【幸腹グラフィティ】リョウ「きりんー、ご飯ができましたよ!」ブリッback

【幸腹グラフィティ】リョウ「きりんー、ご飯ができましたよ!」ブリッ


続き・詳細・画像をみる

1:
きりん「わーい!今日のご飯は何ー!?」ワクワク
リョウ「今日のご飯は私のうんこですよ」
きりん「え?り、リョウのうんこ?」
リョウ「そうですよ、最近、おいしいものたくさん食べてるのでおいしいうんこになってると思います」
リョウ「昔はよくおばあちゃんのうんこを食べてました」
きりん「へぇー、そうなんだ?それにしてもすごい量だよね??」
リョウ「きりんに食べて欲しくてずっと我慢してたんです」
きりん「え?も、もう///」
リョウ「ほら、きりん、冷めちゃいますよ?」
きりん「ん、そうだね、いただきまーす!」
2:
きりん「じゃあ……いただきまーす!」スゥゥ
パクッ
きりん「うぅぅん!すごい香り!何日も溜め込んでたうんこの香りがする!」クチャクチャ
きりん「ん……?これは……」
きりん「この味!玉子焼の味だ!リョウは今週の弁当で玉子焼食べたんだ!」
きりん「すごい!色んな味と香りが混ざって濃厚すぎるよぉ!」
きりん「とまらない!」
リョウ「喜んでくれてうれしいです」
3:
きりん「ふぅーっ!ごちそうさま!」パンパン
リョウ「お粗末様でした」
リョウ「それにしても5日分溜め込んだうんこを全部食べちゃうなんて……」
きりん「あ!ごめんなさい!あまりにもおいしくてリョウの分残して無かった!!」
リョウ「いいんですよ」
リョウ「そんなにおいしく食べてくれてとても嬉しいですから」
きりん「リョウぅ?///」ウルウル
リョウ「うふふ、ほらほら、お口のまわりにうんかすがついてますよ」ヒョイパクッ
リョウ「ん、濃厚でおいひい……」モグモグ
きりん「えへへ……///」
4:
きりん「ねぇリョウ」
リョウ「なんですか?」
きりん「さっきのうんこ、どうやって盛りつけたの?」
きりん「ソフトクリームみたいにきれいにとぐろ巻いててさ!すごくおいしそうだった!」
きりん「あれって、お尻から直接お皿に盛りつけたんだよね!?」
リョウ「ふふ、少しコツがいりますけど、とっても簡単なんですよ」
リョウ「一緒に練習してみましょうか?」
きりん「え?いいの?
きりん「わーい!私もうんこきれいにとぐろ巻きたい!」
5:
リョウ「じゃあ下を脱いでください」
きりん「え!?」
リョウ「?脱がないとうんこ出せませんよ?パンツとスカートが汚れてしまいます」
きりん「分かってるけど……!は、恥ずかしいっていうか……」
リョウ「大丈夫、きりんのかわいいお尻ならお風呂入ってるときにいつも見てますよ」
きりん「え!?」
リョウ「ほら早く脱いでください」
きりん「見てるってどういう……?」
リョウ「早く脱いでください」
きりん「あ、はい……」ヌギヌギ
6:
きりん「うぅぅ?やっぱり恥ずかしいよ///」モジモジ
リョウ「ダメですよきりん、そんな姿勢では立派なうんこは出せません」
リョウ「もっと股を開いて」
きりん「うぅ?///」
リョウ「かわいいお尻……」
きりん「も、もう!そういうこと言うのやめてよ恥ずかしいから!!」
リョウ「うふふごめんなさい」
リョウ「では、お尻の下にお皿置きますね」コトッ
7:
きりん(ん……リョウっていつもこんな恥ずかしい姿勢でうんこ盛りつけてるんだ……)
リョウ「では、このお皿にめがけて出してみて下さい」
きりん「わ、分かった」グッ
きりん「う、う???ん」グググ…
きりん「出ない……」
リョウ「便秘ですか……?」
きりん「ち、違うって!人に見られながらうんこするなんて初めてだから緊張して!」
8:
リョウ「ふふ、私もそうでした」
リョウ「おばあちゃんの前でうんこ緊張しちゃって全然出てこなくなっちゃって」
きりん「きょ、今日はもういいかな、うんこの盛りつけはまた今度にしようよ!私がうんこ出したい時とか!」
リョウ「大丈夫ですよきりん」
リョウ「こういうときにすぐにうんこ出させる方法があるんです」
きりん「え!?」
12:
リョウ「ほら、かかんで……」
きりん「り、リョウ!!顔近いよ!!」
リョウ「大丈夫ですよ、怖がらないでくださいね」
きりん「恥ずかしいぃ///」
リョウ「いきますよ、えいっ」ズボッ
きりん「んぅっ!?」
きりん「な、何してんの!?」
リョウ「こうやって指をつっこんでうんこを出しやすくするんです」ズボズボ
きりん「そ、そんなところに指いれちゃ汚いよぉ!」
リョウ「うふふ、きりんに汚いところなんてありませんよ」
きりん「うぅ///」
13:
きりん「んっ……はっ……」
きりん(な、なんだろう……うんこを出すためにやってるはずなのに……何だか変な気分になって……)
リョウ「きもちいいですか?」ズボズボ
きりん「んっ、うん、きもちいい」
リョウ「なら、もう少しですね」
きりん「んっ何がもう少しなの?」
リョウ「うんこですよ」
きりん「え?」
ギュルルルルルル
きりん「!?あ、あぁぁ……」
14:
リョウ「我慢する必要はありませんよ」
リョウ「ええーと、確かこのへんを……」ニチュッ
きりん「んんっ!?」
きりん「んぁぁぁぁぁっ!!」
プリプリブババッブブブブブリブリブリブリッ!!!
きりん(り、リョウの前でうんこ漏らしちゃった……)
リョウ「ふふふ、いっぱいでましたね」
きりん「あ!も、盛りつけ!してない!」
リョウ「初めてで盛りつけは難しかったですね」
リョウ「でも人前でうんこを出せるというのは重要ですから、それができただけですごいんですよ」
きりん「そ、そうかな……?」
リョウ「そうですよ」
15:
きりん「床にいっぱい漏らしちゃった」
きりん「リョウにもいっぱいかかっちゃってるし……」
リョウ「いいんですよ、一緒に掃除しましょう?」
きりん「うん!」
リョウ「あ、でもその前に……」
リョウ「きりんのうんこの味見しないとですね」ペロッ
きりん「ひゃうっ!」
きりん「お、お尻舐めちゃ汚いって!!」
リョウ「さっきも言いましたけど、きりんに汚いところなんて無いんですよ」レロレロ
きりん「あんっ……んっ……やぁぁ」トロン
リョウ(きりんのうんこ……野菜炒めの味がしますね)
リョウ(そして、私がお土産にもたせたおいなりさんの味……)
ブッ
リョウ(あ、またうんこがでてきました‥‥これは花見のときに食べていたコーンですね、未消化だなんてきりんらしいです)クスッ
リョウ「きりんのうんこ、おいしい‥‥おいしい‥‥」ペロペロチュチュチュ
16:
きりん「やぁん、もう、そろそろ終わり!」
リョウ「あ!そうですね、きりんのうんこがおいしくてつい」
きりん「よ、よかった私のうんこ、おいしく食べてもらえて///」
リョウ「そろそろ片付けないと、うんこがカピカピになってしまいますね」
きりん「え?そうなの?」
リョウ「ええ、うんこは鮮度が命ですから」
きりん「そうなんだぁ」
21:
リョウ「きりん、お風呂に入りましょうか」
きりん「り、リョウが先入ってていいよ!」
リョウ「ダメですよ、待ってたらうんこがカピカピになってしまいます」
リョウ「一緒に入りましょう」
きりん「ええー!?恥ずかしいよ///」
リョウ「ほら、上も脱ぎましょう?」ヌギヌギ
きりん「うわぁ……リョウの身体すごぉい……///」
リョウ「ほら、きりんも早く」
きりん「う、うん……///」ヌギヌギ
22:
リョウ「きりんの身体は相変わらずかわいいですね」ウフフ
きりん「うぅ?リョウに比べたらこんな子供みたいな身体恥ずかしいよ……」
リョウ「何を言ってるんですか?それがいいんですよ!」
きりん「な、なんかこわい」
リョウ「さぁ、冷えちゃいますから早く入りましょうね」
きりん「はぁ?い」
23:
リョウ「きりん、背中洗いますね」
きりん「じ、自分でやるからいいよ!」
リョウ「ダメです!いつも背中洗うの苦労してるじゃないですか」
きりん「なんで知ってるの!?」
リョウ「私が背中を洗います」
きりん「は、はい、お願いします……」
リョウ「うふふ、かゆいところはございませんか?」ワシャワシャ
きりん「んん……きもちい……」トロン
リョウ「よかった」ワシャワシャ
きりん「ひゃっ!ど、どこ洗ってるの!?」
リョウ「前も私が洗いますね」ワシャワシャ
きりん「い、いいって!前は自分でできるもん!!」
リョウ「ダメです、私が洗います」ワシャワシャ
きりん「ひゃうぅ?///」
24:
きりん「ふぅ、なんだかいつも以上に疲れた……」チャプン
きりん「リョウと入ると何だか狭いね」アハハ
リョウ「どういう意味ですか?」
きりん「な、何でもありません」
リョウ「でもこうして密着できるからいいじゃないですか」ギュッ
きりん「なんか恥ずかしい……///」
25:
リョウ「今日はきりんとお風呂に入れてよかった……」
きりん「わ、私も!リョウとお風呂入れてよかった!」
リョウ「本当ですか?ありがとうきりん」
きりん「えへへ、うんこに感謝だね!」
リョウ「そうですね」
26:
リョウ「きりん、電気を消しますよ?」
きりん「うん」
きりん「あ」
リョウ「どうかしましたか?」
きりん「今日はそっちで寝てもいい?」
リョウ「うふふ、いいですよ」
きりん「リョウ、あったかい」
リョウ「きりんもとってもあったかいですよ」
きりん「ねぇ、またうんこの盛りつけ方教えてね?今度はちゃんと盛りつけるから!」
リョウ「はい、私もまた来週に向けてうんこを我慢しますね」
27:
きりん「盛りつけの練習終わったら……また、一緒にお風呂入ってくれる?」
リョウ「またうんこをまき散らすつもりですか?」
きりん「そ、そういう意味じゃなくて!」
リョウ「ふふ、分かってますよ、冗談です」
リョウ「また一緒にお風呂、入りましょうね」
きりん「うん!」
きりん「リョウおやすみ!」
リョウ「おやすみなさい、きりん」
おばあちゃん、うんこのおかげできりんのお尻を舐めて、一緒にお風呂に入ることができて、きりんのことをもっともっと良く知ることができました
いつも覗いてるだけでしたが、一緒にお風呂に入ることで分かることもたくさんあるんですね
これからももっともっときりんのことを良く知りたい……
また来週、きりんに会えるのが楽しみです
終わり
2

続き・詳細・画像をみる


【インド】スズキ「軽」ベース車でシェア4割 台数日本超え!

能年玲奈の好きなアーティストwwwwwww

【画像】900,000円の観賞魚がこちらwwwwwwwwww

【画像】内定先の企業の指示で健康診断に行った結果www

【コラム】為末大学「バッターボックスに立つことを想像する人生と、ヤジを飛ばす観客でしかない人生」

マンションに住むヤツが理解できん マンションのどこがいいのか?

back 削除依頼&連絡先