身内がガンになったことを知った時に感じた様々な衝撃back

身内がガンになったことを知った時に感じた様々な衝撃


続き・詳細・画像をみる


97歳のひいばあさんが
腰が痛いというので病院に
連れて行ったら、卵巣がんと
診断されたが、診断よりも
医師は「でも、治療せず放っておいていい
これが命取りになるまであと20年はかかる
むしろ治療するほうが負担になって命を縮める」
といわれたとき、婿養子である
じいさんが「あと20年も生きるのか!」と一瞬勘違いして
激しい衝撃を受けていた
(結局三年後に老衰で死んだ)
510: おさかなくわえた
そういうアホがいるから医師のムンテラやICは大変なんだ。
516: おさかなくわえた
卵巣がんって20年も普通に生きられるの?
自覚症状は腰痛だけなのかな
517: おさかなくわえた
>>507
うちの父は脳梗塞で半身不随だった。
検査の中で肝臓にガンがあることがわかった。
医者の説明によると、父は脳梗塞をしたということでずっと血を固まらせない薬を飲んでる。
だから手術するにはその薬を中止しなければならないのでリスクが大きい。
そのガンが命取りになるように大きくなるのは数年かかると思われるから
そんな大きいリスクを負いながら手術するのはすすめない。とのことだった。
家族全員それを理解して、手術はしないでいて結局の脳梗塞を再び起こして亡くなった。
しかし、通夜で親戚集まってる席で肝臓のガンの話したら父の妹であるおばさんが
泣き崩れてこちらを責めてきた。
「お兄ちゃんがかわいそう!ガンを放置してたなんて信じられない!」って。
周りもおばさんを諭してたけど理解できなくてギャーギャー泣いてた。
あとからならなんとでも言えるよな。
518: おさかなくわえた
>>517
こういう話を聞いたり見たりするとすごく恐ろしいし苦しくなる
いつも一緒にいる家族と本人が納得してる事なのに
必ずと言ったら言い過ぎかもしれないけどこういう人が出てくるよね
亡くなって皆悲しい中どういう考えでギャーギャー言ってくるんだろうかと
520: おさかなくわえた
脳梗塞か。
父も軽い脳梗塞を起こして血を固まらせない薬を飲んでるよ。
脳梗塞を起こしてから半年もしないうちに腹膜炎を起こして
手術したんだけど、執刀した外科のベテラン先生から
薬を飲んでるから怖かったと言われた。
先生から怖かったと言われたのは家族も私も衝撃的だった。
今は元気にホワワーンとしてるよ。
521: おさかなくわえた
うちの父は心臓だ。
胃がんが見つかって手術の日取りも決まって入院、
明日は手術…という時に、いきなり「手術できない」と
医者に言われた時の衝撃が忘れられない。
心臓と胃がん、科が違うからよく話が通ってなかったらしい。
結局カテーテル通したり時間をかけて心臓の薬抑えたりして
ようやく手術にこぎつけたんだけども、
「このまま手術できずにがんで死ぬのか…」って
絶望した父の顔が忘れられず、ちょっと医者不信になったわ。
522: おさかなくわえた

続き・詳細・画像をみる


幸せな気分になれる「鼻にタッチ!」な動物たち

正露丸 最強過ぎワロタwwwwwwwwww

【閲覧注意】 サッカー中継に幽霊が映ってた!!!

幸楽苑「290円ラーメン」販売中止へ

小学生でしか使わなかった用語TOP10 1位アルコールランプ 2位裁縫セット

ロボットアニメで燃える展開

back 削除依頼&連絡先