春香「プロデューサーさん、渋谷凛ちゃんってしてますか?」back

春香「プロデューサーさん、渋谷凛ちゃんってしてますか?」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「ん?あ、あぁ…人並みには」
春香「あの子可愛いですよね」
春香「最近はCDデビューもしちゃって」
春香「私達も負けてられないですね!」
P「そうだな…」
P(言えないな、社長に頼まれて俺がプロデュースしてるなんて)
THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛
4:
春香「そういえばプロデューサーさんは最近…」
P「ん?」
春香「ちょくちょく休みますけど何かあったんですか?」
P「あー、なんだか体調が優れなくてな」
春香「そうなんですか…」
春香「強力なライバルがいっぱい出てきたんですから早く体調良くしてくださいね!」
P「お、おぅ」
6:
P「…」
P「春香悪いけど、俺は行くところがあるから頼むな」
春香「頼むってなにをですか…」
春香「…行っちゃった」
春香「なんかいつもと様子が違うんだよねぇ」
美希「浮気なの…ハニー絶対浮気してるの」
春香「美希…いたんだ」
8:

P「待たせたな」
凛「いえ、今日は私だけですか?」
P「あぁ、他の奴らは事務所で待機」
P「杏、楓、莉嘉、かな子は別の人が見てくれてる」
凛「…そう」
凛「…私たち、最近いつも一緒に居るねプロデューサー」
P「なんだいきなり、仕事なんだから当たり前だろ」
10:
凛「そうですよね」
凛「仕事…今日はどこで仕事?」
P「今日は出版社で雑誌インタビューだ」
P「それとそれのグラビア」
P「まぁグラビアって言っても水着にならないと思うから」
凛「大丈夫だよ、ありがとう」
P「さて、行くか」
11:

美希「春香はハニーの浮気許せるの?」
春香「浮気って…」
律子「…」
律子「はぁ…プロデューサーはね」
美希「春香、行くの!ハニーを見つけて吐かせるの!」
春香「ちょ、美希待って」
律子「社長に頼まれて…」
小鳥「行っちゃいましたね」
14:
春香「美希!」
美希「どうしたの?」
春香「探すってどうやって?」
春香「もしかして美希…発信器とか?」
美希「そんなもん持ってないの」
美希「歩いてればそのうちハニーが現れるの」
美希「ミキとハニーはそういう関係なの」
春香「…」
19:

P「近い場所なのにタクシー使うのって勿体ないよな」
凛「だったら歩いて行きましょう」
P「そんなこと言ったてな…」
P「今のお前は前と違って知名度も上がって普通に歩いたらファンが」
凛「大丈夫です」
凛「それに平日だからそんなに人もいないと思いますから」
P「そうか?」
20:
凛「はい」
凛「それじゃあ行きましょうか」
P「おう」
凛「…」
P「…」
凛「プロデューサーは」
P「ん?」
21:
凛「本当はウチの事務所の人じゃないんですよね?」
P「あぁ、初めて会ったときもそう言ったが」
凛「765プロですよね?」
P「そうだ」
凛「あそこのアイドルってもうかなり売れっ子ですよね」
P「まぁ…」
凛「…あの」
26:
凛「…」
P「?」
凛「早く行きましょう」
P「あぁ」
P「何か言おうとしてなかったか?」
凛「何でもありません」
P「そうか」
凛「はい」
27:

春香「美希?こんだけ探してもみつからないんだからプロデューサーさん帰っちゃったんだよ」
春香「私、疲れちゃったから休んでいいかな?」
美希「まだなの!」
美希「でも、ミキもちょっと疲れたから休んでもいいかなぁって」
春香「よかった…」
美希「でも休んだらまた再開するの!」
29:
美希「ミキの勘ではまだハニーはどこかにいるはずなの」
美希「それも近くに」
春香「それって当てになるのかなぁ」
美希「大丈夫なの」
美希「春香はおとなしくミキの助手でいればいいの」
春香「…」
春香「もー」
30:

「凛ちゃんはアイドル楽しい?」
凛「はい」
凛「私、愛想ないからあんまり上手く話せないですけど…」
P「凛、リラックッスだ」
「CDデビューしてなんか思うことあるかな?」
凛「CDデビューってゴールだと思ってた」
凛「でも違うんだね、始まりなんだ」
「いいことを言うね」
31:
凛「それをプロデューサーが教えてくれたんです」
「プロデューサー?」
凛「はい。そこにいる人です」
P「俺、そんなこと言ったっけ?」
凛「…はい」
「ありがと」
「じゃああとは写真撮って終わりだから」
32:
P「ふぅ、終わったな」
凛「お疲れ様です」
P「凛がな」
凛「…」
P「お前が俺が言ったこと覚えてたなんてな」
凛「当たり前ですよ」
P「そうか」
凛「…」
33:
凛「…プロデューサー」
P「ん?」
凛「765プロのプロデューサーをや…」
美希「見つけたの!」
P「!」
美希「ハニー、そこの子は誰なの!」
美希「やっぱり浮気だったの」
凛「…浮気?」
35:
美希「そうなの、ハニーにはミキがいながら…」
美希「酷いの」
凛(ミキ?)
凛(聞いたことある…ような)
P「落ち着け美希」
P「これにはワケが」
美希「わけってなんなの!言い訳はいいの」
P「ちょ、とりあえずここじゃいろんな人の迷惑になるから場所を移すぞ」
39:
美希「ここは?」
春香「事務所っぽいね」
P「うぉ、春香いたのか」
春香「美希の隣にいましたけど」
P「そうか、悪い」
凛(はるか?)
P「それと事務所っぽいも何も事務所だからな」
春香「わざわざ話すために貸事務所を?」
P「違うよ」
42:
凛「私達の事務所だよ」
美希「どういうことなの?」
美希「もしかしてハニー…765プロを辞めて自分の会社を」
P「違うよ」
春香「…」
凛(765…)
凛「あぁ…」
春香「もしかして、渋谷凛ちゃん?」
43:
凛「えっ?」
美希「春香、その渋谷凛って誰なの」
春香「あれ?美希は知らないの?」
春香「最近人気が出てきたアイドル達だよ」
春香「私も凛ちゃんのCD買っちゃったんだよね」
美希「?」
P「春香の言う通りこの子は渋谷凛、アイドルだ」
美希「ハニー、他の事務所のアイドルと浮気…」
44:
P「違うから」
美希「じゃあなんなの」
P「社長に頼まれたんだよ」
凛(私空気…)
P「知り合いの事務所がアイドル部門作るから手伝ってやれってさ」
P「まぁCDデビューもしたしそろそろ765の仕事に戻る予定だったけど」
凛「!」
美希「なんだぁ…」
45:
美希「じゃあ浮気じゃないんだよね?」
凛「私とプロデューサーはそんじゃないから」
P「ばっさりだな」
凛「仕事は優秀で凄いと思うけど、それ以上なんて絶対にない」
美希「よかったの、それじゃあハニーはミキのなの」
凛「…」
春香「だから浮気はないって言ったのに」
P「そもそも俺と美希は付き合ってもいないけどな」
46:
美希「それでも765の人以外の浮気は認めないの」
春香「あはは、プロデューサーさんにそんなこと言うの美希ぐらいだからでしょ?」
美希「春香はよくわかってるの」
凛(ふーん)
P「ということだ、悪いな凛」
P「また何度かくると思うけど、今日は765に戻るよ」
凛「わかった」
48:
春香「じゃあね、凛ちゃん」
美希「今日は迷惑かけてごめんなの」
春香「そのうち共演することもあるかもしれないからよろしくね」
凛「うん」
凛「近いうちに会えるかもね」
49:

凛「はじめはプロデューサーをこっちにいれようと思ったけど」
凛「あの仲の良さ…」
凛「勝ち目ないんだろうな」
凛「絶対私が言ったところで引き抜くことなんてできない、か」
凛「それに765以外の人の浮気を認めない」
凛「…」
50:
杏「なに1人でぶつぶつ言ってるの?」
杏「あ、もしかしてアイドル辞めたいんだな?だったら杏も一緒に辞めるぞ!」
凛「違うよ」
凛「私はアイドルを続けるよ、楽しいから」
凛「…でも」
54:

……
『渋谷凛電撃移籍!移籍場所は765プロ!』
凛「これならプロデューサーを奪うことができるでしょ?」
凛「まぁ事務所のみんなを置いてきちゃったのはアレだけど…」
凛「プロデューサー、私の隣にいてね 」
美希「ちょっと離れるの!」
P「…」
おわれ
モバマス無理
5

続き・詳細・画像をみる


有吉弘行、就活アドバイス「上手に笑いながらうそを」

18きっぷの季節だし今年(春)の旅を書きたい

宮崎・都城市「ふるさと納税百万円で芋焼酎1年分!」 「40本ぐらいかな」 都城市「365本です!」

SF初心者さんにオススメ。絶対に見たほうがいい傑作SF映画25選

羽生善治のすごさを野球に例えてみた

小学校サボった頃俺 午前中「NHKおもしれええ」 午後「」

【画像】AKBの過激でHな画像大量に集めたwwww

TOKIOの長瀬ってなんで女ウケ悪いの?

朝日 「昔はしょうゆだって借りたもの。近所付き合い薄くなり。日韓スワップおわる。ああ金の切れ目。」

戦争は悲惨だよ。二度とやってはいけない。

無添加食品のみで半年生活した結果www

【悲報】NHKの女子アナ、狙撃される

back 過去ログ 削除依頼&連絡先