モバP「みちるの口元の食べカス、俺が食べる!!」大原みちる「フゴ?」back

モバP「みちるの口元の食べカス、俺が食べる!!」大原みちる「フゴ?」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「おい、みちる」
みちる「フゴフゴ?(なんですかプロデューサー?)」
P「また口元に、ほら」チョンチョン
みちる「フゴフゴ……ごきゅん!あ、すみません!」ゴシゴシ
P「違う、逆」
みちる「あははー右でしたか」ゴシゴシ
みちる「」ペロペロ
P「はぁ……はしたないぞ」
みちる「次から気をつけます!」
P「それ、何回目だかね?」
みちる「プロデューサーは今までに食べたパンあ痛っ」コツンッ
P「真面目に気をつけろよ、アイドルなんだから」
みちる「あっははー、ごめんなさいっ」
3:
P「不味いんだよ」
みちる「ほんとですか!?イースト入れすぎたかな」カプッ
P「そうじゃなくてよ。みちる、君の話」
みちる「フゴフゴフー!(あたしの話ってことはパンの話じゃないですか!)」
P「みちる=パンだけど、みちるはパンじゃないだろっ!」
みちる「フゴー?(よくわかりませんねー?)」
P「みちる、君、仕事先でなんて呼ばれてるか知ってる?」
みちる「ごきゅん!……ズバリ、パンの人、ですよねっ?」
P「パンくずの人、な。ハムの人みたいに言うな」
みちる「同じじゃないですか!」ケフッ
P「同じじゃないんだよ!その口元に!また付いてるソレ!それの人!!」
みちる「」ゴシゴシ
P「逆だよ!」
みちる「左でしたか!……ペロペロ」ゴシゴシ
P「」
4:
P「あのですね!アイドルとして、パンくずの人というのは非常にイメージが悪いんですよ!?」キエェェェッ
みちる「パンくずも立派なパンですよっ!」
P「そういう話をしているんじゃねぇ!パンくずのイメージの話よ!」
みちる「パンくず……ヘンゼルとグレーテルですか!」
P「確かにメルヘンだけれども!メルヘンなのは認めるけども!!じゃあパンくず道に撒いてますか君は!?」
みちる「そんな勿体ないことしませんよっ、全部いただきます」
P「ほらあああああ!どっちかって言うと鳥の方じゃねーか!!」
みちる「あっははー、でもおかげでお菓子の家に着けましたね」
P「おかげじゃねーよ!せいでだよ!太らされて食われるんだけど!」
みちる「ここだけの話、あたし食べても太らないんですよっ」
P「知ってるよ!!俺だけ体重増えてるんだよ!!」
みちる「それはいけませんね、こんどはカロリー控えめパンを持ってきますっ」ニコニコ
P「はぁ……はぁ……このやり取りだけでだいぶ痩せそうだよ……」
5:
みちる「プロデューサー、クロワッサンでも食べて落ち着きましょう」ゴソゴソ
P「思いっきり喋ったあとになんでそんなパサパサするものを……」
みちる「では、卵蒸しパンではどうですか?」パフッ
P「むぐっ」
みちる「じゃあクロワッサンはあたしが食べちゃいますね」パリパリパリパリ
P「(あぁ?また口元が汚れそうなものを……)」モゴモゴ
みちる「フゴパリフパリゴフゴパリフゴー(やっぱりプロデューサーと一緒に食べると止まらないんですよねー)」パリパリ
P「(うわーすごいパンくず、すごいパンくずの人だよこれ……)」モゴモゴ
みちる「ごきゅん!……はー、やっぱりクロワッサンはパリパリの皮が命ですね!プロデューサー!」グワッ
P「(近いなぁ、喋るたびにスーツに皮落ちるんだけど……)」モゴモゴ
みちる「プロデューサー、実は蒸しパンの味もちょっと気になってきました」スススッ
P「……?」
みちる「ちょっといただきますねっ」スポンッ
P「え、ちょっ……」
みちる「フゴフゴフゴフゴ!(卵の優しい甘みと触感がたまらないですねー最高です!)」パクンッ
P「……羞恥心的なものはないのか」
7:
みちる「ごきゅん!……あ、スーツ」
P「ああ、良いよ。払って後で掃除」
みちる「じー…………」
P「わかったよ、パンくずもパンだったな」ヒョイパク
みちる「あ!」
P「え、どうした?」
みちる「い、いえ、あたしが食べようと思ったんですが……その……ゴニョゴニョ」ボッ
P「あーすまんすまん、でも流石に人の服に…………みちる?」
みちる「え……!?あははー……えっと」カアアッ
P「どうした?」
みちる「ぷ、プロデューサー!あたしなんかよくわかんないけど、その、あたし、なんか急に恥ずかしくなりました!」
P「はい?」
みちる「その、なんていうかパンくずを他の人に食べられるって、なんか、変な気持ちになりますっ」カーッ
P「……ちょっと待って良くわからん何その性癖」
8:
P「だ、だって君いつも食べかけのパン俺にくれるよね?」
みちる「は、はいっ」
P「さっき俺の口からパン取っていったよね?」
みちる「す、すみません!」
P「いや、責めてるわけじゃなくて、それ平気なんだよね?」
みちる「美味しかったです!」
P「……じゃあ別に俺がこのパンくず食べても平気だよね?」
みちる「それは恥ずかしいですっ!!」バッテンッ
P「線引きが解らん……」
みちる「むむむー……説明が難しいですね……パンくずも立派なパンなんですけど……」
P「じゃ、逆に俺のほら、口元にちょっとついてる卵蒸しパン、これは食べ」
みちる「へ、変態ですかっ?」
P「え、やっぱこれはダメ……いや、これはダメだな何考えてるんだ俺は」
みちる「う?ん、塊なら大丈夫なんですが……やはりパンくずとパンは別物なのでしょうか……?」
P「やばい、みちるが哲学してる……」
9:
みちる「むむー……プロデューサー!こうなったら確かめさせて下さいっ」
P「な、何を?」
みちる「パンとパンくず、なにが違うのかを……!」
P「え、えぇ?……そんなの大差ないんじゃないかな」
みちる「そんなことありません!パンとパンくずは全く別物ですよ!」
P「あれ、立場が逆転してる」
みちる「不覚でした……パンと過ごして幾星霜、こんな簡単そうなちがいもわからないなんて」ワナワナ
P「君いくつよ?」
みちる「あたしはパンを食べるのも、食べて貰うのも好きです。……特に食べるのが好きです」
P「知ってるよ?最後言わなくても」
みちる「それはパンを食べたり、食べて貰ったりした時、とっても幸せな気分になれるからです」
P「みちる……」
みちる「でも今日はじめて、こんな気持ちになったんです!プロデューサー、この気持ちは何なんでしょう……!?」
P「(なんか凄い良いこと言ってる風だけど、スーツにクロワッサンの皮ポロンポロン落ちてるし、すごい残念な悩みなんだよなあ……)」
10:
みちる「はい、プロデューサー。最初の一口をどうぞ」
P「はい……それじゃ、お次、どうぞ」パクッ
みちる「はい、いただきます!……フゴフゴフゴ」パクンッ
P「一気に減ったな……じゃ二口目いきます」パクッ
みちる「フゴフゴ……ごきゅん!では、二口目、いただきます!……フゴゴゴゴ」パクンッ
P「だいぶ小さくなったな。なるべく小さくして渡せばいいんだろ?」
みちる「フゴ!フゴフゴフゴ(そうです!食べきっちゃだめですよ)」コクコク
P「じゃあ、まあ小指の先くらいに……はい、こんなもんでどうだ」カジッ
みちる「まだ恥ずかしくないですね。ただ頬張れないのがもどかしいです」カジッ
P「ここまで小さいと結構な器用さが……はい」カジッ
みちる「……あれ?なくなりました」カジカジッ
P「まあもう、ほんの欠片だったしな……ほら、パンくずでも何も変わらないだろ?」
みちる「う?ん……そうですねえ……」ペロ……
みちる「……ハッ!」
11:
みちる「まだですっ」バッ
P「次のパン?」
みちる「いえ、この手についている分!」
P「え」
みちる「どうぞ、プロデューサー」
P「え、いや、これ」
みちる「ペロッと平らげちゃってください!」
P「使い方ちげーぞそれ!」
みちる「大丈夫です、パン作りは手の衛生が一番なので!」
P「そこの心配じゃねーよ!!」
みちる「親指はなめちゃったので、それ以外でお願いしますっ」
P「恥ずかしくないのか!?」
みちる「ちょっと恥ずかしいからためしてみるんですっ!」カァッ
P「あぁ?……そうだったっけこの話……」
12:
みちる「さあプロデューサーっ」
P「うーん……直接は流石に誰でも恥ずかしいと思うぞ?とりあえず、ティッシュ敷くからその上に、な?」
みちる「あ、そ、そうですねっ」パラパラ
P「さて、じゃあ食べるけど」ヒョイ
みちる「どうぞ……!」
P「あ?n……」チラッ
みちる「…………っ」カアアッ
P「いったん待とう」スッ
みちる「ふぅー……」ドキドキ
P「あ?ん……」チラ
みちる「……あっ」ドキドキドキ
P「あ、落とした」ポロ
みちる「!……ひふー……」ドキドキ
P「(あ、ちょっと面白い)」
13:
みちる「プロデューサー!じらさないでくださいっ」
P「すまんすまん。じゃ、いただきます」ヒョイパク
みちる「うひゃああぁぁっ!」カアアァァァッ
P「何その反応!?」ブッ
みちる「はー……はー……いきなりはびっくりですよ、プロデューサー」
P「(無駄にエロい……何この娘変態だ)」
みちる「やっぱり、パンくずはパンとは違うようですね」ドキドキ
みちる「自分の時はなんともないのに……不思議です」スッ…ペロペロペロ
P「……」
みちる「むむむ……大きさは関係なくてなにか……」ゴシゴシ…ペロペロペロ
P「……あっ」
みちる「プロデューサー?」
P「なんとなくわかった気がするぞ、これ」
14:
P「そのパンが入ってた紙袋、良いか?」
みちる「はい?どうぞ」
P「ティッシュを敷いて……中身をちょっと出すっと」バサバサ
みちる「あ、ヘンゼルとグレーテルごっこですねっ?」
P「んなわけないでしょうが。これでパンくずの載ったティッシュが二つ出来たわけだ。みちる見分けつくか?」
みちる「ほとんど一緒に見えますねー」
P「右がみちるの手から落ちたやつ、左が紙袋から出したやつ。まず左を食べます」ヒョイパク
みちる「はい」
P「ほら!な?」ドヤァ
みちる「……はい?」
P「んー……じゃあ右を食べます」ヒョイパク
みちる「はえっ」ピクッ
P「ほら!な?」ドヤァ
みちる「……へ?」ポカン
P「いや、気付けよ!!」
15:
P「せっかく見つけたのに自覚ないのか?」
みちる「な、なんのことでしょう」
P「いいか?左を食べます」ヒョイパク
みちる「はい」
P「右を食べます」ヒョイパク
みちる「はひっ」ポッ
P「あれ、弱くなってる?」
みちる「だから、なにがですかっ?」
P「時間も関係あるのか……ここまで鈍いと意地でも体感させてやりたい……」
みちる「プロデューサーっもうそろそろおしえてくださいよー。なにがわかったんですかー?」ユサユサ
P「はい、左食べます!」ヒョイパク
みちる「はぁ」
P「恥ずかしい!?」
みちる「……あぇ!?平気でs」
P「じゃ次その口元のクロワッサン食べます!」ヒョイパク
16:
P「どうだ、みちる!?」
みちる「」
P「み、みちる……?」
みちる「ぷしゅー……」カアアァァァァァッモクモク
P「あ、大丈夫かぁ……?」
みちる「ひゃえぇぇぇ……」フラフラフラ…ペタン
P「お、おいおい!」
みちる「はー……はー……ぷ、ぷろりゅーさー……なに、ひたんですか……?」
みちる「しんぞー……ばくはつひちゃうかろ……はー……」ドキドキドキドキ
P「(無駄にエロい……やっぱこの娘ド変態だ)」
みちる「……ぷろりゅーさー……これれ……はー……はー」
みちる「なに……わかったんれひゅ……?」
P「君がとことん鈍いということが分かった」
17:
--------------------------
P「つまり、全部イメージの問題なんだよ」
みちる「イメージ、ですか?」
P「みちるは手とか口に付いたパンくずを良く舐めとってるだろ?」
みちる「はい、もったいないのでそれは丹念に」
P「だから、手とか口元についたパンくずを食べられると、どうしてもそこを舐められるようなイメージが付いて回るんだと思うんだ」
みちる「むむ?……はああ!確かに言われてみればそんな感じです!!」ペカーンッ
P「にわかには信じがたいけど、そういうイメージが頭で出来上がってしまってるんだろうな」
P「だから自分の体についてないパンくずには反応しないし、体から離れて時間がたてばイメージも薄れていくというわけさ」
P「これが結論だ」ドヤァ
みちる「なっとく、なっとくです!あたし自身もわからないところに気づくなんてすごいですねプロデューサー!」
P「プロデューサーとはそういうものさ!」ドヤァドヤァ
みちる「やっぱりパンとパンくずに違いはないんですよ……また一つ、パンに向きあえた気がしますっ」
P「あ、そこに戻るんだ」
みちる「だからあたし、パンくずの人でいいと思うんです。そうですよね?プロデューサーっ」クルッ
P「いや、良くねえから。良い話風にまとめようとするんじゃねーよ。あと口拭けよ」
18:
P「パンくずの人は認められません」
みちる「なんでですかー、パンに貴賎はありませんよっ」
P「そういう問題じゃないんだよ、人前に出るときくらい口の周り拭きなさいって話でしょうが」
みちる「お、お仕事の本番ではふいてますから……」
P「メイクさんにふいてもらってるし、その上ですぐ食うし」
みちる「いつも気づくと付いてるんですよね、あっはははー」
P「……仕方ないな」ヒョイパク
みちる「うひゃへっ!!?」ドキィンッ
P「だったら逐一口が拭けるようになるまで……」ゴゴゴゴ…
みちる「ぷ、ぷろでゅーさぁ……!?」ドキドキ
P「みちるの口元の食べカス、俺が食べる!!」ドンッ
みちる「」
---------------------------------------------------------
こうして、みちるの口元は次第に綺麗になり、無事「パンの人」の呼称を定着させたのだった------------------
だがモバPは気づいていない……
「他人の口元の食べカスを食べる」という行為は一般的に見ても非常にレベルの高い行為であるということに……!
「担当アイドルの株」と「自分の業界内での評判」が反比例しているということに……!
そして、パンの食べすぎでそろそろいろいろやばいという事実に……!
モバPの明日は、どっちだ……!?       終劇
1

続き・詳細・画像をみる


サクラ「私と合体したい?」 サスケ「ああ協力してくれ」

生理的に受け付けなかったアニメwwwwwwwwwwwwwwww

嫁にPS3勝手に捨てられて殴り合いしたら離婚決定

スーパーで買い物中に2歳児が銃を誤射 母親死亡/米アイダホ州

もし実際に人型ロボットが現実で作られても、操縦方法ってゲームパッドみたいになるよな

チェコ首都プラハの歴史的建築物にスプレーで落書き 日本人の男(26)を逮捕

back 削除依頼&連絡先