セクキャバなるところへ行ってみた結果back

セクキャバなるところへ行ってみた結果


続き・詳細・画像をみる

1:
あれは正月休みの出来事じゃったー
2:
友人三人で居酒屋で新年会をしていた。
宴もたけなわになり、そろそろ次へ行こうということになったのだ。
3:
そこは男三人ということもあって、キャバクラへ行くことに。
前払い制と優良店であることに、安心しおったそうじゃー
4:
皆でワイワイもりあがり、二時間ほど楽しんだのじゃったー。
店を出ると、友人の一人がこう言った。
おっぱいが揉みたいっ!!
6:
時間は12時を回っており、店舗型の風俗は当然やっておらん。
私はどうするのかな? と思っていると、友人はスタスタと一人早歩きで行ってしまったのじゃったー。
私ともう一人の友人は、彼について行くことにした
7:
友人は立ち止まった。
我々も友人に倣って立ち止まった。
目の前には、ピンク色のネオンと、一人スーツ姿の男が立っていた。
8:
友人は、スーツの男に尋ねた。
今、いくら?
するとスーツの男は答える。
40分、1万す
我々は言った
たけーっ!!!
9:
そして悲しみにくれながら帰りました。
おわり
10:
しかし、人間の欲求と言うものは恐ろしい。
目の前におっぱいかあれば、金など厭わないのだ。
そう思っていると、店から男2人が出てきた
13:
一人は笑いながら。一人は明らかに酩酊のようである。
酩酊の男は、ただひたすら最高! 最高!と深夜であるにもかかわらず声高らかに繰り返していた。
14:
私は、酩酊の男に近づいた。
何が最高だったの?
すると酩酊の男は回らない呂律で答える。
女の子チョーかわいい! そして、おっぱいが最高!
我々三人は、互いの顔を見合わせながら、入店を決意した。
15:
店内は薄暗かった。入口付近にキャンドルが5つほどあるので、なんとか見える程度だった。
席に座れるのは、もう少し待ってからとのことで、入口付近でビールを飲みながら待った。
ただ驚いたのはドリンク無料ということだ。
私はおっぱぶなるところにくるのはこれが初めてなのだ
16:
しばらくするとスーツの男。先ほどとは別の男が、こちらへどうぞと促してきた。
奥へ行くと、三人は別々の席に座った。
店内はやはり薄暗く、天蓋のようなものがいくつもあった。
間接照明だろうか? 仄かに明るいところがポツポツとある。
ソファがいくつもあり、私は入口からほど近いところで着席した。
17:
すると20代前半くらいの女性が来た。
こんばんは。と挨拶してきたので、こんばんは。と挨拶をした。
その女性を仮にアヤとしておく。
アヤは、にっこりと微笑み、何を飲みますか?と尋ねてきた。
とりあえず再度ビールを注文した。
18:
アヤは学生だった。
大学も後は卒業するだけだとのことで、お小遣い稼ぎに、この仕事をしているらしい。
飲んできたんですかー? どこで飲んでたんですかー?
などと、雑談をしていた。
19:
すると店内で流れていた静かな音楽が、ユーロビートを思わせる激しい曲に変わった。
すると、私の足にアヤの足が絡まってきた。そのままひざのうえに乗ると、潤んだ瞳をこちらに向けてきた。
両手で私の顔を固定し、そのままキスをしてきた。
20:
早く、チ●ポがもう限界!
21:
んっ。と小さな声が漏れたのを聞き漏らさなかった。
私も大分酔っていたので、仕返しをする如く、キスをした。
舌を吸い、舌を吸われ、歯茎を舐め、歯茎を舐められる。
舌と舌が複雑に絡み合い、私はアヤのおっぱいに手を伸ばした。
22:
アヤのおっぱいは推定Dカップ。柔らかく、とても揉み応えがあった。
乳首を人差し指と親指でコリコリと転がすように弄ると、とても恥ずかしそうな笑顔をしてきた。
24:
支援
25:
片手でアヤの頬をなぞり、耳をほじるように弄った。すると反応が変わった。
んんっ!!と小さな声を上げ、仰け反るように、私の体から離れた。
27:
アヤの乳首はとても硬くなって、服越しに抱きつかれても分かるほどだった。
耳が弱点なのかとわかると、私は重点的に攻めた。
アヤは、体をビクンビクンと震わせている。この反応が面白くなり、更に攻めた。
28:
間に入れる文書が抜けた。すま◯こ。
離れた体を、手放すものかと、私は抱き寄せた。
29:
顔を交差させるようにして抱きしめていると、私の耳元で、ハァハァと息が荒くなっているのがわかった。
そして、小さく
うますぎなんだけど……
と呟いた。
30:
そんなことを繰り返していると、男が近寄ってきた。
そろそろお時間ですが、如何致しましょう?
私は帰る選択をした。
32:
するとアヤは、少し寂しそうな顔をした。
私はアヤの頭を撫でる。
アヤはこちらを向いて、
ね、ねえ。LINEやってますか?
私は、やっているよ。と答える。
じゃあ、LINE交換しませんか?
と言ってくるので、素直にLINEで連絡先を交換した。
33:
LINEを交換した後、店を出ると、時間は深夜3時を少し回っていた。
明日朝早いのに、何してんだろうなあと嘆く。
家に帰り、そのまま寝た。
34:
次の日の朝、起きるとLINEが入っていた。
アヤからだった。
二人でご飯を食べに行きたいです。いつ時間空いてますか?
35:
ずいぶん酔っていたのに詳しく語り出す>>1
あっ…察し
37:
>>35
酔ってても、記憶は残るのだよ
36:
今週末、アヤと食事をする約束を取り付けた。
さあて、これからどうなるかな?
ちなみに、私は童貞である。
38:
以上が、私の一人語りだ。
誰かに言いたかったが、仕事が始まるとなかなか友達と会えなくて、ここで語ってみた
40:
セクキャバなのかおっぱぶなのかどっちなんだ?
41:
たぶん、おっぱぶだわ
44:
やってないよね?
46:
やってないよ。
ただ内ももとか、股間付近は触った。
あっ!しかも、俺の股間を触ってきたの書くの忘れたわ
49:
アヤは息を荒げながら、私の股間を触ってきた。
私は驚愕した。ここは性風俗でないという認識だったため、焦りを隠せなかった。
さ、触っちゃまずいだろう。
アヤはきょとんとした表情で、
え? 大丈夫でしょ?
マックスな私のイチモツを、撫でるようにして愛でてきた。
47:
でもその女は30分前には別の男と同じことをしていたと考えると萎えないか?
48:
いやー、逆に興奮を覚える
50:
サスガ童貞
夢がいっぱい詰まってるスレだな
51:
そうだろ?
でも、これ事実なんだぜ。
52:
同伴目当て?
53:
どうだろー?
やりとりしている感じだと、同伴目当てではないと思いたい。
54:
どんなやりとりしてんの?
58:
>>54
ごはんいきたーい
何食べたい?
連れて行ってくれるのなら、どこでもー
んじゃ、楽しみにしててね!
的な内容
55:
童貞で恋愛経験ないうちに
風俗覚えない方がいいぞ……
女は結構わかるよ、それ。
無駄エンチャントで余計にまともな恋愛を遠ざけている。
59:
>>55
くだらない嘘を言って、申し訳ない。
童貞は設定です。
過去に彼女もいた。
なんかこういった設定の方が面白いかな?と思って。
56:
もちろん食事は割り勘だよな?
奢ったら負けやで?
60:
>>56
向こうから誘ってきたんだ。当然割り勘やろっ!
62:
>>60
連れて行ってくれる=ご馳走様ってことやないのか??
おっぱぶ行ってみたいなー彼女いるけどBカップだからなー
Fカップくらいの20歳を揉んでみたいわ
63:
>>60

57:
俺も童貞の時におっパブにいったことがあるんだが童貞には初めてのおっぱいが神々しすぎてとてもじゃないが揉めないし吸えないから終始おっぱいに息を吹きかけて遊んでたぞ
61:
>>57
なかなか上級者な遊びを嗜むのですね。
吹きかけるとは斬新だと思ひまふ。
64:
帰り際に「今日仕事なんだけど?」ってならないことを祈る
65:
強気で言ったが、飯くらいは奢るさ。
別にそんな高い店に行くつもりもないし
42:
では産業で
43:
初めてのおっぱぶ
白くて柔らか
もみもみも
4

続き・詳細・画像をみる


人気アプリGoodReaderからiCloud Drive関連の機能が消される

春香「ぱぱたん、すきっ♪」

なんでコスプレイヤーって絶妙なブス多いんやろ

【画像】吹雪が止む気配ないんやがwwwwwwww

「ドラゴンクエスト? バージョン3.0 いにしえの竜の伝承」 今年春頃に発売!

この給食覚えてる奴wwwwwwwww(※画像あり)

back 削除依頼&連絡先