唯「せいとかい!」back

唯「せいとかい!」


続き・詳細・画像をみる

1:
トントン
澪・律・紬「はい?」
ガチャ
唯「し、失礼します。生徒会の平沢です」
唯「えっと・・・その、軽音部の部長さんいますか?」
律「私だけど」
唯「あの・・・その、言いにくいんだけど」モジモジ
律「(イライラ 早く言えよ)」
澪「(まさか・・・あの事がばれたんじゃ)」
紬「(お茶出すべきかしら?)」
3:
数日前
唯「和ちゃ?ん!一緒に帰ろ?」
和「ごめん唯。今日は生徒会の仕事があるから」
唯「え、和ちゃん生徒会だったの!?」
和「前に話したと思うけど・・・」
唯「すごいね!さすが和ちゃんだよ!」
和「まあいいわ・・・。そういえば唯」
唯「何?」
和「もう6月だけど、結局唯はどこにも部活入らないの?」
唯「うう・・・入るタイミング逃しちゃったんだよう」
4:
下校中
テクテク
唯「はあ・・・もうどこも勧誘とかやってないよね・・・」
唯「高校でもまた何もせず過ごすのかなあ・・・」
唯「せっかく高校生になったんだから・・・(ボー」
ドンッ!!
唯「あう」
律「いて!」
唯「ご、ごめんなさい!ぼーっとしてて」
律「いててて・・・あ、大丈夫大丈夫」
唯「すいません・・・」テクテク
6:
澪「まったく。ちゃんと前見て歩かないからこうなるんだ」
律「なんだよー!じゃあぶつかる前に言えよー」
紬「まあまあ♪」
澪「で、話の続きだけどさ、律」
律「わかってるよ。あと一人"本物の"部員入れないと・・・だろ?」
澪「うん。クラスの帰宅部の人に頼んで(ムギの菓子折りあげて)
 名前だけの部員水増しして廃部を免れたのはいいけど・・・」
紬「いずれわかってしまうことだし、やっぱり本当の部員入れないとだめよね・・・」
律「私だってそう思うんだけどさー!もうほとんどの人は
 部活決めちゃってるんだよなあ」
9:
唯「さっきの3人、なんだか楽しそうだったなあ・・・部活かなあ」
唯「そういえば黒髪の子がギターみたいなの背負ってた」
唯「ギター・・・もしかして軽音部!?」
---------------------------------------------
4月の終わり頃
廊下
唯「けいおんぶ・・・けいおんぶ?」
唯「こ、ここを抜けないと軽音部にたどり着けない・・・」
さわ子「あら」
唯「あ、先生」
さわ子「軽音楽部なら音楽室よ」
10:
唯「ありがとううございま、そうだ!」
さわ子「どうしたの?」
唯「やっぱり軽音部に入るのやめるって言っておいてください」ダッ
さわ子「あ、ちょっと!」
唯「(やっぱり私ギターとか弾けないし・・・面と向かって言うよりは
 ・・・こうした方が良かったよね?)」
----------------------------------------------------------
唯「・・・あの時。逃げないでちゃんと音楽室に行ってたら」
唯「もしかして私はあの楽しそうな人たちの中に入ってたのかな・・・?」
唯「でも今更やっぱり入るなんて言えるわけないし・・・」
唯「でも・・・今度は後悔したくない」
唯「よし!決めた!」
12:
次の日
唯「和ちゃん!私も生徒会に入っていいかな?」
和「!!!唯・・・一体何があったの?」
唯「やっぱり私高校で何かやりたいんだけどもう勧誘とかやってないから
 一人で行くの不安で・・・だから和ちゃんのいる所なら安心かなって思ったんだよ」
和「私はかまわないけど・・・大丈夫なの?これから文化祭や体育祭に向けてどんどん忙しく
 なってくるのよ?」
唯「大丈夫だよ?」
和「(激しく不安・・・でもあの唯がここまでやる気出してるんだし)」
和「わかったわ。じゃあ放課後一緒にきて」
唯「ありがとう和ちゃん!」
13:
生徒会室
生徒会長「よろしくね。平沢さん」
唯「よろしくお願いします!」
生徒会長「真鍋さん、あとお願いね」
和「はい。じゃあ唯、まずは簡単な仕事からやってもらうわ」
唯「わーい!もう仕事させてもらえるの?」
和「人手が足りてないからね・・・ほんとは私も一緒にやってあげたいんだけど」
唯「いいよ?私一人でがんばるから!」
和「(たくましくなったのね・・・)じゃあ今日は、」
唯「うんうん♪」
和「軽音部に行ってもらうわ」
唯「うん・・・たん?」
15:
和「軽音部の届け出されてる部員数は4人で、部活動が許可されるぎりぎりの
 人数なんだけど、とある筋からの情報によるといつも3人しかいないらしいの。」
唯「そうなんだ?(最初の仕事が軽音部かあ・・・なんか気まずいよ)」
和「それで唯には軽音部が実際には何人なのか調査してほしいの。」
唯「調査って?」
和「まあ調査と言っても軽音部に訪ねて何人で活動してるのか確認するだけよ。」
唯「それなら私にもできそうだね?」
和「(大丈夫かしら・・・)とりあえず来週までに結果を報告してね」
唯「うん!じゃあ行ってくるね(気まずいけど・・・せっかく仕事をもらったから頑張ろう!)」
16:
トントン
澪・律・紬「はい?」
ガチャ
唯「し、失礼します。生徒会の平沢です(生徒会って名乗るのかっこいいなあ?)」
唯「(よくわからないからとりあえず部長さんに聞いてみよう)
 えっと・・・その、軽音部の部長さんいますか?」
律「私だけど」
唯「あの・・・その、言いにくいんだけど
 (あわわ、怖くなってきた・・・いきなり聞いたら変かな?
 でもどこから説明したらいいんだろう・・・)」モジモジ
律「(イライラ 早く言えよ)」
澪「(まさか・・・あの事がばれたんじゃ)」
紬「(お茶出すべきかしら?)」
唯「(ひいい!みんなこっち睨んでるよぅ・・・)」
17:
澪「ヒソヒソ(律!やっぱり生徒会に部員偽装がばれたんじゃないのか?)」
律「なにー!ほんとか!?」
澪「バカ!声がでかい!」ゴツン!
律「いて!」
唯「ひえっ!?(な、何が起こってるの?)」
澪「平沢さん・・・だったよね?」
唯「あ、うん」
澪「部長に聞きたいことってなにかな?怒らないから言ってみて?」
唯「あの…軽音部の部員のにんずうを」
紬「(ピク!)平沢さん!お茶とケーキはいかが?」
律「ムギナイス!」
18:
唯「ふえ?ケーキあるの?」
紬「ええ、今お出しするわ」
律「ささ、そんなとこに立ってないで座って座って!」グイ
唯「あ、ありがとう」
紬「どうぞ。召し上がって♪」カチャ、カチャ
唯「(おいしそう・・・まずは紅茶を)」ズズズ
唯「おいしい!」
紬「ありがとう♪(ニヤリ)ケーキもどうぞ」
唯「いただきます」パクッ
唯「お、おいひい・・・(あれ、何しに来たんだっけ?)」
19:
唯「あ、そうだ聞きたいことが」
律「(やばい!)ああちょっと待って!」
紬「もう一杯お茶いかが?」
唯「でも・・・」
紬「クッキーとマドレーヌもあるの!」
澪「(餌付けた・・・)」
20:
数時間後・・・
アハハハハハ
律「それでー平沢さんは何が好き?」
唯「美味しいものならなんでも・・・」
律「家では休みの日とか何して過ごしてんの?」
唯「ゴロゴロ・・・かな?」
紬「好きな物とかある?」
唯「あ、かわいいものが好き・・・かな」
澪「苦手なものは?」
唯「暑いのも寒いのも苦手なんだ?」
澪「(何とか話をそらしてるけど)」
律「(このあと一体どうすれば)」
紬「(わかりません・・・)」
21:
唯「あ、あの・・・じゃあ」
律「(く・・・ここまでか!)」
唯「そろそろ帰らないと」
澪・律・紬「(要件忘れてる!?)」
唯「すいません、こんなに御馳走になって」
紬「いえいえ。楽しかったわ」
律「じゃあ気をつけてな」
唯「ありがとう。失礼しました?」
バタン
澪・律・紬「・・・・・」
22:
次の日
唯「和ちゃんおはよ?」
和「おはよう唯。昨日はどうだった?」
唯「軽音部の人たちにいろいろ御馳走して貰ったんだよ?
 おいしかったなあー」
和「そうなの・・・それで、人数確認はできた?」
唯「えっ」
和「えっ」
唯「忘れてたあああああああ」
和「まったく。唯らしいわ・・・」
唯「うぅ・・・和ちゃんごめん」
和「まあ来週までって言ったから。焦らなくていいわよ」
唯「ありがとう!今日こそはがんばるね!」
23:
放課後
トントン
澪「やっぱり来た!」
律「よしみんな。作戦通りいくぞ」
紬「おー♪」
澪「ムギ、なんか楽しんでないか?」
紬「こういうことやってみたかったの♪」
律「と、とりあえず入れるぞ。どうぞー!」
ガチャ
唯「失礼しまーす。生徒会の平沢です。あの、昨日はすいませんでした」
26:
律「いいっていいって!まあ座れよ!」グイ
紬「すぐにお茶とお菓子を出すわね♪」
唯「あ、あの(言わなきゃ・・・人数のことを・・・でもお菓子食べたいよ)」
紬「はい、おまたせ」カチャカチャ
唯「えっと(うう、おいしそうだよ・・・でも今言わなきゃまた忘れちゃう!)
唯「あの!」
律・紬・澪「!!!」
唯「軽音部の部員は実際何人なんですか?(よし!言えた)」
27:
律「よ、四人ですよ??なあ澪」
澪「え?あ、ああ・・・」
唯「じゃあもう一人はどこですか?」
律「ギクウ!それはその?あはは!」
唯「どうしたんですか?」
律「なんというかその・・・風邪で休んでるって言うか・・・みたいな?」
澪「律・・・もういいよ」
律「い、いいって何が?私たち4人でしょ?今日はたまたま・・・」
紬「そんな嘘、すぐにばれてしまうわ・・・」
律「う・・・」
30:
唯「じゃあ部員は・・・3人なんだね」
澪「ごめんなさい」
律「どうしても廃部にしたくなかったんだ・・・」
紬「このことはすぐ生徒会に報告するの?」
唯「ううん。すぐじゃないけど、来週までに言ってくれって」
律「じゃ、じゃあ」
律「来週までに部員集めるから、報告ぎりぎりまで待ってもらえないか!」
唯「え?」
律「おねがい!」
32:
唯「(いきなり廃部になるのはかわいそうだもんね)
 うん、じゃあ来週まで待つよ」
律「あ、ありがとう!」
澪「ほんとにいいのか?」
律「あ、じゃあさ!来週まで暇だろ?」
唯「え?うん」
律「それなら毎日遊びに来いよ!お茶もお菓子も出るぞ!」
唯「そんなあ悪いよ?」
律「遠慮すんなって!」
33:
律「そういえば自己紹介、まだだったな」
唯「あ、私は平沢唯です」
律「(平沢唯・・・?聞き覚えがあるような・・・)」
律「私は田井中律。こっちはベースの秋山澪と、キーボードの琴吹紬」
澪・紬「よろしく」
澪「平沢さん。迷惑だったらごめんね」
唯「そんなことないよ?。それに、唯でいいよ!」
澪「えっと、ゆ、唯?//」
唯「(かわいい!)」
34:
金曜日
澪「で、なんだかんだでもう金曜日なわけだが」
律「うう・・・部活入ってない知り合い全員に頼んだけど無理だった・・・」
紬「私も・・・」
唯「みんな・・・ごめんなさい」
紬「唯ちゃんが謝ることないわ」
澪「ああ、唯は来週まで待ってくれてんだし。感謝してるよ」
唯「違うの・・・そうじゃなくて・・・私のせいなんだ グスッ」
37:
律「・・・唯、ちょっといいか」ガシッ
唯「え、ちょ、ちょっとりっちゃん」タッタッタ
バタン
澪「律・・・唯を連れていってどうするんだろ。もしかして律も気づいたのかな」
紬「わからないけど・・・りっちゃんなりの考えがあるのよ。
 りっちゃんを信じて待ちましょ?」
澪「そうだな。律はあんなことで唯を責めたりする奴じゃないよな」
紬「ええ♪」
38:
唯「り、りっちゃん。こんなとこ連れてきてどうしたの?」
律「唯・・・。お前さ、4月の終わり頃軽音部に入部届け出したろ?」
唯「・・・うえ、知ってたの」
律「ちょっと前に思い出したんだ。さっき謝ろうとしたのもそのことだろ?」
唯「うん・・・私が入るって言っておいて辞めたせいで・・・
 軽音部がこんなことになっちゃって・・・ごめんなさい」
律「やっぱりな。そんなことで謝る必要ないのに」
唯「ううん・・・ほかの二人は知ってるの?」
律「さあなー。でも二人とも私なんかより賢いからな。覚えてると思うよ」
唯「やっぱり・・・謝らないと」
39:
律「だから謝る必要ないって!二人も絶対に唯を責めてなんかないから!」
唯「うう・・・グスッ、でも」
律「いいって言ってるだろ?それにさ、澪も言ってたけど唯にはむしろ感謝してるんだよ。
 軽音部を少しでも存続させるチャンスをくれてさ・・・」
唯「でも・・・でもりっちゃんがあんなに軽音部を残そうと努力してるのに・・・
 噂で聞いたんだよ?この数日は他のクラスとか上級生のとこまで行って勧誘したって」
律「はは・・・結局全部だめだったけどな。変人みたいな目で見られたし。
 そりゃこの時期に知りもしない奴がいきなり勧誘してきたら気持ち悪いよな」
唯「なんでりっちゃんはそこまで軽音部のために頑張るの?
 それに・・・澪ちゃんとムギちゃんにはそのこと言ってないよね?さっきは知り合いに頼んだって」
律「二人に迷惑かけるわけにはいかないから。あいつら良いやつだからさ、
 私がそんなことしてるって知ったらきっと手伝おうとする。
 澪なんて知らない上級生と話ししたら緊張でぶっ倒れちゃうよ」
40:
律「それにさ、もとはと言えば私があの二人を半ば無理やり軽音部に入れたんだ。」
唯「そうだったの?」
律「ああ、本当は澪は文芸部。ムギは合唱部に入ろうとしてたんだ。」
律「でもいろいろあって二人とも軽音部に入ってくれて。だから私は二人のためにも軽音部を
 終わらせたくなかったし、みんなでもっと楽しいことをしたかった。でも結局こんなことに
 なっちゃって・・・」
唯「りっちゃん・・・」
律「本当は私が二人に謝るべきなんだよ。それに唯にも・・・
 せっかく協力してくれたのに部員見つけられなくてごめんな」
唯「うぅ・・・そんな グスッ」
律「はは。泣くなって!よしよし」ナデナデ
唯「うああああん」
42:
律「でさ、唯は一度は軽音部に入ろうとしたんだよね?なんか楽器できるの?」
唯「ううん。カスタネットくらいしかできなくて・・・軽音部はそういう軽い音楽やる部
 だと思って入ったんだけど、あとでギターとかやるものだって知って・・・ごめん」
律「あはははは!軽い音楽ねえ・・・そうだ!」
唯「どうしたの?」
律「そういえば唯ってさ、まだ私らの演奏聞いてないよね?」
唯「うん(そういえば練習とかも見てないや)」
律「よーし!」ダダッ
唯「りっちゃん?」
45:
バンッ!
澪「律!済んだのか?」
律「二人とも!最後にさ、唯のために演奏しようぜ!」
紬「まあ、いいわね♪」
唯「え、演奏してくれるの?」
澪「そう・・・だな。唯が来てから一回も練習してなかったし」
ドタン バタン
律「準備完了!じゃあいくよ? ワン、ツー、スリー、フォー!」
46:
♪♪翼をください♪♪
ジャーン
唯「わあ♪」パチパチパチパチパチ
律「へへ・・・どうだった?」
唯「なんていうか、すごく言葉にしにくいんだけど」
律「うん」
唯「あんまりうまくないですね!」
律「(バッサリだあ・・・)」
唯「でも、なんだかすっごく楽しそうでした!こんなに楽しそうな部活なら・・・
 私も入りたかったです・・・それなのに・・・私は・・・うう グスッ」
47:
澪「ありがとう。でも気にしなくていいよ」
紬「唯ちゃんには生徒会の仕事があるものね」
律「唯が最初で最後のお客さんになっちゃたけど、褒めてくれてうれしいよ」
唯「(私はたぶん・・・すごく軽音部に入りたいと思ってる。
 でも駄目だ、生徒会にも入ったばっかりだし・・・一度抜けておいてやっぱり入ります
 なんて・・・)」
唯「みんな・・・ごめん。生徒会を投げ出すわけにはいかないんだ・・・
 あれだけ頼んで入れてもらったんだもん」
ガチャ
和「失礼します。生徒会です」
唯「!!!和ちゃん!?」
49:
和「文化祭準備に関する文化系部用の資料を持ってきました。どうぞ」
律「あ、ああ、どうも」
和「唯・・・偶然会ったからついでに言っておくけど・・・」
唯「ほえ?(偶然なの?)」
和「あなたは、あなたの一番やりたいことをやればいいのよ」
唯「え・・・」
和「私に遠慮して生徒会に無理にいる必要はないってこと」
唯「でも・・・あんなに入りたいって頼んで入れてもらったし」
和「怒ったりしないわよ。唯の興味がすぐ変わるのはいつものことでしょ?」
53:
和「それに・・・唯の性格じゃ忙しい生徒会にはむいてないしね」
唯「ぶー!ひどいよ和ちゃん!」
和「ふふっ。それに唯に向いてるのは、いつものんびりしてて、でもやる時はやる。
 そんなところじゃない?」
唯「和ちゃん・・・」
和「じゃ、あとは自分で判断しなさい。失礼しました」
バタン
唯「(・・・ありがとう和ちゃん。私決めたよ!)」
56:
律「なんだったんだろうな」
唯「あの!」
澪・律・紬「!」
唯「あの・・・一度取り消ししておいて厚かましいのはわかってるんだけど!
 でも、この数日間みんなと過ごしてとっても楽しくて、
 それで今みんなの演奏を聴いて思ったんです!私も入りたいって。」
唯「私を軽音部に入れてください!!!」
澪「・・・」
律「・・・」
紬「 ニコッ」
律「ば、ば、ば、ばんざーーーーーーーーい」
澪「軽音部へようこそ」
紬「歓迎いたしますわ♪」
57:
次の年の新歓
唯「どうもー!軽音部です!」
唯「えと、新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!」
唯「わたし、最初軽音部って聞いて、軽い音楽だと思ってたんですよ」
唯「でも、ギターとか使うって知って、怖くなって一回入るのやめちゃったんです」
唯「だけどいろいろあって、軽音部のみんなと友達の
 優しさのおかげで結局入ることになりました」
唯「だからみなさんも私みたいに楽器ができなくても怖がらないで、
 気軽に入部してください」
唯「じゃあ次の曲!”私の恋はホッチキス”!!!」
おわり
58:
おつ!
60:
いい話だった

7

続き・詳細・画像をみる


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の未来 2015年がやってくる

カッパってそんな設定だっけ?

猫飼いたいけど飼ってない奴らに猫飼いの現実を教えてやるスドレ

バイト先に働くのは初めてだという40代のおばさんがいたんだけど、非常識な行動にびっくりした

「劇場版&OVA スレイヤーズ リマスターBD-BOX」が制作上の理由により発売中止に

【画像】 ホットカーペットがあったかいことに気付いた顔が可愛いwww

back 削除依頼&連絡先