狐「人間の女に変化します」back

狐「人間の女に変化します」


続き・詳細・画像をみる

1:
狐「まだまだ修業が足りませんわ」
狐「変化しても耳が隠せませんもの」
狐「はぁ……、男さん私はどうしたらいいのでしょうか?」
男「ど、どうでもいいから裸はやめろ……」
5:
男「気づいてないかもしれないが……」
狐「?」
男「尻尾も出てるぞ」ぎゅっ
狐「ひゅぅ!」
男「な、なんだいきなり……」
狐「尻尾は痛いです……」
13:
狐「そんな、尻尾も出ていたなんて……」
男「落ち込むんだな」
狐「そりゅ落ち込みます」
狐「もうこんなんじゃ生きていけません」すっ
男「こら、包丁持ち出すな!」
16:
そりゅって誤字可愛い
19:
男「こんなところで死なれたら面倒だろうが」
男「コスプレさせて殺した変態ってことになるだろうが」
狐「……」
男「いや、死んだら寂しいし」
狐「うぅ……ぐすっ」
男「泣くなよ、冗談だって」
21:
狐「男さんはそんな薄情な人だったんですね」
男「言い過ぎたって」
狐「わかりました」
男「何が」
狐「男さんが私を絶対に必要だって言ってくれるよう頑張ります」
男「あぁ、そう」
24:
狐「でもどうすればいいんですか?」
男「本人に聞くなよ」
男「とりあえず服をきたらどうだ」
狐「わかりました」
狐「……」
狐「着るものがありません……」
25:
男「ちっ……仕方ない」
男「俺のシャツ貸してやるから」
狐「ありがとうございます」
男「ち、近づくな……」
狐「ひ、ひどい」
男「シャツ着てからにしろ」
狐「なんでそんなにただの布にこだわるんです?」
31:
男「いいからきろよ、全く」
狐「うーん、わかりません」
男「向こう向いてるからはやくしろよ」
狐「別に向かなくても」
男「俺が気にするんだ」
狐「?」
狐「よいしょ……っと」
33:
課題やりながらのんびりしてます
狐「あれ……胸がつっかえます」
狐「う、うーん」ごそごそ
男「ふん……」
狐「うーん……男さん助けてください」
男「できるか!」
狐「……」しゅん
狐「なんとか着れました」
35:
男「一人で着れるじゃないか」
狐「ちょっとぴちびちで息苦しいです」
狐「男さんは着ていて苦しくないですか?」
男「お前はその……あるから」
狐「?」
男「もう聞くな!」
狐「す、すいません」
36:
狐「服を着ましたよ」
男「それで?」
狐「うれしいですよね?」
男「普通だろ」
狐「それじゃ意味がないですよ」
男「そんなこと言われてもな……」
狐「何をしてもらったらうれしいです?」
42:
男「知らん」
狐「冷たいです」
男「はぁ……」
狐「始め頃は優しかったのに」
男「普通の狐だったからな」
狐「恩返ししなければ……」
男「そういうのいいからね」
44:
狐「もしかして後悔とかしてます?」
男「ん?」
狐「迷惑ですか?」
狐「いなくなったほうがいいですか?」
狐「私は男さんに恩返しも出来ませんし、幸せにすることも出来ないみたいです」
狐「こんなんじゃ意味がありません」
男「……」
47:
男「そんなことはない」
男「……と思う」
狐「なんですか、それ」
男「狐が来てから日常は多少楽しくなったと思う」
男「人間以外とはなす機会なんて滅多にないしな」
狐「そう……ですか」
男「まぁ、気にするな」
49:
男「恥ずかしいこと言ってしまった」
狐「覚えておきます」
男「おい、忘れろ」
狐「慰められちゃいましたね」
狐「やっぱり男さん優しいです」
男「調子に乗るな」
52:
狐「調子に乗らせてくださいよ」
男「全く……」
狐「優しいと思いましたが意地悪ですね」
男「尻尾引っ張るぞ」
狐「な、なんて外道な……」
男「あ、雨降り出した」
狐「あらあら」
56:
男「外は晴れてるのにな」
男「狐の嫁入りか」
狐「そんな、いきなりは……」
男「……」
狐「ちょっとふざけただけじゃないですか」
男「……」
狐「目が怖いです」
57:
男「もうすててこようかな」
狐「そんなご無体な」
男「ふざけたことをいうからだ」にぎっ
狐「ひゅわ!」
狐「し、尻尾は反則です」
男「狐に有効だな」
狐「イジメだめ、絶対」
男「妙なことは知ってるんだな……」
60:
すまんな
英語がむずい
狐「勉強してますから」
男「くだらん」
狐「なんてこと言うんですか」
男「変化の練習でもすればいいのに」
狐「うーん、でもなかなか成功しません」
男「だいたい変化とかどんなふうにするんだよ」
62:
狐「そうですね、イメージに自分を溶かして流し込む感じです」
男「……」
男「わかるができん」
狐「男さんは人間です」
男「なんかばかにしてないか」
狐「してませんよ」
狐「耳と尻尾も消せたらいいんですが」
63:
男「そんなの消したら狐だってわからなくなるじゃないか」
狐「それが目的なんですけど」
男「あぁ……そうか」
男「俺としては楽しいんだが」
狐「あ、ちょっと……耳に触らないでください」
男「……」ふにふに
64:
狐「こそばゆいですって……」
男「もふもふな毛が気持ち良くてな」
狐「ほどほどにしてくださいよ」
男「善処する」
狐「毛が乱れるじゃないですか」
66:
狐「自慢の毛並みです」
男「うん、枕にしたい」
狐「!」
男「製品化はしないよ」
狐「男さん専用なら別に……」
男「昼寝にいいかもな」
狐「男さんが喜ぶのなら」
男「喜ぶ喜ぶ」
107:
狐「じゃあ、ね、寝ますか?」
狐「男さんが喜ぶことしたいです」
男「いいのか?」
狐「いいです」
男「じゃ、遠慮なく……」
狐「はい……」ふさっ
男「おお、思った通りふかふか」
最初と狐の口調が違う……
110:
男「さすが狐だな」
狐「褒めても何も出ませんよ、もうっ」
男「あぁ……気持ちいい」
狐「あ、頭動かさないで」
男「……」ぐりぐりふかふか
狐「あぁ、ちょっと……」
男「やるなと言われるとしたくなる」
112:
狐「やめてくれないと怒ります」
男「悪い悪い」
狐「いい感じですか?」
男「極楽」
狐「やっとお役に立てましたよ」
男「あぁ……眠くなってくる」
狐「寝ちゃだめですよ」
男「なんで?」
狐「話し相手がいなくなります」
115:
男「よっと」
狐「もういいんですか?」
男「ありがとな」
狐「いえいえ」
狐「私の身体で良ければいつでもつかってください」
男「その言い方は語弊があるな……」
狐「?」
男「いや、なんでもない」
116:
狐「お腹すきました」
男「……」
狐「お腹すきました」
男「だから」
狐「なにかないですか」
男「お前は俺に恩返しするんだよなぁ?」
狐「く、空腹は我慢できません……」
男「全く、仕方ないな」
118:
男「ケーキあるから」
狐「それはおいしいんですか?」
男「狐の味覚はしらんがうまいと思うぞ」
男「モンブランだ」
狐「モンブラン?」
男「栗の味だ」
狐「栗ですか」
男「なんだ、栗すきなのか?」
狐「はい!」
125:
狐「あ、甘くておいしいです」
男「そうか」
狐「幸せです」
男「そうか」
狐「男さんは幸せですか?」
男「なんだいきなり」
狐「恩返しの話です」
126:
狐「男さんが幸せなら私はなんでもいいです」
男「だめだろ」
狐「え、えっ?」
狐「なにか間違ってましたか?」
男「重大な間違いだ」
男「お前も楽しまないと俺もつまらない」
男「幸せにお前も含まれる」
127:
狐「そうですか……」
男「うん、枕係も必要だしな」
狐「目的はそれですか!」
男「いやいや、お前も必要だ」
狐「!」
狐「うっ……ぐすっ」
男「いきなり泣いてどうした?」
129:
狐「いえ……やっと言ってくれました」
男「?」
狐「やっと男さんに必要とされました」
男「枕として?」
狐「……」
男「すまん」
狐「最初の目標が達成されました」
男「泣くほどのことか?」
131:
狐「これは大きな進歩です」
男「なにか恥ずかしくなってきた」
狐「感無量です」
男「尻尾をばさばさするなほこりがたつ」
狐「す、すいません」
男「悪い尻尾だ」ぎゅっ
134:
狐「ひゃん!」
狐「やめてっ!」
男「おりゃおりゃ」ぐりぐり
狐「くーんっ……」
狐「あっ」どろん
男「!」
男「変化が」
135:
狐「コーン!」
男「あっ!」
男「逃げてしまった」
男「……」
男「まぁしばらくしたら戻るだろ」
男「うん」
男「……」
男「暇だ」
139:
男「かえって来ないな」
男「まさか……」
男「まだ恩返し終わってないだろ……」
男「戻ってこいよ……」
男「またケーキ用意しないとな……」
男「……」
男「くそっ……」
140:
男「いやいや、俺のせいか」
男「……」
男「帰って来ないか」
男「狐……」
狐「はい」
男「!」
狐「男さんはもう私がいないとだめみたいですね」
144:
男「いや、それは……」
狐「隠さなくていいのです」
男「いやっ、別に」
狐「照れてる男さんもかわいいです」
男「くぅ……」
狐「成功かもしれません」
147:
男「なにがだ?」
狐「変化ですよ」
男「尻尾と耳はまだついてるぞ」
狐「そうですけど……」
狐「男さんの心が変化しましたよ」
男「なんだそりゃ」
狐「男さんは私を必要としてくれるようににりました」
149:
男「狐にたぶらかされたか」
狐「素直じゃないとこは変わりませんね」
狐「それに……」
男「ん?」
狐「男さんが必要としてくれますから……」
狐「その限りは恩返しも続ける意味があるということです」
150:
狐「だから一緒にいます」
男「それはいい」
男「枕がないと安眠できないからな」
狐「もう!」
男「お前無しでは生きていけないな」
狐「……」
男「……」
狐「はい!」

153:

154:
ほのぼのえんどもいいな
乙!
15

続き・詳細・画像をみる


東京の水道水wwwwwwwwwwwwwwww

Twitterでイメージ爆下げした有名人wwwwwww

左右対称の苗字は在日の通名ってガチ?

ユニコーンガンダムってEP1が一番面白いよな

金融業とかいうなぜか就活で人気な職種

【マジキチ】隣に住んでるDQNカップルにたかられまくっててマジで辛い・・・

back 削除依頼&連絡先