桃太郎「犬がなつきすぎてやばい」back

桃太郎「犬がなつきすぎてやばい」


続き・詳細・画像をみる

1:
第一幕「vs野良犬編」
2:
犬娘(豆太郎)「ご…御主人殿……」
桃太郎「ん?…どうした?豆太郎」
犬娘(豆太郎)「ずっと思ってたのござるが……拙者何分、性別は『メス』でござる……」
桃太郎「うん、知ってる」
3:
犬娘(豆太郎)「その……そろそろ名前を変えて欲しいでござる……拙者、御主人殿のお婆様から頂いた不思議なキビダンゴで人間の身体を手に入れた故……名前が豆太郎だと少々かっこがつかぬでござる……」
桃太郎「そっかあー。でもその名前は豆太郎が子犬の頃に僕がつけた名前だから愛着があるんだよね……豆太郎はその名前嫌い?」
犬娘(豆太郎)「とんでもござらん!!!捨て犬だった拙者を拾い、育ててくれた御主人殿は夫………親のように慕っているつもりでござる!その御主人殿がつけてくれた名前のどこに不満がござろう!!」
桃太郎「じゃあそのままでいいじゃないか」
4:
犬娘(豆太郎)「………せめて…………せめて豆子に………」
桃太郎「仕方ない…豆太郎は女の子だもんね…これからは豆子と呼ぶよ」
犬娘(豆太郎)「パァ……かたじけワン!!」
桃太郎「鳴き声でてんぞ」
5:
(´・ω・`)「わんわんお」
桃太郎「あ、野良犬だ!かわいいなー」
(´^ω^`)「わんわんお」
犬娘(豆太郎)「……………………」
桃太郎「おーーよしよしwやっぱ犬はかわいいなあ!」
犬娘(豆太郎)(……………あれ?……拙者も犬では…?)
桃太郎「そうだ!こいつを豆太郎と名付けて飼おう!!」
犬娘(豆太郎)「!!!!!!?????」
6:
犬娘(豆太郎)「いやでござる!!!!!!!!!!」
桃太郎「え?なんでさ?」
犬娘(豆太郎)「拙者が豆太郎でござるワン!!!!!!!!」
桃太郎(ござるワン…………???)
桃太郎「いやでも………君は今日から豆子なんだろ?」
犬娘(豆太郎)「そんなやつに豆太郎の称号を渡すくらいなら一生オスとして暮らすでござる!!!」
桃太郎「そんなヒドイ言い方するなよ?やっぱ犬はかわいいぞ?」
犬娘(豆太郎)「拙者も犬でござる!!!!!ほら!!!犬耳!!犬の尻尾!!!」
7:
(´・ω・`)「わんわんお(ごちゃごちゃ言ってねーで豆太郎の称号よこせや柴犬)」
犬娘(豆太郎)「きさまああああああああああああああああああああ」
桃太郎「ま、豆子……どうしたんだよ一体……」
犬娘(豆太郎)「ま・め・た・ろ・うでござる!!!!御主人殿おおお!!!!」
桃太郎「だめだこの犬勝手すぎる!!!」
(´・ω・`)「わんわんお(こりゃ御主人様に嫌われたなw代わりに俺が飼われてやるから安心しろや柴犬w)」
犬娘(豆太郎)「貴様も柴犬だろうがああああああああああ」
9:
桃太郎「どうしたんだよ!!なに一人で叫んでるんだ!!」
犬娘(豆太郎)「……だって……だって………この野良犬が………」ポロポロ
桃太郎「…な……泣くなよ………」
犬娘(豆太郎)「御主人殿はどちらを選ぶでござる?」
桃太郎「……え?」
10:
犬娘(豆太郎)「拙者か、この野良犬か……どっちをペットとして飼うでござる……?」
(´・ω・`)「わんわんお(愚問だろw)」
桃太郎「決まってるじゃないか…」
犬娘・(´・ω・`)「……?」
桃太郎「どちらか一匹を選ぶなら……ずっと幼い頃から一緒にいる方を選ぶに決まってるだろ?」
犬娘(豆太郎)「!!!!!!!!」パァ
(´;ω;`)「………」
11:
犬娘(豆太郎)「ならば……ならば………また拙者の事を豆太郎と呼んでくれるでござるね!?」
桃太郎「ああ…本来そう呼んでたしな」
犬娘(豆太郎)「御主人殿……………大好きでござるワン!!」バッ!!
桃太郎「ぐおお!!!!」ドサ
犬娘(豆太郎)「ぺろぺろ」
桃太郎「うおおおおお!!お前はもう少し人間の身体をしていることを自覚しろ!!!!」
12:
(´・ω・`)「わんわんお(負けたぜ)」
犬娘(豆太郎)「……!……野良犬……」
(´・ω・`)「わんわんお(やっぱり主人と一緒に過ごしてきた時間ってのはかけがえのないものなんだよな。俺もそいつみたいな主人と長い時間を過ごしたかったぜ。)」
犬娘(豆太郎)「貴様ならすぐ見つかるでござる」
(´・ω・`)「わんわんお(ふっ…ありがとよ)」
13:
桃太郎「なんだったんだ…?」
犬娘(豆太郎)「御主人殿、浮気はもうだめでござるよ?」
桃太郎「浮気って………」
第一幕「vs野良犬編」?完?
14:
第二幕「家出編」
15:
?街中?
桃太郎「うわ?いろんな出店が並んでるぞ!豆太郎!」
犬娘(豆太郎)(…………最近…御主人殿は拙者をナデナデしてくれないでござる…)
桃太郎「??♪」テクテク
犬娘(豆太郎)(御主人殿はもしかして…拙者の事が可愛くなくなったのでは………!?)
犬娘(豆太郎)(いや!!!そんなはずはないでござる!!御主人殿は幼き頃より拙者にメロメロのはず………たぶん……………)
犬娘(豆太郎)(…………………………………………少し確かめるでござる………)
16:
犬娘(豆太郎)「ご、御主人殿…」
桃太郎「ん?なんだい?豆太郎」
犬娘(豆太郎)「ナ…………ナデナデして欲しいでござる……」
桃太郎「え?………ふふ、いいよ」ナデナデ
犬娘(豆太郎)「パァ………つ、ついでに抱っこもして欲しいでござる!!」
桃太郎「え?……ここでかい?」
犬娘(豆太郎)「無論でござる!」尻尾パタパタ
17:
桃太郎「……そ……それはちょっと……」
犬娘(豆太郎)「(゜д゜)」
桃太郎「豆太郎……君は今人間の身体をしてるんだよ?こんな街中で抱き合ったら変に見られちゃうだろ?」
犬娘(豆太郎)「御主人殿はもう………拙者の事が可愛くないでござるか………??」フルフル
桃太郎「いや…そうじゃないけどさ…………」
18:
犬娘(豆太郎)「前もそこら辺の汚い野良犬にうつつを抜かして!!拙者というペットが居ながら!!!!」
桃太郎「だめだ話し聞かねえこの犬!!」
犬娘(豆太郎)「御主人殿のアンポンタン!!!!!!!!!!!」ダッ!
桃太郎「あ!!豆太郎!あんまり遠くへ行くと危ないよ!!」
19:
?路地裏?
犬娘(豆太郎)「うぅ………グス…………ヒグ……………」
犬娘(豆太郎)「また……捨て犬に戻ってしまったでござる………」
(´゜ω゜`)「わんわんお(よお何してんだねーちゃん)」
犬娘(豆太郎)「……貴様は?」
(´゜ω゜`)「わんわんお(俺は秋田犬のゴン太郎だ。主人とはぐれてしまってな…迎えを待ってるんだ。)」
20:
犬娘(豆太郎)「拙者は柴犬の豆太郎でござる。今日…主人に捨てられたでござる(被害妄想)」
(´゜ω゜`)「わんわんお(そりゃ、毛むくじゃらじゃないからな…)」
犬娘(豆太郎)「……え?」
(´゜ω゜`)「わんわんお(人間ってのは毛むくじゃらな生物じゃないとペットとして認めないんだよ。そんなつるつるな肌……捨てられて当然だな)」
犬娘(豆太郎)「……………っっ!!!!」ポロポロ
犬娘(豆太郎)(悔しいけど正論でござる……よく考えれば人間の身体を手に入れる前は……御主人殿は拙者をよく撫でてくれたし、よく抱っこしてくれたでござる……)
犬娘(豆太郎)「懐かしいな………御主人殿………………………」
21:
桃太郎「豆太郎おおおおお!!!!!」
犬娘(豆太郎)「!!!!御主人殿!?」
桃太郎「豆太郎!!どこいってたんだよ!!探したんだぞ!!!!」ガシッ!!
ギュッ!!
犬娘(豆太郎)「!!!」
桃太郎「……ほら…抱っこしたよ?機嫌なおしてよ豆太郎…」
犬娘(豆太郎)「……御主人殿……ヒック………拙者は………以前ほど抱き心地ははよくないでござろる……………ヒグ………毛皮がないから……………ヒック………」ポロポロ
桃太郎「…え?」
22:
犬娘(豆太郎)「それなのに……ヒグ……これからも拙者をペットにしてくれるでござるか?………………?」ポロポロ
桃太郎「ばかだな豆太郎…」
犬娘(豆太郎)「……え?」ポロポロ
桃太郎「豆太郎は昔も今もすっっごくかわいいよ。昔もフカフカで可愛かったけど…今はそれプラス…………その………女性的な可愛さもあるし……」
犬娘(豆太郎)「!!!」
23:
桃太郎「だからそんなに卑屈にならないでくれないかい?豆太郎は僕のパートナーなんだから」
犬娘(豆太郎)「御主人殿………………御主人どのーーーーーーー!!!」ガバァ!!
桃太郎「ぐおお!!!!」
犬娘(豆太郎)「ぺろぺろ」
桃太郎(またか…)
24:
(´゜ω゜`)「わんわんお(ふ……いいもん見させて貰ったぜねーちゃん)」
犬娘(豆太郎)「ゴン太郎……貴様の主人もはやく来るといいな」
(´゜ω゜`)「わんわんお(くるさ……もう1年も待っているんだ……)」
犬娘(豆太郎)「!!!」
(´゜ω゜`)「わんわんお(さあもう行け…ここにいたらまた迷子になる…)」
犬娘(豆太郎)「幸運を祈るでござる」
25:
(´゜ω゜`)(思い出したよ……主人というのはとても温かいものだ………もう来ないと諦めようとしていたが………あの二人に勇気を貰ったよ……)
主人「ゴン…………ゴン太郎……か?」
(´゜ω゜`)「!!!!!!!!!!」
主人「ごめん…………ごめんな……………お父さんがどうしても君を捨てろというからここに捨ててしまったんだ……………」ポロポロ
主人「でももう大丈夫!………あんな家逃げ出してきたんだ!…………ゴン………………ごめんよ…………許してくれ…………………もうこんな思いはさせない………一緒に生きていこう!!!」ポロポロ
(´°,ω°,`)「わ…………わんわん………お………」
28:
桃太郎「さ!出発だ豆太郎!」
犬娘(豆太郎)「御主人………………」
桃太郎「?……なんだい?豆太郎」
犬娘(豆太郎)「拙者……御主人殿の犬でよかったでござる……」
桃太郎「!!……ふふふありがとう豆太郎。これからもよろしくね!」
犬娘(豆太郎)「どこまでもついて行きます!!!御主人殿!!!!」尻尾パタパタ
第二幕「家出編」?完?
30:
第三幕「発情期編」
31:
?鬼ヶ島への道中?
犬娘(豆太郎)「……………」フラフラ
桃太郎「豆太郎……?どうしたの?顔赤いけど…」
犬娘(豆太郎)「な……なんでもないでござる……少し休憩していいでござるか…?」
桃太郎「いいけど。本当に大丈夫?」
犬娘(豆太郎)「…………ちょっと…トイレ……」モゾモゾ
桃太郎「!!!??ダメだよ!!女の子が立ちションなんて!」
犬娘(豆太郎)「が……がまんできないでござる…………」
32:
桃太郎「………もしかして…………発情期…………?」
犬娘(豆太郎)「…………………」コクン
桃太郎「そっかー…豆太郎が人間の身体になってからはじめてだねえ…尻尾も右によってるし」
(※雌の犬は発情期に性器を見せるため尻尾を片方によせる)
犬娘(豆太郎)「…………御主人殿……申し訳ないのでござるが…………」
桃太郎「いいよ、仕方ないもんね。見張っててあげるから済ませておいで」
犬娘(豆太郎)「……かたじけない………」
33:
犬娘(豆太郎)「ふぅ……」
犬娘(豆太郎)「どうしよう……御主人殿に死ぬほど甘えたい…………」
犬娘(豆太郎)「しかし………………犬の姿なら素直に甘えられるのに…人間の姿では少々照れくさいでござる……」
34:
(´^ω^`)「わんわんお(よおねーちゃん!いいからだしてんじゃん)」
犬娘(豆太郎)「な!!!なんだきさま!!!」
(´^ω^`)「わんわんお(発情期なんだろ?一発やらせろよ?)」バッ!!
犬娘(豆太郎)「き……貴様!!なにをするでござる!!!」
36:
(´^ω^`)「わんわんお(いいじゃないかよ?)」ブルン
犬娘(豆太郎)「!!!!貴様!!そんなもの見せるな!!!!」カアッ…
(´^ω^`)「わんわんお(へへへへ)」
桃太郎「なにやってるんだ!!!!」ガッ!!
(´^,ω^,`)「キャイン!!!」
桃太郎「豆太郎!!!大丈夫か!?」
37:
犬娘(豆太郎)「御主人殿!!!!!!」バッ!!
ギュ???
桃太郎「!!!豆太郎!?」
犬娘(豆太郎)「お願いでござる……しばらく抱っこしていて欲しいでござるワン……」
桃太郎(……でた………『ござるワン』………)
桃太郎「ふふふ……いいよ、気が収まるまでこうしていよう」
38:
犬娘(豆太郎)「御主人殿………御主人殿ぉ…………ハァハァ…」ギュ??
桃太郎(……………なんか怖いな……)
犬娘(豆太郎)「……………………………御主人殿………大好きでござる………」
桃太郎「!!…僕もだよ豆太郎」
犬娘(豆太郎)「っっ!!!……………」ギュ???!!!
39:
?夜?
桃太郎「………………豆太郎………もうそろそろいいんじゃないか?」
犬娘(豆太郎)「………もう………ハァ……少しだけ………ハァ…」ギュ??
桃太郎「……豆太郎?………おなかすかないの?」
犬娘(豆太郎)「……御主人殿を食べたいでござる………」
桃太郎「ちょっとなにいってるかわかんないっす」
40:
犬娘(豆太郎)「御主人殿ぉ??……………御主人殿ぉ???………クゥン………」
桃太郎(超甘えてる…)
犬娘(豆太郎)「御主人殿……………犬の種類で……なに犬がすきでござる……?」
桃太郎(なんだその質問……)
桃太郎「し……柴犬………」
犬娘(豆太郎)「えへへへ………御主人殿ぉ??………」スリスリ
桃太郎(…………)
41:
犬娘(豆太郎)「拙者……人間の身体になれてよかったでござる…………………」
桃太郎「……え?…」
犬娘(豆太郎)「この身体ならば……御主人殿を楽しませてあげる事ができるでござるワン………」
桃太郎「………………豆太郎…ダメだぞ。一時の気の迷いで、そんなことしたら」
犬娘(豆太郎)「き……気の迷いではござらん!!拙者は本当に御主人殿の事が………………」
桃太郎「とにかく!そういうことはよく考えてからだぞ!今回の発情期は抱っこだけ!」
犬娘(豆太郎)「…………申し訳ない…」ギュ???!
42:
?その後?
犬娘(豆太郎)「いや??発情期がすぎて気分爽快でござる!!」
桃太郎「よかったね!豆太郎!」
犬娘(豆太郎)「御主人殿…散々迷惑かけて申し訳ないでござる…!」
犬娘(豆太郎)「でも、発情期後30日間くらいは無発情期といって、まったく性欲がわかないのでござる!」
桃太郎「…え?」
犬娘(豆太郎)「御主人殿!!この30日間は抱っこもなでなでもいらないでござるからね!」
桃太郎「え?……ああ」
桃太郎(もったいないことしたかな…?)
第三幕「発情期編」?完?
43:
第四幕「犬カフェ編」
44:
犬娘(豆太郎)「御主人殿……大事な話があるでござる」
桃太郎「ん?…なんだい?豆太郎」
犬娘(豆太郎)「以前、御主人殿はどこの誰やもしれぬ野良犬ごときにうつつをぬかしてしていたでござるな……」
桃太郎「うつつをぬかしていたっていうか……」
犬娘(豆太郎)「拙者……御主人殿がモフモフしたいのなら、いつでもさせてあげる所存でござる!!だから…他の犬に浮気してほしくないのでござる……」
桃太郎(浮気…………?)
桃太郎「わかった……気を付けるよ………」
犬娘(豆太郎)「わかってくださればいいのでござる!」
45:
桃太郎「あ、犬カフェだ。」
犬娘(豆太郎)「言ったそばからそんな邪悪なもん見つけないで欲しいでござる!!!!!!!」
桃太郎「入ってみようよ豆太郎!」
犬娘(豆太郎)「ぜっっっっっったいに!!!!!ダメでござる!!!!!」
桃太郎「いいじゃないかちょっとくらい。豆太郎と同じ柴犬もいるかもしれないよ?」
犬娘(豆太郎)「御主人殿は柴犬が好きすぎるでござる!!!拙者以外の犬でも!!」
46:
桃太郎「さ!入ろう!!」
犬娘(豆太郎)「あ!…待つでござる!!」
桃太郎「うわ??いろんな犬がいるな?!」
(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)「「「「「「「「「わんわんお」」」」」」」」」
桃太郎「見てよ豆太郎!海外の犬までいるよ!!」
犬娘(豆太郎)(なぜ海外犬が四国に………ペリーの仕業でござる………)
桃太郎「あっちに柴犬もいるよ!!すごい!!!」
犬娘(豆太郎)(御主人殿…柴犬なら誰でもいいのでは?)
47:
桃太郎「キヤッキヤッ」
犬娘(豆太郎)(あんなに楽しそうに…………………まるで久しぶりに犬と触れ合っているかのいるかのような………常に拙者という犬が近くにいるにも関わらず…)
犬娘(豆太郎)(…いや………弱気になっていてはダメでござる………そもそもこうなってしまったのも拙者が御主人殿を満足させてあげられなかったから……)
犬娘(豆太郎)(こんな誰にでも愛嬌を振り撒くバカ犬たちなんかより、拙者の方がかわいいということを御主人殿にわかってもらわねば………)
48:
犬娘(豆太郎)「ご……御主人殿……!」
桃太郎「なんだい?豆太郎」
犬娘(豆太郎)「わ……わんわんお」
桃太郎「え?」
犬娘(豆太郎)「わん……」
桃太郎(なぜ突然犬語???)
桃太郎(でも………かわいい…………!)
49:
(´・ω・`)「……」
(´^ω^`)「わんわんお」スリスリ
桃太郎(こっちもかわいい!!!)
犬娘(豆太郎)「わんわんお!!(そんな犬より拙者をみて!!!御主人殿!!!)」スリスリ
桃太郎「ま……豆太郎!!!ここでそんなにくっついたら……!!」
奥様方1「や?ね?こんなところでイチャイチャしちゃって」
奥様方2「犬のコスプレなんかしちゃって…最近の若者はこれだから」
50:
桃太郎「!………豆太郎………どいてくれ……」
犬娘(豆太郎)「いやでござるワン!ぺろぺろ」
桃太郎「わかった!!わかったから!!!この店を出よう!豆太郎!」
犬娘(豆太郎)「そんな敵前逃亡は嫌でござる!!この犬たちより拙者の方が魅力的だということを証明するでござる!!」
桃太郎「……!」
犬娘(豆太郎)「御主人殿の専属ペットでありながら、御主人殿を満足させてあげられないというのは犬として恥!!さあ御主人殿!モフモフしていいでござるよ!モフモフ!!」モフモフ
桃太郎「豆太郎…やっぱりこの店を出よう……」
犬娘(豆太郎)「…!……しかし…」
桃太郎「御主人様の言うことがきけないのかい?」
犬娘(豆太郎)「!……分かったでござる………」
51:
?外?
犬娘(豆太郎)「御主人殿…………申し訳ないでござる……」耳ペタン
桃太郎「豆太郎…君は『主人』というものを理解していない」
犬娘(豆太郎)「え?…」
桃太郎「主人というのはね……いついかなるときでも、自分のペットの事が一番大切で、一番かわいいんだよ」
犬娘(豆太郎)「御主人殿……!」バッ!!
桃太郎「どうせまたぺろぺろするんでしょ?」
犬娘(豆太郎)「ぺろぺろ」
桃太郎「ほらね」
第四幕「犬カフェ編」?完?
59:
第五幕「新しい仲間編part1」
60:
?道中?
桃太郎「うおりゃあああああ!!!」スバ!!
鬼1「うがぁ!!!(´;ω;`)」
桃太郎「どりゃああああああ!!!」ズバ!!
鬼2「ぐわぁ!!!(´;ω;`)」
桃太郎「おるああああああ!!!」ズバ!!
鬼3「ぎゃああああ!!!(´;ω;`)」
61:
犬娘(豆太郎)(………ご主人殿が強すぎて拙者の出番がないでござる……)
犬娘(豆太郎)(ご主人殿の強さは人間の域を越えているでござる……桃の中から生まれてきたという謎に満ちた経歴を持っているし………拙者は実は凄い人を主人に持ったのでは……?)
桃太郎「ふぅ………最近鬼の数が増えてきて戦いがきつくなってきたな………」
犬娘(豆太郎)(拙者の目には一方的な殺戮にしか見えなかったでござるよ…ご主人殿…)
62:
桃太郎「……そろそろ仲間を増やすかな」
犬娘(豆太郎)「え?」
桃太郎「いや、僕と豆太郎だけじゃそろそろ危ないと思ってさ。鬼ヶ島に近づくにつれて鬼もふえてきたし」
犬娘(豆太郎)「いやでござるわん!!!!!!!!!!」
桃太郎「え?なんでさ、豆太郎…」
犬娘(豆太郎)「拙者とご主人殿の間に邪魔者はいらないでござる!!!」
桃太郎「でも豆太郎、鬼にやられちゃったら元も子もないよ?」
犬娘(豆太郎)「拙者はご主人殿と二人きりがいいでござる!!!」
桃太郎「そういわれてもなー……」
63:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿は拙者と二人きりの旅が嫌でござるか?」耳ペタ
桃太郎「うーん……………………ん?………あんなところに子猿が……」
犬娘(豆太郎)「……子猿?」
猿「」
桃太郎「!……怪我をしてるな……豆太郎!水をくんできてくれるかい?」
犬娘(豆太郎)「………御意!」
猿「…………」
64:
桃太郎「大丈夫かい?お猿さん」
猿「…………うき……」
犬娘(豆太郎)(…………ご主人殿……猿にも優しさを振り撒くのでござるな………)
桃太郎「うん……これでよし!もう大丈夫だぞ、お猿さん」
猿「…………………」
桃太郎「………?もう行っていいんだよ?」
猿「………うき!」フルフル
65:
桃太郎「……?家がわからないのかな?」
猿「…」フルフル
桃太郎「…え?違うの?………………豆太郎、何を言ってるかわかる?」
犬娘(豆太郎)「…………………」
猿(お腹が腹すいたの……)
犬娘(豆太郎)「………………お腹が…………………すいているらしいでござる………………」
桃太郎「そうか!ならこのきびだんごを………」
66:
犬娘(豆太郎)「ダメでござるわん!!!!!!!!!!!!!!わんわん!!!!!!!!」
桃太郎「え?でもこれしか今手持ちにないし………」
犬娘(豆太郎)「そのきびだんごを食べたら動物は人の身体を手にいれてしまうのでござるよ!!?」
桃太郎「そうだ!!仲間になってもらおうよ!!」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿はどうしてこう獣ばかりを仲間にしたがるのでござる!!!ケモナーでござるか!!!??」
桃太郎「うーん…………確かに人間の戦力も欲しいかな……………」
67:
猿(そのきびだんごを食べると人間になれるの?)
犬娘(豆太郎)「こんな団子よりもう少し行った所の茶屋でもっと美味しいものを食べさせてあげるでござるよ、子猿よ」
猿(いい)
犬娘(豆太郎)「え?」
猿(私はそこのお兄ちゃんに助けられた……恩返しがしたいから人間の姿になりたいの……)
犬娘(豆太郎)「…………(聞かなかったことにするでござる)」
桃太郎「豆太郎、お猿さんは何て言ってるんだい?」
犬娘(豆太郎)「茶屋でうまいもん食わせろよにーちゃんと言ってるでござる」
猿(ちょっと!!!!バカ犬!!!!)
68:
桃太郎「そうだな、次の茶屋で少し休憩しようか」
猿(ちょっとあんた!!おにーちゃんに卑しい猿だと思われたじゃない!!)
犬娘(豆太郎)「貴様も拙者の主人に色目をつかわないで欲しいでござる!!」
猿(嫉妬にまみれたいやらしい犬だわ……これじゃあご主人様も疲れてしまうね)
犬娘(豆太郎)「な…………!!!な……」
桃太郎「ん?どーしたんだい?豆太郎」
犬娘(豆太郎)「いや………なんでもないでござる………」
犬娘(豆太郎)(こんな猿ごときに腹をたてても仕方ないでござるね………)
69:
猿(ちょっと!聞いているの?柴犬のくせに!!)
犬娘(豆太郎)「柴犬は関係ないでござろう!!」
桃太郎「さあ着いたよ。茶屋だ。…………ん?誰かいるな………」
70:
第五幕「新しい仲間編part1」?完?
77:
第六幕「新しい仲間編part2」
79:
桃太郎「………あそこにいるのは………………」
犬娘(豆太郎)「…………鬼でござるね…」
猿(…………)
鬼娘「ふふふ……ようやく来たな…………桃太郎に豆太郎ちゃん…」
犬娘(豆太郎)(ちゃん…?)
80:
桃太郎「こんなところで待ち伏せしているなんて……」
鬼娘「よくもさっきは仲間を倒してくれたな…桃太郎。今日こそは私がお前を倒す!!」
桃太郎「そう言って、毎回やられるじゃないか君達…」
鬼娘「う………うるさいわね!今日は秘訣があるのよ!!!」
81:
犬娘(豆太郎)「ひ…秘訣………?」
鬼娘「そうなのよ??豆太郎ちゃん!」ニコニコ
犬娘(豆太郎)「………………?…」
鬼娘(あ????かわいい???……かわいいよ????豆太郎ちゃん!!!犬耳ピコピコさせて????モフモフしたいよ???^^)
犬娘(豆太郎)「ご主人殿………あの鬼、ヨダレ垂らしてるでござるよ………」
桃太郎「何を考えているのかわからないな………」
82:
鬼娘「さあ!いくぞ桃太郎!!どりゃあ!!!」ダッ!!
桃太郎「!!?……そっちは…」
犬娘(豆太郎)(……拙者のところに……!!)
鬼娘「つかまえた!!」
犬娘(豆太郎)「むぐう!!」
桃太郎「豆太郎!!!!!」
鬼娘「ふふふ……秘訣はこの豆太郎ちゃんを先に人質にとることなのだ!!」
犬娘(豆太郎)(なんでちゃん付け……?)
83:
桃太郎「き…汚いぞ!!」
鬼娘「ふふふ…汚いもくそもあるか!そこで私と豆太郎ちゃんがイチャイチャしてるのを見ているがいいわ!!!」
桃太郎「イチャイチャ…?」
犬娘(豆太郎)「な……何をいってるでござる!!」
鬼娘「ほら豆太郎ちゃん……あんな男ほっといて私とチューしましょ……チュー!!」
犬娘(豆太郎)「チュー!!!???何を言ってるでござる貴様!!!」
84:
鬼娘「ほらほら…チュ???????????」グイ
犬娘(豆太郎)「な……なにするでござる!!!貴様はメスでござろう!!!」グググ
鬼娘「恥ずかしがらずにぃ??尻尾触らせてよ尻尾ぉ??」モフモフ
犬娘(豆太郎)「ひゃあ!!そんなところ触るなでござる!!」
桃太郎「豆太郎!!!!!鬼娘め!!許せん!!!」
鬼娘「はーはははは!!!どうだ!!自分の犬がモフモフされてる気分は!!!」
犬娘(豆太郎)(ケ………ケモナーでござる…………)
桃太郎「くっ……なんかよくわからんがくやしい!!豆太郎をかえせ!!」
犬娘(豆太郎)(この世界にはケモナーしかいないでござるね……)
85:
猿(私に任せて!お兄さん!)
桃太郎「!!……お猿さん……何を!!」
猿(これがきびだんごね)パク
桃太郎「あ……!」
犬娘(豆太郎)「あ!!!貴様………!!」
猿娘「…………ふぅ……」
犬娘(豆太郎)「!!!!!」
鬼娘「な……猿が………人間に………」
桃太郎「………………君は……」
86:
猿娘「……桃太郎さま……といったわね…怪我をした私を助けてくれて嬉しかったよ。今度は私が助ける番だね!!」ダッ!!
桃太郎「…………猿娘ちゃん……(かわいい…)」
鬼娘「な………すばしっこ……………わあ!!!」
バリ!!!
鬼娘「いったあ!!!ひっかかれた!!」
犬娘(豆太郎)「た………助かったでござる………………」
87:
猿娘「今だよ!!ご主人さま!!!」
桃太郎「ありがとう!!お猿さん!!!どりゃあ!!!!」
鬼娘「ぐわぁ!!!(´;ω;`)」
鬼娘「きょ…………今日のところは引き下がってあげる……………(猿娘ちゃんか…………あの黒髪ロングのつるぺた美少女も絶対に手にいれてみせるわ!!………)」ダッ!!
88:
桃太郎「ありがとう!お猿さん!!助かったよ!!」
猿娘「!…………えへへ……嬉しいな。あんまりほめられたことないから……」
桃太郎「いきなりだけど。仲間になって一緒に鬼退治を手伝ってくれるかい?」
猿娘「もちろんだよ!!ご主人さま!!!」
犬娘(豆太郎)「な………拙者は認めないでござるよ!!」
猿娘「あんたの許可なんていらないよ!私はご主人さまと一緒に生きたいの!」
89:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿は拙者の主人でござる!!貴様に『ご主人さま』なんて呼ぶ権利なんてないでござる!!」
猿娘「ほんと…いやらしい犬ね!ご主人さまぁ?私が癒してあげるからね?」スリスリ
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!……こんな子猿に誘惑されてはいけないでござるよ!!」モフモフ
桃太郎「お……おい二人とも………仲良くしてくれよ……」
猿娘・犬娘「「絶対むり!!!」でござる!!!」
桃太郎「(苦笑)」
90:
桃太郎「そうだ!猿娘ちゃんに名前をつけてあげなきゃね!」
猿娘「え………ご主人さまがつけてくださるの?……………うれしい……」
犬娘(豆太郎)「ゴン三郎とかでどうでござるか?」
猿娘「あんたは黙ってて!!バカ犬!!」
犬娘(豆太郎)「なんだと!!?」
91:
桃太郎「う?ん………お茶屋の近くで倒れていたから………茶々丸にしよう!!」
猿娘(茶々丸)「パァ……茶々丸……それが私の名前ですね…ご主人さま!………嬉しくて……涙が………うぅ……」ポロポロ
桃太郎「ははは………何も泣くことないじゃないか茶々丸」
犬娘(豆太郎)(………拙者はどういった経緯で豆太郎になったのでござる……?)
第六幕「新しい仲間編part2」?完?
96:
第七幕「鳥族の城編」
97:
?桃太郎達がいる場所の上空?
鷹(むむむ……あの人間と2匹の獣がまた鬼を退治しおったぞ……)
燕(しかも、あの獣2匹………どういうわけか人間の姿をしていますね…)
からす「あうあうあー(^q^)」
燕(私達もこのままでは鬼達にすべての財宝を盗まれてしまう……あのご一行に助けを求めてはいかがでしょう……)
からす「あうあう(^q^)」
鷹(うーむ……とりあえず『女王様』に報告だな………)
燕(ですね……しかし助けを求めるにしても…話が通じなければ事情を説明できませんね………)
鷹(………必要とあらば誘拐もやむを得んだろうな………)
からす「ぱしへろんだすw(^q^)」
98:
桃太郎(…………空に鳥が3羽も飛んでるな………)
猿娘(茶々丸)「ご主人さまぁ!あ??んして・」ズイズイ
桃太郎「ははは……恥ずかしいよ……茶々丸(……近い…)」
猿娘(茶々丸)「いいじゃありませんか?!ほらほら遠慮なさらずに」ズイ!
犬娘(豆太郎)「!!!…………貴様、茶々丸!!!拙者が水を汲みにいってる間にご主人殿を誘惑して!!」
猿娘(茶々丸)「ちっ………戻るのがはやいわね…」
99:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!!こんな猿を触るより拙者を触る方が気持ちがいいでござるよ!!ほらほら!」モフモフ
桃太郎「ま……豆太郎…………変なところあたってるよ……」
猿娘(茶々丸)「ふん…………ポメラニアンならともかく柴犬なんかに触り心地でとやかくいわれたくないわね!!」
犬娘(豆太郎)「また柴犬をバカにしたでござるワン!!!!貴様もニホンザルではござらぬか!!!」
猿娘(茶々丸)「ニホンザルは触り心地いいのよ!!」
100:
桃太郎「ははは…………まあまあ二人とも……今日は遅いし、旅館に泊まっていこうよ」
猿娘(茶々丸)「旅館…………そうだ!……ふふふ…………………」
犬娘(豆太郎)「な……何を笑ってるでござる……」
猿娘(茶々丸)「なんでもないわ……………ふふふ」ニヤニヤ
犬娘(豆太郎)「……………?…(何か企んでいるでござるね…)」
101:
?旅館にて?
桃太郎「ふぅ……極楽だな??……広いお風呂なんて何日ぶりだろう………」
桃太郎(しかしあの二人……もっと仲良く出来ないものかな………犬猿の仲なんてよく言うけど…)
桃太郎(僕がいるとすぐモメるから…少し距離をおいてみるのもいいかもな?………)
102:
猿娘(茶々丸)「ご主人さま……」
桃太郎「!!!!!???ちゃ……茶々丸!!!??なんでここに……!!?」
猿娘(茶々丸)「あら……ご主人さま…ニホンザルの習性をご存知でない?猿と人間が同じお風呂に入るのは常識だよ?」
桃太郎「でも君は今人間の身体をしてるんだぞ!!」
猿娘(茶々丸)「ふふふ……ご主人さまに楽しんで貰うのも私達の務めでしょ?」ペタッ
桃太郎「!!!!!!!(腕に………)」
猿娘(茶々丸)(うわ……今のは少し恥ずかしかったかな…………)カァ…
103:
犬娘(豆太郎)「何してるでござる!!!茶々丸!!!」
桃太郎「ま……豆太郎??」ホッ…
猿娘(茶々丸)「あらあら柴犬…服を着てお風呂に入ってくるなんてマナー違反よ!さっさと部屋に戻ることね!」
桃太郎「ちゃ……茶々丸…………」
犬娘(豆太郎)「??………拙者だって…………」
猿娘(茶々丸)「……え?」
104:
犬娘(豆太郎)「拙者だってそれ以上のスキンシップは第三幕でやってるでござる!!!!!!」ドン!!
桃太郎(張り合ってどうするんだ豆太郎!!!!!)
猿娘(茶々丸)「こ……これ以上のスキンシップ!!!??一体何をしたというの………?」
犬娘(豆太郎)「ふふふ……貴様には想像も出来ない大人なスキンシップでござる!」
桃太郎(発情がおさまるまで抱き合ってただけだろ……)
105:
猿娘(茶々丸)「な………なんなのよそれ………まさか………」カァ…
犬娘(豆太郎)「そんなまな板の如き胸より拙者の柔らか?い身体の方がご主人殿は好きみたいでござるね!!」どや
猿娘(茶々丸)「う……うるさいわね!!あんただってそこまでおっきくもないじゃない!!」
桃太郎「ふ……二人とも………喧嘩はやめ…………」
バサバサバサバサバサバサ!!!!
桃太郎・豆太郎・茶々丸「!!!!???」
106:
からす×20「「「「「「あうあうあー(^q^)」」」」」」
犬娘(豆太郎)「なんでござる!!??烏の大群が………」
桃太郎「う………なんだこいつら………うわ!!!」
猿娘(茶々丸)「!!!!……ご主人さま!!!!」
鷹(『女王様』の命令だ!この男は貰っていくぞ!!)
燕(悪く思わないでくださいね……)
猿娘(茶々丸)「なんなのよ!!あんたたち!!」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!!!」
107:
桃太郎「うわああああああああああああああああ!!!」バサバサ
犬娘(豆太郎)「ご主人殿おおおお!!!!!!!」
猿娘(茶々丸)「ど………どうしよう!!!どうしよう!!!ご主人さまが拐われちゃった!!!」オロオロ
犬娘(豆太郎)「お………お………おち……おちつくでござる………きっと無事でござる……」オロオロ
猿娘(茶々丸)「どうしよう………豆太郎……ご主人さま武器も服も持ってない……殺されちゃうよお……」ポロポロ
犬娘(豆太郎)「な………泣いても仕方ないでござろう!!………う……拙者…達が………探しにいかなければ……」
猿娘(茶々丸)「ご主人さまーーーー!!うわーーーん!!」
犬娘(豆太郎)「不安なのは何も貴様だけではないでござる!!!」ポロポロ
犬娘(豆太郎)(ご主人殿……今すぐにでも助けにいくでござる!!)
108:
バサバサバサバサ
桃太郎「な……なんなんだ君たちは……」
鷹(安心されよ……危害は加えぬ……)
桃太郎「……?」
鷹(……といっても鳥語は通じぬな……)
からす「あうあうあー(^q^)」
燕(さあ、見えてきましたよ……私達の砦……鳥族の城が!!)
桃太郎「なんだ……あのデカイ城は……!!!」
第七幕「鳥族の城編」?完?
114:
第八幕「鳥の女王編」
115:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿が拐われてしまったでござる………」
猿娘(茶々丸)「どうしようどうしよう……あの鳥たち……鬼の手下なのかな………」
犬娘(豆太郎)「そ……そんなわけ…………」
猿娘(茶々丸)「探しに行かなきゃ!」
犬娘(豆太郎)「でも……どうやってでござる…?」
猿娘(茶々丸)「…………」
116:
からす「あっぷあっぷ(^q^)」バシャバシャ
猿娘(茶々丸)「!?……あれは!!」
からす「あっぷあっぷ……たしゅけ……て…(^q^,)」バシャバシャ
犬娘(豆太郎)「からすが一匹温泉に溺れているでござるね…」
猿娘(茶々丸)「ほら!つかまんなさいよ!」グイ
からす「ぷはあ……あいあと!!!(^q^)」
117:
犬娘(豆太郎)「助けてあげたのだから、ご主人殿の所に案内してもらうでござるよ!!」
からす「……………(^q^,)」
犬娘(豆太郎)「お願いでござる……ご主人殿に何かあったら………」
からす「…………あう……(^q^;)」
猿娘(茶々丸)「また沈められたいの?」ゴゴゴ
からす「…………………雉様におこられちゃう……………(^q^;)」
犬娘(豆太郎)「雉……?そいつが親玉でござるね!」
猿娘(茶々丸)「聴いたことがある……鳥たちを治めてる気高き鳥の姫だった気がする」
犬娘(豆太郎)「とにかく!!意地でも連れていってもらうでござるよ!!」
からす「あうあうあー……(^,q^,)」
119:
?鳥族の城?
雉(そろそろ来る頃だろうか……)
雉(………今日……ようやく会えるのか………人間というやつに……)
雉(しかも………オスか……………ふふふ…………)ドキドキ
からす達「「「「あうあうあー(^q^)」」」」バサバサバサバサ
燕「雉様!桃太郎を連れて参りました!」
雉「おお!!…………コホン……ありがとう……助かったぞ二人とも…運んできてくれたからす達にも礼を言っておいてくれ」
鷹「楽しそうですな……雉様………」
雉「な……何をいう!城の一大事に!私は姫だぞ!!」
燕・鷹(楽しみだったのか……)
雉「さて………見せてもらおうか……人間というやつを………」ドキドキ
120:
桃太郎「………なんで鳥しかいないんだ……?」
雉「ほう……本当に二足歩行をしているのだな……」
雉「……?………書物には人間というものは『服』とやらを身に付けていると記してあったが……」
燕「いえ………この人間は最初からこの状態でした……」
雉「ふむ……『恥』の概念は嘘だったのだろうか………」
桃太郎(何を話しているんだ………)
121:
?桃太郎s eye?
雉「ケンケンケンケンwwww」
鷹「ピィーヤピィーヤピィーヤピィーヤwwwwww」
燕「土食って虫食って、渋いwwwwww」
からす「ぱしへろんだすwwwwww(^q^)」
桃太郎(なんか怖いな……………)
122:
雉「さて、桃太郎……貴殿に相談があるのだ……」
桃太郎「…………?……」
雉「うーん………話が通じない……」
桃太郎「そうだ………このきびだんごを食べて人間になってもらおう……」ゴソ
雉「?……どこから出したのか…団子を取り出したぞ」
123:
鷹「………貢ぎ物だろうか……」
燕「では、私が最初に……」
雉「いや、私が最初に食べよう」
燕「…………しかし……」
雉「これ以上皆を危険にさらすわけにはいかない………」
鷹「雉様………」
雉「それでは頂こう………」パク
桃太郎「あ…………」
124:
雉娘「………………ん………」
鷹・燕「!!!!!!!!!」
桃太郎「…………雉が……翼のはえた剣士に………」
鷹「雉様が…………ヒトの姿になりおった………」
燕「なるほど………あの2匹の獣の謎もこれで解けましたね………」
雉娘「………この姿は…………!!!!!!!な!!な!!!なんだ貴様は!」
桃太郎「え?………」
125:
雉娘「なんて格好をしているんだ!!!」
燕「!?………どうしたのですか?雉様…」
桃太郎「君らが入浴中につれてきたんじゃないか!!」
雉娘「そそそそ…………そんなもの……この私に見せつけるなんて………この変態!!!」
桃太郎「さっきまで全く騒いでなかったのに……」
雉娘(こ………これが人間の恥というやつか…………)カァ…
126:
桃太郎「さて………とりあえずこれで話が通じるぞ…どうして僕をここに連れてきたんだい?」
雉娘「あ…………あぁ………そうだな………すまない………貴殿が鬼を次々と打ちのめす英雄と聴いたものでな…助けを求めようと拐ったのだ………許せ」
桃太郎「だったら普通に会いにくればいいじゃないか」
雉娘「それはできない……」
桃太郎「え?」
雉娘「この城は本来、もっとたくさんの鳥たちでにぎわっているはずなのだ」
桃太郎「………」
127:
雉娘「それが今や残されているのは……私と私の側近の二人と、アホなからすのみ………」
桃太郎「鬼達か………」
雉娘「その通り、私と鷹と燕はなんとか戦い逃れられたのだが…その他は、人質にとられてしまった………」
桃太郎「からすは?」
雉娘「鬼達がうるさいと置いていった…」
桃太郎「そうか」
128:
雉娘「くっ………私の責任だ………民を守れずに自分だけ逃げるなんて…………………」
桃太郎「なら、力を合わせて戦おうよ、鳥族の姫様」
雉娘「!!……よいのか?………」
桃太郎「いいに決まってる!こちらも今仲間を探してたんだ」
雉娘「……かたじけない……………」
鷹「……ホッ…」
桃太郎(ただ………また人外を仲間にいれてしまったな………豆太郎たちは怒るだろうか……)
129:
雉娘「礼をしなくてはいけないな…桃太郎殿………」
桃太郎「いいよ礼なんて、こちらも助けてもらうんだから」
雉娘「いや、私も人間になったのだ……これくらいの義は守らねばならぬ………しかし、ここにあるもので貴殿が喜びそうなものといえば…………」
雉娘「……すまない…………何もおいておらぬ………」
桃太郎「雉娘が一緒に来てくれるだけで僕は十分だよ」
雉娘「桃太郎殿…………」
130:
燕「雉様…雉様…………」
雉娘「……?なんだ?燕よ」
燕「私、聴いたことがあります……人間のオスはメスの裸を見るだけで大層喜ばれるそうな………」
雉娘「…………!!な………」カァ…
鷹「それはまことか!?燕よ!なんと容易い!人間の姿をしたメスなら雉様がおられるではないか!」
雉娘「き………貴様らは人間になってないから恥というものがわからんのだ!!」
桃太郎「……?」
131:
鷹「は……じ………?よくわかりませぬが……雉様、そのお召し物を脱ぐだけで桃太郎殿のご機嫌がとれるなら易いことではありませぬか!さあ!さあ!」
燕「さあ!さあ!」
からす「あうあうあー(^q^)」
雉娘「…………うぅ……」
桃太郎「どうしたんだい……?雉娘……」
雉娘(……本能的にわかる………わかるぞ………ここでいきなり全裸になるなど………頭がおかしいことくらい………)
雉娘(しかし………………これしかないのか………?)カァ…
鷹「?……なにやら雉様が艶やかな表情をしておられるな………」
燕「なぜでしょう……」
132:
雉娘「も………桃太郎殿………すまない……………これしか方法が思い付かない…………」カチャカチャ
桃太郎「………………どうして鎧を脱いでるんだい?」
雉娘「貴殿にはどうしても……礼をしなければならない……………ならば……………この私を捧げる!!!!!」ドン!!
桃太郎「やめろおおおおおおおおおお!!!」バッ!
雉娘「離してくれ!桃太郎殿!!これは姫の宿命なのだ!!」バサバサ
桃太郎「そのセリフ完全にフラグだから!!!!鳥たちのこと「民」とか呼んでた所からおかしいと思ってたけど!!!」
133:
犬娘(豆太郎)「貴様ら!!!ご主人殿を離せ!!」バン!!
桃太郎「ま……豆太郎ぉ??……茶々丸も………」
猿娘(茶々丸)「ちょ………ちょっと!!何してるのよ!!裸で抱き合ったりなんかして!!!」
雉娘「む………桃太郎殿………その二人は?……」
桃太郎「ああ、僕と旅をしていた豆太郎と茶々丸だよ。君の仲間だから安心して」
雉娘「そうか………私達二人きりの鬼退治ではないのか…………………」
桃太郎「……?」
134:
猿娘(茶々丸)「ちょっとあんた!ご主人様から離れなさいよ!」
雉娘「すまぬが、犬の娘と猿の娘よ…………今私と桃太郎殿は礼の一貫として…………性行為を行う!!!!この部屋から出ていってもらおうか!!」
茶々丸・豆太郎「「なにいいいいいいいいいいいい!!!??」」
桃太郎「なんでだよ!!!!!!」
燕「き……雉様………それは桃太郎殿の子を産むということですか……?」
雉娘「そうではない。人間というものは娯楽の一貫として性行為を楽しむのだ………書物にはそう書いてあった」
鷹「……そうなのか…………」
135:
犬娘(豆太郎)「そそそそそそそ……そんなの拙者がゆるさないでござる!!」バッ!
猿娘(茶々丸)「そそそそうよ!!言ってやんなさい豆太郎!!新参もののくせにでしゃばってんじゃないわよ!!」バッ!
雉娘「な……何をする!!桃太郎殿は貴殿らにはけして渡さぬぞ!!!」
桃太郎(とりあえず服を着させてくれ…………)
第八幕「鳥の女王編」?完?
141:
第九幕「犬vs猿vs雉」
142:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!ナデナデしてほしいでござる!」
桃太郎「えーどうしようかなー?」
犬娘(豆太郎)「え?ダメでござるか?」
桃太郎「正直言って豆太郎には飽きちゃったんだよね?w」
犬娘(豆太郎)「!!!!!!???………え?………」
猿娘(茶々丸)「ごめんね??豆太郎。ご主人様は今私に夢中なのよ?」
犬娘(豆太郎)「そ……そんな………ご主人殿………」
雉娘「すまないな、犬の娘よ。桃太郎殿はこの雉のものだ」
犬娘(豆太郎)「そんな………嘘でござろう…………ご主人殿………」ポロポロ
桃太郎「ごめんな、豆太郎………また捨て犬に戻ってくれ………」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿………ご主人殿おおおおおおおおおおお!!!!」
143:
犬娘(豆太郎)「おおおおおおおおおおおおおおおお」ガバ!
猿娘(茶々丸)「!!?……ちょっと豆太郎!!うるさいわよ!こんな朝っぱらから!!」
犬娘(豆太郎)「ゆ………夢か………」
雉娘「悪夢でも見たのか?」
桃太郎「どうしたんだい?豆太郎……」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!!!!!!」ガシッ
桃太郎「うわ!!どうしたんだよ豆太郎………」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿……!ご主人殿ぉ……!!!」グググ
桃太郎「参ったな………」
144:
猿娘(茶々丸)「ちょっと!!!あんただけズルい!!」ガシッ
雉娘(!!遅れをとるわけにはいかない………!!)ガシッ
桃太郎(どうしてこうなった………)
猿娘(茶々丸)「ちょっと!!キジ女!あんたは引っ込んでなさいよ!!」
雉娘「なんだと!!桃太郎殿はこの私のものだ!!」
145:
燕「…………皆様……お目覚めのようですね……」ガラ
雉娘「……………………コホン………ああ、おはよう燕よ……」スッ…
猿娘(茶々丸)(なんて切り替えのはやさ………)
鷹「雉様が今日から旅立れるなんて……我らは心配で心配で……たまらぬのです………」
雉娘「鷹…………大丈夫だ、桃太郎殿がついている」
燕「桃太郎殿………どうか……姫をよろしくたのみます………」
146:
桃太郎「必ず無事で帰すことを約束します……」
鷹「では安心であるな……城のことはお任せを…雉様」
雉娘「頼んだぞ、二人とも」
鷹・燕「「は!」」
桃太郎「よし!そろそろ行こうか………」
147:
?道中?
雉娘「………………」キョロキョロ
桃太郎「どうかした?キジさん」
雉娘「いや………城からこれだけ離れるのは初めてなものでな……いろいろなものが珍しいのだ…………」キョロキョロ
桃太郎「箱入り娘だったのか……」
雉娘「それから!!桃太郎殿!なぜ私には名前をつけてくれぬのだ!」
148:
桃太郎「うーん………お姫様だからなんとなく遠慮してたんだよね」
雉娘「遠慮など必要ない!!さあ!名前をつけるのだ!!さあ!さあ!」ドキドキ
犬娘(豆太郎)「ゴンノスケ」
猿娘(茶々丸)「ゴンザエモン」
雉娘「……キッ!!」
桃太郎「そうだなー……雉さんは『キジさん』でいいんじゃないかな………やっぱ皆に呼ばれてる名前がいいよ」
雉娘(キジ)「ふむ…………それもそうか………」ショボン
149:
猿娘(茶々丸)「……………………さっきから気になってたんだけど………」
桃太郎「どうかした?茶々丸」
猿娘(茶々丸)「なんでキジ女はご主人様の事を名前で呼んでるわけ?」
雉娘(キジ)「む?いけないのか?」
猿娘(茶々丸)「古参の私を差し置いてご主人様を名前で呼ぶなんて許せない!」
桃太郎(それ、どこぞのアイドルグループの信者の発想だぞ茶々丸………)
犬娘(豆太郎)「これには拙者も同意でござるな。姫だかなんだか知らぬが、馴れ馴れしいにも程があるでござる!」
雉娘(キジ)「ふむ………しかし貴殿らと私との間には大きな違いがあると思わないか?豆太郎に茶々丸よ……」
150:
犬娘(豆太郎)「違い………?」
猿娘(茶々丸)「何よ!言ってみなさいよ!!」
雉娘(キジ)「ようは目指すものの違いだ。貴殿らは桃太郎殿のペットとして忠誠を誓ったのだろう?」
犬娘(豆太郎)「だからなんでござる」
雉娘(キジ)「私は桃太郎殿の『妻』としてもこの身を捧げるつもりでいる!!貴殿らにその覚悟があるのか?」
桃太郎「なんてこというんだ………」
151:
猿娘(茶々丸)「ふふふ……なんだ…そんなこと…………」
雉娘(キジ)「なに………」
猿娘(茶々丸)「残念だったわねキジ女!!ここにいるものでその覚悟がないものなんていないのよ!!!」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿は拙者の主人でござる!!!」
雉娘(キジ)「……………誰も譲らぬというのか………」
152:
猿娘(茶々丸)「それなら………誰がご主人様に相応しいか決めようじゃない…………」ゴゴゴ
桃太郎「え?」
猿娘(茶々丸)「誰がご主人様から愛されているか!勝負よ!豆太郎!!キジ女!!」
雉娘(キジ)「!!……よかろう………」
犬娘(豆太郎)「望むところでござる!!」
猿娘(茶々丸)「勝ったものが1日だけ、ご主人様を一人占めできるってことでいい?」
犬娘・雉娘「「異論はない」」
桃太郎「もう勝手にしてくれ………」テクテク
153:
犬娘(豆太郎)(この二人に拙者こそ真の付き人であることを示さねば…………)
雉娘(キジ)「しかし、『愛されているか』といっても……どう確認すれば…?」
猿娘(茶々丸)「うーん………」
犬娘(豆太郎)「ナデナデ…………」
猿娘・雉娘「え?」
犬娘(豆太郎)「一番最初に『ナデナデ』をしてもらえる者こそ!真の付き人でござる!!」
雉娘(キジ)「なるほど……わかりやすくて良いな………」
猿娘(茶々丸)「望むところよ!!!」
154:
桃太郎「ふう、この辺で一休みしようか……みんな」
雉娘(キジ)「桃太郎殿!……………」
桃太郎「どうしたんだい?キジさん」
雉娘(キジ)「と……隣……いいか…?」ドキドキ
桃太郎「ああ、いいよ。おいで」
雉娘(キジ)「失礼………ところで…桃太郎殿……」
桃太郎「?」
雉娘(キジ)「私の頭……………気にならないか……………?」
桃太郎(頭……………??????)
桃太郎「…………………………気には……………ならないかな…………」
雉娘(キジ)(どうすればいいのだ!!!!…………殿方に甘えたことなど産まれてこのかた………1度もないのだ………)
155:
雉娘(キジ)「そ………そんなこと言わずに…………」オロオロ
桃太郎(??????)
猿娘(茶々丸)「ご主人様??!」
桃太郎「茶々丸……?」
猿娘(茶々丸)「頭に虫が乗っちゃった?…ご主人様とって・」
雉娘・犬娘((あやつ!!!!!!!!!!!!!!!そんな手で!!!!))
猿娘(茶々丸)(ふふふ……勝利条件さえ満たせばいいのよ………悪いけどこの勝負……貰ったわ……!!!)
156:
桃太郎「はい、とったよ」ポイ
猿娘(茶々丸)「あ………」
桃太郎「?」
猿娘(茶々丸)「もっと撫で回すように…………」
桃太郎「撫で回したら虫が潰れるだろう!!!!!」
157:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿………」
桃太郎(今度は豆太郎か………)
犬娘(豆太郎)「拙者とご主人殿の間には………幼き頃より築き上げた硬い絆があるでござる」
桃太郎「……あ……ああ……そうだね………」
犬娘(豆太郎)「それなら…今拙者が何をして欲しいか分かるはずでござるね」
桃太郎(そんな無茶な………)
158:
犬娘(豆太郎)「ご主人殿…………」耳ペタ
桃太郎(……豆太郎………………………)
桃太郎(この目…………見覚えがあるぞ…………小さい頃……豆太郎はいつもこの目をしていた気がする…)
桃太郎(……………そうか……)
ナデナデ
犬娘(豆太郎)「!!!!!!」
159:
雉娘・猿娘「「あ…」」
桃太郎「………正解かな…………?」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿……………ご主人殿!!!!!」バッ!!!
桃太郎「おk。舐めるなら好きなだけどうぞ」
犬娘(豆太郎)「ぺろぺろ」
160:
猿娘(茶々丸)「こ………こんなの認めないわよ!!!ただ撫でられたくらいで!!」
雉娘(キジ)「そ…………そうだ!こんなもので桃太郎殿の愛の深さなど分からぬ!!」
桃太郎(そういうことか……)
桃太郎「ほら…二人とも。よしよし」
雉娘・猿娘「!!!!!」
桃太郎「これでみんな仲良くできるね?」
雉娘(キジ)「あ…………ああ…………」ドキドキ
猿娘(茶々丸)「………………はい………」
桃太郎「さあ、もうすぐで鬼ヶ島だよ。みんな気を引き閉めていこうか」
第九幕「犬vs猿vs雉」?完?
167:
第十幕「最終決戦part1」
168:
鬼1「桃太郎が近づいてくる………割りと怖い(´;ω;`)」
鬼2「あいつ人間のくせにしぬほど強いからなー(´;ω;`)」
鬼3「もう財宝とか鳥の人質とか返しちゃった方がいいと思う…(´;ω;`)」
鬼娘「私は桃太郎の付き添いの獣娘ちゃんたちに早く会いたい」
169:
???「クカカカ………何ヲ恐レテオルノダ……臆病ナ鬼ドモメ…」
鬼娘「よ……妖魔王様………」
???「桃太郎トヤラハ、コノ妖魔王ガ始末スル……貴様ラハ大人シク見テオレ……」
鬼1「ありがとうございます!!赤ペン先生!!!(´;ω;`)」
???「…………ソノ呼ビ方ハ止メヨト言ッタハズダガ……」
鬼娘(あぁ………妖魔王様かわいい……………)
170:
?鬼ヶ島の岸辺?
桃太郎「さあ着いたぞ!ここが鬼ヶ島だ!!」
犬娘(豆太郎)「これが……」
猿娘(茶々丸)「おっきい………」
雉娘(キジ)「あそこに……民達が………」
桃太郎「みんな!!気を引き閉めていこう!!全員無事でこの戦いを終えるんだ!!」
雉娘(キジ)「そうだな!桃太郎殿!」
犬娘(豆太郎)(たぶんご主人殿が無双して終わりでござる……)
171:
桃太郎「?………鬼ヶ島から誰か出てきたぞ………」
猿娘(茶々丸)「……………鬼じゃなさそうだね……」
???「少しよいかの………」
雉娘(キジ)「…………女?」
犬娘(豆太郎)「!!……この女………狐の尻尾がついているでござる!!」
狐娘「くかかか…………じゃなくて………うふふふふ…………少しその桃太郎に用があるのだが……」
雉娘(キジ)「怪しいやつめ!!斬られぬうちに立ち去れ!!」
狐娘「まあ待つがよい……私は鬼ではない。ただの捕らわれた狐のメスだ……危害はくわえぬ」
猿娘(茶々丸)「じゃあなんで、きびだんごもないのに人間の姿をしてるのよ」
狐娘「それは………まあ……色々とあったのダ………」ゴニョゴニョ
犬娘(豆太郎)(怪しいでござるね………)
172:
桃太郎「それで、狐さん。僕に用があると言ったね」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!!!話を聞く必要なんてないでござる!!」
桃太郎「大丈夫だよ豆太郎。動物に悪いやつなんていないよ」ニコ
犬娘(豆太郎)(ご主人殿のケモナーにも困ったものでござる………)
173:
狐娘「おお!桃太郎よ……話を聞いてくれるか!!それならばもう少し近づいてきてくれぬか……」
桃太郎「?……ああ……」テクテク
狐娘(かかりおった………!!!)ミョミョミョ
桃太郎「!!!!!!!」クラ……
猿娘(茶々丸)「ご主人様!!!??」
雉娘(キジ)「貴様!!!何をした!!」
狐娘「わ……我はなにもしておらぬぞ………!!?勝手にこの男が倒れたのだ…………」アワアワ
174:
犬娘(豆太郎)「大丈夫でござるか!?ご主人殿!!!」
桃太郎「う………ん……」
犬娘(豆太郎)「よかった……無事そうでござるね………」ホッ……
桃太郎「狐ってかわいいよね」
犬娘(豆太郎)「え?……」
桃太郎「今トレンドのケモノは狐だよね」
犬娘(豆太郎)「な………何をいってるでござる………」ズキ…
猿娘(茶々丸)「ご主人様……?」
雉娘(キジ)「様子がおかしい………」
175:
狐娘「おお!!その通りであるぞ桃太郎よ!!!今ケモナーの間で流行っているケモノは紛れもなくキツネ娘!!!!どのss投稿サイトを見ても我のssで溢れておるからな!!!」
桃太郎「ああ!!狐娘ちゃん!!!かわいい!!油揚げ食べる!!?」
狐娘「クカカカ!!くるしゅうないぞ!桃太郎よ!!!」
雉娘(キジ)「桃太郎殿!!!目を醒まされよ!!貴殿はそんな軽い男ではなかったはずだ!!」
桃太郎「狐娘ちゃんprpr」
猿娘(茶々丸)「ご主人様!!!目を醒まして!!!」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!!!」
176:
桃太郎「猫とか犬とかもうオワコンだよね」
犬娘(豆太郎)「(゜д゜)」
桃太郎「昔はよく流行ったけど……今となっては狐には敵わないよねwwwまずモフモフ度が違うからwww」
猿娘(茶々丸)「な………何てことを…………そんなこと言ったら豆太郎が………」
狐娘「クカカカカカカカ!!!!その通りだ!!よくぞ言った桃太郎よ!!褒美として貴様を我の「しもべ」として飼ってやることにしよう……」
桃太郎「うれしい!!いつでもモフモフできる!!」
狐娘(クカカ………作戦通りだな……)
177:
雉娘(キジ)「貴様!!!待て!!!」
狐娘「おっと!!我と桃太郎との間に入らんで貰おうか……鳥の女王よ……」
雉娘(キジ)「私の正体を………貴様一体………!!!」
狐娘「クカカカ!!!教えてやろう!!!我こそ妖魔王キュウビ!!この鬼ヶ島を治める妖魔の女王なり!!」
猿娘(茶々丸)「妖魔王…………キュウビ………?」
178:
妖魔王キュウビ「その昔………我はとある白狼に退治され……わが主さえも無くした……しかし長い年月をかけ、再びその力を取り戻したのだ!!全盛期には劣るがな!!」
雉娘(キジ)「聞こえたか!!桃太郎殿!そやつは敵の頭だ!!行ってはならぬ!!」
桃太郎「あ^????狐尻尾モフモフ???」
雉娘(キジ)(声も届かぬのか………!!)
妖魔王キュウビ「クカカカ!!諦めよ!!汚らわしい畜生ドモメ!!!」
猿娘(茶々丸)「ちょっと!!!……待っ……………」
179:
鬼1「やったあ!!桃太郎さえいなければ勝てるぞ!!(´・ω・`)」
鬼2「この獣達を倒せ倒せ!!(´^ω^`)」
鬼娘「豆太郎ちゃ????ん・・・」
雉娘(キジ)「く………やむを得ん!!戦うぞ!!豆太郎!茶々丸!」
猿娘(茶々丸)「そうね……いい?豆太郎…………豆太郎!!!」
犬娘(豆太郎)「(゜д゜)」ポカーン
猿娘(茶々丸)(こいつはもうダメね……)
雉娘(キジ)「くるぞ!!茶々丸!!」
第十幕「最終決戦part1」?完?
183:
第十一幕「最終決戦part2」?最終回?
184:
雉娘(キジ)「でやぁぁ!!」ズバッ
鬼1「ぐわぁ(´;ω;`)」
猿娘(茶々丸)「どりゃぁ!!」バリ!!
鬼2「ぎゃあ!(´;ω;`)」
犬娘(豆太郎)「………(゜д゜)」
鬼3(なんだこの犬……(´・ω・`))
185:
猿娘(茶々丸)「ちょっと!!豆太郎!!!突っ立ってないでたたかいなさいよ!!」
犬娘(豆太郎)「負けたでござる……狐に………拙者とご主人殿の絆が………」
雉娘(キジ)「豆太郎………」
犬娘(豆太郎)「あんなに幼い頃から一緒にいたのに……………………」ポロポロ
猿娘(茶々丸)「あーもう!!!あれは妖術かなにかだってのに!!」
鬼×20「「「「「「「うおおおお!!覚悟しろ!!!(`・ω・´)」」」」」」」
雉娘(キジ)「く………このままでは……」
雉娘(キジ)(はやく戻ってきてくれ……!桃太郎殿………………私を守るというのは虚言だったのか?………)
186:
?鬼ヶ島VIPルーム?
妖魔王キュウビ「クカカカ……さて、桃太郎……まずは褒美をやらねばな…………本当に「モフモフ」でよいのカ?」
桃太郎「もちろんだ!!!さあモフモフさせてくれ!!」
妖魔王キュウビ「………本当にケモナーとはわからん奴らだナ………ホレ好きなだけ尻尾に埋もれるがイイ」パタパタ
桃太郎「うっっひよおおおおああああ!!!!本物の九尾の尻尾だああああ!!」モフモフモフモフ
妖魔王キュウビ「………う……(くすぐったい……)」
桃太郎「モフモフモフモフモフモフ」
妖魔王キュウビ「………………なあ……桃太郎…………いつまでそうしているつもりなのダ?……」
桃太郎「死ぬまで」
妖魔王キュウビ「(゜д゜)」
桃太郎「やめられない止まらない」
妖魔王キュウビ(正気かこの男…………)
187:
?鬼ヶ島の岸辺?
犬娘(豆太郎)「ご主人殿は生粋のケモナーなのでござる…………」
猿娘(茶々丸)「なによ…いきなり………」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿は動物にモフモフすることでしか自分の欲望を満たせないのでござる……」
猿娘(茶々丸)(ご主人様ってけっこうやばい奴なのね……)
犬娘(豆太郎)「それが………今こうして拙者が人間の姿になり、ご主人殿がうかつに拙者と触れ合えなくなり、ご主人殿はモフモフ欲を溜めてしまうことになったのでござる………」
雉娘(キジ)「…………なにやら新婚夫婦にありがちな悩みのような話だな………」
犬娘(豆太郎)「モフモフすることの出来ない拙者なんて……あの女狐に負けて当然でござる…………」
猿娘・雉娘(……………)
188:
?鬼ヶ島VIPルーム?
妖魔王キュウビ「ん…………桃……………太郎……もうよしてはくれぬか………」ハアハア
桃太郎「まだまだ足りない……」モフモフ
妖魔王キュウビ(まるで抑圧されてた獣のようだな………)
桃太郎「……………」モフモフモフモフ
桃太郎(なんだろうこの空虚感は………)
桃太郎(今僕が触ってる尻尾は間違いなく一級品のモフモフのはずだ………しかし…………)
妖魔王キュウビ「ク………クカカカ……桃太郎、我にここまで長時間にわたり触れていたオスはお前が初めてダ………」
妖魔王キュウビ「故ニ……桃太郎……貴様にこの私を抱く権利を与えヨウ………我もこのまま尻尾を蹂躙されたままではたまらぬ………」ズイ
桃太郎(………こんなことが前にもあったな………いつだったか…………)
桃太郎「ま…………」
妖魔王キュウビ「?」
桃太郎「まめ…………太郎…………」
妖魔王キュウビ「…………ナンダト……妖術ガ解ケ始メテイル…」
189:
?鬼ヶ島の岸辺?
猿娘(茶々丸)「あんたがそんなんなら………ご主人様が私のものになるのも時間の問題かもね……」
犬娘(豆太郎)「なに……?」
猿娘(茶々丸)「あんた、その長年付き添ってきた主人を信じられないわけ?」
犬娘(豆太郎)「!…………」
雉娘(キジ)「同感だな……私は今も桃太郎殿を信じているぞ?豆太郎、貴殿には大分差をつけられていると思っていたが……どうやら買いかぶりだったようだな」
犬娘(豆太郎)「…………………」
犬娘(豆太郎)(そうでござる………ご主人殿はいつも………この拙者を贔屓してくれていたでござる……野良犬よりも……外来犬よりも……他の柴犬よりも………)
犬娘(豆太郎)(そういえば……主人の帰りを1年間も待っていた犬にも出会ったでござる………)
犬娘(豆太郎)(今拙者に出来ることは……………)
犬娘(豆太郎)「主人を信じて待つ事だけでござる!!!」
猿娘(茶々丸)「それでいいのよ、あんたは」
190:
?鬼ヶ島VIPルーム?
妖魔王キュウビ「どうしたノダ?桃太郎……この我を抱くがヨイ」
桃太郎「………だめだな…………」
妖魔王キュウビ「なに………?」
桃太郎「やっぱり『あの』モフモフじゃないと満足出来ない身体になってしまっているらしい………」
妖魔王キュウビ「なんだと………このキュウビでは満足できぬというのか貴様!!!!」
桃太郎「どうやらそうみたいだ………」
妖魔王キュウビ「ユルサヌ…………ユルサヌゾ桃太郎………コノ我ヲ侮辱シタ罪……償ッテモラオウ……」ゴゴゴゴ
桃太郎「!!……見る見る化け狐に変身していく………」
妖魔王キュウビ「クカカカ!!覚悟スルガヨイ……桃太郎ヨ」
191:
桃太郎「あ、なにコレ」ヒョイ
妖魔王キュウビ「ア……我ノ狐管………」
桃太郎「なんだい狐管って……」
妖魔王キュウビ「ソレガナイト…………尻尾が………あぁ………」ドロン
桃太郎「尻尾がひとつに……」
妖魔王キュウビ(一尾)「み………見るナ…………」
桃太郎「……………」
妖魔王キュウビ(一尾)「…………昔のように………強くはないのダ………我は……」グス……
192:
桃太郎「かわいいじゃないか」
妖魔王キュウビ(一尾)「え……」
桃太郎「一尾でもぜんぜんかわいいよ。流石は狐っ娘だね」
妖魔王キュウビ(一尾)「かわいいなどト誉められたのハ……今までに経験がない…………」カア…
桃太郎(さて…………豆太郎の所に行かなければ…)
妖魔王キュウビ(一尾)「ま………待て!!………桃太郎………」
桃太郎「!!?」
妖魔王キュウビ(一尾)「我は………お前を見てるおると………胸が熱くなるヨウナ高翌揚を覚える…………今までに経験の無い事ダ…………」
桃太郎「…………うん」
妖魔王キュウビ(一尾)「今の貴様の心は………あの柴犬のトコロにある……だが、この我を狐っ娘として飼ってくれぬか……?…」
桃太郎「もちろんだよ(っっっしゃあ!!狐娘ゲットだぜ!!!)」
妖魔王キュウビ(一尾)「ほ………本当か………!?クカカ………よもやこのキュウビがお前のような男を主人とシテ選ぶとはナ……我ながら呆れル…」
桃太郎「さあ!最後の仕事だ……」
193:
?鬼ヶ島の岸辺?
鬼娘「豆太郎ちゃ?ん・我慢しなくていいのよ??」
犬娘(豆太郎)「!!……貴様は……!」
鬼娘「あんなろくでもない男はほっといて私と暮らしましょ!!その方が幸せだよ!」
犬娘(豆太郎)「ふ……笑わせるでござる!」
鬼娘「!!?」
犬娘(豆太郎)「拙者の主人はご主人殿以外はあり得ぬでござる!!断じて貴様などではない!!」
194:
桃太郎「よくいったぞ!!豆太郎!!」
犬娘・猿娘・雉娘「!!!!??」
鬼たち「「「「「「「も…………桃太郎だあああああああああああ(´;ω;`)」」」」」」」
桃太郎「待たせたな……!みんな……」
鬼娘「くっ………無駄にイケメンに見える………!!」
雉娘(キジ)「桃太郎殿…………信じていたぞ…」
猿娘(茶々丸)「さっすがご主人様ね!!」
犬娘(豆太郎)「ご主人………殿…………」
桃太郎「豆太郎………みんな…………ありがとう。後は僕がやろう」
鬼たち「「「「「「「うあああああああ突撃だああああああ(`;ω;´)」」」」」」」(ヤケクソ)
桃太郎「どらあああああああああ!!!!!!!!」
195:
その後の戦局はまさに一方的なものだった。
桃太郎がまず鬼の大半を倒しつくすと、鬼ヶ島のボスである妖魔王が桃太郎にすりよっていく光景が残りの鬼達に見せつけられる。
鬼達はそれで戦意喪失し、ついに降伏した。
無事に財宝と、鳥の民たちは解放されたのだった。
こうして桃太郎の旅は終わりを迎えたのだった……
196:
?数日後?
犬「…………………スースー…」
桃太郎「豆太郎!!ぱーちゃん!!畑耕してくるよ!!」
犬「!!!わんわん!!」
桃太郎「豆太郎…?なんで吠えてんの?」
犬「わんわん!!」
桃太郎「やっぱ人間じゃないと何言ってるのか分からないな……はいきびだんご」ポイ
犬「ぱく」
スーーー
犬娘(豆太郎)「拙者も手伝うでござる!!」
桃太郎「よし!じゃあおいで」
197:
犬娘(豆太郎)(拙者…豆太郎はあの旅のあと、元の犬の姿に戻った………)
犬娘(豆太郎)(どうやらきびだんごには人間でいられる期限というものがあるらしいのでござる。)
犬娘(豆太郎)(しかし、このように、定期的にきびだんごを摂取さえすれば、ずっと人間のままでいられるでござる)
犬娘(豆太郎)「ご主人殿!畑まで手を繋ぐでござる!!」
桃太郎「!……ああ、いいよ豆太郎」
犬娘(豆太郎)「ふふふふ」
198:
狐娘(キュウビ)「何をしてオル!!桃太郎ヨ!!!」
桃太郎「キュ……キュウビ!!」
犬娘(豆太郎)「貴様!!!家で休んでいればいいものを!!!」
狐娘(キュウビ)「クカカ………そうはいかヌぞ豆太郎!我のいないうちに抜け駆けされても困ル」
犬娘(豆太郎)(あれ以来、拙者たちの家には、狐が住み着いた……女狐め……)
狐娘(キュウビ)「ほれほれ桃太郎ヨ……あの二人きりの時間を忘れたとは言わせぬぞ」モフモフモフモフ
犬娘(豆太郎)「貴様!!!ご主人殿を誘惑するな!!!」
桃太郎「まったく……」
199:
猿「…………」
桃太郎「あれ?茶々丸じゃないか……きびだんごがきれたみたいだな……はい、きびだんご」ヒョイ
猿「ぱく」
猿娘(茶々丸)「ご主人様!!!会いたかった!!!」バッ!!
桃太郎「!……おいおい茶々丸…………」
猿娘(茶々丸)「ギュー……!!」
犬娘(豆太郎)「貴様茶々丸!!!」
狐娘(キュウビ)「おのれ!!桃太郎から離れヨ!!この猿め!!」
猿娘(茶々丸)「あんたたちはいいじゃない!!!ご主人様といつでもイチャイチャできるんだから!!!」
犬娘(豆太郎)(茶々丸はあの後家族のいる山に帰った。本人はご主人殿の家にいきたいと言ったが、家族のこともあって渋々帰っていった)
200:
雉娘(キジ)「桃太郎殿!」バサバサ
狐娘(キュウビ)「チッ……また面倒なのがきおったハ………」
桃太郎「やあキジさん」
雉娘(キジ)「あ………会いたかったぞ………桃太郎殿……」
犬娘(豆太郎)(キジもあの後城に帰っていったでござる。しかし、人間の姿がたいそう気に入ったのか、こうしてきびだんごを貰いにたまにやって来るでござる。……)
201:
狐娘(キュウビ)「貴様ら!!桃太郎は私のものダ!!!」
猿娘(茶々丸)「何よ!!新参のくせに!!」
雉娘(キジ)「私だって……私だってなぁ!!」
桃太郎「みんな………落ち着けよ……」オロオロ
犬娘(豆太郎)(ご主人殿は相変わらず獣にモテモテでござる……)
202:
?夕暮れ?
桃太郎「ふう…………みんな元気そうだったね、豆太郎」
犬娘(豆太郎)「ご主人殿は浮気してばかりでござる………」
桃太郎「またそんなこと言って……」
犬娘(豆太郎)「犬モードの時散々モフモフさせたではござらぬか!!あれでもまだ足りないでござるか!!?」
桃太郎「仕方ないなー……ほら抱っこしてあげよう」バッ
犬娘(豆太郎)「………ワン」ギュ
桃太郎「ふふふ………」
こうして、ケモナーは羽ばたくのだった。
203:
SS桃太郎「犬がなつきすぎてやばい」?完?
20

続き・詳細・画像をみる


赤井英和、変わり過ぎ!!!驚異のビフォーアフター!! (画像あり)

【悲報】俺無職、女子小学生アイカツ軍団にいじめられる

イチロー(41)、ウキウキでワロタwwwww

【画像】テロリストを怒らせた風刺画の全てをご覧ください

昔、ヤンキーが車につり革つけるのが流行った

俺の器では彼女の全てを受け入れきることが出来なかった

back 削除依頼&連絡先