女「ねぇ女の子ちゃん」女の子「はい」女「その、どれくらい本気なの?」女の子「へへへ」back

女「ねぇ女の子ちゃん」女の子「はい」女「その、どれくらい本気なの?」女の子「へへへ」


続き・詳細・画像をみる

1:
女の子「女さん、おなか、くっつけていいですか」
女「え…べつに、いいけど」
女の子「へへ、じゃあ失礼」オナカメクル
女「!ちょくせつ、くっつけるの」
女の子「はい。やですか?」
女「べつに…やじゃないけど…」
女の子「ふふ、女さんのおなか、きれいで、だいすき」ピト
女「ん…」
女の子「あったかいですねえ、女さん、それで、なんでしたっけ」ニヤニヤ
女「な、なんでもないわよ」
女の子「んー?」ギュウ
女「やあっ…ま、まって、あんまりいじわるしないで」
女の子「んふふ、女さん、すてきです」
女「…///」
女の子「つづき、していいですか?」
元スレ
女「ねぇ女の子ちゃん」女の子「はい」女「その、どれくらい本気なの?」女の子「へへへ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1423159480/
・ゲンドウ「……冬月。レイを起こしてくれ」レイ「っうぇ〜いwwwww」
・火憐「私と兄ちゃんは血がつながってないらしい」月火「私、結婚できるじゃん!」
・【R-18】男「○○でド淫乱変態肉食系ビッチの女にセクハラする」
・穂乃果「本当に女子風呂の中に犯人がいるの?」コナン「うんっ!」
・【R-18】幼馴染(♂)「くす、僕が女の子なら君に1回くらいヤラせてあげたのにな…w」【番外編】
・男子部員の精処理もこなす超エ●チな女子マネージャーwwwwww
http://rank.i2i.jp/"> src="http://rc7.i2i.jp/bin/img/i2i_pr2.gif" alt="アクセスランキング" border="0" />
http://rank.i2i.jp/" target="_blank">アクセスランキング& lt;/font>

6:
女「だ、だめ」
女の子「…」ギュッ
女「だめだってばあ」
女の子「…」ムギュウウ
女「…もう」
女の子「女さん、素直は美徳です」
女「ばか」
女の子「むねも、くっつけましょう」ブラハズス
女「…女の子ちゃんのも、とる」
女の子「へへ、積極的ですね」
女「〜〜〜!!!///」
女の子「はい、とれました。わたしもぬぎぬぎさせてください」
女「…意地悪なのね」
女の子「はい」
7:
女「…」
女の子「やん、女さんに背中をいやらしく撫でられました!」
女「そ、そんなこと、してないわよ!ちょ、ちょっと、さわったけど…」
女の子「この落とし前はどうつけてもらいましょうか」
女「…」
女の子「冗談ですよ」
女「…」
女の子「ふふ」ギュ
女「…胸がくっついてる」
女の子「くっつけてます」
女「…はずかしい」
女の子「女さん、いいにおい」
女「…はずかしい…///」
10:
女の子「こうやって、二人で、カラダくっつけたり、触り合ったり、わたしはすきですよお」
女「…き」
女の子「聞こえませんねえ」
女「…わたしも、すき」
女の子「女さん、いつもより、素直ですね」ギュウ
女「や…もう、急に、びっくりするじゃないの」
女の子「女さんのおなかとおっぱいが、わたしのおなかとおっぱいに重なってます」
女の子「えっち、ですね」
女の子「…キス、したくなってきちゃいました」
女「ん…」メヲトジル
女の子「…女さん、わたしがいじるから、反応薄くしてますね。わかります。女さんのイジワル」
女「え、まって、はなれないで!」
女の子「…ふふ、こういうのに弱い女さんとっってもかわいいですよお」
女「あんまりいじめないで…」
女の子「はいはい、ごめんなさい。これからいちゃいちゃしますからねー」オナカスリスリ
11:
女の子「したも、ぬぎぬぎしましょう」ズボンヌガセル
女「…」
女の子「あれ、女さん、パンツ、違う柄ですね」
女「…だって、女の子ちゃんと今日するなんて思ってなくて」
女の子「でも、パンツ、かわいいです」
女「…すぐそうやって言う」
女の子「…」ヌガセル
女「…///」
女の子「…女さん、隠さないでいいですよ」
女「だ、だって、わたしだけ裸になって、不公平だし!」
女の子「つまり脱げと。ああ、あんなに恥じらいにまみれていた女さんに脱ぐのを求められるとはなんたる幸福!」
女「」
12:
やっぱ年下が攻めの百合は素晴らしいな
13:
女の子「女さんのここ、おけけ、剃ってもいいですか」ワサワサ
女「…いい、けど…そのかわり、女の子ちゃんも、よ?」
女の子「つまりわたしの下の毛を女さんが剃りたいと」
女「べべべつにわたしがやるかどうかまではいってn」
女の子「女さんかわいいなあ、わたしキュンキュンしちゃいます」
女「…」
女の子「んよいしょ、女さん、いっしょに、お風呂入りましょう」
女「まって、くっついてて」ウデガシッ
女の子「甘えんぼさんだなぁ」ニヤニヤ
女「…寂しいから」
女の子「…」
女の子「はい、いきましょう」カラダピッタリ
女「…ありがと」
14:
シャワー「ジャアアアアアア」
女の子「シャワーつけてきました。わたしもぬいじゃお」ヌギッ
女「…」チラッチラッ
女の子「…女さんの視線を感じます」
女「!」
女の子「ふふ、いいですよ、わたしも女さんのカラダ、いっぱい見ますけど」
女「…やだもう」
女の子「はい、風引いちゃいます、入りましょう」
女「…はい」
女の子「せまいから、どちらかは温まって待ってるようですけど」
女「…そうね」
15:
女の子「…」カラダゴシゴシ
女「…」ジー
女の子「…女さん」
女「は、はい」
女の子「わたしのからだ、好きですか」
女「え!…も、もちろん」
女の子「…よかったです。女さんは、すごく、女の人って感じの体なので、わたしは釣り合わないかなって割と真剣に思ってました」
女「…わたしは、女の子ちゃんの、からだ、とっても好き」
女の子「…嬉しいです」
女「…」
女の子「交代です。次はわたしが女さんのからだを観察しますよお?」ザバーン
女「やだもう恥ずかしいの」
女の子「ふふふー」
16:
〜上がってまたベッド〜
女の子「さて、本日のンメーンベント、愛の印を刻め、相互剃毛のお時間ですよ女さん」
女「…よく、そんな恥ずかしいこと言えるわね」
女の子「女さんと二人きり、だからですよ?」
女「…///」
女の子「じゃあ、わたしがまず女さんのを、させていただきますね」
女「…あのね、女の子ちゃん」
女の子「はい」
女「…その、正面だと、なんか恥ずかしいからね、後ろから、してほしいの」
女の子「え、あ、わかりました(そっちのほうがエロいんだがwww)」
女「…」
女の子「ふふ、こんなふうに、女さんを後ろから抱きしめるの、いいなあ」
女「は、はずかしいから、はやく…して…///」
女の子「はーい。じゃあ始めますよぉ」
17:
女の子「はい、いっちょあがりです、女さん、きれいになりました」
女「…わざと、手で触らないようにしたでしょ」
女の子「いいえー?」ニヤ
女「…もう、わたしだっていじわるしてやる」
女の子「やーこわいのー」
女「…女の子ちゃんは、どういうふうがいい?」
女の子「女さん、わたし、鈍くないですよ。わたしにしたいから、恥ずかしいのを我慢して、あんなえっちなかんじで、したんですよね?」
女「…」
女の子「どうぞ、女さんのしたいふうに、してください」
女「…あなたには、負けるわ」
女の子「また勝ってしまったのですね」
18:
女の子「…」
女「…」
女の子「女さん、無理して、触りたいの我慢しなくていいですよ」
女「動かないで、剃ってる時に、あぶないから」
女の子「…はい」
女「…」
女「おしまい。女の子ちゃんは、ここ、とってもきれいですてき」
女の子「…へへ」
女「…それで、女の子ちゃん」
女の子「わかってます。女さんは焦らしすぎるとすねちゃいますもんね」
女「…」
女の子「…どうぞ、きれいになったわたしのからだ、女さんでいっぱいにしてください」
女「」プツーン
19:
〜数分後〜
女の子「…んっ…はあ…女さん、指使いがえっち…」
女「はあ…はあ……女の子ちゃん、キス、したい…」
女の子「んー…」
女「…ん…んちゅ、はあ、女の子ちゃん、かわいいの」
女の子「ふふ、女さんの、キスして、もう我慢できないですね…んっ」
女「…ん、もう、したいの…」
女の子「はい、いいですよ…んしょ、女さん、座ってするのが、いいんですよね」
女「そう、こうやって、女の子ちゃんと、全身くっつけてね、とっても、とっても」
女の子「ふふふ、女さん、もう、全然だめだめになってますねえ」
女「…女の子ちゃん、もっと、寄って」
女の子「はーい」
女「…いいの」
女の子「はい」
20:
女「…んん…女の子ちゃんのからだ、いいのお」
女の子「はあっ……女さん、いいのお…っ」
女「…ん…ちゅ…はあ……………ん…きもちい」
女の子「…やん………女さん、こんなに、したかったんじゃないですか…」
女「…わたしだって……はあ……言えたら…言ってるわよ………」
女の子「…あっ…ん……女さん……もっとお、もっとお」
女「…はぁ…っ…女の子ちゃん、かわいくて、萌え死にそう…」
女の子「いいの…ぉ……女さん……すきぃ……」
女「」プツリーン
21:
女の子「…女さ…っ…ん……わたし、だめかも……んんっ…」
女「きもち、いいのね……いいのね……んぁっ……いっしょに、いけそう?…」
女の子「あぁ…っ……もう……だめなのお……女さん……きもちいのお……」
女「…はぁっ…はぁっ…女の子ちゃん、と、きもちよくなるのぉ……」
女の子「いい……きもちい……いっちゃう……んん……」
女「いっちゃいそう、なの……?」
女の子「ん……んあっ……はい、いっちゃいそう……です……あっ」
女「いいわ……女の子ちゃん………っ……いっぱいになって!」
女の子「ん…ああっ……あああっ………んん………っ!!!」
2

続き・詳細・画像をみる


【閲覧注意】怖いおっさんがタクシー乗客をボコボコに。向かいの店から走ってきて助けに入る人もかなりゴツイ。那覇市松山

マスコミが「ISIS」ではなく「イスラム国」を使い続けた結果wwwwwwwwwwwwwwww

コスチュームでありラブレターにもなっているスパイダーマン・スーツ

【野球】球界に意外と多い二世プロ野球選手たち

プロ野球について卒論を書いた結果wwwwwwwwwwwwwwww

英スパイ機関、世界中でメディア関係者の電子メールを傍受

back 削除依頼&連絡先