海未「穂乃果は邪魔なので>>5をしてイジメます」back

海未「穂乃果は邪魔なので>>5をしてイジメます」


続き・詳細・画像をみる

1:
海未「穂乃果ってなんなんですかねえ」
海未「いい歳にもなって小学生みたいな喋り方、無駄に抱きついてくるし人に頼れはなんでも済むと思っています」
海未「正直言って私の生活の邪魔にしかなっていません。まあ、少し、少しだけ可愛いですがボソ」
海未「そ、それはともかく、最近じゃあμ'sの中でも不人気で人気投票ビリを叩き出しまくってるみたいじゃないですか」
海未「私だけでなくμ'sにも迷惑をかけているとは人間のクズです。それになにより私とことりの恋の邪魔をしてくるなんて許せません。なんでいっつも付いてくるんですか」
海未「と、まあこのように穂乃果は邪魔な存在ですからイジメてボロボロにしてやりましょう」
海未「まずは>>5をします」
5:
下駄箱にムカデ
15:
海「うう・・・やはりおもちゃでも気持ち悪いです・・・それになんか妙にリアルです・・・」
海「まあ、仕掛けにいきましょう。今は放課後で穂乃果はいないので明日は楽しみですね。」テクテク
???「あれ、海未ちゃんあんな物持ってどこ行くんだろう・・」
???「ちょっとついていってみるか・・・」
???「ここは・・下駄箱? って今穂乃果ちゃんの下駄箱あれ入れてたよね?」
???「海未ちゃんってあんなことするんだっけ・・・」
16:
>>18「ちょっと話しかけてみよ・・・」
>>18「海未ちゃーん!なにやってるの?」
μ'sのメンバーで
海未以外でお願いします
18:
ことり
19:
ことり「海未ちゃーん!なにやってるの??」
海「こ、ことり!?もう帰っていたのではなかったのですか!?」
ことり「ちょっと教室に忘れ物しちゃって?」
ことり「それより海未ちゃん、何やってたの?」
海「う、そ、それは・・・」
20:
訂正
海「うう・・・やはりおもちゃでも気持ち悪いです・・・それになんか妙にリアルです・・・」
海「まあ、仕掛けにいきましょう。今は放課後で穂乃果はいないので明日は楽しみですね。」テクテク
???「あれ、海未ちゃんあんな物持ってどこ行くんだろう・・」
???「ちょっとついていってみるか・・・」
???「ここは・・下駄箱? って今穂乃果ちゃんの下駄箱になにか入れてたよね?」
???「海未ちゃんってイタズラみたいなことするんだっけ・・・」
21:
ことり「うーん、穂乃果ちゃんの下駄箱に何か入れていた気がするんだけど・・」
ことり「なに入れたの?」
海「そ、それは・・(まさかことりに見られていたとは・・・皆さんうまく切り抜けさせてください・・・!)」
海「>>22です!」
22:
ラブレター
26:
海「ラブレターです!」
ことり「え!?う、海未ちゃん・・それって本当なの・・・!?」
海(ってなんでですか!穂乃果にラブレター、そ、それもことりの前でそんなこと言ってしまうなんて・・・)カアア
ことり「そっか・・・海未ちゃん、穂乃果ちゃんのことが好きだったんだ・・・」
海(ああ!これはマズイです!非常にマズイです!>>28と言って挽回します!)
28:
いじめに協力させる
30:
海(ええい!こうなったら本当の事を言うしかありません!それにことりもいつも穂乃果に迷惑をかけられてうっとおしく思っているはずです!もしかしたら一緒にやってくれるかもしれません!)
海「じ、実は、ムカデのおもちゃを入れました・・・」
海「いつも穂乃果には迷惑をかけられて、うんざりしていたのです。」
海「ちょ、ちょっとしようと思いまして・・・」
ことり「ふーん。海未ちゃん、それって い じ め だよね♩」
海 ビクッ
ことり「ことり、そういうのって
>>32だと思うなぁ」
1.最低
2.私も穂乃果ちゃんが嫌いだったから参加させて
3.その他
その他は具体的に書いてください
32:
st
33:
仕方ないな親鳥の力で穂乃果を特別学級(池沼クラス)にいれてやろう
3
34:
訂正
海「いつも穂乃果には迷惑をかけられて、うんざりしていたのです。」
海「ちょ、ちょっと、ちょっとだけイタズラしようと思いまして・・・」
ことり「ふーん。海未ちゃん、でもそれって い じ め だよね♩」
35:
ことり「たしかに、穂乃果ちゃんは、海未ちゃんに頼り過ぎてたりすることあったよね・・・」
海「わ、わかってくれますか?!そ、それにことりも同じように・・・」
ことり「うーん、私は海未ちゃんほど穂乃果ちゃんを迷惑だとは思ってないけど・・・」
ことり「たしかに少し迷惑かなって、思ったりすることもあるよ」
38:
海「じゃ、じゃあ、一緒にイジメをやってくれませんか!?」
海「このままじゃ、私やことりだけじゃなくて、μ'sまでも被害を受けてしまいます!不人気穂乃果のせいで・・・!」ギリギリ
ことり「うーん、それは出来ない相談かなあ」
海「え!?」
ことり「たしかにイジメたいけど、それじゃあバレたら大変だし、μ'sの私たちに変な噂が立っちゃうかもしれないでしょ?」ニコ
ことり「せっかくお母さんが学園長なんだからその力を活用しようよ」ニッコリ
海 ビクッ
39:
訂正
>ことり「うーん、迷惑はしてるし多少のイジメになら参加してあげたいけど、それじゃあバレた時大変だし、μ'sの私たちに変な噂が立っちゃうかもしれないでしょ?」ニコ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
続き
ことり「実は、穂乃果ちゃんの行動で外部や保護者の方から苦情の電話が何回も来てるんだよね。なんであんなおかしい行動する奴が生徒会長なんだ!って。」
ことり「それにね、生徒からも何回か相談を受けたことがあるの。知り合いじゃないのに急に抱きつかれた、お弁当を食べられた、授業中の寝息がうるさい、突発的に授業中立ち上がったりするあれが生徒会長じゃ恥ずかしい、って。」
ことり「それでね、お母さんと話し合って、特別学級に入れようか迷っていたの。ひどいかなあ、と思ってたんだ。」
ことり「でも親友の海未ちゃんまでが迷惑だと思ってるなら、そうするしかないよね?」ニコ
ことり「生徒会長も辞任して貰って、会長は海未ちゃんにやってもらおうと思うの。仕事は増えちゃうけど・・・って元々変わらないか♩仕事も一切しなかったしね」ニコニコ
海「え、は、はい、そうですね」
(なんか怖いです・・・)
ことり「じゃあ、今日お母さんに言っておくね!」
42:
穂「え、え?!?なんで特別学級なの!?た、助けて海未ちゃ?ん!!!」
ことり「また、海未ちゃんに頼ろうとしちゃって。迷惑だねえ、海未ちゃん♩」
海「はい、これが最良の選択だったのかもしれませんね・・・」
こうして穂乃果が隔離されて1ヶ月がたった
μ'sは穂乃果を抜いた8人で神8と名前を変えてラブライブに出場、見事A-RISEを打ち破り一躍全国一位の座をもぎ取った
もちろん、穂乃果のファンだった人は離れて行った。だが、今や世間を席巻する私たちには些細な違いだった
45:
私は新しく生徒会長兼μ'sのリーダーとして仕事を全うしている
最初は上手くいくかわからなかったが、生徒会の仕事の量も特に変わらず、苦手だった人前で話す事も場をたくさん踏んだことで既にプロのアイドル並みになっていた
登校の時も、クラスで居る時も、生徒会の時も、ことり二人で居られるから当初の目的も達成された
ことりとの仲も大分進展し、もう少して告白しようと思っている(一週間まえからずっと思っているのは内緒です)
充実した生活に、好きな人とのたくさんの時間
私の生活はとても充実している
はずだった
なぜだろうか
穂乃果が隔離されてからの日々はなぜかメリハリがなかった
46:
今考えるといつも穂乃果穂乃果穂乃果で生活が回っていた
たしかに迷惑だと思ったこともあった
イラッとくることもあった
だけど、私は本当に穂乃果が嫌いだったのだろうか?
あの頃はいつも心から笑っていた気がする
今はたくさんの経験で愛想笑いがとても上手くなった
周りから見れば幸せに見えるだろう
だけれど本当に笑っていることはほとんどない
ことりとの恋が上手く進展しないことの腹いせを穂乃果にぶつけていただけなんじゃないだろうか
4

続き・詳細・画像をみる


清潔感と礼儀正しさを大事にした結果wwwwwwwww

俳優「殺人鬼の映画ですか……面白そうですね!」

こちらスニャーク。かくれんぼならプロフェッショナルだ。指示をくれ、大佐!

お菓子作りが趣味。作るだけで自分は食べないので職場に持って行ってるんだけど勝手に食べるずうずうしい人がいる

【悲報】 中国人 「東京って高層ビル少なすぎだろww田舎じゃねーかww失望したわ・・・・・・・」

チケット転売を防げ!ももクロのチケット販売にNECの顔認証技術 チケット購入時に顔写真を登録、会場入り口で顔認証! アニメ・声優イベントでもこれ導入しろ

back 削除依頼&連絡先