【艦これ】瑞鶴「安価で行動する」back

【艦これ】瑞鶴「安価で行動する」


続き・詳細・画像をみる


提督を爆撃
4: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 12:33:30.80 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「提督さんの部屋行って爆撃しようっと!」
瑞鶴「最近構ってくれないし気を引こうかな」
????????
瑞鶴「全機爆装、準備出来次第発艦!目標、母港執務室の提督、やっちゃって!」
提督「え、ちょなんでぇぇぇぇぇぇぇ!!!」ズドン
瑞鶴「やったぁ!」
提督「ゲホッ……最近やってこないなと思ったら…油断してた…」
瑞鶴「もう、ちゃんと構ってくれないとふてくされるぞー?」
提督「悪いが何かと忙しいんだ」
瑞鶴「もう!みんなそう言うわ!提督さんは何にそんな忙しいのよ!」
提督「>>5をやってるんだよ」
5: 以下、
瑞鶴との結婚準備
7: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 12:42:26.41 ID:iMmPc18yO
提督「け、結婚の準備してるんだよ」
瑞鶴「準備って最近装備捨てたり演習してるだけじゃない」
提督「いや、それが必要な準備だったんだって......」
瑞鶴「て、ていうか結婚の準備って相手は誰なのよ?」
提督「それは...」
瑞鶴「まさか>>8!?」
言い忘れましたがエロ。グロは避けます。ご了承下さい
8: 以下、
瑞鶴
11: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 12:52:52.88 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「まさか私と!?」
提督「......お前自分に自信持ちすぎだろ...」
瑞鶴「えっ?違うの?」
提督「う…む、当たっている」
瑞鶴「ふふん、私を舐めないでよね。提督さんの考えてることなんてお見通しなんだから!」
瑞鶴「って当たってるの!?」」
提督「以心伝心といったところだな。それで、返事は...その...どうなんだ」
瑞鶴「>>12」
12: 以下、
嫌よ
13: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 13:01:22.66 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「嫌よ」
提督「な!?」
提督「なんでだ瑞鶴?他に好きな人でもいるっていうのか?」
瑞鶴「嫌そういうわけじゃないけど...」
提督「日々のスキンシップが足りなかったのか...?」
提督「これからはもっと回数を...」
瑞鶴「爆撃されたいの?」
提督「やめてくれ。というかなんで嫌なんだ?」
瑞鶴「えっと...>>15だから」
15: 以下、
他の娘に申し訳ないから
17: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 13:09:20.47 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「だって…他の子に申し訳ないじゃないの…」
提督「他の子だと?俺は瑞鶴が好きなんだ!そんなことを感じる必要はない!」
瑞鶴「でも…私だけ抜け駆けなんて、そんなことできない」
瑞鶴「提督さんはもっと自分に向けられてる好意に気が付いたほうがいいわ」
提督「むう…では、その他の子とは例えば誰なんだ?俺には誰かに好意向けられた覚えなどないぞ」
瑞鶴「はぁ…>>19さんとかいっつも提督さんのこと話してるわよ?」
19: 以下、
鈴谷
21: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 13:19:45.77 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「はぁ…鈴谷さんとかいっつも提督さんのこと話してるわよ?」
提督「鈴谷かぁ...」
提督「あいつは結構からんでくるけど好意というわけじゃないだろ」
提督「なんていうかネタにされてる気分だしな」
瑞鶴「そういえば『提督っていじられキャラじゃん?』って言ってたわね」
瑞鶴「でも『今日は提督に?してった』とかよく聞くけど...」
提督「単なる自慢話だろ」
提督「だからあれは好意じゃない、ただの暇つぶしだ」
瑞鶴「頭硬いわね、じゃあ>>22とかはどうなの?」
22: 以下、
ゴーヤ
23: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 13:32:33.75 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「ゴーヤちゃんも提督さんのことよく話すわよ?」
提督「ゴーヤなんてどうせオリョクル関連の愚痴だろう」
瑞鶴「ううん、何かと前いた鎮守府とここを比べてすごく楽になったって喜んでたわ」
提督「そんなバカな。毎日10回はオリョールに行かせているんだぞ?嫌われていないわけがない」
ゴーヤ「それは違うよぉ!」ボコォ
提督「うわぁ!お前どこから…」
ゴーヤ「土の中からこんにちわー!ゴーヤだよ?」
瑞鶴「あらゴーヤちゃん、今の話聞いてたのね」
ゴーヤ「うん!てーとくがそんな勘違いしてるなんてビックリでち」
提督「えっじゃあマジで俺のこと好きなの?」
ゴーヤ「もちろんでち!」
瑞鶴「ほらね?だから気が引けちゃうのよ」
ゴーヤ「てーとくはゴーヤのこと嫌いなの?」
提督「>>24」
24: 以下、
好きに決まってる
25: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 13:45:21.07 ID:iMmPc18yO
提督「好きに決まってる」
提督「うん、たぶん、おそらく、きっと...嫌いではない」
瑞鶴「なにそのあいまいな表現」
提督「好きだぞ、命令は素直に聞いてくれるし」
ゴーヤ「ゴーヤも任務の後はお菓子買ってくれるてーとくが好きでち」
瑞鶴「お菓子?」
提督「ほら、報酬ってやつ?」
提督「それよりゴーヤ、俺のことどれくらい好きなんだ?」
ゴーヤ「うーんと、イムヤちゃんやイクちゃんと同じくらい好きでち」
提督&瑞鶴「へ?」
ゴーヤ「そういえば>>26ちゃんもてーとくのこと好きって言ってたよ」
26: 以下、
雲龍
27: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 13:58:01.49 ID:iMmPc18yO
ゴーヤ「雲龍さんもてーとくのこと好きだって言ってたよ!」
提督「雲龍もか…今までどうして気が付かなかったって位いるんだな…」
瑞鶴「雲龍さんはむしろ積極的だったじゃない。飛行甲板なんて普通触らせないわよ」
提督「いや、でも俺より艦載機に興味がある節だったじゃないか」
提督「それにだ、ゴーヤの『好き』だってお友達気分でだろう」
瑞鶴「うーん…そうかなぁ」
提督「だからな瑞鶴、俺とケッコンしてくれ!俺が本当に好きなのはお前だけ…初めて会った時から気になっていたんだ!」
瑞鶴「そ、そんなこと言われても…」
提督「っく…どうしたら認めてくれるんだ…」
瑞鶴「……>>28してくれたら、私も気兼ねなく提督を受け入れるわ」
28: 以下、
加賀さんに五航戦を認めさせたら
30: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 14:08:58.20 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「……加賀さんに五航戦を認めさせたら、私も気兼ねなく提督を受け入れるわ」
提督「ハードル高いな!」
提督「というかそれは自分でやるべきだろ」
瑞鶴「私だって頑張ってるわよ」
瑞鶴「でも『まだまだ五航戦の子は練度が低いわ(加賀のまね)』って言われるし」
提督「あいつはお前らにはきついからな...」
提督「だが俺が認めさせても意味はないと思うんだよ」
瑞鶴「でも...」
加賀「話は聞かせてもらたわ」
提督&瑞鶴「加賀さん!?」
加賀「瑞鶴、この際だから言うけれど」
加賀「あなたたち五航戦に足りないものは>>31よ」
31: 以下、

35: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 14:24:08.82 ID:iMmPc18yO
加賀「胸よ」
瑞鶴「…は?」
加賀「胸部装甲が圧倒的に足りていないわ。私や赤城さんを見てみなさい」
提督「ちょ、加賀…そういうコンプレックスに触れるのはどうかと…」
瑞鶴「ふふふ…いいわ…やってやろうじゃないの!」
加賀「ふっ…口だけは一人前ね」
提督「だめだ聞いてない……ゴーヤ、ちょっとここは危ないから部屋に帰りなさい」
ゴーヤ「えっあ、うん…わかったでち。またね、てーとく」ガチャ…バタン
提督「ゆっくり休んでくれ……さてこっちは…」
加賀「ふん、ならばやってみせなさい。見ててあげるから。あ、出来なかったら提督は私がもらうわ」
瑞鶴「なによそれ!信じられない!」
加賀「この世は弱肉強食よ。弱い人なんかに提督は任せられないわ」
提督「あれ?俺の意見は…?てか瑞鶴は俺に対して本当に好きだって認めさせてたかったんじゃ…」
瑞鶴&加賀「提督(さん)は黙ってて(ください)」
提督「アッハイ」
加賀「それで?どうやってその貧相な胸を大きくするつもりなの?」
瑞鶴「>>37」
37: 以下、
安価ミスかな?
とりあえず徹甲弾パット装着
42: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 14:39:52.42 ID:iMmPc18yO
瑞鶴「くっ」
おもむろに部屋を出ていく瑞鶴
加賀「言い過ぎたかしら...」
??????????
5分後
そこには胸が大きくなった瑞鶴の姿が
提督「これは...パッド?」
加賀「いえ、これは普通のパッドじゃないわ」
加賀「かの有名な戦艦が装着しているという伝説のパッド...」
瑞鶴「そう、徹甲弾パッドよ!」
提督「男性の前でよく堂々と...」
瑞鶴「これで装甲も胸囲も大幅アップよ」
加賀「さすがは五航戦...というとでも?」
瑞鶴「な、なんですって...?」
加賀「所詮はパッド、胸が小さいことには変わりないわ」
加賀「それに...」
瑞鶴「それに?」
加賀「空母は徹甲弾を積めないわ」
瑞鶴「そ、そんなぁ...じゃあどうすれば......」
がっくしとその場にうなだれる瑞鶴orz
そんな瑞鶴を見かねて提督が言葉をかける
提督「↓1」
43: 以下、
揉めば大きくなる(確信)
46: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 14:51:29.79 ID:UtNdGzFkO
提督「俺が、俺が揉んでやんよ!」
瑞鶴「ふえ…?」
加賀「なっ!?」
瑞鶴「で、でも…こんな小さいの…揉むことだって…」
提督「どんな胸でもっつったろ!」
瑞鶴「そんな、そんなこと…本当にいいの…?」
提督「当たり前だ!それにな、俺はありのあままのお前が好きなんだ!」
瑞鶴「提督…さん…グスッ…私も、本当は大好きよ…!他の人になんて渡したくない!私だけの提督さんでいてほしい!」
提督「その言葉が聞きたかった…じゃあ、この指輪、受けとってくれるか?」
瑞鶴「はい…喜んで…」
加賀「待って!」
提督「加賀…」
加賀「私じゃ、私じゃだめなのでしょうか…?私だって、好きだっていう気持ちはだれにも負けません…!」
瑞鶴「加賀さん…」
提督「…俺は…↓1」
47: 以下、
瑞鶴以外考えられないや
それに随分瑞鶴をいびってたみたいだし
50: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 15:01:31.96 ID:UtNdGzFkO
提督「...俺は...瑞鶴以外考えられないや」
提督「それに随分瑞鶴をいびってたみたいだし」
加賀「そ、それはあまりに提督が瑞鶴ばかりひいきするから...」
提督「加賀さん」
加賀「呼び名も瑞鶴は呼び捨てなのに私はさん付けだし...」
提督「ほら、加賀さんってクールなイメージがあるから」
瑞鶴「でもエネミー海域の時は加賀さんばかり出撃させてもらえるじゃない」
加賀「それは瑞鶴が傷つくのが見たくないからよ」
提督「(制空権の関係なんだけどね)」
加賀「きっと私なんて提督から見ればただの兵器なんだわ」
提督「そんなことない、加賀さんはただの兵器じゃ...」
加賀「じゃあ、なんだっていうんですか...?」
提督「加賀さんは...↓1」
51: 以下、
機動部隊のエースだよ
55: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 15:20:15.08 ID:UtNdGzFkO
提督「うちの機動部隊のエースだ…俺が最も信頼を置く、な…」
加賀「そんなの…兵器としてみてるのと一緒ではないですか…!」
瑞鶴「提督さん、私もその答えはひどすぎると思うわ」
提督「…………」
加賀「もう、いいです…さようなら…」
提督「あ、ま、待て加賀!」バタン!
瑞鶴「提督さん、私たち艦娘は兵器である前に人間だって、着任の時言ってくれたじゃない」
提督「…………」
瑞鶴「私、確かに提督さんに受け入れられて嬉しいわ…でも、その過程で誰かが不幸になるのなんて見過ごせない」
提督「では、どうすればいいの…俺だって加賀は好きだ。だが、これは恋愛感情ではないんだ…」
瑞鶴「いいから、加賀さんを追いかけて!あのままじゃきっとまずいわ!」
提督「あ、ああ…」
---------------------------------------------
加賀「提督に見てもらえないこの世界なんてもう用はないわ…」
加賀「赤城さん…ごめんなさい。こんなくだらないことで逝ってしまう私を許してください…」ガチャン…
提督「おーい!……って、待った!何をしている加賀!」
瑞鶴「加賀さんやめて!」
加賀「来ないでください!」
瑞鶴「提督さん!加賀さんを止めるには↓1しかないわ!」
提督「よし、任せろ!」
56: 以下、
あすなろ抱き
58: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 15:34:52.67 ID:UtNdGzFkO
提督は瑞鶴の指示に従い
副砲で自害しようとしている加賀の背中から抱き着いた
加賀「やめてください!もう、私に生きる意味なんて...」
必死に抜け出そうとする加賀
提督「加賀さん、さっきは言い過ぎた」
加賀「もう提督の言葉なんか聞きたくないです」
提督「頼むから死ぬなんて馬鹿なことはしないでくれ」
提督「俺には加賀さんが必要なんだ!」
その一言に加賀さんの抵抗は弱くなった
加賀「...嘘はいいです」
提督「嘘なんかじゃない」
加賀「どうせ戦力のことで、でしょう」
提督「違う」
加賀「じゃあなぜ私が必要なの」
提督「それは、↓1だからだ!」
59: 以下、
赤城のため
61: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 15:59:07.23 ID:UtNdGzFkO
今更だけど加賀のさん付け表記ガバガバである。さんをいつも付けてるって脳内保管オナシャス
提督「赤城のためだ!」
瑞鶴「ちょ、提督さん!それじゃ意味ないって…」
加賀「……赤城さんだってもちろん私の大切な人です……ですが、私はそれ以上にあなたが好き…」
加賀「これだけ言っても伝わらないなんて、もうこれ以上の問答は無用ね…」グググ…
提督「ぐっ!なんて力だ…!ぐあっ!」
加賀「離れてください」
瑞鶴「提督さん!」
提督「ま、待て…待ってくれ…!」
加賀「…次があるのなら、私をお傍に置いてくださいね…?」
瑞鶴「やめて加賀さん!」
加賀「瑞鶴」
瑞鶴「な、なに…?」
加賀「私を打ち負かしたのだから、提督のことを任せたわよ…もし情けない真似をしたら許さないわ…」
提督「やめろ…やめてくれぇぇぇぇぇ!!!」
加賀「…………」グッ…
瑞鶴(もう、提督さんのバカ!何が赤城さんのためよ!女心をちっともわかってないんだから!!))
瑞鶴(加賀さんはまだちょっと迷いのある目をしてる……今ならまだ間に合うかも…)
瑞鶴(↓1で止めて見せる!これが最後のチャンスよ!)
62: 以下、
提督のキス
68: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 16:19:07.13 ID:UtNdGzFkO
瑞鶴(加賀さんに提督がキスすれば少なくとも死ぬことは...)
瑞鶴(って何考えてるのよ、そんなことしたら提督さんの初めてを)
瑞鶴(...そんなこと考えてる暇なんて...ええい!)バシッ
提督「ぐおっ!?」ガバッ
加賀「えっ...?」チュッ...
提督「......」
加賀「......」
瑞鶴(うそ...ほんとにマンガみたいに...)
加賀「ど、どいてください」
提督「す、すまん」
提督「......」
加賀「......」
提督「...えーっと」
瑞鶴「あーもう!じれったい!」
瑞鶴「提督さん、加賀さんに謝って!」
提督「すまなかった」
加賀「......」
瑞鶴「ほら加賀さんも」
瑞鶴「勝手に死のうとするなんて...」
瑞鶴「まだ加賀さんには、先輩には教わることがいっぱいあるんですから死んでもらっては困ります」
加賀「瑞鶴...」
瑞鶴「『五航戦なんてまだまだです』なんでしょ」
加賀「えぇ、全くその通りです」
瑞鶴「ぅ...とりあえず!勝手に死のうとしたこと、提督さんに謝ってください」
加賀「提督...↓1」
69: 以下、
2番でも良いのでお側に置いてください
72: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 16:38:43.45 ID:UtNdGzFkO
加賀「二番でもいいのです…私をお傍に…見捨てないでください…」
提督「…最初から見捨てるなんて言ってない…俺には加賀さんが必要なんだ」
提督「でも、やっぱり俺が一番好きなのは瑞鶴。そしてそれ以外を恋愛で好きにはなれないと思う」
加賀「そう…でも、その言葉が聞けただけでも満足だわ…」
瑞鶴「大体ね加賀さん!貴女甘えすぎですよ!いつもの憎たらしい口調はどうしたのよ!」
加賀「……うるさいわね五航戦…いつまでも調子に乗らないで」
瑞鶴「ふん、でも提督さんは私のものだしぃ?負け犬の加賀さんに言われる筋合いなんて…」
加賀「誰があきらめると言ったの?」
提督&瑞鶴「えっ」
加賀「言ったでしょう、二番目でいいから、と。私は提督に振り向かれるように全力を尽くすわ」
瑞鶴「む、無理よそんなの!提督さんは私以外恋愛では好きにならないって…」
加賀「さっきのキス…私の初めてでした。提督もおそらく初めてだったのではないですか?」
提督「…………(無言の赤面)」
加賀「やっぱり…では既成事実を作ってしまえば提督は断れなくなるはず…」
瑞鶴「やめなさいよ!この焼き鳥製造機!」
加賀「頭にきました。久々に稽古をつけてあげましょう。ついてきなさい」スタスタ
瑞鶴「望むところよ!馬力自体は私のほうが高いんだもの!すぐに追い越して見せるわ!」スタスタ
提督「なんでこうなった…」
その後提督と瑞鶴は無事結ばれた
そのそばには青い袴を着た女性も立っているという
二人はいつも口喧嘩。ですがその顔は晴れ晴れとしているのでした
艦!
74: ◆j3hd5eHTtvq7 2014/12/27(土) 16:42:09.50 ID:UtNdGzFkO
終わり
なんでこんなドロドロしてしまったん…?
実はこのSS二人違う人間が交互に書いてました。微妙な表記ゆれはそのためです(いいのかこれ)
いい時間つぶしになりました。参加してくださった方、ご拝読してくださった方、ありがとうございました
それではそれでは…
78: 以下、

続き・詳細・画像をみる


【悲報】ラブライバー、ライブで観客に投げ込まれたチョコを転売する

ワイのニャンコ顔変わりすぎワロリンヌwwwww

四コマ漫画書いたンゴwwwwwwwwwww

【マジかよ】サイフを忘れて無銭飲食をした客に『吉野家』が神対応すげぇえええええええええwwwwwwwwww

古くて新しい近未来的都市空間。香港の高層集合住宅をサイバーパンク風に撮影

あわや大惨事…対向車線を走ってきた自動車とバイクが正面衝突しそうになる危機一髪映像が恐ろしい!!

back 削除依頼&連絡先