何よりもヒトが好き!ウォンバットに関する10の知識back

何よりもヒトが好き!ウォンバットに関する10の知識


続き・詳細・画像をみる

1. ヨタヨタ歩くが、全力疾走するとい
 ずんぐりして普段はノロノロと歩くウォンバットだが、やる気になれば、なんと時40キロで走ることができる。自転車を余裕で追い抜くことができるレベルだ。しかも1分半もその度をキープできるというから驚きだ。
2. 穴を掘らせたら負けねぇ!
 まさに穴を掘るために生まれてきた言っていいウォンバット。タルのような体形と長くて鋭い爪がついた、平べったく頑丈な足はトンネルを掘ったり、部屋まで掘ることができる。トンネルは複数の部屋とつながっていたり、時には菜食地までつづいていることもある。ウォンバットは一日で90センチの土を進むことができる。
3. 後ろ向き(後肢寄り)の育児袋がある
 他の有袋類動物と同じく、胎盤がないウォンバットは、胎内で子どもを成熟させることができないので、未熟児の赤ちゃんを産み、育児嚢(のう)に入れて育てる。そして、この袋は後ろ向きになっている。穴を掘るときに育児嚢に土や砂などが入らないようにできているのだ。
4. 代謝がめちゃくちゃ遅い
 なんとウォンバットが食事を消化するのには14日もかかるそうだ。これで暑く乾燥している環境でも生きていけるらしい。
5. 歯は永遠に伸び続ける
 ウォンバットは、ネズミ、リス、ビーバーのような物をかじるのに適している歯を持っている。ウォンバットの切歯は永遠に伸び続けるため、堅い樹皮や植物などをかじって削らないと、口に収まらなくなってしまうそうだ。
6. たくましいお尻
 ウォンバットの最大の防御法の一つは堅強なお尻だ。お尻のほとんどは軟骨でできていて堅い。襲われた時は頭から穴につっこんでお尻で入り口を塞ぐ。しっぽもないこの堅強なお尻を掴み引きずり出すことはほぼ不可能で襲った動物も手が出ない。
7. 見た目ほどヤワじゃない
 普段は温厚なウォンバットも、自分の巣穴がある縄張りを守るためなら攻撃的にもなる。あの長い爪にひっかかれ刺し傷ができたり、噛まれたり、転倒させられたりと、人間がケガをしたという事例もあるから気をつけて。
8. 排泄物はキューブの形
9. 昔はもっと巨大だった
 氷河期時代のウォンバットは巨大でサイ並みのサイズだったそうだ。オーストラリア先住民のアボリジニは巨大なウォンバットを狩っていたという説もある。
10. 世界長寿のウォンバットは最近29歳の誕生日を迎えた
 オーストラリア、タスマニア州のバララット野生動物公園にいるウォンバットのパトリックさんは、去年29歳の誕生日を迎えた。おそらくは世界最年長のウォンバットであるだろう。世界一なのは、年齢だけじゃなく、その巨大さも。なんと、その体重は約30キロもある。
via:wired原文翻訳:melondeau
 ということで以下の画像は、オーストラリアで車にひかれて死んでしまった母親の育児袋から保護されたケニーさん。オーストラリア爬虫類公園で保護されており、たんすの引き出しの中がお気に入りとなってしまったようで、そこでぐっすり眠る姿を撮影したものだ。
 ウォンバットは人に保護されるとしっぽりと懐いてしまい、その生活を満喫してしまうようだ。ということで、カラパイアでは全面的にウォンバットにかかわっていくのだ。とにかくかわいくてもう無理。
The best Wombat Movie ever been made!!!
▼あわせて読みたい
世界最大のウォンバット「パトリック」さん、29歳の誕生日を迎える。未だ童貞。
「あっ!人来た!」 大はしゃぎで足元にまとわりつく2匹のウォンバットの子どもたち
踏まれても蹴られても・・・作業中の飼育員さんにどうしてもかまってほしかったウォンバットの本気
ウォンバット案件。とにかく抱っこ!そしてお腹をなでてほしい、ダグラスさんの場合
ウォンバットにかまって攻撃連発されるうらやましすぎる男
ツイートするシェアするこの記事をシェア :
スポンサードリンク
- twitter公式アカウント
- facebook公式ページ
- Google+公式ページ
- カラパイア全記事一覧
「知る」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリの最新記事
「動物・鳥類」カテゴリをもっと見る
この記事をシェア :
人気記事
最新週間ランキング
1位
5960 points
この宇宙が仮想現実である10の根拠
2014年12月6日
13583719679204
2位
5317 points
話が違うじゃないか!ネット通販で買った服の理想と現実を比較した画像
2014年12月6日
15303472108207
3位
3219 points
みんな違ってみんないい!美しくも愛らしい7種のキツネ
2014年12月5日
21119549064
4位
2685 points
ゾクゾクするほど怖くなる。依存症の怖さを表現したアニメーション「ナゲット」
2014年12月2日
171382131120
5位
2143 points
ロシアの野生に生きるキツネたちを余すところなくとらえた写真
2014年12月8日
12957673942
もっと読む
----------------------------------------------------------------------------
スポンサードリンク
Facebook
コメント



1


1. 匿名処理班


- 2014年12月14日 12:01
- ID:hqwIffgiO #





巨大ウォンバットの模型可愛くないなと思ったら、次の29歳ウォンバットも十分大きいし更に可愛かった…






2


2.


- 2014年12月14日 12:08
- ID:RTDcUoEX0 #











3


3. ハニーワ


- 2014年12月14日 12:13
- ID:y7q7a9Fw0 #





小さいままだとかわいいけどでかくなりすぎだわ。つか
四角のフンはネタでしょ?






4


4. 匿名処理班


- 2014年12月14日 12:25
- ID:RDSliK.K0 #





コアラよりも好き。
動物園で餌代のかかりまくるコアラではなく、ウォンバットを展示してください。
調べたら、チューバッカは29歳で?亡くなっていたのか・・・






5


5. 匿名処理班


- 2014年12月14日 12:27
- ID:NAuOkeMf0 #





20年以上前に初めてオーストラリアで見てなんて可愛い動物かと思った
丸太をくりぬいた形の給餌容器にすっぽりハマってる子が居たんだけど、
色といいハマり具合といい完全に丸太に同化してて、
そんなわけないのに狙ってやってんのかって思っちゃうくらいのお茶目さん
その時は「噛まれると危ないよ」って言われて眺めてただけだったんだけど、
こんな人間好きの性質だったなら触れば良かった〜
またどこかで会えるといいな






6


6. 匿名処理班


- 2014年12月14日 12:28
- ID:XkhagWqn0 #





たんすWWWWWW(>▽<)






7


7.


- 2014年12月14日 12:30
- ID:YLK.uJxC0 #











8


8. 匿名処理班


- 2014年12月14日 12:37
- ID:SDWteTmp0 #





動物がメシ食ってる姿ってなんであんなかわいいんだ






9




続き・詳細・画像をみる


冬の夜に飲みたいスープTOP10

ずっとクボタだと思ってた

『ドラゴンボール』クリリン「おいピッコロ」「なぁベジータ」「ヤムチャさん」←?

ゲーセンで働いてた俺が面白かった客wwwwwwwwwwwwwwww

どこに選挙で投票するか悩んでるんだが俺の選挙区には自民党民主党共産党しかない…

日本からも参戦。人気YouTuberが今年を振り返るハチャメチャムービー

back 削除依頼&連絡先