P「美希、秋刀魚の塩焼き食べるか?」back

P「美希、秋刀魚の塩焼き食べるか?」


続き・詳細・画像をみる

1:
美希「さんまの塩焼き? 食べるの!」
P「じゃあ、はい」コトッ
美希「わーい」
P「しょうゆと大根おろしはお好みでな」
美希「はいなの」
4:
美希「ん?、この香りがたまらないの」
P「そそるよなあ。やっぱり秋といえばこれだよな」
美希「うんうん」
P「あとこれも一緒に。きゅうりとわかめの酢の物だ」コトッ
美希「ハニーったら、良い仕事しすぎなの」
P「あとは炊きたてほやほやの白ごはんと、味噌汁な」スッ
美希「お味噌汁の具は何なの?」
P「豆腐と油揚げ、あとえのきだな」
美希「これまた良い仕事なの」
8:
P「では熱いうちに食べようか。手を合わせて」
美希「はいなの」
P「頂きます」
美希「いただきますなの」
P「よし食べよう。あ、美希、自分で骨取れるか?」
美希「むぅー。ハニーはミキのことを子ども扱いしすぎなの」
P「それは悪かった」
美希「この程度の骨、ミキにとってはお茶の子サイサイなの」
P「ああ、頑張れ美希」
9:
美希「あー! 見て見てハニー! 一気に身がべろって取れたの!」
P「あー、嬉しいよなそれ。分かる分かる」
美希「えへへ……これにおしょうゆと大根おろしをつけて、っと……」
P「このおろしがまた絶妙に合うんだよなあ」
美希「あーん、っと」パクッ
P「はむっ」パクッ
美希「……ん?。そしてツヤツヤの白ごはんを……」
P「はふはふ、はふっ」
美希「もう、ハニーったらがっつきすぎだって思うな。はむっ」
P「……あー、ウマい」モグモグ
美希「んん?……幸せなの……」モグモグ
P「秋って、本当良いよなあ」
美希「うん。ミキ的には、今日だけなら星井アキに改名してもいいって思うな!」
P「それはどうかと思うが」
11:
美希「次はこのわかめときゅうりの酢の物を……あーん」パクッ
P「これもまた秋刀魚とよく合うんだ」
美希「んふぅ……お酢の酸っぱさが良いカンジに体に染みていくの……」
P「お酢は疲労回復にも効くからな」
美希「あー、だから一層美味しく感じるんだね」
P「ああ、今日の美希は仕事もレッスンもよく頑張ったからな」
美希「えへへ……もっとほめてほしいの」
P「よしよし。偉いぞ美希」ナデナデ
美希「えへへぇ」
12:
美希「そしてちょっと落ち着いた頃合いにお味噌汁をすするの」ズズッ
P「うーん。あったまるな」ズズッ
美希「はふぅ……ほっこりするの」
P「ああ、なんともいえない幸せな心地だな」
美希「やっぱり秋は食欲の秋なの」
P「それには同意せざるをえない」
16:
美希「はふぅ。すごく美味しかったの……ごちそうさまでしたなの」
P「お粗末さまでした」
美希「……ハニーはまだ帰らないの?」
P「ああ、もうちょっとだけ資料を整理してから帰るよ」
美希「そっかぁ。残念なの」
P「?」
18:
美希「本当はハニーを待って一緒に帰りたいところなんだけど……今日は、春香と一緒にケーキバイキングに行く約束なの」
P「えっ! い、今からか?」
美希「? そうだよ?」
P「今結構がっつり食べたところなのに……よくそんなに食べられるな」
美希「甘いものは別腹なの。それに今は食欲の秋だしね!」
P「……マジで、『星井アキ』に改名した方がいいかもな……」
美希「あはっ☆ 考えとくの! じゃあまた明日ね、ハニー♪」

1

続き・詳細・画像をみる


『アブソリュート・デュオ』≪特別座談会(コスプレパーティー)≫&1話〜4話振り返り上映会開催決定

ロシアの女子大生のおっぱいwwwwwww

【もう逃げられない】理研OB、小保方がES細胞盗んだとして刑事告発!小保方、今年こそ逮捕へ

Lumia 830の後継モデル?「RM-1072」のスペック情報がリークされる

好き嫌いせず小松菜をむしゃむしゃ食べるゴールデン・レトリバー犬COCOちゃんがカワイイ!!

漫画でよくあるメガネでおとなしい性格の子が実は美少女を体験した

儚げで守ってあげたくなるようなタイプの美人な友人。大学をドロップアウト後、人気No.1キャバ嬢になり客に貢がせまくっていた。

ちょっと癒されたいからお前らの飼い猫の画像上げてけ

歴代プリキュアで最も格闘センスが半端なくいいのって誰だよ?

キョン「汚い……早く拭いてくださいね」

イタリア人「500ユーロの携帯なんてバカげてる。Androidは100ユーロよ?!」

神崎蘭子「蘭子お姉ちゃん!」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先