あずさ「お○ぱい大きくって困っちゃうわぁ……」back

あずさ「お○ぱい大きくって困っちゃうわぁ……」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「大丈夫ですよあずささん。女の価値は胸の大きさじゃありません」
あずさ「でも……こんなにみっともなくて……」
P「あずささんには胸よりも他にいっぱい魅力があるじゃないですか!」
あずさ「でも……」チラッ
千早「ん?」
P「…………」チラッ
千早「……ちょっとプロデューサー。視線がいやらしいです」
P「っ!!す、すまん千早!つい!」
あずさ「仕方ないわ千早ちゃん。女の私から見てもとっても魅力的だもの……うらやましいわ」
千早「そんな……プロデューサーのいうように胸で結果を出せる訳じゃありません。もっと他のことでお互い頑張りましょう」
P「千早……」チラチラ
千早「っ……」ササッ
P「あぁまた!?す、すまん!」
あずさ「……でも私もプロデューサーさんにちら見してもらいたい…」クスン
千早「ちょっ…そ、そんなのどこがいいんですかっ」
3:
ガチャ
美希「ハニー!ただいまなのー!」トテテテ
P「美希、おかえり」
千早「ちょ!?美希、あなた服脱ぎながらきたでしょ!?谷間が見えてるわよ!」
美希「あっ……」
P「……」
美希「ご、ごめんなさいなの!ミキ、とってもだらしなかったの!」
あずさ「ぷ、プロデューサーさん。しょうがないですよ、お仕事終わりで暑かったでしょうし…」
美希「本当にごめんなさいなの……ハニー、ミキのこと嫌いにならないで……?」
P「そんなことで嫌いにならないよ。ほら、着替えておいで」
美希「うん……もうこんなおっぱいイヤ……谷間ができるなんて本当に下品なおっぱい……」
美希「谷間ができない千早さんが本当にうらやましいの…」
千早「もう、美希まで。そんなこと気にするものじゃないわよ」
9:
ガチャ
亜美「うあうあー!兄ちゃーん!」
真美「兄ちゃんたちけてー!」
P「どうした亜美真美」
亜美「今日学校で身体測定があったんだけど…」
真美「真美たち、またおっぱいが大きくなってたんだよー!うあうあ?!」
P「そうか…」
千早「成長していたのならなによりじゃない」
あずさ「そうよ。亜美ちゃんも真美ちゃんも成長期だもの。普通のことよ」
亜美「でも、このままじゃあずさお姉ちゃんみたいにゴーマンバデーになっちゃうよ?!」
真美「真美たち、あずさお姉ちゃんみたいなキッコーマンバデーになりたくないよ?!」
あずさ「グサッ……!!」
千早「ちょ、ちょっと!失礼よ!」
12:
P「こら亜美真美。ちょっと言葉が過ぎるぞ」
亜美「だって……亜美たちいおりんややよいっちよりも年下なのに……」
真美「真美たちのほうが先におっきくなるなんて納得できないよー!」
P「でも成長が早いのは胸だけじゃないだろ?」
亜美「あ、そっか。そいえば身長も伸びてたね」
真美「お尻もおっきくなってたよね」
P「なら自然な成長だ。胸だけが大きくなったわけじゃない」
千早「そうよ、それが大人になるってことなの」
亜美「なんか千早お姉ちゃんが言うと嫌みに聞こえるね…」
千早「えっ……」
真美「だって千早お姉ちゃん、おっぱいだけ成長しなかったんでしょ?」
亜美「小学二年生のころから変わってないんでしょ?」
千早「ええ」
亜美真美「いいなぁ?」
17:
響「ふふふ……亜美たちはまだマシだぞ……」
亜美「その声はひびきん!」
真美「現れたな!」
響「亜美たちはまだ年相応じゃないか……自分なんか、自分なんか……!!」
響「ロリ巨乳なんて言われる始末だぞ!うぎゃー!!」
美希「たしかにそれは不名誉なの」
あずさ「み、美希ちゃんっ」
響「背が低い割におっぱいだけ大きいだなんて!女の恥だぞー!」
亜美「たしかにロリ巨乳って人気ないもんね」
真美「千早お姉ちゃんは大人っぽくて無乳という最高のバランス」
P「響は真逆の存在だな」
響「千早ー!少しでいいからおっぱいもらってー!!」
千早「ご、ごめんなさい。それは遠慮させてもらうわ」
21:
伊織「あんた達、なに騒いでんのっ」
やよい「おはようございまーす!」
美希「いいところにやってきたの!やよいにでこちゃん!」ギュッ
伊織「むきゅっ。ちょっと!変なの押しつけないでよね!」
美希「あっ、いけない。抱きつくとおっぱいが邪魔でしょうがないの」
やよい「大変そうですね…」
伊織「ふんっ。そんなの食生活とか運動とか改善して予防できたでしょ!日々の努力を怠った美希の自業自得よ」
美希「むー。ひどいのでこちゃん!じゃああずさはどうなの?」
あずさ「あ、あら?……」
伊織「……あずさはなにもかもダメね」
あずさ「グサッ……!!」
P「あずささんっ」
亜美「でもいおりんも年相応だよねー」
真美「むしろ大きめじゃないの?」
伊織「こ、これからよこれから!」
23:
美希「でもでこちゃんと違ってやよいはまだ大丈夫なの」
伊織「なによその言いぐさはっ!?」
やよい「もやしのおかげでしょうか……?」
響「やよいぃ!今日から自分のごはんつくってー!」
伊織「あんたは今更よ。今から胸を無くすならひたすら運動して燃焼させなきゃ」
千早「それなら真と一緒ならいいんじゃないかしら」
響「なるほど……真も自分と違ってぺったんこだからな」
亜美「まこちんもかなりのびゅーてほーばでーだけど」
真美「天然物の千早お姉ちゃんにはさすがに届かないよねー」
あずさ「ウンウンウンウンウン」コクコクコク
伊織「あんた首とれるわよ」
26:
真「あれ?誰かボクのこと呼んだ?」
美希「真クン!」ギュッ
真「わぷっ……はは、美希は相変わらずだなぁ」
P「うらやましい……」
美希「あっ、もちろんハニーが一番だからね!?」
P「うらやましいぞ美希……俺も真に抱きついてみたい…」
千早「…プロデューサー?」
P「おっといかん。本音がももんが」
真「でも美希に抱きつかれると癒されるよ。普段は男の人ばっかりに見られてばかりだからさ」
あずさ「真ちゃんは今日もグラビア?」
真「はい」
あずさ「いいなぁ……」
P「いつもグラビアばかりですまん」
真「いえ、それだけ男の人に好いてもらえてらってことですから。嬉しいです」
真「ボクとしては女の子人気も欲しいところですけどね」
伊織「男なんて胸しか見てないのよ」
響「でも真や千早みたいに男の子受けする胸は単純にうらやましいぞ…」
30:
P「まぁ男人気は千早、真、やよいの胸無スリートップだな」
伊織「ほんとに男って嫌よね!」
あずさ「伊織ちゃんはまだ人気ある方じゃない」
伊織「まぁこの先なにがあるかわからないからね。グラビアやるならまだ胸のない若いうちにやんなきゃ」
亜美「あずさお姉ちゃんはもう……」
真美「グラビアは無理かもね……」
あずさ「グサッ……も、もう堪忍してぇ?!わーん!」ギュッ
やよい「わぷひゅ、よしよし」ナデリコ
真「でもスリートップって言っても実際は千早がぶっちぎりなんだけどね」
千早「そんなことないわよっ」
美希「千早さんの場合、天然もののおっぱいだってわかるもんね」
響「やよいはまだ幼いからとか、真はトレーニングしてるからとか、理由がつけられるもんな」
千早「わ、私だって腹筋とかちゃんとしてるのよ?」
伊織「あんた達、妬みは見苦しいわよ……千早は…そう」
伊織「この世に生を受けたときから、無乳であることを宿命づけられたのよ……」
美希「まさに」
響「神に愛されしアイドル」
千早「や、やめてったら!恥ずかしいじゃない!」
49:
春香「恥ずかしがる千早ちゃんときいて」
千早「は、春香っ!?」
春香「んもうっ!千早ちゃんのナイチチに魅入られし者は男の人だけじゃないんだからねっ」
美希「出たの。千早さんの太鼓持ち」
伊織「もはや信者ね」
P「たしかに千早の胸は同姓からも尊敬されているようだな」
響「千早こそが女の子にとっての理想だもんね」
春香「そうよ!見てよこの貧相でまったいらでぺったんこな胸!おっぱいとは呼べないくらいのなだらかな曲線を!ここまでくればもう胸筋ですよ胸筋!」
千早「や、やめてったら///」
美希「さすが春香。褒め殺しなの」
50:
貴音「なにやら耳の痛い話をしていますね」
P「お、貴音か」
貴音「それともう1人……雪歩、雪歩。隠れてないで出てきなさい」
雪歩「うぅ……私にこの話題の中で出ていく勇気はありませんよぅ……」
真「どうしてさ。雪歩もこっちにきて話そうよ」
雪歩「だってだって……」
貴音「えぇ……私たちとっては、なんとも加わりたくない会話です…」
伊織「まぁ……ね。あんたもだいぶ残念な体型してるものね」
貴音「はぅあっ……!」
やよい「た、貴音さん!おいでませ!」
貴音「やよい……私を慰めてください……」
やよい「貴音さんはもふもふでなでがいがありますー」ナデリコナデリコ
あずさ「やよいちゃぁん……」
やよい「あずささんも、よーしよーし」ナデリコナデリコ
伊織「巨乳共が貧乳の傘下に墜ちたわね」
51:
P「貴音はそんなに卑下することないと思うぞ。貴音はお尻というチャームポイントがあるだろ」
貴音「お尻……ですか?はて……?」
亜美「んっふっふー。たしかにお姫ちんのお尻ちんはむっちむちのふっかふかで揉みがいがありそうですしなー」
真美「世の兄ちゃんたちを惑わせる曰く付きのお尻ですしなー」
響「曰く付きじゃ心霊スポットみたいだぞ」
貴音「お、おばけっ!?私のお尻におばけがいるのですか!?響、祓ってくださいっ」
響「払えばいいのか?ほいほい」サワサワ
貴音「ひゃうっ……」ビクッ
響「……たしかにこれは魅力的だぞ」サワサワ
P「いいなぁ」
千早「プロデューサー?」
P「ももんが」
雪歩「お尻だけ育ってくれればいいのに…」
P「胸が育ってもただの脂肪だしなあ」
54:
雪歩「うぅ……やっぱり私なんてなんのチャームポイントもないだめだめアイドルなんですぅー!」
真「ちょ、雪歩!?」
春香「そんなことないよ雪歩!たしかに千早ちゃんみたいなまな板じゃないけどさっ」
千早「も、もう……///」
美希「隙あらば千早さんを褒めるね春香は」
雪歩「ち、千早ちゃんとは違ってダイナマイトボデーの私なんか……穴掘って埋まってますぅ?!」
真「わぁぁ雪歩!そんなに自分を卑下することないよ!全然ダイナマイトボディなんかじゃないからさ!」
春香「そうだよ雪歩!まぁ千早ちゃんと比べたら十分ダイナマイトなんだけどねっ!」
雪歩「わーんっ!」
千早「春香っ!い、いい加減にしてよねっ///」
55:
律子「真の言うとおりよ雪歩」
雪歩「ふぇ……り、律子さん……?」
律子「どんな体型にだって需要はあるものなのよ」
雪歩「そ、そうなんですかっ!?」
律子「えぇ。世には巨乳好きというマニアックな殿方だってちゃんといるの!メジャーがある限り必ずマイナーは存在する!むしろマイナー の方が熱しやすいものなのよ!」
亜美「りっちゃん、それ自分に言い聞かせてない?」
律子「」キッ
真「でもそりゃそうだよね。雪歩くらいの胸って大きすぎるって程じゃないし。普通だよ普通」
雪歩「普通……私、特徴なしおっぱい……?」シュン
真「ち、違う違う!理想過ぎても高嶺の花っていうか……ほら!手の届きやすい親近感の湧くおっぱいっていうか……!」
美希「つまり真くんは自分のことを高嶺の花って言いたいんだね」
真「えぇっ!?」
雪歩「わ、私……手頃な女なんだね……手頃おっぱいなんだね……ふぇーんっ」
真「そういう意味じゃなくてぇ!」
56:
律子「泣くんじゃないわ雪歩!マイナーだって自覚があればそれを強みにすればいいだけだもの!」
雪歩「強み……?」
律子「むしろ一定数の需要が見込める分売り出す方針もより明確よ。安心して私の計算に身を任せなさいっ!」
真美「でもりっちゃん自身は巨乳に眼鏡ってミャンマー過ぎるけどね」
律子「」キッ
春香「わははー!無駄ですよ無駄!所詮は巨乳!大多数の殿方の好みにはなり得ません!」
春香「見てくださいこの千早ちゃんの胸を!ジャンプしたって……」
千早「ほっ。ほっ」ピョンピョン
春香「揺れないんですよっっ!?」
アイドル「……っ!?」
P「まさか……それほどまでとは……!!」
57:
真「ぼ、ボクでも少しはふるるんするのに……!!」
やよい「わ、私もです……さすがにちょぴっとはふりゅりゅしちゃいます……!!」
春香「見よっ!この一切重力に逆らわない平野を!!」
千早「よっ。ほっ」ピョンピョン
アイドル「……っ!?」
P「女の子の胸は谷だったり山だったり……凹凸のあるもので表現されたりするが……」
P「平野とはよく言ったものだ。真横から見ても完璧な180度。分度器要らずだぜ」
59:
律子「ふっ……千早。さすがの私も負けを認めざるを得ないわね……」
千早「律子…」
律子「あんたこそ完璧なるチチナシよ。誇りなさい」
美希「ミキ、千早さん以上の貧乳なんてこの世に存在しないって思うな」
響「それはさすがに言い過ぎだけど……千早が完璧すぎて自分も完璧を名乗れないぞ……完璧を越えた鉄壁って感じだな!」
雪歩「そうだね……むしろ鉄板って言った方がもっと正確かもね。えへへっ」
真「うんうん。千早の胸にパンチなんてしたら拳の方が砕けちゃいそうなくらいだよ」
やよい「ぱいたっちしても、なんかガキーン!!て音がしそうなくらい固そうかなーって!」
貴音「まさしく乳房の中の乳房といえるでしょう……いえ、房ではないですが……」
あずさ「一切の無駄のない、私たちのような有り余るほどのおっぱいとは違う、まさに無乳……あなたこそが私たちの憧れね…」
亜美「もう板にさくらんぼのっけただけだもんね」
真美「いやいやさくらんぼでも大きいっしょ?テントウ虫くらいだね」
伊織「それでもでかいわよ。千早の胸はそんなもんじゃないわ。もうナノの世界よ」
春香「千早ちゃん!千早ちゃんこそ、世界に誇れる貧乳だよ!胸を張って!いや胸を張ったところでぺったんこだけど!」
60:
千早「みんな……」グスッ
P「ふふ……顔をあげろ、千早」
千早「はい……もう、なんだか泣けてきちゃいました……っ」
P「…みんなからの思い、受け取ったか?」
千早「えぇ……もう痛いくらいに……!」
P「みんなの心からの思いを受け取ったんだ。これから千早は頑張らないとな」
千早「はい…私が、みんなの先頭に立ってみんなを導いていこうと思います……!」
P「そうだ。お前はみんなの光なんだからな……!」
千早「はい!プロデューサー!」
小鳥「いい話ね……」ポロリ
61:
P「いたんですか音無さん」
小鳥「もろちんですよ。最初から見てました。いやーみんなの友情は素晴らしいですよねー」
P「はい。みんな仲間思いのいい奴らです」
小鳥「みんな、千早ちゃんを気遣ってくれてたんですね…」
P「えぇ……千早は最近悩んでましたから…」
P「周りの人たちに胸ばかり見られて恥ずかしいって……」
小鳥「まぁ周りの人たちの気持ちもわかります……あれだけ平らなおっぱいなんですよ?見ないわけないじゃないですか」ハァハァ
P「千早にとっての周りの人たちには確実に音無さんも入ってたでしょうね」
63:
P「一時期は完全に胸周りの露出をシャットアウトした服装ばかり着てましたね…」
小鳥「ライブの衣装にもかなり抵抗あったようですし」
P「あのノースリーブの衣装ですか。腋の下までくっきり開いたやつ」
小鳥「えぇ。普通ならば横乳の膨らみまで露出する衣装なのですが」
小鳥「千早ちゃんだけ横乳がまったく認識できませんでした」
P「あれは見事でしたね」
小鳥「一生ものです」
P「撮ったんですか。さすが音無さん」
66:
P「さらに一時期」
P「かなりの胸パッドを詰め込んできたこともありました」
小鳥「えぇ……忘れもしません。胸パッドを詰めるため、ちょっと大きめのブラジャーを用意してきた日のこと」
P「いざ装着しようとブラをつけ、大量の胸パッドを詰めまくる」
小鳥「しかしなんてことでしょう」
P「大量の胸パッドを詰めてもなお……ブラのスペースが余り」
小鳥「ワンピースからぽとりぽとりとパッドがこぼれ落ち……」
P「ブラまでもが……!」
67:
P「しかし……もう千早も理解したでしょう。自分の魅力を恥ずかしがることも隠すことも間違いであると……」
小鳥「えぇ。仲間たちに勇気づけられたはずです。自信をもって、さらけ出すことも大事だと……!」
千早「みんな、ありがとう……私、迷ってたわ……」
千早「私の胸は……アイドル活動の妨げになってるんじゃないかって……」
千早「でも違うのね……この胸も含めて私だったのね……!」
千早「みんなが見てくれるこの胸も私……私はこんなにもみんなに愛されている!」
千早「みんなが愛してくれたこの胸のように、私自身も輝いていける!」
68:
春香「ーーーそれは違うよ」
千早「……え?」
69:
春香「胸が輝いてるから千早ちゃんも輝いているんじゃない……」
春香「千早ちゃんのその志こそが、私たちの光なの」
千早「……!」
春香「千早ちゃんの、鉄板のような決して折れない志が……私たちを空たかくへと導いてくれる……!!」
70:
春香「ーー羽ばたいてゆけるっ!!」
71:
千早「春香…ありがとう。みんな……ありがとう……!」
春香「ふふ、なに言ってるの?」
あずさ「えぇ……当然でしょ?」
千早「……!」
春香「私たちは他のなんでもない、千早ちゃんだから着いていくの」
7

続き・詳細・画像をみる


興味本位でアナルに電池入れて遊んでたらいつの間にか消えてた

NPB直近5年の安打数トップ50www

【ドライブ】第17話 沢神りんなは何故ソワソワしていたのか

【悲報】『ラブライブ!』3rd、4thに続き1月31日の5thライブでも「輝夜の城で踊りたい」のサビのコールを間違えてる奴多数で今回も失望の声!もうこれ直んねーわwww

北海道栗沢の髪の伸びるお菊人形見に行った

後藤さん兄・後藤純一氏「日本政府や日本中、それに世界中で応援していただき、ありがとうという思いです」

back 削除依頼&連絡先