美希「おにぎりこわいの」back

美希「おにぎりこわいの」


続き・詳細・画像をみる

1:
P「え?」
美希「だから?、おにぎりがこわいの! もう顔も見たくないってカンジ!」
P「そ、そっか……昨日まであんなにおにぎりおにぎり言ってたのに、どうしたんだ?」
美希「あはっ! 女の子のキモチはフクザツなんだよ?」
P「ふーん……そういうもんか」
美希「そういうもんなの! えへへ……」
P「……」
美希「あっ! あとあと?、ミキ的には、ハニーもすっごく、すー……っごく! こわいの!」
P「えぇ!?」
3:
P「えっと……ごめんな、美希」
美希「どうして謝るの?」
P「いや、気付かないうちに俺、美希に何かしちゃったのかなと思って」
美希「え?? ハニーはなんにもしてないよ?」
P「じゃあなんで、急にこわいだなんて……」
美希「だって春香がさっき、そう言えばいいって……」
P「春香?」
美希「あ、そ、そのー……なんでもないの」
P「……?」
5:
P「……おにぎり」
美希「!」ピョコン
P「実は美希が寝てる間にさ、コンビニで買ってきたんだ。新発売のめんたいこツナマヨネーズ」
美希「わぁ?……! ねぇねぇ、それ、ミキにくれるの!?」
P「そのつもりだったんだけど……やっぱやめとこうか」
美希「え?!? どうして!?」
P「だって、おにぎりが嫌いになったんだろ?」
美希「おにぎりを嫌いになるなんて、そんなのありえないってカンジ!」
P「えぇ!? だってさっき、こわいって言ってたじゃないか」
美希「怖いけど決して嫌いにはなれない、おにぎりはそんなソンザイなの」
P「そ、そっか……」
美希「ねぇはにぃ?、それ、ちょうだ?いん」ウッフン
P「……うーん」
7:
P「……ま、いいか。ほら」
美希「あはっ! ありがと?、ハニー! だーいすきっ!」
P「はいはい、ありがとうなの」
美希「……おいひぃの?……♪」モグモグ
P「でもさっき、俺のこともこわいって言ってなかったっけ?」
美希「……?」モグモグ
P「……」
美希「……ごっくん! うん、言ったよ!」
P「なのに、だいすきって言ってくれるのか?」
美希「ハニーはすっごく、すーっごくこわいけど、でもだいすきなのは変わらないの」
P「……美希って実は、俺様系の人が好みなのか……?」
美希「ミキ、そんなの、や!」
P「……難しいんだな、女心」
美希「あはっ! そうだよ、実にフクザツなの?」
8:
美希「ごちそうさまでした!」
P「おぉ……あれだけあったのに、見事に全部たいらげたな」
美希「おいしかったよ! ありがとね、ハニー」
P「どういたしまして。それじゃあ俺も、そろそろ仕事に……」
美希「…………」ポケー
P「……ん、どうした? ポケーっとして」
美希「……おなかいっぱいになったら、また眠くなってきちゃった」
P「今日の予定はもう終わったんだし、家に帰ってゆっくり寝ててもいいんだぞ」
美希「でもぉ……ミキ、今日は……ハニーといっしょに……帰……」
コックリ コックリ
美希「……すぅ……すぅ……」
P「……椅子に座ったまま寝てる……」
9:
P「よっこい、しょういちっと……」
ゴロン
美希「……うぅん……むにゃむにゃ……」
P「えーっと、毛布毛布……あった」
ファサッ……
美希「……んふふ……あったかいの?……」モゾモゾ
P「……」
美希「……すぅー……すぅ……」
P(……可愛い寝顔だな)
P(しかしなんで、急にこわいだなんて言い始めたんだろ?)
亜美「ねぇねぇ兄ちゃんっ!」ピョン
P「うわぁっ、あ、亜美!? しー! しー……! 起きちゃうだろ」
10:
亜美「亜美ね、おまんじゅうこわい!」
P「……は?」
亜美「だからぁ?、おまんじゅうがこわいんだってば!」
P「亜美、甘いもの苦手だったっけ?」
亜美「うあうあー! 兄ちゃん全然違うよ?! 亜美はね、おなかすいちゃったってことが言いたいの!」
P「ううん……ごめんな、言っている意味がわからないよ」
亜美「むぅ?……」
P「う……えっと、お腹減ったって? でも買ってきたおにぎりは全部、美希に食べられちゃったしなぁ」
亜美「うあうあー! ミキミキばっかズルいっしょ?!」
P「そんなこと言ったって……じゃあ、なんか買いに行くか?」
亜美「えっ、ホント!?」パァァ
P「まだ昼休みちょっと残ってるし、一緒にコンビニ行こうか」
亜美「うんっ! やったぁ?!」クルクル
11:
―――
――

亜美「……♪」モグモグ
春香「亜美、何食べてるの?」
亜美「おまんじゅうだよ?! 兄ちゃんにお願いしたら、買ってもらっちゃったんだ?」
春香「そっかぁ。ふふっ、良かったね」
亜美「うんー! んっふっふ?、これもはるるんのおかげだねっ!」
春香「え、私のおかげ?」
亜美「うん! さっき、亜美とミキミキに教えてくれたっしょ?」
春香「さっき、って……」
亜美「おまんじゅうこわいって言えば、なんでかよくわかんないけど、いっぱいおまんじゅうもらえるお話のことだよ?」
春香「……あ、あれのこと? あれは別にそういうお話じゃなくて……」
春香(っていうか、美希も勘違いしてないでしょうね……)
13:
―――
――

カァ…… 
  カァ……
P「……――き、美希」
ユサユサ
美希「……んむ……ハニー……?」
P「お、ようやく起きたか」
美希「…………くぁ?……」プルプル
P(あほ毛までピンと伸びてる……どういう理屈なんだ)
美希「……あふぅ。おはよ、ハニー。どーしたの?」
P「あ、いや……もう暗くなってきたからさ、帰ろう。家まで送っていくよ」
15:
美希「でもでも、ハニーのお仕事は?」
P「美希が昼寝してる間に、ぜんぶ終わらせたよ」
美希「そっかぁ?……うんっ、じゃあ一緒に帰ろー!」
P「荷物、まとめときな。俺も準備するから」
美希「はいなの?!」トテテ
P「えーっと……」ガサゴソ
小鳥「……ふふっ。プロデューサーさんったら、お優しいんですね」
P「な、何がですか?」
小鳥「本当はまだお仕事、終わってないのに。送ったあとでまた、戻ってくるんでしょう?」
P「……美希には、ナイショですよ」
小鳥「どうしようかしら♪」
P「…………」
17:
P「それじゃあ音無さん、お疲れさまでした」
小鳥「はーい。美希ちゃん、気をつけて帰ってね」
美希「あはっ! ハニーが守ってくれるから、ゼーッタイ、大丈夫なの! ばいばーい!」
ガチャ……
バタン
美希「ねね、ハニー」テクテク
P「どうした?」
美希「ミキね、さっき、ハニーの夢を見たんだ?」
P「俺の夢? へえ、どんな?」
美希「ハニーがミキに、食べきれないくらいのおにぎりをプレゼントしてくれたの!」
P「あははっ、やっぱり美希は、なんだかんだ言っておにぎりが好きなんだな。美味しかったか?」
美希「うんーっ! えへへ……」
19:
P「……なぁ、美希」
美希「どーしたの?」
P「どうして急に、おにぎりとか俺のこと、こわいなんて言い始めたんだ?」
美希「え? そ、それは?……」
P「別に、嫌いになったってわけでもなさそうだけど……」
美希「……」
P「……」
美希「……ナイショなの! 言ったら、魔法がとけちゃうかもしれないから」
P「魔法……?」
美希「うんっ!」
P(うーん、よくわからないけど……美希が楽しそうだから、まぁいいか)
20:
美希「ねぇハニー?」
P「ん?」
美希「ミキね、まだこわいことがあるんだよ。それがなんだか、当ててみて!」
P「こわいことって、それだけじゃなんとも言えないな……ヒントくれ」
美希「それじゃあ?、ヒントそのいち! ハニーがミキにしてくれることっ!」
P「俺が美希に? ……ちょーハードなスケジュール組むこととか?」
美希「えぇ!? そ、それはこわくないの!」
P「へー。よし、それじゃあ来週からは……」
美希「ちがくて?! こわくないけど、それはちょっと、や、ってカンジ……」
P「……もう一個ヒント」
美希「いいよ?! それじゃあそれじゃあ?、ヒントそのに! お仕事とはカンケーないこと!」
P「仕事以外で俺が美希に対してする、こわいこと……?」
24:
P「……うーん……」
美希「うんうんっ!」
P「……ギブアップ」
美希「えぇ?! なんで?!? ちゃんと考えた?!?」
P「あはは……正直、あんまり考えてない」
美希「むぅ?……」
P「だって、美希がこわがることなんて言ったら……考えたくもないし、したくもないからさ」
美希「…………」
P「……美希?」
美希「ハニーってば、やっぱ優しいよね」
P「……そんなの、当然のことだろ」
美希「えへへ……それじゃあ?、そんなハニーのために! クイズの答え、教えてあげちゃうのっ!」
26:
――ギュッ
P「……え」
美希「……」
P「どうしたんだ、急に手なんて繋いで……」
美希「だってこれが、ミキがいま一番、こわいことだから」
P「……」
美希「ハニーからじゃなくて、ミキからしちゃったけど……ねね、駐車場に着くまでだったら、いいでしょ?」
P「……いいのか?」
美希「えー? なんでハニーが聞くの?」
P「だって、こわいんだろ?」
美希「こわいから、なの! えへへー……」
P「……なんだか、今日の美希は、いつにも増してよくわからないな」
29:
美希「わかんなくてもいーの。ミキ的には、春香の教えてくれた通りになって、それで大満足だから!」
P「春香?」
美希「うんっ!」
P「さっきもチラっと言ってたけど、春香が一体何を……」
美希「えへへー……そんなことより?、ハニー! そろそろ、効果でたかな?」
P「効果? なんの話だ?」
美希「そろそろハニーのこと、ミキにくれる?」
P「えぇ!? な、なんでそんな話になってるんだ!?」
美希「だってミキ、さっきハニーのこと、こわいって言ったでしょ?」
P「……」
美希「……」
P「……え、えっと……」
P(どうしよう、俺がおかしいのかな。言っている意味がわからないぞ……)
32:
美希「……」シュン
P(いけない! 美希のあほ毛がしょんぼりしてしまった)
P「あ、あのな、美希! えーっと……、今すぐあげられるかっていうと、それはちょっと難しいけど……」
美希「……けど?」
P「……他に欲しい人が美希の前に現れない限り、俺は誰のモノにもならないからさ」
美希「……他の人がちょうだいって言ってきたらどうするの?」
P「……先約があるって言うよ」
美希「!」ピョコン
P「だから、今はアイドル活動に専念をだな――って、美希?」
ギュゥゥ
P「……そんなにくっつかれると、歩きづらいよ」
美希「歩きづらいくらいでいいの。そうじゃないと、すぐ駐車場まで着いちゃうから」
P「……」
美希「……ねね、ハニー」
P「……なんだ?」
34:
美希「ハニーはやっぱり、こわくないね」
P「……そうか?」
美希「うん!」
P「まぁ……それならよかったけど」
美希「……ハニーはね、こわくもなんともなくて……」
美希「いつものどおり、優しくて……、ミキのこと、とっても大事にしてくれて……」
美希「ミキはね、そんなハニーのことが……」
美希「だーいすきなの!」
終わり
36:
かわいいなあ
3

続き・詳細・画像をみる


夫婦でやってる店のブログに「君を貰って店継いであげる」とメッセが来た

「トレインスポッティング」を60秒アニメで見るとますますカオス

破壊力高すぎるカップ入り動物の画像

【衝撃画像】最近この「仕返し(リベンジ)弁当」っていうのが流行ってるらしいぞ・・・

【画像あり】日本精子バンクのキャッチコピーwwwwwwwwwww

やる夫暮らし その8

back 削除依頼&連絡先