう」
不良「ふざけんな! こんなカードで……!」
弱男「君にとってもいい提案だと思うけどね。腕力で俺に勝てると思ってるのか?」
不良「……っ!」
弱男「ははっ! 素直でよろしい。それはゲームを受けるととって構わないかな……?」
不良「不本意だが……、仕方ねぇ……。乗ってやるよ。このゲームに」
弱男「よし、それじゃあ良く切ってくれよ。そのトランプを」
不良「……これで何をするつもりだ」
弱男「>>222だ」
222:
インディアンポーカー
244:
不良「なるほど……。引いたカードを、相手に見えるように額の前に掲げればいいんだな……?」
弱男「そう。コールした時点で数字の大きい方が勝ちと言う単純なゲームさ。
 君が勝てば、彼氏のことを助けてあげよう。
 僕が勝った場合、君のことを壊させてもらう」
不良「……好きにしろ」
弱男「カードチェンジは無制限。ただ、そこに何も賭けないというのはつまらないだろう?」
不良「……まぁ、そんなことだろうとは思ったけど」
弱男「カードを一回チェンジするごとに、>>256」
246:
服を脱ぐ
247:
服を脱ぐ
248:
服を1枚脱ぐ
249:
デュエルだ!
250:
服を脱ぐ
251:
負けた時の罰ゲームが重くなる
252:
その手があったか!
st
253:
服を脱ぐ
254:
潮をふけ
255:
スターチップを1つ差し出す
256:
服を脱ぐ
257:
一回オナニー
258:
着ている服を一枚ずつ脱いでもらう
259:
一回羽蛾にアタック
260:
服を脱ぐ
261:
デュエルする
262:
服を一枚脱ぐ
265:
驚異の服を脱ぐ率
267:
この団結力を別のことに活かせないものか
269:
脱がせたがり多すぎだろ
276:
これを貼るしかないと思った
277:
団結の力ってカードあったな
278:
不良「くっ……」
弱男「なんだ? 不満か?」
不良「ちっ……、外道が。受けてやるよ」
弱男「そうこなくてはな。では始めるぞ」
不良「待て。ひとつだけ条件を言ってもいいか?」
弱男「……君がそんな立場にあると思うか? ……まぁいい。言ってみろ」
不良「カードシャッフルは私にさせてくれ。そして、床に置いた山はカードを引くとき以外触れてはいけない。
 これをルールに加えてくれ」
弱男「別に構わないけど。いったいなぜ?」
不良「お前がイカサマしそうだからだよ。トランプの扱いに慣れてそうだしなぁ」
294:
弱男「見た目も頭悪そうだし、下半身もゆるそうなのに、ギャンブルに関しては心得があるみたいだね」
不良「……まだ彼氏ともやってねぇよ」
弱男「あんまりガード固いとすぐ捨てられちゃうよ?
 君みたいなのは、すぐやれそうだって男が寄ってくるだけなのに」
不良「うるせぇな! 早く始めんぞ!」スッ
弱男「……俺から引いてもいいかい。君がイカサマをしないとも限らない」
不良「構わねぇ。私は正々堂々やるからな」
弱男「そう。じゃあお言葉に甘えて」
弱男の引いたカード>>318 
不良の引いたカード>>319
318:
ハゲ親父
319:
団結の力
342:
トランプどこいった…
364:
不良(なんだあのカード……!? キングかと思ったがただのハゲたおっさんじゃねぇか!?)
弱男(彼女のリアクションからするとこちらのカードは強いはず。おそらくキングかエース……)
不良「はっ! 私はこのままでもいいぜ? (あのカードはゼロ扱いのはず。これなら私の勝ちだ)」
弱男「そう。僕はどうしようかな」
 (ここで揺さぶるをかける。”団結の力”は、コントロールするモンスターがいなければただのクズカード……)
不良(なんだあの顔は……。やけに余裕が見えるな……)
弱男「どうしたの? 急に不安そうな顔して」
不良「(一応保険をかけとくか……)とりあえず一枚チェンジだ……」パサッ
376:
弱男「まずはブレザーからか」
不良「当たりめーだろ。ちなみに次はセーターだからな」
弱男「ノーネクタイなのが不憫だねぇ」
不良「はっ! そこまで行かなくても私が勝つさ」スッ
弱男(彼女はなぜチェンジした……? 僕にカードを変えさせたいなら、そんなことはしないはず……。
 僕のカードは強いカードじゃないのか……。いや、しかし……。彼女がそんな機転を利かせるとは思えない……)
不良「どうした? 考え込んじまって?」
弱男(あのカード……!? まさかの負けまである……)「……ふん。僕もチェンジだ」
弱男の引いたカード>>387
不良の引いたカード>>388
387:
子猫
388:
マイナン
407:
不良「はう……っ!?」
 (なんだあのかわいい子猫のカードは……! 欲しい……! ぜひとも部屋に飾りたい……!)
弱男「ふひ……っ!?」
 (なんだあのかわいらしいキャラクターは……! ぶち込みたい……! 今すぐぶち込みたい……!)
不良「な、なんだその顔は! 私のカードはそんなに強いのか!?」
弱男「ば、馬鹿な! 弱すぎてびっくりしただけだ!」
不良「……それなら、交換しないか?」
弱男「え」
不良「私のカードが弱いなら……、お前のカードと交換してやってもいいぞ……?」
弱男「何を言っているんだお前は! 早く交換してくれ!」
不良と弱男……!
まさかのカードトレード……!
426:
不良「……私はこのカードでいい」
弱男「……俺もだ」
不良「じゃあ、コール……」
弱男「待て! ゲームのルールは理解しているな……?」
不良「私が勝ったらお前は彼氏を助ける」
弱男「そして、俺が勝ったらお前を好きなように蹂躙する」
不良「……それで合意した、はずだ」
弱男「……分かっているならいいさ」
不良&弱男「コール!!!」
437:
不良「私のカードはかわいい子猫!」
弱男「俺のカードはかわいいモンスター!」
不良「くう……っ!?」
弱男「これは……っ!?」
不良「どちらがかわいいか……」
弱男「甲乙つけがたい……っ!!!」
不良「……お前のカードもかわいいな」
弱男「……お前の方こそ」
そんな感じで、二人はなんやかんやで仲良くなった。
465:
彼氏「……はっ!」ガバッ!
不良「良かった! 目が覚めたのか!」
弱男「まぁ、友の頼みは聞かねばなるまい」
彼氏「あ……っ! てめぇ! ふざけんな……っ?」
不良「待って待って! こいつも別に悪いやつじゃないんだよ!」ガシッ
彼氏「ええっ……!? そうなの……?」
不良「うんっ! 子猫のカードくれたしっ!」ニコニコ
弱男「僕もオナペットが一つ増えて大満足」
彼氏「……俺が寝ている間に何があったんだ」
479:
先生「コラァ! お前ら何やってる!?」ガチャッ!
彼氏「あっ……。やべぇ……」
不良「生徒指導のゴリだ……」
先生「屋上は立ち入り禁止のはずだろうが!? しかも今は授業中だぞ!」
彼氏「すいませんっす……」
不良「少し外の空気が吸いたくて……」
先生「お前らは常習犯だから問答無用で停学だ。……で、お前は」
弱男「>>486」
486:
いけっ!マイナン!
507:
先生「ああ……!? なんだこれは……?」
弱男「これは僕のマイナン……。逆らう者には死を……」
不良「やっちゃえ! ゴリをやっつけろ!」
彼氏「俺は次停学くらったら退学なんだ! よく分からねぇが頑張れ!」
先生「ぎゃあああああっ!!!!! やめろおおおおおっ!!!!!」
弱男「ふん……。僕のマイナンはよく訓練されたマイナン……。
 そこらの一般的なものと一緒にされては困る……」
先生「何を言ってる!? 早く助けろおおおおおおっ!!!!!」
弱男「マイナンの牙は骨を砕き……。マイナンの耳は脳を溶かす……」
彼氏「マイナン半端ねぇwwwwwwwwwwwwww」
520:
先生「あひぃ……」ビクビクッ
弱男「火は木を燃やし……、風に散る……。力なき者に幸福を……」
不良「やったぁ! マイナンがゴリをやっつけた!」
不良「マイナンさんマジリスペクトっすwwwwwwwww」
先生「……」ビクンッ
弱男「さて。先生の死体を処理せねば」
不良「なぁなぁでなんとかならないの?」
弱男「なるわけないだろ。このままだと逮捕されてしまう」
彼氏「じゃあ>>527」
527:
マイナンに食わせよう
551:
弱男「どう……? マイナンいけそう……?」
マイナン「臭み抜きしてちゃんと調理してくれれば……」
不良「じゃあ私がやるよっ! 料理得意だしっ!」
彼氏「マジこいつの料理絶品。そこに俺惚れたしぞっこん」
不良「や、やめてよぉ……。人前でそういうこと言うの……」
弱男「なら家庭科室に行こう。あそこなら調理器具揃ってるだろ」
マイナン「血抜きは新鮮なうちにしてくれよ」
弱男「じゃあここでしておくか」ブシュッ
先生「ぴゅー」
562:
不良「じゃんっ! 不良娘の3分クッキング!」
彼氏「ひゅー!」
弱男「素に戻ると急に恥ずかしくなる発言だね」
不良「うー! うるさいなっ! あんたたちも手伝ってよね!」
マイナン「砕く系と切り刻む系は任せて」
不良「まずは牛乳につけて臭みを抜きまーす!」ジョボジョボ
先生「ごぼぼ……っ」
彼氏「先生、生きてるんじゃねぇ……?」
569:
弱男「何作る気なの?」
不良「それはできてからのお楽しみだよっ! じゃあお次はぁ……」
先生「がぼっ……! 助け……っ! 助けて……っ!」
不良「ミキサーの準備っ!」
マイナン「ボクにやらせて。ミキサーより細かくできるから」
先生「やめ……っ……てぇ……っ!」
彼氏「先生の声が聞こえる……。成仏してください……」ナムナム
不良「あとは適当にパラパラっと!」
そして>>575が出来上がった。
575:
もうやんのカレー
582:
不良「でっきっあっがっりー!!!」ドンッ!
彼氏「めっちゃうまそうじゃん! 不良ちゃんマジで惚れ直した!」
不良「……やめってってば」カァァ
弱男「なんか池袋でこのにおい嗅いだことあるような……」
マイナン「もうやんカレーだね」
弱男「ああ、不良ちゃんって腐女子」
不良「わあああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」
彼氏「ど、どうしたの!? 腐女子って何!?」
不良「ぎゃわわわわあああああああああああっ!!!!!!!!!!」
589:
彼氏「うっめぇwwwwww マジうっめぇwwwwwwwww」
弱男「これはうまいな。ジャイヒンドに並ぶレベルだ」
マイナン「これはおいしいのよ」ムシャムシャ
不良「へっへーん。そこまで言ってくれると作った甲斐があるってものよ!」
彼氏「でも……。これって先生から作ったんだよな……」カチャッ
弱男「そうだな……」カチャッ
不良「そうね……」カチャッ
先生は僕らに教えてくれた。
どんなに生前うっとうしかろうと、うまいものはうまいと。
59

続き・詳細・画像をみる


【驚愕】フジテレビが異例の超大幅改変wwwwwwwwww

世界のトップGI・100レース発表 ジャパンCが8位

トカゲ VS ネコ。戦闘力が高いのはモチロン…?

アメリカでの中国人のイメージ悪すぎワロタwwwwww

岡村隆史、ディズニーシーでの有名歌手の呆れた行動を暴露!!!「赤っ恥ですよ」

チェーンジ!ゲッター!

back 削除依頼&連絡先