唯「けいどろ!」back

唯「けいどろ!」


続き・詳細・画像をみる

1:
律「どろけいだろ?」
唯「えっ?」
律「えっ?」
紬「なにそれこわい」
2:
澪「知ってるぞ、警察と泥棒に分かれて鬼ごっこするやつだよな」
律「やろー」
唯「やろー」
梓「練習どうするんですかー」
紬「面白そうね」
律「3対2でどろけいに決定!」
唯「けいどろだよりっちゃん」
5:
おれはどろっけって言ってたけど・・・
7:
紬「でも3対2じゃ半端じゃない?」
唯「和ちゃんを呼ぼうと思いますりっちゃん隊員!」
律「許可するぞ唯隊員」
梓「いいんですか? 澪先輩」
澪「まあ、すぐ飽きるだろ」
梓「だと良いんですが…」
9:
俺の県だとけいどろのほうがメジャー
実際互角なのかね
10:
自分のとこもけいどろって言われたなぁ
11:
和「どうして私まで参加する事になってるのよ」
唯「まあまあ、そう言わずに」
和「まだ生徒会の仕事があるんだけど」
律「すぐ終わるって」
唯「それに運動した後のティータイムが待ってるよ」
紬「今日は特別に良いのを用意してるわよ」
和「本当に少しだけよ?」
唯「わーい、和ちゃん大好きー」
13:
律「よし、面子も揃った事だし組み分けじゃんけんしようか」
唯「おー」
律「じゃんけーん!」
唯「パー」
律「パー」
澪「グー」
紬「グー」
梓「パー」
和「グー」
律「一発で決まったな」
15:
大まかに体力チームと知力チームに分かれたな
18:
澪「で、どっちが警察なんだ?」
律「リーダーがじゃんけんして、勝った方が警察な」
澪「分かった」
唯「りっちゃんがリーダーでいいよ」
梓「それでいいです」
紬「こっちは澪ちゃんね」
和「そうね」
律「じゃんけーん!」
律「パー」
澪「チョキ」
和「こっちが警察ね」
20:
さわ子「面白そうな事してるわねー?」
唯「さわちゃん先生!」
さわ子「警察チームはどっちなのかしら?」
澪「私とムギと和ですけど」
さわ子「そう…ちょっと待っててねぇ」
 「澪ちゃん…いや和ちゃんの方が似合うかしら」
澪「」
和「嫌な予感しかしないわね」
唯「ドラマ版こち亀ばりの安っぽい警察服だったりして」
律「黒歴史乙」
22:
数分後
さわ子「じゃーん、ミニスカポリスの衣装よ!」
律「なんでそんなもん持ってんだー」
和「予想の斜め上ね」
澪「ミニスカ…ミニスカ…」ガクガク
梓「澪先輩しっかりー!」
唯「澪ちゃんが大変だー」
紬「あらあらうふふ」
23:
さわ子「さあ、澪ちゃん観念して着替えなさい」
澪「」
さわ子「しょうがないわね、着替えさせてあげるわ」
澪「イエ、ジブンデデキマス」
律「お、珍しく素直に従ったな」
さわ子「さて、泥棒諸君は泥棒らしく目出し帽にサングラスね」
梓「いくらなんでもそれはやりすぎです!」
唯「おー、りっちゃん見てー泥棒さんだよー」
律「ぶはは、丸ヒゲ描いたって帽子被れば見えねーよ」
梓「先輩達…」
24:
さわ子「牢屋はここ音楽室ね、学校内なら逃げるのはどこでもOK」
 「学校の敷地から出てはダメよ」
唯「さわちゃんが先生みたいなこと言ってる!」
律「いや、先生だから一応」
梓「一応じゃないですー」
さわ子「そろそろ着替え終わる頃かしら」
和「結構ギリギリね」
紬「さっそく写真撮りましょ」
澪「シャシンハヤメテー」
唯「おー、みんなかわいー」
律「ぷくく、似合ってるじゃないか澪」
澪「交替したらお前も着ろよ!」
律「2ゲームもしたら練習の時間無くなるぞ」
澪「今日はけいどろの日だー!!」
梓「澪先輩が壊れた」
27:
さわ子「今から百数えたら警察が動き出します、泥棒はその間に逃げなさい」
全員「はーい」
さわ子「じゃあ、よーいスタート」
こうして警察と泥棒のお互いのプライドを賭けた仁義無き戦いが幕を開けるのだった!!
おしまい
30:
律「さて、どうやって逃げたもんかね」
唯「体育館がいいと思います」
梓「それ以前に3人で行動するんですか?」
律「迂闊に別れると各個撃破されそうなんだよなー、特に唯が最初に捕まりそうだ」
唯「捕まらないよー」プンスカ
律「あいつらの予想を超えないと逃げ切るのは難しいだろうな」
梓「和先輩は聞き込みとかやりそうですよね」
律「校内回ってアリバイ工作でもするか」
梓「いいですね!」
31:
はあっ……はあっ……はあっ……
来る──────、
警察と言う鬼が──────
私達を捕まえに─────
唯「あっ……」
律「唯っ!」
不意に転んだ唯、私は急いで駆け寄り唯を立たせる
唯「りっちゃん……もう……私走れないよ」
律「何言ってんだよ……一緒に逃げるって約束しただろ…?」 
唯「ごめんねりっちゃん……いつもいつも…足手まといで」
律「唯…いいんだよ……私は唯が好きだから……」
唯「りっちゃん……」
澪「けいどろぐらいでそこまでリアリティ出さんでいい!」
紬「ぽわわん//」
33:
和「澪なら律の考えそうな事わかるんじゃない?」
澪「うーん、それを言うなら和だって唯の考える事分かるだろ?」
和「そうねぇ、あの子の事だから特に考えずに体育館と言いそうではあるけど」
澪「そして律はそれを却下する」
紬「すごいわね2人とも」
和澪「「腐れ縁だからね」」
和「校内に残っている人なら3人を見かけてるかもしれないわね」
澪「まずは聞き込みからか」
紬「なんだか本当に警察になったみたい」
34:
女子A「目出し帽被った怪しい人が近づいてくるー」ガビーン
女子B「ど、泥棒!?」
女子C「こんな明るい時間から犯行に及ぼうなんて素敵!」ジョワー
律「いやいや、私らだから」ヌギヌギ
唯「いやいや、私らだから」コソコソ
女子B「今度は何してんのよアンタ達」
梓「唯先輩どさくさに紛れて何してるんですかー」
唯「いや泥棒だから盗まないと」
女子C「私のハートを盗んで! その代わり皆には手を出さないで!」
唯「うひひ、お嬢さんのハートは確かに頂きやしたぜ」
女子A「嫌ー、白昼堂々とまぐわってるー」ガビーン
梓「もうやだこのひとたち」
36:
律「…というわけで澪達が来たら体育館に行くのを見たって言っておいて」
女子B「分かったわ」
律「じゃあ頼むな! おい唯行くぞ!」
唯「時間だ、あばよ子猫ちゃん」
女子C「私とは遊びだったのね!? 酷いわ!」
唯「また逢えるさ」
女子C「あたい待ってる!」
女子B「いい加減にしなさい」
梓(ツッコミがベタすぎます女子B先輩)
37:
数分後
和「残っている人を発見したわ」
女子B「あら、澪達じゃないどうしたのその格好?」
澪「これはその…けいどろ用の衣装だ」
女子B「…深くは聞かないわごめん」
澪「謝るな!」
和「ちょっと聞きたいのだけど、唯達見なかったかしら?」
女子B「あの子達なら体育館に行くのを見たわ」
和「そう」
紬「…」ジー
女子C「」ポー
澪「何かあったのか?」
女子B「色々と…」
澪「…じゃ、じゃあ、私達は行くな」
女子B「ええ、頑張って」
39:
紬「さっきの女子Cちゃんから唯ちゃんの匂いがしたわ」
澪「本当か!?」
紬「ええ、間違いないわ、しかも抱き付くだけじゃなくあんなことやそんなことまで!?」
和「紬…」
澪「とにかくさっきの証言はアリバイ工作だとわかった訳だ」
和「私達がそれを信じたとして、体育館に行くのを見届けようとするでしょうね」
澪「律の考えそうな事だな、という事はまだ校舎内の高い場所に居ると見ていいか」
和「そうね、挟み撃ちにしましょう私が上から追い詰めるから澪達はここで捕まえて」
澪「分かった」
紬「…」ポワポワ
澪「ムギ…」
40:
律「おっかしいなーそろそろ体育館に走って行っても良い頃なのに」
唯「あずにゃん遅いなー、どこまで見回りにいったんだろ?」
ダダダダダダ
梓「和先輩が上って来ました!」
律「なんだと!? まさかアリバイ工作が失敗したというのか!?」
唯「りっちゃん隊員一大事ですぞ」
梓「とにかく階段に近い教室に隠れましょう」
律「危なくないか?」
梓「和先輩だけだったので、恐らく挟み撃ちにするつもりですよ」
律「下には澪とムギか」
梓「駆け下りれば撒けますよ、私は小回りが利くのでなんとかなります」
律「唯をどうするかだな…」
42:
唯「?」
律(囮にするか? いやダメだ何考えてるんだ私は…)
 (ならどうする? 私と梓が両端を通って二人を引き付けて…)
梓「律先輩どうするんですか?」
律「ここは唯の可能性に賭けて見よう」
梓「え?」
律「唯、耳貸せ」
唯「どったのりっちゃん」
律「名案があるんだ」
唯「そんなの無理だよ?」
律「まだ何も言ってないだろ!」
唯「えへへ」
43:
律「いいか、和が廊下の端に行ったら一斉に階段を駆け下りるんだ」ヒソヒソ
唯「イエスマム」ヒソヒソ
梓「イ、イエスマム」ヒソヒソ
和「端まできたわね、そろそろ出てくる頃かしら」
律「今だ、走れ!」
唯「うにゃー」
梓「にゃ、にゃー」
和「出てきたわね! 頼むわよ二人とも…」
44:
澪「上から足音がいくつか聞こえるな」
紬「澪ちゃんの言うとおり上にいたのね」
澪「ああ、後は私達の仕事だ」
紬「頑張りましょう」
ダダダダダダ
唯「駆け下りろ?♪」
梓「にゃー♪にゃー♪にゃー♪」
律「いやっほーう!」
澪「来たな! おとなしくお縄を頂戴しろ!」
紬「あなた達は包囲されているわ!」
45:
律「ところがぎっちょん! 飛べ唯!!」
唯「イエスマム! アイアムカミカゼアタック!」
女子C「その時だった、普段は運動神経が宜しくないはずの唯ちゃんが手摺りに両手を預け滑空したのは!
 そして天使が舞い降りたのは私が居る階段の踊り場だった!
 天使は眩しいばかりの笑顔とサムズアップで観衆に応え、こう言い放った!」
唯「澪ちゃん、今日は縞パンだね!!」
女子C「私は魅了され今再び怪盗ユイに心を奪われた!!」
澪「いやあぁぁぁ」
律「今だ! 降りるぞ梓!」
梓「合点です!」
46:
和「見事にしてやられたわね」
紬「ええ、唯ちゃんの真っ白パンツも丸見えだったわ」ホクホク
女子C「私も見たわ!」
和「何でアンタがそこにいて何に張り合っているのよ」
女子C「話の流れ的に解説役が必要だったのよ」
和「メタ発言するな」
澪「…律め、絶対につかまえてやる」ゴゴゴゴゴゴ…
和「すっかり本気ね」
61:
和「何時までもここにいたって仕方ないわ移動しましょ」
澪「そうだな」
紬「何か心当たりはあるの?」
澪「もう校舎内には居ないだろうけど…」
紬「講堂はどうかしら?」
澪「体育館と同じで隠れるにはベター過ぎないか?」
紬「そうねぇ」
和「ん? 正門に向かっているあれは…」
 (対唯用の切り札発見!)
62:
律「しっかしさっきは凄かったな唯!」
梓「です!」キラキラ
唯「いや?、それほどでもない」
律「やれば出来る子だと信じてたよ」
唯「ところでりっちゃん」
律「どうした?」
唯「私達の勝利条件って何?」
律「そりゃ『逃げ切れたら』だろ」
唯「何時まで?」
律「日が暮れるまで」
唯「そっかー」
63:
梓「私達の所では宝物があって泥棒はそれを盗ったら勝ちでしたよ」
律「ほー、ローカルルールってやつだな」
唯「日が暮れるまで逃げてたら1ゲームで終わっちゃうよ」
律「ルール変更するか」
唯「そうしよう!」
律「じゃあ、さわちゃんと澪達にメールするよ」
唯「待って、澪ちゃん達には別の方法で伝えようよ」
律「分かった」
65:
グラウンド
澪「なんだあれ」
紬「地面にカードが刺さってるわね」
澪「律達か?」
夕方17時秋山澪様の愛用のピックを戴きに参ります
   ―怪盗キャッツアイにゃー―
紬「先生からメールよ、ルール変更があったみたい」
和「逃げ回るだけじゃ勝敗が着かないから泥棒にも勝利条件を付けたようね」
澪「何で私のなんだ」
紬「でもこれで待ち構えていれば捕まえるチャンスが来るわ」
和「その前に敵を一人減らしましょ」
澪「出来るのか?」
和「任せなさい」
67:
律「後は時間までやり過ごすだけだな」
梓「作戦はあるんですか?」
律「無い!」
唯「無いのかよ!」
梓「唯先輩がツッコミ!?」
律「まあ、なんとかなるって」
律「いざとなれば梓が仲間を呼んでくれるしな」
梓「仲間って何の事ですか?」
69:
憂(どうして私ここにいるんだろう…)
和「さてと、校舎内に居る事はわかっているのよ!」
憂(和さんどうしてそんなにお芝居口調なの?)
唯「和ちゃんの声だ」
律「マジかよ、参ったねこりゃ」
和「あんた達は包囲されているわ!大人しく投降しなさい!」
律「ここまで来て投降なんてしねーよ」
和「平沢唯! こんな事してご家族が悲しんでいるわよ!」
唯憂「「えっ?」」
和「さあ、妹さん呼びかけて説得して」
憂「お、お姉ちゃ??ん、出てきて?」
唯「う?い??」
律「あ! こら唯行くな!」
梓「孔明の罠です唯先輩!」
70:
和「はい、唯捕まえた♪」
唯「しまった?」
憂「お姉ちゃん…」
澪「一人確保だな」
紬「姉妹愛っていいわ?」ジュルリ
律「迂闊だった! 憂ちゃんを使われるなんて」
梓「こっちに憂を引き入れていれば唯先輩は捕まらずに済んだのに」
71:
律「梓隊員、唯隊員が捕まったのは私のミスだ、殴ってくれて構わない!」
梓「そんな事は出来ません律先輩隊員! チーム全員のミスであります!」
律「そこは先輩を抜いてくれないと締まらないだろ梓」
梓「スミマセン」
律「私はこれより唯隊員の救助及びお宝の捜索作戦を開始したいと思う!」
梓「イエスマム!」
律「いざ行かん着いて参れ」
梓「ははー」
 (唯先輩の代わりは務まりそうにありません…)
73:
音楽室
さわ子「あら、唯ちゃん捕まったのね」
唯「さわちゃん先生久しぶり?」
さわ子「時間的には1時間も経ってないけどね」
女子C「正確には45レス振り約11時間振りになるわ!」
和「どっから湧いて来たんだあんたは、それと約って言ってる時点で正確じゃないから!」
女子C「モブだって目立ちたいのよ!」
唯「捕まった俺を笑いにきたのかい? 子猫ちゃん」
女子C「そんな訳無いじゃない! 心配したんだからばかぁ!」
唯「走れない泥棒は只の泥棒さ」
和「どっちにしろ只の泥棒じゃない」
女子C「そんな貴方も素敵!」ジュンジュワー
憂(この人お姉ちゃんのなんなの!?)
74:
澪「ピックは無事だな」
紬「きっちり時間通りに来るのかしら」
澪「そういうやつだよ律は」
紬「お茶でも飲む?」
澪「そうだな、まだ時間あるし」
唯「憂?アイス?」
憂「お家に帰ってからね」
唯「は?い」
女子C(この子が妹の憂ちゃんね)キュピーン
憂「…寒気が!?」
75:
ジュンジュワー使うなwww
78:
律「梓は唯の救出を頼む」
梓「律先輩がピックを盗るんですね」
律「いや、私は囮だ」
梓「え?」
律「いいか、相手はピックを盗られたら終わりだ、最優先でピックを守る為動くだろう」
梓「律先輩が皆を引き付けて、私が唯先輩を助け出す」
律「そして2人でピックを盗ってくれ」
梓「分かりました」
律「そろそろ時間だな、健闘を祈る」
梓「律先輩も」
律「これが終わったら俺結婚するんだ!」
梓「それ死亡フラグですー」
81:
澪「いよいよ時間だな」
和「どういう作戦で来るかしら」
澪「律が囮になって梓がピックを盗りに来るんじゃないか」
唯「私は助けてくれないの?」
紬「そうねぇ、梓ちゃんが唯ちゃんを助けて2人で盗りに来るんじゃないかしら」
澪「有り得るな」
和「なら私が唯に付いているわ、2人で律をお願い」
澪「いや、律は私がやる、だからムギはどっちにも援護に行ける様にしてくれ」
紬「分かったわ」
さわ子「さあ、決着の時ね」
唯「わくわく」
憂(早く帰らないとタイムセールが終わっちゃう…)
女子C「この私が実況してあげるわ!」
83:
バーン
澪「来たか!」
梓「唯先輩ー!」
和「梓ちゃんだけ?」
律「うおおぉぉ」
澪「律が唯の方に向かった!?」
女子C「澪達の予想に反して梓ちゃんが唯の名前を叫びながらピックに向かった!
 そして数秒遅れて入ってきた律が唯目掛けて突っ込む!
 和は梓に反応し澪は律に反応した為音楽室の中央で交錯してしまう!
 完全に裏を掻かれた澪達絶体絶命!」
84:
紬「澪ちゃん達はそのまま追って、ピックは私が守るわ」
和「任せたわよ紬」
澪「待てー律ー」
律「待てと言われて待つやつは居ないぞ澪」
唯「りっちゃん、あずにゃん頑張れー」
律「お前も頑張るんだよ唯、手を伸ばせ」
唯「おお?りっちゃん隊員決死の覚悟で助けに来てくれたんだね!」
パシッ
律「よし! 唯復活、そのまま突っ込め」
唯「とおっ!」
87:
女子C「ピック目掛けて飛んだ唯の前には紬が立ち塞がる!
 唯を助けた律は勢い余って転倒、すかさず澪が押さえに行って敢え無く御用となった!
 梓ちゃんはちょこまかと和を牽制、それを和は冷静に対応している!
 唯の無謀なジャンプが一気に形勢を逆転させてしまったか!?」
律「ここまでなのか…?」
梓「唯先輩ぃー!!」
88:
唯(このままじゃダメだ、でもどうしたら
 …よく見たらムギちゃんと和ちゃんの距離が近い?
 そうだ! ムギちゃんに抱き付いて和ちゃんも巻き添えにすればいいんだ!)
紬「さあ、ここまでよ唯ちゃん」
唯「ムギちゃん、抱き締めて!」
俺「銀河のはちぇまれー!」
紬「唯ちゃん! 来て!」
ダキッ
唯「このまま和ちゃんも連れて行く! あずにゃん行けぇぇ!」
梓「やってやるです!」
92:
和「そうはさせるものですか」
唯「見えるっ! 黒!」
和「え?」
梓「ピックとったどー!!」
唯「和ちゃん大人なんだね」
和「」
93:
律「やった、勝ったぞー」
澪「負けた…」
唯「やったねあずにゃん!」
梓「唯先輩のおかげです」
紬「負けちゃった」ツヤツヤ
和「紬、負けた側の人の顔じゃないわ」
さわ子「いやーいい勝負だったわよ皆」
憂「見ていて楽しかったです」
 (やっと終わってくれた)
女子C「誰か実況した私を労って!」
俺「お疲れ女子C、結婚しよう」
女子C「男に興味無いわボケェ!」
グサッ
97:
関東圏はドロケイで関西圏はケイドロじゃないのか?
98:
澪「よし、じゃあ2ゲーム目だ!」
和「悪いんだけど生徒会の仕事があるから私は抜けるわ」
憂「私もお買い物行かなきゃダメなので帰りますね」
律「そっかー」
和「じゃあ、行くわよ女子C」
女子C「はーい」
唯「女子Cちゃんって生徒会の人だったんだ」
紬「和ちゃん、ティータイムは?」
和「また今度ご馳走になるわ」
99:
律「また半端になっちゃったなー」
唯「さわちゃん先生やろーよー」
さわ子「ごめんね?、やりたいのは山々なんだけど仕事が残ってるのよ」
唯「そっかー残念だなぁ」
澪「仕方ないだろ仕事なんだから」
律「そんな事言って一番やりたがってるの澪なんじゃないのか?」
紬「まあまあ、お茶入れるわね」
101:
唯「楽しかったなー」
律「今日の唯はジャンプが凄かったな」
梓「今日のMVPは唯先輩ですね」
律「MVPの唯隊員には後でご褒美をあげよう」
唯「やったー」
紬「たまに思いっきり運動するのも良いものね」
律「また今度、もっと大人数でやりたいな」
澪「そうだな、今度は負けないからな」
律「汗掻いた事だしこの後皆で銭湯行かないか?」
唯「おー」
キャッキャウフフ
おしまい
102:
キャッキャウフフデスワー
乙です
110:
乙! おもしろかった
地元はけいどろだったなあ@越後
11

続き・詳細・画像をみる


2015年痛絵馬まとめ 漫画家さんや立体絵馬も

【悲報】休み、あと1日

ラーメン屋で隣席に座ったダンディなオッサンが「タバコ良いですか?」と聞いてきた

ABCテレビが縦読みを仕込む

【画像あり】ヒカキンのテレビでかすぎwwwwwwwwwwwwwww

「育ちが良い」って結局どういうこと?

back 削除依頼&連絡先