モバP「アイドルにドライに接する」back

モバP「アイドルにドライに接する」


続き・詳細・画像をみる

1:
ちひろ「さーて、そろそろお昼ご飯にしましょうか♪」
P「え?もうそんな時間ですか?」
ちひろ「はい。もう12時ですよ…ってそんなに書類残ってるんですか?」
P「ええ…全然進まないんですよ…」
ちひろ「今日はたまってた事務作業を片付けるだけですよね?」
P「しかも二人で半分ずつのはずなんですが…」
ちひろ「私の分終わっちゃいましたよ?」
P「ふぁっ?!」
ちひろ「プロデューサーさ?ん、サボっちゃだめですよ??」
P「サボってないですよ…」
2:
ガチャ
卯月「おはようございます!」
ちひろ「卯月ちゃん、おはようございます。」
P「お、卯月おはよう。」
卯月「あ、プロデューサーさぁん…」
P「どうした泣きそうな顔して?」
卯月「昨日も電話が長いって怒られちゃいましたー…」
P「あー…またか?」
卯月「はい…」
P「まったく仕方ないな…俺でよかったら話し相手になるから代わりに事務所でいっぱい喋ってけ?」
卯月「はいっ!あっ、それでですね!
3:
一時間後
P「はははー、それは確かにそうだもんなー。」
卯月「やっぱりそうですよね!」
ちひろ「卯月ちゃん?時間大丈夫?」
卯月「あ!いけません!そろそろ収録の時間ですっ!」
P「おお、もうそんな時間か、気を付けてなー。」
卯月「はいっ!島村卯月、お仕事頑張りますっ!」
ガチャ
P「いやー、可愛いなあ。」
P「そう言えばちひろさん、なんで僕の仕事は進まないんですかね。」
ちひろ「今のやろ。」
4:
ちひろ「プロデューサーさんはアイドルのみんなに構いすぎなんですよ。」
P「そうですかね?」
ちひろ「だって法子ちゃんとドーナツ食べて、晶葉ちゃんとロボットの調整、柑奈ちゃんとはなんか熱唱してましたよね?」
P「あ、桃華と紅茶も飲みましたね。」
ちひろ「午前中だけでこれじゃ仕事は進みませんよ…」
P「はい…」
5:
P「と言うことで午後はアイドルに構わないことにします。」
ちひろ「そうですよ。プロデューサーさんの分が余るとどうせ私が手伝わされるはめになるんですから。」
P「僕はやればできる子ですからね!ちひろさんの手は煩わせませんよ!」
ちひろ「お願いしますよ…?」
ガチャ
ちひろ「さっそく誰か来たみたいですね…!」
P「仕事に集中、仕事に集中…!」
6:
幸子「おはようございます!今日もカワイイボクがこの事務所に癒しを届けにきましたよ!」ドヤァ
P「…」カタカタ
幸子「癒されすぎて声も出ないみたいですね!でも挨拶は基本ですよ!」
P「はいはいおはよう幸子。今日も可愛いな。」カタカタ
幸子「カワイイのなんて当たり前です!それより喉が乾きました!何か持ってきてください!」
P「あー、冷蔵庫から好きなの持ってけ。」カタカタ
幸子「な…!」
8:
P「それからそろそろレッスンだろ。気を付けて行ってこいよー。」カタカタ
幸子「も、もうそんな時間ですか!あ、そう言えばプロデューサー!ちょっと話が
P「ああレッスン終わったら聞いてやるよ、トレーナーさん待ってるんだから早く行ってこいよー。」カタカタ
幸子「………」シュン
幸子「い、行ってきますねー…」トボトボ
ちひろ「行ってらっしゃい。」
9:
P「…ああもうだめだ!待て幸子!」
幸子「ひぅっ?!な、なんですか?」
P「だめですちひろさん!やっぱり無理です!」
P「ああー!幸子可愛いよ幸子!今日一日面倒くさい書類整理の仕事ばっかり!しかも一緒に事務所にいるのは金とドリンクにしか興味のないおばさんだけ!もうね!これじゃあやる気出ない!でも仕事終わらないと帰れない!やだなやだなと思ったら幸子だよ!カワイイよ!声聞いただけで癒されるよ!顔見たら更に癒されたよ!入ってきた時のドヤ顔可愛いよ幸子!出ていく時の寂しそうな顔可愛いよ幸子!でもやっぱり笑った顔が一番可愛いよ幸子!さあ疲れた俺にとびきりの可愛い笑顔を見せておくれ!」
ちひろ「」ドンビキ
幸子「…フ、フフーン!そんなに言われては仕方ありませんね!!ボクの笑顔は高くつきますよ!」
にこっ
P「うおおおおお!!!!やっぱり幸子は可愛いよおおお!!!」ぎゅーっ
10:
P「先程はお見苦しい姿をお見せいたしました。まことに申し訳ございません。また、千川氏について不適切な発言があったことを認め、これを撤回し謝罪いたします。申し訳ございませんでした。」
ちひろ「幸子ちゃんもレッスン行ったので仕事に戻ってくださいよ?」
P「はい。」
杏「そうだぞー。」
12:
P「って杏、お前も今からきらりとユニットのレッスンだろ。」
杏「えー?レッスンでしょー?きらり一人でいいじゃーん。」
P「ああ…まあそれもそうだな。」
杏「え?」
P「きらりの方がスケジュール合わなくてレッスン足りてないしな。休んでも問題ないな。いいぞ休んで。」カタカタ
杏「え、え?」
P「仕事もないから帰ってもいいぞ。」カタカタ
杏「い、いいのかなー?杏、本当にレッスン行かないよー?」チラッチラッ
14:
P「ああ、きらりには俺から言っておくから。」カタカタ
杏「ほ、本当に帰っちゃうよー?」チラッチラッ
P「ああ、好きにしな。」カタカタ
杏「…チラッチラッ。」
P「…」カタカタ
杏「ぐぬぬ…」
杏「じゃ、じゃあ帰るねー…チラッチラッ。」
ガチャ
ちひろ「気を付けてね。」
15:
P「…ちくしょー!杏ちょっと待て!」
杏「ん?なにー?」
P「ああもう可愛いなあ杏は!いつもみたいにサボって気を引こうとするなんて相変わらず可愛いなあ!そしたらいつもと違って素っ気なくあしらわれてどうしようか困って内心あたふたしてる杏も可愛いよ!でもわざとじゃないんだよ!あそこの守銭奴ババアが仕事しろってうるさいから構ってやれなかったんだけどやっぱり無理だ!しょんぼりした杏をそのまま黙って見送るなんて俺には無理!レッスンなんか行かなくていいけど帰っちゃだめ!迷惑そうにしてるけど内心とっても嬉しいあの口許緩みっぱなしのあのヘラヘラ笑顔を見せておくれ!!」
ちひろ「」ドンビキ
杏「しょ、しょうがないなあ!」
にこっ
P「あーんずちゃーん!!かっわいいよおおお!!!!」ぎゅーっ
17:
P「先程はお見苦しい姿をお見せいたしました。まことに申し訳ございません。また、千川氏について不適切な発言があったことを認め、これを撤回し謝罪いたします。申し訳ございませんでした。」
ちひろ「結局杏ちゃんはきらりちゃんと一緒にレッスン行きましたね。」
P「今度こそ仕事に専念…!」
19:
ガチャ
みく「ふにゃゃあああ!!Pチャン聞いてにゃあああ!!」
P「あー?忙しいからあとでなー。」カタカタ
みく「のあにゃんがまたみくのハンバーグ弁当食べたのにゃ!」
P「なんだ昼食ってないのか?」カタカタ
みく「そうにゃ!だから一緒にご飯食べに
P「そこのコンビニ弁当食っていいぞ。」カタカタ
みく「え?っ」
P「確かハンバーグ弁当だろ。食っていいぞ。」
20:
みく「で、でもこれPチャンのお昼ご飯にゃ!」
P「あー、俺はストックしてるカップ麺でいいから。」カタカタ
みく「で、でもカップ麺は体に良く
P「コンビニ弁当も似たようなもんだろ。食わないなら俺が食うぞ。」カタカタ
みく「じゃ、じゃあ食べるにゃ…」
みく「い、いただきにゃーす…」
21:
P「…ええい!だめだだめだだめだー!」
みく「にゃっ?!ど、どうしたにゃ?」
P「みく!お前はなんでそんなに可愛いんだ!なんでご飯帰りに食べてこないんだ!なんで途中で買ってこないんだ!もう3時だよ!ご飯じゃないじゃんおやつじゃん!あれだろ!俺とご飯食べたかったんだろ!言いかけてたの聞いてたぞ!なのにコンビニ弁当なんかでいいの!いやよくない!みくはよくても俺がよくない!俺もお腹空いてるよ!結局この緑のおばさん一人で昼食べてるもん!俺食べてないもん!なのに仕事させられてるの!もういい!仕事なんていい!みく!ご飯食べにいくぞ!なんでもいいぞ俺のおごりだ!こんな緑のおばさんの横で辛気くさい飯なんか食ってる場合か!俺は美味しそうにご飯食べる可愛いみくが見たい!お腹いっぱいになって笑顔になった可愛いみくが見たい!会計終わってあざとくじゃれついてくる可愛いみくが見たい!さあみく!飯食いに行くぞお!!」
ちひろ「」ドンビキ
みく「そ、そこまで言うなら行ってあげるにゃ!」ニコニコ
P「あー!みくは可愛いなあ!」ぎゅーっ
23:
P「先程はお見苦しい姿をお見せいたしました。まことに申し訳ございません。また、千川氏について不適切な発言があったことを認め、これを撤回し謝罪いたします。申し訳ございませんでした。」
ちひろ「結局もう4時ですよ?少しは進んだんですか?」
P「まるで進んでいない!」ドヤァ
ちひろ「威張らないでください!もう決めました!プロデューサーさん、パソコン持っていっていいので仮眠室で仕事してくださいっ!」
P「えー…」
ちひろ「仕事終わるまで出て来ちゃだめですからね!」
P「はーい…」
25:
ガチャ
智絵里「お、おつかれさまですー…」
ちひろ「智絵里ちゃんお疲れさま。」
智絵里「あ、あの…プロデューサーさんはいらっしゃいますか?」
ちひろ(ここで居場所を言ったらまた仕事が進まない…!心を鬼にして…)
ちひろ「今日は打ち合わせしてそのまま直帰ですね。」
智絵里「え…そうなんですか…」シュン
27:
ちひろ「伝言でいいなら明日伝えますよ?」
智絵里「あ…そんな大事なことでもないので…」
智絵里「じゃ、じゃあ帰りますね…ちひろさんもお仕事頑張ってください…」
ちひろ(なんて寂しそうな顔…胸が痛いです…!)
智絵里「お、お疲れさまでしたー…」ガチャ
P「ちょーーっと待ったーーー!!!」
28:
智絵里「プ、プロデューサーさん…!」
P「別に智絵里のこと見捨てたとかじゃないんだよぉぉ!!!そこの悪魔に仮眠室に閉じ込められただけなんだよぉぉ!!!仕方なく一人寂しく仕事してたら智絵里が悪魔と話してるの聞こえるじゃん!しかも悪魔が嘘ついてまで天使をいじめだすじゃん!もう我慢できないよ!そんなの智絵里を抱きしめに出てくるに決まってるじゃん!智絵里?俺に用があったんだろ?なんだ?言ってみろ?」
智絵里「あ、あの、た、大したことじゃ…」
P「大したことないわけない!」
智絵里「はぅっ?!」
29:
P「あ、ごめんびっくりさせたな。悪い悪い。でもな、智絵里はとっても大切な存在なんだ。たとえ些細なことでも智絵里に関わることは全部とっても大事なことだから気にしないで言ってほしいんだ。」
智絵里「は、はい…さっき駅で電車待ってたらファンの人に声かけられて…と、とっても嬉しかったです…!」
P「嬉しいぞ智絵里!俺も嬉しいぞ!」
智絵里「えへへ…」にこにこ
P「あー!やっぱり智絵里は笑顔が一番可愛いよおおお!!」ぎゅーっ
31:
P「先程はお見苦しい姿をお見せいたしました。まことに申し訳ございません。また、千川氏について不適切な発言があったことを認め、これを撤回し謝罪いたします。申し訳ございませんでした。」
ちひろ「あのー、結局もう5時ですよ?」
P「アイドルの皆と戯れて余は満足ぞ。」
ちひろ「殿、書類の山はいかに。」
P「有能な千川に任せようぞ!」
ちひろ「おい待てや。」
32:
ちひろ「だから言ったじゃないですか!ちゃんと仕事に専念してくださいって!」
P「す、すいません。」
ちひろ「もう仕方ないです!私も手伝いますから片付けてくださいっ!」
P「は、はい…」
34:
P「……」カタカタ
ちひろ「……」カタカタ
P「……」カタカタ
ちひろ「……」カタカタ
P(改めて見るとちひろさんって本当に美人だよなあ…)
P(しかも仕事もできるし。)
P(結局俺の仕事手伝ってくれるくらい優しいし。)
P(やっぱり女神だよなあ…)
ちひろ「プロデューサーさん、手が止まってますよ?どうかしました?」
P「いやあ…ちひろさんって女神だなあ…と。」
35:
ちひろ「は、はい?!」
P「だってアイドル達と並んでも違和感がないくらい美人だし、イベントごとにコスプレしてくれるし、しかもそのコスプレもめちゃくちゃ可愛いし、喋れば天使かと間違えそうなくらいの癒しボイスだし、結局今日も出来の悪いプロデューサーの仕事手伝ってくれるし。」
ちひろ「あ、あの?プロデューサーさん?」
P「あ、ちひろさんはどっちで呼ばれたいですか?」
ちひろ「はい?」
P「天使って呼ばれたいですか?女神って呼ばれたいですか?」
ちひろ「ちょ、ちょっとやめてくださいよ…私なんてそんなんじゃ…///」
P「照れたちひろさんは一段と可愛いですよ。」
ちひろ「…///」プシュー
37:
P「…はっ!俺は一体何を言っているんだ。」
P「先程はお見苦しい姿をお見せいたしました。まことに申し訳ございません。また、千川氏について不適切な発言があったことを認め、これを撤回し謝罪いたします。申し訳ございませんでした。」
ちひろ「えっ」
3

続き・詳細・画像をみる


歯磨きするときにオエッてならない方法教えて

こののび太を論破できる奴いんの?

JKとかって元々は円光用語wwwwww

おっさん「大人になるとゲームしなくなるんだよなー」当時ぼく「そんなわけないやろ」

縄張り意識の強い猫。飼い主のことはどう思っているの?

ユニコーンガンダムっているじゃん

back 削除依頼&連絡先