美希「ひ〜び〜き〜!」貴音「響!」back

美希「ひ〜び〜き〜!」貴音「響!」


続き・詳細・画像をみる

1:
765プロ/昼過ぎ
美希「ひ?び?き?あ?そ?ぼ?」グデ―ン
響「いいよ」
美希「え?いいの!?」ガバッ
響「うん」
美希(なんてこったいダメもとで聞いたらオッケーだったの!これは機嫌がいいからなのかな、そうだとすると普段はしてくれないあんなことやこんなことも・・・)ニヤァ
響「・・・」
4:
美希「それじゃあ今日h響「やっぱりいいや」
美希「・・・え?」
響「今ろくでもない事考えてただろ?」
美希「えっ、そ、そんなことは」アタフタ
響「・・・」ジト―
美希「考えてました」
響「やっぱり」ハァ
6:
美希「それじゃあもう遊んでくれないの?」
響「うん」
美希「・・・」シュン
響「・・・しょうがないな」
美希(ちょろいの)ニヤッ
響「やっぱやーめた」
美希「!?」
7:
帰路/夜
響「・・・」テクテク
美希「・・・」コソコソ
響「・・・」ピタッ
美希「!」ササッ
響「・・・」キョロキョロ
美希「・・・!」ドキドキ
響「・・・」テクテク
美希「」ホッ
9:
美希「・・・」ソロ―
響「美希」
美希「うひゃあ!」
響「やっぱり・・・」
美希「む?ばれちゃったの」
響「何回も付けられてるからな」
美希「ミッション失敗、帰投するの」
10:
響「付けてくるってことは家に誰もいないんでしょ?」
美希「え?う、うん」
響「・・・」
美希「?」
響「・・・」ジ―
美希「! ぜ、是非おじゃまになるの!」
響「ふふっ」ニコッ
12:
765プロ/昼
貴音「・・・」ズルズル
響「・・・」ジ―
貴音「・・・?」ズルズル
響「・・・」ジ―
貴音「あ、あの、響?」
響「あ、いいよ食べてて」
貴音「あ、はい」
貴音「・・・」ズルズル
響「・・・」ジ―
貴音「・・・//」チュルチュル
響(・・・かわいい)
13:
765プロ/朝
響「それじゃあプロデューサー、行ってくるさー」
P「ああ、気をつけてな」
美希「響どこ行くの?」
響「ロケ」
美希「どれぐらい?」
響「地方ロケだから4日間」
貴音「なんとっ!」
美希「ええっ!?」
14:
響「そういうこと」
美希「そ、そんな・・・」ガクガク
貴音「このような事があって良いのでしょうか・・・」ヘナッ
響「大げさだぞ」
美希「大げさなんかじゃないの!」クワッ
貴音「死活問題です!」クワッ
響「そうか」
美希「響、辛くなったらすぐ帰ってくるんだよ?」ギュッ
響「ならないから大丈夫」
貴音「響、必ず帰ってくるのですよ」ギュッ
響「帰ってこないかも」
16:
貴音「」
美希「」
響「うそだぞ」
美希「ぬはあっ!!」クワッ
貴音「ぶはあっ!!」クワッ
美希「でも最悪迎えに行くから大丈夫なの」
貴音「大丈夫ではありませんが」
響「それじゃあ自分もう行くぞ」
美希「あ?待って最後にもっかいギュ?ってするの!」ギュ―
貴音「私も」ギュ―
響「・・・もういい?」
美希「まだ」ギュ―
貴音「まだです」ギュ―
響「遅れるんだけど」
18:
765プロ/夕方
美希「響が出発してから3日」
貴音「一秒一秒がこのように永く感じるとは・・・」
美希「いよいよ明日響が帰ってくるの」
貴音「あと一日もあるのですか・・・」
美希「憂鬱なの・・・」
貴音「らぁめんも五杯しか食せません・・・」
美希「それでも食べ過ぎなの・・・」
美希「はあ・・・」
貴音「はあ・・・」
21:
765プロ/夜
美希「・・・」ソワソワ
貴音「・・・」ソワソワ
ガチャ
美希「!!」
貴音「!!」
P「ただいま?」
美希「なんだ違う奴だったの」
貴音「真、紛らわしいですね」
P「ひどい・・・」
22:
美希「・・・」ソワソワ
貴音「・・・」ソワソワ
ガチャ
美希「!!」
貴音「!!」
響「ただいま?」
響「疲れた? ん?」ドドドド
ガバッ
美希「響響響響響響響響響響」ギュウウウウ
貴音「響響響響響響響響響響」ギュウウウウ
24:
響「ぐ・・・く、くるじい」ギチギチ
美希「響響響響響響響響響響」ギュウウウウ
貴音「響響響響響響響響響響」ギュウウウウ
響「いし・・・き・・・が・・・」
律子「いい加減にせい」スパ―ン
美希「ふぇっ」
貴音「あうっ」
美希「申し訳ありませんでした」ゲザ―
貴音「申し訳在りませんでした」ゲザ―
響「死ぬかと思ったぞ」ジト―
26:
美希「嫌わないでほしいの」ゲザ―
貴音「嫌わないでください」ゲザ―
響「・・・」ハァ
響「もういいよ」
貴音「本当ですか?」
響「そのかわり」
美希「そのかわり?」
響「ちゃんとギュッとして」
美希「え?」
響「早く」
27:
貴音「わ、分かりました」ギュッ
美希「これでいい?」ギュッ
響「ん」
美希「なんだかんだで響も寂しかったんでしょ?」
響「べ、別に・・・//」
貴音「ふふっ、それではそういう事にしておきましょう」
響「だ、だから違うって//」
美希「もうかわいいなあ!!!」ギュウウウウ
響「ぐえっ」
美希「あ」
28:
響宅/昼
ピンポ―ン
響「はーい、って貴音じゃないか」
貴音「おはようございます」
響「どうしたんだ?」
貴音「どこかへ出かけませんか?」
響「いいよ、出かけるつもりだったし」
響「用意してくる」
貴音「はい」
29:
響「おまたせ」
貴音「では行きましょうか」
響「うん」
貴音「どこかへ行く予定があるのですか?」
響「いや、特にないぞ」
貴音「実のところ私もなのです」
響「なんだそれ」
貴音「ふふっ、良いではありませんか」
響「まあね」
31:
響「あ、猫」
猫「にゃーん」
貴音「かわいらしいですね」
響「飼い猫かな」ナデナデ
猫「うにゃーん」ゴロゴロ
貴音「・・・」カシャカシャ
響「・・・何してるの」
貴音「写真を撮っているのですが」
32:
響「一眼を常備?」
貴音「ええ、いついかなる時でも響の姿を撮っておける様にと」
響「ああ、そう」ナデナデ
猫「にゃーん」テテテテ
響「行っちゃった」スクッ
貴音「これはまた良い絵が撮れました」ニコニコ
響「じゃあ行こ」
貴音「ええ」グゥ―
34:
貴音「おや」
響「お昼食べてないの?」
貴音「しっかり食べたつもりだったのですが」
響「どうするの」
貴音「おや、あちらに見えるのはバーガー○ング」
響「寄るの?」
貴音「いいですか?」
響「別にどっちでも」
貴音「では参りましょう」
36:
貴音「・・・」モグモグ
響「それ前も頼んでたよね」
貴音「ええ」モグモグ
貴音「大変美味です」モグモグ
響「そんなに気に入ったの」
貴音「ええ、十五番目ぐらいですね」
響「ふ?ん」
37:
ガ―
貴音「おいしかったです」
響「よかったな」
貴音「響は食欲がなかったのですか?」
響「あれだけ食べれるのは貴音だけだぞ」
貴音「おや、あちらに見えるのは○なまるうどん・・・!」
響「・・・」ガシッ ズリズリ
貴音「あ?れ?」ズルズル
38:
765プロ/夜
美希「ただいま?」
美希「あれ、響どうしたの?」
響「やつが出た・・・」プルプル
美希(お、おびえる響かわいいのっ!!)ポワ―ン
美希「やつって?」
響「あ、あっちに・・・!」プルプル
美希「こっち?」ヒョイ
39:
G「おっす」カサカサ
美希「」
美希「無理無理無理無理無理無理無理無理なの」ピュ―
響「ちょっ、逃げちゃダメ」
G「待ってくれよ」カサカサ
美希「ひいいいいいいいこっちに来るの!!!」ドタドタ
響「ちょ、来るな?」ドタドタ
41:
ガチャ
貴音「何事ですか?」
響「た、貴音・・・!」ササッ
美希「ゴ、ゴキブリなの!!」ササッ
G「おっす」カサカサ
貴音「・・・!」ポワ―
G「!」ピタッ
貴音「おやめなさい。そしてこの建物から出て行くのです」ポワ―
G「お、おう」ソソクサ
42:
貴音「・・・ふぅ」
響「た、貴音?」ダキッ
貴音「ま、まあ///」
美希「」ポカ―ン
貴音「大丈夫ですか?」
響「・・・」ギュウ
貴音(なんと愛くるしい・・・!ああ、撫で回したい!!)
貴音「もう安心ですよ」
響「・・・うん」ギュウ
美希(は?、目の前がとっても修羅場なの!)
44:
765プロ/夕方
響「暇」
貴音「暇ですね」
美希「ででーん!マリカーなの!」
響「うるさい」
貴音「うるさいですね」
美希「マリカーしよ?よ?」
響「そういえばマリカー最近やってなかったな」
響「ハンドルある?」
美希「あるよ」
45:
テ―レテ―レレッテ― マ―リオカ―ッウィ―!
美希「ミキはピーチなの!」
貴音「こ、これは・・・!」キノピオ―
貴音「この茸のような生物は一体・・・どのような味なのでしょうか」
響「・・・」デッテイウ
美希「響はやっぱりヨッシーなんだ」
響「かわいいもん」
美希「ではでは早?」
貴音「れっつごお!」
響「ノリノリだな」
47:
響「あ、スタートダッシュが」ボワン
美希「ふっふっふ?、甘いの!」バシュ
貴音「め、面妖な・・・」ボワン
響「あ、あれ?」クイ―
貴音「響、身体まで傾いてますよ」
響「あれ」
美希「あはっ、響ってば面白いの」
響「落ちてるよ」
美希「あっ、8位になっちゃったの」
48:
貴音「面妖な」ヴィイイイイ
美希「貴音がすっごくいの」
響「ぶっちぎりだな」
美希「響、ミキにハンドル使わして」
響「えー」
美希「ならば響のハンドルをつかんでやるのー!」ガバッ
響「・・・」ドガッ
美希「あふんっ」
貴音「次はこのこーすですね」テロリン
49:
765プロ/夜
響「ただいま」
美希「お帰り?」
貴音「お帰りなさい」
響「身体がベトベトする」
美希「なんで?」
響「時間がなかったからシャワー浴びれてない」
貴音「響もですか」
美希「あ!じゃあじゃあ、みんなで近くに出来た銭湯に行くの!」
50:
響「え」
美希(これで合法的に響の裸が見れるの!)ウヒヒ
貴音「(響の裸体が見れるので)いいですね」
美希「それじゃあレッツゴーなのー!」
カポ―ン
美希「わ?、広いの?」
響「ほんとだ」
貴音「露天風呂もあるようですね」
美希「早入るのー!」ダッ
響「先に湯を浴びないとダメだぞ」
美希「そうなの?」
響「うん」
51:
美希(ん?これは接近するチャンス?)
美希「じゃあミキがお湯をかけてあげるの?!」
響「いや、いい」ザパ―
貴音「美希、あまり騒いではいけませんよ」ザパ―
美希「は?い」
響「早く行こ」
美希「それじゃあ露天風呂へー!」
53:
ザバ―ン
響「ふぃ?」
貴音「はぁ?」
美希「あぁ?」
美希「それっ」ピャッ
響「うわっ」パシャ
美希「うりゃっ」ピャッ
貴音「む」パシャ
美希「ふっふっふ?」
響「・・・」
貴音「・・・」
美希「・・・」
「「「・・・」」」
カポ―ン
54:
銭湯/夜
美希「流し合いっこするの!」
貴音「それもまた良き趣ですね」
響「並び方は?」
貴音「私が流しt美希「ミキが流してあげるの!」
響「じゃあ自分が貴音の背中を流すぞ」
貴音「ま、まあ!」
美希「え゛」
56:
響「それじゃあ座って」
貴音「は、はい」
響「痛くない?」ゴシゴシ
貴音「ええ、とっても気持ちがよいです」
響「美希、早く」
美希「あ、は、はい」ゴシゴシ
貴音(はあぁ、天にも昇れそうです)
美希(きれいな背中なの?スリスリしたいの?)ゴシゴシ
57:
美希「貴音ばかりズルいの、そろそろ代わってほしいの」
響「ん」クルッ
貴音「あ・・・」
美希「やっとミキの番なの」
響「痛くない?」ゴシゴシ
美希「お?、絶妙なの?」
貴音「こちらも大丈夫ですか?」ゴシゴシ
響「うん、きもちいよ」
貴音(それにしても・・・この背中は思わず頬擦りをしたくなりますね)ゴシゴシ
58:
響「こんなもんかな」バシャ―
美希「とっても気持ちよかったの?」バシャ―
貴音「・・・」サワッ
響「ひゃっ!?」
貴音「あっ、申し訳ありません、ただ・・・」
響「た、貴音?」
貴音「愛おしくて・・・」スリスリ
響「ひゃっ、恥ずかしいぞ//」
美希「あ、貴音だけズルいの!」スリスリ
60:
響「ちょっとぉ」パッ
貴音「あ・・・」
響「いくらなんでもやり過ぎ」
美希「ご、ごめんなさい」
響「罰としてコーヒー牛乳ね」
貴音「分かりました」
響「それじゃあ上がろう」
61:
美希「はい、コーヒー」
響「あ、ありがとう」
貴音「銭湯と言えば」
美希「腰の手を当てて」
響「ぐいっと」ゴクゴク
響「ぷはー!」
美希「いい飲みっぷりなの!」
貴音「流石ですね」
響「銭湯もたまにはいいな」
貴音「(いろいろな意味で)そうですね」
美希「(いろいろしたいから)また来るの!」
響「・・・」
62:
河原/昼
響「いい天気だぞ」ポカポカ
美希「まったくなの?」ポカポカ
貴音「快適な気温ですね」ポカポカ
響「うあー」ゴロ―ン
貴音「私も横になりましょう」ゴロン
美希「あ、ミキも?」ゴロ―ン
響「なんだかこういうのって久しぶりだぞ」
貴音「そうですね、こういう時間は久しぶりです」
63:
美希「スヤスヤ」
響「もう寝てる」
貴音「美希の眠りに就く早さには驚かされますね」
響「自分も眠くなってきたぞ」ウトウト
貴音「そうですね、少し昼寝に致しましょう」
響「ク―ク―」
美希(寝たみたいなの)
美希(今のうちに手をつないで・・・)ゴソゴソ
貴音「美希」
美希「うわっ」
64:
貴音「抜け駆けはいけませんよ」
美希「じゃあ貴音も繋げばいいの♪」ギュッ
貴音「なるほど」ギュッ
美希「あ゙あ゙?幸せなの?」
貴音「美希、響が起きてしまいます」
美希「ご、ごめん」
響(起きてるけどな)ギュッ
美希(握り返してきたっ!?)チラッ
貴音(面妖なっ)チラッ
響(ふふっ)
響(でも)
響(ほんとに幸せだぞ)
おわり
66:

6

続き・詳細・画像をみる


【悲報】芹那・栗原類・にしおかすみこが消えた理由・・・・・・

ゲームの中の世にも奇妙なディストピア15選

加藤茶の動画が悲しすぎる 嫁が「ハイ歌って!」と命令しペットのような扱いを受ける

マツコ・デラックスとかいう視聴率男wwwwwwwwww

成人式の二次会出る奴wwwwwwww

ラブライブの福袋を取って来たから今からうpするwwwwwwwww

back 削除依頼&連絡先