世界迷作劇場 どうして!?マリア先生back

世界迷作劇場 どうして!?マリア先生


続き・詳細・画像をみる

1:
どうして!?マリア先生 「ドンキホーテ・二度目の恋」
ルーペルト(お父様とフロイライン・マリアが結婚した。7月のことだ…
フロイライン・マリアは僕たちのつまり…お母様になったわけだ
僕らトラップ家の子供7人は皆喜び祝福した
…でも僕は、四つ年上のこの女(ひと)に別の想い『恋』を感じていた…)
自分の気持ちに気づいたのは冬の頃だったけど…それと気づくと同時に心の内にしまい込んだ)
ルーペルト「よかったよなぁ、フロイライン・マリアの結婚式…きれいで幸せそうだった」
ヘートヴィッヒ「本当に!?」
ルーペルト「え!?」
ヘートヴィッヒ「ルーペルトが本当にマリア先生の結婚を祝福してるとは思えないって言ってんの!」
2:
ルーペルト「な…何だよ…そんな事ないよ!何を言い出すんだ!」
ヘートヴィッヒ「ふーんそう!?でもそうは見えなかったわ。
あたしはてっきり特別(意味深)にマリア先生を見てると思ったわ」
ルーペルト「せ…先生としてだけだよ!」
ヘートヴィッヒ「ふーんじゃあ、あたしと何しても構わないわよね?」
ヘートヴィッヒ「抱いてよ…久しぶりに」
(チュッ)
ルーペルト「ヘ…ヘート…」
ルーペルト(僕とヘートヴィッヒは前に時々お互いの体を慰めていた時期があった。マリア先生が来るまでは…
あの頃のトラップ家は家族の心がバラバラに離れそうだった
僕もヘートヴィッヒも心が不安定だった…心の拠り所を体の快楽に求め貪ってた
でもマリア先生が来て家の中に落ち着きが戻ると自然と僕らもしなく(意味深)なった
その筈だったのに…)
3:
ヘートヴィッヒ「はあっ…はあっ…はあっ…」
(ぐっ)
ヘートヴィッヒ「んんんーっ!」
(ぷしゃー)
ルーペルト「す…凄い…ちょっと触れただけなのに濡れてるよ…」
ヘートヴィッヒ「久しぶりだからよ…ね、いつもの様にしてくれるんでしょう!?」
(ペロペロペロ…)
ヘートヴィッヒ「ひゃあんっ…!」
(ぢゅくぢゅく…ぢゅばっ!)
ヘートヴィッヒ「あっ…あっ…!」
4:
(じゅぶじゅぶくちゅっぶぷっ…)
ヘートヴィッヒ「そっ、そう…もっと奥に…差し込んで」
ルーペルト「あっ…熱いよ。ヘートのおま○こ…以前よりずっと熱く濡れてる」
(ぬぷっちゅっちゃっちゅっ)
ヘートヴィッヒ「あぁんっ!もっと…あっ…そこ…いいっ、気持ちいい!」
ルーペルト「はあ…はあ…ヘート…」
ヘートヴィッヒ「…来て、ルーペルト!」
ルーペルト(今またヘートヴィッヒとしている…後ろめたさはあった
でも今日の彼女はいつもより甘い誘惑で誘い…僕は濡れていた)
5:
(ズプッズプッズプッズプッ)
ヘートヴィッヒ「あぁっ…もっ…と…もっと動いてぇっ!」
(ずちゅずちゅずちゅずちゅ)
ヘートヴィッヒ「ああっ!そ、そうっいいっ、ああんっい…あっ」
(がばっ!)
ルーペルト「!」
ヘートヴィッヒ「はぁっ…はぁ…ルーペルト…あたしにはわかってるのよ。あんたが
マリア先生を教師なんかじゃなくって女として…「好き」って事…
マリア先生に恋してるでしょう!?」
ルーペルト「またかい!?違うって!先刻そう言ったろ…それより続き…」
(ゆっさゆっさぐちゃじょぶ)
ヘートヴィッヒ「あんっ…ごまかしてもダメよ!ナスターシャの時みたくわかってんだから!
ふ…冬にスキーに行った頃からでしょう!?」
ルーペルト「!!…そ…そうだよ!僕はマリア先生が好きなんだっ!
でもっ、いけないことなんだっ。どうしようもないんだよ!!」
6:
(ぐいっ!)
ルーペルト「ん!んーっ!?」
ヘートヴィッヒ「ルーペルトのバカっ、何で…。何で簡単にあきらめるのよ…!」
ルーペルト「ヘートヴィッヒ!?」
???「…そうよ」
(きょろ…)
ルーペルト「フロイライン・マリア!!そんなっ、どうして?」
(ぎゅっ)
マリア「簡単にあきらめちゃダメよルーペルト
私も好きよ…あなたやヘートヴィッヒ、トラップ一家のみんなを愛しているの」
7:
ヘートヴィッヒ「あっひっ…!!」
(ぐぐっぢゅふっびくっ)
ヘートヴィッヒ「はうっ!急に膣(なか)で大きくなっ…
ああっ、あたしの…かき回して。あうっ…こわれちゃう!!」
マリア「だからあなたが望むなら私を好きにして構わないわ…たとえ、そう
一時的に神様に背く事になってもね…
さあもうたまらないみたいよこの娘」
ヘートヴィッヒ「マリア先生…お…願い…」
マリア「!?」
ヘートヴィッヒ「もっと…あっ…たしを…気持ちよく…あっ…してぇ…んんっ!」
マリア「いいわよヘートヴィッヒ」
(ぢゅっじゅるっばっくんばっくんばっくん)
ヘートヴィッヒ「ん゜ん゜っん゜ん゜んんんーっ!!」
8:
(ずっずっぬぶっきゅっきゅジュブジュブ)
ヘートヴィッヒ「も…もういっちゃうったまんない!一緒に…一緒にいってぇ!」
(どくん!)
ヘートヴィッヒ「あああっあああっ!!」
(どぷん!)
ヘートヴィッヒ「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」
マリア「次は…私を満足させてねルーペルト」
(しゃぶしゃぶしゃぶ)
ルーペルト「そ…んなマリア先生…止め…てよ。こっ、こんな事しちゃダメなんだ…
僕たちもう親子な…のに」
マリア「怖がらないで受け入れて。ほら、このおチンチンはもう私に入りたがってこんなに元気よ…」
9:
マリア「もう私のもぐちょぐちょよ…言ってルーペルトあなたのを入れたいって。それとも…止める?」
ルーペルト「フロイライン・マリア…入れ…たいです」
(ずずず…ぬ!)
マリア「あっあっんっんっ…!」
ルーペルト(ためらっても既に選択の余地はなかった…僕の欲望が憧れの人の膣(なか)に埋まっていった)
(ずりゅ?ずぬっぬ゜りゅっぢゅ?)
マリア「あっあっあっもっとぉもっと深くう?!」
(くりくりくり…)
マリア「んっあっあっあんっああんっ」
ルーペルト(フロイライン・マリアの体を貫く度、僕の内には快楽と共に泥々とした肉への欲求が出てきていた)
10:
(ズッズッズッズ)
マリア「あっいっいいっ…」
ヘートヴィッヒ「はあっはあっはあっ…」
(ペロペロペロ)
マリア「ひあっ!」
ルーペルト(その泥々したものは次第にどす黒い欲望となっていき、僕を支配した…
ヘートヴィッヒも加わった、ただれた行為のなか憧れの色褪せ僕らはただの…)
(どぷっどぷっぐぷっずぷっ)
マリア「あっふっ!い…くぅっ!!」
ルーペルト(獣(けもの)…だった)
11:
ルーペルト(その後、我が家は大変だった。銀行が倒産して無一文になり、
屋敷の下宿屋にする事になった…僕は医科大学予科に就学するための
準備に追われていた)
トラップ男爵「ルーペルト!早く仕度をしなさい。汽車の時刻に間に合わなくなるぞ」
ルーペルト「はい、お父様!後はここの片づけだけです」
トラップ男爵「うむそれは?木彫りの騎士かね」
ルーペルト「はい!でもこれを創るのは二つ目なんです。僕の卒業記念にと思って…」
トラップ男爵「ほう」
ルーペルト「ごめんごめん、遅くなっちゃった!」
マリア「ルーペルト、時間ギリギリよ!」
ルーペルト(大人になりたいよ。はやく大人に!)
お わ り
12:
どうして!?マリア先生 おまけ・「サウンド・オブ・チビマリア」
小さいマリア「マリア先生!オープニングムービーでは夕日を背に楽しく飛んでいらしたわね!」
マリア「うふっ 気に入ってくれたかしら?」
小さいマリア「でも、ムービーでは空中で一時停止していたわ!そんなの、教えていただいた、
物理法則(慣性の法則)に反しています!アイザック・ニュートンが草葉の陰から不思議がっています!」
マリア「それはね、撮影の時に、体をワイヤーで吊るしていたからよ♪」
小さいマリア「つまり、わたしが気が付かないほど、細いワイヤーだったのね
どうして、切れなかったのですか?先生だったら落ちるでしょう?」
マリア「もう、失礼なこと言うわね」
小さいマリア「それと、「トラップ一家物語」のDVDのオープニングソングは「ドレミの歌」ではありません!
どうして変更されたのですかっ!」
マリア「まあ、いろいろあるのよ(大人の事情)…」
小さいマリア「わたしの考えでは、歌詞に問題があったと思うの。
もっと素晴らしい歌詞だったら、変更はなかったのかも。
わたし、実は、カバーバージョンを考えていたんです!」
マリア「まあ、どんなのかしら?」
1

続き・詳細・画像をみる


【画像】関西女子高生ミスコン候補者一覧がモンスターだらけでワロタwwww

石原さとみに何が起きたのか?  (画像あり)

自己資金0の結婚式で衣装代も何もかも参加費で賄ったのに、募金箱まで回して図々しいにも程がある

「主人公サイドなら何やっても許される」的な作品死ぬほどきらい

民主党に3つの追い風 「労組」「反創価学会」「やりすぎ自民に反発」

コンタクトって運が悪ければ目の中に血管出来て失明すんのかよwww

back 削除依頼&連絡先