P「きらりがめっちゃキスしてくる」back

P「きらりがめっちゃキスしてくる」


続き・詳細・画像をみる

3:
きらり「おっはよー! Pちゃんおっはよー☆」
P「おはよう、きらり」
きらり「Pちゃん今日もはっぴーですかー☆」
P「ああ、はっぴーだよ」
きらり「おけおけ☆ きらりもばっちしだよー」
P「それは良かっ―――」
チュウウウゥゥゥ
P「んぐ…………」
きらり「にゃは☆ 今日もいっしょにお仕事がんばるにぃ☆」
P「…………そうだな。頑張ろうな」
9:
きらり「にょわー!」
ズダァン!
P「どうした!?」
きらり「いたぃ……転んじゃった」
P「何で何も無いところで転ぶんだ。春香かお前は」
きらり「うぇぇぇぇぇん! おデコ痛いよぉぉぉ」
P「ああ、しょうがないなもう……痛いの痛いの飛んでけー」ナデナデ
きらり「えぅ……」
P「どうだ?」ナデナデ
きらり「まだ痛い……Pちゃんがチューしてくれたら治っちゃうかも☆」
P「いや、ふざけ」
チュウウウウウウ
P「………………」
きらり「……にひっ☆ ばっちし治ったよPちゃん! うっぴょー☆」
P「このお調子者め……」
13:
きらり「Pちゃん、毎日きらりと一緒でたのしいでしょー☆」
P「毎日退屈しないことだけは間違いないな……はぁ」
きらり「ためいきー! Pちゃんたのしくない? 一緒に笑顔の練習すぅう!」
P「笑顔の練習?」
きらり「きらりん☆」
P「………………」
きらり「きらりん☆」
P「……きらりん☆」
きらり「にゅう☆ Pちゃんの『きらりん☆』ちょーニヤける! ヤバーい!」
チュウウウウウッ
P「むぐ…………」
きらり「ぷっは! あれれー! Pちゃんもニヤけてぅ☆」
P「に、ニヤけてねーし……」
18:
P「あのな、きらり」
きらり「にゃう?」
P「大事な話があるんだ」
きらり「だいじな……うきゃー! きらりんラブラブたーいむ☆ きらりとPちゃんは……ずっきゅん☆」
P「そういう話じゃない。ちゃんと聞け」
きらり「はぁい」
P「いいか? 年頃の女の子が無闇矢鱈とキスするもんじゃない。ましてお前はアイドルなんだ」
きらり「……Pちゃん、きらりがキライ?」
P「いや、嫌いじゃないけど」
きらり「スキ?」
P「そりゃあ好きか嫌いかなら好きだけ――」
チュウウウウゥゥ チュッ チュッ
きらり「うきゃ☆ じゃーPちゃんきらりとハピハピしたいよね☆」
P「おっ、お前、啄むキスなんて小技をどこで……」
きらり「ひみつー☆」
26:
律子「プロデューサー」
P「ん、なんだ?」
律子「なんだじゃないです。いいかげん、あの新人アイドルと事務所でイチャイチャするのはやめてください」
P「イチャイチャなんてしてないだろ」
律子「は? と、所構わず、きっ……キスしてるじゃないですか! 今まで私が目撃しただけでも50回はしてます!」
P「……あれはきらりがやってくるから、しょうがなく」
律子「なーにがしょうがなくですか! プロデューサーは男なんだから、その気になれば女の子くらい突き放せるでしょう!」
P「いや、それはおかしい」
律子「……おかしい?」
P「あいつめっちゃ力強いもん……何回も抵抗したんだけど、いつも無理やり……ううっ」
律子「………………」
31:
きらり「Pちゃーん☆」ダダダダ...
P「ほら来た!」
律子「そこでバシッと突き放す!」
P「だから無駄なんだって……」
きらり「きらりとハピハピしよー!」
ガシッ
P「待て、きらり!」
きらり「ふぁ……なんで止めぅの? Pちゃん恥ずかしがりぃ?」グイッ
ごっしゃん!
P「ぐわぁぁぁ!!」
律子「うわ、プロデューサーが片手で体ごと押し倒された……」
チュウウウウウウウウウゥゥゥゥゥゥゥゥゥ
きらり「んふ……にゃははー☆ Pちゃん成分いつもよりいっぱいもらってぅ☆」
P「………………」グッタリ
36:
P「……分かった? んぐっ」
チュウウウゥゥ
きらり「んっ……んふーおっけおっけ! きらりまんぞく☆」
P「うう…………」
律子「確かに、貧弱なプロデューサーじゃどうしようもないみたいです」
P「貧弱とか言うなよ……こいつ185cmもあるから『グラップラー刃牙』の花山薫とほとんど変わらないんだぞ……」
きらり「Pちゃんきらりのしんちょー覚えてぅう?」
P「当たり前だろ、お前の担当プロデューサーなんだから」
きらり「うきゃー! きらり、Pちゃんにずっきゅん☆」
チュウウウゥゥゥゥゥゥ
P「んむー! ぷは、りっ、律子助けっ」
律子「……頑張ってくださいね。ずっきゅん☆」
P「おいぃぃぃぃ!?」
40:
きらり「ね、ね、ねーPちゃん☆」
P「なんだよ……」
きらり「さっき律にゃんにゃんとなに話してたのー?」
P「なんでもないよ。それより早くどいてくれ、押し倒されてからずっとマウントとられてて背中が痛い」
きらり「にゅー? なんで隠すのんPちゃん☆」
P「いや、別に隠すとかじゃなくて」
きらり「ひみつのおはなしー? きらり気になぅう☆」
グッ...
P「……お、おい。なんで俺の首に手を……」
48:
きらり「きらりとPちゃんの相性はばっちし☆ きゃうー! なのに話してくれないPちゃん☆」
ググッ....
P(うぐ……ひ、左手一本で首締められてる……!)
きらり「ねーきらりんにお話すぅう?」
P(お……お前の行為をやめさせる相談をしてた、なんて言えない……きらりは純粋に俺のことを想って)
きらり「にゃは☆ きらりんぱわー☆」
ゴッ!
P「痛っ!?」
きらり「きらりんぱわー☆」
ゴッ ゴッ
P「ぐ……がっ……!」
きらり「きらりんぱわー☆」
53:
きらり「あは☆ Pちゃん、お話すぅう?」
P「……!!」コクコク
きらり「うきゃー! Pちゃんきらりんスキスキだからお話してくれう☆ はっぴはっぴー☆」
P「ごほっ、ごほっ……! い、痛ぇ……」
きらり「にょわー! Pちゃんホッペにあざできてる! よしよし☆」ナデナデ
P「お前、誰がこれをやったと」
きらり「んんー☆ なーにPちゃん?」
P「……な、なんでもない」
きらり「ヘンなのぅ☆」
P(まずい……まさか、きらりがここまで過激な性格だったとは……)
P(今『キスはやめろ』なんて言ったら、またマウントからひたすら暴行されかねん……)
58:
P(そうか! きらりには『男は本当は怖い』って認識がないんだ。だから男の俺にでも平然とキスしてくるんだろう)
P(まあ本人がこの強さなら、それもしょうがなかったのかもしれない……)
P(……じゃあ、今後のきらりのことを考えれば、俺が男の怖さを教えてやらなきゃいけないのか)
きらり「ねー早くお話すぅう!」
P「わ、分かった分かった。実は、さっき律子と話してたのはな……」
きらり「うんうん☆」
P「……きらりのことが好きすぎて困る、って話をしてたんだ」
きらり「…………うゅ?」
P「すごく可愛いお前があんなにキスしてくるから、俺もいつからかお前を好きになってしまったんだよ」
61:
P「最近ではもっとエッチなこともしたいと考えるようになってきた」
きらり「えっち……」
P「ああ。ぶっちゃけるとお前を滅茶苦茶に犯してやりたいと思ってるよ。今この瞬間にでもな」
きらり「にょわっ!?」
P「ステージで歌って踊れる諸星きらりは、ベッドの上じゃどんな風に歌って踊ってくれるんだろうなあ、げへへへへ」
きらり「にゅ……Pちゃん…………」
P「ぐふふ、後悔しても遅いぞ。お前がやたらキスしてきたのが悪いんだからな!」
P(……これでいい。俺は嫌われるかもしれないけど、男が怖いってイメージは付いただろう)
P(あー……でも正直なところ、きらりのキスが無くなると寂しいだろうなあ……)
70:
きらり「…………んとに……」
P「ん?」
きらり「……ほんとに、Pちゃん……きらりと、ハピハピしたい……?」
P「!?」
きらり「きらり、Pちゃんきゅんきゅんさせちゃった☆ でもきらりもすっごいきゅんきゅん……☆」
P「え……え……?」
きらり「きらりんのきゅんきゅんぱわーで、Pちゃんの心も体もスッキリさせちゃうぅ☆」
P「いや、あの」
きらり「Pちゃんすたんばーっ☆」
P「スタンバイじゃない! ちょ、ちょっ、アッー!」
78:
2時間後―――
きらり「Pちゃん、おまたがひりひりすぅう」
P「うう……無理やり襲われた……」メソメソ
きらり「でもPちゃんハピハピならきらりんたのすぃよ☆ PちゃんのPちゃんぱわふるぱわふる☆」
P「いや、俺は……」
きらり「きらりんぱわー☆」
ゴッ!
P「ごふっ! き、気持ち良かったです! いっぱい出してごめんなさい!」
きらり「うきゃーうきゃー! Pちゃんハピハピしてう☆」
P「はい、ハピハピです!」
P(俺は担当アイドルに事務所で逆レイプされて感想を強制されるプロデューサーです。なにこれ死にたい)
88:
二週間後―――
きらり「Pちゃんおっすおっす! 今日もおにゃーしゃー☆」
P「ああ、こっちこそよろしく」
きらり「にゃは☆ それでぇ今日もハピハピすぅう?」
P「しない、って言ったらどうなるんだ?」
きらり「きらりんぱわー☆」
P「……でも、今日こそはゴム付けて」
きらり「Pちゃん。きらりんぱわー☆」
P「……うん、どうせ聞き入れてもらえないって分かってたけどな……」
きらり「いっぱい子供つくるー! きらりんもがんばるにぃ☆」
P「それよりアイドル活動を頑張ってほしい……」
94:
P「そういえば、きらり」
きらり「にゅ?」
P「俺、この間お前が好きだって言っただろ。あれ、あながち嘘ってわけでもないんだ」
きらり「にょわっ……!」
P「だから、こういう関係になれたのも、過程は別としてそんなに嫌でもないっていうか……」
きらり「あは……Pちゃんズルい、きらりんニヤニヤすぅ……☆」
P「で、だな」
きらり「んぅ」
P「俺、お前から『好き』って一言も聞いてないんだけど」
きらり「ぴっ!?」
100:
きらり「そそそそんなことないうぅぅ☆」
P「そうか? 『きゅんきゅん』とか『ずっきゅん』とかで誤魔化してるよな?」
きらり「んにぃ!?」
P「ほら……俺と子供作るんだろ。一生養ってやるから、一回くらい『好き』って言ってくれ」
きらり「うきゃー! Pちゃん、きっ、きらりんぱわーするよ☆」
P「これだけは譲らん。俺が言ったのにお前が言わないのは不公平だ」
きらり「あぅ……」
P「さあ。さあさあ!」
きらり「…………」
103:
きらり「…………」
きらり「………………スキ」
P「あぁ?? 聞こえんなぁ??」
きらり「???っ好き好き好き好き、Pちゃん大好き! ずっとずぅっと一緒にいるぅう///」
ガバッ
P「うおわっ!」
きらり「うぇへへ……ばっちし言っちゃった☆」
P「それで、なんで押し倒すんだ。もしかしてお前、照れ隠――」
きらり「Pちゃんおだまり☆ ハピハピすぅう☆」
チュウウウウウウゥゥゥゥ
P「んむ??!!」
108:
15年後―――
娘A(190cm)「今日は765の人とお仕事すぅ☆」
娘B(200cm)「にゃは☆ おーごしょの千早さんにごあいさつーぅ!」
娘C(210cm)「みんなできらりんあたーっく☆」
あの時できた子供たちは、気が付けばみんな立派に成長していた。立派すぎるほどに。
当時のきらりを上回るスピードで成長したこの子たちは、
気が付けばスラムダンクの赤木やアイシールドの峨王にも見劣りしない身長になっていた。
当然だがパワーも親譲りで、親と子供で簡単にできる力比べ、腕相撲でも俺は勝てた試しがない。
きらり「あなたーひさしぶりにハピハピすぅう☆」
P「お前30代にもなってまだその喋り方って」
きらり「きらりんぱわー☆」
ゴッ!
終わり。
110:
おつぅ☆
111:
おつ
きらりの血が強すぎるだろw
11

続き・詳細・画像をみる


お隣「すんません、毎日深夜に壁コンコンしないでもらえますか」俺「え?してませんけど…」

キモオタ「ティンカーベル殿!おとぎ話の世界に行きますぞwww」五冊目

気分だけ夏!?真冬に南国気分を味わいたいダックスフント犬が面白い!!

【悲報】ロシアもドイツに対し戦後賠償を求めていた。金額はたったの400兆〜550兆円だから払えるよね?

先生「蜂を英語で言うと?」小学生俺「スピアー!」教室「wwwwwwwwwwww」

お風呂の残り湯で米洗う奴wwwwww

【バカッター】ニトリの巨大看板に登って記念撮影→炎上wwwwwwwwwww

“完結してる作品でアニメ化してほしいマンガは?”・・・・1位はあのガンダム作品

2年間娘に暴力を振るい続けたA子の親に直談判すべくA宅に凸った結果

2月って一年で一番つまんないよな

【画像あり】関東と関西の桜餅が全然違うwwwwwwwwww

レオン・S・ケネディ「俺の任務は大統領の娘、アシュリー・グラハムを救出すること」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先