穂乃果「ほのキチ達が襲ってくる…」back

穂乃果「ほのキチ達が襲ってくる…」


続き・詳細・画像をみる

1:
海未「穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果穂乃果」
ことり「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」
絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカホノチカ」
穂乃果「くっ、追い詰められた…!」
穂乃果「こうなったら自分の家に隠れるしか…」
ガラッ
雪穂「オネエチャンオネエチャンオネエチャンオネエチャンオネエチャン」
穂乃果「」
10:
雪穂「オネエチャンノパンツオネエチャンノパンツオネエチャンノパンツ」
穂乃果「ま…窓から逃げなきゃ…!」
ガシャーン
穂乃果「駄目だ…もう家にもいられない」
穂乃果「とにかく逃げよう…ほのキチ達に絶対見つからないような…遠くへ…」
穂乃果「うぅ…どうしてこんなことに…」グスッ
13:
穂乃果「夢中で走ってきちゃったけど…ここは…?」
『神田明神』
穂乃果「そっか…いつの間にかここへ…」
穂乃果「μ’sが結成してすぐの頃…よくここでことりちゃんや海未ちゃんと練習したっけ…」
穂乃果「楽しかったな…あの頃は」
穂乃果「…とりあえず少し休もう…」
ドンッ
穂乃果「あっ、すいませ」絵里「ホノチカホノチカホノチカ」
穂乃果「ひぃっ…!?」
16:
絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカ」
穂乃果「そ、そんな…どうしてこんなに早く…?」
ポロッ
穂乃果「え、何これ…?」
穂乃果「盗聴器…!?い、いつの間に…」
穂乃果「このほのキチ…ただのキチじゃない、知能がある…!頭を使って、確実に穂乃果を追い詰めようとしてる…!」
絵里「カシコイカワイイエリーチカ」
穂乃果「だ、駄目…腰が抜けて…」
絵里「ホノチカァ」ニヤリ
穂乃果「あ…こ…来ないで…」ガクガク
ガシッ
絵里「!?」
21:
穂乃果「の…希ちゃん!?」
絵里「ホノチカ…ホノチカァ…」ジタバタ
希「くっ…穂乃果ちゃん…早く、早く逃げるんや…!」
穂乃果「そんな…希ちゃん、何で…!?」
希「うちのことは構わんといて…!えりちは…えりちはうちが食い止める!」
絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカ」ググッ
穂乃果「で、でもそれじゃ希ちゃんが!」
希「うちは大丈夫…今日のうちの運勢は絶好調ってカードも告げてるんよ…!」
希「だから早く…!そう長くはえりちを止められへん…!」
穂乃果「わ、わかった…ありがとう希ちゃん…!どうか気をつけて…!」
27:
絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカ」
希「えりち…いい加減…いい加減目を覚ますんや…!」
希「こんなことしても穂乃果ちゃんを悲しませるだけ…そうやろ?」
絵里「ホノ…チカ…」
希「それに…えりちに本当に必要なのはうちなんや…!カードもそう告げるんよ?」
絵里「…ノ…ゾミ…」
希「だから…だからうちがえりちを絶対に幸せにする…約束や…!」
希「だから…お願いや、えりち…目を覚まして…」
絵里「…」
スッ
希「…!?」
希「え…えりち…!」
絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカホノチカホノチカホノチカ」
29:
ドカッ
希「ぐはっ…」
絵里「ホノチカホノチカホノチカホノチカ」ダッ
希「…」
希「……ごめんな…穂乃果ちゃん…」
希「うちの声…届かん…かった…」
37:
穂乃果「はぁ…はぁ…」
アイシテルーバンザーイ
穂乃果「こ、こんな時に電話…?誰だろ…」
穂乃果「ま、真姫ちゃんからだ!もしもし!?」
真姫『穂乃果!?穂乃果!?無事なの?何もされてない!?』
穂乃果「な、なんとか大丈夫…それより真姫ちゃんは…!?」
真姫『私なら大丈夫…凛と花陽も一緒よ…』
穂乃果「良かった…一年生のみんなは無事なんだね…」
穂乃果「(…希ちゃん…大丈夫かな……)」
穂乃果「(それににこちゃん…一体今何処に…)」
真姫『それより穂乃果、遂に完成したの…対ほのキチ用秘密兵器が!』
穂乃果「ほ、本当なの真姫ちゃん!?」
39:
真姫『西木野総合病院の総力を結集して作り上げたわ…!』
穂乃果「す、すごいよ!流石真姫ちゃんだね!」
真姫『タ、タイシタコトナイワヨ』///
穂乃果「ありがとう…早受け取りに行きたいんだけど…」
真姫『そうね…穂乃果、今どのあたり?』
穂乃果「えっと、学校からすぐ近く…周りにほのキチの気配はないよ」
真姫『じゃあ部室が一番安全ね…あそこなら慣れてる場所だし行きやすいでしょ?』
穂乃果「わ、わかった!本当にありがとう真姫ちゃん…また部室でね!」
真姫『気をつけるのよ?どこからほのキチが現れるかわからないし…』
ピッ
穂乃果「部室、行かなきゃ…!」
44:
『部室』
ガラッ
穂乃果「はぁ…はぁ…やっと着いた…」
穂乃果「ま、真姫ちゃんは…まだ来てないのかな」
穂乃果「……」
穂乃果「お腹すいた…」グゥゥ
47:
穂乃果「そうだ、確かおまんじゅう持ってたっけ…」ゴソゴソ
穂乃果「ちょ、ちょっとくらいならいいよね?」
穂乃果「いただきまーす」モグモグ
穂乃果「(うぅ…涙出てきた…)」モグモグ
……
穂乃果「…?」モグモグ
……カ……………
穂乃果「(…何か聞こえる…?)」
……ノカ………チャ…
穂乃果「(…なんだろ)」
49:
……ホ……カ………
…チャ………ホノカチャン……
穂乃果「(!?)」ビクッ
ホノカホノカホノカ……
ホノカチャンホノカチャンホノカチャン…
穂乃果「(海未ちゃん!?ことりちゃん!?どうしてここが…!?)」
ホノカチャンノニオイホノカチャンノニオイホムマンノニオイホムマンノニオイ
ホノカノソシャクオンホノカノソシャクオンホノカノソシャクオン
穂乃果「(ひっ…!そんなわずかなことで…)」
穂乃果「(どんどん近づいてくる…隠れなきゃ…!)」
穂乃果「(こ、このロッカーなら…)」スッ
52:
ガチャッ
海未「ホノカ…ホノカ…」
ことり「ホノカチャン…ホノカチャン…」
穂乃果「(入ってきた…!)」
海未「ホノカ…?ホノカ…ホノカ…?」
ことり「ホノカチャン…ホノカチャーン…」
穂乃果「(探しているんだ…私を…)」
穂乃果「(あ…足が……足が震えて…)」ガクガク
「ホノカァ…ホノカァ…」
ゴソゴソ
「ホノカチャン…ホノカチャン…」
ガサ…ガサ…
穂乃果「(お、お願い…早く…早く行ってよぉ……!)」
53:
「ホノカ…」
「…ホノカチャン…」
穂乃果「(…行った…かな?)」
穂乃果「(た、助かった…)」
55:
穂乃果「(と、とりあえず出よう…)」
ガチャ
海未「ホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカ」
ことり「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」
58:
穂乃果「いやああああああああああああああああああああああああ!!!!」
海未「ホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカ」
ことり「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」
穂乃果「あ…あぁ…」ジョオォ
海未「ホノカノオモラシホノカノオモラシ」
ことり「ホノカチャンノレモンティーホノカチャンノレモンティー」
ことうみ「」ニッコリ
穂乃果「…あ…はは…穂乃果……もう無理…」
59:
穂乃果「(ごめんね、希ちゃん…せっかく希ちゃんが犠牲になって、穂乃果を逃がしてくれたのに…)」
穂乃果「(穂乃果、これからどうなっちゃうんだろ…)」
穂乃果「(せめて…初めてはベッドの上がよかったな…)」
海未「ホノカァ」
ことり「ホノカチャアン」
穂乃果「(みんな…さよなら)」
ガンッ
 
ことり「…!?」ドサッ
海未「…ッ」バタッ
穂乃果「……え?」
真姫「…間に合ったみたいね」
61:
花陽「穂乃果ちゃん大丈夫!?」
穂乃果「は、花陽ちゃん!」
凛「いやー、お待たせしちゃったにゃ!」
穂乃果「凛ちゃんも…!」
真姫「間一髪、ってとこね…まだ何もされてない?」
穂乃果「うん、何とか…」
真姫「良かった…途中でバット拾ってきて正解だったわね、まさかここまでギリギリだったなんて…」
穂乃果「みんな…ありがとう…本当に…穂乃果、もうダメかと……」グスッ
凛「えへへー、礼には及ばないにゃ!」
真姫「全く…真姫ちゃんに感謝しなさいよね」フフン
花陽「ほら、もう大丈夫だから泣かないで、穂乃果ちゃん」
穂乃果「みんな…みんな…」
65:
穂乃果「そ、そうだ!秘密兵器は!?」
凛「ひみつへいき?」
穂乃果「真姫ちゃんの秘密兵器だよ!対ほのキチ用秘密兵器!」
穂乃果「そうだよ!それを受け取るためにここまで来たんだった!」
花陽「穂乃果ちゃん…?」
穂乃果「それを使えば海未ちゃんもことりちゃんも…絵里ちゃんも雪穂も!」
穂乃果「みんな目を覚ましてくれるんだ!」
穂乃果「良かったぁ…真姫ちゃん早く!」
真姫「あぁ、秘密兵器ね…」
真姫「あるわけないじゃない、そんなの」
穂乃果「やったぁ、流石真姫ちゃん、ってあれ…?」
67:
真姫「ていうか、そんなのいらないでしょ」
穂乃果「は?」
真姫「これで邪魔者はいないんだし」
穂乃果「ちょ」
凛「穂乃果ちゃんは凛たちのものにゃ」
穂乃果「なんで」
花陽「イ゛エ゛ニ゛ハ゛カ゛エ゛サ゛ナ゛イ゛ヨ゛ォ゛」
穂乃果「まって」
真姫「だから言ったじゃない」
真姫「『どこからほのキチが現れるかわからない』って」
穂乃果「」
73:
真姫「穂乃果ぁ…私のメトロノームになって一緒に愛を育まない…?」
凛「安心するにゃ穂乃果ちゃん…語尾は猫だけど、実戦では猫じゃないにゃ、むしろ狼にゃ」
花陽「私ね…炊き立てのごはんたっぷり持ってきたんだよぉ?イッショニオナカイッパイニナロ?」
穂乃果「」ブクブク
真姫「ホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカホノカ」
凛「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」
花陽「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」
80:
バァーン!
にこ「そこまでよ!」
まきりんぱな「!?」
穂乃果「」
にこ「あんたたち…自分が何してるかわかってんの!?」
真姫「ホノカホノカホノカホノカホノカホノカ」
にこ「にこたちがこうして出会えたのも…一緒にスクールアイドルやってるのも…」
凛「ホノカチャンホノカチャンホノカチャンホノカチャン」
にこ「穂乃果がいたからこそじゃない!その穂乃果をこんなに悲しませて…追い詰めて…」
にこ「一度はバラバラになりかけたμ'sを本当に壊すつもり!?」
花陽「ホノカチャンホノカチャンゴハンタベタイホノカチャンホノカチャン」
にこ「…もう何を言っても無駄ね…」
85:
真姫「ホノカ…アイシテル…」
まきりんぱな「バンザァーイ!!」ガバッ
にこ「この世界のYAZAWAがあんたらの目を覚ましてやるわ!」
にこ「食らいなさい!必殺、新型にっこにっこにー!!」
ニッコニッコニー!
真姫「ヴェェ!!」
凛「サムイニャァ!!」
花陽「タスケテェー!!」
にこ「今よ!穂乃果を連れて脱出するわ!」
ガシャーン
87:
『にこ宅』
穂乃果「…う……」
穂乃果「ここ…は…?」
にこ「気がついたかしら?」
穂乃果「にこ、ちゃん?穂乃果…どうして…うっ」
にこ「…今はゆっくり寝てなさい、話は後でゆっくりするわ」
穂乃果「ありがと…ここ、にこちゃんの家…?」
にこ「そうよ…ま、狭いけどここなら安全だから…安心しなさい」
穂乃果「そっか…思い出した…私、真姫ちゃん達に部室で襲われて、気を失って…」
穂乃果「にこちゃんが…助けてくれたんだね?ごめんね、にこちゃんまで危険な目に…」
にこ「別に…にこが勝手にしたことだから、あんたが気にする必要ないわ」
穂乃果「…ふふっ」
にこ「…何よ」
穂乃果「にこちゃん、優しいなーって思って」
91:
にこ「なっ…何言ってんのよいきなり…///」
穂乃果「あ、にこちゃん赤くなった?」
にこ「う、うるさいわね!あんまり変なこと言うと追い出すわよ!」
穂乃果「えへへ…ごめんなさーい」
にこ「全く…///」
‐夜‐
穂乃果「ねぇ、にこちゃん?」
にこ「何よ?夕食ならもう少しで出来るから待ってなさい」
穂乃果「ううん、そうじゃなくて」
穂乃果「みんな…これからどうなっちゃうのかなって思って」
にこ「…」
穂乃果「海未ちゃんも絵里ちゃんも…真姫ちゃんまでほのキチ化しちゃって」
穂乃果「希ちゃんは無事かどうかもわからない…いや、多分…」
穂乃果「残るは…穂乃果とにこちゃんだけ」
にこ「穂乃果…」
97:
穂乃果「このまま…μ'sはバラバラになっちゃうのかな?」
にこ「…」
穂乃果「嫌だよ…穂乃果まだスクールアイドルやってたいよ…」グスッ
にこ「…穂乃果」
穂乃果「また…皆で練習して…合宿も行って…もっともっと…大きな舞台でライブして…」ボロボロ
にこ「穂乃果…!」
穂乃果「もう全部無理なんて…そんなの嫌…グスッ…嫌だよ…!ヒグッ…戻りたいよ…あの頃に…!」
にこ「穂乃果!!」ギュッ
穂乃果「っ!?」
穂乃果「にこ…ちゃん?」
にこ「穂乃果は…穂乃果はにこが守るから…絶対に守るから…」
にこ「世界中のみんながほのキチになっても…にこだけは…穂乃果のこと守るから…」
穂乃果「…うぅ」
にこ「だから…泣かないで穂乃果…ずっと、ずっとにこが傍にいるから…」
穂乃果「うん…ありがとう、ありがとうにこちゃん…穂乃果…本当に嬉しい」
98:
にこ「ねぇ…穂乃果」
穂乃果「…なに?」
にこ「目…閉じて」
穂乃果「えっ…にこちゃん、どうして…?」
にこ「わ、わかってるでしょ!言わせるんじゃないわよ、もう…///」
穂乃果「うっ…うん!ごめんね、にこちゃん…///」
にこ「い、いくわよ…?」
穂乃果「うん…いいよ…」
穂乃果「…///」ドキドキ
穂乃果「(…にこちゃん…///)」
102:
カシャン
穂乃果「…えっ?」
穂乃果「手錠?」
にこ「これから…ずーっとにこが傍にいてあげるから…ねぇ、」
にこ「ホノカァ?」
おわれ
104:
お疲れ
10

続き・詳細・画像をみる


自民圧勝と言ってる割には改選前から二議席減らしてること

【朗報】城田優ぶっちゃける

イケメンが言われて一番傷つく言葉ランキング堂々1位

【野球】ぶっちゃけ中島裕之ってすぐ通用するよな

【R-18】ドラえもん「人間切断機〜」

この世で最も将来安定な職業とはなんなのか

back 削除依頼&連絡先