ココア「生理がこないよ」back

ココア「生理がこないよ」


続き・詳細・画像をみる

1:
ココア「はぁ・・・まいったなぁ」
チノ「なにかお困りですかココアさん」
ココア「へっ?!チノちゃん!?ううんなんでもないの!大丈夫だよ」
リゼ「なんだ?ココア大丈夫か?」
ココア「だいじょぶ大丈夫・・・はぁ」
チノ・リゼ「?」
ココア「シャロちゃんに相談しよう」
朝 フルールドラパン
シャロ「いらっしゃいませー!ってココア、顔色真っ青よ?どうしたの」
ココア「・・・それが」
3:

・・
・・・
シャロ「えぇー!?ちょっと!相手は?!」
ココア「・・・・多分、タカ君」
シャロ「ちょっチノのお父さん!?って多分って他にも心当たりあるの?」
ココア「・・・うん、公園のホームレスさんと遊んだことがあって」
シャロ「乱れすぎよ!!妊娠検査はした?」
ココア「陽性だった」
シャロ「おぅふ・・・ヘビーね」
ココア「ねぇどうしよう!わたし、赤ちゃんなんて欲しくない!!」
シャロ「とりあえず産婦人科紹介するわ、でも良く考えてね、一応チノのお父さんにも相談してみたら」
ココア「わかったよ!」
6:
朝 ラビットハウス
タカヒロ「フゥ・・・・堕ろせ」タバコスパー
ココア「・・・・」
タカヒロ「・・・とりあえず10万やるよ」ポイ
ココア「・・・・」
7:
昼 産婦人科
医者「4ヶ月です、おめでとうございます」
ココア「え」
医者「君はあまりお腹が膨らまないタイプみたいだね」
ココア「・・・え」
9:
昼 甘兎庵
千夜「え」
ココア「どうしよう千夜ちゃん」
千夜「ココアちゃん・・・・流石の私でもそれは引くわ」
ココア「え?・・・千夜・・・ちゃん」
千夜「もう・・・うちの店には来ないで頂戴」
ココア「・・・・」
10:
昼 フルールドラパン
シャロ「そんな!完璧アウトじゃない!」
ココア「うぇぇえん千夜ちゃんには距離置かれちゃうしもう何もかもおわりだよぅ」
シャロ「4ヶ月でしょ?なら闇医者だったら、私・・・・探してみるわ、隣町まであたる事になるけど」
ココア「お願い、頼れるのはもうシャロちゃんだけだよぉ」
11:
夜 ラビットハウス タカヒロの部屋
扉コンコン
扉ガチャキィ
ココア「しよっ?タカ君・・・///」モジモジ
タカヒロ「お前・・・もう無理だから」
ココア「えっ」
タカヒロ「・・・それ、ほんとに俺の子?」
ココア「・・・多分」
タカヒロ「俺、お前がこの前夜の公園でホームレスと遊んでるとこ、見てたんだよね」
ココア「・・・・・」
タカヒロ「・・・もう無理だよ俺達」
16:
ココア「べつに穴が塞がったわけじゃないよ、できるよSEX!しようよSEX!!」
タカヒロ「無理なんだって!」
ココア「出来るよSEXぅうっ・・・・おぇぇええ゛ぇ゛」ゲロゲロゲロゲロ
タカヒロ「きったねぇなぁ!もう俺の部屋には来んなよ!!」
扉バタンッ
ココア「えろろろろ゛ろ゛ろ゛ろ゛」ビチャビチャ
17:
翌日 朝 ラビットハウス
タカヒロ「おはようチノ」
チノ「おはようございますお父さん」
ココア「・・・・・」
タカヒロ「ご飯にしよう」

・・
・・・
ココア「・・・・」モグモグ
タカヒロ「・・・・」クチャクチャ
チノ「・・・・」カチャカチャ
チノ(・・・・二人の雰囲気が悪いです、一体どうしたというんですか?)
18:
昼 ラビットハウス
リゼ「ココア、話がある」
ココア「なっなにかな・・・・?リゼちゃん」
19:

・・
・・・
リゼ「4ヶ月だってな」
ココア「!」
リゼ「・・・・・」
ココア「なんでリゼちゃんが・・・」
リゼ「シャロの奴に相談されたんだ、堕胎するつもりか?」
ココア「・・・・うん」
リゼ「おまえ!命をなんだと思ってる!!」
胸倉ガシィ
ココア「くっ苦しい・・・・やめてよ・・・・っリゼ・・・・っちゃ」
リゼ「もし堕胎したなら私は金輪際お前とは口をきかない・・・覚悟するんだな」
20:
扉バタン
チノ「なにを・・・してるんですか!?リゼさん!」
リゼ「チノか・・・っ」
ココア「たすけて・・・」
チノ「ココアさんから手を放せぇぇぇえ」
ドン
リゼ「く・・・っ」
バッ
ココア「カハ・・・ッ」ゼーッゼーッ
チノ「なんなん・・・なんなんですかなんなんですか!!朝からみんな様子がおかしいです!!」
22:
ココア「チノちゃ・・・っ」
チノ「大丈夫ですかココアさん!」
リゼ「わっ悪い・・・私としたことが」
チノ「リゼさん、説明してください」睨ミ
リゼ「私は・・・・・・・っ知らん・・・っ!何も知らん!!今日は帰る!!」ダッ
チノ「リゼさん!!」
ココア「・・・・・」
チノ「本当に、一体何があったんですか?」
ココア「・・・・実は」
26:

・・
・・・
チノ「そんな・・・嘘です・・・お父さんとココアさんが」
ココア「・・・・」
チノ「すこし・・・一人にしてください」
ココア「わかったよ」
28:
夜 甘兎庵横のボロ屋
シャロ「入って」
ココア「・・・・」

・・
・・・
29:
ココア「もう、私の人生ポロボロだよ」
シャロ「ならどうして避妊しなかったのよ!」
ココア「タカ君がゴムは嫌だって、私も生の方がきもちいいし」
シャロ「どうしょうもないわねぇ・・・ほらこれ」
ココア「これ・・・は?」
シャロ「闇医者、探すの苦労したんだからね」
ココア「!!」
シャロ「値段は15万くらいかかっちゃうんだけd」
ダキッ
ココア「ふぇえぇぇんシャロちゃぁああん」
シャロ「ちょっココア///」
ココア「ありがどぅ゛ぅありがどう゛ぅぅ゛」
30:

・ ・
・ ・ ・
31:
翌日 朝 ラビットハウス
タカヒロ「チノ・・・・・ココア君のことなんだが」
チノ「不潔です、話しかけないで下さいお父さん」
ココア「ちょっとチノちゃん!私は大丈夫だから!」
チノ「ココアさんもです!!」
ココア「へ?」
チノ「ココアさんが着てから、この店はめちゃくちゃです」
ココア「チノ・・・ちゃ」
チノ「黙って!!!」
ココア「・・・っ」
タカヒロ「・・・チノ」
33:
チノ「どうして・・・ラビットハウスに来てしまったんですか?」
タカヒロ「・・・・ココア君、君は今日からよそへいってくれ」
チノ・ココア「!?」
チノ「おっおとうさ・・・わたし・・・は・・・そんなつもり」
ココア「・・・・」
タカヒロ「出て行くんだ!!」
ココア「・・・・はい」
チノ「そんな!!!ココアさん駄目です!!」
ココア「さようなら、チノちゃん、だめなおねぇちゃんで・・・・ごめんね♪」
チノ「・・・・っ」
36:
ココア「・・・・荷物、まとめて来ます」
タカヒロ「ああ」
チノ「まって!!ココアさんまって!!」
バタン
チノ「ココアさんココアさん!!開けて下さい!!ココアさん!!嘘ですよね?嘘って言ってください!!うわぁ
ぁぁぁ!」
39:
ドンドン
チノ「私いい子にします!!」
41:
ドンドンドン
チノ「大嫌いなセロリも残さないで食べます!!」
43:
ドンドンドンドン
チノ「だからドアを開けてください!!開けて!!!開けてよ!!!」
44:
ドン
チノ「開けてよ・・・っおねぇちやあ゛ぁん」
チノ「・・・・・」
扉ガチャ
チノ「ココアさ・・・」
ココア「・・・・」
チノ(あ・・・・荷物・・・)
ココア「ありがとう」
ダッ
チノ「あっ」
ダッダッダッ
ガチャッ カランコロン
バタンッ
チノ「・・・・・う」
チノ「あぁあぁぁああ゛ああ゛あ゛あ゛あ゛あ」
46:
昼 電車
ガタンゴトン ガタンゴトン
ココア(もう・・・あの場所は私の場所じゃないんだ)
痴漢「うへへかわぃいなぁ」
ココア(あ・・・お尻触られてる)
痴漢「はぁはぁ」
ココア(どうでもいいや)
49:
隣町 闇医者
闇医者「これじゃぁ足りないねぇ」
ココア「そんな!電話では15万円って」
闇医者「君のケースで今時15万って・・・ねぇ、甘いよ君」
ココア「足りない分は後日もってきますから!!」
闇医者「君、用意できんの?こっちも違法でやってるんだから、この位掛かっちゃうよ」
ココア「・・・ッ」
ココア(こんなに!?ラビットハウスではもう働けないしこんなに用意できないよ!)
ココア「・・・なんでも・・・します・・・だから」
闇医者「・・・なんでもねぇ」
ココア(・・・あこの人勃起してる)
50:

・・
・・・
闇医者「さすが高校生マンコッ閉まる!!」
パンパンッ
ココア(早く終わんないかなぁ)
闇医者「どうだい!君!キモチイイだろう!?」
ココア(タカ君のより小さい)
闇医者「はぁっはぁっなに!時間はたっぷりあるんだ!!たのしもう!!!」
ココア(ほんとに私・・・・終わってるなぁ)
54:
同時刻 甘兎庵
千夜「・・・・」
リゼ「・・・・・」
チノ「・・・・」
シャロ「というわけでココアは今頃堕胎中よ」
リゼ「そんなことをわざわざ伝えるために私たちを集めたのか?」
シャロ「えっ」
チノ「もう、今更なにをしたところでおね・・・ココアさんは帰ってきません」
千夜「堕ろしたからって・・・ねぇ?」
56:
シャロ「ココアならうちに住まわせればいいじゃない!!ついでにあんたのところで雇ってあげれば万事解決じゃん!」
リゼ「とにかく、私はもうココアとは縁を切る!忠告はしたんだ!自業自得だ」
シャロ「リゼ先輩!」
リゼ「シャロ・・・お前もあいつを庇うなら私はお前とも付き合いを考える」
シャロ「え?」
千夜「私も」
チノ「・・・ココアさん・・・ココアさん・・・・うわぁぁぁぁああ゛あ゛ん」
リゼ「ええい!泣くなチノ!鬱陶しいったらない!」
千夜「あらあら」
シャロ(・・・・・ごめんなさいココア)
59:
夜 某所
ココア「・・・・」
ココア「・・・・・チノちゃん」
『ココアさん朝ですよ!起きて下さい』
ココア「・・・・」
ココア「・・・・・リゼちゃん」
『おーい!ココアー!』
ココア「・・・・」
ココア「・・・・・千夜ちゃん」
『私たち、最高のコンビね!』
ココア「・・・・」
ココア「・・・・・シャロちゃん」
『・・・・っココア///』
ココア「・・・・・」
60:
ティッピーの声「まるでこの世の全てが終わったかのような顔じゃの、ココア」
ココア「チノちゃん!?」バッ
61:
白髭の老人「なにかあったのかの?」
ココア「あなたは・・・だれ?」
白髭の老人「ほっほっほ、まぁ通りすがりのしがない喫茶店の元店主、といったところじゃの」
ココア「・・・・なんで私の名前」
白髭の老人「まぁ細かいことは気にせんでもええ、とりあえず話だけでもきいてやるぞ」
ココア「結構です」スタスタ
白髭の老人「・・・ラビットハウスに戻してやる」
ココア「!」ピタッ
白髭の老人「というわけには行かないが・・・・」
ココア「なんなんですか!あなたは!」
白髭の老人「ラビットハウスの姉妹店である『Daydream cafe』という所なら紹介してやれるぞい」
ココア「『Daydream cafe』・・・?」
6

続き・詳細・画像をみる


銃刀法に引っ掛からない武器に使えるもので一番強力なのは?

地球はすごい速さで自転と公転をしてるのだと感じながら空間を見ると

私が実家嫌いになったのは「母が私を放置しすぎたせい」だと気付いた

このマ○コ共の仕送り額やばすぎンゴwww

『2014年秋アニメ』結局今期のおもしろいアニメって何よ

なんで子供はお酒飲んじゃいけないの

back 削除依頼&連絡先