かな子「ドーナツが半額!?」 やんだ「うそ! 倍食えるじゃん!」back

かな子「ドーナツが半額!?」 やんだ「うそ! 倍食えるじゃん!」


続き・詳細・画像をみる

1:
設定改変あり。ご了承ください。
――765プロダクション 9月30日 朝
 ガチャ バタン
やんだ「ちーす」
かな子「あ、おはようございます! プロデューサー!!」ムグムグ
やんだ「おう、おはようさん」
かな子「あれ? プロデューサー今日はオフって昨日聞いた様な…」
やんだ「あーうん。今日は忘れ物を取りに来ただけ」
かな子「忘れ物?」
やんだ「うん、サイフ」
かな子「ええっ!? 昨日は大丈夫だったんですかぁ!?」
やんだ「昨日の仕事の最後に事務所に戻った時、デスクの引き出しに入れたのは
  記憶にあったから今日取りに来ればいいかー、って」
かな子「…免許は?」
やんだ「あー」
やんだ「三村はかしこいな」
2:
かな子「む、無免はダメですよぉ!(※1) つ、ツン!///」
やんだ「おー、この前のラジオのNGバージョン使ってきたかー(※2)」
かな子「あっ…間違えましたぁ?!」
※1…正確には不携帯。違反点数0点、反則金3000円
※2…CINDERELLA MASTER収録のドラマ
3:
やんだ「……」スタスタ
かな子「あ、プロデューサーさん…」
やんだ「ちひろさんおはよーっす」
ちひろ「おはようございます! 安田さん」
ちひろ「…って、安田さん、今日はオフじゃ?」
やんだ「かくかくしかじか」
ちひろ「ああ、そうでしたか?」
やんだ「どうせだしちょっと机を片付けて帰ろっかな」
ちひろ「ふふっ。そのままお仕事モードに入らないでくださいね。
  お休みの日はちゃんとお休みしないと」
やんだ「そこまで殊勝じゃないから大丈夫っす」
ちひろ「お茶、お淹れしますね」
やんだ「おっ、ありがとうございます」
かな子「……」
5:
やんだ(片付けはすぐ終わったがダラダラと事務所に居座っていた)
やんだ(ちょくちょく三村が話しかけてくるので適当にあしらったり)
やんだ(レッスン前に顔を出した南条と小関と共に今日の仮面ライダーウィザードの
  リプレイに興じちひろさんに叱られたり)
やんだ(今は休憩室で新聞を読んでいる)
 ペラリ…ペラリ…
やんだ(芸能欄もスポーツ欄も…政治欄も経済欄特に目立った記事はねーな)
 ペラリ
かな子「!! プロデューサー! この広告!」
やんだ「ん?」
かな子「ドーナツが15種類半額!?」
やんだ「うそ! 倍食えるじゃん!」
かな子「!!!」
かな子「す、素晴らしい発想ですプロデューサー…!」
やんだ「だろ?」フフン
6:
かな子「あ…でも今日までなんですね…」
やんだ「なんだ、かな子は今日オフじゃねーのか」
かな子「オフだったら事務所に来てませんよぉ…」
やんだ「でも午前にラジオの収録があるだけで午後からはフリーだったろ?」
かな子「は、はい…って、知ってるじゃないですかぁ!」プンプン
やんだ(三村はからかいがいあるなあ)
7:
やんだ「よし、じゃあ昼過ぎからコレに行こうぜ」ペラペラ
かな子「一面切り離してしまって良かったんでしょうか…」
やんだ「裏は読者投稿のコーナーだし問題ねーって」
かな子「では、私はそろそろ出ますね! 戻ったら…///」
やんだ「……」
やんだ「!」ティン
やんだ「三村、集合場所は事務所じゃなくて別の場所にするぞ」
かな子「えっ? そ、それは、その方がデートっぽいかもですけどぉ…//」
やんだ「お前は何を言っているんだ」
かな子「な、なんでもないですぅ…(´;ω;`)」
9:
やんだ「俺の先輩と先輩んとこのチビも一緒に連れて行くから」
かな子「よくお話されてる大学の先輩ですか?」
やんだ「そーそー」
かな子「社会人になっても仲が良いって素敵ですよね!」
やんだ「そーかな? 普通じゃん?」
かな子「そんな事ないです! 素敵です! あ…憧れます! ///」
やんだ「三村…いや、かな子!」
かな子「ひゃ、ひゃいぃ!///」
やんだ「時間だぜー」
かな子「い、行ってきますぅ…(´;ω;`)」
やんだ「集合場所はメールしとく」
やんだ(三村はめげないなぁ)
やんだ(俺は…こんななのに)
11:
やんだ(俺は大学在学中の就職活動中にこのプロダクションの社長に
  声をかけられた)
やんだ(保険のつもりで保留にして、その後も就活を続けたが結局は
  他に内定は取れず、このプロダクションで働く事にした)
やんだ(髪も染めたままでいいっていうし)
やんだ(このプロダクションは俺の先輩に当たるPが既に業務のかなりの
  部分を担っており、多数の有名アイドルをプロデュースしていた)
やんだ(俺はマネージャーとしてPの下に付きつつ、プロデューサーとしての
  ノウハウを学んでいった)
やんだ(…が、俺にはPのやり方を素直に吸収する事ができなかった)
13:
いかん。ちひろさんは765プロのスタッフって訳じゃなかったよな…。
やんだ(Pとアイドルがお互いを信頼し合い、それがアイドルの力を高める)
やんだ(それは確かに『効果的』ではあるんだろー。下世話な言い方をすれば、
  アイドルの他事務所への移籍、流失を防ぐ事にも繋がる)
やんだ(でも…それは本当に『理想的』なのか? 例え信頼関係はなくとも…)
やんだ(十分なレッスン、完璧な体調管理、そして的確なタイミングでの
  ライブ、TV出演等のチャンスの用意…)
やんだ(アイドルの能力を高める事に注力していけばいいんじゃないか?)
15:
やんだ(業界で勢力的にこのプロダクションと双璧と言われてる
  某プロダクションの社長と話す機会があった)
やんだ(ちなみにウチの社長はよく騙されるので資産的には雲泥の差だ…)
やんだ(思い切ってこの考えをぶつけてみたところ、高笑いと共に肩を叩かれ、
  『見所がある』と言われた)
やんだ(まあ、あんな顔で笑うオッサンと同類と思われるのがしゃくで、
  逆に自分の考えを見直すきっかけになった。皮肉な話だ)
18:
やんだ「じゃあ俺も帰るっす。ちひろさんお疲れ様ー」
ちひろ「はい、お疲れ様でーす」
ちひろ「ゆっくりお休みになってくださいね」
やんだ「…ありがとうございます」
やんだ(ちひろさんも知ってるんだろうな?。やりづら)
 ――小岩井宅
ブゥゥン キィッ ガチャバタン
やんだ「おっ。カングー。ジャンボさんいんのか」
 ピンポーン
ダダダダ ガチャ
やんだ「よっ」シュッ
よつば「」
 バタン
やんだ「オイっ!?」
17:
やんだ(その後Pにも同じ質問をぶつけた)
やんだ(いろいろ腹を割って話してもらえたが…最終的に
  自分が納得できる答えは自分で出せ、という事だった)
やんだ(そんな中、俺もPに昇格。今は気楽な二番手Pとして方向性を模索中)
やんだ(俺の担当アイドル、三村かな子と一緒に。しかしアイドルとの
  距離感は未だに掴みかねている)
やんだ(幸いかな子は素直で伸びもいい。こんな状態の今の俺に対しても
  心を開いてくれているやさしい子だ)
やんだ(あとは俺次第かー…)
21:
テクテク
恵那「やんださんこんにちはー」
やんだ「おっ、恵那ちゃん(※)」
 コナイダブリー
 コノアイダブリデス
※…原作ではやんだと恵那にまだ面識はありませんが、
 ここでは面識があるカタチでお願いします
やんだ「おーいよつばー恵那ちゃんきたぞー開けろー」
 ガチャ
よつば「」キッ
よつば「えな!」
恵那「きたよー」
よつば「あがれあがれ!」
 オジャマシマース
恵那「ジャンボさんもきてるの?」
よつば「うん!」
22:
よつば「…」トオセンボ
やんだ「全員集合だなー」スリヌケ
よつば「…」マルマリッ
やんだ「みんなでどっかいくの?」マタギッ
恵那「私はさっきよつばちゃんに呼び出されて」マタギ
よつば「またまもれなかった! よつばがちいさいからまもれなかった!」
恵那「」アハハ
よつば「わらいごとじゃない!」スック
23:
やんだ「タイミング悪かったかなー」
ガチャ
よつば「えなきた!」
恵那「こんにちはー」
小岩井(以下とーちゃん)「いらっしゃい」
竹田(以下ジャンボ)「よー」
やんだ「オイッス」
とーちゃん「なぜやんだが」
やんだ「やーたまたまで」
ジャンボ「すげータイミングだな」
やんだ「みんなでどっか行くんすか?」
とーちゃん「ああ、これに行こうと思ってな」ペラリ
よつば「よつばがみつけた!」
24:
やんだ「小岩井さん新聞とってたんすか」
とーちゃん「お前は俺を何だと思ってるんだ」
やんだ「さーせん」
とーちゃん「ちょうど洗剤切らしたとこに勧誘がな」
やんだ「俺の謝罪を返せ」
恵那「」アハハ
25:
やんだ「ともかくナイスタイミングでしたよ」ペラリ
ジャンボ「なんだお前もコレ見て来たのか」ペラリ
やんだ「なんだジャンボさんも見たんすか」
よつば「よつばがさきにみつけたのー! もー!」
やんだ「んー、今何人だ?」ヒーフーミー
よつば、恵那、とーちゃん、ジャンボ、やんだ
やんだ「はいアウトー」
よつば「!?」
ジャンボ「5人だろ? 乗れるぜ?」
やんだ「いやー、俺があと一人誘ってるんですよ」
ジャンボ「お前は見送りだろ?」
やんだ「ちげーし! 俺も行くし! ドーナツ食うし!」
27:
とーちゃん「大人はちょっと集合」
―以下ヒソヒソ話
ジャンボ「彼女か?」ヒソヒソ
やんだ「あーいや、ウチの会社に所属してる子で」ヒソヒソ
とーちゃん「ふーん、じゃ、アイドルの」ヒソヒソ
ジャンボ「お前がそういうの珍しいな」ヒソヒソ
やんだ「言われりゃそーっすね」ヒソヒソ
とーちゃん「ま、適当に誤魔化すか」
―ヒソヒソ話終了
とーちゃん「なるほど、親戚の子か」
ジャンボ「となると分乗するしかないな」
やんだ「じゃあ俺はその子を拾って現地で合流ってことで」ガタ
風香「おじゃましまーす」
28:
恵那「お姉ちゃん」
よつば「ふーかもきた!」
風香「イエーイ」イエーイ
よつば「呼んでないのになー!?」アハハハ
風香「」
※…原作では(ry
29:
とーちゃん「で、どうしたの」
風香「小岩井さんまで! ひどくないですか!?」
風香「風香ちゃんがいないと始まらないでしょ!?」クルン
とーちゃん・ジャンボ・やんだ「」イラッ
よつば「あははは!」クルクル
よつば・風香「イエーイ」パチン
30:
ジャンボ「今回はご縁は無いんじゃないかと」
とーちゃん「うむ」
風香「え? どこ行くの?」
恵那「これだよー」ペラリ
風香「ドー…ナツ」ハンガク…
やんだ「行く?」
風香「い…行きます!!」クワッ
とーちゃん「おお!?」
やんだ「いいのか!?」
ジャンボ「諦めたか!?」
とーちゃん「フォロー大変になるぞ!?」
風香「…」ゲゲゲシィ
とーちゃん、ジャンボ、やんだ「イテェ!」
31:
風香「」チッチッチッ
風香「大分成果が出てきたので!」
風香「自分へのごほうびです!」グッ
恵那「お姉ちゃん、足上げ運動とかバランスボールで頑張ってたもんね」
風香「恵那もいつかはこの苦労を知るのよ」フッ
ジャンボ「恵那ちゃんは大丈夫だろ」
とーちゃん「うん大丈夫だ」
やんだ「多分」
恵那「えー」テレテレ
風香「なにこれ」イラッ
32:
ジャンボ車:ジャンボ、とーちゃん、よつば、恵那
 やんだ車:やんだ、風香
とーちゃん「じゃあ行くぞー」
やんだ「じゃあまた後で」
ブゥゥン
風香「やんださんの車って小さいですねー」
やんだ「軽だからね。あ、座席がキツかった?」
風香「しばきますよ」
やんだ「三村には最寄り駅に来るようメールしておいたんだけどー」
風香「え! さまぁ?ず!?」
やんだ「いや、違うからね? その人痛風だしね?」
ドーナツダメナンデスカ?
シラナイ
33:
ブゥゥン
やんだ「あ、いたいた」プップー
かな子「!」
やんだ「よし気付いた」
かな子「」
やんだ「…って、固まってね?」トリアエズハザード
かな子(プ、プロデューサ???! そ、その娘はどなたですかぁぁぁぁ?!?)
ガチャ バタン
やんだ「おーい三村??」
かな子(どっ、どうしよう…! 泣いちゃいそうだよぉ…!)
34:
かな子「あっ、あの娘は…」
やんだ「ん? あー、先輩の家のお隣さん」
かな子「その…彼女さん…とか…?」
やんだ「」
かな子「!?」
かな子(も、ものすごくイヤそうな顔!?)
やんだ「ないわー」フルフル
かな子「!?」
35:
―かな子に事情説明後
ガチャ ガチャ バタン バタン
かな子「お邪魔、します…」ボウシ&ダテメガネ
やんだ「あいよー」ブルルン
風香「こんにちわー」
かな子「は、はい! こんにちわ…」
風香「綾瀬風香です!」
かな子「み…や、や、や…」
風香「?」
かな子「安田…かな子です…///」
風香「うん! よろしくねー!」
かな子「よ、よろしく、お願い、しますぅ…」
かな子(身分を誤魔化すためとはいえ…)
かな子(プロデューサーの苗字だなんて恥ずかしいよおおおおお!!)
38:
風香「どのお店に行くんですか?」
やんだ「んー、あのモールの中の店」
かな子(綾瀬さんとプロデューサーさん…)
風香「あー、フードコートの。最終日だし込みそうですねー」
やんだ「まー店もそれなりに構えてるっしょ」
かな子(なんだかとってもいい感じに見えますぅ…)
かな子(彼女のミキさん?(※) には少し前にフラれたって聞いたけど…)
風香「あ!」クルッ
かな子「は、はいぃ!」
風香「席、さっき替わればよかったねー。会うの久しぶりなんでしょ?」
かな子「は、はい…一緒のお出かけは久しぶりで…」
かな子(ホントは初めてですけど…)
※…星井美希ではありません。よつばと!9巻『よつばとやきにく』参照
40:
風香「同じ高2なんだよね? 学校はどこ?」
かな子「えっと…」
やんだ「」コクリ
かな子「●○高校です…」
風香「おー! 私は××学園! おんなじだー!」アハハ
かな子「あはは…」
かな子(おんなじ…?)
やんだ「」オンナジ?
41:
ブゥゥン
風香「へー! じゃあかな子ちゃんもお菓子作り得意なんだ!」
かな子「はい…お菓子が好きで。それで作る内にだんだん得意に…」
風香「私もケーキとか作れるよー!」
かな子「わぁ…そうなんですかぁ!」
やんだ(やっぱ女の子同士は打ち解けるのはえーなー)
 キキーッ
やんだ「はいとーちゃくー」
風香「ジャンボさんの車だー」
かな子「という事は皆さんは…」
やんだ「もう中かね。行くか」
風香「かなちゃん、いこ!」ニコッ
かな子「! …はいっ!」ニコッ
イクヨー
ダダダダ
チョッ、フウカチャン、ハヤイ…
42:
とーちゃん「お、きたきた」
ジャンボ「あの子が…か」
恵那「?」
とーちゃん「太いな…」
ジャンボ「ああ…太いな」
恵那「ふとましい」キッ
とーちゃん・ジャンボ「!?」
恵那「ふとましい!」ハイッ
とーちゃん「…ふとましい」
じゃんぼ「…ふとましい」
恵那「よし」フンス
風香「どうしたんですか?」
とーちゃん「い、いや…」
43:
かな子「風香ちゃーん、ま、待ってー」
ジャンボ「」ズーン
かな子「で、デカっ!?」
ジャンボ「祖先がきりんなので」
かな子「!?」
かな子「…改めまして、初めまして! み…安田かな子ですぅ!」ペコッ
とーちゃん「はじめまして。安田の兄です」
ジャンボ「はじめまして、弟です」
かな子「えっ!? ええっ!?」
やんだ「ねーよ! 安田の兄っておかしいし! 百歩譲って兄と弟逆だろ!」
よつば「……」
かな子「あなたがよつばちゃん? よろしくね?」ニコッ
よつば「たー!」バフッ
かな子「」
44:
よつば「かなこのはらはやわらかいな!」
かな子「」
よつば「ぐにょぐにょだな!?」
よつば「とーちゃんもやるか!?」
とーちゃん「やらねーよ」ベシッ
とーちゃん「…ウチの娘がごめんね?」
かな子「い、いえ…///」
やんだ「ちーっす」
風香「あ、もう買ってあるんですね…って多いな!」
よつば「いっぱいだ!」
ジャンボ「こいつが素手でドーナツ掴みまくったんだよ」
風香「あ?…」
45:
やんだ「小岩井さん、食いきれるんすか?」
とーちゃん「お前が頑張るんだよ。ホットケーキの時のリベンジだ」
やんだ「なんでだよ! …まあ、この程度の量なら今回は平気でしょ…」チラ
かな子「???!」キラキラキラキラ
やんだ「俺らの飲み物買ってきます…かな子はカフェオレでいいか…風香ちゃんもそれでいい?」
風香「あ、じゃあお先に頂いてまーす!」
46:
風香「久々のドーナツ…おいひー!」パクモグ
恵那「おいしいねよつばちゃん」モグモグ
よつば「んー!」ガツガツモグモグ
やんだ「久々に食うとうまいモンっすねー」
とーちゃん「んー」モグモグ
ジャンボ「しかし…」
とーちゃん「……」
やんだ「……」
かな子「」パクパクモグモグパクパクモグモグパクパクモグモグ
ジャンボ「かな子ちゃんすげーな」
やんだ「自重しろよお前…」
47:
かな子「ふぇっ…! ゴクン…すみません…
  山盛りのドーナツを見たらついテンション上がっちゃって…」
とーちゃん「いや、見てて気持ちいい食べっぷりだったよ」
かな子「私、お菓子を作るのも好きなんですけど食べるのも大好きで…」
やんだ「また大きく成長しちまうぞー。横に」
風香「」ムグッ
かな子「ふえぇ…!」
ジャンボ「でかくてもかわいくていいじゃねーか!!」
やんだ「うるせーあんたには言ってねえ!!」
かな子「……」
48:
とーちゃん「いーから追加のドーナツ買って来いよお前」
やんだ「なんでだよ! まだ食うのかよ!」
とーちゃん「俺だけドーナツ買って納得いかん」
やんだ「昼飯食ってない俺ももうそこそこ腹いっぱいよ!?」
とーちゃん「そこはあれだ、ホットケーキのリベンジだ」
やんだ「いやいや今日も十分頑張ったよね俺!?」
かな子(……)クスッ
ジャンボ「ん、どーしたかな子ちゃん」ニヤニヤ
かな子「あ、いえ…。…ホットケーキのリベンジって、なんですか?」オズオズ
風香「なにそれー!? わたしも気になる」
49:
とーちゃん「なんだー親戚のやんだおじちゃんはかな子と会話してないのかー」
やんだ「おじちゃんってトシじゃねーよ! お兄ちゃんだよ!」
かな子「…お兄、ちゃん?」キラキラ
とーちゃん「おにーちゃーん」ニヤニヤ
風香「やんだおにーちゃーん♪」ニヤニヤ
恵那「お兄ちゃん♪」ニヤー
ジャンボ「いいからやんだお兄ちゃんドーナツ買って来いよ」
よつば「かってこい!」
かな子「お兄ちゃん…お願いします」オズオズ
やんだ「お前は自重しろよ! うるせーよ! わかったよ! いくよ!」
50:
とーちゃん「どうした? かな子ちゃん」
かな子「いつものプロ…おにい、ちゃん、じゃないみたいです」
かな子「いつも、難しい顔で何か考えながらお仕事してて…」
とーちゃん「」
ジャンボ「」
風香「」
とーちゃん・ジャンボ・風香『想像がつかない』
かな子「」
よつば「かな子は嘘つきか?」
かな子「ち、違うよぉ!」
51:
とーちゃん「えー、それに関しては役に立てないが」
ジャンボ「うむ」
かな子(えぇー)
ジャンボ「あいつはアホだ。だか少し話せば本心なんかすぐ出るよ」
とーちゃん「アホだからな」ウム
風香「ひどいいわれようだ」
かな子「…グスッ」
とーちゃん・ジャンボ・風香・恵那「!!」
かな子「ありがとうございます…!」
かな子「私、私なんて何の取り柄もないのに、プロデューサーのお陰で
  本当にアイドルになれて…。でも、私自身プロデューサーに
  どう思われてるか、気になって…聞く自信がなくて…」
52:
恵那(プロデューサー?)
風香「? プロデューサーって?」
恵那(!?)
とーちゃん「ドーナツ食ってろ」チッ
風香「えっ」
ジャンボ「ドーナツ食ってろ」チッ
風香「」
53:
かな子「小岩井さん、竹田さん、綾瀬さん、私っ、もっとがんばりたいと思いますっ」
かな子「もっと頑張ってプロデューサーさんとお話してみますっ!」
とーちゃん「まあ何かあったらジャンボが何とかするし」
ジャンボ「そんな事はない おれは働かない」
かな子「うふふ…」ゴシゴシ
やんだ「ただいまーってなに話してんの?」
とーちゃん「お前どんだけ買ってきてるんだよ!?」
 コンモリ
風香「ウプッ」
恵那「もうおなかいっぱいー」
よつば「えなはダメだなー!」カジリ
よつば「……」ウッ ウッ
とーちゃん「やばい目が死んでる」
ジャンボ「おいリバースするぞ止めろ止めろ」
54:
やんだ「残ったのは持って帰るか」
よつば「ひとりじめはずるいぞ!」
とーちゃん「お前しばらくしゃべるな、出る」
ジャンボ「じゃあ今日はここで解散な」
やんだ「じゃあ俺はかな子を送っていくんで」
とーちゃん「おう」
風香「かな子ちゃんまたね!」
恵那「またねー」
かな子「あの、今日はありがとうございましたっ!」
風香「かな子ちゃん、メールするね!」
かな子「うん! 私もするね!」
バイバーイ
55:
ブゥゥン
かな子「あの、プロデューサー」
やんだ「んー?」
かな子「今度の『目指せ! シンデレラNO. 1!』の収録で出す
  お菓子クイズの問題を考えてるんですけど…」
やんだ「うん」
かな子「い、一緒に考えて頂けませんか?」
やんだ「……」
かな子「も、もちろん! プロデューサーが忙しくないお時間で結構なので…」
やんだ「…分かった」
56:
かな子「…そう、ですよね…私の…って、ええ!?」
やんだ「でもまず、今三村が言った通り、やるべき事をやってからだ」
やんだ「まずは今日食いまくった分! 明日のレッスンで落としきってからな!!」
かな子「ふぇ、ふぇええええ!?」
やんだ「お前…今日ドーナツ何個食ったか覚えてるか? 14個だぞ14個!
  信じらんねえ!」
かな子「か、数えてたん、ですか…?」
やんだ「プロデューサーだからな。最低限、見てるよ」
57:
かな子「……」
やんだ「ああ、いや、これからはもっと俺も気を付けて見るようにするし…」
かな子「…です…」
やんだ「ん?」
かな子「やっぱりプロデューサーはすごいです! そんなに私の事を見て頂いて
  いたなんて…嬉しい…」
やんだ「いや、ドーナツ数えただけだからね…?」
かな子「朝の事もそうです…本当にすごい…やっぱり魔法だなぁ…」
やんだ(ああ…今分かった)
やんだ(俺、この温度差が苦手だったんだな)
58:
やんだ「三村」
かな子「ひゃ、ひゃい!?」
やんだ「俺らなりに頑張ろーぜ」
かな子「…はい!」
やんだ「とりあえず事務所に寄ってこのドーナツ置いていくか」
かな子「あ、はい! …少し減っちゃったけど…」
やんだ「」
やんだ「…食ってんじゃねーよ!!!!!!!」
かな子「す、すみませえええええええええん!!」
おわり
6

続き・詳細・画像をみる


ガンダムのジオン仕様の高級iPhoneケースが高過ぎると話題に

【民主党大会】「百万遍の反省にとどまることなく、改めて政権交代戦略を再構築していく」「現場目線の民主党か、上から目線のアベノミクスか」

【悲報】年下の上司から「一応敬語使ってくれません?」とか言われたんだがwwwwwwwwwwww

人生とかいうゲームのクリア条件wwww

主人公が迷わないロボットアニメ

【衝撃】24歳の公務員勤務の俺氏、32歳の彼女を連れて婚活パーティー行ってきた結果wwwwww

「合法ロリ」を目指す28歳グラドル「DVDでいっぱい気持ちよくなってください」

在日韓国人 韓国に戻るつもりはない 日本で生きていくが帰化するつもりもない(画像あり)

任天堂3DSLLさえあればシャーペンの芯が4万7000円で売れることが発覚wwwwwwwwwwwwww

「あ、このビジネスホテル地雷だな」と感じた瞬間

VHSテープの巻き戻し、フロッピーディスク、テレビガイド、ビックリマンシール…現代っ子が知らない一昔前のモノ

【悲報】年下の上司から「一応敬語使ってくれません?」とか言われたんだがwwwwwwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先