俺(デュエリスト)「クククク…IS学園か……」back

俺(デュエリスト)「クククク…IS学園か……」


続き・詳細・画像をみる

1:
千冬「代表者を決めるぞ。誰がいい?自薦他薦は問わないぞ」
俺「ククククク……俺に任せな…地獄を見せてやるぜ…」
生徒A「セシリアがいいと思います!」
その他「さんせーい」
セシリア「ふふん!当然ですわ!」
千冬「他に誰もいないか?」
俺「……」
2:
千冬「では、代表者はセシリアで決定だな」
セシリア「私が代表者になったからには大船に乗ったつもりで――」
俺「クククク…大船?ドロ船がいいとこだろ……」
セシリア「」カチーン
セシリア「ああ?貴方、いましたの。で、今……なんと言いました?」
俺「ククク……この俺の力に恐れをなして無視することしかできないポンコツがクラス代表じゃあこのクラスも終わったなって言ったんだよ」
セシリア「ムッカー!この私が貴方みたいなのと会話をしてあげているというのになんですの!?その口のきき方は!?もう許しませんわ……決闘ですわ!」
俺「この俺に決闘(デュエル)を挑むか……ククク、面白い!」
3:
セシリア「あら?ISを展開していないということは、私の靴でも舐めにきたのかしら?」
俺「ククククク…よく見ろよ…」
セシリア「なんですの?その腕のオモチャは?」
俺「デュエルディスク…俺のISだ…」
セシリア「ふざけているんですの…?」
俺「ククククククク…俺は何時だって本気だぜ……?」
セシリア「馬鹿にしてっ……いいですわ!貴方、私に負けたら一生私の下僕ですからね!?よろしくて!?」
俺「クックック…それも悪くないな……」
千冬「それでは…はじめっ!」
俺「決闘(デュエル)!!」
俺 LP 8000 セシリア LP(シールドエネルギー) 8000
ティレーン
4:
セシリア「そんな腕だけのISで私に勝てるとでも!?ブルーティアーズ!」
ブルーティアーズ
星1/水属性/機械族/攻 1100/守 1100
×4
俺(先手でなんの耐性も無いモンスターを大量展開か…ククッ。素人もいいとこだぜ)
セシリア「いきなさい!」バチューンバチューン
俺「フッ…」バシバシ
セシリア「なっ…!?ブルーティアーズの攻撃が全て弾かれた!?」
俺「初心者もいいとこだな……先行でバトルフェイズは行えないぜ…俺のターン!!ドロー!」
俺(クククク……俺のデッキは地獄と呼ぶにふさわしい『デーモン』!!破壊の嵐がお前を襲うぜ!さあ!地獄を見るがいい!)
手札
闇のデッキ破壊ウイルス 堕落 闇のデッキ破壊ウイルス デーモンの雄叫び 奈落の落とし穴 カメンレオン
俺(事故ったぜ……)
5:
俺(カメンレオンを立てれば奴のブルーティアーズでは突破できない。だが、カメンレオンの効果は強力だ。出来れば使いたい。それに、奴の持つライフルがカメンレオンの攻撃力をオーバーしていればコイツはわずかにダメージを防いでその役目を終える……)
俺(コイツはそんな小さな役割しか持たないモンスターではない!)
俺(大丈夫……俺なら出来る…次のターンで逆転のカードを引き、その次のターンでこいつを使ってフィニッシュだ!)
俺(ワンキルはされないはずだ!ここは、モンスターを召喚せずにエンドしよう)
俺(問題は伏せだ……この状況で伏せてまともに機能するカードは奈落のみ)
俺(奈落は伏せておこう。万が一のワンキルの可能性を大きく減らせる)
俺(サイクロンで割られたら元も子もない。2枚伏せれば割られる確率は2分の1……2分の1では心もとないが、それ以上伏せると大嵐で詰む)
俺(いや…大嵐は制限カード。初手で握っている確率は低い。握っている確率が高いサイクロンを警戒すべきだ!)
俺「……カードを3枚伏せてターンエンド」ディレーン
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [伏] [伏] [伏] [ ]
手札
堕落 闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン
セシリア「何ですの……!?奴の前に大きなカードが…?いったいどんな攻撃を…!?」
俺「お前のターンだぜ!好きに攻撃しな!」
セシリア「えっ」
6:
セシリア「なんだかよくわかりませんが…ブルーティアーズ!奴をハチの巣にしなさい!」
俺「ぐわああああああ!!」LP8000→4700
セシリア「もう一撃ッ!」
セシリア(スターライトmk?) A.2400
俺「うげええええええ!!」LP4700→2300
セシリア「まだまだ!」ドカドカ
俺「同じモンスターの攻撃宣言は1ターンに1度だぜ!」バシバシ
セシリア「!?」
セシリア(攻撃が全て無効化されたかと思えば、今度はすんなり通った……かと思えば、また無効化される…!な、なんですの?この男のISは…!)
7:
俺「フッ……とはいえ、ここらで何かいいカードを引かなければ、負けは確実……行くぞ!俺のターン!ドロー!」
ドロー ジェネシスデーモン
俺(トリックデーモンたんがよかったが、これでもまだマシか……)
俺「ジェネシスデーモンを攻撃表示で召喚!」
戦慄凶皇?ジェネシス・デーモン
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になり、エンドフェイズ時に破壊される。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できない。
また、1ターンに1度、自分の手札・墓地の「デーモン」と名のついたカード1枚をゲームから除外して発動できる。フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
ジェネシス・デーモン「ぐおおおお!」
セシリア「ひぃっ!?」
セシリア「な、なんですの!?いきなりばけものが…!」
俺「クククク……地獄を見せてやる!行けッ!ジェネシス・デーモン!アイツに地獄を見せるのだ!」
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおおお!」バキッ
セシリア「私のブルーティアーズを握り潰した!?きゃあっ!」
セシリア LP8000→7600
セシリア「なんですの…!?ブルーティアーズを破壊されただけなのに、シールドエネルギーが目に見えて減少した…?」
9:
俺「フン…ジェネシス・デーモンは生贄なしで通常召喚した場合、攻撃力、守備力は半分になる。そして、生贄なしで通常召喚したジェネシス・デーモンはエンドフェイズ時に破壊される。ククク、命拾いしたな」
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおん」
セシリア(ばけものが消滅した!?)
俺「…ターンエンドだ」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [伏] [伏] [伏] [ ]
手札
堕落 闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン
10:
セシリア「ばけものを呼び出すとは変わったISですわね!でも、やはりなんらかの制約がかけられているようですわね!これでおしまいですわ!」
セシリア(スターライトmk?)A.2400→ダイレクトアタック
俺「甘い!罠カードオープン!デーモンの雄叫び!」
デーモンの雄叫び
通常罠
500ライフポイントを払い発動する。
自分の墓地から「デーモン」という名のついたモンスターカード1枚を自分のフィールド上に特殊召喚する。
このモンスターは、いかなる場合にも生け贄にする事はできず、このターンのエンドフェイズに破壊される。
俺「フゥン!」
俺 LP2300→1800
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおおお!」攻3000 守2000
セシリア「ま、またばけものが!いいですわ!まずはそのばけものを消し飛ばしてさしあげますわ!いけっ!ブルーティアーズ!一斉射撃!」
ブルーティアーズ攻1200×3=3600→ジェネシス・デーモン 攻3000
俺「何っ!そんなことも出来るのか!」
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおおお!!」バリーン
俺 LP1800→1200
俺「クッ…だが、その効果を使用したターン、お前は攻撃できないようだな……俺のターンだ!」
11:
セシリア「はぁ、はぁ……どうですの!?これがわたくし、セシリア・オルコットの実力ですわ!今、負けを認めてその場で全裸で土下座をするなら、許してあげないこともないですわよ?」
俺「馬鹿を言うんじゃない!俺はまだ1回もドロー出来るんだ!!最後の最後まであきらめない…それが真のデュエリストだ!!」
セシリア「…じゃあ見せていただけますの?その、真のデュエリストの力とやらを」
俺(とはいえ、状況は絶望的……地獄を見せると大口を叩いておきながら、情けねえ…だが、まだ俺はあきらめちゃいねえ。俺のデッキに眠る地獄の使者よ……俺に力を貸せ!そして奴に…)
俺「地獄を見せるのだぁぁ!!ドローッッ!!」
ドロー バトルフェーダー
俺(よしっ!)
俺「ターンエンドだぜ!」
セシリア「…?」
12:
セシリア(ブルーティアーズ1基を撃墜した事以外、守ってばかりで何もしてきませんの…逆に不気味ですわね……)
セシリア「まあいいですわ!これでフィナーレ!」
セシリア(スターライトmk?)攻2400→ダイレクトアタック
俺「手札のバトルフェーダーの効果発動!!」
バトルフェーダー
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
バトルフェーダー「フン」
セシリア「なっ…!また違うばけものを……往生際の悪い!ブルーティアーズ!」
ブルーティアーズ「」シーン
セシリア「なっ……!ブルーティアーズが言う事を聞かない!?」
俺「ククククク…お前のバトルフェイズは終了したぜ…?」
13:
俺「さあ!地獄への案内人のお出ましだ……俺のターン!ドロー!」
ドローカード デーモンの将星
俺(来たかッ!)
俺「場のバトルフェーダーを生贄に…!」
俺「現れろッ!デーモンの将星!!」
デーモンの将星「ぎゃおおおお!」デュリーン
デーモンの将星
星6/闇属性/悪魔族/攻2500/守1200
自分フィールド上に「デーモン」と名のついたカードが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
このターンこのカードは攻撃できず、この方法による「デーモンの将星」の特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
この方法で特殊召喚に成功した時、自分フィールド上の「デーモン」と名のついたカード1枚を選択して破壊する。
また、このカードがアドバンス召喚に成功した時、自分の墓地からレベル6の「デーモン」と名のついたモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
俺「俺の墓地にはレベル6の「デーモン」がいないから効果は使えない…だが!貴様の貧弱なモンスターを叩き伏せるには十分だ!」
セシリア「また違うばけものを…!」
[ ] [ ] [将] [ ] [ ]
[ ] [ ] [伏] [伏] [ ]
手札
堕落 闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン
15:
俺「そしてッ!手札の魔法カード!『堕落』を発動!」
堕落(フォーリン・ダウン)
装備魔法
自分フィールド上に「デーモン」という名のついたカードが存在しなければこのカードを破壊する。
このカードを装備した相手モンスターのコントロールを得る。
相手のスタンバイフェイズ毎に、自分は800ポイントダメージを受ける。
俺「相手モンスター1体のコントロールを得る!」
俺「フン……貴様のコントロールを得れば、終わりかもしれんが…」
 【カードを選んでください】
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [蒼] [蒼] [蒼]
  ↑
俺(なんだと!?セシリアはモンスター扱いではあるが、同時にプレイヤー扱いでもある、という訳か!これではコントロールを得ることができない!)
俺「貴様のブルーティアーズを頂くぞ!」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [蒼] [蒼] [ ]
[ ] [蒼] [将] [ ] [ ]
[ ] [堕] [伏] [伏] [ ]
手札 闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン
16:
俺「ブルーティアーズ!奴のブルーティアーズを粉砕しろ!」
ブルーティアーズ 攻1100→ブルーティアーズ 攻1100
セシリア「なっ!?ブルーティアーズの1基が別のブルーティアーズに攻撃をッ!?」
セシリア LP7600→7600
俺 LP1200→1200
俺「攻撃力が同じモンスターが戦闘を行った場合、お互いに破壊される。だが、これでいい!」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [蒼] [ ] [ ]
[ ] [ ] [将] [ ] [ ]
[ ] [ ] [伏] [伏] [ ]
俺「デーモンの将星!残ったブルーティアーズを破壊しろ!」
デーモンの将星「ぎゃおおおお!」バキッ
セシリア「きゃあああああ!?」
セシリア LP7600→6200
俺「クククク…勝負あったな……ターンエンドだ」
セシリア「ま、まだ負けてませんわ…!!」
俺「無駄だ。貴様の攻撃力ではデーモンの将星は倒せん。ククク……さあ。地獄を見てもらおうか!」
19:
セシリア「何を馬鹿な事を!そんな化け物の1匹や2匹!」
セシリア「ちぇりゃああああ!」ドカンドカン
俺「ミサイルだと!?」
ミサイル 攻1600×2=攻 3200→デーモンの将星 攻 2500
俺「ククク…それが攻撃力1400なら、勝負は分からなかった……」
俺「攻撃力が高ければいいというわけではない…そのISの設計ミスだ……」
セシリア「何をわけのわからないことを!」
俺「ならばわからせてやる!罠カード!『奈落の落とし穴』!」
奈落の落とし穴
通常罠
(1):相手が攻撃力1500以上のモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動できる。
その攻撃力1500以上のモンスターを破壊し除外する。
セシリア「なっ!?ミサイルが突如現れた穴に飲み込まれた!?いったい何が起こったんですの!?」
俺「クククク……どうした…?もう終わりか…?」
セシリア「そ、そんなはずが…」
俺「終わりのようだな…俺のターン!!ドロー!」
ドロー サイクロン
俺「……」
20:
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [将] [ ] [ ]
[ ] [ ] [伏] [伏] [ ]
手札
闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン サイクロン
俺「デーモンの将星でダイレクトアタック!」
セシリア「きゃあああああああ!」
セシリア LP6200→3700
俺「ターンエンド!」
セシリア「このっ……!」
セシリア(スターライトmk?)攻2400→デーモンの将星 攻2500
セシリア「ぐぅぅっ…!どうしてっ!?なんで倒せないんですの!?」
セシリア LP3700→3600
俺「錯乱したか。勝負あったな…」
21:
俺「俺の予測では、貴様に次のターンは無い。さあ、地獄を楽しみな……ドロー!」
ドロー クリバンデット
俺「…………」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [将] [ ] [ ]
[ ] [ ] [伏] [伏] [ ]
手札
闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン サイクロン クリバンデット
俺「クリバンデットを召喚!」
クリバンデット
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 700
(1):このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズにこのカードをリリースして発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは全て墓地へ送る。
俺「クリバンデットでダイレクトアタック!」
クリバンデット「クリトリ?」
セシリア「きゃああっ!」
セシリア LP3600→2600
俺「デーモンの将星でダイレクトアタック!」
セシリア「きゃあああああっ!!」
セシリア LP2600→100
23:
俺「俺はカードを1枚伏せ、ターンエンド!」
俺「エンドフェイズ時、クリバンデットの効果発動!クリバンデットをリリース!」
クリバンデット効果:堕落 激流葬 堕落 大嵐 トリックデーモン 
俺「堕落を手札に加えるぜ!そして、トリックデーモンの効果発動!」
トリック・デーモン
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカードがカードの効果によって墓地へ送られた場合、または戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、デッキから「トリック・デーモン」以外の「デーモン」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
「トリック・デーモン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
俺「俺はデッキから伏魔殿(デーモンパレス)―悪魔の迷宮―を手札に加えるぜ!」
俺「ターンエンド…と、行ってもお前は何もできないだろうがな……ククク…」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [将] [ ] [ ]
[ ] [伏] [伏] [伏] [ ]
手札
闇のデッキ破壊ウイルス カメンレオン 堕落 伏魔殿
24:
セシリア「あり得ませんわ…この私が、こんなのに負けるはずがないんですもの……うふ、うふふふふ」
セシリア「たああああああ!!」
セシリア(スターライトmk?)攻 2400→デーモンの将星 攻 2500
俺「ふっ…馬鹿な事を……」
セシリア「あああああ!!」
その時、不思議なことが起こった!追い詰められたセシリアの精神がスターライトmk?の力を増大させたのだ!
俺「ビームが曲がった!?デーモンの将星を突きぬけて、俺の方に…!」
セシリア(スターライトmk?)攻 2400→ダイレクトアタック
俺「だが……未熟!攻魔法!サイクロン!貴様の装備魔法を破壊する!」
サイクロン→装備魔法 スターライトmk?
セシリア「きゃああああああ!?」バリーン
セシリア(インターセプター)攻 100→ダイレクトアタック
俺 LP1200→1100
セシリア「そんな……!?」
俺「ふっ…やるじゃないか……少しは見直したぜ。たとえそれがインチキ効果だろうとな……」
俺「貴様に称賛を送るぜ……クククク、そして、冥土の土産に見せてやるよ……!悪魔の宮殿を!」
俺「俺のターン!ドロー!」
ドロー おろかな埋葬
俺「フィールド魔法!デーモンパレス!」
伏魔殿―悪魔迷宮―
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の悪魔族モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、自分フィールド上の「デーモン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスター以外の自分フィールド上の悪魔族モンスター1体を選んでゲームから除外し、自分の手札・デッキ・墓地から選択したモンスターと同じレベルの「デーモン」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚する。「伏魔殿?悪魔の迷宮?」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
セシリア「な……地形が変わっていく…!?」
25:
俺「クククク…デーモンの将星の攻撃力は2500から3000へ……残りLP(シールドエネルギー)100のお前が、そんな攻撃を喰らったら大変だなあ……え?」
セシリア「じょ、冗談ですわよね……?そんなことをすれば、死んでしまいますわ……」
俺「地獄を…味わいな!」
俺「バトルフェイズ!!」
俺「デーモンの将星!奴を―――!!」
俺(何故だ――!何を躊躇しているのだ!俺は!?)
俺「クソッ!!デーモンの将星!行けッ!奴を握り潰せ!そして地獄に送れぇ!!」
デーモンの将星「ぎゃあおおおおおおお!!!」
セシリア「いやああああああああ!!」
26:
セシリア「いやああああああああああ!!」
俺の記憶の中の女の子『いやあああああああああ!!』
俺(なんだ!なんだというのだ!?俺は、こんな奴とアイツを重ねているというのか!?)
俺「……フッ。俺もまだ甘いな。罠カードオープン!闇のデッキ破壊ウイルス!!」
闇のデッキ破壊ウイルス
通常罠
自分フィールド上に存在する攻撃力2500以上の闇属性モンスター1体をリリースし、魔法カードまたは罠カードのどちらかの種類を宣言して発動する。
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード、相手の手札、相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
宣言した種類のカードを破壊する。
俺「デーモンの将星をリリース。魔法カードを選択……といっても、お前は伏せカードは無く、手札は満足。何も起こらない……」
デーモンの将星「ぎゃあああおおおお!?」
セシリア「……ひ、ひぃぃ」
俺「……俺もまだ、地獄の管理人には程遠いか」
27:
俺「バトルフェイズ終了。メインフェイズ2へ。そして、おろかな埋葬を発動」
おろかな埋葬
通常魔法
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
俺「俺はデッキから、デーモンの騎兵を墓地へ送る」
俺「そして手札から、カメンレオンを通常召喚!」
カメンレオン チューナー
星4/地属性/爬虫類族/攻1600/守1100
このカードは自分フィールド上にレベル5以上のモンスターが存在しない場合のみ召喚できる。
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の守備力0のモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動するターン、自分はエクストラデッキ以外からモンスターを特殊召喚できない。
俺「カメンレオンの効果発動!墓地からデーモンの騎兵を特殊召喚!」
俺「カメンレオンとデーモンの騎兵でエクシーズ召喚!こい!ガガガガンマン!」
ガガガガンマン「ま?ん」
ガガガガンマン
ランク4/地属性/戦士族/攻1500/守2400
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:このターン、このカードが相手モンスターを攻撃するダメージステップの間、このカードの攻撃力は1000ポイントアップし、その相手モンスターの攻撃力は500ポイントダウンする。
●守備表示:相手ライフに800ポイントダメージを与える。
28:
俺「エクシーズ素材を1つ取り除いて効果発動!相手ライフに800ダメージを与える!」
セシリア「きゃああっ!」
セシリア LP100→0
俺「…フン。2900ダメージより、はるかにマシだろう……」
俺「…………俺を笑うか、ガガガガンマン。悪魔(デーモン)よ」
ガガガガンマン『フッ…この程度で愛想を尽かすようでは……貴様の作る地獄を見ることなどできんよ』
デーモンの将星『見せてみろ……我々に。真の地獄しか知らぬ悪魔共に。貴様の創造する地獄を!』
デーモンの騎兵『貴様の望む地獄を作る為なら、我々は何度でも戦おう』
クリバンデット『クリトリ?』
ジェネシス・デーモン『我々の力が必要な時は、何時でも呼べ…何度でも力を貸そうぞ』
トリック・デーモン『私達の名は悪魔(デーモン)……暗い地獄の底で不幸を見続ける者…』
29:
セシリア「…………私の負けですわ」
俺「フン……地獄は視えたか?」
セシリア「…………貴方は何故、あの時私にあのばけもので攻撃をしなかったんですの?」
俺「フン…貴様に地獄は贅沢だ…お前は、生き地獄を味わえ。敗者の苦しみを!そして強くなれ……敗北を知らぬものは…弱い」
セシリア「!」キュンキュン
セシリア(カッコイイ…!)
俺「地獄を知ったら、俺の元にこい。更なる地獄を見せてやる…………」
セシリア「はい……私に見せてください…」
セシリア「イキ地獄を…!」
俺「ククククク…………」
   第1部完
36:
生徒A「では、一応俺くんのクラス代表決定を祝して!」
生徒「「おめでとー!」」
生徒B「いやー、腐っても特別な存在ってわけなんだね」
俺「フン……」
生徒A「あれ?なんで不機嫌そうなの?」
俺「地獄の住人である俺が…こんな日向に出てきてしまった……」
俺「そして、表向きでは嫌がりながらも、どこかで喜んでいる自分が居る……クッ…笑え……まだ俺は、地獄に染まりきれていない……こんな地獄は俺が望んだ地獄ではない……」
37:
デーモンの将星『いいではないか…』
俺(デーモンの将星…!)
デーモンの将星『フフ、たまには日に当たるのも悪くない。それに、いずれは全世界を地獄に染め上げるのだろう……?お天道様と仲良くなっておくのも、世界地獄化計画には必要だ』
俺(ククク……そうだな…お前には世話をかけてばっかりだ………ありがとう。デーモンの将星)
デーモンの将星『フッ…悪魔に礼などいうな……』
俺(ああ…そうだな……)
生徒D「俺くん……?」
俺「ククククク……まかせろ………俺がこの学園を地獄に染めてやろう……」
生徒D「あ、あははははは…まあ、がんばってね…」
生徒C「そういえば、2組のクラス代表が新しく来た転校生と交代になったんだってね。確か、中国から来た子だとか」
俺「クククク…尖閣諸島は日本の領土……」
生徒D「そういう発言はやめよう」
38:
生徒A「でも、今の所専用機持ちは1組と4組のみ…余裕だね」
生徒B「いざとなったらモンスターに任せて逃げてれば勝てるんじゃない?」
俺「ククククク……………俺には俺流の闘いがある…それに、モンスターに任せても俺のLP(シールドエネルギー)は減るんだぜ………地獄だろ…?」
生徒A「お、おう」
俺「クックックックックック……!俺は地獄の人間だ……誰も信じない…だが、そんな俺でも信じるものはある……俺自身と、このデッキだ…」
俺「ククククククククク…」
生徒(やっぱ話しづらいなあ…)
39:
?放課後?
セシリア「あの……俺さんは…?」
箒「初日に追い出したから、どこで寝てるか知らんぞ」
俺「クックックック、いるんだなこれが…」ヌッ
箒「ひぃっ!?何時の間に!?」
俺「俺は闇の住人……闇ある所なら、どこからだって現れるぜ……?」
箒「貴様、まさかいつもそこで寝ていたというのか…!」
俺「フッ…ちゃんと地獄の住民にふさわしい巣は確保してある……こんな小奇麗な部屋では、闇の存在である俺は逆に疲れが溜まってしまうのでな……」
セシリア(か、かっこいいですわ!闇…地獄…なんて素敵な響きなんでしょう!)
俺「クククク…飯でも食いにいくか……」
セシリア「あ、食堂に行くんですの!?でしたら、わたくしもご一緒に!」
俺「食堂…?フッ…俺が行くのは食堂は食堂でも地獄食堂だぜ……?地獄初心者のお前には少々キツいぜ………?だが、なれてしまえば地獄食堂で食う地獄飯は最高の地獄だ………」
セシリア「な、ならばなおさらご一緒させていただきますわ!」
俺「クククククク…勝手にしな……」
40:
―便所―
セシリア「な…化粧室で弁当を食べるなんて…」
俺「これが地獄食堂の地獄飯だ……なかなかの地獄だろう…」
セシリア「ううっ…確かにこれは精神的にキますわね……せ、せめて同じ個室で食べませんこと!?」
俺「フッ…素人め。地獄食堂は1部屋1人と決まっているんだ…二人で食べる地獄飯………そんなのは偽物の地獄だ…」
セシリア「す、すいません…」
セシリア(俺さんにイキ地獄を見せていただくために、頑張らなくては!)
俺「ククククク…誰かと話ながら食う地獄飯はいつもより明るく見えるぜ………」
41:
―クラス対抗戦当日―
生徒A「初戦の相手は噂の転校生、凰鈴音か…」
山田「使用するISは甲龍…中国の第三世代ISですね」
セシリア「がんばってください!俺さん!」
俺「ククククククク…会場を地獄に染めてやるぜ……」バッ←マントを脱ぎ捨てる音
アナウンス『両者、既定の位置へ移動してください!』
俺「ゆくぞ、地獄の悪魔共よ……」デュエルディスク展開
俺「クククククククククク…地獄はこれからだ……」
42:
鈴「アンタのISって、モンスターを出して戦うんだってね?」
俺「ククククククククク…」
鈴「自分で戦わないなんて…やっぱ陰湿な卑怯者はやることが違うわね?」
俺「そうさ……俺は暗黒世界の住人だ………陰湿や卑怯者、ポンコツやボンクラ、クズにチンカス、死ねにゴミにノミにダニに出来損ない、うんこばい菌、どれもこれも言われ慣れた………」
鈴「そ、そう…」
俺「だが、俺を嘲り笑った奴を生かして置くわけにはいかねえ……」
俺「貴様にも地獄を見せてやる…」
鈴「私にはわかる……貴様が悪だ!」
俺「よく言われる…さあ、地獄をはじめようぜ……」
43:
俺「戦いの殿堂に集いしデュエリストたちが……」ボソッ
鈴「…?」
俺「……………」
俺「モンスターと共に地を蹴り、宙を舞い、フィールド内を駆け巡る……」
鈴「…???」
俺「………」
俺「………………」
アナウンス『試合開…きゃっ!?ちょっとなんですかあな―――』
アナウンス(?)『見よ!これぞデュエルの最強進化系!アクショーン…』
俺「!」パアアアアア
俺・アナウンス(?)『「デュエル!」』
俺 LP8000 VS 鈴 LP8000
アナウンス『なんだったの…?し、試合開始!』
44:
鈴「なんだかよくわからないけど、ソッコーで決めさせてもらうわ!」
俺「先攻は譲ってやるぜ……」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
手札
デーモンの騎兵 補給部隊 おろかな埋葬 バトルフェーダー 伏魔殿―悪魔の迷宮―
俺(ククククククク…最高だァ……)
鈴「それっ!」バシュッ
俺「ククククク…どいつもこいつも先攻にバトルフェイズは行えないってのに……」カキーン
鈴「へっ!?防がれた!?」
俺「お前のターンは終了の様だな…俺のターン!!地獄のドローッッッ!!」
ドロー カメンレオン
俺「フハハハハハハハハハハハハハ……ハァーーッハッハッハッハッハッハッハ!!!」
鈴「な、なにを笑ってるのよ!?気持ち悪い!」
俺「貴様はモンスターに戦闘を任せて戦う卑怯者だと俺を笑ったな…!」
鈴「そうよ!アンタみたいな卑怯物に、私が負けるとでも!?」
俺「その通りだ!その卑怯者に負けて地獄を見るといい!ハーッハッハッハッハ!!こんなにいい手札は久しぶりだァ…!地獄絵図になりそうだぜ!」
46:
俺「デッキも貴様に地獄を見せる事を望んでいるようだ!手札より、魔法カード、おろかな埋葬を発動!!」
おろかな埋葬
通常魔法
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
鈴「何!?墓が急に出てきた……!?奇妙な魔法を使うって噂は本当のようね…!なら、ここで仕留めて上げる!」バシュッ
俺「おろかな埋葬の効果で、トリック・デーモンを墓地へ送る!トリック・デーモンの効果発動!」カキーン
鈴「防がれる…!?」
トリック・デーモン
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 0
このカードがカードの効果によって墓地へ送られた場合、または戦闘によって破壊され墓地へ送られた場合、デッキから「トリック・デーモン」以外の「デーモン」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
「トリック・デーモン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
俺「トリック・デーモンの効果で、ジェネシスデーモンを手札に加える……」
俺「クックックックックック………これから訪れる地獄に恐怖しろ………………ターンエンド!」
47:
鈴「当たれぇぇぇぇ!!」ドシュッ
鈴(龍砲)攻 2800→ダイレクトアタック
俺「手札のバトルフェーダーの効果発動!!貴様の攻撃を無効化するぞ!」
バトルフェーダー
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
バトルフェーダー「フン…!」
鈴「また防がれた…!?」
俺「クックックックックックックック……!メインフェイズ2を行ってもいいんだぜ…?ま、無理だろうがな……俺のターン!!ドロォーーーッ!!」
ドロー 魔界発現世行きデスガイド
俺「フフフフフフ…アーッハッハッハッハッハッハ!!万が一貴様が我が布陣を崩しても立て直せる力を手に入れたぞ!!」
[ ] [ ] [フェ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
手札
デーモンの騎兵 補給部隊 伏魔殿―悪魔の迷宮― ジェネシス・デーモン カメンレオン デスガイド
俺「地獄のショーの開幕だ……ククククククク…………」
48:
俺「悪魔の王よ……奴に地獄を見せるのだッ!ジェネシス・デーモンを生贄なしで通常召喚!!」
戦慄の凶皇―ジェネシス・デーモン
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力・守備力は半分になり、エンドフェイズ時に破壊される。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分は悪魔族以外のモンスターを特殊召喚できない。
また、1ターンに1度、自分の手札・墓地の「デーモン」と名のついたカード1枚をゲームから除外して発動できる。フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
俺「そして手札から、伏魔殿―悪魔の迷宮―を発動!!!地獄の迷宮に迷い込め……貴様はここで永遠に恐怖し、泣き叫ぶのだァァァァァーーーー!!!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ
伏魔殿?悪魔の迷宮?
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の悪魔族モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、自分フィールド上の「デーモン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスター以外の自分フィールド上の悪魔族モンスター1体を選んでゲームから除外し、自分の手札・デッキ・墓地から選択したモンスターと同じレベルの「デーモン」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚する。
「伏魔殿?悪魔の迷宮?」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
鈴「何……アリーナの地形が変わっていく……!?」
俺「地獄空間…お前はもう、逃げられない……」
49:
セシリア「あれは、俺さんのデーモンパレス!俺さんの独壇場!!」
千冬「アリーナの地形をも変える力を持つIS…」
山田「ルールの中でしか力を発揮できない故に、安定性は大きく下がりますが…」
千冬「あのカードの束の中からランダムに選ばれた5枚で魔法や魔物を使って戦うISか。見たところ5枚という制限はあるが、相手の攻撃を受けるとカードを追加で引けるようだな。そして、自分の行動中はありとあらゆる全ての攻撃を無効にする。もっとも、例外もあるようだがな…」
山田「あれ?彼のISのデータを見たんじゃないんですか?」
千冬「いや、データには「デュエルモンスターズのルールに乗っ取って戦う」と書いてあったんだが…その肝心のデュエルモンスターズのルールとやらがどこにも…」
山田「そうですか……ところでもし、彼の最初の5枚が最高だった場合、どうなるんですかね?」
千冬「ああ。第3世代どころか、たとえ第4…いや、今後現れるどんなISでも、奴に勝つ事は出来ない…!」
セシリア「最高ですわーーー!俺さーーーーん!!」
俺「フハ、フハハハハハハハハ!!!まだだ!まだ終わらんよ!デーモンパレスの効果発動!自分フィールド上のデーモンを1体選択し、自分フィールド上の他の悪魔族モンスター1体を除外!そうすることで、手札・デッキ・墓地から同じレベルのデーモン1体を特殊召喚する!!」
俺「俺はジェネシスデーモンを選択し、バトルフェーダーを除外することで…!」
俺「デッキからレベル8のデーモンモンスターを特殊召喚するッッ!!」
俺「ハハハハハハハハハハ!!2体の最強の悪魔が貴様を滅殺してくれる!こい!ジェネシス・デーモン!」
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおおおおおお!!」
俺「ジェネシス・デーモン……アイツに地獄を見せるぞッ!」
50:
鈴「あ、あんな強そうなモンスターが2匹もっ…!?」
俺「そして手札から、補給部隊を発動!!」
補給部隊
永続魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。自分はデッキから1枚ドローする。
俺「フッ……貴様の攻撃力は不明だが、3500の攻撃力を持つジェネシスデーモンの敵ではない。万が一破壊されても、補給部隊が俺に手札を与えるのだ!!行けッ!ジェネシス・デーモン!!地獄の王の力を見せてやれッ!」
ジェネシス・デーモン 攻2000→ダイレクトアタック
ジェネシス・デーモン 攻3500→ダイレクトアタック
鈴「やられてたまるかっ!!」バッ
ジェネシス・デーモン 攻2000←鈴(双天牙月) 攻2400
ジェネシス・デーモン 攻3500→ダイレクトアタック
俺「ほう…一匹をさばいたか……やるな」
俺 LP8000→7600
鈴 LP8000→4500
俺「だが補給部隊の効果でドローさせてもらうぞ!!」
ドロー デーモンの将星
俺「フフフフフ……ハハハハハハハハハハハハ!!俺、カードに選ばれすぎィ!!」
俺「ターンエンドだ!好きにしろっ!だが、貴様に俺のジェネシス・デーモンが倒せるとは思えんがな……突破不可能の地獄を見ろ…」
51:
鈴「舐めないでよね!こんなキモイおっさんの1匹や2匹!」
鈴(龍砲&双天牙月) 攻 2500→ジェネシス・デーモン 攻 3500
鈴「きゃああっ!?」
鈴 LP4500→3500
俺「フッ……マヌケめ……」
ジェネシス・デーモン「ぐわああああ」バリーン
俺「何……だと…?」
俺「くっ……カタストルに似た効果か…!だがワンドローさせていただく!」
補給部隊ドロー デーモンの雄叫び
俺「そして俺のターン!ドローッ!貴様の地獄は決まったようなものだな!」
ドロー トリック・デーモン
俺「貴様の負けだ!」
俺「デーモンの騎兵を召喚し、デーモンの将星を特殊召喚!将星の効果で騎兵を破壊し、墓地からジェネシス・デーモンを蘇生!補給部隊でワンドロー!だが、自己特殊召喚したデーモンの将星とデーモンの騎兵の効果で蘇生したデーモンはこのターン攻撃できない!このままではお前をこのターンで仕留めるのは不可能……ククク、しかし、俺にはデーモンパレスがある!デーモンパレスの効果で将星を除外し、墓地からジェネシスデーモンを特殊召喚!デーモンパレスの効果で特殊召喚されたモンスターはこのターン攻撃できる!ジェネシス・デーモンの攻撃力は本来3000だが、デーモンパレスの効果で3500になっている!貴様のライフは丁度0!俺の勝ちだ!」
[ ] [ ] [ジ] [ジ] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [補] [ ] [ ] [ ]
手札
カメンレオン デスガイド デーモンの雄叫び トリック・デーモン クリバンデット
鈴「な、なんの呪文……!?アイツがいきなり叫び始めたかと思ったら、モンスターが変わって変わって…強そうな奴が2体になった!?」
52:
俺「行けッ!地獄を見せろ!!!ジェネシス・デーモン!!」
鈴「ッ!こんなのに、負けるはずが―――」
ドカーン
俺「なんだ!?リア充でも爆発したのか!?」
千冬『侵入者……!試合は中止だ!直に避難しろ!』
鈴「ちっ…聞いたわね?撤退よ!」
俺「デュエリストにサレンダーは許されない……!」
俺「許されるのは伏せ無し手札にヴェーラーが無い状況で相手がノーデンを出してぐるぐるしはじめた時だけだ!!」
53:
未確認機『-LOCKON-』バキューン
鈴「きゃあああっ!?」
俺「何っ……!?狙いはアイツか!庇え!ジェネシス・デーモン!!」
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおおおおっ!!」バリーン
俺「ぐわああああああああ!!!」
俺 LP7600→7100
俺「攻撃力4000だと……!?馬鹿な…オベリスクと同格だとでもいうのか…!!」
補給部隊ドロー デーモンの将星
[ ] [ ] [ジ] [ ] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [補] [ ] [ ] [ ]
手札
カメンレオン デスガイド デーモンの雄叫び トリック・デーモン クリバンデット デーモンの将星
54:
鈴「な、なんでかばってくれたの…?私、あんたに酷い事言ったのに……」
俺「俺はお前に地獄を見せると約束した……!そんなお前が俺以外の誰かに地獄に送られたとあっちゃあ地獄が――いや、デーモン達が泣く!!」
俺「お前に地獄を見せるのは………他の誰でもない……この俺だ…」
鈴「!」キュンキュン
鈴(か、かっこいい////)
俺「ジェネシス・デーモン!鈴は任せたぞ!!」
ジェネシス・デーモン『任せろ。そしてあの機械を…我らが悪魔の作る地獄のショーを邪魔した無礼者を、真の地獄へ送ってやれ』
俺「行くぞ!俺のデーモン!真の地獄を見せてやる………魔界に眠りし悪魔共よ…地獄を恐れぬ愚か者に、地獄の恐ろしさを見せつけるのだッッ!!俺のターン!ドロォーーーーッッ!!」
ドロー デーモンの雄叫び
55:
俺「手札から、魔界発現世行きデスガイドを通常召喚!!」
デスガイド「間もなく発車いたしますデス!駆け込み乗車は危険ですのでおやめくださいデス!」
魔界発現世行きデスガイド
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
このカードが召喚に成功した時、手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、シンクロ素材にもできない。
俺「デスガイドの効果で、デッキからトリック・デーモンを特殊召喚!」
トリック・デーモン「ああっ!待ってください!のります?!」
俺「お前と貴女でオーバーレイ!エクシーズ召喚!現れろ!鉄壁の守護神!発情機雷ゼンマ淫!」
デスガイド「私達二人だけのバスを発車させるデス///」
トリック・デーモン「はい///」
発条(ぜんまい)機雷(きらい)ゼンマイン エクシーズ
ランク3/炎属性/機械族/攻1500/守2100
レベル3モンスター×2
フィールド上のこのカードが破壊される場合、代わりにこのカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時に1度、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
ゼンマイン「オマタセイタシマシタ」
俺「鈴を護れ!ゼンマイン!」
ゼンマ淫「ウインウインウイン」
鈴「ひっ…!?」
56:
未確認機『・・・』ドゥン
俺「くっ……今度はこっちに撃って来たか…!」
鈴「俺ぇぇぇぇっ!」
俺「駄目だ…2体とも鈴を守らせているから、俺を守るモンスターが…避けれん…ッ!くっ…!」
ジェネシス・デーモン「トォァッ!」バッ
俺「なっ……」
ジェネシス・デーモン「ぐわあああああ!!」バリーン
俺「ジェネシス・デーモーーーーン!!」
俺 LP 7100→6600
ジェネシス・デーモン「ふ……我も甘いよのォ……気が付いたら体が動いておったわ…」
俺「喋るなっ!!ああ、俺の盾になって…」
ジェネシス・デーモン「地獄の住民が泣くなよ…神に怒られたか…?我らは悪魔ぞ……地獄の底から何度でも蘇る…貴様は、奴に、地獄を…」シュウウウウウウ
俺「ジェネシス……デーモン……!!お前の死……無駄にはしない………約束しよう…奴に、地獄を…!」
俺「補給部隊の効果でワンドロー」
補給部隊ドローカード ソウルチャージ
俺「…!!」
俺「ジェネシス・デーモン……!!貴様の想い、確かに受け取った!貴様の託したこのカード!使わせてもらうぞ!!」
57:
俺「悪魔よ!!!俺は奴に地獄を見せたい!!クラス対抗戦の邪魔をして、俺の大切な仲間に手を出したアイツを、俺は許しはしない!」
俺「悪魔よ……奴を地獄に送るためなら、俺の魂を、いくらでも捧げよう!」
俺「俺のターン!!ドロォーーーッ!」
ドロー 闇のデッキ破壊ウイルス
俺「貴様を殺す……!」
未確認機『…』
[ ] [ ] [ ] [ ] [ゼ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [補] [ ] [ ] [鈴]
手札
カメンレオン デーモンの雄叫び トリック・デーモン クリバンデット デーモンの将星 デーモンの雄叫び ソウルチャージ 闇のデッキ破壊ウイルス
俺「手札から、ソウルチャージを発動ッ!!!」
セシリア「ソウルチャージ…!?俺さん、死ぬつもりですの!?」
58:
千冬「なんだ、セシリア。知っているのか…?」
セシリア「ええ…俺さんが前に話してくれた、恐るべき地獄のカード…」
セシリアの回想俺『…』
セシリアの回想セシリア『あら、俺さん。なんですの?そのカードは…?』
セシリアの回想俺『これは、ソウルチャージ……使用者のライフを代償に、地獄へ送られた者達を呼び覚ます、恐るべきカードだ……まさに、悪魔の契約と呼ぶにふさわしい……』
セシリアの回想セシリア(ライフ…?訳して命……そんな、まさか寿命を…!?)
セシリアの回想俺『余りの危険さ故に、デッキに1枚しか入れることが許されていない地獄のカードだ……』
セシリアの回想セシリア『いけませんわ!そんな危険なカード…今すぐデッキから取り除いてください!』
セシリアの回想俺『俺は地獄の住民だ……俺のライフくらい、気前よく払ってやるさ……それに、デッキに1枚しか入っていない以上このカードが俺の手札に来るのは、「使うべき時」だ…』
セシリアの回想セシリア『使うべき時…』
セシリアの回想俺『俺の命なんて安い物さ……それに、地獄に住む俺が死んでも、悲しむものはいない……』
セシリアの回想セシリア『そんなことありませんわ!俺さんが死んだら、私が……私が悲しみますわ!世界中のだれよりも…あなたよりも……』
セシリアの回想セシリア『だから、そのカードを使うのは……本当に使うべき時だけにしてください…』
セシリアの回想俺『………ククク。地獄の住民が心配されるとはな……ああ。わかった』
60:
千冬「そ…そんな危険なカードが……!」
セシリア「俺さんは、自分の命を削ってまで守ろうとしているのですわ…この学園を!」
生徒たち「俺くん…!」
セシリア「いけませんわ!!俺さん!そのカードは…!!」
鈴「聞こえたわ、今の話……!駄目よ、そんなカード…!」
俺「今がその時なのだッッ!!俺は墓地のジェネシス・デーモン2体と、トリックデーモン。そして、デーモンの騎兵を特殊召喚!!」
ソウル・チャージ
通常魔法
「ソウル・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの数×1000LPを失う。
セシリア「俺さああああああん!!」
俺 LP6600→2600
俺「ぐうううううっ……!!甦れ、地獄に眠りし悪魔よ!」
61:
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
セシリア「アリーナが…いいえ。地球が揺れている……」
生徒A「まるで、この世の終わり……」
生徒B「悪魔の宴……」
生徒C「これが……」
千冬「地獄………」
ジェネシス・デーモン「「ぎゃおおおおおおおおお!!」」
トリック・デーモン「やあっ!」
デーモンの騎兵「ハッ!」
[ト] [ジ] [ジ] [騎] [ゼ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [補] [ ] [ ] [鈴]
手札
カメンレオン デーモンの雄叫び トリック・デーモン クリバンデット デーモンの将星 デーモンの雄叫び 闇のデッキ破壊ウイルス
俺「ハァ……ハァ…!!ソウルチャージを使ったターンは……攻撃できない…!ターンエンドだ…!手札制限で、カメンレオンを墓地へ送る…!」
62:
未確認機『ピピピピピ』ドカーン
未確認機 攻4000→トリックデーモン 攻1500
トリック・デーモン「きゃあああああああ!!」
セシリア「俺さん!!」
俺「すまん…!トリック・デーモン!見殺しにしかできんのだ……!」
俺 LP2600→100
鈴「もう限界じゃない!」
俺「いや…まだだぜ……トリック・デーモンは、俺に未来を……奴に地獄を残す…!」
俺「トリック・デーモンの効果発動!デッキからデーモンと名のつくカードを手札に加える…!俺のデッキに眠る、最後のジェネシス・デーモン!!」
俺「そして、補給部隊の効果でワンドローッッ!!」
補給部隊ドロー 死者蘇生
俺(……!ありがとう、トリック・デーモン……!!)
俺「見せるか……地獄の…………閻魔を……!」
63:
俺「俺のターンッッ!!ドローッ!」
ドロー 堕落
俺「手札から死者蘇生を発動!」
死者蘇生
通常魔法
(1):自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
俺「戻ってこい!カメンレオン!!」
カメンレオン「カメンレオ?ン」
俺「カメンレオンと、デーモンの騎兵でチューニング!!」
デーモンの騎兵「行くぞ、カメンレオン!」
カメンレオン「カメンレオーン!」
俺「地獄へ導かれし不運な魂を喰らえ……そして裁きを下せ、閻魔の竜よッ!来いッ!レッド・デーモン!!」
えん魔竜 レッド・デーモン シンクロ
 ※「えん」は機種依存文字のためひらがなで代用しています。正しくは玉偏に炎。
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ1でのみ発動できる。
このカード以外のフィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカード以外のモンスターは攻撃できない。
64:
レッド・デーモン「がおー!」
セシリア「真紅の…ドラゴン……」
千冬「あれも奴の地獄だとでもいうのか…」
俺「これが地獄だ……貴様は地獄に落ちたのだ……手札から、ジェネシス・デーモンを通常召喚!」
鈴「ここが…地獄…?」
鈴(ううん…そんなはずがない……だって…)
鈴(地獄がこんなに温かい気持ちになる場所なはずがない……!)
鈴(貴方は地獄の住民なんかじゃないわ…!)
俺「行くぞッ!レッド・デーモン!」
レッド・デーモン「俺の翼に乗れッ!」
俺「トォァッ!」バッ
65:
俺「行くぞ!デーモン!ここで決める!」
俺「ジェネシス・デーモンの効果発動!手札、墓地からデーモンと名のつくカードを除外することで、フィールド上のカードを1枚破壊!貴様のシールドを破壊する!」
未確認機(?)『それはインチキにも程があるよ!?』
俺「黙れッ!お前を殺すと言ったはずだ!!シールドを失った貴様には、ほぼ生身でデーモン共の攻撃を受けてもらう事になる!!地獄に送られたお前に待っているのは、地獄の住民からの熱烈な歓迎だッ!」
俺「ゆくぞッ!!悪魔共よッ!」
レッド・デーモン「がおおおおっ!」
琰魔竜レッド・デーモン 攻3000→ダイレクトアタック
未確認機 LP8000→5000
ジェネシス・デーモン「ぎゃおおおおおおお!」
戦慄凶皇?ジェネシス・デーモン 攻3500→ダイレクトアタック
未確認機 LP5000→1500
戦慄凶皇?ジェネシス・デーモン 攻3500→ダイレクトアタック
未確認機 LP1500→0
俺「まだ俺のターンは終わっちゃいないぜ!」
戦慄凶皇?ジェネシス・デーモン 攻2000→ダイレクトアタック
未確認機 LP0→0
ゼンマ淫「ウインウインウインウイン」
発条機雷ゼンマイン 攻1500→ダイレクトアタック
未確認機 LP0→0
俺「ハァァァァァァァッ!!」
俺 攻0→ダイレクトアタック
未確認機 LP0→0
66:
レッド・デーモン「がおおおおおおおお!」
ジェネシス・デーモン「ぐおおおおお!!」
デーモンの将星「ぎゃおおおおおお!!」
デーモンの騎兵「ハッ!」
トリック・デーモン「どんなもんだい!」
デスガイド「アナタが乗るのは地獄行きのバスデス!」
クリバンデット「クリトリ?」
ゼンマ淫「ウインウインウインウイン」
俺「地獄を……楽しみな………!」
未確認機『ギエエエエエエエエエエ!!』ドカーン
67:
セシリア「俺さーん!」タッタッタッタ
俺「フッ……地獄は、みえたか………?」
セシリア「みえました…!俺さんの望む地獄が……素晴らしい未来が…!」
俺「フッ……地獄に素晴らしいもなにもない…地獄は……地獄さ…………」
セシリア「それより、お体は大丈夫ですか!?お怪我はございませんか!?」
俺「ククククク…地獄の住民である俺にとって…この程度、どうということはない………」
俺「俺は……世界を地獄に染めるのだ……クククククク……………その時まで、俺は死なない……」
セシリア「はい…!このセシリア・オルコット!地獄の底まで俺さんに付き合いますわ!」
俺「地獄の二人旅か……クックックック…………辛い地獄になるぜ…?」
セシリア「元より覚悟の上!覚悟無くして、地獄は語れませんわ!」
鈴「なんなのよ……地獄って…」
俺「フッ……そういえばお前もいたのか……大丈夫か。お前……」
鈴「大丈夫よ。あんたのお蔭でね」
俺「クククク…地獄に行き損ねたな……また、地獄で会おう」バッ
セシリア「あっ!俺さん!お待ちになって!」
俺「後は教師に任せればいい……地獄飯が食いたくなった………」
セシリア「わたくしもお供いたしますわ!」
俺「ああ……地獄飯を楽しもうぜ………」
鈴「地獄地獄って……なんなのよ…もう……わけがわかんないわ……」
鈴「私も、知りたくなっちゃったじゃない……アンタの作る地獄を」
   第2部 完
81:
そういえばジェネシス・デーモンがいる時悪魔族以外特殊召喚できないのに死者蘇生とか使ってたけど細かいことを気にしたら負け
山田「今日はなんと!転校生を紹介します!」
シャル「シャルル・デュノアです。フランスからきました。よろしくお願いします」
生徒A「男…?」
シャル「はい。こちらに僕と同じような方がいると聞いて、本国から転入を……」
俺(男…?こいつは嘘をついてるな。肌のつやはりうなじ髪質まつ毛胸尻腰太腿足…どこをとっても女のそれだ……)
俺(クククククク……そして決め手はこの濃厚なスメ?ル………)
俺流地獄術―悪魔の香り(ヘルズスメルヘルス)―
俺(奴の股間からはイカの臭いがしねぇ!磯の香りがするってぇことは間違いなく女だ……)
俺(だが気付いてないふりをしておけばラッキースケベが起こるかもしれない……クックックック……)
俺「クックックックックックック…」
82:
?第2グラウンド?
俺(クックックックック……俺の着替えを見て顔を赤らめた時、濃厚な栗の香りがしたぜぇ……)
千冬「1組2組の合同実習だ。専用機持ちの…お前等、前に出ろ。」
鈴・セシリア「はい!」
俺「クックックック…」ザッザッ
千冬「お前は下がれ」
俺「クックックックック…」Uターンして元の位置に戻る
俺「ククククククククククククク………!!!更なる闇へ堕ちてゆくぜぇ………!」
84:
?しばらくして?
山田「また一人転校生ですよ!ドイツから来た、転校生のラウラ・ボーデヴィッヒさんです」
千冬「挨拶だ。早くしろ」
ラウラ「はい!教官!」
俺「まーた変なのが増えやがったぜ………ククク、地獄を見せてやりたくなる顔してるぜ…」
ラウラ「ラウラ・ボーデヴィッヒだ。以上」
俺「ククククククク…何とも魅力的な自己紹介じゃないか………」
ラウラ「貴様かっ!カードで戦うふざけた男は!」シバッ
俺「フン!」ピシッ
ラウラ(なんだと!?人差しと中指だけで受け止めた…!?)
俺「クックックックック……その程度かい?」
ラウラ「なにぃ…!?」
俺「クククク……デュエリストはカードに命をかける…そして最も重要なのはドロー」
俺「デッキ回しや調整はもちろんだが、ドローの訓練も日々行わなくては真のデュエリストとは言えない」
俺「ドローの特訓を行えば、当然カードを引く指にはそれ相応の筋力が宿る…!」
俺「鍛え方が足りないな…そんな腕でカードが引けるのか……?」
85:
ラウラ「ふざけるな!私は認めんぞ!ISはお遊びではない!ゲームとISを一緒にするな!!」
俺「聞き捨てならねぇな……カードで人は死ぬ。俺からしてみれば、核ミサイルよりもカードの方がよっぽど凶器だ……」
俺「全で走るバイクから落ちても大した怪我を負わない様な奴等ですらカードで死ぬ。人類存続の危機ですらカードで決める。これはそういうもんだ………」
俺「ククククク……今見せてやろうか?お前が御遊び扱いしたカードの恐ろしさって奴をよ…!」
ラウラ「貴様にも思い知らせてやろう……貴様のやっていることが所詮お遊びであるということを!!」
俺「クククク…ハハハハハハハ!面白い!面白いぞラウラ・ボーデヴィッヒ!」
俺「こんなにデュエルを馬鹿にされたのは久しぶりだ………言え。お前がそこまでカードを嫌う理由はなんだ?」
ラウラ「貴様に話す舌など持たん!」
俺「ククククククククク………そうか。面白い。ならここで戦うのはやめておこう。貴様とやるのはそれ相応の舞台が必要だ……何、安心しろ。その時が来れば貴様を地獄に送ってくれるわ。ハハハハハハ!!」バッ
山田「あの…授業……」
俺「ハーッハッハッハ!誰も俺を止められはせん!止めたければデュエルで止めろ!ハハハハハハハハ!!」
山田「じゅ、授業を…」
86:
?校庭?
ラウラ「答えてください!教官!どうしてこんなところで…!」
千冬「何度も言わせるな…」
ラウラ「お願いです教官!我がドイツで再びご指導を!ここでは貴女の能力が半分もいかされていません!」
千冬「……」
ラウラ「やはり、あの男……いえ、カードですか」
ラウラ「教官は日本代表でありながら、我がドイツでIS部隊の教官を務めて下さった……マジックザギャザリングの世界大会がドイツだから都合がいいとかわけのわからない理由でしたが、お蔭で我々の部隊は強くなりました……」
ラウラ「同時に教官はIS世界大会にも日本代表として出場なされた。他国を応援するのもどうかと思いましたが、私はアナタを応援していました…そして教官は優勝した。私はその時の教官の強さに、心底感動いたしました…」
ラウラ「第2回大会も、順調に勝ち進み、連覇目前…口にこそ出しませんでしたが、我々は教官の連覇を信じ、願っておりました……」
千冬「……」
ラウラ「しかし、第2回大会の決勝戦の当日……デュエルマスターズの大会があると言って教官は姿を消し、二度と姿を見せなかった…」
ラウラ「私は調べました。教官がISを捨ててまで出たかった大会はなんなのかと!」
ラウラ「しかし調べてみればそれはただのカードゲーム!」
ラウラ「私は許せません……教官から未来を―――私達から教官を奪ったカードゲームを…!そして、その下らぬカードゲームをISに持ち込むあの男の存在も!!」
千冬「少し違うぞ。ラウラ」
ラウラ「何が違うというのですか!?」
千冬「私はデュエルモンスターズのプレイヤーではない」
ラウラ「…?」
千冬「その違いが分かるようになってから出直せ」
ラウラ「……???」
87:
俺「全く、リアリストにも困ったもんだぜ……」スッ
千冬「貴様、何時からそこに居た!?」
俺流地獄術――存在が空気(ミラージュ・ヘルズ)――
俺「クックックック……ずっとだ………まさかアンタがギャザリスト兼デュエルマスターだったとはな」
千冬「聞いていたのか…!」
俺「ククククク…困ったらカードで解決しろ………」
千冬「だまれっ!私は引退したんだ!」
俺「ほう。そりゃまたどうしてだい?」
千冬「…ある日ふと思ったのだ……何故独身の女がにやにやしながらカードをパチパチやっているんだと………このままでは間違いなく婚期を逃すと………!」
俺「……クッ!それはこの俺をもってしても、貴様を責めることはできん……!!」
千冬「……くっ!それなのに、私はまだ独身…何故だ……」
俺「そいつは辛い思いをしたな…今日はゆっくり帰って休め…」
千冬「ああ……そうさせてもらう……」
88:
俺「学年別トーナメント……か。クククククク………」
俺「…何々?学年別トーナメントでは、より実戦的な模擬戦を行う為、二人組での参加を必須とする…だとぉ!?」
俺の回想先生『はーい!それじゃあ、二人組を組んでくださいねえー!』
俺の回想生徒たち『はーい!』
俺の回想先生『あれあれー?俺くん、ペアのお友達はぁー?』
俺の回想俺『クククク…俺は地獄の使者だ…俺に友達なんてものは存在しない……居るのは地獄の僕だけだ……』
俺の回想先生『そっかー。ペアの子いなかったんだー。じゃあ、先生と一緒にやろっか!』
俺の回想俺『やめときな…火傷するぜ…』
俺「うわああああああああああああああああああ!!」
俺「ペア……二人組………俺にそんなものはいない!いや、いらない!」
トリック・デーモン『ちょ、ちょっと…何慌ててんの?セシリアと組めば……あっ。噂をすれば…』
セシリア「俺さーん!学年別トーナメントのペア――」
俺「黙れッ!!俺をそんな目で見るな!!俺は一人になっちゃった奴が悲しい思いをしない為にそいつと組んでやろうとしてるだけなんだ……決して、組む相手がいないわけじゃない!!」ダッ
セシリア「ああっ!おまちになって!」
デスガイド『過去のトラウマは将来に大きな影響を及ぼすものデスね』
89:
?地獄食堂?
ジェネシス・デーモン『だ、大丈夫か…?』
俺「ああ……だ、大丈夫だ…」
トリック・デーモン『まさか、ペアにここまで過剰反応するなんて……』
俺「な、なさけねえったら……ありゃしないぜ…この俺が……」
セシリア「やっぱりここにいらしたんですね!」
俺「セシリア……」
セシリア「お願いがあります!次のトーナメント、わたくしと組んでください!」
俺「…何?」
90:
俺「……いいのか、俺なんかで」
セシリア「いいえ!貴方がいいのです!貴方でなければ…」
俺「クククク……そうか…いいだろう。俺と一緒に地獄をみせよう」
セシリア「はい…!」
セシリア(言うなら、今しかありませんわ!ええい、覚悟を決めなさい、セシリア・オルコット!)
セシリア「あの、俺さん……!」
俺「ククク、どうした…?今のは罰ゲームでしたなんて言われたら、俺はすぐにそこの窓から飛び降りるぜ……」
俺のトラウマ女の子『あー、今告白したの罰ゲームだから?!俺くん鼻の下伸ばしてきもーい』
俺のトラウマ俺『ククククク……地獄で親父が待ってるぜ』バッ
俺のトラウマ女の子『キャーッ!俺くんが飛び降りたー!!』 
セシリア「あの……もし、優勝したら、お、お付き合いして…いいえ、地獄の底まで――地獄に行っても永遠にわたくしと共にいてくれませんこと!?」
俺「……あ?」
セシリア「いきなりこんなこと言って、はしたない女だと思われるのも覚悟のうえですわ!わたくしは、未来永劫俺さんのお傍に居たいのです!」
セシリア「今、言わなければ……なんだか、もう言えない様な気がして…」
俺「…クククククク。俺と一緒に出るってのに、優勝したら…か。つくづく頭の中が天国だな。お前は……」
セシリア「す、すいません…………そうですわね。忘れて――」
俺「ククク、これで俺も優勝しないわけにはいかなくなったってワケだ…」
セシリア「!」
俺「クククク…いいぜ。いいだろう。優勝したら地獄食堂究極の地獄飯を共に食べ、永遠の誓いをかわそう……」
セシリア「は、はい!」
俺「地獄食堂で食うカレーは地獄だぜ…?」
セシリア「それは確かに地獄ですわね……」
セシリア(負けるわけにはいきませんわ…必ず優勝してみせる!)
91:
?なんだかんだで決勝戦?
俺「ククク……ついに来たか…」
セシリア「ええ…!」
セシリア(勝ってみせますわ!絶対に!)
アナウンス『さーて!いよいよドキワクの決勝戦でございます!』
アナウンス『会場の熱気は最高潮!今がその時!最高にして最強の闘いをその眼に焼き付けろぉー!』
アナウンス『地獄の如き進撃を見せた俺&セシリアペアーー!!』
アナウンス『デーモンと呼ばれる悪魔を使役し、魔法の様な戦術で敵を倒す俺ッ!俺に迫る露をセシリアが払い、俺の驚異的なプレイングで敵を寄せ付けず、モンスターで敵を薙ぎ払う戦闘スタイル!機体性能的にコンビとしては可もなく不可もなくと言ったところですが、その差をコンビネーションでカバーする戦闘に観客はもう釘づけっ!』
アナウンス『対するは、ラウラ&箒ペアーッ!コンビネーションのなさを個々の能力の高さでカバー!疑似タイ戦法で無敗の強さを誇るペアです!まさに、対極的なコンビがそろいましたー!』
アナウンス『これ以上は何も語りません!後はその眼で、あなたの目でこの戦いの結末を見て、感じてください!』
アナウンス『それではみなさんご一緒にーーっ!』
アナウンス『戦いの殿堂に集いしデュエリストたちが!』
生徒たち「モンスターと共に地を蹴り宙を舞い!」
セシリア「フィールド内を駆け巡る!」
ラウラ「ISをゲームか何かと勘違いしてるボンクラどもが……!」ボソッ
俺「見よ!これぞデュエルの最強進化系!」
『「「アクションデュエル!!」」』
アナウンス『試合開始ィィィィ!』
俺 LP8000  箒 LP8000 
&   VS &
セシリア LP8000  ラウラ LP8000
92:
俺「セシリア!お前は箒をやれ!俺はラウラと決着をつける!」
セシリア「了解ですわ!」
箒「専用機だからって、そう簡単にやれると思うなっ!」
セシリア「ブルーティアーズ・地獄仕様?ヘルカスタム?の力、存分に思い知りなさい!」
箒「何処が変わったんだ!」
セシリア「当然!心の在り方ですわ!」
ラウラ「あの時の屈辱、返させていただく!」ズガン
俺「ククク…心辺りがあり過ぎてあの時がどの時だかわかんねぇな…!ドローッ!」スッ
ドロー:魔界発現世行きデスガイド
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
手札
デーモンの将星 ジェネシス・デーモン デーモンの騎兵 伏魔殿 デーモンの雄叫び デスガイド
93:
俺「手札から、魔界発現世行きデスガイドを召喚!効果で、デッキからトリック・デーモンを特殊召喚!」
魔界発現世行きデスガイド
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
このカードが召喚に成功した時、手札・デッキから悪魔族・レベル3モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、シンクロ素材にもできない。
デスガイド「ここは負けるわけにはいかないのデス!行くデスよ!おふたりの地獄の為に!きばっていくデスよー!」
トリック・デーモン「うん…!」
俺「少女と少女でオーバーレイ!エクシーズ召喚!来い、地獄の脳筋王者!アシッド・ゴーレム!」
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム エクシーズ
ランク3/水属性/岩石族/攻3000/守3000
レベル3モンスター×2
自分のスタンバイフェイズ時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くか、自分は2000ポイントダメージを受ける。このカードのエクシーズ素材が無い場合、このカードは攻撃できない。
このカードがフィールド上に存在する限り、自分はモンスターを特殊召喚できない。
アシッド・ゴーレム「ふしゅるるるるるるるるる!」
俺「やれッ!アシッド・ゴーレム!!撃殺!!」
94:
ラウラ「フン!そんなお遊びで!」シッン
俺「AICかッ!俺アイズ!」
俺流地獄術―裏― 俺アイズ
ISの武装を遊戯王のカード風テキストで見れる地獄の瞳。
<俺アイズ>
《《AIC
フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターは攻撃できず、次のターンのエンドフェイズ時まで効果は無効化される。》》
俺「デモンズチェーンに近い効果か………ククク、面白い!」
アシッド・ゴーレム「ふしゅるるるるるるるるるッ!!」
俺「カードを1枚伏せ、ターンエンド!」
[ ] [ ] [ア] [ ] [ ]
[ ] [ ] [伏] [ ] [ ]
手札
デーモンの将星 ジェネシス・デーモン デーモンの騎兵 伏魔殿
95:
ラウラ「おちろぉぉぉっ!」ドシュッ
ラウラ 大口径レールカノン 攻3000→アシッド・ゴーレム 攻3000
俺 LP8000→8000
ラウラ LP8000→8000
ラウラ「フン!所詮は見た目だけみたいだな!」
俺「ちぃっ…!向こうだけ戦闘破壊されないなんてずるいぜ!ドローッ!」
ドロー:補給部隊
俺「手札から、補給部隊を発動!」
補給部隊
永続魔法
(1):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。自分はデッキから1枚ドローする。
俺「さらに、手札からジェネシス・デーモンを攻撃表示で召喚!」
俺「手札から、フィールド魔法デーモンパレスを発動!」ゴゴゴゴゴゴゴゴ
伏魔殿?悪魔の迷宮
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、自分フィールド上の悪魔族モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、自分フィールド上の「デーモン」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスター以外の自分フィールド上の悪魔族モンスター1体を選んでゲームから除外し、自分の手札・デッキ・墓地から選択したモンスターと同じレベルの「デーモン」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚する。
「伏魔殿?悪魔の迷宮?」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
96:
箒「何っ!?」
セシリア「わたくしたちの勝ちは決まったようなものですわ…!デーモンパレスは地獄の独壇場…!」
ラウラ「噂には聞いていたが…!こんなものがどうした!」
俺「さぁ、地獄を楽しもうぜ!」
ジェネシス・デーモン「行くか、我等が地獄の王よ!」
俺「やれっ!ジェネシス・デーモン!我々にたてついた事を後悔させろ!」
ジェネシス・デーモン「ぎゃおおおおおおおおお!!」
ジェネシス・デーモン 攻2000→ダイレクトアタック
ラウラ「くっ!駄目だ、AICが間に合わない…!」
ラウラ LP8000→6000
ラウラ「ちぃぃ…!」
俺「妥協召喚したジェネシス・デーモンはエンドフェイズ時に破壊される。だが、俺は補給部隊の効果でワンドローできる!」
補給部隊ドロー:カメンレオン
俺「ターンエンド!」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [補] [伏] [ ] [ ]
手札
カメンレオン デーモンの騎兵 デーモンの将星
97:
箒「ラウラッ!ちぃっ…!」
セシリア「あら?よそ見してていいんですか?お得意の近接戦闘でもわたくしと互角なんて…腕が落ちたんじゃなくて!?」
箒「くっ…!押しきれない!」
セシリア「なぜって?このわたくしが地獄の乙女だからですわ!一気に決める!」
セシリア「ブルーティアーズ・フルバースト!」バッ
箒「何―――!?ブルーティアーズ展開中に、他の武装は使えないはずじゃ……!」
セシリア「この大会、絶対に負けるわけにはいきませんもの…地獄のような努力をしたまでですわ!いっけええええ!」バシュゥ
箒「なっ―――!」
箒 LP0
箒「くっ…完敗だ……!!」
セシリア「やりましたわ!俺さーん!」
98:
俺「ククククク…やるじゃねぇか…セシリア……」
ラウラ「あの凡骨が…!!」
俺「そういう言い方は良くないな……俺とセシリアが地獄的に強いだけだ…!」
ラウラ「ふざけるなああああ!!地獄地獄といってるだけで、強くなるはずがない!!」
俺「それがなるんだよ……クックックックック…!心に熱きデュエル魂のないお前に言ってもわからんだろうがなぁ!」
ラウラ「必要なのは力だ!心じゃない!」
俺「哀れな…それが分からない様じゃ……お前は一生俺には勝てない……お前の限界は、ここだ…」
ラウラ「ふざけるなああああああああ!!」
俺「クククククク…ならばこの俺を倒して貴様が正しいことを証明してみせろ……」
ラウラ「言われなくとも!」
ラウラ(大口径レールカノン) 攻3000→ダイレクトアタック
俺「クククククク……地獄を見せてやるぜ…!」
ラウラ「ほざいてろ!」
99:
俺「トラップカード、デーモンの雄叫びを発動!」
デーモンの雄叫び
通常罠
500ライフポイントを払い発動する。
自分の墓地から「デーモン」という名のついたモンスターカード1枚を自分のフィールド上に特殊召喚する。
このモンスターは、いかなる場合にも生け贄にする事はできず、このターンのエンドフェイズに破壊される。
俺 LP8000→7500
トリック・デーモン「俺はやらせないよ!」バッ
ラウラ(大口径レールカノン)攻 3000→トリック・デーモン 守0
トリック・デーモン「くっ…私が死んでも、次のデーモンが…あなたをっ…!」バリーン
俺「トリック・デーモンの効果でデッキからデーモンと名のつくカードを手札に加える。そして補給部隊の効果を…!」
ラウラ「やらせるか!」
ラウラ(ワイヤーブレード)→補給部隊
無能部隊「うわああああ!」バリーン
俺「ほう。やるな…」
ラウラ「軍人を舐めるなよ!まずは補給部隊を叩くのは基本中の基本だ!どうだ!これが私の力だ!思い知ったか!」フンス
俺「そうだな……熱い魂さえあれば、お前は本当に強かっただろうな…」
ラウラ「まだいうか!!」
俺「何度でも言うさ……お前が気付くまでな!ドローッ!」
100:
トリデ効果:デーモンの将星
ドロー:デーモンの雄叫び
俺「手札から、デーモンの騎兵を召喚!」
デーモンの騎兵「ふっ!」
俺「集中力が無ければAICは使えないんだったな…?集中する前にやればいいんだろ…?デーモンの騎兵でダイレクトアタック!」
ラウラ「なにっ――!」
デーモンの騎兵 攻 2400→ダイレクトアタック
ラウラ LP 6000→3600
ラウラ「ぐっ…!!」
俺「どうした?痛そうだな…?泣きそうか?クックック……地獄を見ろ!」
ラウラ(押されている…!?私が、この私が…!)
俺「手札から、デーモンの将星を特殊召喚!デーモンの将星の効果を―――」
ラウラ「やらせはせん!AIC!」
俺「クク、やるな……ちょっとは見直したぜ。ターンエンド!」
ラウラ「私は負けない!こんなふざけた奴に!」ドカン
ラウラ(大口径レールカノン) 攻3000→デーモンの将星 攻3000
デーモンの将星「ぐっッ!」
俺 LP7500→7500
俺(倒せるときは出来るだけ強い方を倒す…ま、そんなもんか。そこが軍人とデュエリストの徹底的な違い…)
俺「戦闘力ではなく、効果やレベルでどちらを倒すか決めるべきだったな。俺のターン!ドロー!」
101:
ドロー 堕落
俺「終わりだ。手札から、カメンレオンを通常召喚!」
カメンレオン チューナー
星4/地属性/爬虫類族/攻1600/守1100
このカードは自分フィールド上にレベル5以上のモンスターが存在しない場合のみ召喚できる。
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地の守備力0のモンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果を発動するターン、自分はエクストラデッキ以外からモンスターを特殊召喚できない。
カメンレオン「カメンレオーン」ニューン
俺「カメンレオンの長い舌は、冥界まで届き、モンスターを復活させる!戻ってこい!トリック・デーモン!」
ラウラ「AICッッ!!」
俺「やはり止めて来たか…だが」
ラウラ「そのカメレオンが危険だということは調査済みだ!あのドラゴンは出させん!」
俺「ところがどっこい…フィールドをよく見て見な……」
デーモンの騎兵「フッ……」
ラウラ「……だからどうした?」
俺「……ああ。そうか。シンクロのシステムそのものがわかってないんだったか」
俺「クククク…なら、期待に応えてやるか………お前の大嫌いなドラゴンを呼んでやるよ…」
ラウラ「何っ!?AICを喰らっているというのに…!?」
俺「悪いな。チューナーってのは効果じゃないんだ。さぁ、食らうぞ、冥界の龍!シンクロ召喚!来い!琰魔竜!レッド!デーモン!!」
102:
えん魔竜 レッド・デーモン
 ※「えん」は機種依存文字のためひらがなで代用しています。正しくは玉偏に炎。
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ1でのみ発動できる。
このカード以外のフィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターを全て破壊する。
この効果を発動するターン、このカード以外のモンスターは攻撃できない。
レッド・デーモン「が??おおおっ!」
俺「……お前の負けだ。行くぞッ!」
ラウラ「負けるものか……負ける、ものか!うわあああああああ!!」バッ
俺「なぎ払え!レッド・デーモン!!」
レッド・デーモン「がーおーっ!」ブン
ラウラ「尾…!?駄目だ、かわしきれない…ッ!うがああっ!」バキッ
ラウラ(負けるのか…?この私が……こんな、こんな奴に………)
俺「吹き飛ばせ!レッド・デーモン!地獄のデストロイファイアァァァァァァーーーッッッ!!」
ラウラ(力が欲しい…!誰にも負けない、力が…!)
ラウラ(どんなにピンチでも、負ける事のない強さが!!)カッ
ドカーン
103:
セシリア「やりましたわっ!やりましたわっ!」
箒「クッ…!」
俺「フッ…くっつくなセシリア……それに、まだラウラのライフは残っている……」
セシリア「ですが…」
俺「ラウラ……これが地獄の…ん?」
箒「土煙の中に……ラウラ…いや、違う…?」
俺「セシリア…様子が変だ。離れてな…」
セシリア「は、はい…」
ラウラVT(?)「……」
俺「この反応は……どんな隠し玉かと思えば……ただのVTシステムか……普通のVTじゃなさそうだが、シャドールに比べたらVTなんかワイトみたいなもんだ………ん?」
ラウラVT(?)「レディースアーンドジェントルメーン!」
105:
ラウラVT(?)「さあ!皆さん、私は今、こわいこわいデーモンに追い詰められています!」
ラウラVT(?)「このままではこの素晴らしい戦いが終わってしまうのではないか…?そんな事を思いませんでしたか?しかし、心配はご無用!」
ラウラVT(?)「今宵!この私が皆様に、素晴らしいエンタメデュエルをお見せいたします!」
ラウラVT(?)「お楽しみはこれからだ!ドローッ!」
俺「………何?」
セシリア「ど、ドローッ!?」
千冬「警戒レベル―測定不能!?急いで生徒を非難させろ!!」
ラウラVT(?)「俺は、スケール3のEMヒックリカエルと、スケール5のEMチアモールで、ペンデュラムスケールをセッティング!」
俺「間違いない…こいつは榊遊勝の息子――榊遊矢か!」
ラウラVT(遊矢)「ペンデュラム召喚!現れろ!俺のモンスターッ!!」
俺「ペンデュラム召喚……!!チィ…!厄介なモンを…!!とはいえ……」
セシリア「そんな…俺さん以外にも、デュエリストが…?」
俺「相手がデュエリストとはッ!!クククク、腕が鳴るぜ!」ニヤッ
106:
ラウラVT(?)「さあ!皆さん、私は今、こわいこわいデーモンに追い詰められています!」
ラウラVT(?)「このままではこの素晴らしい戦いが終わってしまうのではないか…?そんな事を思いませんでしたか?しかし、心配はご無用!」
ラウラVT(?)「今宵!この私が皆様に、素晴らしいエンタメデュエルをお見せいたします!」
ラウラVT(?)「お楽しみはこれからだ!ドローッ!」
俺「………何?」
セシリア「ど、ドローッ!?」
千冬「警戒レベル―測定不能!?急いで生徒を非難させろ!!」
ラウラVT(?)「俺は、スケール3のEMヒックリカエルと、スケール5のEMチアモールで、ペンデュラムスケールをセッティング!」
俺「間違いない…こいつは榊遊勝の息子―榊遊矢か!」
ラウラVT(遊矢)「ペンデュラム召喚!現れろ!俺のモンスターッ!!」
俺「ペンデュラム召喚……!!チィ…!厄介なモンを…!!とはいえ…」
セシリア「そんな…俺さん以外にも、デュエリストが…?」
俺「相手がデュエリストとは…!腕がなるぜ!」
107:
ラウラVT(遊矢)「ガガガマジシャン!」
ガガガマジシャン「…」シャッ
ラウラVT(遊矢)「E・HEROプリズマー!」
E・HEROプリズマー「…」スタッ
俺「何ッ……!?EMじゃないのか………?いや、それよりも、こいつらは……………このモンスターたちは…!!」
ラウラVT(十代)「ガッチャ!E・HEROプリズマーの効果発動!」
E・HERO プリズマー
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1100
1ターンに1度、エクストラデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体をデッキから墓地へ送って発動できる。
エンドフェイズ時まで、このカードは墓地へ送ったモンスターと同名カードとして扱う。
ラウラVT(十代)「俺が見せるのは…竜騎士ブラックマジシャンガール!ブラックマジシャンガールを墓地へ送る!」
俺「ブラックマジシャンガールだと!?」
俺「まさか………まさかっ!?」
ラウラVT(闇遊戯)「行くぜ、相棒!俺は手札から、賢者の宝石を発動!」
賢者の宝石
通常魔法
(1):自分フィールドに「ブラック・マジシャン・ガール」が存在する場合に発動できる。
手札・デッキから「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。
ラウラVT(闇遊戯)「プリズマーは効果でブラックマジシャンガールとなっている!俺はデッキからブラック・マジシャンを特殊召喚するぜ!」
俺「やはりか………!だが、これくらいがどうした!戦い甲斐があるってもんだ!」
108:
ラウラVT(闇遊戯)「さらに手札から…青き眼の乙女を通常召喚!」
俺「乙女…!ブルーアイズか…!」
青き眼の乙女
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にし、このカードの表示形式を変更する。
その後、自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚できる。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードがカードの効果の対象になった時に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「青眼の白龍」1体を選んで特殊召喚する。
「青き眼の乙女」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
ラウラVT(遊矢)「EMヒックリカエルの効果発動!フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる!そのモンスターの攻撃力と守備力を入れ替える!俺が対象にとるのは、青き眼の乙女!」
EMヒックリカエル
ペンデュラム・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 0/守 800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
【モンスター効果】
(1):自分バトルフェイズに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更し、その攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
ラウラVT(海馬)「フゥン!青き眼の乙女の効果発動!カードの効果の対象になった時、手札・デッキ・墓地からブルーアイズホワイトドラゴンを特殊召喚できる!」
ブルーアイズ「ギャオオオオ!」
ラウラVT(海馬)「フハハハハハハハハハ!!粉砕!玉砕!大喝采!」
俺「クククククク、ハハハハハハハ!!面白い!VT風情が、楽しませてくれる!この俺に、デュエリストの頂点ともいえる男達を同時に相手しろというのか!………地獄だぜ…!」
ラウラVT(遊星)「青き眼の乙女とブラック・マジシャンでチューニング…!」
俺「シンクロ…レベル8……!!」
ラウラVT(遊星)「星海を切り裂く一筋の閃光よ!魂を震わし世界に轟け――シンクロ召喚ッ!!閃?竜 スターダスト!!」
閃?竜スターダスト「キアアアアアアアアアアア!!」
俺「まずいってばよ……」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [白] [閃] [プリ] [ガマ]
[ ] [ ] [琰] [ ] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [ ] [伏] [ ] [ ]
俺手札
デーモンの将星 堕落
ラウラVT手札
なし
ラウラVT LP8000
俺 LP7500
109:
ラウラVT(遊星)「閃?竜スターダストの効果発動!」
閃?竜スターダスト
シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/ATK 2500/DEF 2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードは、このターンに1度だけ戦闘およびカードの効果では破壊されない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
俺「スターダストめっ…!!」
ラウラVT(遊星)「ブルーアイズに破壊耐性を付ける!波動音壁(ソニック・バリア)!!」
スターダスト「キアアアアアアアアッ!!」
ブルーアイズ「ルルルルル…」
ラウラVT(海馬)「ふつくしい…」
ラウラVT(海馬)「バトルフェイズ!フハハハハハ!ブルーアイズ!レッド・デーモンを破壊しろ!強靭!無敵!最強!滅びのバーストストリーム!!」
俺「迎え撃て!レッド・デーモン!!」バッ
レッド・デーモン「俺の背中に乗れっ!」
ラウラVT(海馬)「フゥン!行くぞ、ブルーアイズ!全前進DAッ!」バッ
ブルーアイズ「ギャオオオオオオオオオ!!」
レッドデーモン「ガアアアアア!!!」
セシリア「2つの竜が戦っている……」
ギャアアアガオオオオ
箒「…美しい」
シャル「これが、デュエル……」
千冬「何をしている!早く非難するんだ!」
セシリア「わたくしは、ここを動きませんわ!」
千冬「何を馬鹿な事を…!」
セシリア「俺さんが戦ってるんですもの、わたくしだけ逃げるわけにはいきませんわ!」
箒「私も逃げない…!この戦いは、私の目指す極みだ…!」
110:
レッドデーモン「ギャアアアアアアア!」バリーン
俺「レッド・デーモォォォォォォン!!」
俺 LP7500→7500
セシリア「俺さん!」
俺「だ、だが……ブルーアイズも倒れたはずだ…お互いに、攻撃力3000だからな…!」
ラウラVT(海馬)「フハハハハハハ!!何を勘違いしている!?」
ブルーアイズ「ギャアアアアア!」
俺「何…!…そうか!スターダストの効果で破壊を免れたのか!クッ…俺としたことが、長らくデュエリストと戦ってねえから腕が鈍っちまったぜ!」
ラウラVT(海馬)「フハハハハハ!!ブルーアイズは無敵!!最強なのだ!」
セシリア「そんな…レッド・デーモンが……!」
俺「俺のフィールドにモンスターはいない……好きにしろ」
112:
ラウラVT(遊馬)「かっとビングだ!俺!ガガガマジシャンでトリック・デーモンを攻撃!」
ガガガマジシャン 攻1500→ダイレクトアタック
俺 LP7500→6000
俺「かッ…!!」
ラウラVT(十代)「E・HEROプリズマーで、ダイレクトアタック!」
E・HEROプリズマー「ぷりぷり」
プリズマー 攻1700→ダイレクトアタック
俺「ぐほっ!?」
俺 LP6000→4300
ラウラVT(遊星)「閃?竜スターダストでダイレクトアタック!流星閃撃(シューティング・ブラスト)!!」
閃?竜 スターダスト A2500→ダイレクトアタック
俺 LP4300→1800
ラウラVT(遊馬)「いくぜ!ガガガマジシャンとE・HEROプリズマーでオーバーレイ!エクシーズ召喚!希望皇ホープ!」
No.39 希望皇ホープ
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2
(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスターの攻撃を無効にする。
(2):このカードがX素材の無い状態で攻撃対象に選択された場合に発動する。
このカードを破壊する。
俺「ッ…!」
ラウラVT(遊戯)「ターンエンドだぜ!」
俺「状況は絶望的か……でも諦めねえぜ………!ドローッッ!!」
113:
ドロー:闇の誘惑
俺「…地獄の閻魔はまだ俺にチャンスをくれるみたいだな。手札からマジックカード!闇の誘惑を発動!カードを2枚ドローし、手札の闇属性モンスターを除外!」
闇の誘惑ドロー ジェネシス・デーモン トリック・デーモン
除外 デーモンの将星
俺「伏せカード、デーモンの雄叫び発動!500ライフポイント払い、デーモンを1ターン蘇生!戻ってこい!デーモンの騎兵!」
俺 LP1800→1300
デーモンの騎兵「追い込まれてるようだな」
俺「流石にあいつらを一気に相手するとな…だが、撃てる手がこれしかない…!トリック・デーモンを攻撃表示で通常召喚!」
トリック・デーモン「頑張ろうね!ぜっっっったいに負けないんだから!」
俺「ククク、当然だ!手札から、堕落発動!装備したモンスターのコントロールを得る!俺が奪うのは、ブルーアイズ!お前だ!」
ブルーアイズ「ギャアアアアアッ!」
ラウラVT(海馬)「何っ…貴様…!!俺のブルーアイズを…!」
114:
セシリア「流石俺さんですわ!」
俺「ブルーアイズ!!ホープを焼き殺せ!地獄のバーストストリーム!!」
ラウラVT(遊馬)「希望皇ホープの効果発動!エクシーズ素材を1つ取り除くことで、モンスターの攻撃を無効にする!!」
俺「ちっ…やはりホープ、厄介だな…ターンエンド!エンドフェイズ時、デーモンの雄叫びの効果でデーモンの騎兵を破壊!デーモンの騎兵の効果で、墓地からジェネシス・デーモンを特殊召喚!」
ジェネシス・デーモン「フッ……我の攻撃力を越えるモンスターはいない。壁になってやろう」
箒「どちらも譲らない戦い……!」
セシリア「心が、熱くなる…」
山田「これが…デュエル」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [閃] [ホ] [ ]
[ ] [白] [ジ] [ト] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [堕] [ ] [ ] [ ]
俺手札
ジェネシス・デーモン
ラウラVT手札
なし
俺LP 1300
ラウラVT(遊戯)「俺のターン!ドロー!」
俺「クックックック……」
ラウラVT「…」
俺「……」
ラウラVT(海馬)「カードを1枚伏せ、ターンエンドだ」
俺「ククク、地獄の魔王は俺に微笑んでるようだな……いいカードが引けなかったか?俺のターン!ドローッ!」
115:
俺「……!」
俺「……そうか。デーモンよ……地獄に行くのは俺だけで十分か。俺はとことん、地獄に好かれているらしいな……」
俺「だが、足掻かせてもらう!ジェネシス・デーモンの効果発動!1ターンに1度、墓地のデーモンと名のつくカードを除外することで相手フィールド上のカードを1枚破壊する!」
俺「俺はデーモンの雄叫びを除外し、スターダストを破壊する!」
ラウラVT(遊星)「閃?竜スターダストの効果発動!自分フィールド上のカード1枚を選択し、そのカードはこのターン1度だけ破壊を免れる!波動音壁(ソニック・バリア)!!」
スターダスト「キアアアアアア!!」
セシリア「そんな……ジェネシス・デーモンの効果が防がれた…!」
俺「だが、スターダストの効果は1ターンに1度しか使えまい!手札から、ジェネシス・デーモンを通常召喚!ジェネシス・デーモンの効果発動!ホープを破壊!」
ラウラVT(遊馬)「くそ!ホープ…!!」
セシリア「やりましたわ!」
俺「一気に決めさせてもらう!!バトルフェイズ!」
俺「ジェネシス・デーモンでスターダストを攻撃!」
ジェネシス・デーモン 攻3500→スターダスト 攻2500
俺「破壊しろ!ジェネシス・デーモン!そして奴に地獄を見せろッッ!!地獄のデスハングッ!!」
ラウラVT「…かかったな!」ニヤリ
俺「…何?」
116:
ラウラVT(城之内)「罠カードオープン!マジックアーム・シールドだぜ!」
マジックアーム・シールド
通常罠
自分フィールド上にモンスターが存在する場合、相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手フィールド上に表側表示で存在する攻撃モンスター以外のモンスター1体のコントロールをバトルフェイズ終了時まで得て、そのモンスターに攻撃を受けさせる。
ラウラVT(海馬)「マジック・アームシールドの効果で、ブルーアイズを返してもらうぞ!」
ジェネシス・デーモン 攻3500→ブルーアイズホワイトドラゴン 攻3000
ラウラVT LP8000→7500
俺「くっ…お前、ブルーアイズを!」
ラウラVT(海馬)「フゥン……お前のトリック・デーモンではスターダストは超えられん。ターンエンドだろうな。ブルーアイズの怒り、必ず返す…!」
俺「エンドフェイズ時、妥協召喚したジェネシス・デーモンは、破壊される……」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [閃] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ジ] [ト] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [ ] [伏] [ ] [ ]
俺手札
なし
ラウラVT手札
なし
俺 LP 1300
ラウラVT LP7500
117:
俺(状況は最悪だ…だが、攻撃表示のトリックデーモンを攻撃されても2500のスターダストでは俺を殺すことができないのが唯一の救い……)
ラウラVT(遊戯)「俺のターン!ドロー!」
ラウラVT(海馬)「ハハハハハハハ!!いいカードを引いたぞ!」
ラウラVT(海馬)「貴様には、自分のモンスターが奪われる悲しみを存分に味わって死んでもらうぞ…!!」
俺「…何?」
ラウラVT(遊矢)「EMヒックリカエルの効果発動!フィールド上のモンスター1体の攻撃力と守備力を入れ替える!」
俺「何…!?しまった、そうか…!その手が…!!」
セシリア「いけませんわ!トリック・デーモンの守備力は0!デーモンパレスで攻撃力が500あがっても、それでも攻撃力はたったの500!」
箒「なんだと…?」
山田「ど、どういうことですか?」
セシリア「スターダストの攻撃を喰らえば、俺さんのライフは…0になりますわ」
鈴「ウソでしょ!?」
セシリア「まだ伏せカードがありますわ…!俺さんがそう簡単に負けるわけありませんもの!」
ラウラVT(遊矢)「ジェネシス・デーモンの攻撃力と守備力をイレカエル!」
ジェネシス・デーモン 攻3500→2500 守2000→3000
俺「スターダストと同格……ジェネシス・デーモンは相打ちで消えるか…だが、俺のターンはまだくる…!」
118:
俺(しかし、何故だ…トリック・デーモンの攻撃力を入れ替えれば、俺のライフを0に出来たというのに…)
ラウラVT(遊矢)「そして、EMチアモールの効果発動!」
俺「何―――!しまった、そうか!」
EMチアモール
ペンデュラム・効果モンスター
星2/地属性/獣族/攻 600/守1000
【Pスケール:青5/赤5】
(1):自分フィールドのPモンスターの攻撃力は300アップする。
【モンスター効果】
「EMチアモール」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力の数値によって以下の効果を適用する。
●そのモンスターの攻撃力が元々の攻撃力より高い場合、そのモンスターの攻撃力は1000アップする。
●そのモンスターの攻撃力が元々の攻撃力より低い場合、そのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。
ジェネシス・デーモン 攻 2500→1500
ラウラVT(遊矢)「これで、デーモンの攻撃力は1500になってしまいました!では、みなさん!白き閃光をお見せしましょう!」
俺(や、やられる…俺の、ジェネシス・デーモンが………!!この、俺がッ!)
ラウラVT(遊星)「閃?竜スターダストで、ジェネシスデーモンを攻撃!喰らえ!シューティングブラスト!!」
俺「クックックックック…!!ハーッハッハッハ!!!」
スターダスト 攻2500→ジェネシス・デーモン 攻1500
俺 LP1300→300
119:
セシリア「俺さあああああん!!」
鈴「そんな…ウソでしょ?負けないでよ!ねええ!ねえったら!」
[ ] [ ] [ ] [ ] [ ]
[ ] [ ] [閃] [ ] [ ]
[ ] [ ] [ ] [ト] [ ]  フィールド 伏魔殿
[ ] [ ] [伏] [ ] [ ]
俺手札
なし
ラウラVT手札
1枚
ラウラ LP7500
俺 LP300
俺「…安心しな。まだ、俺のターンは回ってくる」
俺「諦めないぜ……まだ、1回もドローできんだ…!」
セシリア「そうですわ…!相手の場のモンスターは1体!このターン攻撃できませんわ!」
鈴「そうよね…負けるはず、ないもんね…アンタが」
セシリア「当然ですわ!俺さんは、たった1度のドローで、何度だって絶望的な状況を覆してきたんですもの!」
俺「ああ……セシリア…勝つぜ、俺は……勝って……」
ラウラVT(海馬)「フゥン!誰が貴様にターンを渡すと言った?」
120:
ラウラVT(海馬)「貴様にもっとも屈辱的な死を与える為に、俺はわざと貴様のライフを残したのだ!」
ラウラVT(海馬)「自分のモンスターを奪われる憎しみと苦しみ、存分に味わって死んでもらうと言ったはずだ!!ブルーアイズの怒りを思い知れ!手札から、攻魔法!」
エネミーコントローラー
攻魔法
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、表示形式を変更する。
●自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。
俺「…!!!」
セシリア「ど、どういうことですの…?」
俺「………トリック・デーモンか」
トリック・デーモン「へっ…?」
ラウラVT(海馬)「自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動する。スターダストをリリース!」
ラウラVT(海馬)「貴様の場のモンスター1体のコントロールを得る…!左右AB!フハハハハハハハ!!!!」
トリック・デーモン「い、いやあああ!」ピコピコ
俺「……まだ、バトルフェイズ中だったな」
ラウラVT(海馬)「そうだ!トリック・デーモンの攻撃で貴様のライフは0だ!」
俺「………………………………………………セシリア、鈴、箒、シャル。逃げろ」
俺「地獄へ行くのは俺一人で十分だ」
121:
セシリア「俺さん!俺さんも逃げてください!あなたが、こんなところで…!!」
鈴「そうよバカ!地獄を見せるんじゃなかったの!?」
俺「お前らに地獄はまだ早い…生きろ……生きて、未来に羽ばたけ。地獄に落ちた俺と違って、お前等にはまだ羽ばたくための翼も、立ち上がる足もある」
俺「俺にはそれが出来ない…俺はもう、立ちあがる気力が、前に進む心が無い……俺は、地獄にしゃがみ込んで新たな脱落者を待つことしかできない…」
俺「………どうやら神様は俺がお前等を地獄に引きずり込もうとしていることに怒ったらしい」
俺「お前らまで俺に付き合う必要はない……ククク、逃げな。まあまあ、楽しかったぜ………」
セシリア「何をいってるんですか!?あなたがここで死ぬというなら、わたくしも地獄までお供いたしますわ!ちょ、ちょっとはなして下さい!」
山田「落ち着いて下さいセシリアさん!」
鈴「はなせーっ!離しなさいよー!こらーっ!死ぬなーっ!」
俺「感謝するぜ……先生…」
千冬「―――!!馬鹿!こんな時だけ先生と呼ぶな!お前もだ!お前もこっちに来るんだ!私の生徒だ!私が護る!」
セシリア「俺さん!俺さーん!早く――」
俺「言ったはずだ。地獄に行くのは俺一人だと。こいつを―――ラウラを救わなければいけないからな」
セシリア「そんな…美しすぎますわ!自分を殺そうとしている奴を救おうなんて……そんな奴、どうでもいいじゃありませんか!俺さんの命の方が……!」
俺「セシリア。悪いのはコイツじゃない。ISだ。こんなシステムを搭載した、ISが悪いんだ」
俺「ラウラを恨むなよ。恨むならISを恨め。そしてよく見ておけ。ISが人を殺す兵器だという事を。恐るべき、殺人の道具だという事をその心に刻め…」
俺「そして後世に伝えてくれ!デュエルは、こんなに素晴らしいものだと!さらばだ!セシリア!強く生きろよ!」
セシリア「そんな……俺さん、俺さああああん!!」
122:
ラウラVT(海馬)「フハハハハハハ!くだらないオトモダチごっこは済んだか!」
トリック・デーモン「やだよう、やだよう…わたし…俺をころしたくなんかないよう」ポロポロ
俺「ククククク……いいじゃないか。さんざん悪行を積み重ねてきた俺らしい死に方だ……」
トリック・デーモン「やだよぅ…そんなこといわないでよお…!ごめんね。ごめんね。こんな弱い子で…もっとわたしに、対象にとれないみたいな強い耐性があったら、こんなことにはならなかったのに…」ポロポロ
俺「何を言ってるんだ…お前が対象に取れなかったら、デーモンの将星が困る……」
ラウラVT(海馬)「トリック・デーモンでダイレクトアタック!!」
トリック・デーモン「やだっ…やだああああ!!体が、勝手に…!!逃げて、逃げてえええええ!!されんだ、サレンダーしてよぉ!」
俺「サレンダーは死を意味する……そしてデュエリストにサレンダーは許されない」
俺「それに、俺はお前にそんな辛い思いをさせるつもりはない」
俺「俺は地獄の帝王……お前等如きの牙じゃ、俺の喉には届かねえ。俺は最強の地獄の王者。俺を殺せるのは……俺だけだ」
123:
俺「罠カード発動!」
自爆スイッチ
通常罠
自分のライフポイントが相手より7000ポイント以上少ない時に発動する事ができる。
お互いのライフポイントは0になる。
俺 LP300
ラウラVT LP7500
ラウラVT(海馬)「なにっ…!?」
俺「地獄スイッチだ…!」スッ
トリック・デーモン「お、俺!!」
ラウラVT(海馬)「死ぬ気か!?貴様っ!!」
俺「ライフが丁度0になる…俺は死ぬが、ISを着ているラウラなら死にはしないだろう」
俺「だが、お前には……VTシステムには消えてもらう」
ラウラVT(海馬)「!」
俺「クククククク……地獄でまた会おう」カチッ
俺「ハァーッハッハッハッハッハッハッハッハ!!」
ドカーン
千冬「!」
セシリア「いやああああああああああああああああ!!」
12

続き・詳細・画像をみる


まんが日本昔ばなしを1000話以上見た俺が飯テロTOP10を発表します

大学の女講師が一人で飯食ってるwwwwwwwwwwwwwwwwww

女子高生がイジメられてたので「やめろ」と注意した結果wwwwww

中古でお買い得な不人気車ってジャンルがあるんだな

【画像あり】イグイグとかいうNHKのマジキチキャラクターwwwwwwwwwww

くら寿司って皿5枚入れるとガチャポンみたいなの出来るじゃん?

明日高速教習のワイ、雪予報で身が震える

グンマー民チョロすぎwww 町の声は「優子ちゃんは悪くない」「小渕をいじめるな」 当確一番乗り

【画像あり】岡山駅前のイオンが凄すぎるwwwwwwwwww

ギスギスした心が蔓延する今、世界中でシェアされた「涙する黒人少年と白人警官とのフリーハグ写真」

俺が見ている「赤」はおまえらにも同じように「赤」にみえてるの?

【速報】 IKEA 「韓国は捏造をやめて!日本海(Sea of Japan)が世界の正式名称、販売中止はない」

back 過去ログ 削除依頼&連絡先