亜美「ミキミキって見た目によらずウブだよね」 真美「うん」back

亜美「ミキミキって見た目によらずウブだよね」 真美「うん」


続き・詳細・画像をみる


亜美「お、そんな噂をしていれば」
真美「ミキミキはっけーん!」
美希「あ。亜美真美なの」
亜美「ねぇねぇミキミキ」
美希「なに?」
真美「ミキミキってさー」
美希「うん」
シルヴァリオ ヴェンデッタ 初回版【予約特典:KeG先生描き下ろし複製色紙付き】
----------------------------------------------------------------------------
2: 以下、
亜美真美「男の人とエッチしたことってある?」
美希「!?」ボッ
亜美「おや? ミキミキさん……」
真美「顔が茹でダコのように真っ赤ですぞ?」
美希「な、何を言い出すのいきなり!? しかも何でムッ○口調!?」
亜美「これは珍しい! ミキミキのツッコミ!」
真美「流石は何でもできちゃうミキミキですぞ?」
美希「も、もうムッ○はいいの! ていうか何なのいきなり? ミキをからかってるの?」
亜美「いやいや、からかうだなんてそんな」
真美「ただ真美達はちょっと好奇心オーセーなお年頃ってだけで……げっへっへ」
美希「真美は何キャラを目指してるの……?」
3: 以下、
亜美「で、どうなの実際」
美希「え?」
真美「いやだからぁ、したことあるの? ないの?」
美希「そ、それは……」
亜美「ふんふん」
真美「それでそれで?」
美希「……ぃよ」
亜美「え? なんだって?」
真美「え? なんだって?」
美希「もう! 無いよって言ったの! ていうかあるわけないでしょ!」
亜美「えー無いんだー(棒読み」
真美「天下のミキミキ様ともあろう者がー(棒読み」
美希「……グーでいっていい?」
5: 以下、
亜美「あはっ☆ 暴力はやめてほしいって思うな☆」
美希「…………」ボスッ
亜美「痛い! 肩パン地味に痛い!」
美希「今のは亜美が悪いって思うな」
真美「そうだそうだー! 亜美が悪いぞー!」
美希「真美もチョーシに乗らないの」ぺちっ
真美「きゃうん」
亜美「あー! 真美には軽くチョップだけとかえこひーきっしょー! ぶーぶー!」
美希「そっちの肩もいっとこうか?」スッ…
亜美「さ、さーせん」
6: 以下、
美希「まったく、次またこんな風にからかったら今度は腹パンするからね」
亜美「は、はい……」
真美「さーせんした……」
美希「分かればいいの。大体亜美真美がそういうことにキョーミ持つのはまだ早いって思うな」
亜美「えーそうかなー?」
美希「そうなの」
真美「でも真美達くらいのトシだとふつーにエッチしてるコも結構いるよね」
亜美「うん」
美希「えっ!?」
亜美「?」
真美「どったのミキミキ」
美希「べ、別に……なんでもないの」
亜美「…………」ニヤァ
真美「…………」ニヤァ
美希「…………」ドキドキ
7: 以下、
嘘だッ!!!
8: 以下、
嘘だよ
9: 以下、
でもほんとは?
10: 以下、
亜美「まぁクラスの半分くらいはもう経験済みだしね?」
真美「もう中1だもんね?」
美希「!?」
亜美「?」
真美「どったのミキミキ」
美希「な……なんでもないったらないの」
亜美「まあ亜美達の学年でもこれくらいなんだから」
真美「二年上のミキミキの学年なら……少なく見積もっても、8割くらいは経験してるっしょー」
美希「!? は、はちわ……?」
亜美「?」
真美「どったのミキミキ」
美希「な……なんでも……ないの」
亜美「…………」ニヤァ
真美「…………」ニヤァ
美希「…………」ドキドキドキドキ
13: 以下、
美希(ちょっと待つの……落ち着くの……)
美希(中1で半分? 中3で8割? そんなことあるわけない……)
美希(確かにミキの友達にも彼氏いるコはいるけど……今までそーゆー話聞いたことないし……)
美希(だいたいエッ……以前に、キスしたとかも、聞いたことないし……)
美希(だからこれは……亜美真美が、ミキをおとしいれようとしているだけなの……うん、そうに決まってるの……)
美希「…………」
亜美(おやおや……純情な子ウサギちゃんが真剣な顔して考え込んじゃってますなぁ……)
真美(実際周りでそんな話聞いたことないけどね……まあしてるコはしてるのかもしんないけど)
亜美(ま、せっかくなんで……もーちょっとイタズラ続行しちゃいますか!)
真美(ますか!)
美希「…………」
亜美「そーいえば、いおりんも同じようなこと言ってたなー」
美希「えっ!?」
真美「あー、言ってた言ってた!」
美希「えっ、えっ?」
15: 以下、
亜美「確かー、『まぁ、私のクラスの子達でももうほとんど全員が経験してるわね。にひひっ』って」
真美「そーそー。言ってた言ってた!」
美希「…………」
亜美「『まぁもう中3なんだから、それくらい普通のことよ』って言ってたよね!」
真美「うんうん!」
美希「…………」
亜美「ていうかミキミキ、この後いおりんと一緒にレッスンじゃなかった?」
美希「えっ。あ、ああ……うん」
真美「早く行かないと、またいおりんに怒られちゃうっぽいよ?」
美希「……そうだね。じゃあ、行ってくるの」
 ギィイ……バタン
亜美「んっふっふ?」
真美「亜美よ、おぬしもワルよのう」
亜美「いやいやそんな、真美代官さまほどでは……」
亜美真美「ぐぇっへっへっへっ」
亜美「さて、では忘れないうちに……っと」ピッ
真美「ケータイ取り出し♪」
亜美「ポパピプペ?……あ、いおりん? うん。レッスン前にごめんね。実はちょっと頼みたいことがあってさ?……」
18: 以下、
?レッスン場?
律子「じゃあ今日はここまで」
美希「…………」ハァハァ
伊織「…………」ハァハァ
律子「美希」
美希「は、はいなの」
律子「体調でも悪いの? いつもよりキレが落ちてたけど」
美希「……大丈夫なの」
律子「そう? まあ、無理はしないようにね。じゃあ二人ともクールダウンしっかりね」
伊織「言われなくてももうやってるわよ」
律子「伊織もいちいち反抗しないの」
伊織「はーい」
美希「…………」
21: 以下、
美希(律子がいなくなって、このレッスン場にはミキとでこちゃんの二人だけ……)
美希(亜美真美の言ってたことを確かめるには、今しかないの……!)
美希「で、でこちゃん!」
伊織「? なによ」
美希「あ、あのね」
伊織「うん」
美希「あの……」
伊織「…………」
美希「で、でこちゃんのクラスってさ」
伊織「うん」
美希「その、ね」
伊織「うん」
美希「…………」
伊織「…………」
美希(は……恥ずかし過ぎて聞けないの!)
伊織(このコって見た目によらず本当ウブよね……)
23: 以下、
伊織「(もうめんどいからこっちから切り出そう)……ああ、そういえばクラスで思い出したけど」
美希「! な、なんなの?」
伊織「うちのクラスってさ、もうほとんどのコが経験済みなのよね?」
美希「!? け、経験って、何の……」
伊織「何のって、そりゃエッ」
美希「や、やっぱり言わなくていいの!」ギュー
伊織「む、むがっ!?」
美希「いいの……もういいの! わかったの……」
伊織「??っ」バタバタ
美希「ミキが今まで、いかにお子様だったかが……!」
伊織「??っ!」バンバン!
美希「あっ」パッ
伊織「ぷはっ! もう、死ぬかと思ったじゃないの!」ハァハァ
美希「ご、ごめんなさいなの」
伊織「…………」
25: 以下、
美希「でも、皆……ミキが思ってたよりずっと、オトナだったんだね……」
伊織「美希」
美希「学校の友達も、皆、ミキの前ではそんな話してなかっただけで、本当は……」
伊織「……ばかねぇ」
美希「えっ」
伊織「じゃあ何? あんたは他のコがしてたらするっていうの? 自分がまだしたいと思わなくても」
美希「そ、それは……しない、けど……」
伊織「だったらそれでいいじゃない。他のコがどうかなんて関係ない」
美希「……でこちゃん……」
伊織「大体、他人に流されるなんてあんたらしくない。いつもマイペースな星井美希はどこにいったのよ」
美希「……そうだね。ミキ、ちょっと焦っちゃってたのかも。ミキらしくなかったね」
伊織「そうよ。まあついでに言うとさっきの話は全部嘘なんだけどね」
美希「……そうだね……えっ」
伊織「いや、ほら」
美希「…………」
伊織「レッスン前に、亜美から電話があって」
美希「…………」
伊織「『今美希をからかってるから、協力してほしい』って言われたのよ」
美希「…………」
26: 以下、
さすがは天使いおりん
27: 以下、
これは腹パンですわ
28: 以下、
いおりんはいい子だなぁ
29: 以下、
伊織「まあでも、これ以上は流石にあんたがかわいそうだったから」
美希「…………」
伊織「だから、その……からかってごめんなさい。美希」ペコリ
美希「……でこちゃん……顔を上げてなの」
伊織「美希」スッ
美希「えい」ぺちん
伊織「いた!」
美希「ジハクしたことに免じて、これくらいで許してあげるの」
伊織「うぅ……ま、まあこれでチャラね……」
美希「うん。でこちゃんはね」
伊織「えっ」
美希「亜美真美に対する罰はこれからなの」
伊織「み、美希? 私が言うのもなんだけど、あんまり手荒なことは……」
美希「大丈夫。腹パンだけにしとくから」
伊織「腹パン!?」
34: 以下、
?事務所?
 バァン!
美希「亜美真美! 覚悟なのー!」
真「……でさあ……あ、美希」
雪歩「おはよう、美希ちゃん」
美希「おはようなの。真くん、雪歩。亜美真美見なかった?」
真「いや、見てないよ」
雪歩「確か今日は雑誌の取材って言ってたから、もうすぐ戻ってくるんじゃないかな」
美希「そっか」
真「あの二人がどうかしたの?」
美希「……うん、ちょっとね」
雪歩「?」
真「あ、それでさ雪歩。さっきの話の続きなんだけど」
雪歩「うんうん。今はもうクラスでもほとんどのコがしてるもんね?」
美希「!?」ビクッ
35: 以下、
真「? どうしたの? 美希。なんか顔色悪いけど……」
雪歩「お薬取ってこようか? 美希ちゃん」
美希「だ……大丈夫なの」
真「そう? ……でさ、ボクのクラスでも、もう大半のコはしてるんだよね」
雪歩「そうだよね。もう高校3年だもんね」
美希「…………」
真「こういっちゃなんだけど、その、クラスでも割とおとなしめっていうか、ちょっと地味目な感じのコはまだなんだけど」
雪歩「うん」
美希「…………」
真「そういうコ以外は、もうだいたいしてるよね」
雪歩「そうだねぇ。私のクラスもそんな感じかなぁ」
美希「…………」
真「美希? どうしたの? さっきからずっと黙って」
雪歩「やっぱり具合悪いの? 美希ちゃん」
美希「…………」
36: 以下、
美希「……もういいよ、二人とも……」
真「え?」
雪歩「み、美希ちゃん?」
美希「亜美真美に言われたんでしょ? ミキ、もう知ってるんだから」
真「亜美と真美……?」
雪歩「美希ちゃん、何のこと言ってるの?」
美希「えっ」
美希(二人の目……とても嘘をついているようには見えないの……)
美希(じゃあ、この二人の話は、本当……?)
真「ねぇ、美希。本当に大丈夫?」
雪歩「ちょっと横にでもなった方がいいんじゃ……」
美希「……大丈夫なの。話を続けて」
真「? う、うん……」
雪歩「えっと……何の話だっけ」
真「ほら、クラスのほとんどはもうしてるっていう」
雪歩「ああ、そうだったね」
美希「…………」
37: 以下、
真「まあでもボク達はお仕事の関係で早くからしてるから、周りのコがするようになっても、あんまり変には思わないよね」
雪歩「うん、そうだね」
美希「!? し……してるの!?」
真「えっ」
雪歩「み、美希ちゃん?」
美希「真くんも、雪歩も……してるの?」
真「? そりゃあ、まあ……っていうか」
雪歩「美希ちゃんだって、してるでしょう?」
美希「!? しっ、してないよ! ミキそんなことしてない!」
真・雪歩「えっ」
美希「…………」
美希(……『お仕事の関係で早くからしてる』って……)
美希(……それって、つまり……)
美希「……枕エーギョー、ってやつなの……?」
真「え? 枕?」
雪歩「美希ちゃん、やっぱり眠いの?」
美希「雪歩は黙ってて!」
雪歩「あぅう……なんで私だけ……」
真「み、美希? 何を勘違いしてるのか知らないけど……美希だって、普通にしてるじゃないか」
美希「だ、だからしてないって言ってるの! ミキはそんなふしだらな女じゃ――」
真「――化粧の、ひとつくらい」
美希「…………え?」
40: 以下、
美希「け……化粧?」
真「うん。ほら、ボク達も撮影とかでよくするでしょ? その場合はメイクって言うけど」
雪歩「それで、『最近はクラスの子とかも普通にお化粧するようになってきたね』って話してたんだ」
美希「そ……そういうことだったの……」ホッ
真「でも美希、一体何と勘違いしてたの?」
美希「えっ! そ、それは……」
真「?」
雪歩「美希ちゃん?」
美希「それは、その……」
亜美「――クラスの子のほとんどがエッチしてる、って話と勘違いしちゃったの! あはっ☆」
美希「!?」
真「あ、亜美!?」
雪歩「亜美ちゃん、いつのまに!?」
真美「んっふっふ?。ミキミキが顔真っ赤にして『しっ、してないよ! ミキそんなことしてない!』って叫んでたあたりからっぽいよー?」
美希「!?」
雪歩「ま、真美ちゃんまで!?」
真「いたんだ……。ていうか、美希のモノマネ上手いな……」
美希「…………」
41: 以下、
逃げろ!真美ー!
42: 以下、
亜美「まあまあミキミキ、元気出しなよ?」
真美「ちょっとくらい周りのコに置いてかれても?ミキミキならヨユーのよっちゃんでバンカイできるって! ね、いおりん?」
伊織「…………」
真「あれ、伊織も戻ってたの?」
伊織「ええ。ちょうどそこで双子と一緒になってね」
美希「……でこちゃん……」
伊織「美希」
美希「……もう、いいんだね?」
伊織「…………」コクッ
亜美「え? な、何?」
真美「ねぇいおりん。なんか、展開が読めないっぽいんだけど……」
伊織「ああ、私、美希には全部話したから」
亜美真美「!?」
美希「亜美……真美……覚悟はいい……?」ユラァ……
亜美「ちょ、待てよ伊織!」
真美「今の今まで、そんなこと言ってなかったじゃん!?」
伊織「だって言ったらここに来ずに逃げるでしょ、あんた達」
亜美「ちょっ……」
真美「み、ミキミキ、落ち着こう! 落ち着いて話せば――……」
美希「―――――――」
 ヒュッ……
43: 以下、
(アカン)
44: 以下、
(残当)
46: 以下、
雪歩(……そのときの美希ちゃんの腹パンは、真ちゃんをして『あれをまともにくらったらボクでもどうなるか分からない』と言わしめるほどの、腰の入った良いパンチでした)
雪歩(そんな腹パンをまともにくらった亜美ちゃんと真美ちゃんは、その後しばらく事務所の床の上で悶絶し続ける羽目になっちゃいましたけど……まあ、自業自得ですね)
雪歩(一方、美希ちゃんはすっかり元気を取り戻し、いつも通りの、マイペースな美希ちゃんに戻りました)
雪歩(きっと今頃も、気の向くままに――……自分のペースで歩いていることでしょう)
?街中?
チャラ男「お! 君、かわいいねー」
美希「そう? ありがとうなの」
チャラ男「ねぇよかったらさ、この後一緒に遊ばない?」
美希「えっ」
チャラ男「お兄さんが、手取り足取り教えてあげちゃうよ? あんなことやこんなこと――……」
美希「……悪いけど……」
チャラ男「えっ」
美希「――ミキ、まだそーゆーの、キョーミないから! あはっ☆」

52: 以下、
美希は可愛いなぁ
乙です
ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.766 アイドルマスター ワンフォーオール 『星井美希』
ブシロード 2015-02-27
売り上げランキング : 329
Amazonで詳しく見る
関連記事
- モバP「まゆ?どうした?」 まゆ「……」スッ
- 響「まずいぞ・・・早く逃げないと・・・!」
- 千早「ふふっ、プロデューサーに好きって言ったらどうなるかしら?」
- 天海春香「へぇ、Pさんは脚でされるのが好きなんですねぇ///」
- 春香「正義の味方、千早仮面」
- 真美「恋人役の仕事?」
- 千早「はぁ……頭痛い」
- P「まさか千早の乳揺れが見れる日が来るとはな……」
- 響「暑い午後」
- P「最近やよいに嫌われてるかもしれないんです」
- P「響が可愛すぎて夏が暑い」響「えっ」
- 美希「ねぇねぇ、はにぃ」
- 貴音「ふるーしではありません」
- モバP「みくと残業」
- 有田「如月千早ちゃんにパネェ質問することになった…」
Amazonの新着おすすめ
ダブル美少女の心を読んでラブ奴隷に落とした件
DVD付き 進撃の巨人(14)限定版 (講談社キャラクターズA)
大乱闘スマッシュブラザーズ for ニンテンドー3DS
提督初心者に告ぐ! 闘うお嬢さんたちアンソロジー 何これ!?
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 「シャイニーフェスタ」アニメBlu-ray同梱版
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book
ゲームセンターCX 有野の挑戦 in 武道館 [DVD]
おすすめサイトの最新記事
アイドルマスターSS コメント:0 
コメント一覧
コメントの投稿
名前:
コメント:
月間人気ページランキング
【ランキングをもっとみる】 【全記事表示する】
-->
- 乃々香「あったかいね」
- 提督「慢心するなよ如月」如月「ええ」
≪ PREV | トップページ | 全記事一覧(,,゚Д゚) | NEXT ≫
ランダム記事ボタン
新約 とある魔術の禁書目録 (11) (電撃文庫)figma ソードアート・オンラインII シノン
最新記事
- 乃々香「あったかいね」
- 亜美「ミキミキって見た目によらずウブだよね」 真美「うん」
- 提督「慢心するなよ如月」如月「ええ」
- 息子「母さんってツンデレ?」母「違うわよ!!」
- 渋谷凛「欲望と愛憎のゲーム」
- モバP「アイドルにドライに接する」
- 垣根「俺はリアルが充実してない」
- 夕立lv150「提督さん帰って来ないね」時雨lv150「…うん」
- あずさ「ロス:タイム:ライフ」
- ヌケニン娘「まってぇ?。まってよぉ?テッカちゃあん」テッカニン娘「……イラ…」
- 春香「プロデューサーさんには正直困ってるんだよね」
- 佐々木千枝「プロデューサーさん……千枝、悪い子になっちゃいました……」
- 湯婆婆「千尋?贅沢な名だね」不二咲「……」
- 貴音「画面の向こうのあなた様」
- 【ラブライブSS】ユニバーサルかよちんモーメント
週間人気SSランキング
【全ランキングを表示】
カテゴリー
禁書目録SS
エヴァンゲリオンSS
Fate SS
アイドルマスターSS
まどか☆マギカSS
シュタインズゲートSS
けいおん!SS
涼宮ハルヒのSS
ポケモンSS
その他二次創作SS
オリジナルSS
姉兄妹弟SS
魔王・勇者SS
( ^ω^)(´・ω・`)('A`)
ホライゾーンSS
SS以外
月間!人気SS
このブログについて
ホライゾーン
作者別SSまとめ
長編・シリーズまとめ
ニューリリース
IS シャルロット・デュノア 水着Ver. ファニーナイツ 艦隊これくしょん -艦これー 天津風姫騎士シャロンと異世界の勇者【Amazon.co.jpオリジナル特典付】PSYCHO-PASS サイコパス Blu-ray BOX【Amazon.co.jp限定】ペルソナ4 ザ・ゴールデン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ソードアート・オンラインII 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]ログ・ホライズン 8 雲雀(ひばり)たちの羽ばたき【ドラマCD付特装版】新・世界樹の迷宮2 ファフニールの騎士 サウンドトラック ラフスケッチver.+主題歌(仮)
シルクの果実 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
新刊ピックアップ
フィギュア
ゲーム
アニメ
最近のオススメSS
清麿「強くてニューゲームか…」ヌァァァァァァ!!
一夏「ドゥフッw拙者織斑一夏でござるwwww」ギャプッwwwコポォwwww
佐天「またレイプされた…」初春「佐天さんも大変ですね」黒髪美少女のレベル0が性的過ぎてヤバイ
佐天「すごいテニスが出来る能力かぁ」間違いなく攻撃的な能力だなぁ
浜面「女の子になれる能力かぁ」アイテムで性別逆転して……
オーキド「ここに3人の女性がおるじゃろ?」 レッド「は?」僕はナツメちゃん!!
【※ネタバレ注意】エレン「同期にホモとレズしか居ない……」確かに
ボーボボ「黒の騎士団入団希望のボーボボでぇす!!」ゼロ「ほう?」死ねやぁ!!!!!
桐乃「そうです!私はブラコンの変態ヤローです!」きゃわわ!!!!!!!
岡部「紅莉栖をひたすら愛で続けたらどうなるか」うわぁぁああぁ!!(AA略
クリリン「やっぱりオレも、サイヤ人の子供欲しいな・・・」スレタイのインパクトェ……
ゆうしゃ「くらえー!まおー!!」魔王「くはははは!!」ゆうしゃちゃん!!!!
俺「グヘヘヘ……」 女騎士「早くこの手錠を外せ!」お○んぽなんかには絶対負けない!
鍛冶師「今日中に仕上げるぞ」弟子「はい」雰囲気が良いSS
「ついに地球はウリ達の物ニダー」ニダニダ
みんなのいちおし!SS
よく耳にするとか、印象的なSS集ダンテ「学園都市か」"楽しすぎて狂っちまいそうだ!"
一方通行「なンでも屋さンでェす」可愛い一方通行をたくさん見よう
インデックス「ご飯くれるとうれしいな」一方通行「あァ?」"一方禁書"凄まじいクオリティ
フレンダ「麦野は今、恋をしているんだね」通称"麦恋"、有名なSS
キャーリサ「家出してきたし」上条「帰って下さい」珍しい魔術側メイン、見るといーの!
垣根「初春飾利…かぁ…」新ジャンル定温物質ウヒョオオ!!
美琴「……レベル5になった時の話ねえ………どうだったかしら」御坂美琴のレベル5に至る努力の経緯
上条「食蜂って可愛いよな」御坂「え?」ストレートに上食。読めて良かった
一方通行「もっと面白い事してモリモリ盛り上がろォぜ」こんなキャラが強い作者は初めて見た
美琴「週末は アイツの部屋で しっぽりと」超かみことを見てみんなで悶えましょう
ミサカ「たまにはMNWを使って親孝行しようぜ」御坂美琴のDNAは究極に可愛くて凄い
番外個体「  」番外通行SSの原点かな?
佐天「対象のアナルを敏感にする能力か……」ス、スタイリッシュアクションだった!
麦野「どうにかして浜面と付き合いたい」レベル5で楽しくやっていく
ミサカ「俺らのこと見分けつく奴なんていんの?」蒼の伝道師によるドタバタラブコメディ
一方通行「あァ!? 意味分からねェことほざいてンじゃねェ!!」黄泉川ァアアアアアアアアアア!!
さやか「さやかちゃんイージーモード」オナ禁中のリビドーで書かれた傑作
まどかパパ「百合少女はいいものだ……」君の心は百合ントロピーを凌駕した!
澪「徘徊後ティータイム」静かな夜の雰囲気が癖になるよね
とある暗部の軽音少女(バンドガールズ)【禁書×けいおん!】舞台は禁書、主役は放課後ティータイム
ルカ子「きょ、凶真さん……白いおしっこが出たんです」岡部「」これは無理だろ(抗う事が)
岡部「フゥーハッハッハッハ!」 しんのすけ「わっはっはっはっは!」ゲェーッハッハッハッハ!
紅莉栖「とある助手の1日ヽ(*゚д゚)ノ 」全編AAで構成。か、可愛い……
岡部「まゆりいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」SUGEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
遊星「またD-ホイールでオナニーしてしまった」……サティスファクション!!
遊星「どんなカードにも使い方はあるんだ」龍亞「本当に?」パワーカードだけがデュエルじゃないさ
ヲタ「初音ミクを嫁にしてみた」ただでさえ天使のミクが感情という翼を
アカギ「ククク・・・残念、きあいパンチだ」小僧・・・!
クラウド「……臭かったんだ」ライトニングさんのことかああああ!!
ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」ビターンビターン!wwwww
僧侶「ひのきのぼう……?」話題作
勇者「旅の間の性欲処理ってどうしたらいいんだろ……」いつまでも 使える 読めるSS
肛門「あの子だけずるい・・・・・・・・・・」まさにVIPの天才って感じだった
男「男同士の語らいでもしようじゃないか」女「何故私とするのだ」壁ドンが木霊するSS
ゾンビ「おおおおお・・・お?あれ?アレ?人間いなくね?」読み返したくなるほどの良作
犬「やべえwwwwwwなにあいつwwww」ライオン「……」面白いしかっこいいし可愛いし!
モバイルゾーン
新着コメント!

----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------


続き・詳細・画像をみる


【悲報】 オロナミンCさんが…つД`)

フジテレビ、連ドラ枠「5→2」大粛清へ 制作費抑制でバラエティに 吉本大歓喜!

【野球】ヤクルトって地味にドラフトで高校生とらないよな

NTTドコモなど4社、サイクリングシェアリングの合弁会社「ドコモ・バイクシェア」を設立

『うしおととら』2015年夏アニメ化決定!監督:西村聡 脚本:井上敏樹 制作:MAPPA&studio VOLN

【リテラ】安倍政権が続く限り、後藤さん殺害では終わらない対イスラム国戦争 〜安倍晋三首相による対米軍事追従拡大が招いた結果。イスラム過激派組織の“育ての親”はアメリカだ。

世の中には気分屋で嘘つきな女ばかりだ、地球上に信用できる女っているの?

DQNラブライバー()、ライブ中に傷害窃盗事件wwwwwwww

やっぱりチャラめ。もしディズニーキャラクターが大学生だったら その2

「これ好きな奴となら親友になれるわ」ってアニメ

自分は友人相手にそんな悪どい商売できないよ

『コードギアス 反逆のルルーシュ』コードギアスで最大の謎を見つけてしまったんだが、誰か答え教えてくれ

back 過去ログ 削除依頼&連絡先