杏「P、杏のものとなれ!」back

杏「P、杏のものとなれ!」


続き・詳細・画像をみる

2:
杏「P、杏のものとなれ!」
P「断る!」
杏「えっ、断るの?ロリコンなのに?」
P「真のロリコンはその程度で動揺はしない!」
杏「こずえを膝の上に乗せながら言われてもなー」
こずえ「ふぁ...」
3:
P「よしよし飴でも食うか?」
杏「それ杏のじゃんあげちゃうの?」
P「俺の私物なんだが…」
杏「まあ確かにそうだけど、そうじゃないっていうか…」
P「じゃあ良いだろ。こずえうまいか?」
こずえ「おいしいよー」
P「よしよし可愛いなこずえは」
杏「昔杏の為だけに飴を用意するって言っていたのに」
P「そんな昔のこともう既に忘れたわ!」
杏「しっかり覚えているじゃん」
P「俺は今しか興味ないんだ。こずえを愛でていたい!」
こずえ「…ふわぁなかよしなのー?」
4:
こずえ「われのものとなれー」
P「はっ!仰せのままに」
杏「ロリコンは誰かのものにならないんじゃないのー?」
P「お前は一つ勘違いをしている。確かに動揺しないとは言った。だが真のロリの言うことは絶対!何が起ころうともその声に従わなければならない!こーこーせーの似非ロリとは全く違うものなんだ!分かったか!」
杏「ふーん。別に良いけどね」
5:

……
………
杏「ってことがあってさー。Pって酷くない?」
輝子「フ、フヒ...親友はそんなことしないぞ?」
小梅「...私もない」
幸子「フーフン、ボクはあります。きっと可愛い子を苛めたくなる小学生並みの行動でしょうね」
杏「そ、そうなのかな…?そうだよね…」
6:
幸子「当然です。親しき仲にも礼儀ありなのにうっかりそれを忘れるんですから。ボクを含めて女の人の扱い方を知らないんですよ」
杏「あっ、一理あるかも」
幸子「この前Pさんと出かけた時、普段と違う髪形にしたのに全く気がつかなかったんですよ!」
輝子「そ、そうなのか?」
幸子「その後、『幸子は常にカワイイですから気づかなかった』って言ってボクの頭を撫でて誤魔化そうとしたんです。ボクじゃなかったら許していませんね!」
小梅「Pさんに……撫でられると…なんだかドキドキする…へへ」
7:
杏「うんうん。なんだか分かるなー杏もなんだかんだ言ってPには弱いもん」
輝子「杏さんの貴重なノロケ…写真撮らなきゃ…」
幸子「Pさんはこんな美少女達に囲まれているのに脈なしなんて。全く」
小梅「…どうしてかな?」
杏「ホモだからかもねー」
輝子「フヒ…芸能界には結構いるらしいぞ…」
杏「Pがそうならみんなで優しく認めるしかないよ……」
8:
P「おい。何で俺がホモみたいに言われなきゃならないんだ?」
杏「うわっロリコンでホモで鬼畜の前世で悪行を重ねたPだ。業が深そうな顔をしてる」
P「なんだそれ。業が深い顔じゃなくてせめて渋いって言え」
杏「それで?男子禁制の女子会やっているんだけど」
P「幸子を探していたんだ。そろそろ時間だから送らないとな」
幸子「そういえば今日の収録は何をするんですか?」
P「海の幸、山の幸特集だ。詳しくは車の中で話そう」
幸子「フフーン。ボクが普段からカワイイからですね」
P「…まあ無茶振りがあるんだけどな」
輝子「フヒヒ…親友悪い顔してる…」
10:
杏「……そろそろ時間じゃない?行ったら」
P「おっ、そうだ。今度ドライブ行こう」
杏「ん、いいよ。杏の番組終わった後でね」
P「細かい話はまた今度な!」
幸子「無茶振りって何ですか!フギャー!」
杏「幸子を抱えて行っちゃったよ…」
輝子「フヒ、杏さんニヤニヤしている」
小梅「本当だ……」
杏「ちょっと小梅袖で叩かないで痛いって」
11:

……
………
杏「あれ、プロデューサー今日送ってくれるんじゃなかったの?」
ちひろ「プロデューサーさんはみりあちゃんのロケに付き添いするって言ってたけど。電車で行ける?」
杏「そっか忙しいものねー。大丈夫だよ」
ちひろ「領収書は貰ってくださいね。後で精算しますので」
杏「今は忙しいんだ。忙しいだよね?プロデューサー…?」
12:

……
………
P「杏ー?杏はいないのかー?」
ちひろ「あれっ?プロデューサーさんみりあちゃんのロケに行ったはずじゃ?」
P「それは来月の話ですよ。折角久しぶりに杏とドライブする予定だったのになぁ…」
ちひろ「杏ちゃんには悪いことしちゃいましたね。今日は電車で行きましたよ」
13:
杏「はぁ、今日の収録は一発で決めて早く帰ろうと思ったんだけどな…ミスばっかだよ」
杏「このまま帰るのもなんだしどこかに寄っていこうかな」
紗南「あっ、杏さんだ!一緒にクレーンゲームしない?」
杏「ん、紗南か。景品が飴なら考えなくはない」
紗南「あるよ!杏さんが好きそうなの!」
14:
P「えっと杏どこにいるんだ?収録終わったら迎えに行こうと思ってたのに…」
P「ん?あのゲームセンターに杏が入って行った。紗南も一緒か…」
P「邪魔するのも悪いし帰るか。お土産に飴買っていこうかな。ちょうど美味しい店が近くにあるらしいし。杏に丁度いいな」
15:
杏「プロデューサーの馬鹿野郎!」
紗南「おっ凄いパーフェクトだ!普段は腕が疲れるからってシューティングゲームはやりたがらないのに」
杏「時と場合によるよ。Pとかいう馬鹿への怒りを発散させないと」
紗南「あはは。ちょっとすれ違い多いみたいだね…」
16:
杏「ただいまー。お疲れ様です」
紗南「サナは事務所に戻ってきた!」
杏「はぁー疲れた疲れた。飴食べよ。ん?ウマー」
P「おう杏戻ってきたか…あめ…」
P(待てよ今杏は飴を舐めている。そんな時に飴を渡すのは失礼なことなんじゃないのか?)
杏「なに?」
P「……仕事、お疲れ様」
17:
杏「それだけ?何かほかに言うことないの?」
P「あっ飴買ってきたんだ。食べるか?」
杏「今舐めているものさえ分からないの?」
P「ごめんな。最近どうも関わる機会が少なくなった気がして・・・」
杏「誰のせいだよ!今日は久しぶりに一緒に行けるから楽しみにしてたのに」
18:

……
………
ちひろ「ものの見事なバッドコミュニケーションでしたね。今なら必ずパーフェクトコミュニケーションが取れる飴が・・・」
P「5ダースください」
ちひろ「ちょっと冗談ですよ。じゃあ私からのプレゼントで・・・」
P「何ですかこれ?」
ちひろ「旅行券です。杏ちゃんと二人で行ってください!」
19:
P「杏。温泉に興味ないか?」
杏「次のロケの話?まあ仕事なら行くけど・・・」
P「そうじゃなくてプライベートでな」
杏「へえ、業界人であろう人がそんなこと言うの?」
P「長年連れ添った友人として誘っているんだよ」
杏「まっ、行かないとは言ってないけどねー…」
20:
杏「ふーんこれが今夜の宿?まっ悪くないかな」
P「凛は関係ないだろ…」
杏「こんな宿でもないよりは…」
P「お隣さんからもって来ないで」
杏「ちひろさんがタダでくれたからそんなに期待してなかったけど、すごっくいい宿だね」
P「アイドルにお金を惜しまないからな」
21:
杏「うわっ松の間だって!どうしたのちひろさん悪いものでも食べたのかな?もしかして給料天引きっ!?」
P「すごい。こんなに広いところ二人で使えるなんてな…飲み物はサービスなのか?」
杏「オレンジジュースウマー。サービスだってすごいね」
P「ここに一泊二日か…」
杏「それじゃあ温泉行こうか。流石に男女別々だよね…」
P「ふっ、真のロリコンは温泉にそんな感情を持ち合わせない!」
杏「小さい女の子がお父さんと一緒に入ることあるよね…」
P「なっ何?そんなので動揺しない!俺はPだ!」
杏「どうなんだろうねー?わからないなー」
22:
杏「ふう。温泉はいいな。ちひろさん今まで悪魔とか鬼とか思ってごめんなさい。ちひろさんはやっぱり天使だ」
杏「プロデューサーと久しぶりにちゃんと話せたし、来てよかったな」
杏「そういえば本当に杏の体で興奮しないのかな?ロリコンなのにな…試してみるか…」
23:
P「ふう。幼女の裸体を見れるとかやっぱり男湯は最高だぜ!」
P「いかんいかん。pがPになってしまう…」
P「杏のことちょっと最近避けてたよな」
P「仕方ねーし!別に嫌いな訳じゃねーし!あんなロリボディで合法とか世界は救いがあるだけだし!……杏のこと嫌いじゃないんだよな、俺」
24:
P「いい湯だったな杏。肌がつるつるになった」
杏「杏の肌は元々つるつるのすべすべだけどね」
P「じゃあ温泉上がったしアレをやるか!」
杏「いいねさっすがプロデューサー!」
P「じゃあせーのでいうか」
P「卓球!」
杏「レトロゲーム!」
P「えっ」
杏「えっ」
25:
P「卓球それは日本人の遺伝子に組み込まれた温泉上がりの競技。それが恋人同士であろうと友人同士であろうと仲を深めるという…」
杏「背が足りなくて出来ないんだけどなー」
P「じゃあ仕方ない。レトロゲームばっかのゲーセンに行こう」
杏「やっぱり話が分かる!敏腕プロデューサーだ!」
26:
杏「プロデューサー何しているの?」
P「この競馬のゲームは始まってすぐ持ち上げると簡単に一位になれるんだ。子供の頃よくやったな」
杏「ふーん、現代っ子でニートな杏には知らない世界の話だね。そんなバグすぐに回収されて修正されちゃうよ」
P「それも良い事だろうな」
杏「このメダル使いきれないよ。どうする?」
P「んー一通り遊んだし、そろそろ夕飯の時間だし受付に返して部屋に戻ろうか」
杏「オーケー。夕飯は何が出るんだろうね?」
P「楽しそうだな。やっぱり海の幸じゃないのか。海が近いし」
杏「Pこそ楽しそうだね。うへへ夕飯」
27:
P「なあ杏」
杏「ん?どしたの」
P「あわびの貝をそのまま焼いたの初めて食べた」
杏「すごい料理だったね。一生分の豪華な食事を食べたみたいだ」
P「これ本当にちひろさんが出してくれたのか」
杏「もう頭が上がらないね…」
P「ああ幸せだ…」
杏「そうだね」
28:
杏「そういえばさ。この旅館の露天風呂は朝日を眺められるんだって」
P「ああ、屋上に露天風呂があるらしいな」
杏「一緒に行ってみない?」
P「いいな。そうしようか」
杏「じゃあ決まりプロデューサー起こしてね」
P「えっ俺が起こすの?」
杏「それ以外どうするのさ?」
29:
杏「ちょっと散歩に行かない?腹ごなししないと眠れないよ」
P「それいいな。行こうか」
杏「行く途中に見かけた灯台まで行こうよ」
P「ロマンチックだな」
杏「悪い?」
P「素敵だと思うぞ。普段の杏とはまた違って」
杏「えっ、それどういう意味?」
P「そのまま」
30:
P「寒いからちゃんと着てけよ」
杏「はいはい。分かったよ」
P「杏。手を繋いでいくか?迷子になるといけないし」
杏「真っ暗だし仕方ないね。はい」
P「やっぱり少し寒いな」
杏「寒いね」
P「海真っ暗だな」
杏「大きな穴みたいだね」
P「灯台は明るいな」
杏「明るいね」
31:
P「足は疲れてないか」
杏「まだまだ歩けるよ」
P「なら良かった」
杏「寒いからもうちょっと近づいて」
P「ん。分かった」
杏「プロデューサー。灯台大きいね」
P「ああそうだな」
杏「プロデューサーもこんなに大きかったら迷わないのにね……」
P「きらりよりは背が低いけど俺だって低くはないぞ」
杏「うん。そうじゃないよ」
P「そうじゃないならどうなんだ?」
杏「もう少し近づいて。寒い」
P「ああすまないな」
32:
杏「ふぁ…眠い」
P「大丈夫か?背中貸そうか?」
杏「良いよ。まだ隣を歩いていたいから…」
33:
杏「ふう…部屋の中は暖かいし、布団は引いてあるし、ここは天国かな?」
P「旅館だな」
杏「じゃ電気消してー」
P「はい。うわ真っ暗だな」
杏「お互いの顔も良く見えないぐらい真っ暗だね」
P「こんなに広いと結構怖いな」
杏「ちょっと布団寄せるね」
P「おう…」
杏「プロデューサーって本当にロリコンなの?」
P「ああ真っ当なロリコンだ!」
杏「杏の体に興味ない?」
P「興味ないというと嘘になるな。布団離そうか?」
杏「杏はもう17歳だよ。法律的には結婚できるんだからね」
P「杏?」
杏「もう一度聞くけど興味ないの?」
P「これ以上からかわないでくれるか?」
34:
杏「はあ、女の子からこんなに誘っているのに脈なしか。やっぱりホモなのかな?」
P「杏、いいのか?」
杏「良くなかったら同じ部屋で寝てねーし、布団近づけねーし」
P「杏の布団入るぞ」
杏「どーぞ」
P「暖かいんだな杏は…」
杏「ねえP」
P「ん。どうした?」
杏「手を繋ごうよ。迷子になるといけないし」
P「そうだな」
35:
杏「おはよう」
P「おそよう」
杏「なんで起こしてくれなかったのさ!」
P「いや流石に昨日寝たの遅かったし、起こすのも悪いかと思ってな」
杏「ばかばーか。プロデューサーのせいだろ!」
P「いや俺だけが悪いわけじゃない」
36:
杏「ところでプロデューサー。杏のものになってくれる?」
P「喜んで」
3

続き・詳細・画像をみる


米グーグル(Google)、自動運転車両のパートナー探しで交渉中

加BlackBerry、米ボーイングと共同でAndroidスマートフォンの開発中であることを公言

奉太郎「…スワッピ○グ?」

山田、柳田、糸井、松田の中で誰が先にトリプル3しそう?

クラシックになぜか「タイプライター」が登場…自由すぎる演奏が意外とステキな件

『ONE PIECE』ワンピースのドレスローザ編面白いよな

back 削除依頼&連絡先