瑞希「瑞希のマジックショー」back

瑞希「瑞希のマジックショー」


続き・詳細・画像をみる


瑞希「ここにトランプがあります」
瑞希「この中から一枚選んでください。どうぞ」
伊織「定番のヤツね」
真「どれでもいいの?」
瑞希「はい、もちろん。どれでもお好きなものを選んでください」
千鶴「じゃあ…これにしましょうかしら」
瑞希「それでは、その一枚をよく覚えておいてください。…私には見えないようにね」
千鶴「わかりましたわ。…みんな、これですわよ」
千早「…大丈夫、覚えました」
マジック:ザ・ギャザリング 運命再編 ブースターパック 日本語版 BOX
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
瑞希「いいですね…?それでは、この中に戻してください」
千鶴「わかりましたわ、えい」
瑞希「今、選んだ一枚はここにあります。これを…菊地さん」
真「はい!」
瑞希「好きなだけシャッフルしてもらってもいいですか?」
真「ええ!?そんなことしちゃっていいの?」
瑞希「はい、好きなだけ、どうぞ」
真「う、うん…。じゃあ遠慮なく…とりゃー!」
千早「大丈夫なのかしら…」
伊織「へー、これで当てたら凄いわね」
3: 以下、
真「よし…!これくらいでいいかな」
千鶴「結構きりましたわよ…」
瑞希「もうこれで選んだ一枚はどこにあるか、皆さんにも私にも、全くわからなくなりました…。そうですね?」
伊織「ええ、そうね」
瑞希「さて、トランプはどこに行ったのでしょう…困ったぞ」
真「え? 困っちゃうの?」
瑞希「そうだ…!ここは助っ人に登場してもらいます。…ごそごそ」
瑞希「ご紹介しましょう…、助っ人のリトルミズキです。じゃじゃーん」
4: 以下、
真「おー!リトルミズキ!」
瑞希「このリトルミズキ、実は優秀な探偵でもあるのです。ね?」
瑞希「『そうよ!この私にかかれば、どんな事件もあっという間に解決しちゃうんだから!』」
千早「だから探偵服を着てるのね、リトルミズキ」
瑞希「今回はこのトランプ行方不明事件、彼女に解き明かしてもらいましょう」
伊織「なるほど、なかなか本格的ね」
真「リトルミズキ可愛いなあ…」
6: 以下、
瑞希「トランプを机の上に並べます。…しゃっ」
千鶴「さすがの手つきですわね」
瑞希「どうですかリトルミズキ、行方不明のカードは見つかりそうですか?」
瑞希「『うーん…こっちの方にいる!カードの足跡が残ってるよ!』」
瑞希「そうですか、それではこちら側の半分は横にどけて…」
千早「リトルミズキ、凄いわね」
真「いいなぁ…ボクもリトルマコト欲しいなぁ…」
千鶴「頼んでみたら作ってくれるんじゃなくて?」
7: 以下、
瑞希「では、この中だったらどうでしょう?分かるかな…?」
瑞希「『ふむふむ…こっちの方だわ!電車に乗った形跡がみられるもん!』」
瑞希「なるほど、ではまたこちらだけを残して…」
千早「いつの間に電車に…」
伊織「作ってもらったところでどうするのよ?」
真「えっとね、可愛い服を着せたり、一緒に寝たり…」
千鶴「それならもう雪歩あたりが作ってそうな気もしますけど」
伊織「ふふ…ありえるわね…」
真「ちょっとやめてよそういうこと言うの」
8: 以下、
瑞希「さあ、ここからは一気に追い詰めましょう。リトルミズキ、ふぁいと、おー」
真「がんばれー!」
千早「あと少しよ!」
瑞希「『むむむ…これじゃない…これでもない…。…分かった!これだ!』」
伊織「おっ」
瑞希「『間違いないわ!このカードには千鶴の指紋がついてるもん!』」
千鶴「おお!呼び捨…ついにたどり着いたんですわね!」
伊織「んふっ…どこに引っかかってんのよ」
9: 以下、
瑞希「さて、名探偵リトルミズキによると、このカードが二階堂さんの引いた一枚のようです…むむ」
千早「本当かしら…」
千鶴「これでそうだったら凄いですわよ」
伊織「いや、マジで凄いわよ」
真「うわ、緊張する…!」
瑞希「では、いいですね皆さん。二階堂さんが引いたのは…えい!」
四人「!!」
瑞希「…クラブの7。どうですか…?」
四人「…」
10: 以下、
真「え、えっと…」
伊織「これは…なんていうか…」
瑞希「………あれ?」
千鶴「そ、それだったかもしれないですわ!」
千早「いや、違いました」
千鶴「ちょおーい!!ちょいちょいちょーい!!」
真「血と涙!…血と涙!!」
千早「あっ…それだったかも」
伊織「遅い!血と涙ちょっと遅い!」
11: 以下、
瑞希「あれ……失敗……?」
真「いやいや瑞希!いやいやいや!…あってた!あってたよ!」
千鶴「そ、そうですわ!…ああ!!これは確かに私が引いた一枚ですわー!指紋もピッタリ!」
瑞希「……ほんと?」
千早「いや、やっぱり違うのでは…」
伊織「血と!涙!…人間の心ッ!」
千早「あっ…そうね、確かに電車乗ってたかも」
真「ちょっと遅い!心芽生えるのちょっと遅い!」
12: 以下、
瑞希「皆さん……どうやら失敗してしまったようです……ごめんなさい……」
真「いやいやいや!その…こんなのあてる方がおかしいんだよ!逆に!」
千鶴「そうですわ!あてたら気持ち悪いですわよ逆に!ダメですわ!人として!ダメ!」
瑞希「ありがとうござます……。ちなみに、本当は何を引いていたんでしょうか?」
千鶴「え、えっと…ダイヤの3、ですわ」
瑞希「そうですか……。そうだったらしいよ、リトルミズキ」
瑞希「『うぅーん、おっかしいなー。間違っちゃったかー』」
瑞希「『でもちょっと待って!ダイヤの3なら…たしか…』」
千鶴「え?」
瑞希「『あっちの方に行ったんじゃなかったかな…』」
13: 以下、
伊織「あっち?」
瑞希「『そう、こっちの辺りに…』」
千早「…え?私?」
瑞希「如月さん…、胸の辺りに何か違和感がありませんか?」
千早「…!」
千鶴「え…?え?え? ウソ!?」
千早「…胸ポケットに、トランプが…」
真「うわー!?凄いコレ!何コレ凄い!」
伊織「ホントに!?嘘でしょ!? …千早あんたグルじゃないでしょうね!」
千早「いや…!本当に知らないうちに…!」
14: 以下、
瑞希「そのトランプ、見てもらってもいいですか…?」
真「うわー!えっえっ!? 凄い!凄いコレ!」
千鶴「鳥肌ハンパないですわ…!」
伊織「ウソでしょ…!?いやウソでしょ!?」
瑞希「さあ、どうでしょうか…?」
千早「…っ!」
千早「これ…」
千早「全然違うのだけれど」
三人「」
15: 以下、
瑞希「……え?」
千早「いや、全然違うカードだわ」
真「ちょ、ちょっと見せて!」
伊織「これは…!」
千鶴「ス、スペードの12……」
三人「……」
千早「え、えっと…」
16: 以下、
瑞希「いや…、みなさん大丈夫です」
真「え?」
瑞希「そのカードであっています」
伊織「え?どういうこと?」
瑞希「見てください、リトルミズキが探し当てた二つのカード…」
千鶴「なにかあるんですの…?」
千早「クラブの7と…スペードの12…?」
真「なんだろう…」
17: 以下、
瑞希「もうお気づきですね…?」
真「え?え?」
伊織「なにかしら…本当にわかんない…」
瑞希「12と7、127…1・27…」
千早「あっ…んふっ!」
真「いや…んふっ…え…?」
瑞希「そう!1月27日! つまり今日の日付のことです!」
千鶴「おほっ…!」
伊織「いや…んふふっ!いやいや…」
18: 以下、
瑞希「マジック、大成功ー! …ぐっ!」
伊織「いや…あの…、瑞希…?」
瑞希「やったね、リトルミズキ…!」
伊織「いや違う…ちょっと、ちょっと待って」
千早「んふふ…」
瑞希「『ミズキにはいつも私がついてるもん!成功するに決まってるわ!』」
瑞希「ありがとう、リトルミズキ…よしよし」
伊織「いや、違う違う…、そういうのじゃなくて…瑞希、違う、あのね…」
瑞希「はい、なんですか?水瀬さん」
19: 以下、
伊織「まず、あの…最初に千鶴が引いたカードは…?」
瑞希「アレは関係ないです」
伊織「関係ないの!?」
真「あははっ!」
千早「んふっ…引いた数字をあてるマジックじゃなかったのね…」
瑞希「リトルミズキが12と7のカードを探してくる、というマジックです」
伊織「何そのピンポイントなマジック!」
真「んふふふっ…!」
千鶴「ふっ…じゃあ引かせる必要なかったんじゃ…」
20: 以下、
千鶴「まあでも凄いマジックではありますけれどね…んふっ…!」
真「トランプが千早の胸から出てきたりね」
千早「本当にいつ仕込んだのかしら…」
伊織「いやでも千早は特に仕込みやす…」
瑞希「今日は1月27日!なのか…!」
伊織「!」
瑞希「だからこのマジックなんだなぁ…」
千鶴「んふっ…」
真「ふっ…あれ…」
瑞希「12と7…!なるほどなあ…!」
千早「んふふ…」
伊織「……いや…んふっ!」
21: 以下、
瑞希「そういうことなのか…なるなる」
伊織「いや…もう露骨!」
千早「んふふふふっ…」
瑞希「あれ、どうかしましたか?水瀬さん」
伊織「その白々しい誕生日アピールいい加減やめなさいよね!朝から何回祝えばいいのよ!」
千鶴「ふふふ…!しかも至るところでやってますわ。マジックのオチも結局それだったし…」
真「ボクなんか違う現場も含めて4回くらいミニパーティしてるよ」
瑞希「プレゼントは、1回しかくれませんでした…」
真「ええ!?1人複数個ずつもらうつもりなの!?」
22: 以下、
千早「まあ、今日くらいはいいんじゃないかしら。多少のわがままを許してあげても」
千鶴「仕方ないですわね…」
真「プレゼントは1個だよ!?」
瑞希「それではお言葉に甘えて…次のイリュージョンを披露します。…わきわき」
伊織「しかしよくこのテンションを保ってられるわ…このあとパーティもあるってのに…」
瑞希「ちゃららちゃららーん」
千鶴「また始まりましたわね…」
真「でもマジックは見てて楽しいよね、上手いし」
23: 以下、
瑞希「これから、私のはんどぱわーをお見せしましょう」
千早「トランプからイリュージョンまで…バリエーション豊富なのね」
伊織「…あれ、なんかこれ既視感があるけど気のせいかしら…」
千早「そうなの?」
瑞希「むむ!そこの可愛らしいお嬢さん!」
真「まあ!私のことかしら!」
伊織「反応早っ!」
千鶴「嬉しそうですわ」
千早「単純ね」
24: 以下、
瑞希「これからあなたの、固定概念を消してみせましょう」
真「こて…え?」
伊織「あっ思い出したこれダメなヤツだ」
千鶴「あぁ…こちら側の負担が100のヤツですわね」
千早「え…?どういうことですか?」
千鶴「見てたらわかりますわ」
瑞希「これからあなたの『誕生日にあげるプレゼントは1つでいいや』、という固定概念を消してみせます」
真「ちょ、ちょっと…!?」
伊織「んふっ…!無茶苦茶言ってるわね」
瑞希「むむむ…はっ!」
25: 以下、
真「…っ!」
伊織「ふふふ…顔!顔怖いから!」
瑞希「…どうですか?」
真「…誕生日には1人でたくさんプレゼントをあげた方が良いのかもしれない!」
瑞希「これぞ、はんどぱわー」
千鶴「す、すごいですわ!はんどぱわー!」
伊織「んふふっ!毎度のことだけど律儀だわ…」
千早(この四人はいつもこんなことしてるのね…)
26: 以下、
真「でも気持ちがこもっていたら1個でも良いのかもしれない…!」
千鶴「正気にもどった!」
伊織「んふっ!あんま効いてないじゃない、はんどぱわー」
瑞希「誕生日特別はんどぱわー!」
真「…やっぱり今からでも何か買いに行こう!」
千早「ふふふっ…!誕生日の力凄い…」
瑞希「別にモノじゃなくてもいいよぱわー!」
真「…モノ以外ではなにが良いんだろうか…!」
伊織「もう普通に会話しなさいよ!」
27: 以下、
瑞希「菊地さんにはパーティで真王子をやってもらうとして…」
真「強大な力だった…恐るべしはんどぱわー…」
瑞希「続きまして…」
伊織「さて、もうそろそろイリュージョンはいいわね」
千鶴「そうですわね、パーティの準備も始めなくてはいけないし」
千早「私は歌のレッスンのノルマを…」
真「あっ!ズルイ! 瑞希!早くはんどぱわーを!」
瑞希「そこの歌がお上手なお嬢さん!」
千早「…っ!」
28: 以下、
伊織「イリュージョンが続いてるわよ、千鶴」
千鶴「面白そうですわね、見ていきましょうか」
真「あはははっ!戻ってきた!」
千早「くっ…」
瑞希「このお嬢さんからは怒りを消し去ってご覧に入れましょう」
千早「怒り…?」
真「なんのことだろう…?」
千鶴「なんとなく嫌な予感がしますわね…」
瑞希「むむむ…はっ!」
29: 以下、
千早「…っ!」
伊織「あはははっ!アンタもやるのそれ!」
真「険しい!んふふっ眉間が険しいっ!」
千鶴「ふふ…!」
瑞希「どうですか…?」
千早「え、えっと…、怒りがなくなって清々しいような…」
伊織「この慣れない感じも新鮮ね」
瑞希「そうですか、それでは…さっ」
千早「…!!」
30: 以下、
真「あっ!アレは…!スマホ!」
伊織「ん…?んふふっ!ああ、アレね」
千鶴「ほふっ…!アレって瑞希が待受にしてた千早の水着画像ですわよね?」
伊織「そうよ、結局またバレて使用禁止を命じられてるのよ」
瑞希「これの使用を許可してもらっても…」
真「どうなる…!?」
千早「ダメ!!」
真「やっぱりダメだったー!」
伊織「んふっ…めっちゃ怒ってんじゃない」
31: 以下、
千鶴「誕生日のはんどぱわーをもってしても、千早の怒りには勝てなかったですわね」
伊織「あれには怒りの他に深い哀しみも秘められてるからね…」
千早「真壁さん、次はないわ…」
瑞希「すいません…」
真「んふふ…もの凄い怒られてる…」
伊織「はんどぱわーかかった時より今の顔の方が全然怖いわね」
千鶴「妥当な反応ですわ」
33: 以下、
瑞希「それでは…、次で最後のはんどぱわーにします」
伊織「もういいでしょ!」
瑞希「すいません、水瀬さん。でもこれだけは、どうしてもやりたくて…」
真「…瑞希?」
瑞希「私がみなさんと初めて会ってから、随分月日が経ったように思います」
千鶴「…!」
瑞希「アイドルになりたての私は、人付き合いや、感情の表現が苦手で…」
瑞希「いつもプロデューサーや、劇場の皆に、迷惑かけてばかりでした」
千早「……」
34: 以下、
瑞希「そんな私に、なんの隔たりもなく、優しく、明るく接してくれたのが、みなさんでした」
伊織「瑞希…」
瑞希「今の私がここにいるのは、こうして笑っていられるのは、間違いなく、みなさんのおかげです。私の胸は、感謝の気持ちでいっぱい、いっぱいです。…ありがとう」
真「そんな…それはこっちの台詞だよ…」
千鶴「…まったくですわ」
瑞希「最後のはんどぱわーは、みんなにかけます」
千早「うん…」
瑞希「それでは…」
35: 以下、
瑞希「これからみなさんは、アイーンがしたくなります」
千早「!?」
伊織「…は?」
真「…え?」
瑞希「むむむ…」
千鶴「いやちょっと…!ちょっと待って!」
瑞希「はい、なんでしょう?」
千鶴「なんでさっきの感謝から、アイーン?」
瑞希「ああ、そこは全然関係ないです」
伊織「関係ないの!?」
ケツ
36: 以下、
読んでくれた人ありがとうございます!
ハッピーバースデー瑞希
37: 以下、
最期だいなしだよwwwww
まかべー誕生日おめでとう!乙!!
39: 以下、
あ、このssは
千鶴「お腹が空きましたわ…」とか
真「ここですか?」千鶴「そう!そこですわ!」
ってやつとかの設定引きずってます
40: 以下、
このシリーズ好きだわ、おつ
◆関連SS
千鶴「お腹が空きましたわ…」
真「ここですか?」千鶴「そう!そこですわ!」
ラジオCD「アイマスタジオ」vol.15
ブシロードミュージック ブシロードミュージック 2015-02-25
Amazonで詳しく見る
関連記事
- 加蓮「凛ってさ、甘えるの下手そうだよね」
- 二宮飛鳥「超正常刺激?」
- 北条加蓮「繋がってるこころ」
- やよい「腹パン一回1000円です……」
- P「アイドル達にマッサージをして疲れを取ってやろう」
- P「正直、真美のことは性的な目で見ている」
- やよい「今日の私は悪い子ですよぉ!!」
- 響「まずいぞ・・・早く逃げないと・・・!」
- 井之頭五郎「このおにぎり不真面目な味」美希「えー……」
- P「飲み物に媚薬を入れてみた」
- 千早「なんだか胸が張るわ…」P「張るほどないだろ」
- 響「あー眠いな?」
- P 「響がちょろすぎて心配だからこっそり訓練しよう」
- P「冬馬が大人の階段を昇った?」
- P「あーイく、千早、中に!」春香「下さい、プロデューサーさん!」
Amazonの新着おすすめ
ダブル美少女の心を読んでラブ奴隷に落とした件
DVD付き 進撃の巨人(14)限定版 (講談社キャラクターズA)
大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
提督初心者に告ぐ! 闘うお嬢さんたちアンソロジー 何これ!?
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book
ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館 [DVD]
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
-
- 男「幼馴染みがエロゲーしてる......」
| トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX (オリジナル特典付)とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情 (電撃文庫)
最新記事
- 瑞希「瑞希のマジックショー」
- 男「幼馴染みがエロゲーしてる......」
- ステイル「よく考えてみると、神裂の服装は性的すぎるな……」
- 【SS】自転車に乗れないまゆ
- 【艦これ】女と髪と命と
- 美緒「妙なモノが釣れたんだが…」芳佳「食べましょう!」
- 司馬懿「性格変換機だと?」
- 真「ここですか?」千鶴「そう!そこですわ!」
- モバP「妖怪なんでも屋」
- 息子「父さんってツンデレ?」父「違う」
- モバP「例えば俺が」
- ルキナ「なくはないです」
- あずさ「また迷子になったわ?」
- 「もし」も高校野球が「ドラ」ゴンボール並にインフレしてたら
- 律子「お〇ぱいうpスレ…?」
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
カテゴリー
禁書目録SS
エヴァンゲリオンSS
Fate SS
アイドルマスターSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
トリニティセブン リーゼロッテ=シャルロック ~水着Ver.~ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング― 初回限定生産版 (初回特典 限定アイテムプロダクトコード 同梱)美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-【予約特典:八宝備仁描き下ろしイラスト付き】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I【完全生産限定版】SHIROBAKO 第3巻 (初回生産限定版) [Blu-ray]劇場版ペルソナ3 #2Midsummer Knight's Dream【完全生産限定版】 [Blu-ray]ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3DAngel Beats! -1st beat- 【予約特典:未公開シングル「Million Star」+ Amazon.co.jp限定特典】いまりあ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!
電子の海から
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
電子の海から
----------------------------------------------------------------------------
電子の海から
----------------------------------------------------------------------------
電子の海から
----------------------------------------------------------------------------
電子の海から

続き・詳細・画像をみる


人類史上最高の天才は誰か?

【朗報】金曜ロードSHOW!、ついに本気を出す

スマホゲームに課金するのは許しがたい悪行という風潮

東京喰種トーキョーグールの説明文wwwwwwwwwwwwww

採用面接官「東京オリンピックで日本のメダルを増やしなさい」

ISISがヨルダンを挑発した結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先