貴音「どすこい!どすこい!はーどすこい!」雪歩「えっ」back

貴音「どすこい!どすこい!はーどすこい!」雪歩「えっ」


続き・詳細・画像をみる

6:
貴音「どすこい!どすこい!どすこーい!」
雪歩「あ、あのぉ、四条さん・・・」
貴音「なにを躊躇しているのです雪歩、ともに唱えるのです」
雪歩「え?・・・・・・え?」
貴音「どすこい!どすこい!ほら雪歩も、どすこい!」
雪歩「ど、どすこい・・・」」
貴音「もっと大声で!どすこい!」
雪歩「ど、どすこい!」
貴音雪歩「どすこい!どすこい!」
真「なんだこれ」
8:
貴音雪歩「どすこい!どすこい!どすこーい!」
真「あ、あの、貴音さんも雪歩も、これはどうなってるの?」
貴音「おや真ではありませんか」
真「ああ、うん、今日はプロデューサーがいないから間違われないんだね」
真「じゃなくて、雪歩まで一体どうしたの?」
雪歩「それが私にもよくわからないの・・・助けて真ちゃん・・・」
真「ええっ、無理やりやらされてるの?」
貴音「ふふふ、真、萩原雪歩を助けたければともに唱えるのです」
真「よーし、雪歩を助けるために僕も頑張るよ!」
雪歩「真ちゃん・・・!」
貴音雪歩真「どすこい!どすこい!」
あずさ「あらあら??なにかしらこれは??」
9:
貴音雪歩真「どすこい!どすこい!どすこーい!」
あずさ「あのあの?、三人でいったい何をやってるのかしら??」
貴音「ふふ、見てわかりませんかあずさ?」
あずさ「何をやってるかはわかるけど、どうしてこんなところで??」
雪歩「いつの間にか組み込まれてましたぁ」
真「雪歩を助け出すためにはこれしかないんだ!」
貴音「ときに三浦あずさ、最近体重が気になるのでは?」
あずさ「ドキッ・・・た、貴音ちゃん、よく気づいたわね・・・」
貴音「そのようなときには、ほら、輪に入るのですあずさ、その悩みも解決へと向かうでしょう」
あずさ「そうね?、じゃあ、あずさもいっきま?す?!」
貴音雪歩真あずさ「どすこい!どすこい!」
千早「騒がしいと思ったら、なんなのかしらこれは・・・」
11:
貴音雪歩真あずさ「どすこい!どすこい!どすこーい!」
千早「あの、四条さんに萩原さんに真にあずささん、何をしているのですか?」
雪歩「何っていわれましてもぉ・・・」
真「正直僕たちが一番わかってないよね」
貴音「千早、見て理解するのではなく、ただ感じるのです。そう、歌のように・・・」
千早「そうはいわれましても、ここがうるさくてなかなか集中できないのですけど」
貴音「ときに千早、一番後ろをごらんなさい」
あずさ「どすこ?い♪どすこ?い♪」タユンタユン
千早「くっ・・・見ましたが何か?」
貴音「この輪に入れば、あれに近付けるかもしれませんよ?」
千早「バカバカしい。そんなことあるわけ・・・」
貴音雪歩真あずさ千早「どすこい!どすこい!」
春香「なんなのこれ・・・」
14:
貴音雪歩真あずさ千早「どすこい!どすこい!どすこーい!」
春香「な、なんなのこれは・・・って千早ちゃんまで!?本当になんなのこれ!?」
千早「春香、人間には本質的欲求には決して逆らえないのよ・・・」
春香「そ、そうなの・・・なんか難しい言葉でダメなことを言われてる気がする・・・」
貴音「おや、春香はこの輪に興味がないのですか?」
春香「知識的な興味は現在進行形で育ってるけど、一緒にやる気はしないなぁ」
貴音「しかし春香、リボンはそうはいっておりませんよ」
リボン「ワー、ワタクシモイッショニアレヤリターイ!」
春香「リボンが喋った!?・・・っていまの貴音さんでしょ!」
貴音「千早、この動きは人数が増えるほど効果が上がるのです」
千早「お願い春香、何も言わずに加わって」
春香「えぇ・・・でも千早ちゃんにそこまで言われたら断りきれない天海春香です」
貴音雪歩真あずさ千早春香「どすこい!どすこい!」
真美「おやおやこれは→?」
亜美「一体何-Dai?」
15:
貴音雪歩真あずさ千早春香「どすこい!どすこい!どすこーい!」
真美「ね→ね→お姫ちん、これ何?」
亜美「さっきからビルが揺れてると思ったらこれだったんだね→」
貴音「良いところに来ましたね、双海亜美、双海真美、一緒に参加していきませんか?」
真美「参加するのはいいんだけど、その前にこの雰囲気なんとかならないの→?」
亜美「今にも悪魔か、りっちゃんが飛び出してきそうだよね→?」
貴音「心配は無用です、むしろ律子嬢を抑えるためにやっているのですから」
真美「そうと聞いたら!」
亜美「亜美たちも参加しましょう!」
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美「どすこい!どすこい!」
響「な、なんなんだこの異様な光景はー!?」
17:
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美「どすこい!どすこい!どすこーい!」
響「な、なにしてるさ貴音ー?あとみんなも!」
貴音「おや響、わからないのですか?」
響「そんなこといわれても、こんなディズニーみたいな動きされても」
貴音「響、いつも完璧と自負しているあなたが、これを知らないと?・・・本当に知らないと?」
響(うっ・・・よ、よくみたら他のみんなは一糸乱れず動いている・・・ひょっとしてこれがこっちでの常識・・・?)
響「ほ、本当は知ってたさー!今から自分もやろうと思ってたところさー!」
響「そーれどすこーい!どすこーい!」
貴音「響、そうではありません。ほら、右手と・・・腰はこう・・・」
響「そ、そうだったな、ちょっと勘違いしてたさー!じゃあこんどこそ!」
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響「どすこい!どすこい!」
美希「目が覚めたら美希、おかしな集団に囲まれてたの」
18:
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響「どすこい!どすこい!どすこーい!」
美希「ねーねー貴音、これなんなの?」
貴音「美希、質問の前に我々の動きをよく見てください?」
美希「んー?・・・んー・・・」
美希(一見静かな中に見え隠れする激しい動きと)
美希(それによって飛び散る汗が照明に照らされて・・・)
美希「キラキラしてるの!」
貴音「ええそうです美希、我々は今とてもきらきらしているのです」
美希「美希もキラキラしたいの!参加するの!やり方を教えてほしいの!」
春香(えっ美希のキラキラってそれでいいの?)
響(あれっこっちでの常識じゃなかったのか?)
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希「どすこい!どすこい!」
律子「女性プロデューサーですが、事務所が謎の空間になってました」
19:
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希「どすこい!どすこい!どすこーい!」
律子「ね、ねえなんなのこれ・・・?」
真美(お姫ちん!りっちゃん襲来だよ!)
貴音(慌てる必要はありませんよ真美、私に任せてください)
貴音「申し訳ありません律子嬢、実はこれは秘密のだんすれっすんなのです」
律子「秘密の・・・?いやその前にこれがダンス・・・?」
貴音「ええ、来るプロデューサーの誕生日に備え、我々一同でこっそり練習していたのです」
貴音「もちろん律子嬢も誘おうと思ったのですが、なかなかプロデューサーと別行動しているときに話すちゃんすがなく、このような形になってしまいました」
律子「その心がけは素晴らしいと思うけど・・・このダンスを?私も?」
貴音「ええ、そういえば先日プロデューサーが独り言で『もう一回律子のダンスを生で見てみたいなぁ』などと言っておりましたが」
律子「しょうがないわね、教えてちょうだい?」
亜美(鬼のりっちゃんも兄ちゃんのことになると甘々ですなー)
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希律子「どすこい!どすこい!」
伊織「なんなのよこれは・・・」
21:
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希律子「どすこい!どすこい!どすこーい!」
伊織「ちょ、ちょっとなんなのよこれ?」
貴音「おや伊織ではありませんか、どうしたのです?」
伊織「その言葉そっくりそのまま返すけどどうしたのよこの状況?」
貴音「ときに伊織、そのぬいぐるみを少々貸していただけませんか?少し気になることが」
伊織「え?ま、まあ、少しだけなら・・・はい」
貴音「はい、では亜美?」
亜美「はいおっけ→!シュート!」ヒュッ、ポスン
伊織「あー!私のうさちゃんが棚の一番高いところに!」
貴音「さあ伊織、返してほしければこの輪に加わるのです」
伊織「くっ、卑劣な・・・そしてみんなはだいたいこうして加わらされたのね・・・!」
貴音「いえ、何人かは自主的です」
伊織「うそぉ!?」
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希律子伊織「どすこい!どすこい!」
やよい「うっうー!みんなよくわからないけどたのしそーですー!」
22:
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希律子伊織「どすこい!どすこい!どすこーい!」
やよい「貴音さん、なんですかこれー?」
貴音「ああやよい、貴女がこれに加わってくれれば完成なのです」
やよい「うー、でもでもーもうすぐタイムセールだから準備しなきゃいけないかなーって!」
貴音「それほどの時間は取らせません。それに手伝ってくだされば、我々一同もそのたいむせぇるをお手伝いいたしましょう」
やよい「それはありがたいですー!うっうー!」
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希律子伊織やよい「どすこい!どすこい!」
24:
雪歩(ひ、ひぃぃん!いったいこれはいつ終わるんでしょう・・・)ドスコイ!ドスコイ!
真(雪歩のために精一杯頑張る・・・!)ドスコイ!ドスコイ!
あずさ(ダイエット?、ダイエット?♪)ドスコイ!ドスコイ!
千早(脱72・・・そろそろ75ぐらいにはなったかしら・・・?)ドスコイ!ドスコイ!
春香(千早ちゃん・・・あんなに真剣な目、歌う時と同じぐらい真面目な表情だよ・・・そんなに大事なんだねこれが・・・!)ドスコイ!ドスコイ!
亜美(ぶっちゃけ疲れてきたかも)ドスコイ!ドスコイ!
真美(っていうか真美たちノリで参加したから意味がわからないんだよねー)ドスコイ!ドスコイ!
響(なんかさっきまでの皆の様子を見てると、実はこれ常識じゃないのか?)ドスコイ!ドスコイ!
美希(いいの!なんだかキラキラしてきたの!)ドスコイ!ドスコイ!
律子(ん?私より後に来た二人も知らないのにみんなでダンスの練習?あれ?)ドスコイ!ドスコイ!
伊織(これが終わったらあの二人はゴージャスセレブプリンおごってもらうんだから・・・!)ドスコイ!ドスコイ!
やよい(うっうー!はじめてみると結構楽しいですー!)ドスコイ!ドスコイ!
小鳥「ど、どうしたのみんな・・・?あとこの状況も・・・」
27:
貴音雪歩真あずさ千早春香亜美真美響美希律子伊織やよい「どすこい!どすこい!どすこーい!」
小鳥「ね、ねえ、どうしてこうなってるの?みんな動きがムーミン谷の住人みたいだけど・・・?」
雪歩「(いつの間にか参加させられてたから)しょうがないんですぅ」
真「(雪歩を助けるためには)しょうがないんだよ」
あずさ「(プロポーションを維持するためには)しょうがないんです?」
千早「(少しでも胸を育てるためには)しょうがないんです」
春香「(千早ちゃんがあんなにお願いしてきたから)しょうがないんです!」
亜美真美「(ノリで始めちゃったから)しょうがないんだYO!」
響「(今更知らないとは言えないから)しょうがないんだぞ!」
美希「(美希はキラキラするのには場所も時間も選ばないの!だから)しょうがないの!」
律子「(なんだかんだでプロデューサーにはお世話になってるし、御返しのためであればこれくらいは)しょうがないんですよ」
伊織「(うさちゃんを人質にとられてるから)しょうがないのよ」
やよい「(家計を助けるために協力です!食費を浮かせるためには)しょうがないんです、うっうー!」
小鳥「・・・・・・・・・・・・そうね!」←このメンバーの中では、今までの人生で「しょうがない」を最も多く使用している人
29:
小鳥「皆の気持ち受け止めたわ!音無小鳥2X歳、いっきまーす!」
貴音「い、いけません小鳥嬢!あなたが加わるとバランスが崩れてビルに負荷が・・・!」
小鳥「どすこい!どすこい!え、なんかいったかしら?」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
伊織「ちょっと、今度は何なのよ!」
真美「うあうあ→!ビルが揺れてるYO!」
貴音「いけません!みんな、避難です!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P「男性プロデューサーですが、出張から帰ったらビルがなくなってました」
貴音「申し訳ありません、あなた様が帰国すると聞いて、ともにらぁめんを食べに行こうと思い少しでも空腹を得ようと行ったえくささいずがまさかこのようになるとは・・・」
P「あーうん、なぜに無理やり全員を巻き込んだのとかいろいろ聞きたいことはあるけど・・・」
P「・・・とりあえず、ラーメン食べに行くか!」
貴音「はい!・・・本日はちゃんこを食べに行きたいです!」
P「ん?・・・貴音、ちゃんこは鍋だぞ、ひょっとしてちゃんぽんのことか・・・?・・・っていうか、だからどすこい・・・?」
貴音「・・・あ、あなた様・・・恥ずかしいです、聞かなかったことにしてください・・・!」
              おわりでごわす どすこい!
32:
乙ワ乙♪
3

続き・詳細・画像をみる


AKBやE-girlsからの返信率92%以上で話題のトークアプリ「755」でスタッフ代行では?という質問に対しホリエモン「そんな暇ねーだろ。暇人と違って」とブチ切れて暗に肯定する

一度は見ておきたい一部だけが動いている不思議画像『シネマグラフ』

彼氏のスマホに私の電話番号が「ソナタアークティカ」の名前で登録されてた

【社会】マスコミは騒ぎすぎ?“異物混入”報道ラッシュに消費者から冷めた声…「過剰反応」「不信感煽って何がしたいんだろ」

『ドラゴンボール』ドラゴンボールの事をあんまり知らないけどスーパーサイヤ人と界王拳って同時に使えないの?

イタリア人有名シェフ「パスタ寿司ってのを考案してみたんだがどーよ?」

back 削除依頼&連絡先