ハーマイオニー「私……ロンと、離婚するわ」ハリー「……」back

ハーマイオニー「私……ロンと、離婚するわ」ハリー「……」


続き・詳細・画像をみる

1:
ハーマイオニー「本気よ。もうたくさんなの」
ハリー「……」
ハーマイオニー「あなたとジニーにも、迷惑がかかると思うわ……でも、私、限界よ」
ハリー「……」
ハーマイオニー「まだ子供がいなかったのが幸いだわね……あぁ、あなたとジニーの子供を見て、羨ましくは……思うわ」
ハリー「……」
ハーマイオニー「でも、私、決めたわ。ロンと……ちょっと?」
ハリー「……」
ハーマイオニー「ちょっと、ハリー?聞いてるの?」
ハリー「……あぁ、えっと、うん。聞いてるよ」
ハリー「この半年で三回目になる君のこの話題も、僕は一つも呆れる事なく聞いてるとも。もちのきみの旦那様でね」
ハーマイオニー「失礼ね、もう四回目よ、これで」
ハリー「君は相変わらず優秀だね、まったく」
SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416722434
2:
ハリー「今度は何だって言うんだい?え?ロンがまた何かしでかしたのかい?」
ハーマイオニー「そうよ、あの人はいつだって!もう!」
ハリー「あー、熱く語りだす前に、さ。ほら、お茶だよ。これでも飲んで少しは落ち着いてくれるとありがたいな」
ハーマイオニー「あら、ありがとう……このカップ、ステキよね。いい趣味してるわ、ジニー」
ハリー「うん、何せこうやってたずねてくる君達専用にってジニーが買ってきたものだからね」
ハーマイオニー「持つべき者は親友夫婦だわ」
ハリー「親友、そっか、そう思ってくれてたんだ。よかった。僕はもう君達が僕の事、家庭問題相談所の人だとでも思ってるんじゃないかと心配していたよ」
3:
ハーマイオニー「これまでのことを思い出してみて、ハリー!ロンはいっつも!いつだって!」
ハリー「君があぁやって怒りながら我が家の扉を吹き飛ばさん限りに入ってくる光景も見慣れてきたよ、うん」
ハーマイオニー「闇祓いを辞める時も、私になんの相談も断りもなく!私、同僚から聞かされたのよ!?」
ハリー「あー、うん、それはさ、ロンも散々悩んだことだから……」
ハーマイオニー「そう、そうよね、貴方には散々相談していたんですものね、敏腕闇払いのポッターさん」
ハリー「そこで僕にまで火の粉飛ばさないでくれよ……でもほら、その後もジョージのWWWを手伝って上手くいってるじゃないか?」
ハーマイオニー「結果論だわ!まったく……路頭に迷うことになったらどうするつもりだったのかしら」
ハリー「……でもあの時君が一番怒ってたのって確か、朝の通勤が一緒じゃなくなったからとかじゃ――あ、うん。なんでもないよ。なんでも」
ハーマイオニー「そうしていただけると忘却術する手間が省けるわ」
ハリー「二人が幸せなキスをして帰ってったところまでしっかり覚えてるよ、僕は」
8:
ガチャッ
ジニー「ただいま。あら、ハーマイオニー。ロンは生きてる?」
ハーマイオニー「……まだ何も言っていないじゃない」
ジニー「あなた一人で家に来てたら聞かなくても大体分かるわよ」
ハリー「……お帰り。ジェームズ、いい子にしてたかい?」
ジェームズ「ろなるどよりはね。はーみーおばさん、また喧嘩したの?」
ハリー「お前にはまだ早い。ほら、あっちにお菓子があるから、おばさんにお礼言ってから食べなさい」
ジェームズ「やった! はーみー、ありがとう!」
ハーマイオニー「えぇ……ジェームズって、まだ三つよね?」
ハリー「そうだね」
ハーマイオニー「……聡明と言うか、何と言うか」
ハリー「あー、うん。名前のせいかと最近後悔してるよ……父さんに」
ハーマイオニー「シリウスだものね、えぇ……末恐ろしいわ」
10:
ジニー「今度はロンが何したの?料理が不味いって?」
ハーマイオニー「それは先々週ね……よりにもよって、『今度の夕食、クリーチャーに作らせればどうだい?』だなんて」
ハリー「反吐反吐聞こえる気がするよ……マグル文化を馬鹿にでもしたのかい?」
ハーマイオニー「それは先月だわ。『映画?動いて音がでる、それだけだろ?それにこんなに高い金払うなんて馬鹿げてる!マーリンの髭!』」
ハリー「それは多分、勧める作品が悪かったんだと思うな……単純で面白そうな映画なら、ロンも食いついただろうから」
ジニー「じゃあ、何なの?今更頼りがいがないとか女々しいとか、ウドの大木とか甲斐性無しとか、無神経のとーへんぼくでハリーにべったりなのをどうにかしてとかは聞き飽きたわよ?」
ハリー「二人だと僕との時以上に辛辣なんだね……最後なんだいそれ」
ハーマイオニー「あの、ね……」
ハーマイオニー「ロンが……浮気、してるのよ!!!」
ジニー「ハリー、私、お茶淹れてくるから」
ハリー「頼むよ。あ、ジェームズ。全部食べるんじゃないぞ?父さんたちにも……」
ハーマイオニー「真面目に聞いて!!」
12:
ハリー「えぇ……だって絶対に、君の勘違いだよ。闇祓いの勘がそう言ってる」
ジニー「ロンにそんな器用なまねできないと思うわ。元シーカーの直感が確信してる」
ハーマイオニー「いいえ、絶対よ!だから私は、今度は!本気なの!」
ジニー「それ、前回も前々回も聞いてる」
ハリー「仕事仕事でそんな暇もないと思うけどなぁ……ダイアゴン支店は今じゃロン一人でやってるんだろう?」
ハーマイオニー「えぇ」
ジニー「でも、きっとハリー程じゃないわね、忙しさで言えば」
ハリー「キングズリーのおかげさまでね……ハーマイオニーはそれ以上だけど」
ハーマイオニー「私の事はいいのよ。そう、でも、それもフリだったに違いないわ」
ハリー「ロンが君を騙せるところが想像できないよ」
ジニー「マーリンのマの字も言えずにレジリメンスされそう」
ハーマイオニー「……さっきから二人とも、ロンにきつすぎない!?」
ハリー「離婚しようとしてる人が何か言ってるよ……」
14:
ハーマイオニー「分かったわ……そこまで疑うなら……本当は、二人をここまで巻き込むつもりはなかったのだけど」
ハリー「思えば君達二人の問題が僕らに伝わらなかった事が今まであっただろうか」
ジニー「ないわね。今日もハーマイオニーが来なかったら、ロンが此処にいるに決まっているし」
ハーマイオニー「さぁ、これをみて!これが、証拠よ!」
ハリー「写真?……あー」
ジニー「……ロンが……これ、漏れ鍋の一室?あー、相手はこっちに背を向けてて、分からないけど」
ハーマイオニー「相手が女性なのは分かるわね!それで、泣いているようだと言うのも!?」
ハリー「……うーん」
ジニー「……」
ジェームズ「僕、ちょっと外で遊んでくるね」
ハリー「あぁ、気が利く息子で嬉しいよ……これは、誰が?」
ハーマイオニー「とあるコガネムシに依頼したの。ほら、私いま規制管理部だから、例のあれの事で脅し、オホン。相談して」
ハリー「……どうりで奴さんが、僕らに関してはこき下ろすのに、君に関する記事だけはマイルドな表現なわけだよ、あぁ」
15:
ポッター家庭
ジェームズ「……」
ガサガサッ
ジェームズ「……」
ジェームズ「クソ爆弾一箱でどう?」
……
ガサガサッ
バサッ
ロン「足元見やがるなぁ……ほらよ。透明マントもってきたかい、チビスケ」
ジェームズ「うん。もちのロナルド」
ロン「この際呼び捨てなのは見逃してやるよ。さ、裏口から入ろうか……これ以上こじれると、後が恐いしね」
16:
3歳....末恐ろしい
18:
ハリー「でもさ、ハーマイオニー……」
ハーマイオニー「でもも杓子もマクゴナガル先生もないわ!」
ジニー「この写真、音が入ってないね。そっちのが多いけど、あのリータ婆ぁならしっかりその辺り押さえそうだけど
ハーマイオニー「隠密撮影だったから、とか言っていたわ……そんな場所で密会して、二人で……」
ハリー「まずは落ち着いて……ほら、お茶だよ」
ハーマイオニー「えぇ、ありがとう……でも、何であろうと、私に黙ってこうやって――」
グビッ
ハーマイオニー「知らない誰かと……ヒック」
ハリー「……ハーマイオニー?」
ハーマイオニー「あぁ、熱いわ……ヒック……ロン、ロンなんて……あのおたんちん!!」
ハリー「……ジニー」
ジニー「……もう酔いつぶれてもらおうと思って、さっき淹れたお茶に……ウィスキーを」
ハリー「よりによって……」
ハーマイオニー「マーリンの猿股!!!!」
19:
ハーマイオニー「今度という、ヒック!今度は!ヒック!」
ハリー「は、ハーマイオニー、ほら、水、水を……」
ハーマイオニー「思えば学生の頃から!ヒック!あの人は!ヒック!」
ハリー「そうだね、うん。あいつは困ったやつだ、うん」
ハーマイオニー「そうよ!私といっつも一々言い合って!」
ハリー「楽しんでた節があることに僕はすぐ気づいたけどね、うん」
ハーマイオニー「あなたとも、ハリー!何度も、ヒック!私が、ヒック!どれだけ心配したと!」
ハリー「うん、あー、僕もあの時は意地になってたし。おあいこさ」
ハーマイオニー「そうよ!私が、あなたを支えてる間!ヒック!ロンは!まったく!」
ハリー「うん、うん。君は頼りになるよ、本当。君のおかげさ」
ハーマイオニー「そうよ、えぇ。私、あなたのため、ヒック……あぁ、ハリー」
ハリー「なんだい?」
ハーマイオニー「わたし……ヒック……あなたと結婚すればよかった」
ハリー「……あー」
ジニー「きゃー、うわきよー」
ハリー「……ジニー、そりゃね、もうすっかり定型句になってるけどさ。少しは焦ってほしいな、夫としては」
21:
ハーマイオニー「そうよ……そうよ!どうして私、ヒック!ロンじゃなくて、あなたと結婚してないの!?」
ハリー「そりゃ、君がロンと結婚したからだろう?」
ハーマイオニー「私、あなたとずっと一緒にいたのに!ロンが離れてる間も!」
ハリー「あー、三年生の時以外はね」
ハーマイオニー「あれも、あなたの為を思って、ヒック!ファイアボルトのことを報告したからだわ!」
ハリー「うん、君にはとても感謝してるよ、うん。でもほら、前にも言ったけど……お互い言ったはずだけど……君はほら、妹みたいに想ってるから」
ハーマイオニー「ジニーは、ロンのなに!?」
ハリー「……妹だね?」
ハーマイオニー「ほら!あなた、妹でもいいんじゃない!!」
ハリー「帰ってきてくれハーマイオニー、頼むから。何言ってるの君」
22:
ハーマイオニー「だいいち……私が妹!?ポッターさん、ちょっとおふざけが過ぎるんじゃないかしら!]
ハリー「……なんだい、ウィーズリー夫人」
ジニー「あ、仕事モードだ」
ハーマイオニー「私に、ジニーのことで何度も相談してきたのは誰?」
ハリー「君だって、煮え切らないロンのことをそれこそ今日みたいに何度も……」
ジニー「……」
ハリー「ちょっと待ってくれ、ジニーの前でその話やめてよ。ジニー、ニヤニヤするのはやめてくれ」
ハーマイオニー「学生時代、散々!あなたたちのお守りをしてきたのは!?」
ハリー「お、お守りって!僕達は、あー……ちょっとお勉強ができなかっただけだ!」
ハーマイオニー「そういうところよ!ほーら、私、ヒック、私の方が……」
バサッ
ロン「そういうのでハリーを責めるのはお門違いだろ。なんせハリーはミスター道徳だからね」
ハーマイオニー「そうよ!あなたの方が数倍――えっ!?」
ハリー「……ミスター道徳はやめろよ。ジェームズ、あとで箒の練習に付き合ってあげよう」
ジェームズ「やったぜ」
23:
ハーマイオニー「……何しに来たの」
ロン「迎えにだよ。悪いね、二人とも」
ハリー「気にするなよ」
ジニー「いつものことよ」
ジェームズ「逆のときもあるけど」
ロン「うるさいな……ほら、帰ろう」
ハーマイオニー「帰らないわ!今度あなたと顔を合わせる時は、離縁手続きの書類一式を抱えている時よ!」
ロン「まだ言ってるのかい……だから、誤解なんだよ」
ハーマイオニー「何が、何が誤解よ!この写真をみても、まだそんな――!」
ロン「……『アパレシウム、現れよ』」
スゥゥゥッ
『あぁ、ロン、本当にありがとう――ネビルは、本当に?』
ジニー「あれ?声が……なんだか、写真そのものも……あ、この女の人、ハンナ・アボット?」
ハーマイオニー「……えっ!?そんな、さっきは確かに……」
ロン「細工されてたんだろ、君、あのババァが何するか忘れたのかい?」
ハリー「……流石、元闇祓い」
ロン「現役の君がこんなのに騙されるなんて、よーっぽど僕は君に信用されてるんだろうねまったく。マーリンの髭」
24:
ハーマイオニー「じゃあ、つまり……あなた、ハンナと!!!」
ロン「違う!よく聞いてくれよ!」
『ネビルは、本当に?……本気で、私との、結婚を……!?』
ハーマイオニー「……え?」
ロン「ほら、ハンナって今『盛れ鍋』の店主だろ?ダイアゴンを任されてからこっち、仕事帰りにあそこでよく飲むんだ。ハリーとも」
ハリー「ハグリッドもたまにね」
ハーマイオニー「私誘われてないわ!!!」
ロン「君がクソ爆弾ほど忙しいのはみーんな知ってるよ……それで、その日はハグリッドと一緒だったんだけど……ハグリッドが僕に教えてくれたんだ。ほら、同僚のネビルがさ」
ジニー「ホグワーツでのね」
ロン「そう、今じゃロングボトム教授だもんな……で、ハンナにプロポーズしようと思ってるらしい、って」
ハーマイオニー「……」
ハリー「ハグリッドは、そりゃあこっそり教えようとしたんだろうね、君に」
ロン「あぁ。けどさ、ハグリッドのこっそりって、僕らで言う『今から秘密の某を喋るから絶対に聞かないでくれよな!!!マーリンの髭!!!』って高々宣言してから話すようなもんだろ?駄々盛れさ」
ジニー「ハンナにも、ってこと」
ロン「そういうこと。びっくり仰天したハンナは――ハグリッドはあの図体だからね――僕を奥に引っ張っていって、問い詰めた、ってわけ」
ハーマイオニー「……」
27:
なんなら『真実薬』を飲んだっていいぜ?闇祓い様のハリーが昔の同僚のよしみで手配してくれるさ」
ハリー「『盾の帽子』を大値引きで頼むよ……ハーマイオニー?」
ジニー「もういいんじゃない?つじつまが合うわ。ロンにこんなウソをつく知恵があるとは思えないし」
ロン「おい」
ハーマイオニー「……まだよ」
ロン「おいおい」
ハーマイオニー「この間、そうよ!この間のこと!今回は、確かに私の誤解だったわ!そのことについては深く反省するとともに今後の改善に努めることを前向きに善処しますとも!」
ロン「やなとこで役人っぽくなったよな、君」
ハーマイオニー「それでも、この前!私の料理をみて!『クリーチャーにでも任せれば』って言ったこと!それは――」
ロン「あぁ、あれか……大惨事だったよな」
ハーマイオニー「! また、そういう……」
ロン「前の仕事の癖でさ、そういう大惨事を写真に残してるんだけど……ほら、二人とも。これ見ろよ」
ハリー「ロン、いくら君でも言っていいことと、悪い……悪……」
ジニー「……大惨事じゃないわ。地獄絵図よ」
ハーマイオニー「!? ふ、二人、まで……」
ロン「……君、この日も徹夜だったのに、無理して作っただろ。僕は昼には家に戻るから、晩まで寝てろって言ったのに」
ハーマイオニー「……だって」
ロン「だってもマクゴナガルもあるか。僕が何のために闇祓いを辞めたと思ってんだ。マーリンの髭」
28:
ロン「だから、言ったんだよ。君は朦朧としてたから、カチンと来たところ以外忘れてるみたいだけどさ」
ハーマイオニー「……え?」
ロン「……二週間後、つまり、今日は、クリーチャーにでも料理を頼んで、ゆっくりしろよ、って……その後プンプン怒っちまったもんだから、言いなおす暇もなかったけど」
ハリー「……」
ジニー「……」
ジェームズ「……」
ハーマイオニー「そんな、私……でも、どう、どうして、今日……?」
ロン「……ほら、な。君がとんでもなく忙しくって、忘れてると思ったよ……まさか僕がこれを言うことになるなんてね。ほら」
バサッ
ハーマイオニー「!? ば、バラの花束!?まぁ……ロン、これ……」
ロン「ネビルにぶん殴られた後、お礼にって、魔法界でいっちばん綺麗な品種をみつくろってもらったんだ……ほら、あー……」
ロン「今日は、ほら……僕らの、結婚記念日だろ?」
29:
ハーマイオニー「……」
ロン「……」
ドサッ
ロン「!?おい、バラ、落ちて、君まだ怒っ――」
ハーマイオニー「あぁ――あぁ、ロン――ロン!!!」
ロン「!?な、おい!ここハリーん家で、っちょ、ハーマ――」
ハリー「ジェームズ、寝室行ってなさい」
ジェームズ「大丈夫だよ、見慣れてるから」
ハリー「それが問題だって言ってるんだけどね」
ハーマイオニー「ごめんなさい!あなたって、ロン……とっても、素敵だわ」
ロン「……機嫌が直ってよかったよ。さ、帰ろう」
ハーマイオニー「えぇ……ハリー、ジニー……ありがとう」
ハリー「気にするなよ」
ジニー「いつものことよ」
30:
ハーマイオニー「私ったら、大事な日なのに何も……あぁ、やっぱりせめて料理をさせて頂戴!本当、私……」
ロン「もういいよ。それより、ほら。これ観たかったんだろ?パパに言って、チケットを取ってきたんだ。ネット?予約?よく分からなかったけど、パパも喜んでた」
ハーマイオニー「!映画……覚えてたの?」
ロン「僕が君の言うことひとつだって忘れるわけないだろ、何言ってんのさ」
ハーマイオニー「……あぁ、ロン!」
ハリー「……」
ジニー「……」
ハーマイオニー「私、あなたと結婚して、よかった――!」
ロン「もちのロンさ。それじゃ、二人とも。また」
バタンッ
ハリー「……」
ジニー「……」
ハリー・ジニー「「(いっつもあぁ言って帰ってるんだよなぁ……)」」

数ヵ月後
ジニー「子供の名前、ローズだってさ」
ハリー「……いつまでも分かりやすいなぁ、あの二人って」
今度こそ、完
31:
書きだしてからジェームズの年齢があれなことに気付いた。マー髭
ロンハーが離婚するとか言うネットの断片的な情報を鵜呑みにしてまう前に、ここを隅まで読むことをおススメするで!
http://www.pottermania.jp/info/event/log2014/140211JK_Rowling_Emma_Watson_Wonderland_Full_Interview.htm
みんな仲良く一緒に暮らしたれ!ペットの名前は犬のシリウスな!
じゃあの!
ハリー・ポッターシリーズ
 一巻?七巻
 世界的大ヒット発売中!
 
 ハリー幼少期の物語
 
 演劇版ハリー・ポッター
 
 2014年始動!!
 ハリー・ポッター指定教科書 『幻の動物とその生息地』原作スピンオフ映画
 2015年上映決定!!!!
 
 2014年 7月15日!!
 USJにて !!!
 『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』
 大好評開園中!!!!
32:
乙です
ロンまじイケメン
33:
ハーマイオニーはかわいいなあ!!!
3

続き・詳細・画像をみる


家出俺「もうこんなものは必要ないな」スマホ海にぽいっ

【画像】甘城ブリリアントパークのラティファ様の意外とムチッとした腋周りや下半身wwwwww

【画像あり】DAIGOの若い頃ワロタw

下着泥棒の被害にあった。ヒキオタで不潔な姉の下着を干したらやはり盗まれた

牛丼業界に異変!!!!

独Linshof、フルカスマイズを施した新型端末「i8」を正式発表 ―独創的なスペックに

back 削除依頼&連絡先