人生ハードモードからイージーモードになったback

人生ハードモードからイージーモードになった


続き・詳細・画像をみる

1:
なんなの人生って
2:
何があった
3:
>>2
逆玉にのった
4:
語って
6:
俺36歳、大東亜卒、飲食店店員年収450くらい
彼女28歳、早稲田卒、一流企業勤務年収900万くらい お嬢様
7:
出会いは俺が働いてた店に彼女が常連で来ていたんだ 
ちょいとおしゃれな喫茶店で女性の客が多かった
話しかけたきっかけが彼女のPCのモニターを覗きこんでしまったこと
8:
映画化決定
10:
450でもノーマルモードなんだが…
12:
趣味がサイクリングなんだけどMTBしか持ってなくてロードどんなの買おうかなって悩んでたんだ
で、彼女が開いてるPCの画面たまたまみてしまったら俺好みのロードが出てたんだ
思わず体乗り出して画面覗きこんじゃったんだ
17:
彼女は「びっくりした!」って言って俺もその言葉に反応して「ああ申し訳ございません
ちょっとそのロードバイクに目が惹かれまして・・・」
彼女は「自転車乗られるんですか?」って聞いてきた
俺は「そうですね、私はMTBしか持ってないんでロード購入を考えてるんですよ」
18:
「ちょうどお客様のPCの画面に映ってたロードが自分の好みの色なんでつい見てしまいました
申し訳ありません」といってその時はそこを去ろうとしたら
「私もロード乗ってるんですよ よく休みの日には友達と遠出してます」って言ってきたんだ
も少し話していたかったけど接客業であまりだべってるわけにはいかないんで
その時はその場を一旦離れて接客してたんだ
19:
その日はそのまま彼女と話せなかったんだけど二日後の夜俺がいる時間に友達と来てくれて
少しは話せたんだ 彼女は「この間のロード、私が購入した店に頼めば取り寄せてくれるみたいですよ」
って言ったんだ えっ!まじで?と思いつつ値段・・・ 100万近い・・・どうしよう・・・
20:
とりあえずその日は「少し考えます」って答えたんだ
家に帰ってネット見て2時間くらい迷って購入を決意した 
彼女がまた三日後くらいに店に来たんで「買うことにしました!ちなみにどこのお店ですか?」ってきいたら
「そうなんですか?そうしたら一緒に行きましょう!いつおやすみですか?」ってきいてきたんだけど
俺はサービス業、彼女は会社員なかなか休みが合わない・・・
彼女は土日休み、俺は土日出勤 勤務終了後行こうにも店が閉まってる・・・
26:
続けろください
22:
店長に頼んでシフト作るとき来月はどこでもいいので日曜日1日だけ休みください
っていって1日休みもらったんだ 
彼女が来た時この日曜に休みもらえたました!って伝えて「じゃあ一緒に行きましょう!あ、これ私の連絡先です」
ってメールアドレス教えてもらった
24:
まあぶっちゃけこの時点で彼女に恋愛感情はまだなかった
とりあえずロード買うぞ!って気持ちのほうが強かった
25:
待ち合わせ当日某所で彼女と待ち合わせ 彼女は車できた
彼女の車に乗ってチャリ屋までドライブ 20分くらいで到着した
個人経営のお店でMTBからロードまで本格的な品揃えだった
俺が持ってるMTBにつけたかったマニアックなブレーキとか置いてあった感動した
27:
店主は気のいいおじさんで「いらっしゃい よろしくね」って迎えてくれた
俺は店主に例のロードがの取り寄せ、あとコンポはこんな感じでお願いしたい
んですがって伝えたんだ そうしたら「君実はチャリ詳しい?」って聞かれた
「実はMTB乗ってて自分でメンテとかして雑誌とか読んでるんですよ 少し前ロードに興味もってほしいと
思ったんです」
30:
ほうほう(´・ω・`)
29:
「ロードはMTBとはまた違った醍醐味があるから楽しみに待ってなよ」
見積もり出してもらってけっこう安くしてもらった 
店にないパーツ、フレーム取り寄せで全部揃うのが役3週間前後、
組み立てに2、3日くらいって言ってた
その日はメット、ジャージ、シューズ買ってった
31:
自転車ってそんなに高いのもあるのか
てか、100万もポンと出せる>>1もすげー
33:
>>31
もちろんローンよ? 24回までは金利0だったし
32:
帰りは彼女にお礼をと食事に誘った 女性と食事なんて何年ぶり?ってくらいで
何をご馳走するか散々悩んだ そうしたら「じゃああそこいきましょう!」と
おしゃれな和風創作料理の店に行った 料理はうまかった・・・
食事してる間に彼女の自身の話を聞いてちょっと身分の違いを知ったね
一流大学でて一流企業で頑張ってると それなのに俺はFランで飲食店かよ
笑うっきゃないな?WWW
34:
デローザ?
http://www.derosa.jp/
36:
>>34
ピナっす
http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/
35:
食事終わって彼女に家まで送ってもらって充実した1日だった
とりあえず帰ってオ●ニーした
次の日から自転車が納車されるのを楽しみにして仕事頑張った
彼女も友達とちょこまか店に来てくれた
俺は喋りすぎて店長に小言をもらった
37:
約三週間後、チャリ屋から「自転車組み上がったで?」連絡キタ?????!
納車前日俺は寝られなかった 
寝られなくて歩いてチャリ屋まで行った 開店時間2時間前に着いたから近くのファミレスに
いって時間潰してた 
いつもはブーツ履くんだけどその日はスニーカー履いてった
38:
店が開店したと同時に凸 店主が「はやいなWWW そんなに楽しみだったか」って言ってきたんで
「昨夜は寝られなかったんで開店2時間前にきてファミレスで時間潰してました」「子供か君はWWW
」と大笑いされた
39:
店主が「ほらこれだ」といって俺の注文したチャリを出してきてくれた
俺はセクシーなボディ、カラーに目を奪われた まるで女の裸を初めて自分の
目で見たように食い入るように見てた 
店主が「またがってみな」って言ってきたんでまたがった
サドル、ハンドルの細かい調整をしんだけど店主に足触られて「けっこう筋肉ついてんな スポーツかなんかやってたか?
」って聞かれたんで「テニスと、水泳してました」って答えたら「見かけによらないな」返された
すいません見た目若干メタラーで
40:
そのまま近場を試し乗りしてみたんだけど不自由もないどころか
ペダルの軽さ、進み具合、スピード、MTBとは全く違う漕ぎ心地に驚愕した
店主は「どうだ?MTBとは違うだろ?」って言ってきたんで
「違うどころか同じチャリ?と思いましたよ」っていったんだ
41:
店主からいろいろ説明受けてそのあと「あ、うちの店で月二回走行会やってるけど参加するか?」
って言われたんだけど走行会日曜日だし日曜はなかなか休めないんだよな
と思いつつ「参加します!」って答えたんだ 店長にせめて月1日でも日曜日休みもらえるよう交渉しよう
42:
そのあと店主に写真撮ってもらって彼女に写真送ったんだ
お昼くらいに「おめでとうございます!どうですか?乗り心地は?」
って返信がきた
俺は「もう最高!」とかそんな感じで返信した
その日は6時間くらい漕いでたかな 次の日筋肉痛だった
43:
通勤もチャリでしたかったんだけど盗難怖いからやめておいた
都内って10分目を離したら盗られるって話もよく聞いてたし
(とりあえず足痛ーよ)といいつつコーヒー淹れてた
勤務終了後店長に休みの交渉「来月から一週目と三週目の日曜に休みほしいんですが」
44:
店長は「珍しいな 君から休みの交渉してくるなんて わかったただ月二回の日曜休みは隔月でもいい?
月一の日曜休みは必ず入れるから」俺はそれでOKした
家に帰って彼女に「この次からの走行会俺も参加するよ?」とメール
すぐ「そうなんですか!?楽しみです 店主が子供みたいだったって言ってましたよ」と返事が来た
店主余計なことを・・・
この時点でまだ彼女に恋愛感情なしWWW
45:
走行会当日も納車時と同じとように楽しみで寝れなかった
まあ早く着いてもまたあれだしな?と思って10分前くらいに店に着くように
家を出たんだけどなんせスピード出るから30分早く着いてしまった
しばらくコンビニで時間潰してたら何人かきだしたんだけどちょうど彼女らしき人が
きた
46:
こんな時間だから人いないかな? 完結させたほうがいい?
47:
見てるよ
48:
みてるぞ
49:
俺は「おはようございまーす」って走り寄ってった
彼女と他のメンバーは「おはようございます 今日からよろしくお願いします」
って話してたんだ 時間が近づくにつれ人が増えてきた
総勢23人、下は21から上は62歳まで 男女半々くらい
店主がメンバーに俺を紹介して出発
50:
ほのぼのするわー
53:
とりあえず俺は初めてなんで最後尾についていくことにした
風を切りながら走るって気持ちいいなって思いながらペダルを漕いでた
彼女は俺の前にいた 俺は彼女のお尻に目がいってしまった
レーパンでお尻のラインがくっきりでペダルを漕ぐたびに形が変わるお尻
にドキドキした
54:
ドキドキしつつも休憩地点に到着、彼女から目が離せなかった
メンバーと話しつつも彼女のことちらほら・・・
休憩地点が折り返しなのでそのまま来た道を戻ったんだけど
今度は俺の前を62歳のおっさんがいた
55:
おっさんの背中を見つつ足を見たらすっげぇ筋肉にびっくらこいた
なんでもこのおっさん10年以上ロード乗ってるとか
出発地点に戻ってきて解散なんだけど俺は彼女と他の友達に誘われて遊びに行くことになった
56:
シエン
このペースで続けて
57:
その日は映画見てショッピングして夕食食べて・・・って感じでした
次の日はみんな仕事なんで少し早めに帰りました
彼女から「今日は楽しかったですね 次回も楽しく走りましょう」とメールがきたんだ
俺は彼女のお尻を思い出してオ●ニーした
58:
次の日昨日は楽しかったなーと思いつつ彼女のことを思い出してた
早く会いたいなー 次はいつ店に来るのかな?と思ってたらその日の夜店にきた
「おっしゃーきた!」と心の中で叫びつつ注文を受けた
「今日何時終わりですか?終わったら夕飯でもいきませんか?」と誘われたんだ
59:
今北産業
60:
>>59
玉の輿にのった
俺の
回想
62:
「まじっすか!行きます行きます!店長に喧嘩売っても行きます!」みたいなことを言った気が・・・
普通店閉めた後清掃、レジの清算とかいろいろあるんだけど
今まで女っ気なかった俺のこと察してくれて「じゃあ店閉めたら上がっていいよ」って言ってくれた
ありがとう店長!俺より年下だけど
63:
店長、年下かよw
66:
>>63
俺転職組だしね
65:
彼女と待ち合わせて夕飯行ったんだ その日は彼女も電車できたらしくて
お酒OKだったんで居酒屋いったんだ 彼女お酒強くてさ、酔わないのw
けっこう飲んでたよな?と思いつつ二時間くらい飲んでたんだ
飲んだ居酒屋が彼女が大学時代からよく来てた店らしくて店長ともしたしかった
67:
11時になるかならないかぐらいになって明日も仕事があるからそろそろ帰ろうかって話になって
俺が「送りましょうか?」って言ったんだけど「ダイジョーブ」
68:
「タクシー呼ぶから」でタクシーで帰ってってたんだ
俺も家に帰宅彼女のこと考えてた、というか彼女のことばっかり考えるように
なった このころかな恋愛感情持ち始めてきたんだよね きっかけが彼女のお尻だった
とは死んでも言えない・・・
69:
それからも走行会しつつご飯食べに行きつつ彼女と交友を深めてたんだけど
とうとう告白しようってとこまで彼女のこと考えるようになった
今度ご飯行った時、帰りにでも告る!と心の中で叫びつつ仕事に励んでた
チャンスはすぐきた 二日後いつものように食事してその帰りに「俺と付き合ってください!」
とベタな告白をしてしまった
70:
彼女からの返事は親指立てて「オッケー!」だった なにその返事!?
俺は思わず抱きしめてしまった 彼女は「私はけっこう面倒くさい女かもよ?」
とか笑顔で言ってた そのまま彼女の手をつないで途中まで一緒に帰ったんだ
俺はあまりにも嬉しくていつもは発砲酒なんだけど奮発してエビス500を三本
買った
71:
その日から頻繁にメールとか連絡するようになった 
お互い仕事の愚痴とか今度はこの映画観に行こうねとか
次の日からるんるんで仕事してたら他の社員およびバイトも気づいたらしく
「彼女できちゃったの?」ときたもんだ
72:
その日から頻繁にメールとか連絡するようになった 
お互い仕事の愚痴とか今度はこの映画観に行こうねとか
次の日からるんるんで仕事してたら他の社員およびバイトも気づいたらしく
「彼女できちゃったの?」ときたもんだ
73:
付き合い始めは一番幸せな時だから2回書きたい気持ちもわかるZE
74:
しばらくひやかされつつ働いて二ヶ月後くらいに走行会のメンバーでチャリ屋の店主が「よく考えたら俺君の歓迎会もしてなかったしさ」
ってことで酒飲もうってことになって飲んだんだよ
そこで62歳のおっさんがいろいろ話しかけてくるんだよ 俺も足がすごい筋肉ですよね
とかおっさんといろいろ話してたんだ 酒が入るとけっこう話し出すおっさんらしくてさ
面白かった そのおっさんがどんな仕事してるかわからなかったけど話してて奥が深いな?って思った
年取るとこうなるのかね うちの親父もこうだったっけ?とおもいつつ
75:
そのおっさんは飲みすぎたらしくて足ヨレヨレで肩担いであげてタクシーで帰っていったよ
あとは俺の大学の後輩がいたり学生いたり主婦いたり俺の前の職の同業者がいたりチャリ以外の趣味が
同じ人がいたりと楽しかった
76:
HAHAHA!!
みてるぜ
77:
飲み会から約一ヶ月後、お互いが次の日仕事休みの前日彼女のマンションに招待された いわゆるデザイナーズマンション
というやつですごいオシャレだった 家賃も高いんだけど会社の家賃補助でまかなえるんだとか・・・
一流企業すげぇ・・・ 俺は何年かぶりに女性の家に行ってドキドキしたよ
いい匂いがして清潔で・・・ 俺の安アパートとは大違いw
俺も勉強頑張っていい大学いって一流企業行けばよかったと心底思ったよ
78:
彼女が手料理をふるまってくれた マジうまかった もともと料理が好きみたいで
自分で考えたりして作るそう 食事のあとは二人で歓談
お互い少しはアニメを見るそうなのでアニメの話してた
特にけいおんが好きらしくてTV、劇場版のブルーレイ持ってたw
79:
そのほかクレヨンしんちゃん、エヴァの話をしてた 12時になって彼女が「今日は泊まってく?」
って聞いてきたから俺は(え?いいのか?そうなのか?今日はそういう日なのか?)と思いながら
「う、うん」て返事したんだ そうしたら彼女は「じゃあお風呂沸かすからはいってね」って去っていった
80:
wkwk
81:
俺はソファーに腰掛けながらバッグに忍びこませたコンドームを再確認
お風呂が沸くまで待った 彼女が「お風呂わいたよー 先に入っていいよ その間下着とか洗っちゃうね」
って言われたんだけど「いや下着はいいから」って返したら「同じ下着を二日間って汚いでしょ!」って怒られてた
俺はドキドキして風呂に入った 久しぶりにまともに風呂入ったなって感想
俺は風呂場にあったちぢれ毛を見つけて勃起した でも我慢した
83:
30分くらいで風呂上がったらすでに下着も乾いてた 下着履いてリビングいったら
彼女がスウェット貸してくれた そのまま彼女が風呂に入っていった その間俺はスマホで
2ch見てた 彼女も俺と同じくらいの時間で風呂から出てきた
風呂上がり後寝室に案内してくれた 女性の寝室に入っただけでやばかった
84:
お互いベッドに座って少し話してた 俺は彼女を見てたら彼女も俺のことじっと
見てた 俺は思わず彼女にキスをしてしまった・・・ そのまま優しく押し倒すように・・・
その後は割愛させていただきます
82:
すまんセクロスの詳細な描写はないぞw
85:
パンツ脱いだのに??
87:
>>85
セクロスを語る話じゃないからw
86:
パンツ脱いだのに??
88:
パンツ蒸発したのに!
89:
パンツ飛んでった
90:
パンツ被った
91:
94:
93:
ただコンドームをリビングにおきっぱで結局使わなかったんだよね
挿れる時リビングから持ってくるのもどうなのかなって思ったし
彼女が「つけなくてもいい」って言ってくれたし
とりあえずは外に出した
95:
次の日昼前まで一緒に寝てて起きたら顔合わせずらかった もちろんいい意味でね
彼女は猫みたいだった 彼女がご飯作ってくれて買い物行って映画見て・・・
いつもどおりのデートして夜9時頃帰ったんだ
96:
パンツ銀河までいった
97:
三ヶ月くらいそんな感じで過ごしててある日彼女から「同棲しない?」って
言われたんだ 俺は「じゃあ君の親に許可とらないとな」って言ったら「大丈夫私から説得するから」って返された
じゃあいいかって話になって住む場所は彼女のマンションになった そりゃ俺のボロアパートなんかじゃなwww
お互いの休み見つけて彼女が引越しの手伝いをしてくれたんだが・・・
98:
彼女に俺のオカズ全部処分された・・・ イメージビデオのDVDからPC内のエロ画像まで
一つ残らず・・・ 「私がいるからこんなもんいらないでしょ?」目が笑ってなかった
100:
>>98
PC内イジられたのか・・^o^
103:
>>100
外付けHDDが三つあってさ「これ何が入ってるの?」でみられた
105:
>>103
カモフラージュにビデオカメラとかの映像とか編集した動画とか入れときゃいいんだよ。もったいないな
99:
さすがに断れず心の中で涙しながら(さよなら桐山◯衣、さよなら今野◯南)
と思いながら処分した・・・
103:
同棲生活しても彼女は必ずご飯作ってくれた 仕事で忙しいだろうけど
俺も自分が休みの時はご飯作った IPADみながらだけど
101:
AVまで縛られるのはちょっと厳しくね?やっぱお嬢様育ちってのもあるのか
104:
>>101
別に束縛が厳しいわけでもないんだけどね
102:
えらい嫉妬深い女やね
104:
>>102
付き合うとき「私面倒くさい女かも」って言ってたからこういうことだったのかもな
106:
>>104
半年くらい同棲してて共同生活も順調だったんだ 
「私のお父さんが俺君に会いたいんだって」って言ってきたんだ
俺は(とうとう来たっ)って少しガクブルしたんだ
(どんな親父なんだろうと不安だった 殴られたらどうしようかと)
先方の都合いい日に合わせて休みとって彼女の車で彼女の実家に行った
107:
行きの車の中で浮かない顔してたら「大丈夫だよ、俺君もう会ってるから」って言われたんだ
(会ってるの?どこで?)って考えてたら彼女の家に到着
高級住宅地の豪邸でした 
「お帰りなさいませお嬢様」ってリアルで初めてきいたよ
108:
そのまま入り口から玄関まで歩いていったらどっかで見たロードバイク・・・
俺は思わず「あっ!!」って声あげたんだ そうしたら彼女が「ね?わかったでしょ?」
って声かけてきてさ応接室に通された いかにも金持ちの家って調度品とか家具があって
「これいくらするんだよ」とか思ってたら来ましたよ!!大ボスと中ボス!!
109:
すげえな
112:
>>109
生まれて初めてお金持ちにお目にかかった
110:
まさか62歳か
111:
やっぱりお父さんは走行会にいた62歳のおっさんでしたw
あとその奥さんと兄弟とご対面 
お父さんから「すまないね隠してて」って言われて俺は恐縮しちゃって「い、いえでもびっくりしました」
と震え声て話してんだよ そうしたらお父さんが「いつも通りでいいから」って言ってくれたんで
緊張しつつなんとか呼吸を整えていった
112:
俺にいろいろ話しかけてきたのは俺を調べるためだったのかなって思った
114:
で、話きいててお父さんは某社の社長さんでお母さんも元OL、今はなんかの交流会
主催してて兄が五代商社社員、もう一人の兄が官僚、弟はケンブリッジに留学中とか
まさしく華麗なる一族だよな
なんなの!うちなんか父親鉄工所勤務、母親パート、俺飲食、弟会計事務所勤務だぜ!
115:
とにかくこの差にショックうけながらこの家族と歓談してた 
話してるうちにけっこう打ち解けてきてピリッとした感じじゃなく
普通の家族にも思えてきたんだ 特に一番上のお兄さんがこち亀好きみたいでさ
話盛り上がってたよ 家族の方が29にもなって彼氏を作らない彼女を心配してたみたい
117:
すごい一家だな
118:
日付が変わる前に帰ってとりあえず家族との対面は週終了
とりあえずはうまくいったんじゃないかと思った
彼女も「楽しかったでしょ?」って」言ってきた
そのあと無茶苦茶セ●クスした
119:
嫁さん可愛い?
120:
>>119
かわいいよ 貧乳だけどお尻の形はいい
121:
うらやましいなコンチクショウめ!!
123:
その後もなんども月に何回かお呼ばれしてたんだけど彼女が「俺君の家族にも会いたいな」
って言ってきたんだ 「うーんそれな」って返して「何かあるの?」
「いや君の家族と比べるとさー・・・」とかいったら「そんなの関係ないじゃん、私が会いたいんだし」
「まあ俺の故郷は北関東なんだよな ちょっと遠いいし休みも取れない・・・」
124:
ってことで俺の家族を都内に呼び寄せた 
女っ気がなかったから家族みんなびっくりしてた
とりえあず両親を俺と彼女が住んでるところに案内してマンションにびっくり
彼女と親が話してた間は俺は聞くふりしてたw
なんか苦手なんだよねw
125:
夕方くらいまで話してて両親が仕事だから今日は帰ることになった
駅まで見送ってその後彼女からの一言「うちの両親とそっくりだねw」
127:
彼女と俺の両親の顔合わせが成功したんでその日は再び無茶苦茶セ●クスした
131:
無茶苦茶セ●クスの詳細はよ
132:
>>131
ねっとりとしたセクロスだよw プラス三回戦
129:
で、その後もうまく交際を続けていき結婚も考えた ぶっちゃけ指輪買った
プロポーズした 返事は告白した時と同じ。親指立てて「オッケー!」だった
その後はもちろん両親に「娘さんを俺にください!」難色示されることもなく
「まあいつかは結婚の話が来るとは思っていた 反対はしないよ」って言われたんだ
130:
そのあと「しかし条件があるというか頼みがある」って言われたんだ
頼みっていうのが今の仕事やめて俺の会社に入れっていうこと 
子供作るだろうからそうなると娘が仕事休むことになる その間の君の収入だと
きついだろ っていう話になったんだ 確かにきついよね?
133:
まあ結婚したら今より給料いいところに転職する予定だったから要求をのんだ
「ただし今やめると店が大変なことになるんで本社に頼んですぐ人員確保してもいますので
それからでもいいですか?」って言った そうしたら「わかった」って返事してくれた
134:
次の日俺は店長に結婚するから店やめる旨を言ったんだ
店長も納得してくれて「わかったよ」って言ってくれてすぐ本社に人員補充してくれた
んだが余分な人材があるわけでもなく求人出してた でもすぐきたんだよね
女性だったんだけどその子に二ヶ月仕事教え込んで去年いっぱいで仕事やめて今有休消化中
135:
36でも結婚できるんか…
136:
>>135
できるでしょ おれの周り男女共けっこう遅いよ
137:
先月は新住居きめーのお互いの両親顔合わせーの忙しかった
式場も決めなきゃだし 式は新しい職場で働き始めたら職場の人呼ぶ予定
住居は彼女父が億ション買ってくれてそこに住む
俺と彼女の両親は一回あっただけで意気投合して彼女の家でお酒飲んで
父親どもは次の日二日酔い
138:
ぶっちゃけ俺も結婚できるとは思わなかったんだけどねw
とりあえず終わります 俺も眠くなってきたw 
起きてスレ残ってたらまた来るよ
139:
長々とありがとうございました
145:
そういうこともあるんだなあ
140:
乙 お幸せにねー
14

続き・詳細・画像をみる


【画像あり】吉川友さん完全終了のお知らせwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

【衝撃】子供欲しさに無理して子供をたくさん産んだった結果wwwこうなったwwwwww

中国産魔法少女アニメ『バララシャオモーシェン』がプリキュアっぽいような

フランス女性2人が暴風雪の北海道を自転車旅行。4日間にわたって消防団詰め所に避難

小畑健「……ただいま」大場つぐみ「また他の原作者のところ?」

女「産休や育休が取れない会社はクソ」←まぁわかる

誰もが一度は体験したことがある「ストローあるある」

【画像あり】ベトナムの女学校エロすぎwwwwwwww

突然姉が取り違えられてたと判明!家族で「実の両親」に会いに行ったが…

彼氏が乗っていたら嫌なクルマTOP5wwwwwwww

【日韓】日本の大学生約4割「慰安婦問題、日本政府は十分賠償した」=韓国ネット「足りない」「元慰安婦への賠償は朴大統領がするべき」

彼氏が乗っていたら嫌なクルマTOP5wwwwwwww

back 過去ログ 削除依頼&連絡先