マスオ「ええーっ!!こいつがゴキブリだっていうのかい!?」back

マスオ「ええーっ!!こいつがゴキブリだっていうのかい!?」


続き・詳細・画像をみる

1:
TF「じょうじ」
波平「左様、火星に生息すると言う進化したゴキブリじゃろう」
カツオ「もー、なんで折角のピクニックなのにこんなのが出てくるんだよ」
サザエ「仕方ないわね、こうなったら服薬(つか)うしかないわ」
"人為変態"
―――『M.O.手術!!』(モザイクオーガン・オペレーション)
2:
フネ「こんな時のために手術を受けておいて正解だったねえ」
タラヲ「わーい!殺るデース!!」
ワカメ「あ、ああ……ッ!!」ブルブル
カツオ「何してるんだワカメ、早く薬を」
TF「じょうじ」ベキッ
ワカメ「」ドサッ
カツオ「ワカメええええええええええええええええええええっ!!!」
波平「しまった!」
カツオ「ワカメ?ワカメッ!!!」
ワカメ「お兄……ちゃん……」
3:
サザエ「早く薬を!折れた頸骨の再生が間に合えば……」
ワカメ「お姉ちゃん……私はもうダメみたい……」
ワカメ「薬は……節約して……」
カツオ「ッ!!」
マスオ「どうするつもりだいカツオくん?」ガシッ
カツオ「離してくれよマスオ兄さん!!」
カツオ「ボクはあいつらを……」
カツオ「殺してやる!!」
マスオ「頭に血が上った状態じゃ君まで殺されてしまうよ」
TF「じょうじ」サッ
カツオ「逃げた!?」
波平「追うでないぞカツオ」
フネ「ここは一端体勢を立て直しましょう」
ワカメ「」
カツオ「うう……うううっ……!!」
4:
カツオ「ワカメ……ぼくはワカメを守れなかった……」
タラヲ「カツオお兄ちゃーん」
タラヲ「角を曲がった拍子に首を折られて死ぬのがそんなに珍しいデスか?」
カツオ「……何がいいたい」
タラヲ「ボクが殺るデース!」
カツオ「それなら兄さんたちと一緒に」
タラヲ「パパやカツオお兄ちゃんについてこられても足手まといなだけデス」
フネ「いいんですかあなた?」
波平「左様」
波平「戦闘(こういうこと)はタラちゃんが一番慣れておる」
5:
TF「じょうじ」
タラヲ「……早デスか」
タラヲ「悪いけど先手必勝で殺らせて貰うデス!」
『ルブロンオオツチグモ』
一般的にはタランチュラと呼ばれる、世界最大級の蜘蛛である。
『鳥喰い蜘蛛』の和名を持ち、その名が示す通り節足動物でありながら獲物として脊椎動物すら捕食する。
イメージに反して人間を即死させるような毒は持たないが、
その巨大な鋏角による咬傷は小型犬に噛まれたときと同様の被害をもたらす。
もしも、それが人間大になったならば――――
タラヲ「はあああっ!!」ジャキン
TF「……」ニタア
6:
サザエ「大丈夫かしらタラちゃん……」
マスオ「ボクらはタラちゃんを信じて待つしかないよ」
カツオ「ちょっと、あれ!!」
TF「じょうじ」
タラヲの生首「」プラーン
サザエ「タラ……ちゃん?」
TF「じょ」シュンッ
フネ「危ない!」
"タコブネの防護殻!!"
7:
TF「じょう」ザシュッ
フネ「」ゴロリ
波平「か、母さあああああああああああん!!!」
サザエ「まだよ、軟体動物型の母さんなら再生が」
マスオ「無理だよサザエ、手足だけなら再生できるけど胴体を真っ二つにされたんじゃ……」
カツオ「それより、あの姿は……」
8:
釣り人に畏れられる魚がいる。
イシダイやメジナ釣りの外道(ハズレ)として釣れる魚の中に、そいつは存在する。
カサゴやゴンズイのように、棘状の鰭が刺さりそこから毒が体内に入る、という種では無い。
そう、『刺さる』……などという生易しいものではない。
その魚は『斬る』。
尾柄部に発達した硬質の骨板は、触れるだけで人間の指など簡単に切り裂いてしまう。
まるで手術刀(メス)のように鮮やかな切れ味から英国では
"Surgeon-fish"(外科医魚)
と呼ばれている。
9:
マスオ「そ、それは『ニザダイ』の特性!」
サザエ「もしやS.A.Z.A.E.ランキング4位のタイ子さんの……」
カツオ「そういえば現地で合流するハズだったノリスケおじさんたちはどうしたんだ!?」
マスオ「まさか……ッ!!」
波平「――――死体を弄(つか)ったのか……?」
10:
ニザダイTF「じょうじ」
サザエ「くっ!!」
"オニサザエの甲殻!!"
波平「ばっかもーーーんっ!!」ドンッ
サザエ「きゃあっ!!」
ニザダイ「じょう」スパッ
波平「母さんが殺られたのをみておらんかったのか!!」
サザエ「そんな、私のオニサザエの甲殻すら切断できるなんて……」ゴクリ
カツオ「父さん、その腕」
サザエ「まさか、私をかばったときに!?」
波平「なーに、気にするでないわ」ポタポタ
サザエ「お父さん……ごめん……なさい……」ボロボロ
マスオ「――――ここはボクに任せて貰うよ」
11:
1923年に、タイのメコン川で体長3mの巨大魚が発見された。
メコンオオゴイと呼ばれたその魚は、インドに生息するカトラカトラという種類のコイの4倍体であった。
『倍数体』
生物の染色体は受精の際に父親と母親から「1n」ずつ染色体を譲り受け、合計「2n」の状態になっている。
しかし、何らかの原因により染色体数が「3n」や「4n」に増加した生物が存在する。
そして染色体数が増えて倍数体となった生物は、通常とは異なる形態に変化する事があるという。
両生類や魚類では、その変化は分かり易い『巨大化』として発現する。
12:
フグ田マスオ
M.O.手術 "魚類型"
―ニジマス―
『サザエ・ランキング』2位
13:
カツオ「マスオ兄さん……なんて大きさだ」
サザエ「まるでTFが子どもみたいじゃない」
マスオ「うおおおおおおおおおっ!!」ブオンッ
ニザダイTF「じょっ」ザッ
14:
最強の陸生生物として象が挙げられるように、自然界において体の大きさとは強さに等しい。
マスオの動きはどこか緩慢に見えた。
だが今のマスオの体は常人の3倍近い5m以上にまで膨れ上がっている。
伸びた腕が、足が、体が。
間延びして見えるその動きとは裏腹に、実に3倍もの加を受けているのだ。
彼の1歩は常人の3歩に相当し、彼の拳は3人分の力を持つ。
そこに加えられる強化アミロースの甲皮の強度と、解放血管系によるパワーの底上げ。
それらから導き出される結果は自明である。
15:
マスオ「これは能力を奪われたタイ子さんの分!!」ゴリッ
ニザダイTF「じょっ」
マスオ「返り討ちに遭ったタラちゃんの分!!」メキッ
ニザダイTF「じょ、じょう……」
マスオ「殺された母さんの分!!」バキッ
ニザダイTF「じ……」
マスオ「そしてこれが」ブンッ
マスオ「サザエを泣かせた分だ」ゴシャッ
ニザダイTF「」バタリ
16:
マスオ「はあっ、はあっ……」
カツオ「スゴいやマスオ兄さん、あのゴキブリ野郎をやっつけちゃった!」
マスオ「いや、まだだ」
カツオ「えっ……」
???TF「じょうじ」
サザエ「嘘、マスオさんより大きいじゃない!」
波平「そうか、タイ子さん以外のベースも奪われておったか……ッ!!」
17:
『マスノスケ』
という和名はあまり一般的ではない。
名は体を表す。
サケ科魚類の中でも最大級であるこの種にこそ相応しい名称、それが――――
18:
キングサーモンTF「じょう」ブンッ
マスオ「そうか『キングサーモン』……幼いイクラちゃんまで犠牲にしたのかッ!!」ガシッ
サザエ「あなた!!」
マスオ「ここはボクが引きつける!!」
マスオ「サザエたちは逃げるんだ!!」
19:
マスノスケの成長促進遺伝子をタイセイヨウサケに組み込み、2倍に成長させる技術は既に実用化段階にある。
ただでさえ巨大なTFの肉体が、成長促進因子により特性を発現させたマスオを超える程に増大していた。
そして、敵はそれだけではない。
20:
TF1「じょう」ブンブン
TF2「じょじょう」ブンブン
カツオ「あれは!」
波平「投石器、じゃと!?」
波平「奴らめ、あんなものを作る知能まで持ち合わせておったか!!」
21:
体が大きい、ということは有利なことばかりではない。
一方的な攻撃に晒される場合、被弾面積の広さという弱点が露呈する。
いくら肉体の増大により体力が多くとも、これだけの投石を一斉に受けてしまえば――――
22:
TF30「じょうじ」ビュンッ
TF31「じょうじ」ビュンッ
TF32「じょうじ」ビュンッ
サザエ「くうっ!!」ガンガンガンッ
マスオ「サザエ!?」
サザエ「ここは私が守るから、マスオさんはそのキングサーモンの相手に集中して!!」
マスオ「ダメだサザエ、いくら君の甲殻でもこれだけの攻撃を受け続けては……」
サザエ「それでもっ……!!」ガンガンバキッ
23:
カツオ「父さん、ボクはどうすればいいんだ!!」
波平「耐えるんじゃカツオ、今出て行っては全滅じゃ」
波平「二人の覚悟を無駄にしてはならん」
カツオ「そんな……ああ、姉さんが!!」
24:
サザエ(マスオさんとキングサーモンTFの戦いは拮抗している)
サザエ(いや、マスオさんの格闘技術がフルに発揮できれば必ず勝てるハズ)
サザエ(だけどもう、私のオニサザエの甲殻は粉々に砕けてしまった)
サザエ「こうなったら……最後の手段ね」
25:
あまり知られていない事実だが、
サザエは『泳ぐ』
天敵のイシダイはその強靱な顎で殻を噛み砕くため、ただ引き篭もるだけでは助かることはできない。
その重い甲殻を、水管から吐き出す水圧を用いて、一気に動かすのだ。
もしその力が、抵抗の弱い空気中で、更に人間大の体から放たれたならば――――
26:
サザエ「ぶしゅうううううううううううっ!!!」
TFたち「」メキメキメキバキッ
カツオ「すごいや姉さん、あれだけの数のTFを一気に倒しちゃった!!」
カツオ「でもどうして最初から撃たなかったんだろう?」
波平「ばっかもーーーん!!」
波平「水中と違い、吐き出す水分は全て自分の体内から絞り出さねばならんのだぞ」
波平「今のサザエを見てみなさい」
サザエ「やったわよ……あなた……」ガクリ
波平「ほおれ、脱水症状を起こして息も絶え絶えじゃ」
カツオ「そ、それじゃ早く助けないと!!」
TF40「じょうじ」
カツオ「そんな、もう新手が!?」
27:
マスオ「サザエの作ってくれたこの時間……無駄にはしない!!」バキッ
キングサーモンTF「じょう」グルン
キングサーモンTF「じ……?」バタン
マスオ「良かったよ、相手が人間じゃなくて」グッ
マスオ「顎に掠っただけでも脳震盪は起こるんだよ、痛みを感じないゴキブリ野郎」グシャ
キングサーモンTF「」
マスオ「さあ、早く逃げようサザエ」
キクイムシTF「じょうじ」ガジガジ
サザエ「」
マスオ「サザ……エ……?」
28:
キクイムシはゾウムシ上科に属する昆虫である。
同上科に属するクロカタゾウムシは最も硬い昆虫として知られるが、
キクイムシも同様に羽根は癒着し開かず、その甲皮は高い強度を持つ。
そして硬い木質やドングリやクルミなどの殻を食い破る強靱な顎。
それらが人間大となった時の脅威は計り知れない。
29:
波平「あれはノリスケのベース『ノリマサキクイムシ』……」
マスオ「よくも、サザエをおおおおおおおおおおおおおおっ!!!」ドンッ
キクイムシTF「じょう」ガシッ
マスオ「なっ!!」
波平「いかん、マスオくんももう限界に近い!!」
波平「あの状態でキクイムシの甲皮を持つTFとやりあっては……」
キクイムシTF「じょうじ」ズガッ
マスオ「かっ……はっ……」ドサリ
カツオ「もう耐えられない」
波平「待つんじゃカツオ!!」
カツオ「もう、誰も殺させやしない!!」
30:
磯野カツオ
M.O.手術 "刺胞動物型"
―カツオノエボシ―
『サザエ・ランキング』 1位
31:
カツオ「姉さんの仇ッ!!」
TF40「じょうじ」ザッ
カツオ「邪魔をするな……退け!!」
カツオノエボシの毒作用は活性ペプチド、各種酵素、その他の因子からなる多成分系の総合作用とされる。
皮膚壊疽性、心臓毒性を持ち、人体に及ぼす被害は甚大、死に至る場合もある。
――――しかし、二十一世紀初頭の時点では、
ゴキブリに有効なグルタミン酸神経伝達阻害作用を持つかは確認されていない。
32:
TF40「じょうじ」ジリッ
カツオ「受け止めるつもりか?」
カツオ「この毒は効かない……とでも高を括っているのかな」
カツオ「『カツオノエボシ』を、あまり舐めない方がいい」
33:
『刺胞動物』
その呼称は『刺胞』と呼ばれる特殊な器官に由来する。
刺胞は袋状になっており、刺激を受けると袋を反転させながら毒針を持つ刺糸をはじきだす。
最初に突き出される剣状棘が、発射の瞬間から突き出るのに要する時間は実に
"0.0000007秒"
ここから計算される剣状棘の平均加度は重力加度の541000倍、標的にぶつかる際の度は時に換算すると134kmにもなる。
なお、これらは体長数mmかそれ以下のヒドロ虫における数字である。
それがもし、人間と同じサイズを得たならば――――
34:
カツオ「ふんっ!!」ボシュッ
TF40「」バタリ
TF41「じょう……」グラッ
カツオ「こっちは当たり所が良かったみたいだね!」ボシュッ
TF41「じょうじ」ガシッ
カツオ「毒は効かないから掴んでも大丈夫……とそう思ったんだろう?」
TF41「じょ……」グルリ
TF41「」ブクブクブク
カツオ「異物である毒を体内に入れられた時点で抗体ができる」
カツオ「二度目の毒で、その抗体が過剰反応を起こし守るべき肉体まで破壊し尽くす」
カツオ「『アナフィラキシーショック』……テストには、出ないよ!」
35:
キクイムシTF「じょうじ」
カツオ「やっと邪魔者がいなくなったね」
カツオ「今度こそ!!」ボシュッ
キクイムシ「じょう」カキンッ
カツオ「くっ……刺胞の度でも刺さらないなんて」
カツオ「ならコレの出番だ!!」カチャッ
36:
"1位" 専用武器
対テラフォーマー用低温噴射機
『エターナルフォース・ブリザード』
カツオノエボシの浮き袋に充填されている二酸化炭素を利用し、
圧縮によりドライアイスを生成、ゴキブリの弱点である『低温』で攻撃する装置である。
37:
――――が、しかし。
害虫の王(ゴキブリ)死なず。
一般的に低温に弱いとされるゴキブリだが、
如何なる環境にも容易く適応してこそのゴキブリである。
現に、今まで買ったゴキブリ氷殺系のスプレーが効いた試しがない。
38:
キクイムシTF「じょうじ」ズボオッ
カツオ「ぐはっ……」
波平「いかん、カツオの胴体が貫かれた!」
カツオ「ははっ……」
カツオ「やっと……捕まえた!」ガシッ
キクイムシTF「じょ?」
カツオ「いくら頑丈な甲皮をもっていても……」シュルシュルシュル
カツオ「眼球や関節を狙われちゃ……ひとたまりもないだろう?」ボシュボシュボシュッ
キクイムシTF「キィーーーーーーーーーーーッ!!!?」バタバタ
カツオ「あまり暴れないでくれよ……傷口が広がっちゃうじゃないか」ガシッ
波平「ああ……カツオ……」
キクイムシTF「キッ……」ブクブクブク
キクイムシTF「」バタリ
カツオ「……やった、か」ドサリ
39:
波平「しっかりせんか、カツオ!!」
カツオ「お父……さん……」
カツオ「早く……逃げて……」
波平「安心するんじゃ、このあたりにはもう生きたゴキブリは残っておらん」
波平「これもみんなのおかげじゃ」
カツオ「マスオ……兄さんは……?」
マスオ「」
波平「……」フルフル
カツオ「そっか……」
波平「マスオ君はもう体力の限界だったのじゃろう」
波平「しかしカツオ、お主はまだ助かる可能性がある」
波平「……ワシの特性を利用すればな」
40:
磯野波平
M.O.手術 "扁形動物型"
―ナミウズムシ―
『サザエ・ランキング』 100位
41:
波平「う……おお……おおおおっ……!!」ザシュ
カツオ「お父さん……何を……?」
波平「潰されたお主の心臓の代わりに、ワシの心臓を移植する!!」ゴリゴリゴキッ
波平「『ナミウズムシ』の再生能力と『カツオノエボシ』の群体としての性質」ブチブチブチイッ
波平「そして免疫寛容臓(モザイクオーガン)が合わされば可能なハズじゃ」ズルリ
カツオ「ダメだよ……それじゃお父さんが……死んじゃう……」
波平「人為変態は細胞を急激に作り替える」
波平「つまり寿命が短くなるのじゃ」
波平「それならまだ若いカツオ、お主が生き残る道を選びたい」
カツオ「お父……さん……」
波平「さらばじゃ、カツオよ」
波平「達者でな」
42:
カツオ「」
カツオ「」
カツオ「……」パチッ
カツオ「生き……てる……?」
カツオ「そうだ、お父さんは!!」ガバッ
波平「」
カツオ「そんな……」
カツオ「ボクだけが生き残ってしまった」
カツオ「帰らないと……命を繋いでくれた……みんなのためにも……ッ!!」グッ
43:
???『なぜアメリカで研究用に再生されたゴキブリどもが日本の山中に現れた!!』
???『いや、そもそも民間にM.O.手術の技術を流出させたのは誰だ?』
???「あーら、だって仕方ないじゃない」
???「日本は前回の『裏切り』で、計画の中じゃ技術後進国よ」
???「そんな中でデータ取りの協力を具申して、土地や先立つ物まで提供してあげたなら動くしかないわ」
???『その声は……極東の不動産王の娘かッ!!』
???「まあいいじゃないの、世論に影響を与えないように私が全部裏から手を回すから」
???『貴様の目的は……なんだ?』
???「――――かわいそうな磯野君」
44:
???「彼にはもう家族も親戚もいない、身寄りのない孤児になってしまった」
???「そこで彼に残された数少ない知人が、助けの手を差し伸べるの」
???「これからは磯野君と一つ屋根の下……素敵だと思わない?」
???『狂ってやがる』
???「好きに言えばいいわ」
???「研究でも、国同士の派閥争いでもお好きなようにすればいいのよ」
???「だけど……磯野君だけは絶対にあなたたちには渡さないから」
???『……』ブツッ
???「うふふふふふ」ツーツーツー……
(完)
4

続き・詳細・画像をみる


ちょいブサな俺氏が女子に言われた酷い言葉ランキング

【栃木】栃木・犬遺棄、容疑のペット店従業員を新たに逮捕…72匹の小型犬の死骸と、8匹の犬を生きたまま捨てた疑い

【画像あり】櫻井翔、親父に似すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

20代の女っておっさんと不倫すんのなんで?

今月のTo LOVEるダークネスがヤバすぎた!その画像がネット公開される・・・

ジバニャンのコスプレしてみたwwwwww

back 削除依頼&連絡先